詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家庭科は人生に役立っていますか

    お気に入り追加
    レス54
    (トピ主13
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    不器用
    話題
    (駄)気味で…皆様の人生に家庭科は役立っていますか?
     足りないものがあったら、次世代の家庭科にはどんな内容が必要、と思いますか?
     勿論、時代、学校、そして家庭科の先生ごとに全く事情が違うでしょう。「家庭科の授業、大好きだった」「全部育った家庭で覚えたから不要だった」というご意見も伺ってみたいです。


     といいますのは、私は今家庭を切り盛りしているのですが。
    自分の家事技術の取得先
    =親30%+自己流(TV・ネット情報含む)40%+夫伝達知識10%+高校化学知識(料理・掃除分野)10%+家庭科知識10%…(「実践している」部分の割合)

     90年代半ばに、高校普通科にて家庭科の授業を、それなりに時間を掛けて受けた割には…と、今「もったいなさ」を感じることがあるのです。

     小町の過去トピで「裁縫ができない妻、先行き心配だ!」トピに「私も裁縫だめ、でも大丈夫!」レスが沢山付いていたので、まま、ありがちなパターン(「家事ができない妻・夫」あたりは更に?)でしょうか。

     家庭科を実践している今となっては、

    ・今の時代、ネット・マスコミ情報の読み方を学ぶことが必要だなあ。
    ・刺繍より金銭教育(家計管理)の方を身に付けたかった…かも。
    ・外食・中食・手作りを上手に組み合わせて栄養をとる方法も教えたら(雑誌『栄養と料理』に一時連載されてて面白かった)?
    ・小町の良トピを題材に「義理家族との付き合い方」ロールプレイングとか…。

     親として家庭科に期待すること、なのかもしれません(家庭で教えることを補完して体系を学ばせて欲しいと)。
     家庭科の先生も小町をご覧になっているかもしれませんね。どういう信念で授業されているか、拝聴できれば嬉しいです。

    トピ内ID:2658006485

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数54

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (13)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    実践する時は10年後

    しおりをつける
    blank
    はなこ
    30代の主婦です。中学でも高校でも家庭科はしっかりありましたけど…
    せいぜい栄養学などの座学か、はっきり言って選択制でいいと思います。

    高校を出て自炊する人なら学んだこともすぐに生かせますが、
    私なんて料理をきちんとし始めたのは高校を出て10年も経った時だったので、学んだことなんて全然覚えてもいませんでした。
    でも必要なので自分でネットや本で調べながらでも支障ありません。
    簡単な調理や裁縫なんかだと小学校の頃から家でしてるし…
    (そういえば栄養学なんて10年経てば古い知識ですよね?)

    つい先日テレビの番組で、大学生の女性が単身赴任のお父さんの家に行って肉じゃがやトンカツや味噌汁を作るというものがありました。
    その方が最初米も研げないばかりか、玉ねぎもろくに切れず、トンカツはスジ切りや下味付けなど一切ナシで片栗粉と小麦粉だけ、生煮えのダシ無しの味噌汁を作ってて度肝を抜かれました。
    家庭科の授業はあった筈なのに…

    トピ内ID:3479309623

    ...本文を表示

    教育の意味

    しおりをつける
    😑
    30代
    >それなりに時間を掛けて受けた割には…と、今「もったいなさ」を感じることがあるのです。
    算数など他の教科でも同じですよ(英語除く)。

    >家庭で教えることを補完して
    逆では?学校では基礎を教え、それ以上のことは家庭や専門的に学ぶ、が正しいと思います。

    そもそも基礎すら教えない家庭があります。私の母親は裁縫に興味がなく、私に教えませんでした。父子家庭で育った友人は、「家庭科の授業がとても役立った」といってました。
    取りこぼしのないよう、学校で基礎を教えることは、子供が平等に教育を受ける権利です。

    刺繍も、トピ主さんは興味がないようですが、興味を持つ子はいます。刺繍する親は少ないでしょうから、機会を平等に与える意味でも必要です。

    トピ主さんの理屈だと、図工も音楽も役に立たない。もう少し教える内容を考えればいいのに。基礎は親が教えればいい、学校は補完・・・となりそうですが、親が教えず本人も興味がなかった場合、モーツアルトすら知らない大人が出来上がります。国家の文化レベルまで下がりますよ。

    トピ内ID:9305939273

    ...本文を表示

    子どもには、無駄も必要かと思うのです

    しおりをつける
    blank
    酔うぞ
    > 親として家庭科に期待すること、なのかもしれません(家庭で教えることを補完して体系を学ばせて欲しいと)。

    そのために、子どもたちは色々やってみて、失敗することが最も重要なことでしょう。

    わたしは、小学校6年生を対象に、もの作り教室の講師として、電池とモーターを使ったオモチャを作らせています。

    電線をねじったり、電池を入れたり、ドライバでネジを締めたり。
    といった6年生であれば知っていることも、やったことがない子どもがとても多く、電池の出し入れにも苦労しています。

    電池を入れることは知識としては知っているのですが、力加減はさすがに分からないわけです。

    つまり、やってみてないと知識にならないことは多いわけで、家庭科はその代表だと思います。
    もっと多くやるべきでしょう。

    トピ内ID:3220705161

    ...本文を表示

    生活(人生)全てが家庭科だと思います

    しおりをつける
    🙂
    ひばり
    反抗心の強い若い頃、役に立たない勉強だから、という理由で家政学部にいきました。

    現在、生活していて疑問に思ったりすること、全て家庭科の範疇なんですね。まあ、生きるために生まれたのが全ての学問なんですが。わざわざ学ぶ都合上か教科として分けてますが。

    講師として、学生として、20数年ぼそぼそやってますが、この間時代によって、内容がどんどん変わっていっています。
    おいくつの方でしょうか。年齢によっても家庭科の印象は違うと思います。
    他教科の教員の中にも、家庭科は楽しい実習中心の教科だと思われ、無理解に困ることもあります。私が通った高校も、普通科で、予算がなく、縫い物だけでした。

    衣食住はもちろん、情報処理が入り、地球規模の環境問題、家庭管理(もちろん家計も家族のかかわり方も)、人の一生(発達課題や生き方、親子、男女)… 2,3年離れているので、適当に思いつくままに上げてみましたが。

    科学などの発達により、理科や社会の知識がもっとほしいと思い、さらに勉強したいこの頃です。

    ちなみに、副読本で、ネットとの関わり方か何かで小町のトビがあり、笑いました。

    トピ内ID:0758305130

    ...本文を表示

    役立ってます。

    しおりをつける
    blank
    元女子校出身
    私の通っていた高校は公立ですが、元女子校で戦前は女学校(お嬢様学校)でした。
    そのため、当時の花嫁修行の名残か、とても家庭科に力を入れている学校でした。

    1学年では裁縫や衣服の基礎的なことはもちろん、仕立ての仕方を学び、浴衣とワンピース(男子はシャツ)の制作。2学年では調理実習は隔週あり、お茶の入れ方から、包丁の使い方・魚の捌き方・出汁の取り方…和、洋、中の基本的料理は全部習いました。3学年は選択教科でしたが、保育、着付けや所作、冠婚葬祭のマナーの授業が中心でした。

    そして、これらの授業の終わりには実習テストがあり、不合格者は追試験、さらに希望者には資格試験までありました。

    こんな感じで3年間みっちり仕込まれたので、卒業生はかなりの家事力がついたと思います。
    私は、母親以上に家事の仕方を学校に教えて貰ったので、生活の7割は家庭科が役立ってます。

    トピ内ID:6150126140

    ...本文を表示

    生活全てが家庭科

    しおりをつける
    🙂
    ひばり
    ちょっとだけ続けさせてください。
    最近気になったトピがあったので。

    産むか産まないかで悩むトピ。
    私たちの年代なら、子供は天からの授かりもので、悩まない。

    ところが、一時期、家庭科で、’家族計画’を教えていた年代がある。
    自分の人生のプランによって、子供の数など計画することが大切と教わった年代の人がいる。
    小町に多い年代のようで、教育とは怖いなと感じる。
    久々に講師に復帰したとき、最近の教科書には一切ないのに驚いた。

    ほんの一例だが、時代背景によって学校教育は違っている、そういうナガレも、知っていただけたらとも思う。

    トピ内ID:0758305130

    ...本文を表示

    家庭科

    しおりをつける
    😍
    I.C
    やっぱり、できなきゃ困ると思います。
    最低限の衣食住の勉強だからです。

    ダイエットや生活のための、栄養バランスを、料理づくりで学ぶ。
    着る服についての理解。
    おしゃれなどのファッションセンスや自己実現。

    とにかく、生活の授業で、若い時も老後も、生まれて死ぬまでずっと、つきまとうからです。

    算数とかも大切ですが、家庭科の授業を小学校4年生か5年生から履修したのだが、まさに、生きるための基本を習ったと思います。

    それに、算数数学・理科の化学の知識も含みます。
    勉強して悪い事は、ありません。
    私は、役立ったと思います。

    料理の仕方を知らないと、ファストフードや出来合いの様な、栄養バランスの悪い、変な料理しか食べられなくなり、健康を害する。
    自分で一汁三菜の料理ができないとダメ。

    私は、パジャマ作りで苦戦した人ですが、裁縫の仕方を知らないと、ボタンつけや服のほころびも綺麗に直せなくなり、物のメンテができなくなりやぶるたびにまた新しいのを買わなくてはならなくなり、お金が掛かる。

    家庭科、人生に多いに役に立ちました。

    トピ内ID:1212671130

    ...本文を表示

    このレス、ずれてないですよね?

    しおりをつける
    blank
    グレーテル
    「停電したときにブレーカーの存在すら知らない人にはなってほしくない」。中1のとき、家庭科のo先生がおっしゃいました。(実際にはブレーカーの存在すら知らない人は少ないかもだけど。)

    o先生は、家庭科を情熱をもって教えてくれました。情熱をもって教えてくれる先生が存在することの良さは、「教師の情熱」という一般事項(?)以外にも、「科目特有の情熱」があると思います。社会の先生に、「君たちは勉強したくないかもしれないけれど、勉強ってのは君たちの義務じゃない、権利だよ」と胸撃ち抜かれる思い(大げさか…)が今もすることを教わったり、数学の先生が、数字の美しさを見せてくれたりするように、o先生は「生活していく上で家庭科で習うことの大切さ」を教えてくれたと思っています。料理にしても、裁縫にしても、自分で自分のめんどうを見るという考え方の基礎。

    と書きながら、私は家庭科が苦手で苦手で苦手で苦手で、必然的に家事も苦手で、現実に具体的に役に立ったことはないけれど、「家庭科の」o先生の授業を受けられたことに感謝しています。

    トピ内ID:2484752344

    ...本文を表示

    家庭科は大人になってから役に立つよ。

    しおりをつける
    🛳
    リッツドック
    こんにちは。

    30代後半の私にとって、家庭科はとても役に立つ授業だった、と今は理解できます。
    あの頃、三大(五大)栄養素、などの文言を教えてもらえる教科は家庭科だけでした。

    その後、その文言を知っていたおかげで自分にプラスの効果がありました。
    健康や栄養に関する知識に対してハードルを下げてもらえたと思っています。

    ただ、私がそう思うようになったのは30歳手前になる頃からです。


    私が体の不調を感じ、それに関して色々と調べ栄養に関する文献を読み勉強するなかで、
    家庭科で基本的な文言を教えてもらっていたからこそ、それらを読む苦労が少なくて
    すんでいる、と思うようになりました。

    ちなみに私は教育や医療に従事する人ではありませんよ。


    勉強って後で何が役に立つのか分かりません。
    家庭科を受けた当時の思い出はカレーの臭いです。楽しかった~。

    でもまさか自分の健康に寄与する形で役に立つとは思っていませんでした。


    最近の家庭科ってどうなの?
    受講者に栄養学の基本を教えてあげて欲しい。
    一生ものの知識になります。

    トピ内ID:0088829471

    ...本文を表示

    ボタンつけ

    しおりをつける
    🐤
    グランテール
    家庭科で今役に立っていることと言えばボタンつけです!
    裁縫は苦手で裾上げもプロまかせですが、ボタンつけだけはできます。
    ボタンつけをするたびに何十年も前の裁縫箱を取り出して来ますね。

    編み物もミシンも、全部忘れてしまいました。

    今思うに、家庭科ではもっと栄養学のようなことを教えるといいと思います。
    もちろん、ちょっとした裁縫や基本料理(だしの取り方や調味料を入れる順番など)も
    教えた方がいいとは思いますが。

    トピ内ID:4669213370

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (13)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0