詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人間の性格

    お気に入り追加
    レス27
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    まゆみ
    話題
    人間の性格はおもに思春期ごろ(中学生ごろ)に形成されて、その後はあまり変化しないと聞きました。たとえ変わったとしても、表面的であって、基本的なものは変化しないと聞きました。 これについて、どう思われますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数27

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    あ~わかります。

    しおりをつける
    blank
    慎治
    私も、肉体的に、精神的に、中学の時に目覚しい成長を遂げ、以後、全く変化なしです。 精神的と言うのは、好みや嗜好のことです。 中学の時に好きだったアーティストが、今でも好きです。 一番憶えている時も、中2~中3に掛けてです。 人間の成長過程に於いて、中学の時に人間は誰しも急成長するからではないでしょうか。小学校の時のまんまの大人って人は、なかなか居ませんよね。 ちなみに、私は、身長なんか、中1の時は、前から3番目だったのに、中2、中3ではだんとつとなりました。精神的にも、中学の時の自分=今の自分という方程式が成り立ちます。 でも、高校からは、周囲が大人っぽくなっていく中、私は取り残されました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まったく賛同しません

    しおりをつける
    blank
    フゥム
    思春期の子供など、ほぼ全員「俺が俺が」状態の自己顕示欲の塊です。世の中みんながそのまんまの大人なんだとしたら恐ろしいことです。 かく言う私だってそうでした、思春期頃は根拠のない自信で我を張りまくり、今少し思い出すだけで恥ずかしくて消えてしまいたくなります。 親の保護を離れ、ひとりぼっちで何かを切り開いていかなければならなくなったとき、自分のあまりの無力さ魅力のなさちっぽけさに気付けた人は、それまでの自分を反省し謙虚になったり優しくなれたりするものでは。 永遠に気付かないおめでたい人は、思春期の自己顕示欲マンマンのままイタイ大人になっちゃってるんだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    母も私も別人のように変わりましたよ。

    しおりをつける
    blank
    母は優等生で厳しい性格だったのが中年以降はまんざいみたいなおばちゃんになり親戚中から驚かれていました。 私は内面にこもり口数が少なかったのにやはり30歳くらいからおしゃべりで華やかになりました。 中学、高校、大学くらいは疾風怒濤の時代なので中学では決まらないのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うん

    しおりをつける
    blank
    コチコチ
    そうかもしれません。 また3つ子の魂百までもというのも当たっていると 思います。 私は園児の頃、怖い人ばかりで<幼稚園の先生でさえ> もともとの性格気質も災いして人の顔色をうかがう人間になってしまいました。 その頃<トピ主さんのいう時期>にきっかけがあると 将来自分にあった仕事をみつけられたりするかもしれません。 人生観が素直に変わる、変われる時期なんでしょうね。 いい指導者<親であったり先生であったり>、尊敬できる人が身近にいた人は超ラッキーでしょうね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    変わる

    しおりをつける
    blank
    すねかじり
    極限状態になったりすれば変わる。 但し 生命>その人の生き方 などの条件が必要。 その人の生き方以上のものと天秤にかけた場合。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    たしか人間の性格は6歳までに形成されると

    しおりをつける
    blank
    汐里
    聞いたような気がします。でも、曲がって成長してしまったとしても、ハタチぐらいまでなら、なんとか軌道修正できる場合が多いという感じです。でも、その子が思春期になって問題を起こすかOR立派に自立していけるか)は、6歳ぐらいまでの育ち方でもう決まっちゃうらしいですよ~。 確かに曲がってしまったものを軌道修正するのは本当に大変です。20や30になって修正しようとすると「頭では分かっちゃいるんだけど、体がついていかない・・・」状態になるそうです。けど、若ければ若いほど治すのも簡単なので、6歳過ぎててもまだあきらめちゃダメです。(ちなみに私=元問題児は、15歳で更正したかな←更正したのか怪しいという声も・・・笑 本当にワルばかりしていましたが、自分をいい道へ引っ張ってくれるような友達ができて、変わることができました(←多分)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そうかもしれない

    しおりをつける
    blank
    サルーノ
    ああ、そうかも。 成人して急に人が変わったように見えた人がいましたが、それから10年くらい経ったときに再会したら、元の性格に戻っていました。中学生頃の性格にです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    フゥムさんに同感!

    しおりをつける
    blank
    ケンジ
    僕も若い頃は、根拠も無いのに変に自信ばかり強かったです。恥ずかしい‥

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    思春期は分かりません。

    しおりをつける
    blank
    たぶん
    基本は遺伝だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    0歳児で

    しおりをつける
    blank
    みえこま
    あたりまえの事ですが、0歳児でも、すでに個性があります。おそらく、性格の本質的な部分は生まれた時から決まってると思います。その後は環境次第ですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    3つの性格

    しおりをつける
    blank
    空飛ぶ豚
    性格というものには3つの様相があるといいます。 1.自分で知っている自分の性格 2.他者が知っている自分の性格 3.自分も他者も知らない本当の性格 これらの1、2については周りの人間関係などの環境や自意識の改革などでいつでも変える(変わる)ことが出来そうです。 3番目の真実の自分の性格。 これはトピ主さんの言うように中学校時代に形成されて変化しないものなのかもしれませんが、確認のやりようがないことでもあると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    その後の環境によるのではないでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    そうかな?
    私の性格にしても周りの人を見ても思うことですが、大きく変わる人もいます。 皆がそうだとは思いませんが。 芸能界でも「中学生の頃すごく大人しくて担任の先生にも覚えてもらえなかった」という人が大人になるにつれて社交上手(?)なって成功した例は多いですよ。 私は「欽ちゃん」をすぐに連想してしまいます。←これって私の年齢がばればれですね。 あと、若い頃は角ばった性格の人が歳を重ねるにつれて丸くなる事はよくあります。表面的ではなく本当に、人は変わる、成長していく生き物なんですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「性格が変わる」という現象の定義にもよりますが

    しおりをつける
    blank
    私の場合は,高校生の頃に読んだ一冊の本の影響が大きかったと思います.

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「生まれながらの性格」+「育った環境」

    しおりをつける
    blank
    まりまり。
    私は二人姉妹の妹なのですが、母によく「赤ちゃんの頃からめったに泣かなかったし、いつも機嫌よく笑っている子だった。人懐こくて、知らない人に笑いかけたり話しかけたりしていた」と。私は今でもそういう性格です。反対に姉は「よく泣いて、なかなか泣き止まないし食べ物の好き嫌いが多くて人見知りする子だった」と。姉は今でもそういう性格です。 もちろん、その後の環境などの影響で変わった部分もありますが「生まれながらの性格の違いって存在するんだなぁ」と母の話を聞いて思いました。思春期以前から持っている、生まれながらの性格という物もあると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    全てではない

    しおりをつける
    blank
    はろ
    最も多感な年頃でもあり、環境や人間関係によって 基本的な性格や体格が形成されていくかもしれませんね。 しかし、左右されることもある時ですから、 全てがそうだとは言い切れないとは思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人格形成について・1

    しおりをつける
    blank
    心理学修士
    昨年、国立大学の大学院を修了した者です。 知っている範囲で人格形成について書かせていただきます。 心理学の中には、人格形成に関する仮説がたくさんあります。 その中にはまったく対立する仮説もあります。 「氏か育ちか」という言葉が示すように、人格は生まれ持って決っているという仮説と、発達(心理学では子ども時代だけではなく、人間の一生のすべてを発達と捉えます)に伴って獲得するものであるという仮説です。 すべて仮説ですから、どれが正しいかは(現時点では)分かりません。 この点については日々研究が進められてはいますが、一般的には「生まれもった性質に加えて、発達の過程で身に付けていくもの」=人格、と考えていただければ結構かと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人格形成について・2

    しおりをつける
    blank
    心理学修士
    したがって、思春期ですべてが決まると考えるのは、やや早計に過ぎるかと思います。 たしかに心身ともに成長し、子どもから大人へと変化し始める時期ですから、「大人としての人格」が形成され始める時期ではあります。 しかし、成人後も人は発達しますし、それに伴って人格も変化します。 反対に、いくら年齢を重ねても変化しない部分もあるでしょう(生まれ持った性質)。 ちなみに私自身は現在25歳ですが、二十歳を過ぎてから変化した部分が大きいと感じています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    確かにそうかもしれませんが、

    しおりをつける
    blank
    maridayori
    女性の場合、結婚(結婚相手による)・出産・子育てによって、性格って変わると思います。 確かに、根本的には違わない部分もありますが。 私でいうと、結婚・出産によってはあまり変わりませんでしたが、子育て・両親の高齢化によって、ずいぶん変わったと思っています☆ 今が成長した、とは言いませんが、あの頃の自分は何て自己中だったんだろう・・と自己嫌悪に陥ることしょっちゅうです! これって性格が変わったことになりませんかね??

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    どうだろ
    思春期、中学生の頃・・・自分の事が嫌いでした。 上手くいえないなぁ~ 私はとにかく、自分の性格が嫌で、徐々に今のようになりました。だから、変化していきました。 私の昔を知る人が、今の私に会うと「変ったね~」「丸くなった」など言われます。 (昔はすごく、キツイ性格だったです。自分にもそれ以上に他人にも厳しい性格。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    変わりません。

    しおりをつける
    blank
    MK2
    どのような理由で疑問に思われたか解りませんし、あなたが御幾つの方なのか存じませんので私の回答に失礼があったらどうぞお許し下さい。 性格は原則変わるものではありません。 では何が変わるのか? それはその人の廻りの環境によって変化する『考え方』です。この環境の中で特に影響するのが人です。 考え方が変ると行動が変わります。多くの人が言うように行動が以前と違うから性格が変わった。というのは間違いです。 極端ですが簡単な例を申しますと、ここに常に明るく冗談ばかり朝から晩まで言ってる人が居たとします。 ではその人がどなたかの葬儀に参列した時明るく振舞うでしょうか? 大人ならそうしないはずです、またその行動をみて、あの人性格が変わった。と見る方がいるでしょうか。 いないはずです。 性格は原則かわらないけど人に教えられ、また苦しい境遇を乗り越えて考え方が変化していきます。 成長するということは自分の良い所も悪いところも認識し、良い所はもっと伸ばし、悪いところはなるべく出ない様にすることだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    変わりにくいでしょうね

    しおりをつける
    blank
    んん
    だいたい中学生になるまでに「~に対しては~と思う」という思い込みから始まって、それを確固たるものにしていくとなかなか人間の性格は変わらないでしょうね。 まずは親に教えられた「~に対しては~と思う」が基本になっていてある人は「お金儲けをするなら頑張らないといけない」と教えられ、ある人は「お金儲けはとても楽しくて楽だよ」と教えられてきた場合、大人になるころには別々の世界が出来上がってる気がします。 その根本は大人になって変えるのはかなり至難の業。 「私は嫌われる」と教えられる人間と「そのままで十分愛されてる」と教えられた人間が思春期を終え、大人になって、双方の考えを逆に考えましょうと言われても無理かなと思います。 表面的に、友達と頻繁に連絡を取るとよい、くらいなら変えられると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それは男性の場合だと・・・

    しおりをつける
    blank
    コメ
    そう聞いた事があります。 女は性格が変わるきっかけが人生に3度あるそうです。 初潮・就職・出産だそうです。 そして生涯通しての友達は就職時期(就職先ではなくその時期)に友達だった人が多いそうです。子供の頃から友達で、その時期にも友達だったという人も含みます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横です。心理学修士様

    しおりをつける
    blank
    魔導師
    このトピ大変楽しく拝見させていただいております。 心理学修士様お聞きしたいのですが、娘(現・高2)が心理学を勉強したいと今大学受験を頑張っているようです。 この子が勉強したがっているのは「犯罪心理学」なのですが心理学部のある国立の学部ならば学べるものなのでしょうか?もし、ご存知ならよろしく御願いします。 また将来「プロファイラー」になりたがっているのですが日本ではこのような仕事はあるのでしょうか? もう一つ、私から。 以前学部の教育心理学で青年期は26歳までだ、という話を教授から教えてもらったのですがやはり26歳までに人格が決定すると考えてよろしいのでしょうか? 子供がおりますので知りたいのです。娘はまだ大学へも行ってませんので。。。もう一度あの講義を聴きたかった・・。 横で申し訳ありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    相手は自分の鏡

    しおりをつける
    blank
    ただし
    よく、「性格がいい人が好き」ってのありますよね? 一般的な解釈としては、思いやりのある人うんぬん、なんでしょうが、 実際は、 自分にとって「いい人」や、周囲の人にとって評判の「いい人」が、「性格いい人」になってたりするものです。 他人から見た人の「性格」なんて、その当人同士の対応次第で変わる。 私にはやさしくて「いい人」でも、例えば電車のラッシュでは人をおしのけ、ぶつかった相手に「チッ」とかいう「いやな人」だったりする事はよくある事でしょうね。 人の「本質」だの「生まれもっての性格」だの「成長過程で形成された性格」だの、あまり信じてません。 今目の前にいる人と自分の相互関係での「性格」なだけ。 また、自分で自覚してるはずの性格についても、 例えば「私ってさっぱりしてる性格だから~」とかって言ってる人に限って、 こちらからみるとベタついた性格だったりする事もよくありますしね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    論文

    しおりをつける
    blank
    えと
    海外で、里子に出された成育環境の違う一卵性双生児の 性格調査というものが結構ありまして 性格は ・遺伝によるもの ・生育環境に左右されるもの の二種類あることが既に分かっております。 性格のうち 「○○」は遺伝的影響が凄く強く、生育環境に左右されない 「□□」は生育環境に左右されやすい というような具合に。 日本では心情的に「生育環境で左右される」と思いがちですが 遺伝でほぼ固定される「性格(の一部)」もあるということで。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    三つ子の魂100まで?

    しおりをつける
    blank
    前尾
    三つ子の魂100までは、必ず ではないと思います。 私は、好きな食べ物、外見や服の趣味などは、 中学から全然変わっていません。 幼稚園の時には食べられていたものが、 中学に入る頃になると、急に 嫌いになって、 食べられなくなったりしました。 私は、中学の時から、体の成長も心の成長も、 止まってしまって、全然変わっていないです。 高校生デビューという言葉とも無縁です。 でも、人によるものだし、高校生デビューをして、高校の時に変わって、そのまま大人になった人も居るだろうし、幼稚園の時のまんまの人、小学生の時のまんまの人も、よく考えてみれば、いるかもしれません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わたしの場合ですが

    しおりをつける
    blank
    りさこ
    みなさん様様なご意見ですね。興味深く拝見しました。 わたし自身に限って言えば、自分の嗜好などが確立したのは、やはり中学生頃だと思います。 まず思い出すのがファッションの好みですが、中学生の時に出会った雑誌(mc.Sister)の影響が今日まで継続されています。音楽も当時のお気に入りが今も好きです。男性の好みも、その頃から好む男性像に共通点が見られますね。自分自身の筆跡も、かなり変化はしていますが、基本的な書き癖などは大きく変っていないと思います。そして当時から外国に興味が深かったわたしは、紆余曲折を経て、現在は海外で生活しています。 30歳の今の自分のルーツを探すと、中学校時代に遡ると見えてくることが多いです。 もう少し「性格」に近いところでは、当時、内向的で恥ずかしがりやのため、学芸会など極度に嫌っていたわたしは今、時折多数の人を前に講演を行う職業についていますが、これは訓練されてできるようになった「技能」であって、実質はやはり内向的な人間だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]