詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母の遺言

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    につこ
    ひと
    26歳既婚女性です。 昨年9月に母が亡くなりました。 母は生前、父方の墓には入りたくないと言っており、別にお墓を作って欲しい、または無縁仏のほうがいいと言ってました。 母の具合が悪くなり、話もできなくなってから父とお墓のことに関して話し合いましたが、父は代々の墓に入れる、そのほうが寂しくないと言い張り、話し合いは平行線でした。最後にはお前は嫁に行った人間だから関係ないとまで言われました。 結局、母は父方のお墓に入れられました。 今思い返してもどうにもならないのですが、最近になって母は悲しんでないだろうか、気になって仕方ありません。 聞いてくださってありがとうございました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    たとえ希望通りにならなくても

    しおりをつける
    blank
    陽子
    トピ主さんはお母様の希望をかなえよう精一杯努力なさったのですから、お母様は十分嬉しいのではないでしょうか。気になさらないでくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    母には心安らかでいてほしい

    しおりをつける
    blank
    麦茶
    私も同じような経験を2年程前にしました。 遺言状はありませんでしたが、母は父としっくりいっていなかったこともあり、父と同じ墓に入りたくはない、と言っていました。このことは、父も娘の私も母から聞かされていました。当時は、母の死など思ってもいませんでしたから、あまり深くは考えず、夫婦喧嘩の勢いに任せて出た言葉と思っていました。 ところが、母が急死し、父は一旦は母の言っていた通り、母の実家のお墓へと言っていましたが、いざとなったら自分の親が眠る墓へ埋葬することを決めてしまいました。私も、トピ主さん同様、「嫁いだ娘」と言うことで取り合ってもくれませんでした。 母が不憫でならなくなり、私は父に内緒で、母の妹に母が眠るお墓の土を少しとって、母の実家のお墓に混ぜてもらうように頼みました。 私は今、遠方に暮らしており、お墓参りもできません。でも、時折夢に出てくる母が微笑んでいるので、心安らかにしているのだと、思うようにしています。 私の気持ちのおさめ方が正しいかどうかはわかりません。宗教的にも許されないことなのかもしれません。 でも、娘としては、あの時そう叔母に頼むことしかできませんでした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    筋は大切です。

    しおりをつける
    blank
    レンゲソウ
    結局は親夫婦の在り方です。 夫婦は同じ墓にはいるのが当たり前。 一緒に入りたくなければ、お母さんは生前にお父さんから籍を抜いておけば良かったのです。 自分は生前それをしないで置いて、死んだ時は残された伴侶の立場は「どうなれ知ったことか」とばかり、「同じお墓に入れないで」というのは随分我が儘で勝手な言い分です。 それを子供が荷担して、残された親に主張するのも変なことです。 親夫婦は「夫婦でいる限り」、子供よりも親密な関係であるべきです。 籍は抜かないで、お墓には入らず、子供が片親の気持ちだけ察して親夫婦の関係にお節介をやく。 それこそ「話し」や「人間関係」の「筋」がとおらないといった話しです。 こういった社会秩序は大切で、人間の社会はこうやって、色々なものを混乱少なく保っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    涙が。。。

    しおりをつける
    blank
    もち
    読んでいて涙がでてしまいました。 トピ主さんの気もちわかります。私も母が大好きですから。 まだお若いのにお母様を亡くされて大変辛いと思います。 亡くなっても母には変わりないしいつまでも安らかでいてもらいたいですよね。 レスをつけていた方のご意見はすごくステキだと思いました。 お母様のためにもトピ主さんは幸せになって安心させてあげてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫

    しおりをつける
    blank
    ここ
     お母さんは、自分がいたい所にいます。あなたの隣かも知れないし、お父様の隣かも知れません。嫌いな親戚と同じお墓に骨が入っていても、そこにはいませんよ。 いつもお母様を感じてあげてください。自分のことを考えていてくれる人の隣に呼ばれています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もしもお母様が嫌だとしたら

    しおりをつける
    blank
    ハル
    何かしら伝えてくると思いますよ。 特に霊感など無くてもお墓の前で思う事は亡くなった方が伝えてきているのだとある本に書いてありました。 私もそれを信じているというよりも信じたいのかな、という感じなのですが、悩んだりするとお墓に眠る父に相談しています。で、何かしら思いつく事があるので、 もしかしたらそんな風に伝えてくるかも知れません。 どうしても気になるのでしたら永代供養墓というのもありますし、何とかなります。 どちらにせよお母様はトビ主様の幸福を望んでいるはずです。あまり悩みこんで苦しまないで、きちんと供養なされば伝わるのではないでしょうか? 元気出して頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    人間死んだらそれでお終い

    しおりをつける
    blank
    うさぎ
    人間は死んだら無にかえるだけです。死人は思考しません。どのお墓に入っていようが、死んだ本人にはわかりません。 なんか冷たい事を言ってしまってごめんなさい。 でもトピ主さんにはこう考えて、楽になって欲しいんです。 お母様がお父様の家のお墓に入りたくないと仰っていたからには、何かしらそれなりの理由があったのでしょう。 お母様の希望をかなえるためにトピ主さんのなさった努力は尊いものですし、結果的に実現できなかった事をトピ主さんが無念に思っていらっしゃるのもわかります。 でもお母様はもう亡くなって、ものを感じる事も考える事もありません。 たとえ望まない場所に埋葬されていても、それを辛くお思いになる事はないでしょう。 だからトピ主さんが今回の件でこれ以上気にする必要はないのです。 楽になって下さい。 >レンゲソウさん >夫婦は同じ墓にはいるのが当たり前 そんな常識はあなた一人の常識にとどめておいて下さいね。 夫が嫌いで夫と同じお墓に入りたくない妻もいれば、夫の家が嫌いで夫の家のお墓に入りたくない妻もいるし、夫を愛していても一人静かに寝たい妻だっているんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    分骨は出来ないですか?

    しおりをつける
    blank
    うののさらら
    お父様はものすごくショックだったかも・・・。 妻(お母様)は自分(夫)と一緒のお墓に入りたくない、つまり、あの世で一緒に暮すことを拒否されてしまったのだから・・・。 それを認めたくなくて、幸い遺言状がない(遺言状はないのですよね?)ことを縦に、強引に納骨してしまったのではないでしょうか? お母さまの遺言がどうしても気にかかるのなら、せめて「分骨」はできないのですか? そして、お母さまがご希望されていた地へその骨を納めるということは出来ないのですか? それすらも難しいようなら、お母様のためにひたすら祈って下さい。これだけでも充分な供養になると思います。 >レンゲソウさんへ 夫と同じ墓に入ることを拒否した理由があったはずです。それが何かもわからないのに、一方的に亡きお母様を我侭呼ばわりするのはあまりにも失礼ではないでしょうか? 籍をぬけばよかったとおっしゃっていますが、籍をぬきたくてもぬけない理由があったのかもしれませんよ。 お父様の立場も確かに大事ですが、だからといって亡きお母様のお気持ちを思いやるトピ主さんの気持ちをふみにじるような発言は、大変失礼だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]