詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    小町のいじめに関するトピを読んで

    お気に入り追加
    レス52
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    いじめられ経験者
    ヘルス
    小町のトピでは、いじめはどんな場合でもしてはいけない、というご意見が多いですね。 読ませていただいて、良識がある方も多いんだなと思っていました。 でも。 実際の世の中では、いじめは絶え間なくありますね。 学校での同級生からのいじめ、教師からのいじめ。 職場でのいじめ。 近所のいじめ。 いじめは誰かがはじめても、周囲の人がいじめには賛同しないという態度を表して、いじめに加わったり見て見ぬ振りをする事をしなければ、酷いいじめには発展しないはずと思います。 ところが実際は、周りの人はいじめられている人を寄せ付けないようにして自分は関係ない振りをして逃げている場合がほとんどだ、と私には見えます。 心の中ではいじめはいけないと思いつつも、現実はいじめを止められない方が大部分なのでしょうか。 いじめは悪いことと考えているなら、それを態度にしっかり表していただきたいのです。 これって難しいことなんですか。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数52

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  52
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    むずかしい問題ですよね

    しおりをつける
    blank
    慎治
    私も、いじめ経験者です。 いじめられた事も、いじめた事も両方あります。 学生の時は、いじめも流行していたため、本当に学校がつまんなくて灰色でした。 トラウマも出来ました。 親や先生に言えば、ちくったと言われ、親にも自分がいじめられていたと知られて、泣かれ、兄弟も親戚も私に冷たかったです。 よい友達は居ましたが、自分がいじめられていたために、友達までいじめられてしまったりで、上手な付き合いもできなかったな。と思っています。 更に、自分は、いじめられていながら、更に強くいじめられている人や、身体障害者の駆け込み寺となっていました。 色々な人にいい顔をするのも、疲れ果てていた時もありました。 いじめって問題視されている割りに、どこの世界にも有るのが現実ですよね。 難しい問題です。小・中学校の道徳やホームルームの時間にも、いじめに関するビデオをたくさん見せられましたが、効果なかったのが現実です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分のやったいじめとやられたいじめ

    しおりをつける
    blank
    慎治
    自分がいじめた時は、小学校5~6年と、中1の時の給食の時間です。 自分のグループとは違った子が私の机の隣に机をくっつけてきて、「一緒に食べない?」と言いました。 その時に、「私のグループのリーダーの○○ちゃんに許可を得てからじゃないとだめなんだ。私に言わないで。」と言ってしまったのです。もう一つは、いじめた子に、大声で怒鳴り付けたり、暴力を振るったことです。1(私):多数だったので、勿論、私が加害者にされ、先生に怒られました。・・・自分もいけなかったです。毅然とした態度と言葉で、相手に言った方が良かった事なのに、手が出てしまいました。不器用で要領が悪かった。 ―――――――――――――――― いじめられた事は、容姿に関することです。 顔のことで苛められていました。 ○○菌と言われたり、オクラホマミキサーのフォークダンスで手を取ってもらえなかったり、廊下で大声で用もないのに、名前だけ呼ばれて振り向くと、嫌らしい目で笑われたり、逃げる振りをされたり、逆に何処までも追いかけて来られたりでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    難しいんでしょうね

    しおりをつける
    blank
    のん
    高校のクラスに、いじめられっ子まではいかないけれど、明らかに浮いた存在の人がいました。 私は、特に偏見なく付き合っていましたが、友人たちにはよく「○○と仲良しだよねぇ」と皮肉っぽく言われたりしました。卒業した今も、よく話題にでます。 いじめをする人間は、人と差別化することでしか自我を見つけられない、とても不幸な人だと思います。 ただ、いじめをしない人間たちも、見ないフリをすることで自己防衛をしなければならない、弱い人間なのです。 私が、たまたまその人と仲良くできたのは、自分が積極的に友達作りでき、1人になることも恐れない人間だったからだと思います。 でも、弱い面ももちろんあるので、もしもっと酷いいじめだったとしたら、その人をかばえたか、自信はありません。 トピ主さんはいじめられっ子だったんですね? 人間は皆弱い。でも、きっと心の中であなたを励まし続けていた人はいると思います。 声に出せる勇気を持った人たちが増えるといいですね。 欲を言えば、いじめ自体がなくなると良いのですが、残念ながら、そんな日は永遠に来ない気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本人だから・・・

    しおりをつける
    blank
    まぎれもない日本人
    私は「めんどうな事に関わりたくない」と見て見ぬ不利をするのは、日本人の「国民性」だと思ってあきらめています。韓国の子は、(第3国でしたが)韓国人がいじめにあっていると、みんなで反撃したりしていました。(友達というほどでもない場合も、同じ韓国人としていじめられているのが許せない!と思うようでした) 私も、韓国人でもないのに、クラスメイトとしてかばってもらった事がありましたよ。すごく精神的に救われました。 これまでの人生いじめから守ってもらった経験が1度もないので、そういう時に、誰かが自分を守ってくれるという概念さえなかったです。 そういうのを見ていると、国民性なんじゃないの?と思えてきました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    難しいし、無理だろう

    しおりをつける
    blank
    補佐
    難しいです。私は不可能じゃないかと思えています。 昔、虐められました。ただひたすら耐えるのみでした。 クラス変えして、周りの人が総入れ替えしてから、事態が好転して友達がたくさんできました。 友達が一人でなく、多数できたことで今まで私を虐めていた人からの干渉がなくなりました。 私の顔を見れば必ず傷つくことを言う人だったのに、目が合っても何も言わないし、黙ってすれ違って行くんです。 不思議でした。 要するに、多数決なんだろうと思いました。 自分の方が優勢か劣勢か、判断して弱い者を一人ターゲットに絞り、それを皆賛同させて虐める。 私は虐められた側なので、「いじめ」に対しての善い対応策は浮かびません。世の中から消えてなくなることはないと思う。虐め集団のトップに立ってる人は楽しいから虐めるんです。人を虐めている時は幸せなんだろうな。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人間の本能?

    しおりをつける
    blank
    ぽぽ
    学生時代にNHKのドキュメント番組を見ました。 いじめに関しての実験のようなものです。 外国の幼児達、たぶん幼稚園のような施設でした。 クラスの半数づつに違う色の帽子を被せました。 紅白の帽子だとすると、半日くらいの間に赤の子は 白の子より偉いですと伝えそのまま放置。 しばらくは、いつも通りなのですがその内に 赤の人は白をいじめるようになりました。赤の子は 平然と白の子に対してこっちにくるなとか言うし 白の子は言われて当然かのように萎縮。 その後しばらく経ち、今度は立場を逆にすると いじめられてイヤな思いをしたのにも関わらず 同じようなことをしました。 このテレビを見て、いじめの本質がまだわからない 幼い子供達がいとも簡単にいじめ、いじめられを する光景を見て、人間の本能の中に少なからず 持っている性質なのかなと感じました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いかなる場合でもいじめは許すべきでないという声が多いが

    しおりをつける
    blank
    るる
    でもね、一般に、小町の種々の意見を読んでいると、 まるでトピ主や、他のレス書いた人に対するいじめとしか思えないような内容の書き込みも多いようにも感じます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大人がそうなので子供もそうなった

    しおりをつける
    blank
    fit
    最近、電車で暴力沙汰事件とかありますよね。 誰かが電車で携帯いじってたり酔っ払いが絡んでても注意出来ない大人が増えました。面倒ごとに関わりたくない、注意する勇気が無い、注意したら逆キレされる、そういうことに見てみぬフリする、そんな世の中。 いじめもそう。 いじめられてる人をかばえば、自分がいじめられるかもしれない、面倒には首を突っ込みたくない。 時には正義感の強い、やめろと言ってくれる優しい人もいるかもしれないけど、今の時代ではごく少ない存在。 世知辛いけど、もうそんな世の中だとみんな割り切ってると思う。 私も学校でいじめられ経験者だけど、いじめてきた子Aが他の子にいじめられててた時、傍観してましたよ。いい気味だと思って。 その時、そのAと一緒になって私をいじめてきた子らは、Aを助けず傍観してましたよ。自分の身かわいさでしょうね。薄情なものです。 いじめる子の友情なんてたかが知れてるものなんだなと思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なんにしてもカッコ悪いですよね。

    しおりをつける
    blank
    こたろう
    明らかに理不尽ないじめを目撃したのに 見て見ぬふり、良心の呵責も感じないような 人間は、私も最低だなと思います。 とはいっても、 負のエネルギーが強い人に対抗するのは、 相当な覚悟が必要になってくるのも事実。 自分が理解できない人に、自分の言い分を 理解させるのって 本当にむずかしいですからね。 北朝鮮みたいなもので・・。 (君子危うきに近寄らず) ネットで正義を唱えて なんとなく安心したりするのが 関の山って人も多そうですよね。 私自身も、余程のことがない限り 戦えないと思います。かっこ悪いですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    社会人のイジメやめてほしい。

    しおりをつける
    blank
    アダルト
    イジメに対するトピですが、子供のイジメはある程度しょうがないと思います。 子供の社会は大人と違い弱肉強食というか動物的なので、要するに子供はまだ人格ができてないので、やはりどうしても多少のイジメがおきるのはしょうがないことだと思います。 いい先生や大人によってそれが改善されていくといったところでしょうか。それで大人になるといった感じで。 私が許せないのは、社会人のイジメです。女が多い会社に多い、大人の癖に、人の気にしてることをいったり、人のものをとったり、変な噂を流したり、そういう輩がいまだに、労働問題のトピに多いということです。 はっきりいって、そういう大人の癖にイジメをするものは(苛められる方によほどの責任がある場合は別だが) 社会から、犯罪者のように一時的にでも、制裁を加えることにすればいいのでは。 男性の女性へのセクハラには厳しくなったので、こんどは子供っぽいイジメをする輩に厳しくすれば、子供の間でも大分違ってくるのでは…

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    いじめられ経験者
    レスありがとうございます。 慎治さま いじめトピでよくお名前を拝見致します。 大声で名前を呼んで、振り向くと知らん振り、そのあとみんなで大爆笑する、といういじめは私もされました。 辛かったです。 のんさま 皮肉を言われても動じずお付き合いを続けられたのはご立派でしたね。大抵の人はいじめられている人を嫌いじゃなくても、周囲の自分に対する反応が嫌で、お付き合いをしてくれなくなってしまうんですよね。 まぎれもない日本人さま いじめをされている人を助けないのは日本人に固有の物なのでしょうか。 外国人は日本人ほどいじめをしないのでしょうか? 堂々と守ってくれる人が一人でもいたら、いじめで自殺することなんて無いと思うんですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    悲しいけれど

    しおりをつける
    blank
    ハル
    テレビで、仲間を馬鹿にしたりバツゲームなどして辛そうにしているのをみんなが笑う、そんなお笑い番組も今じゃ当たり前。家庭や他の問題でストレスを溜めている子は攻撃的な言葉や態度が多い。人生の先輩であるの人の言葉に耳も貸さず敬う気持ちを持たず、好き勝手にしている人もテレビでよく見てしまう。相手を気遣うよりも自分に非がないことを主張する人。人の痛みがわからない人。 そんな人ばかりじゃないとわかっているけれど、年齢問わず身近にもいるわけで、思いやりが無くなりつつある世の中で、いじめが無くなる事なんて無理ですよね。 じゃあ、1人の人として、子を持つ母として私は何が出来るんだろう? 出来ることは身近な人の支えになること位だと思い細々実行しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの根本

    しおりをつける
    blank
    m
    私はいじめもいじめられるも経験者です。 トピ主さんが言っておられるのは、いじめを見たら止めましょう、というものですか? いじめを防ぐには、いじめの現場にいる人間が頑なにいじめを拒むことが一番のように思えますが、結局はそれぞれの場所での他人への思いやりではないでしょうか。 子供のいじめにしても、教師のいじめにしても、ご近所のいじめにしても、もしもいじめる側の人間の身近な人たちがもっとその人に関心を持ち、大切にし、ストレスの感じない生活を送らせていてあげればいじめに繋がらなかったかもしれない。 そう考えると、いじめの現場でいじめを止めるなんて遅すぎる。 それよりも、今!周囲の人間大切にしてますか? あなたがストレスを与えた人間が、あなたの言葉をストレスにまた誰かにストレスを与え、それに耐えられなくなった弱い人が更に弱い人間にストレスを与える。 この繰り返しの爆発がいじめでもあると思うのです。 いじめの現場の人間だけが頑張っても仕方ない。 まずは自分の身近な人間に思いやりを持つ気持ちでみんなが過ごせたら、いじめだってなくなる日がきますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    サバイバル

    しおりをつける
    blank
    ぐり
    人間弱いから、日本人にかぎらずいじめは世界中にあります。学校のいじめに関して、ノルウェーで研究されていたりしますよ。 国によっていじめに対する取り組みは微妙に違いますが、それはその「いじめの仕方」が微妙に違うのと関係があるようです。 いずれにせよ、皆弱いし、いじめられる立場には立ちたくありません。力のあるポジションじゃなければ、その人をかばうのにかかる自分へのリスクも計算します。それは自然なことじゃないでしょうか?自分がいじめられているのでなくて良かった、と思う場合もあります。でも気の毒だし、助けてあげたい、という気持ちも持ちつつです。 いじめる人も、そうすることで自分のポジションを保つのに必死。だからといって肯定しませんが、人間弱いし神様じゃないから、「○だから必ずこうすべき!」といかないところもある。悲しいかな。難しい問題ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの境界線

    しおりをつける
    blank
    過去
    例えば、その人と関わりたくない人っているよね。 その人と関わると、はっきり迷惑をかけられるとわかっている人。 で、そういう人に対しては、相手にしないを決めますよ。 昔はそれで良かった。 子どもどうし、相性もあるしね。 相手も、他を求める事ができる環境だったと思う。 今はそれができない。 平等だとか、いじめという言葉(無視とかも含め)が横行して、相手にしないといじめって言われる。 他にもそう思っている人が、多いと完璧そう言われる。 じゃあ、どうすればいい? 暴力とかになれば、それはいじめじゃなくて犯罪だと思うけど、それ以外はどうすればいいの? 嫌でも関わらなくてはいけない? で、いじめた事はもちろんないけど、いじめられた事もない。 いじめを目撃したこともない。 あ、不良が不良相手に1対多数で喧嘩している所は見たことあるけど、これこそ関係ないと思ったし。 昔の人間だけど、今は↑みたいな心をもった輩が増えたんじゃないの?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うーん・・・

    しおりをつける
    blank
    モノクロウ
    たしかにあなたのおっしゃるとおりですけど、でも、いじめっこって常識が通じない相手なんですよ。そんなのに向かっていくのってリスクがあることは確かですよね。君子危うきに近寄らずというスタンスの人がいてもしかたがないかと。それよりも、そういうリスクを冒してまで助けてくれなくっちゃ! と赤の他人に期待するのもどうかと思いますけど? それにいじめらるような事態に陥る人って、助けて欲しい割にはそれを表現しませんよね。そのときはなにも訴えないくせに、後からブチブチ言われても困ります。助けて欲しいなら、その場で「誰か助けてー!」って悲鳴を上げてみたらいいのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    多数で一人をいじめるのは

    しおりをつける
    blank
    みぃ
    卑怯で汚いことと、醜いことと小さい頃から思ってました。 従って「皆でよってたかって弱い者をいじめる」という行為は、一度としてしたことがありません。 だって恥ずかしくて汚いことをするのは自分のプライドが許さないので。 同じくらいの力の持ち主が一対一で対立しあうのは「あり」だと思います。 みんながそういう感覚を持っていたら、いじめというのは起こらないと思います。私がどうしてそういう感覚を持ったのか、思い返せば小さい頃よく読んだ本とか、両親の考え方とかに影響されたような気がします。 そういう感覚の持ち主が少ないのが不思議です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    目はモノをいう

    しおりをつける
    blank
    あめじ
    私なりの独断をカキコします。苛められっ子は、苛める人をしっかり直視する必要があります。出来るなら睨む。無理なら、みじめで悔しくてもその感情を目で相手に伝えるのです、そらさずに。苛める人に良心があれば怯んで苛めなくなるでしょう。苛めがすぐに止まらなかったとしても、苛め相手からの視線という記憶は、苛めた人の心にトゲとなって刺さり、何らかのキッカケで呵責を与えます。 ただ苛めのレベルが大怪我になるおそれがある場合は、周囲・親・警察など全てに伝えたり、避難すべきです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どこにでもある

    しおりをつける
    blank
    まい
    トビ主さんのおっしゃる様に、くだらないことで差別化して他人に不快な思いをさせる人々はどこにでもいます。いじめと人種差別をどうとらえるか人にもよりますが、現在アメリカに住んでいるので、”いじめ”が日本人特有だとは思いません。こちらが何もしてないのに、日本人あるいはアジア人というだけで罵声を浴びることもあります。理由になってない”いじめ””嫌がらせ”、アメリカの方がひどい気がしますよ。ただ、どこにいても不当ないじめには立ち向かう勇気を持ちたいと思っています。親切な人たちも大勢いらっしゃいますが、日本はまだ住みやすい国だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんありがとお。同感です。

    しおりをつける
    blank
    sodane
    こういうトピを立ててくれて心が救われているsodaneです。そんな風に多くの人が思えるようになってくれたらいいのに。私も堂々といじめを止められる人間になりたいです。 大体はいじめを無意識に容認したり、そういう自分を正当化したくなるんですよね。 かかわったら自分もこわいから。。。。 そういう自分を正当化する言葉をさがして、いいわけにしている大人が多いと思います。 いじめされた本人は逃げることが大事だけど、周りはそれでいいのかな。。。って思う。 大体が一人で戦え、ですもんね。 これって、人と助け合わないで無責任な考えだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分以外を守れるか

    しおりをつける
    blank
    チャト
    トピ主さんが言っている事はとても難しいんじゃ ないでしょうか。 大抵の人は自分を守る事で精一杯ですからね。 自分が被害にあうかもしれないのに他人を守ろうと 思う人は少ないでしょう。 ちなみに過去に苛められていた人も、他人が苛めに あっていても助け様とはしませんよね。 自分を守って余裕があれば他人を助けましょう。 それくらいしかいえないでしょう。 ちなみに私は苛められていた人を助けた事は ありますが、彼女達に助けられた事はありません。 自分で何とかできるから平気ですけど呆れましたよ。 所詮、助けた人は頼るばかりで何もしてくれない。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめに寄与,発展させないために

    しおりをつける
    blank
    さむがり
     私はいつも一人で行動するようにしています。嫌われているからではありません。おうちへお邪魔したり,ランチにでかけるママ友もいます。その人,個人となかよくなったので友達でいます。子供の学校関係等で一人でいるのは本音で言えば,寂しいものがあります。でも,あえて一人でいます。周りをみるといつもご一緒グループが何組もいます。  グループで行動している人は周りをみません。例えば,周りに一人だけぽつんと立っているお母さんがいても,そのグループの誰かがその輪から離れて話しかけようとは決してしません。一人違う事をしたらグループ全員から異様な目でみられるからあえて知らん振りをするのです。これが子供の世界ならいじめともいえるのでは?  一人で行動できない人は恥ずかしいという風潮に世の中が変わっていってほしいと思う。集団でしか行動できない人たちがいじめという大きな社会問題を助長させていると思う。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの構造

    しおりをつける
    blank
    はるる
     イジメという事態が生じたとして、重要な要素になっているのは、誰かの誰かに対する恐怖感だと思います。「誰かが誰かが恐がっている。」この条件がそろったところであれば、どんな些細なレベルであれイジメが発生すると思います。  人を恐がる人は、人に恐がられることでしか安心できません。コミュニケーションのとり方を知らないからです。彼らは限りなくイジメを再生産していくことでしょう。  イジメ問題が目に付いたときに、真っ先に調べるべきは人々の間にある「恐怖感」のあり方です。これは「尊敬・畏敬」「信頼・依存」といった肯定的な態度で隠されていることもありますが、恐怖に打ち震える人は、その恐怖している対象を「茶化す」ことができません。皮肉やジョークを言うように振ってみて、対応を確かめる方法があります。 (続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの構造2

    しおりをつける
    blank
    はるる
    (続きです)  よくイジメラレッコにも責任がある、と言います。それはいうならば「そんなことで恐がるな、怯えるな」といっているわけですから、これは曖昧な理屈では正論ではあっても、当事者の状態に即して言わない限りかなりの確率で無責任な発言に終始してしまいますから、ほとんど無意味です。  他人を恐怖する人(イジメッコもイジメラレッコも)は、笑われることを恐怖します。これは笑われることで「自分が他人から恐れられていない」ことを実感させられるため、不満のやり場が無くなってしまうからです。そしてずる賢いイジメッコたちは、その不満処理もすることでいつまでも自分を「怖れるイジメラレッコ」を確保しようとします。「私たちの言うことを聞けば、いじめないしいじめさせない」という交換条件を出してくるのです。 (また続きます。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの構造3

    しおりをつける
    blank
    はるる
    (また続きです。)  もしご自分のお子さんたちがイジメに関わっているという気配を感じたら、「誰かを恐がっていないか」、「笑われることに異常に反発しないかどうか」をチェックします。その恐怖感の根を絶ち、他人や自分を笑い飛ばせるようになるよう助けてやるのがいいと思います。  学校がイジメの温床になりやすいのは、担任教諭が恐怖支配を強いている場合が多いからです。その恐怖感は子供間でのイジメを族生させます。先生のことを、こわい、と言ったり、茶化せない空気がお子さんにある場合、イジメの存在は確かだと思います。  でも解決策は、是非ご自分の身に置き換えて練ってください。「恐がらなくていいんだよ」とか「馬鹿ねえ。そんなことで怒らないの。もっと気楽に気楽に。」などと言われただけで、私たちは自分の恐怖感や自信のなさが払拭されるでしょうか? (またまたまた続きます)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの構造4

    しおりをつける
    blank
    はるる
    (またまたまた続きです)  イジメ問題に向き合うということは、イジメッコやイジメラレッコを否定することではなく、いまそこにある恐怖感をつぶすことです。イジメに抗して用意なく立ち上がった人が、一人で苦しんでいる姿は、「あの人には勇気があるけど、凡人にはまねできない」として、「いまそこにある恐怖感」を保存させるだけにおわりがちです。その「勇気ある人」の不成功はおそらく恐怖感を増長させるでしょう。  「見てみぬふり」をしている人たちは、自分たちの中にも「恐怖感」があることが自覚できていると思います。すでに恐怖している人に「見てみぬふりしている人はダメな奴」と正論をかざしてさらに恐怖させるのは賢明とは思えません。むしろいじめられている当事者よりも「軽い恐怖」であることで、できることを少しずつしていくほうが良いのでしょう。一番恐ろしいのは、皆が恐怖に身を任せることで安心しようとすることです。 (続きます。最後)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめの構造5

    しおりをつける
    blank
    はるる
    (続きです。最後)  大事なのは、恐怖そのものを生産している仕組みを、根こそぎ壊していくことです。これは蛮勇ある人よりも、卑怯・臆病ではあるが慎重で知恵のある人にこそ向いた仕事なのです。  恐怖感が多様なように、イジメも多様です。ですから「いじめのない社会」など現実にはありえません。たださしあたり「今そこにある恐怖感」を潰す知恵と行動力があれば、「今いまそこにあるいじめ」はなくせます。ぜひ、皆さんも戦略を立て「いまそこにあるイジメ」をなくしていきませんか。その解決策をみなで持ち寄れば、少しずつ多様なイジメへの対応も見えてくるはずです。 長文失礼しました。 

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    当番制にしてみたい

    しおりをつける
    blank
    みいな
    私は35歳で今の職場に入りイジメられる側を経験しました、女性の多い職場で常に誰かを苛めています。 それで思ったのが、以前テレビドラマで松本仁志と中居君が「伝説の教師」というのをやっていたのですが、イジメの解決法として松本演じる教師が「当番制」を提案し、実施するのです。 日替わりでイジメられる人を決めるのです たしか出席簿順だったかな?すると、みんな当番を一斉に苛めて楽しそう、でもいつか自分の番が来るみたいな なんかバカバカしいけど一番いい方法に思えた。 だって、1人を苛めることにより、集団が団結し仲良くなれる、そして楽しいみたいだし。 江戸時代も、えた、ひにん、て階級で最下位の人達って、結局、他の上の階級が安心?優越感に浸れるように作ったと聞いたけど、それで江戸時代が長く安定したのでは?と思う。 自分より下、弱い物がいるっていうのが心の安定なのかも。私はイジメは反対、だけど、確かにイジメは永遠に無くならないと思う、もし許されるなら当番制が平等でいいのでは。 ただ問題は「イジメ」という行為を当事者達は絶対に認めないことですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いじめは人間の本質?

    しおりをつける
    blank
    あきれ蛙
    から来ているってな感じがしますね、、、。 必要悪って言うか、、、なんとなく、そのひっくり返しが、逆に「一致団結」って物になるんじゃないかと思うわけです。 「仲間はずれにするいじめ」と「一致団結する習性」とは隣りあわせなのじゃないかということです。それが「集団に属する欲求」につながり大勢で個を非難するといういじめに発展すると思います。  どれもこれももともと少なからず人間誰にも備わっているもので、いじめられた経験者が、後で「それに参加しない」様に行動様式をかえたりすることもあると思います。私がそうです、いじめられましたし、仲間はずれにもされましたし、時々今でも対象になってます。  でも、もうそういうことには関心しなくなりました。自分は自分で、生活してます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    レス

    しおりをつける
    blank
    難しい
    あめじさん >>出来るなら睨む。 あくまで私の場合ですが苛め側を睨んだら「怖い~にらんだよ~笑」とさらに苛められた経験があります。いじめの世界っていじめられてる子が「悪」でそれ以外が「正義」のような感覚があるので睨むとさらに悪人イメージがついた気がします。 アダルトさん 子供のイジメはある程度しょうがないと思います。 しょうがなくないと私は思います。子供で苛められてる子は『子供だから人格が出来てない。苛められる君も(人格)出来てないけどしょうがないんで我慢しようね』で社会人で苛められてる人は『社会から、犯罪者のように一時的にでも、制裁を加えることにする』っていう配慮を用意するんですか?それは子供の社会でも必要です。 子供なら大人社会で犯罪になるようなイジメでも許されるなんておかしいと思うんです。因みに私はまだ子供なので社会人のイジメは経験していませんが、子供間のイジメは経験してます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  52
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]