詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    妻に財布をどこまで預けるべきか。

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    迷い犬
    話題
    男性既婚20代後半、子供はいません。
    同じ様な境遇の方がいらっしゃいましたら
    アドバイスを頂けると幸いです。

    現在、月の収入から25万程度を生活費として妻に渡してます。
    (一応、家計は妻主導。家事は分担。)
    妻もフルタイムで働き、15万程度を入れてくれてます。
    ボーナス等は入れてません。

    家賃は13万で、特にローンは無く、貯金も5-6年働かなくても、
    大丈夫そうな位はあります。
    特に贅沢をしている訳ではないので、生活費だけで
    毎月ある程度の貯金に回す余裕もあります。

    が、先日、妻のファイナンシャルプランナーの
    資格を最近とったという友人が、色々妻に吹き込んだためか

    お互い月の収入や個々での貯金を一旦、全て1つにまとめてから、
    生活費とそうでない分を振り分けよう…という提案をしてきました。
    そうすることで、より確実で身にあったライフプランを描ける
    というのが目的らしいです。(ざっくりと一言で言うとですが。)

    理解はできるし、妻に自分が給与やそれ以外を含めて
    稼ぎや自貯金をオープンにすることは、別に嫌ではないのですが

    この不景気下、いつ収入が下がるかも分からない中で
    全収入ベースを前提に、ライフプランややりくりを考えられることになる、
    そして、(扱う額が増えるので)それを妻や私が正常な判断で運用ができるのか、
    不安でなりません。

    私としては、現在の25万/15万の固定制が足らないならともかく
    貯金に回せる余裕もあるので、先ずはどこまで堅実な家計を描けるか
    妊娠等ライフステージの変化に応じて、額を都度調整して行った方が身の丈に
    あった生活ができるんじゃなかろうかと思うのですが、どうでしょう。
    小町の皆さまにご意見を伺いたいところあります。

    ちなみに生活費以外の収入(大体生活費とイコール)は、
    お互いのこづかいと貯金となっております。

    トピ内ID:3829956963

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    自分ですればいい

    しおりをつける
    blank
    匿名さん
    奥さんが信用できないのだったら自分で家計を管理すればいいのに
    別に誰が管理したって家計が成り立つんだったらそれでいいでしょう

    トピ内ID:7682845920

    閉じる× 閉じる×

    自分でやればいい

    しおりをつける
    毎日定休日
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0315/301566.htm?g=02
    ファイナンシャルプランナーとして独立しようと思います。

    最近このようなトピもありましたが読みましたか?

    無駄に使うわけでもないし生活できているからいいんじゃないのでしょうか。

    トピ内ID:8433302899

    閉じる× 閉じる×

    ややトピ主さん派だけど

    しおりをつける
    blank
    通行人C
    このご時世に、駆け出しのファイナンシャルプランナーの言うことなんて
    どこまで信用してよいやら・・・と思います。
    (というか、個人的には全然信用できない。)

    余裕があるからこそ運用したいと思うのでしょうが、
    トピ主さんご夫婦はこれからライフステージが変わる時。
    わたしはトピ主さんの言うように、堅実に貯蓄していく方がいいと思います。

    収入を1つにまとめたいという奥さまの気持ちは今後のこともあるのかな?
    妊娠・育児で自分の収入がなくなったときには、収入のなかから
    生活費を受け取るのではなく、すべてを把握しておきたいと考えると思います。
    それはそれで賛成です。

    夫も妻もいつまで健康で働けるのかはわかりません。
    どちらが働けなくなっても収入はすべて家庭のものと考えるのが健全だと感じます。
    そういう意味で共働きだから財布もすっかり別という考えは
    後々のトラブルの素になりやすいし、女性にとっては不安が大きいです。

    もし奥さまが「運用」に重きを置いているなら、今までの貯蓄は確保しておいたらいいと思います。

    トピ内ID:5264357500

    閉じる× 閉じる×

    リスクの軽減目的なら価値があるかも

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >お互い月の収入や個々での貯金を一旦、全て1つにまとめてから、

    本当に現金化して、まとめてから貯金等をやり直すということでしょうか?
    (あまり意味がないと思いますが)

    帳簿上で合算して、貯金の配分などの見直しをするなら、やる価値があると思います。妻名義・夫名義も効率よく使えばリスクも減るかと。

    夫婦で同じ銀行だけに高額の預金をしていたり、同じ株を持っていると、夫婦が同じリスクをかかえることになります。

    収入を合算して配分するのも、ある日から突然残業手当がなくなるとか、ボーナスがゼロ、最悪失業しても、柔軟な変更・急な手当てができるよう、すぐに引き出せる預金とか、すぐに出せない定期・投資などとで工夫して配分しておけば、リスクは減るでしょう。

    >ライフステージの変化に応じて、額を都度調整して行った方が
    同感です。額の都度調整を効率化し、ライフステージに沿った支出等も含めた堅実でリスクの少ない家計運用を考えるのがファイナンシャルプランの目的では?

    調整せずに固定してしまうとか、単に投資などの運用資金を増やすのが目的なら、しないほうがよいかと。

    トピ内ID:2661447266

    閉じる× 閉じる×

    奥様次第かな

    しおりをつける
    🐤
    ぽこママ
    確かに、家計は1つにまとめて管理した方がまとめやすいと思います。
    我が家はそうしています。

    家計をまとめて、管理するお金が大きくなって生活が大きくなってしまうかどうかは奥様次第です。
    奥様の性格はどうでしょう?

    現在のまとまった貯蓄は定期預金としてすぐ手をつけられないようにするのも手です。

    要は話し合いですね。
    今ある貯蓄は今後どうするのか。

    例えば、いくつかのまとまった額の定期を作って、これは将来の妊娠・出産費用、これは将来のリフォーム費用、これは老後の資金の一部に、これは緊急時用だから定期にはしないけれど基本的に手をつけないように、など。

    家計運用、上手くいくといいですね。

    トピ内ID:5504076667

    閉じる× 閉じる×

    変える必要なし

    しおりをつける
    blank
    otto
    余るお金があると、女は必ずへそくりしますよ。
    必要以外は渡さない事ですね。

    こういう事を言い出すのは、必ず収入の少ない方が言い出します。

    聞き入れない事です。

    トピ内ID:5714304991

    閉じる× 閉じる×

    奥さんを説得しては。

    しおりをつける
    blank
    まるもち
    拝見した限り私も現状で十分な気がします。
    まだお若いし、貯蓄も十分おありだし。

    ひとつ分らないのは「運用」という単語が出てきましたが、
    奥様はなにか投資しようとお考えなんでしょうかね?
    だとしたら、ちょっと慎重になってしまいますよね。

    それと、トピ主さんのその都度調整論では、FPがバックについてる
    人は納得させられない気がします。
    なので、頑なに拒否するよりかは一度オープンにしてしまって、
    そこから今の状態に近いプランを提案してみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:5575506663

    閉じる× 閉じる×

    要するに給料を全部渡せということでしょう。

    しおりをつける
    blank
    ドロア
     妻が家計を握る事が多いのは、家事=妻が当たり前だったからです。

     トピ主さん夫婦は、共働き・家事折半ですから別財布でいいのです。
    奥さんが家事を主導しているなら、生活費に関しては妻管理のほうが合理的ですが、
    此れを以って妻側が収入を全管理する理由にはならないです。
    奥さんはもっともらしい理由を言っていますが、察するに、トピ主さんの収入が多いのが羨ましく、
    トピ主さんの収入を自分で管理し自由になる収入を増やそうとして
    一元管理を提案しているのではないでしょうか。
     
     あくまで一元管理を主張してくるなら、トピ主さんが管理をして、その中から今まで通り生活費を奥さんに渡されては如何でしょう。奥さんの主張は一元管理ですからトピ主さんが管理しても問題はない訳です。これに反対するようなら、「より確実で身にあったライフプランを描ける」というのは嘘で本音はトピ主さんからお金をせしめ自分が贅沢な生活をしようと目論んでいることになります。

     妻に家計を任せて酷い目に遭った男性は大勢います。自分の稼ぎは自分が管理する、
    これが一番安全で幸せだと思います。

    トピ内ID:5144639025

    閉じる× 閉じる×

    自分で管理すれば?

    しおりをつける
    🛳
    ゆうじろう
    お金の管理能力は夫婦で能力の差があるはずです。
    貴方が能力があるならば、管理すれば良い話しだと思うのです。
    それくらい交渉力あるでしょう。

    トピ内ID:3755562569

    閉じる× 閉じる×

    財布を一つにするなら

    しおりをつける
    blank
    みと
    やりくりが上手い方が管理すればいいと思います。

    へそくりがどうのこうのっておっしゃってる方がいますけど
    男性でもへそくり貯めてる人いますよね。
    しかも、何百万も。

    >妊娠等ライフステージの変化に応じて、額を都度調整して行った方が身の丈に
    あった生活ができるんじゃなかろうかと思うのですが、どうでしょう。

    生活水準を上げるのは簡単ですが、下がるときついですよ。
    今から、おこさんが出来た時と同じ額で生活なさったほうが、私はいいと思いますけどね。

    トピ内ID:3800304726

    閉じる× 閉じる×

    必要ですか?

    しおりをつける
    😒
    クロパン
    ファイナンシャルプランナーの
    資格を最近とったという妻の友人ねぇ…

    私なら「よそはよそ、うちはうち!」と言いますがね。
    特にお宅の場合は、現状で問題ないわけですしね。

    トピ内ID:1830210130

    閉じる× 閉じる×

    近い将来、ぶちあたる壁。

    しおりをつける
    🙂
    kazu
    30代後半女性です。
    トピ主様と性別は違いますが、同じように判断つきかねていて、
    トピ文・レス共に、大変興味深く読ませていただきました。

    私の場合、年齢差と業界の違いで、相手の収入の方が低いです。
    もうすぐ結婚する状態で、家賃も8万円程度ということもあり、
    15万円ずつ出し合う、月30万円予算(小遣い充分捻出可能)でいくつもりです。

    私の相手は、もともと財布の紐がかたい人で、金銭面の信頼はあります。
    私は独り暮らしも長く、その中で家計簿をつけ、進化させ、
    トピ主様と同じく、都度調整(仕事が変わる時・貯金額を増やす時など)して、
    13年程やって参りまして、金銭管理には割と自信があります。
    友人(個人も家庭も)の家計のアドバイスも、仕事ではありませんが
    数件のったりしていて、家計簿ともに成果が高いことを彼は知っているので、
    たぶん、結婚後は私が管理することになるでしょう。

    ただ、トピ主様と同じように、どこまで情報を開示すべきか悩んでいます。
    当面の生活費には、問題ないと私も思っています。
    しかし、金銭管理の重要な点は、全体の収入・支出の把握です。

    トピ内ID:0565966968

    閉じる× 閉じる×

    続 近い将来、ぶちあたる壁。

    しおりをつける
    🙂
    kazu
    お小遣いの使い道まで管理はしませんが、2人の生活になるのだから、
    今までの様に、私の一存で物事を決められません。
    特に、長いスパンで具体的な計画を立てる事が多い結婚生活です。
    婚前の財産(貯金・借金)は、それぞれの権利・責任としても、
    婚後の財布は、一緒にするのが自然だと思うのです。(共同経営みたいなものでしょ)

    判断しかねるのは、収入がわかったときの彼の気持ち(傷つくor何でもない)と、
    余裕の表れがどう出るか(ゆとりとして信頼を得るor頑張らなくても良いと思う)が
    金銭面を含む、彼に対する信頼感があるのに、分からないのです。

    私の周りのことを書きますと、良いモデルケースはなく、
    会社で知り合った親子ほど歳の離れた上司の多くは、
    家計は預けているが、全額渡さず、自分の遊び代に半分使う方が多かったです。
    歳の近い人だと、全額預け家計も預けていましたが、
    管理のできない奥さんが多いようでした。
    両親の場合、家計は母が預かっていましたが類に漏れず管理できず、
    そして、実は父も全額を渡していませんでした。

    トピ内ID:0565966968

    閉じる× 閉じる×

    続々 近い将来、ぶちあたる壁。

    しおりをつける
    🙂
    kazu
    必要経費に対して預かりが少ないなら、家計簿つけて現実を見せるよう
    母に言いましたが面倒くさがり、管理できないから全て渡せないのなら、
    家計は父が握るべきと言いましたが、それではいつまでも管理できるように
    ならないと言い、いまだ喧嘩しながら母に預けています。(笑)
    父が他の人と違った点は、自分で使うためだけに渡さないのではなく、
    ほとんどを貯金に回していて、その事を母は知らないということです。

    友人の相談を受けていても感じるのは、仕事で取り扱う金銭以外で、
    自分が稼いだことない金額を、人は冷静に動かせないということです。
    大なり小なり稼ぐことには苦労が付き物ですし、その苦労があってこそ、
    慎重に使い道や貯蓄を考えるのかもしれません。

    奥様はどういうタイプでしょうか?
    奥様は、家計を預かる者として、全体を把握したいと考えているだけと思います。
    それはいずれ、友人のアドバイスがあってもなくても、思う事だと思います。
    悩みますよね?
    私も、相手が少ないことは分かっているけど、どの程度か知りたいんです。
    だけど、それには自分だけ教えないなんてないですもんね。

    トピ内ID:0565966968

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0