詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    初節句

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    りんご
    子供
    昨年女の子を出産し初節句をむかえるのですが,お祝いをどのようにしたら良いか迷っています。主人と私は同郷出身ですが現在故郷からは遠く離れたところで暮らしています。
    初節句ということもあり帰省した方がお互いの両親も喜ぶだろうとは思うのですが,お互いの実家が近いということもありどちらの家でお祝いをするか,もめるだろうなあと思うと少々憂鬱に感じているところです。普通親の家でお祝いの席をもうける場合は夫側・妻側どちらの家でするものなのでしょうか?またどちら側が主催とかあるものなのでしょうか?親に聞いた方が良いのでしょうが両家の親がお互いセッカチなもので。。。すみません色々教えてもらえると助かります。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いまどき~

    しおりをつける
    blank
    おばあちゃん
    形式にこだわることはないと思いますよ。

    昔、結婚は「嫁にやった」「嫁をもらった」という考えだったので、普通は夫側で「初節句」のお祝いの席を設けて、妻の親は「お雛様」や「祝い金」などを持っていく・・・というのが一般的でした。

    今でも、そういった形や考えを大切にする地域や、親御さんもいらっしゃるでしょうから、両方の親御さんに相談してみてはいかがですか?

    でも、やはり「若い夫婦の希望」が大切なんじゃないかなって私なんかは思います。

    ご実家とどれくらい離れているかわかりませんが、帰省するなら義両親宅でしょうね。

    トピ主さん宅に両方のご両親をお呼びして、みんなで外でお食事してもいいんじゃないかな。

    堅苦しいことは考えないで「楽しい初節句」になるといいですね。何と言っても主役はお嬢さんですから・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    親が

    しおりをつける
    blank
    鼻眼鏡
    本来、子供の祝い事は親がするものだと思います。両家のご両親を、同時にご招待されてはいかがですか。もちろん、状況が許せばですが。両家の実家からして頂くお祝いは、あくまでも好意としてこちらから催促するものではないと、思いますが‥

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    うちの娘の時には。

    しおりをつける
    blank
    蛍の灯篭
    おばあちゃんさんのおっしゃった形式でした。
    お雛様も夫実家に配達してもらって
    夫両親主催で親戚や、私の親を招待。
    お雛様はそのまま夫実家に置いてあります。

    ですが、今時そんな考えの家の場合
    そうするのが当然と言わんばかりに
    親側の意見を押し出してくるので
    何も言ってこないのでしたら
    御夫婦でしきられれて
    ご両親をご招待されれば良いのでは?

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0