詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚に求めるものとは?

    お気に入り追加
    レス49
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    パートナーシップ
    恋愛
     現在独身ですが、価値観が合えば結婚したいと考えています。仕事は続けたいので、互いが自立しほぼ対等のパートナーシップを築きたいと考えています。  ところが職場の男性陣や既婚の友人等の話を聞いていると、男性曰く「やっと家事から解放された。仕事に集中できる」女性の友人は「家事分担の予定が次第にやらなくなりストレス」等、結婚とは男性が楽になり、女性が苦労するもの?のように聞こえます。  内助の功を期待されても、仕事を持つ身としては自分のことでいっぱいで、家事を全くやる気のない(軽視する)男性とは合わないと思います。付き合って早い段階に、男性の家事等に関する考えを確かめてその後を考えたいと思いますが良い考えがあれば教えてください。 また、男性は結婚に何を求めているのでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数49

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  49
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    お気持ちわかります。

    しおりをつける
    blank
    bara
    職場の方やお友だちの話は、あくまでも一例。世の中には色んな人がいます。うちの主人は結婚までずーっと実家でしたが、教えたら何でもしてくれます。(私はひとり暮らしが長かった) あと役割分担してません。手が空いているほうがやる。決めても守れなかったらイライラするだろうし。だから散らかってる時もあるります。「互いが自立しほぼ対等のパートナーシップ」を目指すのであれば、なんでもふたりですればいいんですよ。うちはふたりで働いて、ふたりで家事。今のトコ不満ありません。けど、どちらかの仕事が忙しい時期や、病気や妊娠出産など、思うように動けない時は、相手を思いやる気持ちと行動を忘れずに。 >付き合って早い段階に、男性の家事等に関する考えを確かめてその後を考えたい 自分の考えや意見を持てずに、流されるだけの人はよくないと思うけど、頑固すぎる人とは暮らしていけません。いいなと思う人がいたら、家事のことだけではなく、これまでの家庭での生活など、いろんなことを話したり聞いたりすれば、見えてくることもあるのでは。 でも、決して相手を品定めするようなことはしないように。自分も品定めされますから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    難しい問題です

    しおりをつける
    blank
    えと
    都市部では結婚適齢期(30代)の男性の過半数以上が 未婚状態で、この先も未婚率は上昇し続ける予測がなされています。 家事も仕事もできる自立した男性は「結婚自体」を求めていない 感じがします。 一方で「女性に家事負担をなすりつける」タイプの男性は 結婚願望がありますが、これは対等なパートナーを求めている 女性には受けが悪いでしょう。 トピ主様が求めておられる男性のタイプは現代では 希少種ですね・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うんうん。

    しおりをつける
    blank
    裏路地女
    男性はと言うより 彼氏は何を求めているかですよね? いろんな男性がいるのですから 一概にどーこーは言えないと思いますよ。 アナタが同等な暮らしを求めるなら、同じ男性を探せばいいと思います。 ですが、家庭を持つと言うのは、大切でもあり大変でもあるのです。 ですから、互いに仕事や付き合いで出来ない家事は、 家政婦さんを雇うのが一番です。 互いに稼ぎがあるなら大丈夫だと思いますよ。 互いに疲れて帰ってきて、部屋が汚かったり 洗濯も出来てなかったりする時に喧嘩したりするんです。 疲れを癒す為に家庭を持つなら、第三者が必要ですね。 それも一つの手ですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なんだか。。。

    しおりをつける
    blank
    ???
    >互いが自立しほぼ対等のパートナーシップを築きたいと考えています。 >内助の功を期待されても、仕事を持つ身としては自分の ことでいっぱいで、 こういう考えなら結婚はすべきではないな~。 自分のことで一杯の人と結婚する彼が可愛そう。 結婚したらお互いに思いやる気持ちが大切で、 一緒に生活していく上で互いに協力が必要です。 自立&対等っていうなら、ますます結婚する必要なし! そんなに仕事優先で生きたいなら、結婚するべきじゃない。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    結婚したら。

    しおりをつける
    blank
    ホワイト。
    結婚したら自分の好みの部屋に住み家事をしてっていう憬れがあるので、私は家事の負担は自分だけでもむしろ楽しいですね。夫にやってもらおうとか期待はほとんどしていないです。 今までも独身だけど仕事しながら両親の食事の用意や家事をやってきたので、今まで通りってことなら、簡単で楽しいです。 家事って言っても仕事の合間にするのでピカピカとまでは行きませんが、まあまあ夫婦で快適に暮らせればOKなのではないでしょうか。 一杯働いて、家に帰ってきたらくつろいでゆっくり休んで欲しいです。 そう思える相手と暮らすことが結婚なのだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ひとりもんですが・・

    しおりをつける
    blank
    東夷北狄南蛮西戎
    >付き合って早い段階に、男性の家事等に関する考えを確かめて 一人暮らししてるなら、相手の部屋にいって、台所冷蔵庫トイレ・・じっくり見れば、半分ぐらいは目星がつくかと思いますよ。家事なれしてれば、結婚してから分担しても、そう負担になるとは感じないはずでしょうから。最も、そういう輩は、自分でなんでもこなせる分、精神的な面で求めるものが特になければ、パートナーの必要性は低いと思いますけど。 >仕事を持つ身としては自分のことでいっぱい それは男も同じだよ。こういうコメントみると結婚って、単に重荷(妻)が増えるだけでやっぱり面倒くさそう(笑)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ずっといっしょにいること

    しおりをつける
    blank
    30代おとこ
    > 男性は結婚に何を求めているのでしょうか? タイトルどおり、「ずっといっしょにいること」です。 まあ、結婚しなくてもいることはできますが、 私の場合は、お互いずっといっしょにいることの表明と いう意味もありましたね。 あとは二人で面白おかしく生活していければいいです。 結婚に期待するから裏切られる。最初から期待しなけれ ばという話も聞きますが、そもそもほかに何が必要なん だろう?とうちでは言ってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もっと柔軟に

    しおりをつける
    blank
    miumiu
    私たちも夫婦両方フルタイムで働いています。 夫は家事全般できます。 ですが、家事に対する感覚が違います。汚れに関しても。夫と私の「ここまで汚れたら我慢できない!」という限界が違います。あと汚れた食器はその日のうちに洗う、シーツは何日ごとに洗う・・、などなど、お互いの基準の違いをあげたら切がありません。 結局根負け(?)して私がせっせと家事をするはめに。夫がやるのを待ってたら余計イライラ、やり方も私のに比べたら雑。夫に家事をやってもらったら、それに文句や合格点をつけるようなことをしてはいけません。喧嘩に発展します。 トピ主さんは夫の基準に合わせますか?家事をするしないでお相手を選ぶのも結構ですが、実際生活が始まってみないとわからないことっていっぱいあります。 私たちは結局「得意な家事をする」という方向に落ち着きました。コーヒーやお茶を入れる、ワインやチーズを選んで買うのはいつも夫。食器洗いや洗濯、掃除は私ですが、そのかわり私のペースで家事をやらせてもらってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    結婚は控えた方が・・・

    しおりをつける
    blank
    shin
    家の場合はお互い独身生活が長かったので、夫婦共に家事も仕事も出来ます。 多忙の時、病気の時にフォローしあえる能力があり、愛しているから支えたいと考え夫婦でいます。 (「ありがとう」とか、「これおいしい。味付けは?」等の一言はうれしいですし) でも、トピ主さんは自分が多く支える(愛する)のは損だとお考えのようです。 夫婦共にそう考えたら家庭は維持できませんよ。 結婚は「生涯愛する事を誓う」のです。 「多く愛せる=幸せな事」なのですよ。 >結婚に何を求めているか 思考が誤っています。 他者への依存が不要に成れば成る程(自立)、結婚する理由が無くなるでしょう。(この思考で結婚した場合「自立=離婚」な関係となります)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    本当は結婚に縛られたくない。

    しおりをつける
    blank
    竜角
    >また、男性は結婚に何を求めているのでしょうか? 何も求めていません。 女性の要求に応えただけの事です。 ですから後になっていろいろ付加価値を追加されるのは遺憾な事です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    例えば

    しおりをつける
    blank
    huhuhu
    お母さんの教育方針は? 過保護の母親が多いので、どんな風に育ったか分かります。 「アットホームダッド」観た? こんなTV番組がありましたね。主夫を話題に。 吉田拓郎の今の奥さんがTVで「前の奥さんに感謝しています。ここまで教育して渡してくれたんですから」と、言ってました。完成品を探すより、そのように創っていくほうが可能性が高いのではないでしょうか。 なお、理屈で理解できても行動に移せない(移さない)タイプがいます。この手は、男でも女でも付き合わないほうがいいでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人それぞれですから

    しおりをつける
    blank
    enia
    あまり周囲の一般論的なことは気にされない方がよいと思います。大きく見て、日本という社会では、あなたが望まれるタイプの男性は少ないのでしょうね・・。 短絡的すぎるかもしれませんが、メイドさんのような存在があればいいのに、と思いました。 結婚前から家事の分担制のことなどじっくり話し合う必要はおありかと思いますが、結婚後、多少のずれが生じることもお考えに入れて、なら乗り越えてゆけるのでは。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何も求めない

    しおりをつける
    blank
    いや、厳密に言えば求める物が全く無いわけでは無いんですよ。でも、結婚(事実婚でもいいですが)しないと手に入らないものというのは、究極的には子供だけなんですよね。女の人を子供を作るための道具であるかのように言うのは本意ではないので、まあ「何も求めない」ということで。 もし子供は要らないとか、諦めるというのであれば、もはや結婚しないと手に入らないものなど無いということになります。結婚していないと出世に響く、ということも無いですし。 独身だと老後寂しいんじゃないかという意見もありますが、結婚はその点については何も保証してはくれませんしね。子供ができてもこの点については当てにならないでしょう。老人ホームには、家族がいても誰も面会に来ないという人が結構いるんですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一つの例に過ぎませんが

    しおりをつける
    blank
    我家の場合
    >仕事は続けたいので、互いが自立しほぼ対等のパートナーシップを築きたいと考えています。 私もそのような理想に燃えて結婚しました。家事能力のある一人暮らしの男性でした。でも、結局私は体を壊し勤めを辞め、今は専業主婦です。 結論から言うと、仕事をバリバリやるには家に家事を担当してくれる人が居てくれるコトが大事でした。(私の独身の時は母) この有り難味が身に沁みているので主婦業に誇りを持っています。夫を生かすも殺すも私次第。これは外で働くに勝るとも劣らない、なかなか遣り甲斐のある仕事です。 私が外で稼がなくてもウチの夫婦は対等です。 お仕事を続けても続けなくても対等で居られる、お互いに支えあえる、と思える結婚をなさる事をお薦めします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私達は二人とも楽になった。

    しおりをつける
    blank
    タピオカ
     私達の場合、どちらも一人暮らしで自活していたのでしていたので、家事も経済も一人暮らしのときよりずっと楽になりました。  お互い家事で得意な分野(と言うよりやっても苦じゃない分野)と苦手な分野がかぶらなかったのが良かったみたいです。私はお風呂掃除から、彼は食後の後片付けから一生開放されました。  一番嬉しいのは病気になったとき。立ち上がるのがしんどいときでもご飯をベットまで持ってきてもらえるし、病み上がりの体にムチ打ってたまった家事をしなくてもいい。逆に彼が病気の時は家事全部しなきゃいけないけど、ものすごく感謝されるのであんまり苦には感じません。  

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    男の本音

    しおりをつける
    blank
    ヤフー
    男友達の大半の本音によると、結婚に求めるものとは安らぎなのだそうです。仕事から戻ると、あったかいご飯ができているという意味です。食事や洗濯や掃除など家事を一切やってくれる奥さんがいたら最高なのです。そして自分よりもちょっと頭が悪かったらもっといいんだって。うーん、分かるような気がします。私も男だったらそういう結婚をしたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    応援しますよ

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    これからの世の中は、トピ主さんのような考えの人が増えると思います。特に離婚したい時に、女性が仕事を持っていないと、不安です。自立するには、結局お金なんです。仕事を手放さないことは、とても良いことです。 結婚に求めるものは、どのような状況になっても理解しあえる心の広いパートナーです。 無理なく安心して付き合える人です。 特権意識を持った男性は駄目ですよ。 良いパートナーに出会えるといいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    幸せな結婚とは

    しおりをつける
    blank
    カオル
     もしパートナーさんが幸せな結婚ができるとすれば、それは間違いなく「互いが自立……云々」などというちっぽけな観念を超越したものですから、あまりそんなことに拘泥しない方がいいと思いますよ。  あなたが「職場の男性陣や既婚の友人等の話」を鵜呑みにすることなく、笑って相槌を打てたり、彼らの話題がなぜ判で押したように異口同音なのかが理解できるような女性だと、多分素敵な男性からプロポーズされます。  また、素敵な男性と結婚したかったら、それに見合うだけあなたが素敵になることです。彼はあなたが頑張って仕事や家事をしているのを見れば、手伝わないではいられないはずですから。でも「付き合って早い段階に、……云々」と切り出す女性に素敵な男性がプロポーズするとは思いません。 もう一つ、平均的な男性が結婚に望むのは、母親の代理、安定的な性関係、それを土台にした幸福な家族の形成でしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    賭けです

    しおりをつける
    blank
    くろ
    結婚が必ずしも女性が苦労するものとは限りません。 うちは共働きですが、家事はほぼ半々に負担してます。特に分担は決めてません。手の空いた方、気がついた方、がやります。 >付き合って早い段階に、男性の家事等に関する考えを確かめてその後を考えたいと思いますが良い考えがあれば教えてください。 こればっかりは賭けだと思います。結婚してみなければわかりません。付き合ってる最中にいろいろ探りを入れてみてもあまりあてにはなりません。 私は家事は一緒にやってくれるようにお願いしてましたが、内心あまり期待しないようにしてました。期待はずれでがっかりしたり腹が立ったりすると夫婦関係にひびが入りかねないですから、「やってくれたらもうけもの」くらいの気持ちでした。(でもやってくれたら大げさなくらいに感謝するようにしてました。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そもそも

    しおりをつける
    blank
    るる
    あなたは結婚に何を求めているのですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本の男性とは結婚しない

    しおりをつける
    blank
    すず
    というのは、どうでしょう? アメリカやイギリスでは、トピ主さんのような考え方は一般的ですから、きっとうまく行くと思いますよ。一般的な家庭なら専業主婦は肩身が狭いですし、内助の功なんてハナから求められていませんし。 ひやかしではありません。私を含め、周りには国際結婚をしている人がうじゃうじゃいます。家事分担なんて当たり前です。きっとトピ主さんには理想でしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ???さんの発言で思ったこと

    しおりをつける
    blank
    ちょこぼーる
    >自分のことで一杯の人と結婚する彼が可愛そう。 これって男女逆にしたらどうでしょう? 自分のことで一杯の人と結婚する彼女が可愛そう? フルタイムで働く以上、責任を持って働くのは男女とものことですし、 どんなに忙しい時期でも、結婚しているから、あるいは、家事があるからn時には必ず帰宅します、なんて人と一緒に仕事したいですか? 私はイヤです(笑) 自分の仕事が増えそうですし。 普通会社員だったら仕事優先が普通じゃないでしょうか。小さいお子さんがいて、その子が病気中などはもちろん別ですが。(男女問わずですが。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    基本は『思いやり』かな

    しおりをつける
    blank
    うーん
    早い段階で家事をする男性かどうか見極めたい・・とのお気持ちはわかりますが、結婚って家事だけじゃないんですよー。 仕事での緊張がピークに達している時期は、散らかり放題の部屋でコンビニ弁当で良いから、一分でも寝たいと思う日もあります。 そういう時は寝室の電気を点けられただけでキーッとなります。 規則や分担を細かく決めて完遂しても、円滑に生活できるわけではないのです。 私は、共同生活の基本はお互いの『思いやり』と『融通』だと思っています。 もともと家事を分担する気のなかった男性でも、伴侶の希望や頼みを聞こうという気持ち、思いやりがあれば、するようになります。 いくら家事分担をしてくれるとは言っても、自分の担当部分『だけ』こなし、どんなに相手の仕事がトラブっていようが病気だろうが、自分の手があいているにも関わらず、一切肩代わりしないような相手との結婚は不幸です。 思いやりと本当の意味での優しさ、想像力さえあれば、たいていのことは二人で乗り越えられます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    男が家事をしだしたら奥さんはいらん

    しおりをつける
    blank
    となりのとろろ
    今の世の中、女性をパートナーとし、又対等の仕事っぷり を評価し、尚且つ家事は折半、もしくは進んでやる男性の 評価が高いようですが、互いに仕事をもって、互いに相手の 邪魔にならないよういするには、男女別々の方が良いので はないかと思います。 一部には、そんな恵まれた?結婚生活もあるのでしょうが、 一般サラリーマンと、普通のキャリアウーマンじゃ、映画 のワンシーンのようには行かないのでは? 時代は、家事をさせる男性に厳しいですが、私は、奥さんにずっと家にいて貰い、家事をこなしてほしいです。 専業主婦でも、空いた時間で勉強し新しい事柄への追求は 可能ですし、それを可能にする収入を稼ぐ事が私の使命 と考えております。 なんか、今の世の中マスコミに踊らされているような、安直 な気がします。 低いサラリー、マンネリな就業状況では、男女互いに進化 しあうのは夢のまた夢。 高収入な夫婦で、高学歴、互いの不利益にならない日常 など、映画のようで私にはわかりません。 私は、私の帰りを待ちながら、暖かい家庭を築く奥さんと それに負けない収入で守ってやる夫と言う状況でいたい ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    相手に聞くより自分が話すのは?

    しおりをつける
    blank
    まるこ
    >付き合って早い段階に、男性の家事等に関する考えを確かめてその後を考えたいと思いますが良い考えがあれば教えてください わたしは相手の考えを聞くより、普段の会話の中で自分の考えを話しました。わたしの場合、「家事嫌いなんだよね。専業主夫の夫が理想」とか、「仕事遅くてね。毎日外食なんだ。」、「食事なんて自分で作って食べるくらいだったら食べない。」、「掃除は家事サービスがいくらでもあるし。」などなど。 それでもいいから結婚したいという人と結婚すればいいと思っていました。プロポーズの言葉が「僕は1人暮らしも長く家事も料理も得意なので」って人も実際いましたよ。 今の彼もわたしの考えを承知の上ですが、結婚話が具体的になってからは、「家事は半分ずつやろうね。というか、なんとか半分やって欲しい」。包丁もロクに使えないながら、「外食もいいけど僕も料理を習うから、夕食は時どき一緒に作って食べようよ」と、ことあるごとに言ってきます。わたしも彼と結婚するなら、嫌いな家事も料理もがんばってやるか~って気になってます。 結婚に何を求めるかは、人によって様々。お互いが納得していればどんな形もありえます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    何で結婚したいの?

    しおりをつける
    blank
    mmm
    まずトピ主さん自身が「何故結婚したいのか」を明確にしましょう。 結婚とは今の生活にプラスアルファされるものではなく、いわゆるリストラです。 男も女も結婚によって「何か」を得るかわりに、今の生活の「何か」を捨てなければなりません。 「家事が楽になった」という男の意見は「得る何か」のひとつでしょうが、そのためにトピ主さんには見えない「何か」を捨てているのです。 「家事によるストレス」は「捨てる何か」です。でもそれにより何かを得ているから結婚生活を続けているのでしょう。 そして得る何か、捨てる何かは人によって違います。 トピ主さん自身も結婚で何を得たいのか、そのためには何を捨てられるのかを考えてみてください。 今の生活の「何も」捨てたくない、または結婚で得るものは「何も」ないと考えるのなら、結婚しないをいう選択肢を視野にいれてもいいんじゃないですか? なんか「結婚してやってもいい」的な文章ですが、別に結婚してもらわなくても誰も困りませんよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    パートナーシップさんの仰ることは正論だと思います

    しおりをつける
    blank
    ショコラ
    > 付き合って早い段階に、男性の家事等に関する考えを確かめ たいのであれば、雑談の形で尋ねてみたらどうですか? 「私はこういう家庭が理想だな。あなたはどういう家庭が理想?」 って。 そこで意見が合えば交際を深めていけばいいし、相手が拒絶反応を示せばスムーズに別れられて(笑)好都合かも。 でも本当に問題になるのは、家事よりも育児だと思います。 家事は手抜きできるし、床にホコリを見つけたらコンタクトレンズ外すって荒業もありだけど(爆)、子供はナマモノですから。 もし子供を持つことをお考えなら、その時その時に合わせて柔軟に対処したほうが、ご自分もラクだと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ふさわしい女になればいいだけ

    しおりをつける
    blank
    ブラウン
    トピ主が仕事を続けていきたいために結婚相手から「内助の功」を求められても困るというのであれば、仕事面で男から尊敬される女、一目置かれる女になればいい。 そうすれば、「内助の功」ではなく「仕事のできるパートナー」として尊敬の念をもって愛してくれる男から求婚されるはず。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    全然OKだと思います。

    しおりをつける
    blank
    KT
    負担や責任が嫌なのではなく、そのバランスをなるべく対等にしたいのですよね? そういう人は必ずいますから、あきらめずに探してくださいね。個人的には研究者やマスコミ関係などがおすすめです。 家事なんて問題の一面ですよ。たかが家事で分担を決めないと始められないような人ならばしょせん無理だと思います。「男女平等」だから「家事は義務」だととらえるか、一緒に暮らすのだから「生活面で助け合うのは、人間として当然」ととらえるかの違いです。「家事のできる人」にとらわれて本質を見失わないようにと思っています。 「食事はいつも男性がおごる」など、たとえ「優しさ」ととれることであっても、男女の役割意識を強く感じさせる人は無理かと思います。また、あなたもできる限り「男性だからこうしてほしい」といった期待(もしあれば)をなくすことが大切でしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わははー

    しおりをつける
    blank
    0
    めんどくさい結婚するんなら、そりゃ男女共に 『今よりきっと幸せにしてもらえる』 と信じたからじゃないですか? でもその『幸せ』の中身は男女でかなーり食い違っていること多いですよね~。 はっきり言って一人でも生きていけるくらいの経済力と精神力の女性ならイコールパートナーとして『結婚』するのはあんまり意味無いと私は考えています。 大方の男性は『心置きなく仕事に没頭出来、家庭は安らげ、自分は母親にされていたように細やかなケアをされ、世帯主としてメンツが立つ程尊敬され、カワイイ子供の良き父親になりたい』が理想でしょう。 その理想に『家族を幸せにしたい』はあってもその幸せは、『食うに困らない、住むに困らない、着るに困らない』で、それだけでメンタルケアまで出来ていると思っている人も多いでしょう。私はそのへんは自力でクリア出来ていたので、ダンナに私を幸せにするとはこれだ、と聞いた時にはマジで別れた方がいいかと悩みました。 少なくともこういう『オトコが甲斐性と考えること』に理解が示せないなら結婚しない方が無難と思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  49
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]