詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    児童書「ムーミン」!(駄)

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    キタキタ
    話題
    トーベ・ヤンソンさんの「ムーミン」シリーズが大好きです。
    有名なアニメは、リアル世代では無いため結局観ていないのですが…児童書の方なら小学生の時に大体全部読みました。(途中で挫折したものもありますが…)

    周りにはあまりムーミンの本、読んだことのある人がおらず…
    ムーミンが好きな方、もし宜しければ魅力を語って頂けませんか?
    例えば、シリーズの中で好きな本、登場人物(キャラクター)など…

    あの世界観やキャラクター、昔からとても魅力的でした。
    しかし、未だ挫折?している本もありますので…
    新たに魅力を教えて頂けたら嬉しいです。
    いや、どんなことでもムーミンに関すること、書いてくださったら嬉しいです。

    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:7767526802

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    好きぃー!

    しおりをつける
    😀
    みぃ
    もういい大人なのですが、大好きです。

    前に、ムーミンママのお料理レシピという本が売っていてあれはムーミン好きにはたまらないと思います。

    本は読んでませんが(すみません)DVDを全巻借りて見てました。
    なんだか、癒されますよねー!

    トピ内ID:0654151551

    閉じる× 閉じる×

    非常に面白かったです。

    しおりをつける
    🐧
    宮崎人
    ムーミン、アニメを見ずに大きくなった世代です。

    それが、先日、地方テレビ局の企画で「ムーミン展」をするからでしょうけど、冬休み期間数日限定で昔のアニメが放映されました。

    おもしろい!
    5歳の子ども共々、ムーミンの魅力に取りつかれました。とりあえず、単行本「楽しいムーミン一家」を購入して読み聞かせしています。

    魅力の理由…なんでしょうね。冒険や魔法が、何故か我々にも身近に感じられる描き方だからでしょうか。アニメも、アニメらしいアニメというか、最近の手を入れすぎていない素直な面白さというか、単純な面白さで受け入れやすいのでしょうか。

    トピ内ID:5499740023

    閉じる× 閉じる×

    好きです!

    しおりをつける
    blank
    まこっちゃん
    アニメはリアルで見てました(笑)

    でも、大人になってから読んだ原作の方がもっと好きになりました。
    今は英語を勉強中なので、英語版を読んでいます。


    私が好きなのはスナフキンとムーミンの友情ですね。

    ムーミン属は冬眠をするので、彼らが眠っている間スナフキンは南へ旅に出るんです。
    なのでムーミンとスナフキンには必ず別れの季節がやってきます。

    この時の二人の様子が本当に素敵なんです。
    オトナなんです。美学とでもいうんでしょうか。
    (ある物語では、冬眠中のムーミンが途中で目が覚めて
    寂しくてスナフキンからの手紙を読むシーンがあります。素敵です、、)


    ムーミンたちは毎日おかしく楽しく暮らしていますが、
    私からは遠い北欧の地だからか、なにか寂寥感を感じます。
    厳しい自然の中に生きているので、思い通りにならないんですよね。
    あきらめなきゃいけない事も多いし。スナフキンとの別れもその一部で。

    自分の憧れる物をなんでも『手に入れるのではなく、遠くから感じている』というのも悪くないなあ、いや、そうあるべきなんだよなあ、
    とムーミンを読みながらいつも思っています。

    トピ内ID:7577495559

    閉じる× 閉じる×

    理想の縮図

    しおりをつける
    blank
    スティンキー
    私もムーミンシリーズが大好きです。
    アニメも世代です。
    とはいってもあまり詳しくはないですが。

    ムーミンの魅力はなんといっても、「人間(?)関係」にあると
    私は思っています。

    ムーミンのキャラクターはとにかく個性的。
    冒険大好き、放浪大好き、発明大好き、いたずら意地悪大好き、
    弱虫、わがまま、収集癖・・・・。

    彼らは自分と違う人(?)を否定しません。
    それぞれがそれぞれに楽しみながら、折り合いがつくところだけ
    仲良くしていく。
    また、そうであっても利用されている!なんて怒ったりしません。

    困った相手に対しても、警戒したり、直接的な事柄に対処したり
    はするけれど、排除したりはしていなかったように思います。

    私はそうした互いを尊重する世界観にとても魅力を感じます。

    50代くらいになったとき「ムーミンママ」のような女性に
    なれたら良いなと心底思います。

    トピ内ID:5929170974

    閉じる× 閉じる×

    ムーミン辞典

    しおりをつける
    blank
    むーこ
    読んだとこありますか?すごくおもしろいですよ!とくに「スナフキン」のところがお勧めです。

    トピ内ID:9887609165

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    キタキタ
    >みぃさん
    ムーミンママのお料理レシピ、とてもおいしそうですね
    児童書に出てくるお料理やお菓子って、食べてみたいと思ったことが何度あるか…
    ムーミンアニメは前から可愛い雰囲気だなぁとは思っていたのですが、癒されるとは~
    癒されるアニメ、良いですよね。

    >宮崎人さん
    やはりアニメは人気あるんですね!
    ムーミンファンとして嬉しい限りです。
    冒険や魔法についても、言われると納得です
    魔法だと、例えば「楽しいムーミン一家」に出てきた雲、原料が面白いです

    >まこっちゃんさん
    英語版でムーミン読めるとはすごい!
    スナフキンとムーミンの別れの場面はいいですよね。
    「オトナ」とか「美学」という表現に深く納得です!
    寂鬱感や、憧れるものとの距離感も、なるほど!です。

    >スティンキーさん
    ムーミンに出てくるキャラクター、良いですよね!
    今までは割とその個性に目がいっていたのですが、関係性のことを言われると、確かに納得です。
    確かにみんな尊重し合っていますね。
    スティンキーさんのお言葉で、ムーミンのあの雰囲気の根っこが1つ見えた感じがし、嬉しかったです。

    トピ内ID:7767526802

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    偶然!

    しおりをつける
    blank
    魔法使いは誰だ
    なんという偶然でしょう。
    今日、職場の同僚の若い女性から借りていた本を返すとき、お礼にムーミンのビスケットを渡しました。そうしたら「私、ムーミン大好きです」とのこと。ふたりでしばしムーミンの話をしてきました。

    ムーミンの物語には悪者が出てきません。魔物も鬼も、どこかその哀しい性をうかがわせる描き方で、やっつけるべき悪という扱いではありません。
    一方、ムーミンも、私の大好きなスナフキンも、全くの善ではなく、弱みがあり、いやなところもあり、自己嫌悪にかられ……
    なんというか、メルヘンでありながら胸が痛むほど身近な存在なのです。

    ムーミンシリーズに「この世の終わりにおびえるフィリフヨンカ」という短編があります。児童書ではあっても、これは大人の文学だと思います。また、「スニフとセドリックの話」という短編も、ちょっと辛い味わいながら、読み応えがあります。

    アニメはあまり見ませんでした。テーマソングの作詞が井上ひさしだというのは興味がありましたが、原作と全然違うと思っていました。生意気な子どもだったのかもしれません。

    ヤンソンさんは、厳しく、そしてユーモラスな人だったのだろうと思います。

    トピ内ID:9134194111

    閉じる× 閉じる×

    『ムーミン谷の彗星』が・・・

    しおりをつける
    😀
    TAKU
    わがやの児童書のオールタイム・ベストの一つです。
    子どもたちはこの『彗星』の物語終盤、かがり火のそばでの歌「さむ・・・つめ・・」「恐ろしい歌だなあ」のくだりを、そらで言えるほど読み込んでいます。(すみません、親である自分ははうろ覚え。)

    子どもたちが自分で読めるようになるまでは、読み聞かせていました。
    子どもたちはその後自分で、図書館でシリーズのほかの巻を借りてきて読破しました。

    トピ主さんのタイトルにある児童書=原作の本が最高です。
    日本製アニメ版や、原作者によるコミック化もありますが、個人的には原作の持つ不思議に土俗的な世界が再現できていないと思います。
    このトピックを読んだくれた人が原作に興味を持ってくれたらいいな、と思います。
    ちなみに原作では、主人公の妖精/オバケは「ムーミントロール」です。

    トピ内ID:8882473687

    閉じる× 閉じる×

    ママのハンドバッグ

    しおりをつける
    blank
    タンペレ
    児童書もアニメも大好きです。
    岸田今日子さんのムーミン世代ですが、
    トーべ・ヤンソンさんは90年代製作のほうをお好きだったそうですね。
    どちらも最終話は冬の始まりがテーマで、しんみりします。
    つい先月まで90年代版を東京MXで再放送していましたが、
    こどもたちと一緒に楽しんでいました。
    白鳥英美子さんによるテーマ曲のすこし寂しげな感じがぴったりだわーと思っていたら、
    急に明るい曲に変わってびっくりしました。
    そのまま、微妙に絵柄が異なる(ミイが大きすぎる!)冒険日記版になり、
    原作の世界観と違うなーと思いながらも観ていました。

    児童書は小学校高学年から愛読していますが、
    ムーミンママのハンドバッグについて母に質問したことがあります。
    どこかに「ハンドバッグに何が入っているのかお母さんにきいて」みたいな文章があったのです。
    自分が母親になったときにわかりました。
    家族の必要なものが細々と入っているのですよね。

    大人になってからフィンランドに行くほど大好きな本を、
    小3になったこどもが読み始めており、嬉しく思っています。

    トピ内ID:5737621289

    閉じる× 閉じる×

    お手紙

    しおりをつける
    🙂
    ねね
    今50代半ばの友人が20代のころ、
    ムーミンが大好きで、ヤンソンさんに英語で手紙を出しました。
    ちゃんと返事がきて、ものすごく喜んでいたのを思い出しました。

    トピ内ID:8722289986

    閉じる× 閉じる×

    スナフキン!

    しおりをつける
    😀
    ちゃまりんこ
    図書室のムーミンシリーズ(児童書)を読みました。
    アニメのムーミンはリアルタイムでは見ていません。
    でも、中学生頃にムーミングッズがあり、メモ帳を買ったのを覚えてます。

    娘が1歳くらいの頃から「たのしいムーミン一家」シリーズを一緒に見ています。タンペレさんの仰る通り哀調漂う出だしが魅力的なオープニング曲が大好きです。制作会社の変更を機にあの弾けた明るい曲に変わったそうです。アニメの色調も色が鮮やかというか濃くなった印象です。

    今、3歳の娘はスナフキンが大好きです。最近は、転んで怪我をしても、私に叱られても「スナフキーン!」と助けを呼びます。今は寒い冬なので「スナフキンは冬の間は南に行ってていないでしょ。」となだめています。

    スナフキンの美学・哲学には夫も感心してます。私はムーミンママを見ては自分を反省、「ムーミンママのようになろう」と日々決意してるのですが…。

    娘にねだられると、ムーミングッズも少しずつ買ってしまいますが(ほんとは自分が欲しいから)、何故かスニフのグッズは少ないですね。ぬいぐるみも『ご先祖様』はあるのにスニフはないです。不思議…!

    トピ内ID:0600242649

    閉じる× 閉じる×

    フィンランドにあこがれてます

    しおりをつける
    春日 
    アニメも原作も大好きです。
    絵が素晴らしいですね。原画展には必ずいきます。
    あと、トーベ・ヤンソンさんの文章も面白いです。

    ムーミンからフィンランドに興味が広がり、北欧のビンテージ物の食器を集めたり、アキ・カウリスマキ監督の映画のファンになったりしてます。

    独特の魅力がありますよね。透明感がありながら土俗的、孤独をじっと見つめながら人なつこい、かわいらしいけど少し怖い。

    糸井重里さんのHP「ほぼ日」、ご存知ですか?
    あの中にある「フィンランドのおじさんに会いに行く」という画像付きの旅行記が面白かったですよ。
    ムーミンは、この国のこの人たちの中から生まれたんだなぁと、納得します。

    トピ内ID:4109015382

    閉じる× 閉じる×

    これは童話?哲学書?

    しおりをつける
    blank
    アウェイコ
    幼い頃アニメで触れていたかわいいムーミンの原作がこんなに深いものとは!

    高校時代に原作を読み始め、はまりました。

    メルヘンの世界の中に哲学がちりばめられ、まるで謎解きの様です。

    ところどころにある「想像してくださいね」という、読み手に答えを委ね、受け取り方は人それぞれだ、という作者からのメッセージも素敵です。

    既出ですが、「この世の終わりにおびえるフィリフヨンカ」は最も好きな1篇です。
    知らず知らずのうちに色々なものに「囚われ」ている自分に気付かされます。
    嵐の去った後のすがすがしい情景は、「囚われ」を自ら捨てたフィリフヨンカの心のうちを表しているかのよう。

    無駄をそぎ落とした絵と愛とユーモアに溢れた人間味のあるキャラクター達。

    作者の人間に対する観察眼の鋭さと愛を感じます。

    トピ内ID:1737942165

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございました

    しおりをつける
    blank
    キタキタ
    >むーこさん
    「ムーミン辞典」!
    これはこれは、素敵なものを教えてくださりありがとうございます。
    是非読んでみたいです!

    >魔法使いは誰ださん
    確かにムーミンに出てくる悪者って、思いつきませんね…!
    「哀しい」という表現も納得です。
    個人的にモランを思い出しました。
    スナフキンも良いですよね!
    ヤンソンさんのメルヘンの魅力が、また1つわかった気がしました。
    ありがとうございます!
    「この世の終わりにおびえるフィリフヨンカ」「スニフとセドリックの話」も、とても興味をそそられますね。

    >TAKUさん
    子供さん達、読破したのですか!
    恥ずかしながら、私は「ムーミン谷の冬」「ムーミン谷の十一月」を小学生の時挫折してしまいました…
    原作の雰囲気、私も大好きです。
    あの雰囲気は「可愛い」とは違いますよね…「土俗的」という表現、いいですね!!
    個人的にしっくりきて、なんか嬉しかったです。
    ありがとうございます。

    トピ内ID:7767526802

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    レス、ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    キタキタ
    >タンペレさん
    アニメ先月まで再放送されていたんですか!
    アニメはアニメで、また時期によって世界観が結構違うのですね…
    ママのハンドバックの文章、心がほっこりしました…
    母親のハンドバックって良いですね…!!
    家族の必要なもの…という言葉、好きです。 
    自分の大切な本を読んでくれるのって、やっぱり嬉しいですよね。

    >ねねさん
    お友達がうらやましいです…!
    ちゃんとお返事くれるとは、ヤンソンさん、素敵ですね。

    >ちゃまりんこさん
    アニメのオープニング、これも是非聞いてみたいです。
    そして、娘さん可愛い~!
    ちゃまりんこさんと娘さんのやりとり、素敵です。
    スナフキンの美学・哲学は、確かに深いですよね。
    ムーミンママも、大好きです!
    スニフにグッズが少ないのは意外ですね。
    可愛いのに、どうしてでしょう?…

    トピ内ID:7767526802

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      レスありがとうございます

      しおりをつける
      blank
      キタキタ
      >春日さん
      私もあの絵、大好きです!!
      北欧のビンテージ物の食器も素敵ですよね。
      アキ・カウリスマキ監督の映画も観てみたいです。
      あと、糸井重里さんのHPも初めて知りました。
      良いですね~
      色々とありがとうございます。
      私も興味を広げたいです。
      あと、「孤独じっと見つめながら人なつこい」「かわいらしいけど少し怖い」という表現が、なるほど!!でした。
      一見相対するように見える「孤独」と「人なつこさ」、確かにムーミンの世界では両立している気がしますね!
      ムーミンの魅力が、また1つわかった気がしました。
      嬉しかったです。

      トピ内ID:7767526802

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(6件)全て見る

      まいった♪

      しおりをつける
      JCっ仔
      また素敵なトピを見つけてしまった。
      受験生なのに…でも、しばしの息抜きをムーミンで。(ふぅ)

      私は児童書オンリーで育ちました。
      初期の冒険に満ちた作品はワクワクしながらあっという間に読めたのに「ムーミン谷の冬」あたりから精神的に未熟だったためか、それまでは染込むように思い描けていた情景が途切れ始めました。
      想像すると挿絵が無かった氷姫がすぅーっと近づいてきそうでなおさら怖かったし。
      でも中学生になってからもう一度読み直してみたら、なにやらトーベ・ヤンソンが『ほら、今のあなたなら少しは解るんじゃない?』と投げかけてきたんです。
      そして今ではシリーズの中で一番好きなのが「ムーミン谷の冬」です。

      受験終わったらまた読みたいナ。
      トピ主さま、皆さま、これからも楽しくロムさせていただきますのでよろしくお願いします。

      トピ内ID:4705286932

      閉じる× 閉じる×

      今、なにげに

      しおりをつける
      💡
      JCっ仔
      NHKの番宣みたら来週の木曜日(1月21日)の20:00~BSハイビジョンで『北欧トレッキング紀行 森と湖の国ムーミン谷への旅 フィンランド』ってワクワクなタイトル発見しました。
      とりいそぎご報告~~~♪

      トピ内ID:4705286932

      閉じる× 閉じる×

      レス、ありがとうございました。

      しおりをつける
      blank
      キタキタ
      >アウェイコさん
      「想像してくださいね」というメッセージ、確かに素敵ですね!
      これも魅力の1つだなぁと気付きました。
      「この世の終わりにおびえるフィリフヨンカ」人気ですね。
      アウェイコさんの文章を読んで、とても読みたくなりました。
      ありがとうございます!

      >JCっ仔さん
      受験生さんなのですか。この時期は体調だけには気をつけて下さいね。
      「ムーミン谷の冬」…!
      これは読んでみたくなりますね。
      氷姫のその表現の仕方、イメージが湧きます!
      魅かれました。

      おお、これは素敵なテレビ番組ですね!!
      今、自分の家にテレビが無いことを後悔しています…
      実家にビデオ録画を頼もうかしら…
      素敵なお知らせも、ありがとうございました!

      トピ内ID:7767526802

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(6件)全て見る

      たしか、ムーミンパパは。

      しおりをつける
      ミミ
      記憶が定かではないのですが確かムーミンパパは「捨て子」だったんですよ。
      カボチャか何かのマッシュの缶を添えられて。あの優しいパパにそんな過去があったなんて。

      「ムーミンパパの思い出」という本だったかな~。探してみますね。

      トピ内ID:1098792209

      閉じる× 閉じる×

      レスありがとうございました。

      しおりをつける
      blank
      キタキタ
      >ミミさん
      確かにムーミンパパは捨て子でしたね!
      「ムーミンパパの思い出」良いですよね。
      「ムーミンパパの思い出」に出てくるおばけも、好きでした…
      おばけが、箱の上に座って?楽しそうに編み物している絵が可愛かったです。

      トピ内ID:7767526802

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(6件)全て見る

      宝物さがし

      しおりをつける
      ペコちゃん
      ずっと以前に読んだので間違ってたらごめんなさい。

      神様か王様が、ムーミン谷のみんなに森の中で〔宝物さがしゲーム〕みたいなことをさせるというストーリー。ムーミンはロマンチックな思い出に関連する品物を拾い、スニフはガールフレンドと拾った宝物を交換したり、それぞれ自分が欲しいものを探し当てるのですが、ミムラのお嬢さんとスナフキンはぶらぶら歩くだけで宝物を拾いません。スナフキンは物を持つ責任や欲望から自由なのですが、ミムラは神様に【キスをすることを許される】ことで望みを果たします。なんて可愛いらしいんだろうと思いました。

      トピ内ID:3929989154

      閉じる× 閉じる×

      嬉しいトピ

      しおりをつける
      百日紅
      ムーミンシリーズが大好きです。
      岸田今日子さんから始まり、90年代のアニメも見ていました。
      受験時代は英語のペーパーバックでも楽しみました。

      苦手なので「お料理本」は持っていませんが、
      講談社の文庫本と筑摩書房のコミックスは全巻揃えており、
      今でも時々読み返しています。

      個人的には『ムーミン谷の11月』が一番好きですが、
      他の作品も児童書に限定しておくのは勿体無い作品だと思います。

      98年4月発行の雑誌『ユリイカ』はトーべ・ヤンソンさんとムーミンワールドの特集号です。
      ポエム関係の収集に力を入れている図書館か古書店があったら、
      ぜひ探してみてください。

      余談ですが、
      夫を友人に紹介したところ「スナフキンみたいな人ね」と言われたことがあります。
      これはまあ、褒め言葉かしら?
      家庭的な雰囲気とは縁遠い感じですけれど。

      自分としては「(体型が)まるでモラン!」と言われないようにと、
      日々努力しています。

      トピ内ID:3936011762

      閉じる× 閉じる×

      後半の作品にひかれます。

      しおりをつける
      🛳
      Pammy Lee
      私が好きなのは、後半の2作品、ムーミンパパ海へ行くと、ムーミン谷の十一月です。ムーミン一家が海にあるパパの島に移住して、そこで自分の暮らしが嫌になった灯台守りと遭遇することによって、パパ自身日常の何気なさの中にある自分の価値をもう一度見つける過程が軸にあります。それと絡んでムーミンが初めてGFのスノークのお嬢さん以外のものにあこがれを抱いたり拒絶されたりしながら成長していきます。そしてママは、なんとノイローゼになって壁の中の絵に吸い込まれていったりします。ムーミンパパと灯台守りがそれぞれの立場を元に戻す場面がはっとします。

      ムーミン谷の十一月は、ムーミン一家不在の谷にムーミン一家に会いにやってきた人たちの人間模様。ムーミン一家はそこにはいないのに、尋ねてきた人たちとの関わりによって、描き出されて、そして同時に登場人物それぞれの持っている人生が浮かび上がっていくのです。最高傑作だと思います。

      短編ではスニフとセドリックのことが大好きです。

      ヤンソンさんは生涯独身でしたが、パートナーの女性をモデルにおしゃまさんを作り上げたそうです。大人になってから最近知りました。

      トピ内ID:3737574681

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (6)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

        注目トピはありません。

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0