詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    この「おとうと」を知りませんか?

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    あね
    話題
    ずいぶん昔に読んだ小説のタイトルと著者をご存知の方、いらっしゃいませんか?
    あらすじは、

    姉が死の床にある弟を見舞う。弟の足の裏はかさついている。
    姉は、二人が小学生だったころを回想する。
    運動会の日、母が珍しくのり巻きを作って持たせてくれた。
    運動会の途中、弟が困った顔でやって来る。のり巻きが切れてないので食べられないと
    いうのだ。確かめると、自分のも同じだった。姉は、手持ちの小刀で苦労してのり巻きを
    二つに切り、不恰好ながらおにぎりの形にしてやる。帰宅して母に文句を言うと、
    母は涙を浮かべながら大笑いして、心から謝ってくれる。以来、食卓にのり巻きが
    出されると、姉と弟は目をぱちぱちさせて合図を送りあうのがならわしになった。
    弟の死後、姉は仏前にのり巻きを供える。昔のように弟と、目をぱちぱちさせて
    合図を送りあいたかったからだ。

    こんなお話です。
    もう30年以上前に、子供向けの雑誌、たぶん「○年の学習」か何かで読んだのだと
    思うのですが。先日映画化された幸田文さんの「おとうと」でもないようです。
    ずっと気になっていて探しているのですが、見つけられずにいます。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:2987544430

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私も知りたい

    しおりをつける
    🐱
    50歳
    答えになっていなくてごめんなさい。
    お尋ねの短編、私も記憶に残っています。
    お母さんは、仕事が忙しい朝に大急ぎで海苔巻きのお弁当を作ってくれたんだけど
    切る時間がなくってそのまま持たせた…って話だったような??
    運動場の隅の木の横に、運動着の弟が立っている挿絵があったような…??

    教科書の中のお話かな、とも思います。
    国語とか、道徳とか。

    どなたかから、「コレです!」という情報が頂けると良いですね。

    トピ内ID:9127245087

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    あね
    50歳さん、さっそくのレス、ありがとうございます。
    私も40代後半です。同じ小説のことを憶えている方がいて、
    こうしてレスしていただけるだけでも、嬉しいです。

    そうでした。運動会に母親が来ないのは、仕事のためでした。
    それに、病床の弟の足の裏がかさついているので、死期の近いことを悟った、
    ということだったと思います。

    挿絵のことは私の記憶にはありませんでした。
    お話の内容に合う、いい挿絵だったんでしょうね。

    引き続き、何か手がかりだけでもご存知の方、教えていていただければ
    ありがたいです。

    トピ内ID:2987544430

    閉じる× 閉じる×

    私も読みました

    しおりをつける
    🙂
    ゆみ
    私は44年生まれの40歳ですが、従姉のお下がりの「5~6年の学習」(学研)でよみました。

    三人兄弟で長女のお姉さんと末っ子のおとうとなんですよね。
    で、間に長男の弟がいて。

    末っ子は子供のころ眼病にかかって、お姉さんがホウ酸?を溶かした水で目ヤニを拭いてあげる。
    それからヒバリのうたを歌ってあげる。「ヒバリ、ヒバリ、パタヒバリ・・・」
    お母さんに運動会の弁当のお寿司のことを言うときに「あんな棒のお寿司は嫌だぞい、きっておくれのん」という弟のせりふがあるんです。
    どこの方言でしょうか?

    で、病院のベッドで横たわる死期の近い弟は「ちいねえ、足、さすって」
    っていうんです。
    その挿絵の弟は無精ひげを生やしていて・・・。そうそう、弟は養子に行ったんです。

    私、ちょっと書くつもりが、あんまりすらすら思い出せるんで、びっくりです。

    トピ内ID:1344630086

    閉じる× 閉じる×

    コレではないでしょうか?

    しおりをつける
    blank
    かさぶた
    ちょっと検索して調べてみました。
    たぶん、「宮口しづえ」さんの短編「弟」ではないでしょうか。
    この話の感想を書かれている方の内容とトピ主さんのあらすじとがほぼ同じだったので、たぶんこれではないかと…。違っていたらゴメンなさい。
    宮口しづえ童話名作集に収録されているようですが、残念なことに絶版のようです。図書館にならあるかもしれません。

    トピ内ID:6402619149

    閉じる× 閉じる×

    知りたい

    しおりをつける
    🙂
    おひょい
    ごめんなさい、答えじゃなくて。私も知りたいです。
    いまだに、巻き寿司を見ると、このお話しを思い出すくらい、印象深いです。

    トピ内ID:9005786012

    閉じる× 閉じる×

    私も記憶あります!

    しおりをつける
    blank
    茉莉絵
    とても気になっていろいろ検索してみました。私の記憶と一致したのは、宮口しずえさんの作品です。末弟が「ちぃねぇ」と呼んでいたのが、いつの間にかなまって「じぃねぇ」となったというところが、記憶と一致しました。

    トピ内ID:4582866376

    閉じる× 閉じる×

    訂正です。

    しおりをつける
    blank
    茉莉絵
    宮口しずえではなくて、宮口しづえさんです。題名は「おとうと」ではなく、「弟」です。トピを拝見するまで、忘れていた作品ですが…いいお話でしたょね。学研の科学と学習についてくる読み物特集の本かなにかに入ってたのでしょうか?記憶が曖昧です。姉の方の科学と学習についてたような…記憶違いかな?

    トピ内ID:4582866376

    閉じる× 閉じる×

    「宮口しずえ童話名作集」に収蔵されています

    しおりをつける
    blank
    石田
    一草舎というサイト(下がURLです)で購入できるようです。

    http://homepage.mac.com/takashisa/issousya/index.html

    ただし、この会社は解散するそうで、既刊書籍は今月下旬までメールでの注文を受け付ける、とありますので、ぎりぎり間に合うか否かというところです。
    Topページの左の「既刊書籍」をクリック→「宮口しずえ童話名作集」をクリックで、注文できるページに行けます。
    購入されるなら急いでください。

    トピ内ID:6370008926

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

      注目トピはありません。

      Twitter

      Follow
      みんなの投票結果

      編集部から

      編集部からのお知らせはありません

      Horoscope | 大手小町

      発言小町大賞0