詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    あづき粥を果樹に食べさせる風習

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    エレア
    話題
    島根県出身で明治生まれだった祖母が、私がまだ本当に小さかった頃、1年に1度、実のなる木の幹に傷をつけてあづき粥をそこへいれ、たくさんおいしい実をならせてくださいと木ごとにお願いしていました。
    とてもかすかな記憶なので、どんな季節だったかも覚えていません。どなたかこの風習についてご存知ではないでしょうか。その頃住んでいたのは京都です。よろしくお願いします。

    トピ内ID:6431339572

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    なりもっそう?

    しおりをつける
    😣
    ばば~
    静岡県東部です。唄もあります。

    ♪なりもっそう
    なりもっそう
    なるか、ならぬか
    ならぬと言うと
    鉈でもって ぶっ切るぞ♪

    ちょっと物騒が、実をならせないと切っちゃうぞ~
    って、木を頑張らせる唄でしょうね。
    もうあまりやられていないのかも。今朝主人がやってました。

    トピ内ID:1157900614

    閉じる× 閉じる×

    なつかしいです~

    しおりをつける
    😀
    ゴロちゃんママ
    わー、懐かしいです。

    「成木責め(なりきぜめ)」という豊作を祈る風習です。

    詳しくはネットで検索してみてくださいまし。

    トピ内ID:4826353199

    閉じる× 閉じる×

    成り木責め

    しおりをつける
    blank
    ウメ
    「成り木責め」で検索してみてください。(または「生り木責め」)
    小正月(1月14~15日ごろ)に小豆粥(あずきがゆ)を果樹にかけて豊作を祈る習慣のようですね。
    「責め」となっているように、どちらかというと「お願い」というより「実を成らせないと切り倒すぞ」と「脅す」感じのもののようです。

    お婆様は自然を敬愛するお優しい心から、「お願い」という形をとられたのではないでしょうか。

    トピのおかげで、日本の古い美しい風習を知る事ができました。
    ありがとうございます。

    トピ内ID:2201592512

    閉じる× 閉じる×

    成木責(なるきぜめ)

    しおりをつける
    blank
    あずき
    私は経験がないのですが 聞いたことがあります。

    「成木責」で検索してみてください。
    同様なことが出ています。

    ここには 出雲地方の祖父さまをお持ちの方が書いてられます。
    各地でもあるようです。

    トピ内ID:0717800734

    閉じる× 閉じる×

    福島県です。

    しおりをつける
    blank
    春よこい
    私の母に(83才)聞いた事があります。実のなる木に傷を付けながら、「成るか、成らぬか~成らぬとぶった切るぞ~」と歌い、まだ幼かった母が小豆粥を付けてたそうです。母の田舎だけかと思ってました。

    トピ内ID:5906328214

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました

    しおりをつける
    🐱
    エレア
    質問にお答え下さった皆様、本当にありがとうございました。レスを見て、祖母が「なるかならぬかー」と言っていたのを思い出しました!ネットでその「成木責め」の風習を検索して見ます。両親も既に亡くなっており、フランス在住のためずっと前から気になっていたのですが、これですっきりしました。重ねて御礼もうしあげます。

    トピ内ID:6431339572

    閉じる× 閉じる×

    なつかしいです

    しおりをつける
    blank
    からんこ
    エレア様
     昭和20年代、60年も前の話です。1月15日、小正月に、明治10年代生まれの祖母が子供の私を従えて実のなる木に、小豆粥を供えていました。 祖母は和歌山県、有田の出身です。祖母は小さな鉈で、庭の柿などの幹を軽くたたいて 
    「ならな、ぶちきろう」と木を脅し、子供の私が木になり代わって   「生ります、生ります、きっと生ります」と言うと、         「それならおかゆを進ぜましょ」と、葉に盛った小豆粥を木に供えて回りました。その後、似たような風習を聞いた事はありませんでした。懐かしいことを思い出させて下さってありがとうございます。

    トピ内ID:7933249416

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0