詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 鬱病会社員に身の振り方をご意見ください。
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    鬱病会社員に身の振り方をご意見ください。

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    まく
    仕事
    現在、中小企業の企画部門で働く29歳です。

    1年前までは同じ会社のWebマーケティング部門で責任者をやっていましたが、景気の悪化に伴って、部門閉鎖。自ら採用した部下を自らの手でリストラするという事態になりました。

    この事が原因となり鬱病を発症し、1年間闘病中です。
    会社を休職した期間もあり、非常に危うい精神状態です。

    部門の閉鎖に伴って、一度は営業部門に異動させられましたが欝があまりにひどくなり、良心的な会社のオーナーがバックヤードである現在の部門に異動させてくれました。

    しかし残念な事に今の部署は仕事がほとんど無い状態です。
    役員の直下の部署で上司が多忙で指示はほとんどありません。
    能動的に自分で仕事を創ろうにも欝が邪魔してうまくいきません。

    そして何より頑張ってもまたリストラされるんだ、という先入観が先にたって業務に集中できないのです。

    毎日の仕事時間がとても苦しいですが、転職をする勇気もなくて立ち止まってしまっています。

    結婚している身、何とかしなくてはと思うのですが・・・。

    現在の会社に残るべきか?それとも新天地を探しに行くべきか?

    皆様のご意見を聞かせてください。

    トピ内ID:5653758891

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ラッキーだと思いますよ

    しおりをつける
    🙂
    うつ病患者
    どん底状態から回復し、現在調子の良い通院7年目の者です。

    >頑張ってもまたリストラされるんだ、という先入観が先にたって

    これは、病ゆえの悲観的観測だと思います。
    回復すると考え方が変わってきます。

    現在リストラされたわけでもなく、仕事も楽な部署に配転してもらっているとは、ラッキーだと思います。
    この環境を利用して、身体の回復を第一に考えたらいかがでしょう。

    ただし、回復までは長くかかることもあること、回復してきたとしても体調が良くなったり悪くなったりの波のある状態が暫く続いたりすることを心に留めておいて下さい。

    気長に行きましょう。

    転職も今はしない方が良いと思いますが、お医者さんにそう言われませんでしたか?

    トピ内ID:2834389697

    閉じる× 閉じる×

    大変です

    しおりをつける
    blank
    テンテン
    大変ですね。
    でも、具合の悪いときは、転職等の大きな決断は、しない方がいいと思います。
    もしもこの先、リストラされるかも知れないとしても、給料出る内は、会社に行こう位の軽い気持ちがいいと思います。

    具合が悪くなるまで、会社に尽くしたのですから、今は、給料貰いながら回復する時期だと考えて良いと思います。
    無理しないで、下さい。

    トピ内ID:2733499664

    閉じる× 閉じる×

    鬱でした・・

    しおりをつける
    blank
    みゆ
    私は4年間程、鬱に苦しみました。

    私の場合、独身でしたので思い切って日本を出ました。1年程、日本を離れたら鬱は治りました。
    ストレスの根っこから取り払わないと意味がないと思います。

    今は帰国し、仕事復帰しています。

    トピ内ID:2618686087

    閉じる× 閉じる×

    今は重大な判断は避けたほうがいいでしょう

    しおりをつける
    blank
    matsu
    まずは、「鬱」を治すことを第一に考えてください。

    鬱のときは判断力が鈍っていたり、物事に対して悲観的な受けとめ方になっているため、正しい判断ができません。

    退職や転職などの人生における重大な決断は先延ばしにされ、
    病気が治ってから判断をされた方がいいでしょう。

    鬱病は大きなストレスなどにより脳の機能が低下し、
    思考力、精神力がなくなり鬱病を発症します。

    鬱病の状態だと、仕事の能率は下がります。
    集中力が鈍り、物事の決断が円滑に行えないことが増えて、
    業務を遂行する能力が低下していくことが原因です。

    また注意力も散漫になり、的確な判断が下せないことが原因で、
    仕事上のミスを犯しやすい状態でもあります。

    そのため、今のトピ主さんでは何処へ仕事を変わられても、
    満足に仕事を行うことは難しいでしょう。
    おそらく今の状況と同じことを繰り返すことになるかもしれません。

    今は何より、「鬱病」を治すことに専念しましょう。

    鬱病が治れば、以前のようにきちんと仕事を行うことが可能になります。

    鬱病は治せる病気です。

    トピ内ID:8915454795

    閉じる× 閉じる×

    今はゆっくりすることです

    しおりをつける
    🙂
    AR
    トピ主様は責任感の強い真面目な方なんですね。リストラの業務では神経をすり減らし、ご苦労されたとお察しします。

    今の部門での状況は仕事をバリバリこなしてきた方にはつらいかもしれませんが、「良心的なオーナー」の気遣いを忘れてはいけません。
    トピ主様が会社にとって不要な人材であれば、この不況のさなかにここまでの配慮はしてもらえないと思います。「今はペースダウンして快復してほしい」とオーナーは思っているのではないでしょうか?これまでのトピ主様の仕事ぶりに対して高く評価し、今後に期待もしている結果だと思いますよ。

    私個人としては、トピ主様には「気負わず・焦らず」で、今の部門でもうしばらくのんびりしてほしいです。時間に余裕があるのなら、今の内に会社の業務に役立つような資格取得のために勉強するのもアリではないでしょうか?(仮に転職してもプラスになりますし)

    転職に反対はしませんが、新天地が楽園とは限りません。トピ主様の体調や経済状況も勘案しなければならず、リスクが高く時期尚早だと思います。

    今はゆっくりすることが何よりも大切だと思います。

    トピ内ID:9246427333

    閉じる× 閉じる×

    現状維持がよいと思います

    しおりをつける
    🐶
    ゆず太郎
    うつ病のときには、とかく環境を変えてみようと思ったり
    色々試行錯誤したくなる時期がありますが
    今のところ現状維持がよいかと思います。
    とにかく、うつ病を少しでも軽くするのが第一です。
    新天地に行ってしまっては、余計ストレスが降りかかります。
    おすすめできません。
    わたしは長年うつ病を患った末、完全に治りました。
    うつ病は治る病気です。
    ただ、薬を飲んでいれば自然と治るものではなく、
    うつ病になりにくい性格作りは自分で努力してしなければいけません。
    カウンセリングにはまめにかかられていますか?
    週に1度、もしくは2度のカウンセリングでうつ病になりにくい
    うつ病を軽くする性格作りに挑戦してみて下さい。
    うつ病の最中では、すべての物事に対して悲観的にしか考えられません。
    今は、その病気の中にいるということを自覚してみて下さい。
    実は悲観的にしか見れない物事も、本質的な部分でそうでないことが多々あります。
    今は大きな変化を求めず、ゆっくりして下さい。

    トピ内ID:1980923211

    閉じる× 閉じる×

    今は我慢の時では…

    しおりをつける
    陽子
    焦っても空回りすると思います。

    転職するエネルギーが今の貴方に有りますか?
    有るなら鬱ではないでしょう。。。

    今の部署で、できることから会社に貢献しましょう。

    営業はダメだった、
    企画部門は上司が忙しくて指示が無い、と不満ですか?

    貴方が何を期待して言っているのかわかりませんが、
    鬱なら鬱なりの仕事でいいのです。
    一歩ずつ前進ですよ。

    トピ内ID:5901103832

    閉じる× 閉じる×

    うちの旦那の場合

    しおりをつける
    blank
    ちわわ
    初めは、私が鬱になりましたが夫もなりました。

    私への看病と会社のストレスが重なったようです。
    ビックリしました。

    生活の基盤は夫ですからお先真っ暗でした。
    でも私が回復しだし夫もお医者様の薬を服用し会社も転職し、うちの場合は犬を飼い日々の暮らしの安らぎとなっています。

    薬を服用しながらですが毎日仕事を頑張っていますよ!頑張り過ぎなので犬に疲れを取ってもらってます。

    トピ内ID:6351900124

    閉じる× 閉じる×

    辞めなくて良い

    しおりをつける
    blank
    tako
    昔鬱から自力で回復した方法があります

    自分の鬱の原因を書き連ねて
    その後、全ての責任を放棄せよ
    って言い聞かせたの
    結局クビが怖いだけだから
    それが何でも無いと考えられれば
    実は全てクリアだよ

    いつのまにか治ったよ
    重っ苦しく考えない事だね

    トピ内ID:4342324743

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🐤
    トピ主
    皆様ご意見ありがとうございます。

    >うつ病患者さん

    ご指摘のとおり医者にはあまり環境に変化を起こさない様にと言われています。
    身体の回復はいつまでかかるやら、ですがまずはそれに集中すべきですね。

    >テンテンさん
    元々ワーカホリックだっただけに、仕事が暇というのはきついんです。
    でも、今は回復させる時期だという事ですよね。

    >みゆさん
    ストレスを根源から絶つべき、というご意見はいただきます。
    でも今は何がストレスの根源なのか自分でもわからない状態です。

    >matsuさん
    私が転職を躊躇している最大の理由が判断力の低下です。
    転職には馬力が必要ですからね。怖いのです。

    >ARさん
    本当にオーナーは良い方なんですよ。
    彼の想いに応える為にはまずは回復、ですよね。

    >ゆず太郎さん
    欝に強い性格つくりは是非やらないと、です。
    どういう性格が欝に強いんでしょうかね?

    >陽子さん
    そうですよね。無駄に焦ってはなりませんよね。
    諫言ありがとうございます。

    >ちわわさん
    苦労されたのですね。私も努力していこうと思います。

    トピ内ID:5653758891

    閉じる× 閉じる×

    もう見てないですよね

    しおりをつける
    blank
    テンテン
    少し良くなりましたか?

    トピ内ID:2733499664

    閉じる× 閉じる×

    辞める必要は無い

    しおりをつける
    わくわく
    もう見ていないかもしれませんが、職種が近く親近感がわいたのでレスします。
    鬱病には詳しくないので的外れな回答ならすみません。

    鬱が治っていない状態で、転職活動しても碌なことはないと思います。
    あまり焦らず、今は病気を治すことを第一に考え、将来オーナーに恩返しできるような知識や経験をためる充電期間と思うのが良いと思います。

    今の業務は暇とのことですが、企画の仕事は与えられるより自ら仕事を作り出して提案していくものだと思います。
    ウェブマーケティング部門が無くなったのなら、今の企画部門でそこで行っていた業務を継続したり、知識や経験を生かしてインターネットを活用した安価なプロモーションを企画する等ということはできないのでしょうか。
    企画のヒントになるような書籍も沢山ありますし、できることからこつこつと仕事を進めてください。

    トピ内ID:4731581641

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0