詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 厄年をなんとか乗り切る方法を教えて下さい
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    厄年をなんとか乗り切る方法を教えて下さい

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    凹んでます
    ひと
    昭和54年1月生まれの多分今年から前厄の女です。 実家から自宅に戻る際、サービスエリアに車を止めてドアを開けた途端、突風が吹いて隣の車にガツンと当たりました…持ち主に謝り、保険屋に電話し、夫に怒られ凹みまくりです…年末から急にお財布なくしたり、子ども達が熱を出したりいいことないなと思っていた矢先の出来事にやはり厄年まっしぐらな恐ろしい予感がします。 厄年ってどう乗りきったらいいのでしょうか?厄の落とし方や過ごし方など色々教えていただけませんか?

    トピ内ID:7123825800

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    大丈夫

    しおりをつける
    💤
    はるはる
    昨年本厄だった者です。 トピ主さん、すごく怖がってますね。別にたいしたことでは無いと思いますが…。もしかして占いとかもすごく信じるタイプですか? 私は厄や占いの類は全然信じません。 厄年を乗り切る方法…それは、トピ主さんのように自分にとって不都合な事が起こった時、「あぁ、厄年だから…!」と何でも厄年に結びつけて考えないことですね。 別に厄年だから不幸が押し寄せて来る!ってわけではないと思います。 ちなみに私は前厄、本厄と続けて肉親を亡くしましたが、厄年だったからね…(怖)なんて思っていません。

    トピ内ID:8937607594

    閉じる× 閉じる×

    すべて厄年のせいにしない!

    しおりをつける
    blank
    厄年なんてクソくらえ
    車のドアにしろ、財布紛失にしろ、厄年のせいじゃない。 不注意です。 大事が起きる前に警鐘鳴らされたと考える直せば良いのでは

    トピ内ID:1851992236

    閉じる× 閉じる×

    気にしすぎないことです

    しおりをつける
    blank
    ビスケット
    あけましておめでとうございます。 私、今年年女、49年生まれです。どうやら今年は本厄らしいです。 ということは、去年が前厄だったわけですが、全然知らなくて普通に過ごしました(笑) 特にこれといった災難もなく、幸運もなく。 たとえば、何か悪いことが起きたとき「あぁやっぱり厄のせいだ…」と思うのと「厄だけどこれくらいですんでよかった」と思うのではそのあとの気持ちの持ちようが全く違うと思うんです。結局は気持ち次第かと。そもそも厄というのは、年齢的に見て健康その他に気をつけたほうがいい年のことを指すらしいです。 私もトピ主さんもここらで自分の健康などを考え直すときなのかもしれませんね。 私は一応厄払いのお参りに行こうと思っています。 「あぁ厄払い行ってなかったせいだ…」なんて思いたくないので。 「よし、大丈夫!」って明るい気分で今年一年元気に過ごしたいと思います。

    トピ内ID:4332357081

    閉じる× 閉じる×

    気にしないこと

    しおりをつける
    🙂
    大丈夫
    乗り切る方法、それは気にしないことです。 もっと大事なのは、「なんでも厄年のせいにしないこと」 なんでも厄年のせいにしていたら負のスパイラル。 私は厄年前後3年間、とっても幸せでしたよ。 厄年は、体の変わり目だったりの年齢で「用心しなさい」ということだと私は思っています。 そのサービスエリアでは突風がふくかもしれないから次回から気をつけよう!でいいじゃないですか。 気にしない気にしないひと休みひと休み(by一休さん)

    トピ内ID:5884716336

    閉じる× 閉じる×

    私の場合ですが

    しおりをつける
    blank
    ダンデライオン
    2月3日の節分にお寺の豆まきに参加しました。 これは毎年参加していますが、厄年の時は豆を撒く側になります。 近くのお寺(または自分が檀家であるお寺)に聞いてみるといいですよ。厄年の人には特別にお札を頂けるところもあります(有料)ので確認するのがいいと思います。 気休めのようですが、私は大きな事故も病気もしませんでした。 ご参考までに。

    トピ内ID:5774257975

    閉じる× 閉じる×

    同じく

    しおりをつける
    🙂
    きつねコンコン
    昭和54年1月生まれです。地域によって違うのかな~。私は去年、節分前の生まれ(54年1月生まれ)は前厄と言われお祓いしてもらいました。 うちの地域だとトピ主さんも去年、前厄。去年、無事、何事もなく過ぎたのなら厄年だからって今年も気にすることないと思いますよ。 気になるようなら厄払いしたらどうですか。気持ち的に違うかも。

    トピ内ID:3743539638

    閉じる× 閉じる×

    困りますよね~

    しおりをつける
    blank
    usi
    52年生まれです。厄年、よくわかっていませんが今年本厄?? 昨年は前厄だったようですが、「厄年だから」と思うことはなかったです。 最近、実家の母から「厄年だから」のプレッシャーが強まり、 やめてぇ~と思っています。 先人の知恵は尊重したい身としましては、注意喚起としてならともかく、 後人に負の影響となるプレッシャーはやめてもらいたいなぁ、と思います。 厄年の風習は負の刷り込み目的ではなかったはずです。そんな先人イヤすぎます。 で、厄年という響きが気になるようでしたら、やはり厄除け・厄払いが 安心できるのではないでしょうか。 私は近所の神社で、ちょびっと奮発してお賽銭を投げる予定です。 近所の神様には挨拶しとけ、ということで。 大丈夫だったよ~と後輩、お子様に助言できるよう、強気でいきましょ☆

    トピ内ID:1130885578

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    凹んでます
    皆さん叱咤激励ありがとうございました。確かに…私はかなり神経質に物事を考えてしまいます。それをいつも夫に注意されます。皆さんの仰る通り気にしすぎないのが一番ですよね。とりあえず厄払いには行ってなんでも厄年のせいにしないようにします。ご助言ありがとうございました。

    トピ内ID:7123825800

    閉じる× 閉じる×

    初詣で

    しおりをつける
    🐤
    ぽん
    「僕、本厄やん」と息子が言うで、 「よう、拝んどき」と答えました。 私自身は、全く気にしません。 でも、義父母はこういうのをとても信じていましたから、義父が癌にかかった時、「あんたが厄年だからだ」と言われました。何なんでしょうね。 気になるなら、お祓いでもしてもらえばいいんじゃないですか。

    トピ内ID:6071693365

    閉じる× 閉じる×

    自分自身の心です

    しおりをつける
    blank
    虎しげさん
    私自身は{占い}等は信じません、神社、お寺の参拝はあなたと身内にも関連するゆえ必要かと 考えます、特別な事は必要なし軽い気持ちで「神」「仏」に合掌してみてはいかがでしょう。

    トピ内ID:2069516682

    閉じる× 閉じる×

    気がついたら終わってた

    しおりをつける
    blank
    ハチ
    っていうのが一番いいですよね・・・ 私の場合、本人は親切のつもりなんでしょうが、前厄、本厄、後厄の三年に丁寧に厄除けのお守りをくれた友人(同年齢)がおりました。 まぁそれはありがたいんですが。 そうそう行ける土地のお守りじゃないので、返納にも困りました。 (結局近くの神社で返納しました) しかも、やっと本厄が終わったと思ったら中厄の厄除けのお守りをくれました。貰うまで「中厄」って知らなかったし・・・ 気にしないことです。

    トピ内ID:5993218127

    閉じる× 閉じる×

    不謹慎かもしれませんが

    しおりをつける
    🐱
    黒にゃんこ
    厄年はもう過ぎましたが、その時期はなんというか、波瀾万丈、アップダウンの多い時期でした。つまり、悪いこともありましたが、その分良いこともあったんですけどね(笑) 私は、もともと神社巡りが好きなので、厄年は、これ幸いと厄払いのお祓いをしてもらいました。 お祓いは毎年お願いしたいところなんですが、結構高いですし、やはりちょっと贅沢な気がして、毎年はできないんです。 しかし、これが厄年なら、しょっちゅう色んな神社に行きたがるのも(夫は面倒がる)お祓いをしてもらうのも大義名分が立つというか。 こんな風に、日頃接することの少ない宗教行事に親しむチャンスと捉えると、結構楽しいですよ。 そう思っていれば、ひやりとする体験は、お祓いのお陰でギリギリで助かったと思えますし、悪いことがあっても、お祓いのお陰でこのくらいですんだ、何もなければ、お祓いのお陰で無事な毎日だ、良いことがあれば、これまたお祓いの賜物と(笑) 考え方一つで、いつもとちょっと違う特別な時期だと思って楽しむこともできますよ。 まずは、行ってみたい素敵な神社がないか調べて、お近くから尋ねてみてはいかがですか?

    トピ内ID:3036543177

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]