詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    無痛分娩

    お気に入り追加
    レス37
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ナナ
    子供
    私は28歳で既婚です。今はまだ子供はいなくて妊娠もしてませんが、出産が異常に恐怖に感じてます。 原因は、小学校からの学校の授業や、先生の体験談、テレビの出産シーンなどなどで、出産とはものすごく痛くて苦しいという話をきいてからです。 たとえば生理痛の100倍は痛いとか、鼻の穴からスイカを出すくらいだとか、大げさにしても私にとっては笑えず、頭から衝撃として消えないのです。 もちろんそれはだれもが乗り越えられることだということも聞いていますが、そんな話を聞くたびに恐怖心だけが大きくなっていきます。 それは大人になった今も変わらず、子供を産んで育てている友達もたくさんいますが、友達の話を聞いても変わりません。 外国では無痛分娩が出来ると聞いたことがありますが、日本ではどうでしょうか?また、そういう選択をするのはおかしいでしょうか。 皆さんの意見を聞かせてください。 

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数37

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  37
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    上手く言えませんが

    しおりをつける
    blank
    ののこ
    3人の子供を自然分娩しました。 もちろん出産は痛みを伴うし、陣痛の真っ最中は辛いし苦しいです。でも私は痛みを味わって良かったと思っています。 無痛分娩を否定するわけではないのですが、痛いから、苦しいからという理由で痛みを取り除くのって私自身は安直だと思ってしまうんです。 欧米ではほとんどの人が無痛を選択するそうですね。合理的に考えれば当然とも思えますが、育児そのものは母親の意図は入りこめない計算のできないことの連続です。 出産はそのほんの入り口にすぎず、陣痛にはある意味洗礼のようなものを感じます。 実際私が出産の痛みには意味があるのだと思うようになったのは、育児をして何年かしてからです。 無痛分娩には痛みで消耗しない分、産後の回復が早いというメリットがあるそうだけれど、それは自然分娩でも得られるメリットです。 ちなみに1人目の出産は、まだ痛くなるはずと思っているうちに生まれました。2、3人目の出産は、助産師さんのリードが上手で痛みよりも赤ちゃんが生まれてくる力を感じる出産でしたよ。赤ちゃんが出てくるときは、気持ち良さすら感じました。 上手に陣痛を受け入れるという選択もありますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出来ますよ。

    しおりをつける
    blank
    が、やりそこねた
    私が初めて出産した病院は麻酔誘発分娩を行っていました。(実家から一番近いのがその大学病院でした) 予定日が近づいて、子供の下がり具合や子宮口の状態から分娩に持っていけそうだと主治医が判断したら、前日入院します。そして、初産婦は子宮口が開きにくいので、ラミナリアを入れられます。(これが痛い!)そして、当日は早朝から出産準備に入ります。浣腸をして、子宮口を軟らかくする薬を数回飲みます。で、時間を見て、ラミナリアを取り出し、麻酔をかけて陣痛促進剤を入れます。意識はありまして、陣痛は「あ、お腹が張っている~」程度の感覚しかありません。 ただ、ここからが肝心です。 私はラミナリアを取り出すときに人工的に破水させたのですが、子宮口がどうにも開かず・・・結局、緊急帝王切開になりました。(笑)破水していなかったら翌日に持ち越せた・・・のかな? だから、無痛分娩を扱っているところでも、どういう段取りをとるかはちゃんと聞いたほうが良いですよ。病院によって、入院するタイミングも麻酔をかけるタイミングも違うと思いますので。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おかしくは無いけど、周りが煽りすぎと思う。

    しおりをつける
    blank
    大袈裟なのよ
    出産は大変だけど、痛くて失神するなんて事はないし、2度の手術経験のある私から言わせれば、大したこと無かったよって感じでした。 術後の痛みの時は寝れない痛みが3日も続くし、その痛みで意識は朦朧とするしで、蜂に刺されたと例えるなら、出産なんて蚊に刺されたようなもんです。 大抵の経産婦さんは、出産経験のない人に自分の偉業を知って欲しいためか、経産婦さん同士で話す以上に大袈裟になりがちです。確かに本当にご苦労な事だと思いますが・・・。 私見として、出産自体が命がけ(痛くて命がけと言う意味じゃないですよ)という事自体がピンときにくい男性にはそれくらい言ってもいいのかもしれませんが。 選択肢はいろいろあるので、どれを選んでもいいと思いますが、人の体験話なんて結構いい加減です。気にしないことです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無痛分娩

    しおりをつける
    blank
    ママ
    子供、二人とも無痛分娩で産みました! もともとその病院自体、無痛分娩に力を入れている所で、近くだったのもあって通っていたのですが精神的に弱い私にとっては(過喚起など)無痛でお願いしました!先生や病院によって無痛分娩の方針も違うと思いますが、ずっと麻酔が効いてるわけではなく適量入れて効き目がなくなってきたらまた追加と言う感じでした。 なので陣痛の痛みは自然で出産される方に比べて楽だと思います。一人目の時の先生は、子宮口全開時に薬が切れるようにしてあったのかりきみなどはまったく自然の方と同じでした。なのでこれが無痛なのかと思っていたけど二人目の時、え?産まれたの?と言う位だったのでやはり麻酔の効きによると思います。 産んだ後の後陣痛の方が痛かった位です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    良く話題になりますよね

    しおりをつける
    blank
    とおりすがり
    恐怖心が強い場合は、無痛分娩も選択肢にいれると良いのではないでしょうか。 近頃のトピでも話題になりました。 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2004/1012/018275.htm http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2004/1112/021869.htm

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと横ですが・・・帝王切開はツライです

    しおりをつける
    blank
    が、やりそこねた
    病院の説明では、痛みに対する恐怖心が強すぎるとママの筋肉が緊張でこわばり、お産が長引く傾向があり、長引くほど事故が起こりやすくなるので、麻酔分娩を取り入れていると言っていました。(ちなみに私は緊急オペの可能性があったので、この病院を紹介されました) で、帝切は出来るだけしないで済むにこした事ありません。必要なら仕方ないですが。帝切は身体も痛いのですが、それ以上に心が痛いです。陣痛を知らないという事で心無い方からは「楽」扱いされるんですよ。これで泣いている帝切ママは多いのです。 計画分娩は切る事になる可能性が普通分娩より高くなると思うので、その病院の方針は細かくチェックしておいた方が良いですよ。 先日、数年ぶりに年配の方から「楽に産むと楽に育つのかね~」と言われ顔が引き攣りました。下の子(予定オペで出産)の時は産後一ヶ月起き上がるのが辛かった上に小児科入院になったので、辛い身体をひきずって授乳通院があったのに。正直、どんな産み方をしたって子供は親次第です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    !全然おかしくないよ~!。

    しおりをつける
    blank
    ゆきこん
     とぴ主さん初めまして!。私は3人の子供を出産しました。  一人目は自然分娩。二人目は和痛分娩。そして3人目が無痛分娩でした。  和痛分娩は笑気(?)麻酔というもので、口にマスクをし、そこから眠くなるようなガスが出てくるので、それを自分の好きな時に好きなだけ吸うというものでした。  無痛分娩は私のいた病院では、子宮口7cmぐらいになってから、脊椎に下半身麻酔を打ちました。    私の場合、どちらかといえば和痛の方がよかったですね。分娩直前にしか吸えなかったけど、好きな時吸えるから、なんか安心だった。頭がボーっとするだけだけど、気持ちはすごく落ち着けました。  無痛の方は痛みがピーク近くにならないと麻酔を打ってくれなかったから、あんまりっていうかかなり意味がなかったです(悲)。麻酔もあんまり効かなかったし・・。    ちなみに三人共、それぞれ違う分娩方法を取りましたが、愛情の差なんてぜえ~んぜんありませんよ!。  みんなカワユイです。  逆に痛みの差で愛情が変化してしまったら、その方がコワイよ。  だから安心して、自分のしてみたい分娩法をえらんでね!。愛があれば大丈夫!。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お母さんから話を聞いたことはないのですね

    しおりをつける
    blank
    ニンプ
    お母さんから話を聞いたことはありませんか? 出産の痛みなんて生んだときの感動に比べれば小さいですよ。 それより、無痛分娩で陣痛促進剤を使った場合のリスクのほうが怖いです。もし子どもに障害が出たら・・。麻酔はへその緒を通じて子どもにも行くと思うのですがどうでしょうね? それから、出産が軽い人に聞くと、親も軽かった人が多かったのですが・・遺伝するのかな?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も同じです!

    しおりをつける
    blank
    ちぃすけ
    私も全く同じことで悩んでいます。 もともと痛い話とかが非常に苦手で、聞くだけで具合が悪くなるタイプです。 友人やテレビや色々なところで、出産経験者の話が耳に入るたび、恐ろしくなります。 既婚でまだこともが居ませんが、怖さが先行してしまっています。ネットでも無痛分娩について調べたりしてみたり。 でもどこででもやっているわけではないし、費用も高いし、友人は無痛のはずが、夜中で医師がいなくて無痛できなかったと言ってたりして。 確実じゃないんだ。。と落ち込みました。 とにかく恐怖心から子どもを作る気さえ起きないんです。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おかしくないですよ

    しおりをつける
    blank
    あまね
    私も、かかりつけの先生に無痛を勧められています。 結局、一長一短だそうですよ、麻酔使用の是非などは。 痛みを耐えたことが一生の満足に繋がったり、安く上げたいなら普通に産めば良いし(緊急帝王切開の可能性はありますが)、母体や胎児に心配があれば病院の指示を仰いで帝王切開ということもあるし、痛みを避けたいという理由じゃなくて、生まれる瞬間をきちんと味わいたいということで無痛を選択する人もいるそうです。 私はある持病があるので無痛が安心と言われました。 他にもパニック障害とか、メニエル病とか、過換気症候群とか、呼吸が乱れたり“お産”という状況に対応し切れない可能性のある人は、無痛を勧めるそうです。 お母さんも赤ちゃんも無事なのが良いお産なのですから、麻酔不適合などで危険と言われたのに何が何でも無痛!はいけませんが、選択肢の1つとして選べるのなら選んでも良いと思います。 私の友人は二人目を無痛で生みましたが、痛み云々ではなく、ご夫婦でお産の実感を味わえたので、一人目より思い出深いと言っています。 無痛を取り扱う病院も近年増えているそうです。 信頼できる病院が見つかると良いですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無痛分娩を売りにしている産院もありますよ。

    しおりをつける
    blank
    今は二児の母
    妊娠が分かってから産院探しをすると、「予約が一杯です」って言われるかも知れないので、今のうちにネット検索して、近所にそんな産院がないかチェックしておくことをお勧めします。 かくいう私も、極度の痛がりで恐がりです。 でも、近所には無痛分娩をしている所が無かったため、初めて受診した産院で、「私、すごく痛がりなんです」と告白しました。 「初めてのエッチも、怖くて三回待たせたくらいです」と、過去の恥もさらして、「陣痛が来たら、大騒ぎするかも知れません」とまで言いました。 すると、院長は「分かった。カルテの表紙に大きく『痛がりさんです』と書いておくから」と本当に書き込まれ、「もし陣痛に耐えられない時は、手術の時に使う麻酔を打ってあげる」と約束してくれました。 実際には、麻酔の前に背中に表面麻酔の注射をすると聞いて、「それなら、このまま産みますぅ!」と自力で踏ん張りました。 でも、本当に麻酔の準備をしてくれていたのには、嬉しいと同時に驚きました。 「痛みに弱い」ことは恥ずかしいことではありません。 初診の時に、堂々と言っちゃいましょう!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無痛で生みます

    しおりをつける
    blank
    もも子
    東京在住、妊婦です。 私が通っている病院は、年間1000件以上のお産があり そのほとんどが無痛だそうです。 なので、私も無痛で生みます。 痛いのは恐いですし 無痛のほうが分娩時間を短縮できて 赤ちゃんへの負担も少ないそうですので。 ちなみに、その病院では、計画出産ではなく 自然な状態で陣痛が起こるのを待つそうです。 陣痛が5分間隔になってから硬膜外麻酔で部分的に痛みを感じなくするそうです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本でも

    しおりをつける
    blank
    ひめころ
    最近は日本でも無痛分娩できる産院増えてますよね。 私も出産の本をみていて「いかに陣痛・出産が痛かったか!」という体験談を読んでいると気持ち悪くなったりします(弱) 私自身「痛み」に弱く、痛みに対して吐いてしまうことがあります。(汚くてごめんなさい)無痛分娩も考えたのですが・・・ 私は何より注射が嫌い! 無痛分娩のために背中に注射(点滴?)を打つなんて耐えられない!と思って挫折しました。(それに無痛分娩は完全に無痛なわけではなく、陣痛はそこそこ耐えないといけないようですね) 私は陣痛を赤ちゃんにあえるうれしい!というエネルギーに変えるソフロロジー式をとりいれている産院を選びました。 まだまだ無痛分娩を批判する人もたくさんいますが、トピ主さんはトピ主さんに合った出産法を選択すればよいと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無痛分娩、賛成で~す。

    しおりをつける
    blank
    ゆみっち。
    私は無痛分娩賛成派です。抜歯するとき「麻酔なしで抜いてください」って人、いるんでしょうか?(笑)私は家から一番近い産婦人科を選んだのですが、そこが県で唯一の硬膜外無痛分娩を行っているところだったのでラッキーでした。陣痛のときも本当に痛みはありませんでした。が、私の場合、妊娠中毒症・児頭骨盤不適合・予定日超過・回旋異常などで、最終的には緊急帝王切開に切り替わってしまいましたが。同室の人は硬膜外無痛分娩で出産後、「全然痛くなかったよ~。『赤ちゃんの頭が見えてます』って助産婦さんに言われて『え~?もう?』って思ってたらスルンと出たよ~」と話してました。帝王切開でも持続硬膜外麻酔をしたので痛みも少なく、術後19時間ほどで歩行可能でした。できる病院がまだまだ少ないので今のうちから色々と探されては?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    3度目でも怖いです。

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    私も凄い怖がり。 これでもいい年の今3人目妊娠中のおばさんです。 3回目挑むわけですが、やっぱり怖いです。 無痛分娩、出来る病院だったら目の前に人参ぶら下げられた馬になるかも。残念ながら田舎なのでありません。 産む時「この世の痛みじゃない。いくらでも出すから痛いの嫌だ~。勘弁してください。もう、どこまで痛くなるのぉ怖いよ~。」 って言ってる間に産まれました。 今も「寝て朝起きたら、産まれて横にいてくれないかな~」なんて非現実的なことを思ったりしてます。 こんな人だって、産んだというか、子供が頑張って出てきたっていうか。 本当に痛いのちょっとの間だし、その後赤ちゃんとご対面したら忘れてます。 無痛分娩、ナナさんがそうするのは自由ですよ。 本当今の私にも「無痛分娩」魅力的な言葉です。 でも、問題なければ1度は自然分娩してほしいかな。 赤ちゃんと一緒に頑張ってみて。赤ちゃんだって頭の骨ずらしてまで産まれてくるんだから。それに、自分の母がどんな思いをして産んでくれたかわかるのもいいと思う。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無痛分娩は怖いですよ

    しおりをつける
    blank
    5歳児母
    私はアメリカで自然分娩しました。手術前に、無痛分娩を希望する場合は、こちらに署名して、と渡された用紙に、「万が一麻酔の事故が起こって下半身麻痺という事態が起こっても病院側を訴えないことに同意する」と書いてあり、怖かったのでやめました。 そして、信頼する女医(歯科医)が「無痛分娩の麻酔の事故って確立はゼロじゃないから私は怖くてやらなかった」とも聞いていたし。脊髄近くに麻酔の注射をするっていうことにどうしても勇気がでなかったんです。 自然分娩といっても麻酔なしで歯の治療をするような耐えられない痛みじゃありません。生理痛のひどいものが段々強くなってくる、という感じです。 出産が怖いというなら、20代の若いうちに済ました方がいいですよ。30代入ってからじゃ、体力的にきついです。2時間ぐらいエアロビクスやる感じであせびっしょりになりましたから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出産は人それぞれ。

    しおりをつける
    blank
    こっこ
    体質は人それぞれであるように、出産も人それぞれです。 自然分娩でもわりと楽だったという人もいるし、 本当に命が危なかったという人もいます。無痛分娩でも 同様です。 人は好き勝手なことを言うものです。大切なのはそれに まどわされることなく、トピ主さん自身が納得いくまで 調べて、自分で決断することではないでしょうか。 ちなみに私は信頼のおける麻酔のお医者さんがいる 病院で無痛分娩を選ぼうと思います。日本では無痛分娩に 対する偏見は多いですが、そういうときに極端なことを 言う人ほど信頼できません。ちょっと質問しただけで、 「まあどっかで聞いた話だからよくわかんないけどさ~」 といってちゃんとした答えは言ってくれなかったり、 「私は私は~」と自分の体験談を誇張して話したいだけ なのです。その人たちがあなたの出産に責任を取ってくれるわけじゃあるまいし。自分で責任をとれるように自分が 納得できる判断を冷静にして下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も希望

    しおりをつける
    blank
    ねね
    私も無痛分娩希望です 痛みを伴わないと愛情がわかないなんて嘘です そんなのなら虐待はとうの昔になくなってるからね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大袈裟なのよさんと同感

    しおりをつける
    blank
    クレ
    昨年出産しました。 私は出産する前、経験者の「すっごい痛いよ~!」とか「体が壊れそう」とか色々な話を聞いてすっかりびびって、夜中に想像して泣いていました。恥 産んでみて、確かに痛かったですけど、そんなにビビる程の事ではなかったなと今思います。 人によって痛さも違うかもしれませんが、私は痛かったけど楽しかったという気持ちが強いです。 周りの人のいうことは半分ぐらいに聞いた方がいいと思います。 「案ずるより産むが易し」これは本当です。 私は無痛分娩する予定だったんですが、お産の進行が速くて麻酔してもらえませんでした。 痛くなく産む予定だったんですが。。。 でも急遽予定変更されても、赤ちゃんはどんどん出てくるし、その時になれば痛いとかより出す事に集中するから必死になっちゃって無痛かどうかは関係なくなっちゃうようにに思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分の意思で決めるのが一番

    しおりをつける
    blank
    自分の意思で
    出産はかなり個人差があります。楽な人、そうでない人。体格・体力・回復力や精神力も個人差があります。 海外では東南アジアのような発展途上国ですら、無痛分娩が主流になってきています。それは、母体のこともありますが、痛くて無理にイキむことがないので子供のためにも危険が少なく良いと聞きました。麻酔というリスクは多少ありますが、それよりもメリットが大きいということです。(どう良いのかは専門の知識がないので書けません) それなのになぜ日本ではまだあまり普及していないのかと言えば、「痛みに耐えてこそ一人前」「痛みに耐えて産んだ子のほうが愛情が生まれる」という昔からの考えがまだ残っているからです。費用が高くなるというのもあるかもしれません。 痛みに耐えて生んだら愛が生まれると思いますか?そしたら帝王切開で麻酔して産んだ人や、直接痛くない旦那さんはどうなるんでしょうね? あとは自分で判断してください。 自然に任せたいとか、みんなが味わっている痛みを私も味わいたいと思うならそれもいいかもしれません。 結構無痛分娩を取り扱ってる病院もありますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    ナナ
    トピ主です。無痛分娩も今はめずらしいことではないことがわかりました。過去の似たようなトピも読みました。とても参考になりました。 何より、無痛分娩の選択も出来るということが妊娠への怖さが軽減されて、素直に嬉しいと思えるような気がします。 まだ妊娠もしてないのに考えすぎなことでもありますし、そのリスクについても考えなくてはならないこともありますが、気持ちが軽くなりました。 また実際に妊娠できたとき、お世話になる病院の先生や周りの妊婦さんの話を聞いて、もっと現実的にとらえることができたら、考えも変わるかもしれないなとも思いました。 過去の意見を含めて、いろんな意見を見ることができてよかったと思います。ありがとうございます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    経験者です

    しおりをつける
    blank
    Y
    私はヨーロッパで出産しました。当初は水中分娩を希望していたのですが、前駆陣痛が長くて体力を消耗してしまい、陣痛もとても強かったので「薬の力を借りずに自然に分娩したい」という私の意思を尊重してくれたお医者さんと助産婦さんも、最後の最後に無痛でやる方針に変えました。勿論私の承諾の上でしたが、さすがにショックでした。でもやってみると素晴らしく気持ちよくて?!今では皆に勧めています。自然に越したことはないですが、いざとなったらこういう方法もあると思えば気も楽になると思います。 無痛には色々なものがあるらしいですが、私のように陣痛を限界まで感じてから薬を投入すると、陣痛は普通に感じるのでちゃんといきめるし、陣痛と陣痛の間には普通に笑って話せたりしましたので産んだ!という実感はありますよ。大丈夫です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫!

    しおりをつける
    blank
    はな
    私は普段から痛みに弱く、出産することが 本当に怖くて仕方ありませんでした。 出産を乗り越えられなかった人は、 世界中見渡しても一人もいないんだよ。と励ましの言葉をもらっても、私が世界初になるかも・・。と本気で悩んでいたくらいですから。 もちろん陣痛はとても痛くて辛かったですが、 なぜか今となっては良い思い出。経験して良かったと心から思います。といっても二ヶ月前の話です。 なのに、痛かったことは覚えてても、どんな風に痛かったかもうすでに忘れかけています(笑) 出産後も次の日にはもう立ってトイレにも行けたし、 食事も普通にとっていたし、なんてことありません。 無痛分娩を否定する気持ちは全くありませんが、 陣痛の痛みなんてめったに経験できるものでは ないのにもったいないな~と思ってしまいます。 話はそれましたが、無痛分娩を扱っている産院でも、 完全無痛とそうでない無痛(少し痛みを伴う)がありませす。結構探せば見つかります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    精神論はやめてほしい。

    しおりをつける
    blank
    j8
    私はアメリカで産みましたが、最初は「母になるのに痛みは必要、自然が一番」と信じて疑いませんでした。 それが、「周りが全員無痛」であると、その状態に慣れてしまい、さらには夫に「痛くない方法があるのに、なぜわざわざ痛い方を選ぶのか?」と言われ、結局は無痛分娩を選択しました。 といっても、痛くなったら即麻酔、ではなく、ある程度開くまで待つので、「脊髄を雑巾絞りするような痛み」に、初めて「生命の危機」を感じました。 でもその後何時間も延々耐えることを考えたら天国です。日本で出産したときも迷わず無痛を選びました。 この話題で精神論を出すのは止めて欲しいです。 あくまで個人の選択ですし、痛い思いをして産んでも捨てたり虐待したり、逆に養子を大事に育てている方もいらっしゃいます。 「母」には痛みではなく、実際の育児を通してなるのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も無痛がいいです~

    しおりをつける
    blank
    私も知りたい☆
    確かに産んだ方はそんなに大した事ない、とおっしゃいますがやはり未知のものですよね。 もしもの時のために無痛できる病院を私も探しております・・・。 でもネット検索がヘタなのか何故かあまりヒットしません。 無痛で出産された方、ヒントだけでも教えてくださいませんか?(東京です) 横ですが是非お願いします~

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    変じゃないです

    しおりをつける
    blank
    たりらり
    私もかつて、同じ事を考えたひとりです。だから、お気持ちよくわかりますし、変ではないと思います。 そう思いながら田舎暮らしのため、選択肢がなく普通に分娩しました。 人間うまく出来ているもので、臨月を迎える頃には「怖い」とか「痛いんじゃないか」といった気持ちより「この大きなおなか、早くなんとかしたい」とか「早く赤ちゃんに会いたい」といった気持ちが強くなります。だから陣痛も「あ、いよいよだ」と思うし、産声を聞いた時の達成感はたまらないものです。 普通分娩がいい!といっているわけではないですよ。痛みがなければないにこした事はないと思います。ただ、みんなこうやって母親になるんだな・・・という経験も、今となっては貴重な思い出になっています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありと思います。

    しおりをつける
    blank
    まいき
    無痛分娩ありと思います。 私の母も無痛分娩で私を出産しました。(32年前) でも母の場合産まれる瞬間意識がなかったらしく感動しなかった模様ですが・・・ 私は子宮の手術をしたため、出産の時帝王切開が約束されてますが、無痛分娩でしたかったです。 私は関西在住ですが、無痛分娩されてる病院もたくさんあるみたいですよ!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    いろいろ経験しました

    しおりをつける
    blank
    ひまわり
    私は、子供が4人います。自然・自然・無痛・帝王切開と、最後の最後に帝王切開というのが笑えますが・・。 自然分娩も悪くはないですが、陣痛を耐えるだけでかなり体力を奪われます。子供が生まれたら、そこがゴールじゃなく、そこがスタートになるので休んでる暇もないのが辛い。。 3人目は初めから無痛に決めてました。麻酔は、陣痛が5分間隔くらいになったら使うって、先生がおっしゃってたような?私は、痛いのがイヤで早い段階で入れてもらったので、最後の方で痛くなり、2本目の麻酔使ってもらいました。「本当は1本なんだけどねー」と先生ものボヤキが・・。本数増やしても、効きが悪いらしいです。麻酔1本、2万5千円でした(笑)。 4人目は逆子で、最初っから帝王切開。切った跡は痛いですが、体力が存分に残ってるので、私は一番良かったかなぁ・・なんて思います。看護婦さんも、体力残せる帝王切開はいいよ~なんて言ってました(笑)。 痛みを好んで経験する必要はない・・私はそう思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無痛分娩 いいでしょう!

    しおりをつける
    blank
    旺記
    と、いっても私は二人とも自然で産みました。 出産ってその国の文化よって考え方が違うのですよね。 だから、自然出産万歳の日本では無痛分娩が敬遠されますが、そうでない考え方の国(女性)は、たくさんいると思います。 産休が短くて、女性の社会進出が成功している国ほど、自然分娩にこだわらない気がします。 また、女性が社会に進出していても、十分な産休や休暇が充実している国、もしくは女性の立場が弱い国などは自然出産を好む傾向があるような気がします。 私は、母になるための必要な痛みだとか、忍耐だとか、試練だなんて、全く思いませんから、無痛分娩がもっと出産の選択の一つになって欲しいと思います。 ちなみに私の国では、帝王切開がポピュラーです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    好みでは?

    しおりをつける
    blank
    無痛がいい
    頭が痛かったら頭痛薬を飲むし、蚊に刺されて痒かったら痒み止めを塗ります。 薬の副作用とかありますが、一般的にはメリットとデメリットを考え、少しでもメリットのが大きい場合には痛み止めや痒み止めなどが処方されます。 出産はかなりの痛みが伴うので、無痛分娩(といっても全く痛くないわけではない)を選ぶことは極自然のことだと思います。 もちろん痛みに強い人もいるでしょうから、「私はそんな痛みなんか我慢できるわ」と痛みを我慢することを選ぶの人もいるでしょう。 また、医療行為を受け入れてはいけないという自然に拘る宗教もあるらしいです。輸血を拒んで子供が亡くなった事件がありましたよね。 日本は仏教の教えである修行(滝に打たれたり)という観念から、痛みを堪えると何か良いことがあるという考えが残っているのだと思います。 人それぞれですから、自分が好きな方法を選ぶのが一番だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  37
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]