詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    出生率1.29、どうしたらいい?

    お気に入り追加
    レス356
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    はっふるぱふ
    話題
    まず、このトピは子どもを生まない選択している人を批判する為に立てたのではないので、そういうレスはご遠慮ください。

    年金改革法案成立後発表された出生率は、政府の予想を下回る「1.29」でした。
    このままじゃ、年金制度だけでなく、その他の財政運営、経済成長などにも大きな影響が懸念されます。
    しかし、出生率低下は何年も前から問題視されているのにもかかわらず、有効な打開策がとられたとは言えません。

    出生率を上げるためには、具体的に行政がどういう対策を取れば有効だと思われますか?

    女性が子どもを3人以上産んでもいいな、と自然と思える、そんな世の中にするにはどうしたらいいか、建設的なご意見お待ちしています。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数356

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    経済的な不安じゃないでしょうか・・

    しおりをつける
    blank
    みぃこ
    「働く女性が増えたから」とよく言われますが、
    それ以前に、経済的不安があって子供を育てていくことを躊躇してしまいます。
    今、私は妊娠8ヶ月(ひとり目)ですが
    毎月の健診だけでもかなりの負担です。
    生まれてからも大丈夫なのかな?と、頭の片隅では考えています。
    お答えがずれてしまいましたが、どうしたらいのか・・・答えが出ません。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ごく単純に

    しおりをつける
    blank
    ぼるぎるぼる
    1人目で50万。
    2人目で100万。
    3人目で150万貰えるとか。
    金銭的にはこれで結構楽になるから多少は産みやすくなりませんかね。

    男なんで金銭面でしか思いつかなくて申し訳ないですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    認識があまいのでは

    しおりをつける
    blank
    ts
    政策などで回復できる部分はもはや少ないのでは !
    つまり意思でもって産まないというより、女も男も生物としての産む能力が低下してきたのが最大の原因だと思います。重大な問題です。

    環境ホルモンなど、今子供を産む年齢の方たちが育ってきた環境が、食・空気・身に着けるもの・住居・とにかくあまりにも過去人間が経験しなかった自然に存在しない化学的に作られた物質に囲まれすぎたため、生物本来の生殖機能をかなり狂わしてしまった結果だと思います。 

     今、まだ、この場に至って、政策的なことを論じているのは、あまりにもノー天気と言わざる得ません。

    ことはもっと深刻なのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    職業とみなす・・・

    しおりをつける
    blank
    かんかん
    タイトルどおりです。

    理想は
    大恋愛→結婚→妊娠→出産→育児
    だと思いますが、
    こう出産率が低下している以上

    出産を職業とみなしましょう。

    しかし、2~3人生んで職業となっては
    困るので、5人以上生む場合は職業とみなし
    生んだ人には
    公務員として 月給25万円を支給。
    そっから税金やら年金やらも払ってもらうので
    そんなに儲かる職業ではないと思うけど。。。

    っふ、あくまでも
    あんまり考えていない者からの提案です。

    流してね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女だけで産めるもんじゃない

    しおりをつける
    blank
    李も桃も
    トピ主さん、ひとつだけスミマセン。

    >女性が子どもを3人以上産んでもいいな、と自然と思える、そんな世の中にするにはどうしたらいいか

    女性だけで子供を産み育てられません。
    奥さんが子供を欲しがっても、旦那さんが渋る例もあるし、少子化の大きな一因の非婚化も、「結婚したくない」というのは男女ともです。
    少子化の原因は「女性が子供を欲しがらないから」という前提になっているようで、気になりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    やはり

    しおりをつける
    blank
    あああ
    「子供を持つ幸せ」という価値観を復権させることだと思います。望んでも得られない人にはまた違った幸せがあるというのは当然として、得られるのなら得る方が幸せだしそれでこそ一人前と考えて何が悪いのでしょう?
    「産む産まないは個人の自由。でも、年金や社会保障はしっかり貰う」というのはやはり自分さえよければいいという意味で勝手だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それ以前に

    しおりをつける
    blank
    ことこ
    一人っ子のご家庭って増えているのでしょうか?
    私の周りにはそれほど多くないのですが・・・。
    昔と同じくらいの割合に感じます。

    というわけで、私は「少子化」の最大の原因は
    「結婚しない男女が増えていること」だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どーにもならんわ!

    しおりをつける
    blank
    M
    まず、今の政治を変えない事には。
    その為には、国民全員が選挙に投票に行かれるのが理想的ですが、
    年々に下がる一方の投票率では、絶望的ですね。

    年金制度を一元化にするとか、幼稚園と保育園を一元化、
    もろもろの制度を根本的に改善あるいは替えないと、
    この低い出産率は下がるだけでしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ずれますが・・・

    しおりをつける
    blank
    ないしょ
    すこしトピ主さんの方向性とは、ずれてしまうのですが・・・。

    まず、地球は有限の大きさしかなく、そこでまかなえる人口にも限りがあり、どうやら現在の総人口は今の日本レベルの生活を地球上全ての人口に保証できる段階を超えていると思われています。

    ですから、大局的な見地からすれば出生率の減少は健全な動きではないかと思います。つまり、出生率が低下しても社会運営ができるような仕組みを作っていくのも一つの方法ではないかと思うわけです。

    もちろん女性が子供を産みたくないと思うような世の中は問題ですし、それはそれで解決されねばいけない問題だとは思うのですけどね。

    いかがでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと思ったこと

    しおりをつける
    blank
    結婚5年目子なし
    TVでよく見る「大家族」みたいなのって日本に何家族ほどいるんでしょう?
    子供を10人近く産む夫婦がいなかったら出生率はもっと低いんでしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お金で援助

    しおりをつける
    blank
    爺さん
    子供を産んだ夫婦には国がお金を出して援助することです。

    何歳まで・・金額は・・等々は専門家に検討させれば良いのです。


    国が税金の無駄使いを止めれば、そのぐらいのお金はカバーできてお釣りがきます。

    小泉さんが一声「やるぞ!」と出せば解決できる問題です。

    これこそ、重大な改革です!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    沖縄の出生率

    しおりをつける
    blank
    匿名
    沖縄の出生率は戦前は全国ワースト3に入っていたそうです。
    (ちなみにダントツのトップは青森県だったらしいです。)

    しかし、現在はどうでしょう?
    近年、沖縄は全国出生率トップ。
    沖縄のある地域では出生率3.14の数字も・・・。

    都会では多くの女性が、少子化減少を
    「子育てはお金がかかる」「仕事を続けるため」
    と認識していますが、
    特に沖縄は経済的に豊かな地域ではありません。

    なのにこの出生率。謎です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    短期~長期のビジョンを示せ(厚生労働省)

    しおりをつける
    blank
    烏龍茶
    日本の国土は決して広くはなく、その七割が森林で、大した地下資源もありません。この国で一億数千万の人口を支え続けること自体、無理があるように思います。また、次世代の数を増やし続けることで国の活力を維持していくのは、ネズミ講と同様に不可能な理屈です。

    現世代が老後に受ける年金などは、せいぜい数十年のスパンでの短期的な問題です。確かに少子高齢化の進行により、我々や子どもたちの世代は辛い目に合うでしょう。しかし、数100年後の人々が歴史を振り返って「あの時期に人口が急減してくれて良かった。あれがなかったら日本はどうなっていたことか」と語る可能性だってあります。

    私は、日本という国にふさわしい人口、年齢構成、それを実現するための出生率と寿命(これはコントロールできませんが)について、短期~長期にわたるビジョンを、厚生労働省が示すべきと考えます。当然、今後の世界情勢の変動や技術革新などを考えると、シナリオには幅が必要でしょうが。

    そういうビジョンなしに、短期的な年金や経済成長のことだけから少子化対策を訴えても、説得力が乏しいように思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    行政にできる対策では食い止められない

    しおりをつける
    blank
    リアリスト
    現在の少子化は、人類の進化やそれに伴う個人主義の台頭によって

    おこっている現象でしょう。

    価値観の多様化が進み、結婚しない人生も、子供を持たない人生も

    個人の自由と言う言葉の元に許され、それに口を出すことは

    権利の侵害と批判されます。

    また、子供を持つことを選択した夫婦であっても、

    せいぜい一人か二人。

    それ以上の子供を育てるには金銭的にも時間的にも

    負担が多すぎるのです。

    現代社会においては、子育て以外の自己実現が要求されますし、

    また、昔に比べれば、一人の子にかける時間も多く必要とされます。

    昔のような育て方をしたらネグレクトだと言われ

    児童相談所に通報されてしまうことでしょう。

    子供にかかる教育費のすべてを国費で負担するようにすれば、

    子供好きな夫婦が2~3人多く産んでくれるようになるかもしれませんが、

    現実的ではないですよね。

    少子化は自然なことなのではないでしょうか?

    人類は衰退する時がやってきたのかもしれませんよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出生率上げるのはムリ

    しおりをつける
    blank
    ハナ
    出生率1.29でも破綻しないような財政・社会的システムを構築することが必要だと思います

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      申し訳ないですが

      しおりをつける
      blank
      匿名A
      問題点がずれてます。

      少子化が叫ばれる現代でも産む女性は大体2人産んでるのです。これは少子化が叫ばれる前からずっと安定していたはずです。

      なので、少子化を解決するためには、一人の女性に沢山産ませる事ではなく、子供が欲しくない人にいかに子供を欲しがらせるかだと思います。

      いくら社会的支援が充実しても、今の子供が欲しくない人たちを見てると、子供を産む理由にはならないと思うのです。

      バリバリ働く友人は、いくら会社が全面的に支援してても産休を取る事自体にためらいがあるようです。それは現役としての活動にブランクが出来る事への恐怖があるからです。妊娠・出産という行為自体が仕事への妨げになるのです。

      階層化の進んだ欧米では、大半の人はバリバリ働く事に意義を見いだせない(働いても無駄)って事になる点が違うのでしょうね。日本は努力すれば誰でも上に上がれる社会ですから。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私の場合

      しおりをつける
      blank
      治療中
      現在、不妊治療中の者です。
      治療段階が段々すすむにつれて治療費が、きつくて(保険適用ではないため、私の場合一周期治療をすると50万係ります)参ってます。
      保険が適用されない大きな理由は「命にかかわることではないから」だそうです。
      治療を受けなくても本人が染むわけではないってことらしいです。

      昨年度、私が住んでいるとある市で「助成金がでる」
      と市政便りに掲載がありました。
      でも、矛盾がたくさんありました。
      例えば受給資格の期限、治療開始から二年間。★とありますが一生涯で一度だけの申請、年度をまたがないこと。
      金額の上限は・・・治療費の半額まで上限50万。回数は2回まで!!ということは意地汚いようですいませんが、一番多くもらいたい場合は、4月から翌年の2月までに2回は体外受精(顕微受精)する。
      すぐに証明書を書いてもらえるわけではないので
      3月はじめに二回目の治療では証明書が間に
      合わないんですね。
      もし、一年間に1度しか治療できなかったら
      半額の25万ほどしかいただけないってことです。
      ★市政便りに載せたけど、予算が無くてかなり決済を出すのがもめたそうです。★嫌な思いをしました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      私の場合・・・2

      しおりをつける
      blank
      治療中
      出来たら助成金のわくを上限4年
      金額はかかった額の半額だとしても上限100万まで
      にしていただけたらすごく助かります。
      私たちの受ける治療は限られた期間しか出来ない治療
      なのでくたくたに働いて貯まってから、治療再開
      する方法ではかなりきつい。
      金銭的な問題でかなり治療断念される方が多いです。
      それとプライバシーの保護。
      市役所の年金課の窓口で申請したのですが、
      病院で担当医の証明書を添付してもらったじてんで
      病院から市役所に送る形にしていただけたら
      凄く助かります。
      ついたてもないところで事細かく色々と聞かれる
      状態は避けていただけたらと思います。
      悪い事をしているのではないのにさらしもの
      にされた気分でした。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      3人なんて無理

      しおりをつける
      blank
      よこちゃん
      子供を生む人の多くは二人以上の子供が居ます。
      私の周りは田舎であることもあって、3人の子持ちがいっぱいです。私は二人ですが。

      ではなぜこの数字が?

      産まない人が増えているだけなんです。
      産みたいと思う女性がいて
      産んでも大丈夫な社会があって
      産んだら守ってくれる家族がいる

      それならきっと、もっと出生率はあがります。

      どうしたらいいのでしょう?
      私も知りたいです。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      こうすれば

      しおりをつける
      blank
      32才、1才児の母
      出産費用を窓口支払いなしの無料にする。妊婦検診ももちろん無料。


      児童手当は所得額に応じて支給する。


      3人目を産んだら出産手当て100万円支給。
      3人目からは保育料~学費は免除。


      これくらいしてもいいのでは?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      思い切った手当て

      しおりをつける
      blank
      とんとん
      私はフルタイム正社員として働いているのですが是非お願いしたいこと。
      育児休暇手当ては100%支給にしてほしい。
      それであれば3人でも4人でも今すぐ産むことができます。
      もちろん財政を圧迫させてしまうでしょうからこれを実現してくれるのであれば通常時の住民税、社会保険料、厚生年金料かなりUPしていただいてかまいません。
      1人目育児休暇を1年取ったのですが私の給料も生活費となっていたため半額以下に減ってしまったこの1年で貯金がすっからかんとなってしまいました。
      今2人目希望ですが取りあえずまた何百万かためないと無理なので来年以降となるでしょうか・・・

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      むしろ人口増加のほうが困った問題

      しおりをつける
      blank
      こるとん
      年金制度などを考えると確かに大変な問題かもしれませんが、このまま人口が増えつづけてこの狭い日本がどうなってしまうのかも考えた方いいですよ。
      もう既に日本の国土は人間を収容する許容範囲を超えているのです。出生率を増やして出来たその子供の老後を見るためにまた子供を増やして…じゃ、いつか破綻するのは目に見えてますよね?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      超累進課税

      しおりをつける
      blank
      jinna
      ズバリ
      「子どもがいない場合、高所得な人ほど課税率を高くする」というのはどうでしょう?いや子どもがいても累進課税なんですが、その差を子どもがいる場合といない場合で大きく変えるのです。
      子どもに児童手当を厚く出す方式だと、子どもを産んでそのお金で食べようとする層ができそうだし、そういう層の子どもの教育水準にも心配が残ります。
      年収夫婦で二千万だと70パーセント税金→子ども一人で税金半分、二人でまた半分(数字は適当ですが)なんていうのでどうでしょう。勿論増えた税収は、保育園や学校の充実に当てられます。
      そうしたら、低所得で子どもがうめない、という層も待機児などの心配なく子どもを育てる喜びを味わえますし、また子どもをつくらない選択をした夫婦や独身者も、「私たちは子どもはいらないけど、そのかわり高額の税金で社会貢献しているのだから誰にも文句は言わさない」(実際この人たちの貢献があればこそ、子どもが増えるのだから)と自分の選択に胸を張れるのではないでしょうか?

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      聞いてどうする?

      しおりをつける
      blank
      すぅ
      と思いますが・・・
      年金問題は出生率の低下以前に、年金が余っていたからと言って散々無駄遣いした、行政に問題がありますよね
      それを解決する事も全く考えられていないし。
      先に言うと建設的でなくてすいません
      さて、私は、既婚ですが現在働いていて子供はいません
      子供を持たないを選択したわけでなく、怖くて産めないのです
      産んでしまえば、確実に今の仕事をやめないといけない
      仕事を止めてと言われるわけではないけど、今の様に動けなくなるなるのは確かです
      子供の事を考えると自分は子供のそばにいられる事が望ましいのであろうと思います
      でも、今の仕事はしたい
      長年続けてしまっている今の生活パターンをなかなか変える気になれません
      今の社会は、子供を持って普通に働ける社会でもないし、職場や職種を変えればいいじゃないかと言われる問題でもありません
      複雑に絡んだ社会の仕組みをどう変えたら子供を育てやすいと思えるのかわかりません
      <続く>

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      わたしの考え,,,,

      しおりをつける
      blank
      れな
      産婦人科の高額な医療費に保険がきくといいですね
      企業は軒並み昇給ナシ残業代ナシが増えているし
      経済的な不安が一番大きいです。
      恥ずかしながらうちもそうです,,,,
      年金だってちゃんと貰えるのかわからない世の中
      子供がいるからって必ず老後の面倒見てもらえる訳ではないですし
      子供がいなければ養育費がそのまま老後資金として貯められるのでは?
      (老後がこなければ意味がないですけれど)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        聞いてどうする?<続き>

        しおりをつける
        blank
        すぅ
        きっと根性なしなのでしょう。子供を産んで育てている方達を根性あるなあと思ってしまいます
        現代は私の様な根性なしが許される社会なのだと思います
        許されない、子供産めないなら、用なしと言われた昔の様な社会になれば出生率は増えるのではないでしょうか
        あと、死亡率が増えるといいでしょう
        増えすぎてしまった生物は生物間である程度の淘汰が行われると思います
        虫でも人間でも自然の摂理ではあまり変わりがないと思います
        私は、日本の人口はすでに頭打ちと考えています。増えすぎてしまった人口を補えるだけの緑も浄化能力も今はありません
        川縁をコンクリで埋めて浄化しない水を流すのも緑を切って地下水をなくすのも、えごい政治家の仕事以前に自然がそうさせているのかもしれませんよ
        そういう面で自然が人口を抑えにかかっているのであれば、もう、出生率を上げることは、いきなり天変地異など起きて大幅に人口が減ってしまう事位ではないでしょうか
        (注:私は、怪しい宗教の人間ではありません;;;)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        なぜ”上げ”?

        しおりをつける
        blank
        裕子
        なぜ出生率を上げなくてはいけないのか?と考えます。この列島にもう1億以上いるんですよ。

        むしろ、人口は減っても生産性の上がる経済力・技術力をつけることをこれからの日本は考えたほうがいいような気がします。また、海外から出稼ぎ・移住してきた人達との(ほどほどの)共生など。そうしていくうちに国に活力が出てきて人口も増えていくんじゃないかなと思ったりします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供産みたい・・。

        しおりをつける
        blank
        賛成
        私も子供が大好きで、今は一人ですが将来は4人でも欲しいくらいです。
        でも2人でいいかと躊躇してしまう原因は日本が障害者に優しくない社会だということと、明らかに子沢山は貧乏になるということです。

        子供が多くなればなるほどもちろん障害を持って生まれてくる可能性も増えるということで(高齢出産にもなりがち)、もちろんそれでも自分の子なら愛せるしいいのですが、ただ世間の理解が少なさ過ぎると思います。

        それと同じ給料の方と比較しても、子沢山の家庭は貧乏なところが多いし、教育に関してもお金をかけてあげられないといったデメリットがあります。

        なので提案。
        ・子供を3人以上産めば比較級数的に国からの補助を出す。
        ・障害者のかたの為の助成金を増やし、国民の理解を深める。(教職についてもらったり・・・)

        ・子育てが明らかに向いていないと、子供を産んだ後で自覚した人たちや不妊の方のために、養子縁組制度を確立させる。(ドイツみたいにそっと無記名で子供を引き渡すことができるようにしたりする)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        駅前保育園

        しおりをつける
        blank
        S
        欲しい~。

        とりあえず値段(?)が少し高くてもいいです。0歳からある程度安心して預けられる保育士さん、朝7時から夜12時までオープン(その間いつ引き取りに行ってもOK)、そして小児科医と提携、というような夢のような施設ができたら、今すぐにでも産みます。

        産みますとも!!

        出産育児に協力的な会社は少しあります。兼業主婦に協力的な男性はたくさんいます。でもキャリアを求めている女性に対応する預け先が無いのが現状だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そんなことより

        しおりをつける
        blank
        ふたなり
        子供を増やすことより、少子化社会でも耐えていける社会を作ることを考えるべきです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        育てやすい環境とは

        しおりをつける
        blank
        3児のはは
        私は結婚後、夫の転勤と3度の出産で専業主婦ですが、働きながら育てられるなら、もう一人生んでもよかったなあ、と思うかもしれません。(まあ年齢的にはもうだめなんですが)どこに住んでいても、日本全国で保育所が確実に確保できる・病児保育および育児休暇が完備している・介護も同じくサポートシステムが確立している、など。
        保育や介護のインフラ整備をバブルのころにやっておけばなあ、などと思います。いくらインターネットが普及したところで、保育・介護などはマンパワーがなくては成り立たない。地域の人間関係が希薄になってしまった以上、システムの再構築は必要ですね。
        就職難と言われるけど、介護・保育の人的なニーズは大きいのに、うまく機能していない(ミスマッチ?)のはシステムの問題かと思われます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自己防衛しかない

        しおりをつける
        blank
        ななし
        私もどうにもならないと思います。
        まあ国の人口が数百年で半分になるだのいう事は
        おいといて自分たちの老後の生活が問題です。
        基本的には自己防衛しかないでしょう。
        自分の人生の責任は自分で持つ。
        国や子供たちは当てにはなりません。

        年金も労働層に働いてもらって養って貰う「賦課型」から
        自分が働いた分を受け取れる「積立型」に移行すべきです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        とはいえ

        しおりをつける
        blank
        三十路
        世界的には人口爆発で近い将来エネルギー&食料問題が起るのはわかっていることなのですから、日本もアメリカ並に移民を受け入れれば済むだけでは?
        なんだか日本人の選民意識・純血思想が怖いので、このまま少なくなって否が応でも労働力を海外に頼るのではなく、海外から受け入れざるを得ないようになって、日本に住んで働いて生活してくれるといいなと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ことこさんに同意

        しおりをつける
        blank
        美帆
        私の周りにも1人っ子って少ないです。娘の通っている幼稚園のクラスは総勢32名ですが1人っ子っていないんですよ。

        私は政治云々・・よりも結婚しない男女が多いのと、結婚しても自分の時間が大切・・って人が多いように感じます。バブルの頃に学生で自由気ままな青春時代を過ごした私達世代にとって、「子育て=幸せ」っていう図は成り立たないのかもしれません。
        それと、経済的に不安で・・というのもやはり自分が1番可愛いから出る答えかなとも思う。貧乏はイヤ、今の生活スタイルを変えたくない。。というのが本音なのかも。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        政府の手当ては効果なし

        しおりをつける
        blank
        めい
        二児の母です。
        別トピで児童手当は要りますか?(うろ覚えスミマセン)というのがありましたが、
        出生率を上げるためには各種手当て(出産・育児)は効果なしだと思います。
        頂けるものなら頂きます。少しだけ助かります。
        しかし数万、数十万程のお金があったらからと言ってと生もうという気にはなりません。

        子供を生み育てる喜びが感じにくい、
        想像しにくい世の中になり
        自己中心的価値観(子育てすることで自分の行動、生活を変えられたくない)が世に蔓延しているからこその少子化だと思います。
        子供のいる生活は私にとっては大変潤いあるものですが・・

        皆さん仰っていますが、子供を生む人は殆ど一人っ子でなく二人以上子供がいます。
        生まない選択の人、結婚しない人が増えたんでしょう。

        安易な税金の投入はもうやめにしましょう。
        政府がどうこう言ってもこうした風潮は変わりません。
        年金は現役世代が老人世代を支える方式はやめましょう。
        私達の子供に負担がかかるのはイヤだから。
        積み立て式にすべきです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        裕子さんへ

        しおりをつける
        blank
        あ~
        >なぜ出生率を上げなくてはいけないのか?と考えます。この列島にもう1億以上いるんですよ。

        あのね、トピ主さんの示す数字では、出生率1.29%ですよ?この数字が示す意味がお分かりで?

        >むしろ、人口は減っても生産性の上がる経済力・技術力をつけることをこれからの日本は考えたほうがいいような気がします。

        あのね、減るどころじゃないです。このままだと日本人そのものがいなくなる計算ですよ?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        産みの金より育ての金

        しおりをつける
        blank
        虚無僧
        現金な話ですが、やっぱり多子の場合は経済的な問題に直面するでしょう。
        出産手当を厚くするのはあまり好ましくありません。
        産んでも育てられなくなるケースが発生し、それは最も不幸な事態を引き起こしかねないからです。

        それよりは教育資金などの援助の方が好ましいと考えられます。例えば3人目以降は高校卒業まで児童手当を漸増して高校生は月8万とかね。

        でも実は、お金があれば育てられるかと言うとそんなことは決してなく、あくまで家族の協力が必要であり、子供5人ともなればおそらく祖父母や兄弟姉妹との同居など、過去の大家族構成も物理的に必要になってくるかと思います。

        逆に根源的な原因を探ると、やはり核家族化が問題であったように思っています。小家族で閉じてしまうために、子供達も世帯間・世代間交流が減り、若年層が赤ん坊と接する機会が大幅に減ったことがあるのではないでしょうか。

        個人的には、古来の自宅出産が減ったことも男性側の理解の機会が減った一要因に思っていますね。祖母の世代では9割が自宅出産でしたね。今の救急体制なら、昔の病院出産よりも十分安全と言われますが、これは蛇足。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の場合はキャリアの不安。

        しおりをつける
        blank
        35
        お金の心配なんて全然していません。
        でも生来の負けず嫌いなので、出産や育児でキャリアがストップしたり、同期の男性・女性よりも昇給昇進が遅れるのが怖い。
        今まで積み上げてきたものと置き換えられるほど可愛い子供が生まれるだろうか?
        立派な人間を育てられるだろうか?
        そういった不確定要素の不安でいっぱいで、結局子供を産みたいと思えません。

        努力したら努力しただけの結果を得てきた私たちとしては、努力しても報われるかどうか定かでない出産や育児に人生をかけたいとは思えなくなっているのではないでしょうか。

        では、どうしたら出生率が上がるのか?
        出産や育児でキャリアを不利にされた場合に事業主を罰せるようになると、安心して休めるんですけど…無理ですよね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり経済的理由かな

        しおりをつける
        blank
        のあ
        いくら独身者や、子供無し夫婦に、増税したり、
        すずめの涙のような児童を増やしたところで、
        経済的不安をぬぐえません。

        2人以上産むとなると、共働きは殆んど続けられませんしねえ。
        1人の収入では、やっていけないのです。
        しくしく...

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        質問ですが・・・

        しおりをつける
        blank
        kana
        子供が好きでたくさん欲しい、
        けど経済的に無理という話はよく聞きますが、
        こういう風に言っている女性って、
        経済的に無理でなければ、
        何人産めるのでしょうか?

        例えば、5人、10人というのも可能なのでしょうか?

        様々な理由で産まない(産めない)人が増えている昨今ですが、
        産みたいという人に経済的な援助をすれば、
        産みたい人は本当に5人、10人と産んでくれるのかという疑問があります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        何が問題?

        しおりをつける
        blank
        疲労
        出生率が下がることを前提とした政策を打出せばよろしいのでは? と思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        働けるうちは働こう!

        しおりをつける
        blank
        あやや
        出生率を上げて、老後の年金などに安心したい人・・。
        子供産んだことが損なのではなどと思ってしまう人、
        子無しで趣味にレジャーにお金を使える人がうらやましく憎いと思ってしまう人。

        メディアに漬かりすぎて論点がどんどんおかしくなっていってますね。

        産める女は絶対産まなければならないとしたら日本は崩壊するでしょうね。
        おおこわ。

        自分の身の丈にあった生活で頑張ろうっと。今の世の中、
        既に子供は社会への貢献どころか贅沢な嗜好品となりつつあります。
        終身雇用が崩壊してるんだから。
        資源も環境もね。

        先進国で人口が減るのは自然の摂理でしょうね。
        もっとも危惧することは、このようなトピでヒステリーに子供のすばらしさを説くような、
        「子供産んだことを正当化されたい・褒め称えられたい・産まない人を悪者にしたい」人が増えていること・・。

        無条件の幸福では無くなってしまっているんでしょうね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供を欲しがらない男性

        しおりをつける
        blank
        nana
        >女性が子どもを3人以上産んでもいいな、と自然と思える

        想像ですが、男の人のほうが躊躇するんじゃないでしょうか。
        保育園が充実して共働きが容易になっても、家事や育児を分担するのが辛いとか。子供のいる家庭への手当てを増やしても、3人以上の子供は精神的に負担とか。
        生涯未婚率が上昇しているのは、金銭的な面だけでなく精神的な自由を求める気持ちが強くなっているのではないでしょうか。

        5年ぐらい前の統計ですが、結婚した女性の出生率は約1.9人で、少子化の原因は産まない夫婦が増えたことよりも結婚しない(または晩婚の)男女が増えたことが大きいそうですよ。30代後半のカップルが結婚しても子供3人以上は難しいし、、、

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供産んだらオバさん。女としておしまい。

        しおりをつける
        blank
        モヨ
        日本人の、特に若い男性に、こういう意識があることが、
        少子化の原因の筆頭ではないけれど、ひとつの要因だと思います。

        21歳で長男を産んだ私は、ひしひしと感じます。
        職場でも、最初は優しかった人が、「子供がいる」と言ったとたん・・・ババァ扱い。

        ひとりでいる時、ちょっと小綺麗にしていると、
        「とても子供がいる様には見えないわ~」
        と言われる。
        それって、裏をかえせば、「子持ちはダサイ」って事ですよね。失礼な話です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        産まないのかな?

        しおりをつける
        blank
        しましま
        自分の周りを見てると、自分も含めて「産めない」人が多いんですけど。経済的なことではなく、不妊とか不育とかで。かくいう私も複数回の流産体験者。生児を得たことはありません。
        食生活の変化や、体格の変化。これからもっともっと若い子たちの不妊&不育が進むような気がします。
        必ずしも経済的な問題だけで解決できるとは、思えません。

        生物として、危険な状態になってるのではないかなあ…というのが、実感。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        失業率とセットで考える

        しおりをつける
        blank
        apj
         少子化が問題だと言われてもまったくピンときません。現在の若者の失業率の高さを考えると,社会からは「人余り」だというメッセージを継続的につきつけられている状態ではないですか。移民がやってきても,生産拠点の多くが海外に移転して空洞化が進みつつある状態では,そもそも職がないのでは。

         国内の経済規模に合った人口になるようにソフトランディングさせる方法を考えた方がいいのでは。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        三十路突入世代の一意見

        しおりをつける
        blank
        少数精鋭策?
        社会人になってからの年数も関係するのでしょうが、
        小学校の同級会の幹事をして、現住所や近況を聞いて思ったのですが、
        高学歴で公務員や一部上場企業など高収入だと思われる職業の人ほど、
        結婚して共働きでも子供がいません。

        欲しいけど時間や気持ちの余裕がないと愚痴る人もいました。
        こういう夫婦が子供を産めたら、手当てや補助は要らないですよね?
        低所得者に子供が増えるごとに手当てを増やしたり、
        実る確率の少ない不妊治療に補助を出すより、
        高齢者が保育関係の資格を取るために国の補助を出し、
        資格を取った高齢者のためにシルバー人材センターを充実させ、
        有資格者で保育所を増やしたり、個人宅へシッターを派遣したりすれば、
        お金はあっても保育所や産休育休の問題で出産をためらう夫婦が、
        出産しようと言う気になるのではないでしょうか?

        高齢者の再就職問題にも少し貢献できますから、
        年金が減ってくる時代にも則していると思うのですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        独身者とdinks夫婦にペナルティ

        しおりをつける
        blank
        マミー
        30才を過ぎても独身の人と、35才を過ぎても子どものいない夫婦には、反則金を設けましょう。

        金額は年間で約6万円位。
        独身者とdinks夫婦にはリッチな方が多いので、その位のペナルティなら気にならないでしょう。

        そのお金を財源にして、3人以上お子さんのいる家庭や、不妊治療中のご夫婦に助成金出せば良いと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        越えられない壁

        しおりをつける
        blank
        ふみ
        いくら補助金を支給した所で、
        子供を産んだら、育児に費やす時間が必ず必要になります。

        価値観か変わった今、時間に対する考え方は政府の政策によって変えられるものではありません。
        少子化は時代の必然であり、必要なのは、少子化を乗り切れる社会を作ることです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        視点を変えて

        しおりをつける
        blank
        しおこしょう
        産みたくても産めない人がいる。
        不妊専門の病院はいつもいつも患者であふれています。
        そして、お金が掛かり途中でやめてしまう人がいる。出産や育児に、教育にお金が掛かるのも確か。
        でも、不妊患者が大勢いるのも確か。そちらに目を向けてくれたらいいのになぁと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そうですね

        しおりをつける
        blank
        メリー
        出生率を上げるには難しい現状があると思います。私も3人は子供が欲しいですが、旦那に経済的に無理と言われました。
        でも出生率下がって人口が減ったら、この狭い日本で暮らす人々にも少しは本当のゆとりが出てきて、案外いい国になるかもしれませんね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        環境悪すぎ

        しおりをつける
        blank
        作れないよ
        2人子供いますが、3人目考えたいですが、遊ばせる環境じゃないし、お金掛かるし、旦那は帰って来るの遅いし、一人で子育て大変です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        バブル期、カムバぁーーック !!

        しおりをつける
        blank
        おたえ
         タイトル通りです。 これっきゃないでしょう。

         今実際、あの時代が戻ってきて、その状態が100年くらいは続く保障があるのなら、子供を産む家庭は増えると思います。少なくとも我が家は、今夜早速3人目を・・・と張り切っちゃいます!

         すみません、無理な注文でした。

         でも、我々の年金を国がヘンなことに遣ってさえいなければ、多少の少子化もここまで問題ではなかったでしょうに・・・と思います。
         それと同時に、我々の年金を国がヘンなことに遣ってさえいなければ、少子化自体がここまで進行することもなかったのでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主さん

        しおりをつける
        blank
        グレ
        トピ主さんの言ってる問題は、出生率があがったから
        解決する・・といった類のものではないと思いますが。
        その辺りどう思われますか?(単純に質問です)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供が幸せになれる社会

        しおりをつける
        blank
        ふぁ
        子供のためのコミュニティを活発化させる、国が子供に対する保護政策を打ち出す、小児愛などの子供に対する加虐嗜好を取りしまる、自然や公園を増やし、少人数で自由な学校を作ること。

        これだけでも子供を生みたい環境が整うと思います。ちなみにやはり、子供を生むのは女性です。女性が安全な環境にあり、良い社会であると認識しない限り無理でしょう。精子の提供は簡単ですが、10ヶ月の忍耐と子供に優しく接する子育ては女性にしかできない能力ですから。

        最初にあげたことは理想ですが、現実の問題としては他の方があげたように、金銭援助が必要です。どこの国だか忘れましたが、ヨーロッパのとある国で少子化防止になったのが、月数万の援助金を子供ごとにもらえるとう政策だそうです。猿真似しましょうよ。単純な政策で、良い効果が上げられると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みぃこさんへ(横ですが)

        しおりをつける
        blank
        ハムハム
        働く女性が多い国の方が、出生率は高い傾向にあるらしいですよ。

        つまり日本の出生率の低下は、働く女性が増えた事が原因ではなく、やはり、産んだ後の諸々の制度や、希望の持てない未来が影響していると言わざるをえません。
        『出生率(人口)が下がってもいいじゃないか』と言う意見もありましたが、驚きました。
        今はまだ、『このままいけば人口が半分位になるだろう』との見解だから楽観しているのかも知れませんが、その半分の大多数が高齢者になり労働人口がまず落ちます。
        労働力の減少に伴う諸外国人への雇用拡大や、共生を計っても、「日本人口」の減少に歯止めはかからず、極端な話、日本と言う国が無くなってしまう可能性や近い未来で考えれば『先進国脱落』と言う問題も考えられますね。

        事は『人口が半分になってもいいいじゃない』ですまされる程軽い物ではなく、深刻だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あらら

        しおりをつける
        blank
        あらら
        とんとんさんの言う通りにすると、企業は女性を雇わなくなると思う。
        どうして正社員やっててそんなことがわからないのでしょう・・・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        女一人でも堂々産み育てられる社会

        しおりをつける
        blank
        意気地なし
         A.父親がいてもいなくても、母も子供も社会に引け目なく生きていける社会にしましょう。泣く泣く諦めてしまったケースも少なくないはずです。環境が揃えば立派に育つ割合がほとんどでしょう。

         B.子供年金制度、年寄りではなく子供に年金を支給、年寄りは孫の世話になる・・・孫を手に入れるため子供を産む、里子を養育する。
         
         C.女に学問は不要、社会進出なんかさせない。女一人じゃ生きていけない社会に戻す。

         私個人的には日本民族が消滅しても構わないと思っているので、絶滅危惧種に世界で認定してもらって保護されすのもいいかと 自然の流れに任せることでしょう。結局は 

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        教育の一環として

        しおりをつける
        blank
        けるとり
        小町には子連れ叩きトピが多いですよね。私はもう手遅れ(?)ですが、産む前にそういうトピを見ていたら恐ろしくて産めなかったかも。

        と書くと「それは非常識な親がいるからだ」という反論があるかと思いますが、そうだとしてもやはり日本は子連れに厳しい国だと思います。他国の話を出すとこれまた叩かれてしまいますが、やはり海外の方が子育てはし易かったです。「子育てが大変なんてわかってて好きで産んだんだから自己責任だ」と子育ての大変さを思いやる前に迷惑がる人が多い社会ではやはり少子化も無理ないし、現状では責任感の強い人、周囲に気を使う人ほど子供が産みにくくなっているのでは。

        こうなったのはおそらく少子化に伴い子供や赤ちゃんと接する機会がないまま大人になった人が多いからだと思います。アメリカでは若い子でもベビーシッターのバイトで子供の扱いを身につけていたりしますが、日本でも家庭科の実習などで幼稚園・保育園の子供たちの面倒をみるとか、小さいうちから子供を身近なものと思えるような教育をしてはどうでしょう。子供や親をもっと温かく受け入れられる社会になって子育てし易くなるのではないかと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私は・・・

        しおりをつける
        blank
        ちゃむ
        現在19歳ですが、やりたい仕事があってその方向の大学へ進みました。
        こうやって大学を出て、頑張って就職して、結婚して・・・
        子供を産むとなるとやはり会社を休まなければいけない。
        社によっては産休・育休が満足にもらえない。
        休みがもらえないから退社。
        しかし大抵の夫は家事・育児に積極的参加しない。
        そして育児にはお金がかかる。
        さらに住んでいるところがマンション等なら騒音に対する苦情を受け得る。
        子供がある程度大きくなったので教育費稼ぎに再就職。
        就職難の今に30過ぎの主婦たちに提供される職種といったらパートくらい。
        せっかく大学まで行って、就職も頑張ったのに・・・。

        子供産んでもいいことないかも。

        私はこう考えてしまいます。
        日本社会の労働者数のことも考慮して、スウェーデン等を見習ってほしいと思っています。
        政府は口だけじゃなくて、もっと国民全体に働きかけて頂きたい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        Re: それ以前に

        しおりをつける
        blank
        裕子
        ことこさん、一人っ子って増えてないみたいですよ。よこちゃんさんも書いておられますが、三人っ子が増えているという記事を読んだことがあります、面白いことに。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        別にいいんじゃ???

        しおりをつける
        blank
        放置プレイ
        >女性が子どもを3人以上産んでもいいな、と自然と
        >思える、そんな世の中にするにはどうしたらいいか、
        今でも欲しい・産みたい人は2人、3人の子供がいるし
        別に、女性みんなが3人ずつ産まなくてもいいのでは
        ないでしょうか?

        それより、その出生率の低下の状況で、
        これから何をすべきかを考えるべきなのでは?
        産めよ増やせよ以外の方策は考えないのですか?

        はっふるぱふさんは、出生率は上げるべきと
        思われるのでしょうか?
        もしそうなら、その理由をお聞きしたいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        貧乏人の子だくさん作戦

        しおりをつける
        blank
        小兵衛
        経済的な負担と言うのは後付けの理由に過ぎず、本音を言えばやはり、日本は子供がいない方が楽しみやすい社会になってるからだと思います。
        その証拠に案外、低所得者層や低学歴の層は子だくさんで、独身だったりDINKSだったりするのは比較的学歴も高く収入にも恵まれている層ではないですか?

        消費によって回る社会では、より効率よく消費する層が社会の中心になるのは至極当然の成り行きです。
        それはつまり独身者であり、カップルでしょう。
        そうした人たちがより楽しく過ごせるように、そういう方向に日本の社会は進んできたのです。
        その象徴が東京という街です。
        だから若い人の心を子づくり子育てに向かわせるためには、消費によって成り立つ娯楽そのものをなくしていけばよいのです。
        極論を言えば東京をなくしてしまえばいい。
        日本中が田舎になって、お金で買える娯楽が貧弱になってしまえば、若者の関心は再び「家庭」に向かうのではないかと思います。
        名付けて貧乏人の子だくさん作戦。いかがでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お金より・・・

        しおりをつける
        blank
        えんぶる
        子供作るたびに補助金を渡す施策で低所得の方へのインセンティブにはなりますが、階層の高い方へはほとんど意味がありません。金銭的にではなく、育てる時間が事実上無いのです。また、作るよりよっぽど育てる方が大変で、子供が迷惑かけると親へも責任がかかってきます。仕事に忙しい中で、とてもそんな余裕ありません。
        孫が欲しいと言われる方は、娘さんの時間を奪う権利はないはずです。娘さんが子無し時期と同様に仕事ができるくらい、子育てを肩代わりできるのでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        感謝です!

        しおりをつける
        blank
        はっふるぱふ
        トピ主です。
        皆さんすごい!
        私が考えもつかなかった多様なレスがついていたので、とても嬉しくなりました。
        もう少しレスがついてから書き込もうと思ったのですが、
        少しだけ言い訳させてください。

        李も桃も さま
        私の書き方が悪かったのですが「女性」のみが子どもを産む選択をすればいい、という意味ではありません。
        『出生率=女性一生の間に産む子どもの数』
        ということから「女性が思える」という書き方になってしまいました。
        他意はございません。
        申し訳ありませんでした。

        引き続き、皆様からのレス、お待ちしています。
        よろしくお願いします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        出生率

        しおりをつける
        blank
        ヒース
        >裕子さん
        表面的には私もそう思います。一億人は日本列島には明らかにいすぎ。
        でもですね、これだけいったん増えてしまってから減ると、産業に関する深刻な人手不足が未来において予想されるのです。
        現在の環境では人口維持のために必要な出生率は2.1。交通事故や病気で死ぬ人もいますので。
        だから1.29はそろそろあげないと2,300年以内に日本人絶滅。まずいんです。

        ああ、旦那さえ高収入なら3人くらい産んだっていいのに。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        停電法の成立を

        しおりをつける
        blank
        1942
        夜間ランダムに一定区域を停電にする
        のはどうでしょうか

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり教育費が・・・

        しおりをつける
        blank
        ちんころ
        私には子供がいません。現在30代半ば、主人は30代後半です。結婚して6年目になりますが、自分が子供が欲しいと思うまで待とうと思い、ここまで来てしまいました。今から子供を作るとなると、子供が成人する頃には主人は定年を迎えているでしょう。もしかしたらこれから先、定年よりも早くリストラなんて事もないとは言い切れません。

        日本の景気が徐々に上向きに転じていると言っても、公共工事の入札予定価格はかなり低く設定してあり、元請けの会社が利益を上げる為には、下請けの会社にさらに安い金額で発注をかけるしかない。しかも、下請けの会社は安い金額でも、仕事がないよりはましと思い請け負う。だから、零細企業は景気が上向いているとは感じられないんだと思います。昭和の高度成長期のような高揚感、将来への希望、「子供が産まれたらバンバン働いて稼ぐぞ~!」と思える日本になれば、出生率も上向きになると思います。今の日本では「稼ぐぞ~!」と思っても、いつクビを切られるか分からないですから。再就職も難しそうだし・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        いやいや深刻でしょう!

        しおりをつける
        blank
        ゴロゴロ
        この数字、驚かずにいられませんね。
        具体的な対策としてはやはり多くの方と同じ意見ですが、
        手当て・費用負担の増額が何よりだと思います。

        人口が多すぎるため少子化は深刻ではないと
        言っている方がいらっしゃいますが、
        少子化がこのまま進むと多すぎる人口そのものは確かに減るかもしれませんが、
        例えば一億人が5000万人に減ったとしても
        高齢者4000万人、納税者1000万人、
        もっと少子化が進めば4500万人:500万人・・
        どうしますか?

        外国人労働者を受け入れるのも必要になるかもしれませんが、
        間違いなく治安が悪化し、犯罪が増えますよね。
        治安維持する機関(警察など)も高齢者・外国人?
        そんなことになったら大変ですね。

        人口が多すぎる原因は高齢者です。
        減るべきなのは高齢者であり子供は増えていかないと
        高齢者自身だって困ることになると思います。
        はっきり言ってヒマつぶしに病院に行ってる
        元気なお年寄りの医療費負担額をもっと増やし、
        その分児童手当に回して欲しいものです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        難しいですよね・・・

        しおりをつける
        blank
        猫娘
        彼氏の妹さんは3人の子供(小3、小1、8ヶ月すべて女の子)がいます。
        共働き(今は産休中)ですが、実家から徒歩数分の場所に住み実家に子供を預けたり、ご飯なども実家で済ませることがほとんどだとか。
        旦那さんの仕事が忙しく、1人で3人の子育ては大変だからという理由です。
        彼氏の父親は大手企業を退職後、関連会社に再就職し年金も貰っている為、彼より年収が高いのだそうです。
        家はローン済みの持ち家だし、自分達の生活に困るわけでもないし、両親はかわいい娘と孫の為に金銭的な援助もしているらしい・・・

        彼の妹さんのように恵まれた環境なら3人産んでも育てていきやすいのでしょうが、そんなに恵まれている人はあんまりいないように思います。
        日本中こんな恵まれた環境が整っていれば、少しは出生率も上がるのかも。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        まだ国を当てにしますか?

        しおりをつける
        blank
        あかずきん
        こるとんさん、裕子さんが言うように、なぜふやさねばならないのでしょうね。ただ数を増やすだけでは、発展途上国のように結局全員が食べられなくなるだけです。日本の全体からみると、人口そのものは飽和です。
        本当の問題は、子供に比べて年寄りが多すぎるのですが。

        その場限りの補助金で単純に頭数だけ増やしても、しつけや教育の至らない子供も同時に増え、将来フリーターになり、ますます食いつぶすかもしれません。現に今、年金を払おうとする子供世代がどれだけいるでしょう。

        着実でいいので、若者が働いて生産できる世の中にしなくてはなりません、資本主義の日本で働く喜び、日本を豊かにすることを啓蒙しなくてはだめです。
        雇用拡大、経済の立て直し。専業主婦の税金優遇は男尊女卑の変形で、時代に逆行します。労働人口をふやし、世帯収入をあげる。両者家事分担、適性によっては主夫も認める。子育てが一段落したら、女性が復帰できるようにする。

        国だって財源がありません。クレクレ人が多いと、増税となって旦那給料がへり、結局自分の首を締めてたら意味ないです。
        保育ビジネスのニーズが増え、競争原理で安いサービスも出てくるといいですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        はう

        しおりをつける
        blank
        ぶー
        今の人間なんてゴミ出しまくりわがまま勝手な生き物は少なくなった方がのちのちいい。増えすぎてるんだから生態系も崩れるわ。年金より地球の方が大事だ、生きるものには。そんなことより何よりもまず年金の無駄遣いやめたら大分ちがう。経済なんて子供が増えたからって伸びるわけない。そんなんだったらインドなんて超経済大国になってるわ。ようはひらめきや働く意志諸々ないと発展しないってこと。人間の数じゃなく質の問題!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供欲しい

        しおりをつける
        blank
        あぴあぴ
        結婚するまでは子供は3人欲しいと思っていました。

        でも、結婚して今までの仕事では家事との両立が出来なくなり退職。

        主人だけの収入では子供3人どころか1人でも無理そうです。

        今、求職中ですが、会社側は私くらいの年齢(27)で既婚だと、すぐに出産でやめるのでは?と思っていてなかなか採用されないし、
        採用されたとしても妊娠した場合、産休など取れるかは実際働いてみないとわからない。(雰囲気など)

        だから、パートでもいいかなぁ。。。と思っているけど、やっぱりパートだと経済的にきついし。

        子供欲しいのに産めないって言う人いるはず。
        援助が充実していればって思うけど
        今の日本じゃ無理ですよね。
        はぁ・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        贅沢したいから

        しおりをつける
        blank
        とと
        ゆとりある生活がしたいからでしょう。

        海外旅行も行きたいし、いい車にも乗りたい、
        美味しいものが食べたいし、身なりにもお金をかけたい。

        子供が3.4人いても 生活できないわけじゃないけど
        生活のレベルを下げたくない、楽しいことは我慢したくない、
        そう考える人が増えてきたから 少子化になったのでは?

        だから、行政がいい対策なんて できないのでは?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        その前に職の保証を考えて下さい

        しおりをつける
        blank
        おばさん
        独身40オンナで少子化の一端を担っています。

        が、少子化、少子化と言うようですが、数が増えても今の日本には人手は要りません。いくら、えり好みするからといっても20代では失業率が10%です。仮にその中の半分がいわゆる人が嫌がる仕事についても、大した収入にはなりません。子供が増えても早い話、税金や年金を納めてくれないフリーターが増えるだけです。今でもパラサイトやフリーターという年金を担ってくれそうもない人が増えていることに、気付いて下さい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人口はこのままだと減ってしまうんです

        しおりをつける
        blank
        はて?
        人口増加の心配って・・・日本滞在の外国人のことですか?
        子供が減る=年金だけの心配ごとでは済まないんです。
        労働力や経済発展などの急激な減少でもあるんです。

        欲しくない人はさておき、欲しくても現状のままでは産む事を躊躇してしまう・・・そんな人は沢山居ると思います。
        働きながらでも安心して子供を育てられる環境などが有ったら欲しいと言う人間はいるのだから、やはり対策は急いでするべきだと思います。

        経済発展国の中でも少子化問題は深刻ですが、他の国では歯止めがかかっているそうですね。
        日本も良い所は諸外国を早急に見習って欲しいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私も生まない

        しおりをつける
        blank
        キューピー
        周りの子供を産まない選択をする人の多くの理由は、教育費の高さにあります。他のことなら「生んだらどうにかなる」けど、教育は子供の将来の職業や収入にも直結する人生を決定する事項ですから、親として子供に満足な教育を与えられないことほど苦痛なことはないわけです。自由に教育を施せる環境にあれば、出生率は大きく変わると思いますね。

        大反対なのは――生まない選択をした人に、ペナルティを課すというもの!!「人生の選択は個人の自由」という民主主義の原則を覆すと、少子化以上の大問題が発生するから。あと、強制によってペナルティを逃れるために生ませられた子供がかわいそう。子供は他人の老後のために生まれるべきではなく、やはり望まれて生まれてくるべきだから。

        ところで、低い出生率に合わせた対策も同時に練るべきと思うのですが・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        セキュリティの問題かな~と

        しおりをつける
        blank
        じんしゃん
        まず、人口が増えすぎとおっしゃる方に対しては、今は出生率が少なすぎるということは分かっているのかな?このままだと労働力の点から今の世代が不利になるような政策しかくめなくなる。

        で、結婚しない人でも産みたい人(婚外子)と経済的な不安を解消してくれる制度、女性のキャリアを維持してくれるコンセンサスがあればかなり改善できると思います。

        今の出産率問題の原因だけを見れば、結婚して旦那にある程度の経済力と安定力がある人のみが多産できる仕組みになってます。
        結婚しなくても子供は産めるわけですから(正しいとかの話は別にして)さまざまな選択肢と子供を増やすためには税金を出してでも・・という政府の姿勢が一番必要なのではないでしょうか?

        子供産んだら生活レベルがどんどん落ちることをみんな知ってますから子供が増えないだけでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        移民労働力受け入れ

        しおりをつける
        blank
        ジャジャ
        海外から女性労働力を大量に受け入れる。もちろん、風俗系とかではなくて、真摯に仕事に就きたい人をね。これで現状のような適齢期での男余りを解消してむしろ女余りになるくらいまで補正。

        その位思い切ったことやって、ついでに現状のような男性差別も撤廃して男に自信を取り戻してもらわないとな。(当然、女性優遇のような物は性差別として官民問わず撤廃)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        年金制度の廃止

        しおりをつける
        blank
        ぱん
        子どもがいないと老後の生活ができない状態に戻す。
        年金制度の完全廃止。
        生活保護の廃止。介護保険制度の廃止。
        社会保障の充実は、少子化への道です。
        昔は子どものできない夫婦は養子をもらってましたよね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        育ててくれるなら

        しおりをつける
        blank
        匿名希望
        産むだけでいいなら産みます。1年間なら何とかなります。女として生まれてきて、出産ということを経験してみたい。
        でも20年(あるいはそれ以上)責任もって育てるのは無理です。だから、産んだ後に他の方や施設が引き取ってくれるのなら、一人か二人くらい産んでもいい。

        どうしてかって?癌の手術をして、再発の経過観察中だからです。子供が成人するまで自分が生きていられないかもしれないのに、産めますか。
        それとも、そんな遺伝子を持った子供なんて、やはり産まない方がいいですか。

        すみませんトピズレなことはわかっています。が、この手の話題になる度に思うことでした。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それいいですね!>32才、1才児の母

        しおりをつける
        blank
        美里
        あと、不妊治療も保険証使えるようにして、治療費も安くなるとさらにいいです。アメリカのキャリアウーマンは、20代のうちに検診して子供できにくい体質だったら、不妊治療を事前にしているようです。日本でもそのようにできたらいいだろうなと思います。独身で産婦人科へ行くのは抵抗があるという人が多いので気軽に行きやすい環境も必要だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        男性の育児参加

        しおりをつける
        blank
        子なし女
        子供いないのでよくわからないのですが。

        男性の育児休暇ついでに介護休暇を義務づける。
        育児休暇の制度があっても、実際男性が休暇をとれない状況だったら意味ないですもんね。

        あーでも、男性が育児に参加した結果「育児って大変なんだ」ということが男性にも知られることになり「じゃ、産むのやめよっか!」って事になってしまったら、出生率低下まっしぐら!ですよね。
        困ったな。


        どうしたらいい?
        とりあえず私も産まなきゃだめ?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        反感買うでしょうけど

        しおりをつける
        blank
        そうだな
        高額な中絶税を取ればどうでしょう?産婦人科から。
        当然医療費に跳ね返るでしょうけど、安易なものは無くなるでしょう。
        もともと法で認められている事例のみ申請受理されれば無税にし、それ以外の税収を保育所やらの補助金に回せば良いと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お金が絡む政策は注意が必要では?

        しおりをつける
        blank
        みみ
        手当てを高額にしすぎたり、
        課税率を変えたりすることは、
        子供を税金対策のために産み、その後の養育を放棄する
        のような、虐待にも繋がりかねないことに
        注意が必要だと思います。

        真偽は知りませんが、
        貧困な地域では、胎児や幼い子どもを、
        臓器移植の裏マーケットに売る親、というのも存在する
        ようです。
        今実際いるのか知りませんが、
        そういう(普通の人たちには思いも付かない)ことを
        企てる人たちというのが出てきても不思議はないです。

        そして、jinnaさんの提案される超累進課税ですが、
        世の中には、不妊症の方(ED含む)や、
        ほかの疾患で妊娠・出産・育児ができない方も
        いらっしゃいます。高額所得者の中にもいます。
        そういった場合は、
        医師の診断書があれば高税率は免れるのでしょうか?
        それとも、子供が産めない人は税金を多く納めて当然
        なのでしょうか?

        いずれにしても、お金を絡ませることには
        大きな注意が必要だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        考えれば考えるほど暗くなる・・・。

        しおりをつける
        blank
        クランズマン
         最悪のシナリオを考えると・・・。

         今後は年金等の社会保障費がさらに国の財政を圧迫させ、公共投資の抑制、三位一体の改革による国から地方自治への移行等、手を尽くしてもいずれ大増税は免れないのか。といっても、大増税をすればそれだけで内閣がいくつもつぶれてしまうから、少しずつ国民をだましながら増税。

         税金に苦しむ企業は海外へ拠点を移し、国内に残った企業は新たな技術開発や設備投資の余力は無くなり、国際競争力を失う・・・。
         そして、日本は国際的な地位を下げながら活力を失い、衰退への道をたどるのか?
         労働力人口の減少に歯止めのかからない状況に、ついに政府は海外からの労働者を受け入れ、間もなく都市にはスラムが形成され、治安は大幅に悪化する。
         
         本来、出生率対策は年金法案と同時に並んで議論されるべきであるのに、十分な議論も対策もされない。子育てに思い切った助成を与え、社会の風潮も子育てにやさしく変えていかなければならないのだろうなあ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        3人はちょっと・・・。

        しおりをつける
        blank
        ムリかも・・・。
        単純に言って3年間弱、妊婦で居るって事でしょう?
        その分の産休・育休そんなに取ったら、戻る部署がない・・・。仕事無くなります・・・。

        どうしたら良いか?じゃなくてスイマセン。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横ですみません

        しおりをつける
        blank
        じゅん
        あああさん。

        >「産む産まないは個人の自由。でも、年金や社会保障はしっかり貰う」というのはやはり自分さえよければいいという意味で勝手だと思います。

        年金や社会保障は、今きちんと税金を納めている(義務を果たしている)のだがら、
        しっかりもらう(権利を行使する)のは当然だと思っています。

        子供を生むことが義務になったらそう言われるのも仕方ありませんが。

        義務でない以上、「産む産まないは個人の自由」です。


        本題に戻りますが、出生率、上げる必要はないと思っています。
        ただでさえ人手が余っているこの世の中ですから。

        問題は税金をどのように集めてどのように使うかだと思います。
        年金なんかは、本来の「積み立て制度」に戻すべきだと思います。
        今の「相互扶助制度」なんて、始めから破綻するのが目に見えていたわけですし。

        私としては、子供を産んだ(産む)人と産まない人とで税金のベースごと分けてしまえばいいんじゃないかと思ってます。
        子供を産んだ人は産んだ人同士で助け合う(教育費なんかも)。
        産まない人は産まない人同士で助け合う。
        そうすれば不満も出てこないような。。。
        実現は無理でしょうが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        むりじゃないかなあ1

        しおりをつける
        blank
        あきらめモード
        現代社会、特に都会はあまりに誘惑が多いですよね。
        仕事の遣り甲斐や多彩な趣味、そんな文化的な生活を覚えてしまってた女性たちに(以前小町で発言されていた言い回しですが)、今の日本社会が子育て中の母親に強いる「修行僧のような生活」を好き好んで選べというのはちょっとムリがあると思います…。

        私自身もうすぐ2児の母なのですが、2番目を授かった時に「これでまたシャバに戻れる日が延びした…」と感じたことも事実です。
        いまや、世の中面白いことが多くても「子育て中の女性」だけはそれを享受することが許さない印象です。
        たかだか人生のほんの2、3年といっても、2~3人と産めば計6~9年、気がつけば次はもう介護生活となっては、女性たちが拒否感を募らせてもやむをえないと思います。

        (すみません、長くなりました。続きます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        むりじゃないかなあ…2

        しおりをつける
        blank
        あきらめモード
        こちらでのベビーカー論争にしても明らかですが、
        子育て中は好きな時間に電車に乗れず、夏も暑かろうが重たかろうが10キロの子と抱っこ紐で抱いて出かけるのが美徳とされました。
        すると赤ちゃんをちょっと置くことも難しく、これだけ外食産業が発達していても軽く食事もできません。(赤ちゃんイスがあらゆるお店に完備されているとも限りませんし、テーブルに寝かせればなお叩かれるでしょう)
        子育て中は大きな顔をして外出できず、お腹が空いても道中我慢し、用事だけ済ませて肩身の狭い思いで電車に乗って家へ帰るのです。 
        他の人の生活と比べて、あまり魅力的ではないように感じるのは気のせいでしょうか…。

        正直、経済的な問題がどうこうというより、子育て中の意識の問題ということの方が私は深刻だと思います。
        もちろん、世間の娯楽と子育ての喜びを天秤ではかるなんてばかばかしいといわれてしまえばそれまでなんですが……。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        独身税と開国・・・

        しおりをつける
        blank
        私も発言したい
        とかいうと、またバッシングのもとかなあ。

        ●30歳以上で独身の方は独身税を課し、社会保障に当てる。
        ●結婚3年以上の方で子供がいない方も夫婦税を課す。
        (不妊の夫婦の方は医療機関の証明書で免除)
        ●開国っていうのは、移民の開国です。農村ではすでに人種融合が始まっていますが、農村のみならず全国規模で世界中の移民を受け入れる。

        すでにレスの中に「超累進課税」とかありましたね。それに近いです。

        まあ、本気で出生率をUPさせたいなら、これぐらいの事しないと無理かな。
        過激だからできない→出生率UPは無理、ということかと思います。聞き流してください。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        補助金なんて効かない

        しおりをつける
        blank
        金くれー
        さんざん農家にばら撒いてきた補助金は日本の農家を強化したか? してません、ほとんど。
        それと同じで、多産な家族へ補助金出しても効かないでしょう。
        わたしは、とある移民でできた国にいますが、この国の政府の多産家族への補助金は、勤労意欲を奪い、「子供多い=仕事しない=手当てで生活」と言う図式が当たり前になりました。 
        そういう家庭の子供は、やはり勉強しませんし、勤労意欲も低い大人になります。
        (養子を取ってまで補助金生活をしている家族もあります)
        人口を増やすのは将来の国家の活力の為です。
        数が多けりゃ良い訳ではありません。 将来の納税者の足を引っ張る連中を生産しても無意味です。
        質の問題です。 高品質な子供なら少数でも国を背負えます。 
        高品質な子供対がやりたがらない仕事は。。。。 移民を取るのでしょうか日本も?
        それともアトム?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供の数が増えて困るのは子供自身

        しおりをつける
        blank
        ガイア
        少子化により競争力、国力の低下は国の存続に関わるというのが政府の見解ですが、
        いまですら採用を何年もしない企業や、それによる大学生の就職難があります。もちろん優秀な人、一芸に秀でた人は職にありつけます。

        子供が増えれば優秀な子の割合も増え、国力の強化につながるでしょう、しかし優秀じゃない子、知的障害等を持った子の割合も増えます。
        この子たちの将来は保障されるのでしょうか?
        企業で働く口は優秀な子にとられ、工場等の単純作業の仕事ですら外国人にとられ、路頭に迷う、、、、、、
        国のことを考えてるから子供生んでくれって言ってるんだという方にお願いです。
        そんなにいうなら、その生まれた子供の将来も考えてあげてください!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        政府にぜひやってほしいこと

        しおりをつける
        blank
        かのん
        1.企業・労働者ともに意識改革
        男女ともに出産・育児期間中における時間の確保とそれを当たり前に思う企業体質・雰囲気。
        次世代を担っているという社会貢献という意味も含めて、企業に考えてほしい。自分の子供は自分で育てるのが大前提。
        2.育児サービスの充実
        地域格差、職業の有無、男女関係なく、育児に携わっている人が困ったときにいつでも利用できるようなシステムを。
        育児支援・講習・相談施設の充実。
        一時保育・病児保育施設、シッター制度、24時間保育園など・・
        職業も企業も多様化して、男女ともに夜間・休日従事の仕事を持つことや、片親世帯も珍しくない。
        そしてどの施設も幼児だけではなく学童児も使えるように。(もちろん子供のための利用制限をきちんと決めて)
        3.学童時期からの育児教育
        どう子供に接して良いかわからない、子供が理解できない、嫌いなんて大人を減らしてほしい。

        お金は自分で作り出せるけど、育児サービスってなかなか望むものはないんです。お金をくれるより、まず子供を育てやすい世の中にして~って感じでしょうか。高望みするなら、大学までの学費を補助して~って思うけど(苦笑)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        増税してその分を対策に

        しおりをつける
        blank
        とむ
        増税して、その分を育児費用や教育費にあてて、もっと子供を持つ人の経済的負担を減らすべきだと思います。

        損得で勘定する人のうち一部分は、子供を持たないほうが経済的に裕福な暮らしができる事に気づいて、実際に子供を持たない選択をはじめています。増税して、子供がいない世帯からいる世帯への所得移転を図るべきです。

        子供がいない世帯が子供に支払うコストと、子供から将来受ける便益のバランスがとれていないと思います。

        あと、日本は人口多すぎるというご意見がありますが、日本のほとんどの自治体が人口減少に悩んでいます。こういう現状を踏まえると、人口が多すぎるという意見は説得力を欠くように思えます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        一人っ子が増えたわけではない

        しおりをつける
        blank
        じょいう
        合計特殊出生率は、一人の女性が一生のうちに出産する子どもの平均数のことです。
        つまり、結果的に出てきた数字が1.29であっても、それは飽くまでも「平均」に過ぎません。
        一人っ子家庭が増えたわけではないです。
        また、母集団となる女性は15歳~49歳なので、高校生や大学生といった学生も含まれることになります。
        ただし、年齢別人口構成を見ても、ここ数年で学生にあたる年代が劇的に増えている事実はありません。

        実際には、対象となる母集団の女性に子無しが増えたと見る方が打倒でしょう。
        また、この子無しにも、未婚者と既婚者でありながら子無しの2ケースが考えられます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        三十路さんへ

        しおりをつける
        blank
        ooo
        >世界的には人口爆発で近い将来エネルギー&
        >食料問題が起るのはわかっていることなのですから、
        >日本もアメリカ並に移民を受け入れれば済むだけでは?

        世界中で平均的に人口爆発が起こっているわけではありません。先進国は少子化傾向が強まり、出生率が2を下回っています。
        一方で人口爆発が起こっているのは、いわゆる貧しい国の貧しい階層の人たちです。地球レベルで見るならば人口は爆発していますが、各国レベル・生活水準別で考えると非常に偏っています。移民として彼らを受け入れるのでしょうか。そうだとしても、言語・文化・民族・人種・宗教・生活レベル・教育レベルが全く異なる人の受け入れは非常に厳しいものとなるでしょう。それこそ、幼少期から受け入れて、日本の社会水準に合うように教育せねばならないのでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        三十路さんへ 続き

        しおりをつける
        blank
        ooo
        >否が応でも労働力を海外に頼るのではなく、
        >海外から受け入れざるを得ないようになって、
        >日本に住んで働いて生活してくれるといいなと思います。
        海外に労働力を頼るのは、国内労働力が割高であり、海外労働力が割安であるから。そして、海外にも技術移転が容易であり、相当な質を保った製品が製造可能であるからです。

        そして、海外の労働力が安い理由として、人件費が安いこと、地代が安いことが大きな要素です。さらに、人件費が安い理由として、委託先の物価水準が日本と比べてはるかに低いために可能なのです。
        つまり、現状の日本の物価水準や地価水準が保たれた状況で移民が増えたとしても、海外労働力の方が安いことには変わりなく、また、質も海外の方が高い可能性も捨てきれません。

        また、現状の海外の水準で日本での移民に給与を支払っても、日本の物価水準に対してあまりにも微々たる金額であるために、彼らのほとんどは憲法で定められた最低限の文化的な生活を営むことすら出来ないでしょう。

        現状で海外委託している労働力を国内に確保するためだけの移民受け入れは、ほとんど意味を為しません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        裕子さんへ

        しおりをつける
        blank
        ooo
        >なぜ出生率を上げなくてはいけないのか?と考えます。
        >この列島にもう1億以上いるんですよ。
        出生率は、「今」の問題ではなく、「将来」の問題に大きく関わってきます。
        現状の出生率が維持されると仮定した場合、約100年後に日本の人口は6000万人ほどと試算されています。

        >むしろ、人口は減っても生産性の上がる経済力・技術力をつけることを

        現時点でも、十分経済力や技術力はつけています。
        また、技術力とは容易に移転可能です。わずか数年で完全に移転も出来ます。一方で人口はわずか数年でバランスよく増やすことは出来ません。

        >海外から出稼ぎ・移住してきた人達との(ほどほどの)共生など。

        人種・民族・文化・宗教・言語・教育レベル・生活レベルの違う人を受け入れることは、非常に困難であり、長時間必要です。
        基本的に、移民とは本国で成功していない者が仕事を求めて来る傾向が高いですから、治安悪化も免れないでしょう。もちろん、人口減少による税収の減少による治安悪化とも重ねて、二重苦にもなりかねません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人口が減るのは困りますよ。

        しおりをつける
        blank
        jinna
        このような話になると必ず、「世界規模で考えれば減らさないと」とか「日本は人間が多すぎ」とか言う人が出てきますが、「世界規模で考えた場合は、人口が減るのは望ましいが、先進国の人口が減るのは、世界規模でまことに困ったこと」なのです。先進国のお金で、発展途上国も生きているのです。傲慢ないい方で私も嫌なのですが、それが現実です。
        また日本の人口が減れば経済は縮小し、貧乏になり、治安が悪くなるというのは、残念ながら避けられません。人口が減れば土地が安くなりますしねぇ。
        日本でも、いかに高学歴、高収入な夫婦(とくに共稼ぎの)に子どもを持たせるか、ということなので、前にも述べましたが、子どもに手当を出すより、女性がキャリアをあきらめなくても子どもが持てるようにするのが有効でしょう。そのための施設(病児保育、保育園等)の充実は、子どもを持たない層からの大増税でまかなう。いいと思いますが…。
        日本でも、移民を本格的に検討する時期かもしれませんが、その場合、まずは教育の完成していない子どもの受け入れ、という話になるでしょうね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        裕子さんに賛成

        しおりをつける
        blank
        june
        フランス:
        国土面積; 55万平方キロメートル
        人口; 約6000万人

        イギリス:
        国土面積; 24万4000平方キロメートル
        人口; 約6000万人

        韓国:
        国土面積; 9万9000平方キロメートル
        人口; 約4700万人

        日本:
        国土面積;37万8000平方キロメートル
        人口; 1億2600万人

        戦時の人口政策,戦後の成長経済のための
        人口増加を脱して,国土に対する人口の世界平均になるための歪修正時期なのだと思います。
        生産性向上を考えて,経済力を維持すべきです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        現状の人口を維持するための出生率…

        しおりをつける
        blank
        とおりすがりますぅ
        現状の人口を維持するための出生率は

        「 2.08 」

        とされています。

        今回政府から発表されたのは
        「 1.29 」

        えらいこっちゃ

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        素人考えだけど

        しおりをつける
        blank
        シロ
        少子化にはこれといってよく利く対策はないそうでうす。子供を持たない理由は人それぞれですから……。でも、やっぱり、多い理由は、経済的な余裕のなさと、時間的な余裕の無さのどちらかだと思います。
        20代子ナシの既婚者(女)である私の正直な感覚では、今の状況じゃ、子供2人育てるのは無理だなあ…という感じです。きっと一人で精一杯! 経済的に余裕を作ろうと働けば時間がなくなり、その逆を求めると経済的に苦しい…。
        自分が楽したいだけだろー、と言われればそれまでですけど、正直言ってそうです。自分が苦しい思いをしてまで二人以上子供を作って育てようって気にはなりません。
        単純に考えて、お金ですね。政府や地方公共団体からの補助がもっとあればなあと……。
        税金、もっと高くなっても文句言いません。ただし、どこかの外国みたいに、ゆりかごから墓場まで面倒見てくれるのなら! ……無理なんだろうなー、日本じゃ。
        あと、男性の育児を当然とする社会的風潮がもっと強くなることも望まれます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        マミーさんへ

        しおりをつける
        blank
        主婦
        >30才を過ぎても独身の人と、35才を過ぎても子どものいない夫婦には、反則金を設けましょう。
        わたしの周りには30過ぎて独身、結婚したくても相手がいなくて結婚できない人います。そんな人に反則金だなんて変です。35歳過ぎて、子供が欲しくても出来ない人、持病で子供が育てられない人もいます。それに反則金だなんておかしくないですか?
        >金額は年間で約6万円位。
        独身者とdinks夫婦にはリッチな方が多いので、その位のペナルティなら気にならないでしょう。
        dinks夫婦がすべてリッチとは限りません、お給料が少ないから、子供が育てれない場合もあります。
        >そのお金を財源にして、3人以上お子さんのいる家庭や、不妊治療中のご夫婦に助成金出せば良いと思います。
        不妊治療やったから必ず出来るというものではないし、リッチな夫婦だって何度もやって何年もやってるのに、助成金が出ません。それに小さな町だとお役所は知人、友人が働いてて、申請して治療のことがばれる方が嫌です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の場合

        しおりをつける
        blank
        248
        32歳既婚子なし(女)です。私の場合はやはりキャリアでしょうか。大学卒業後総合職で入った今の会社が好きです。やればやるだけ男女区別なく評価され出世します。私もできるところまで上ってみたいと思っています。
        ですが、産休を取るとなると・・・当然出世コースから外れてしまいます。それが悔しい。国が、そして企業が「産休はキャリアにひびかない」としてくれれば産むと思います。
        それ以外の事では、、出産手当と育児手当が支給され、託児所ももっとあればよいのではないでしょうか。それと未婚の母による出産の場合、私生児とするのではなく嫡出子として認めるとか。あと↑にもありましたが不妊治療手当てとかも充実させるべき。
        国が出生率低下を本当に問題とするならば、上記プラスαの対策を立てて頂きたく思います。国として子を育てられるような環境を作って欲しい。でもそもそも女性だけのことでなく男性ももっと関わるべきでは?現代の多くの女性は、昔のように夫が不在のまま一人で育てるなんてご免よ、と考えてるのではないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        おたえに横です

        しおりをつける
        blank
        ちゃうちゃう
        何言ってるんですか?
        バブル期に勘違いした人たちが今のこの日本の現状を作っているんです。
        あの頃が普通の経済状態であれば今の日本はこんなことになってないです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        長生きする分、子どもの数がへる

        しおりをつける
        blank
        出生率低下ばんざい
        人間が長生きするようになったので、出生率がさがってちょうどよかったのです。世界的に見て困るのは、人口が増加することの方なんですから。

        出生率対策は、
        年寄りでも働ける環境を作るということでしょうか。
        定年なんてとんでもない、死ぬまで働き続けるシステムを作るのです。
        年金は、最低限の生活(住居費、食費)を保てるだけの金額におさえます。

        子どもを多く作った人は、自分の子どもから援助してもらえるので豊かになる。(そういう親子関係を作りましょう)
        子どもを作らなかった人は、援助してくれる子どもがいないので、自力で生きていく。

        なまじっか出生率を増やしても、学校卒業後ぶらぶらしてなかなか働き出さないような若者なんかが増えちゃったらよけい困ります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「電車内にベビーカー」スレを読んでみて

        しおりをつける
        blank
        とほほ母
        「電車内にベビーカー」スレを読んでみて下さい。
        それ以外にも、小町スレッドの中で子連れ母への
        過剰とも思える非難、中傷の数々。

        これは、世間一般に浸透している意識です。

        子持ちになった途端、世間からサンドバッグ状態
        にされる母にこれ以上産めといっても、それは無理。

        この状態を察している、賢明な未来の母たちも
        産むの躊躇するでしょうね。

        子供がいなくなったら、将来・病院にかかるの
        だって、全額自己負担になるのにね。
        (ヨボヨボになってから、自腹切れるの?)

        行政うんぬんより、国民の意識改革の方が先です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あ~さん、痛い…

        しおりをつける
        blank
        子育てチュウ
        >あのね、トピ主さんの示す数字では、出生率1.29%ですよ?この数字が示す意味がお分かりで?

        「出生率1.29%」などと言っている時点で、意味がお分かりでないのはあ~さんの方であることは明らかですね。

        >このままだと日本人そのものがいなくなる計算ですよ?

        何世代でいなくなるのか、本当に計算できていますか?

        私も裕子さん、ふたなりさん他の方と同意見です。現在の世代を養ってもらうために次世代を増やしていったら簡単に破綻します。この長寿社会で平均の子供の数が3人以上などといったら恐ろしい人口爆発ですし、現在の生活レベルを保持するつもりなら、日本も地球もとてもそういう人口をまかないきれません。

        補助金などで出生率を上げることに血眼になるのではなく、「生み育てたい」と思っている女性、夫婦の願いをできるだけかなえられるように保育所、育児休業など子供を育てやすい社会するということなら賛成です。生みたいけれども環境が許さないという状況を減らすことで出生率も多少回復するでしょう。それ以上に上げようとしなくていいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        法的制度の充実が大事。

        しおりをつける
        blank
        Chobin
        皆さんが言われているように、
        子供を産む事による、生活面での問題をなくさないと
        どうにもこうにもならないでしょう。

        医学的に無理と言う場合を除き
        婚姻者は、3名以上の出産を義務付ける。
        それにより、税制面の破格的優遇と
        毎月の手当てを配給する。
        強姦を除く事とするが中絶は、高額な罰金制とする。
        年齢の対象も排除する必要がある。
        婚姻者で子供を作りたくない場合は、
        税制面で比率を大幅に上げる事も必要。

        実際には、永続的には無理だから
        今後10年間限定とかにしないと国も破綻するだろうしね。
        (優遇制度は、25年位かな・・・)

        出産否定派の方もお金でかたが付くから
        文句は言うこと出来ないでしょ?

        あれも嫌だ、これも嫌だは国民としておかしいですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        本当に絶滅するの?

        しおりをつける
        blank
        う~ん・・・
        200~300年後に絶滅と言う説が出ているけれど
        本当に絶滅するかなぁ?
        絶滅って、日本人が一人もいなくなるということですよね?
        そんな事ありえないと思う。
        (地球規模の大災害で人類滅亡はあるかもしれないが・・・)

        出生率1.29という数字だけで考えるのは間違いだし、
        それで脅かすのもなぁ・・・。
        人口自体は減ってもいいんですよね。

        少子化が問題なのではなく、少子高齢化が問題。
        出生率が低くてもいいと言うならば、現行の年金制度はなくさないと
        無理でしょう。

        世代間扶助は無理ということですから。
        (若年層が全員高収入になれば別だけど)
        てことで、年金制度廃止。

        あとは自分たちでなんとかしてね・・・
        ってしたら、生活保護の申請が増えそうだなぁ・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今の社会じゃ悪化の一途

        しおりをつける
        blank
        むむ
        1.女性が子供を産んでも働ける環境を整備する(時間的、立地的、金銭的に有利な保育所。時間の余ってる主婦の人が他の子供の面倒をちょっと見るとか。女性、男性の育児休暇等、企業側の支援。企業による子供のいる女性の再雇用。社会的に育児は男女共の作業と考える風潮)。

        2.国の財政に安心・期待感を(今の日本の財政を考えると、怖くて子供なんて生めやしない。自分の収入しかり、将来、子供が成人してから払うことになる税金しかり。子供産んでも、別に多額の税金や保険料を払う人員を産むわけじゃないんだから。今の状態じゃ、将来への危機感と不安感しか生まれないよ)

        この2つさえ改善すれば、結構子供産む人は増えるんじゃないかなぁ。ただ、独身の人に課税とか、そういう、ある意味無理矢理子供産ませようって政策は失敗しそうな気がする。子供産みたい人いっぱいいると思うけど、あと一人はちょっと・・・っていうのが今の環境だから、それをなくせばいいだけのこと。自然に子供を産みたいって思える国になって欲しいよなぁ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        出生質

        しおりをつける
        blank
        Hiromi
        出生率も大事ですが、出生質(?)も大事ではありませんか?
        ちょっと過激な意見ではじかれるかな。
        でも私の周囲でも、高学歴で仕事も出来る優秀な女性ほど独身が多く、また結婚していても(当然旦那様も優秀)子供を持たないか、一人だけという人がすごく多いです。
        出生率だけではなく、出生質も下がってきているようで、日本の将来を考えると怖くなってしまいます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        海外からの移住者募る!

        しおりをつける
        blank
        ひとりっこ
        子供が減っても、良いと思います。

        働き手がいなくなる、税収が上がらないとの
        意見がありますが、海外からの移住者の門を
        広く開ければいいと思います。
        そしてどんどん日本国籍を認めればいいです。

        あと思うのは、テレビであんまり子沢山一家の
        ドキュメンタリーやるのやめたほうがいいんじゃ
        ないかしら。。。
        あれを見て、大家族って良いなぁっ!なんて
        思うわけないし。

        あれは絶対に「あぁ、うちはあそこよりマシ。」
        って思わせて、貧民を安心させる番組ですよね。
        わたしなんか、あの番組を小さい頃から見て
        育ったので、絶対子供なんか産みたくないっ!
        と刷り込まれました(笑)。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供がいない女性への差別

        しおりをつける
        blank
        ゆうたん
        マミーさんほか、子供を産まない人にペナルティーといっている人がいますが、ずいぶん、自分勝手な思いやりがない意見だと思います。

        まるで女性は子供を産まなければ病気か罪とでもいうのでしょうか。昔は、女性に教育は必要ないとし、16歳あたりから産めるだけ10人でも産んだり、一夫多妻でたくさんの女性に子供を産ませたりしていましたからね。そんな時代に戻りますか?

        独身でもDINKS共働き夫婦も、税金を納めて国を支えています。それぞれひとつの役割です。買い物や旅行などの消費も、社会の景気回復に役立つ人も必要です。

        子供がいない女性や家族への差別は反対です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ご意見

        しおりをつける
        blank
        バート
        皆さんクリエイティブな発想がたくさんで、感激しました。ということで私も一言。

        ●子供関連
        1)出産関連費用完全無料
        2)児童手当て 毎月-1人4万、2人9万、3人15万
        3)国立大学 2人目以降完全無料

        ●母親関連
        4)履歴書から年齢欄、顔写真を撤廃。
        5)会社が働く女子社員を優遇する。
        6)子育て後大学→就職を目指す母親に優遇を。

        高学歴で仕事の出来る女性は日本社会に有益なのに、そういう人ほど仕事と子育てを天秤にかけるので、子供を産む人数が少ない。これはもったいないです。

        例えば、北欧やいくらかの先進国では会社内で母乳を絞って冷蔵庫に保存したり、子育てを理由に週3~4日勤務を許したりします。そういう社会のバックアップ無しには無理でしょう。子育てが終わったらまたバリバリ働けばいいんですから。

        雇用に年齢枠を設けるのももう辞めたほうがいい。子育て、親の介護等で数年空いても、また学校に戻ってスキルをアップしたら仕事につけるような、柔軟な社会が望ましいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        終電を20時台にする

        しおりをつける
        blank
        さいふぉん
        1942さんのレスで思い出しました。

        終電を早くしましょう。
        お父さん、遅くまで働きすぎです。
        子作りも出来ないわ、ようやくできても子供の顔も見れないわ、これじゃ産めないでしょう。

        みんなとっとと家に帰ってすることしてさっさと寝る!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        出産適齢期

        しおりをつける
        blank
        アイスコーヒー
        ↑これを認識している若者が少なすぎるように思います。

        小町でも20代後半の人が結婚に悩んでいるトピがあると「まだ若いから大丈夫」というレスがいくつもつきますよね。出産を考えるなら決して若くは無いのに。
        20代後半でこれですから、20代前半で結婚について悩もうものなら「他にもやるべきことはある」と説教。
        20代前半で結婚しなくちゃ一番良い年齢で産めないじゃないですか。
        こういう考えがまかり通っていることが晩婚化、つまり出生率を引き下げる一因ではないかと思うのです。

        確か出生率全体は下がっているけれど、年代別で見ると35歳以上は上がっているらしいです。
        出来にくい年齢ということを考慮すると数字以上に子どもを欲しいと思っている人が多いということでしょうね。
        その年齢であせるくらいならもっと早く考えておけばいいのに。

        出産適齢期については誰も教えてくれない。
        逆に「早く産んだ方がいい」と言えば「余計なお世話」。

        避妊の教育と同時に出産に対する教育もきっちりすべきだと私は考えます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        夢が持てません。

        しおりをつける
        blank
        もちもちパン
        私は3人兄弟の長女なのですが、いつも親は「お金がない」を連発していました。
        大学に行きたかったけど、親は就職を望みました。下の二人は大学に進学しましたが、もちろん奨学金のお世話になっています。それなのに親は「大学なんて金がかかる」と卒業するまで文句を言っていました。
        だから私の中では、「子供=お金がかかる」という公式ができあがっています。お金がないと心のゆとりがなくなるし、趣味に没頭することもできなくなるし、なんか夢がないな~って感じです。
        もし私が3人も子供を持ったら、四六時中ガミガミ怒鳴って、お金の心配をしていた母親のようになってしまいそうです。
        子供はいろんなものをもたらしてくれる存在だということはわかっているけど、生むとしても一人。それ以上は考えられません。やはり夫婦の経済的・精神的ゆとりを考えると、今の環境ではとても子育てする自信がありません。
        『産めや育て』の時代はとっくの昔に終わりました。言い方がストレートすぎて反感買いそうですが、発展途上国じゃあるまいし、たくさん産んで適当に育てるなんて、時代に合わないと思います。(お金持ちで子供好きな人には当てはまらない意見ですが)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        高齢者に仕事を

        しおりをつける
        blank
        KAZU
        高齢者が増えると労働人口が減るという意見がありますが、今の高齢者はまだまだ元気です。
        足りない労働力は、高齢者をうまく使えばいいと思います。
        仕事をすることで、ボケ防止や仕事が生き甲斐になって医療費も減りそうですし、年金を給付しなくても自分で稼げます。
        仕事で忙しければ、興味が仕事の方へ行き、子供夫婦への干渉も減ります。

        もちろん、病気などで働けない高齢者には、従来通り年金は払えばいいと思います。

        「元気な高齢者には仕事があり、元気な限り働き続ける」
        そういう社会になれば、少子化問題も年金問題も、少しは良くなるのではないでしょうか。
        いかがでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子育てに誇りを

        しおりをつける
        blank
        黄色い花
        えんぶるさんの意見に象徴されるように、教育を受けた女性が子育てに価値を見出せなくなっているという現状が一番根本の問題だと思います。子育ての優先順位、価値が、仕事や娯楽に比べてかなり低いのです。

        彼女たちにとって、子育ては「女なら誰でも」出来ること(=価値がない)、仕事は「能力のある私」でなければ出来ないことなのです。私は愚かな考え方だと思いますが。

        この風潮を変えるのが重要。女性がもっと自分の性や、自分が子供を産み育てることが出来るという能力に誇りを持てる社会にしないといけないと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        教育費の負担を減らす

        しおりをつける
        blank
        勤労学生
        私はまだ独身ですが、いずれは結婚して子供が欲しいです。でも家のローンと教育費に追われる子持ちの方を見ると不安になります。あの様な生活が待ってると思うと、生活レベルを落としたくないという理由で子供を持たない(少ない)方も、多いのではないかと思います。

        ただ日本は教育費の負担が大きすぎるのではないかと思います。大学生らを見ると、親が必死で教育費を工面しているのに、子供は流行の服を着て、バイト代はすべて遊びに使う、、疑問を感じます。

        アメリカの大学の様に奨学金制度を充実させ、夜間の大学も増やして、子供が自力で大学に通えるようにすれば良いのではないでしょうか?

        高校までとなれば、教育費の負担はかなり(半分?)減ります。その分を老後の蓄えに回したり、親の世代は、ゆとりのある生活ができるのではないでしょうか?子供を持つ人も増えるのではないかと思うのですが?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        よくわかりませんが、、、

        しおりをつける
        blank
        某産みたくない女性
        国として出生率をあげるためにはどうしたらいいか?って論じられてますけど、そのうち産まない女性にはペナルティでも課せられそうですね。私は税金を多く取られようになったとしても、子どもを育てたくはないですけど。

        金銭的な支援を手厚くするって言ったって、どこからそのお金が出てくるの?

        ダンナが子育てに積極的じゃなくて、、とこぼす友人たくさんいます。男性の意識改革した方がいいなじゃないの?

        女性だって重要な職に就いている現代。理解のある会社で、産休後に元のポストに戻れるとしたって、休んでいた間の仕事の勘は鈍ります。せっかくキャリアアップしてきたのを産休のために壊したくない。

        ウチは30代前半夫婦です。世帯としての収入は日本の平均世帯収入の倍以上あります。それでも、子どもができたら生活レベルが下がるから産みたくないです。
        将来の年金なんかもらえないと今から覚悟してるから、その分自分たちで貯めていくしかないじゃないですか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        極論だけど

        しおりをつける
        blank
        ななし
        「日本人絶滅」でも良いです。
        というか現在でいう日本人が減った分、移民で補っていけば良いんです。
        元々、日本人自体、純血民族でも何でもなく
        古来から大陸から来たいろいろな民族が
        混ざってできた民族でしかありませんからね。

        別に日本民族の保持がどうのこうのではなく
        日本に住んでいれば日本人で良いと思います。
        それより個人の幸せの方が大切です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        欲しくても出来ない不妊も沢山居る

        しおりをつける
        blank
        あやこ
        不妊治療に通い始めて初めて痛感したことがあります。
        結婚したらすぐに子供は二人産むと決めていたのに
        一向に授からず、病院に行くことにしました。

        そこには不妊で悩む沢山の夫婦がいました。
        予約して行ったのに毎日、平日、土曜日構わず2時間
        待ちになります。
        例えれば、給料日の銀行の窓口レベルに混んでいます。
        そういう人が沢山いることを知って欲しいです。
        もし、その人たちが普通に妊娠出来ればもっともっと
        子供は沢山増えるんじゃないでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        なぜ生まないか・・

        しおりをつける
        blank
        子供大好き!
        子供大好き、何人でも欲しい!って思っていました。
        ところが独身・・(これはしょうがないですね)。

        もし、結婚したとして、子供を生む時に、一番
        躊躇する理由にあたるのは、

        「子供が大きくなって、お金がよりいっそう、かかる
         ようになった時に、社会には、私の働く席はない」

        ということです。普通の平凡な一女性、子育てが
        一段落した時に、受け入れてくれる「職」がない・・

        世の中、資格を持っている、または、キャリアがある
        人ばかりではないでしょう。そういう人でも、お金を
        稼げるか・・というと、ちょっと心配ですから・・

        援助金を出す、という意見がありますが、一体どこから?
        謎です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        出生率低下問題の重要性

        しおりをつける
        blank
        みち
        出生率低下の問題の重要性を分かってないレスが多くてびっくりしました。

        人口減少が問題なのではなく、年齢構成のゆがみが問題なのです。子供が増えない限り非生産者である高齢者の割合が労働者に対して増え続けます。高齢者の生活を支えるために、国は税金を高くしなくてはならなくなるでしょう。国民の生活のレベルは確実に下がります。

        人口が減るので生活のレベルは上がる、なんて書いてる人、大きな間違いです。少しは勉強してください。

        また、世界の人口爆発、なんて書いてる人、人口爆発が起こる可能性は非常に低いです。人口の長期予測は比較的精度の高い予測で、現状のペースが続くと仮定すると世界の人口は2060年か70年ころに低下しだします。

        出生率を上げるためには、働くお母さんを支える制度と社会の理解が本当に必要だと思います。いくら制度だけあっても(たとえば育児休暇)、社会の理解がないとうまく機能しないと思います。

        ということで、出生率低下の問題性をきちんと認識しましょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ななしさんに一票!

        しおりをつける
        blank
        年金問題
        怖くて言えませんでした。
        ななしさん、ありがとう。

        そのうち太陽が膨張して
        全人類が消えますから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        本当に高齢者は増えるか?

        しおりをつける
        blank
        20代
        子供が減るのは異論ないとして、本当にこれから高齢者は増えるんでしょうか。
        今の、戦前生まれのおじいさんおばあさんは元気ですよ。
        でも、私たちがあの年齢まで元気で生きていられるのか…?ちょっと無理じゃないのかな。
        だからバランス取れるとは言わないけど、そのうち平均寿命は下がってくる気がする。
        戦後50年既に不妊成人男女がいっぱいいるけど、この世代がリタイアする頃には、長生きできない成人が多そうですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        マミーさんこわいなあ

        しおりをつける
        blank
        しましま
        なんの控除もうけていない独身者に、子どもを生んでないからってペナルティ課すって…。世の中で一番税率の高い人たちから、まだ搾り取ろうっていう発想が、こわすぎですよ。

        ここからは別の話ですが。
        お金がないからっていう意見も、どこまで本当なんだろう?無いなりの育て方って、あるんじゃないのかな。どの家庭も同じような環境を与えることができなくても、そんなの当たり前じゃないのかな。

        そんなことで、ひねくれさせたり、卑屈になったりさせないことこそが、大事なんじゃないのかな。
        世の中が不公平だなんて、当然のことなのに、変に「みんな同じ」なんていう幻想を抱いているのかなって思ってしまいます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それは無理

        しおりをつける
        blank
        kana
        >高額な中絶税を取ればどうでしょう?
        >産婦人科から。
        >当然医療費に跳ね返るでしょうけど、
        >安易なものは無くなるでしょう。

        それは無理。
        レイプなどで妊娠した女性に追い討ちをかけるような制度は止めたほうがいい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        親が経済的に苦しいだけですよ。

        しおりをつける
        blank
        鬼太郎
        私の友人や、子供の幼稚園でも、すべて共通することは、子供が1人しかいない家庭は、2人や3人いる家庭よりも、収入が低いだけですよ。一度、1人の親と3人いる親の平均収入を比較してみると解ると思います。貧乏子沢山なんていう言葉は、一昔前の話で、今は、貧乏一人っ子ですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちゃうちゃうさん

        しおりをつける
        blank
        おたえ
         横レス有難うございます、大変勉強になりました。

         その通りですね、バブル期は勘違いの時代でした。
         私が大学入学後に、バブルが崩壊しました。就職活動が大変だったのは説明するまでもなく・・・。
         第二次ベビーブームの超受験戦争を勉強づくめで乗り越え、いよいよ社会へという頃にこの不況。ちっともいい思いはできませんでした。
         でも私もあの勘違い時代をフィーバーしたかったです。。。

         横の上愚痴で失礼しました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        教育システム再考

        しおりをつける
        blank
        どみそちゃん
        結論:Dr.Nも選挙公約に掲げていたように結婚しない男女を減らす!社会全体で適齢期の人間を片っ端から結婚させていく!これに尽きる。
        だって未婚男女が多いのに育児支援しても種をまかずに畑を耕すようなもの。近年ジェンダー教育で女の子もバリバリがんばって男の子は家事もできなきゃね。みたいな風潮ね。権利は男女平等でいいんです。
        でも、男らしさ女らしさって大切だと思う。私の世代はジェンダーの先走りみたいな感じの教育を受けてきて性差がない世代のような気がする。父や祖父の時代の男って男性らしかった。徴兵制の国の男性は概して優しさ含め男らしい。(ですが徴兵制は反対)
        だから適齢期女性は同世代の日本人男性に「男らしさ」を感じない→恋愛に至れない→結婚したい男がみつからない→この男の遺伝子を残したいと切望するに至らない!職場女子で出生率の話題になったときの結論「いい男(いろんな意味で魅力的な男)養成講座」が日本には必要。魅力的な国産男を増やすこと。男の色気を日本の男も養う。そんな結論に。とにかく、男らしいニッポン男児カモーン!そして性差を広げ(目指せイタリアン)結婚しない男女を増やさないこと。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        弱者救済案求む

        しおりをつける
        blank
        sunsun
        結婚した人の出生率はもっと高いんですよね。

        結婚したくても片思いの人、結婚したくても定職についていない事がネックの人、こういう恋愛弱者・結婚弱者を救済する方法はないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        少子化スパイラル?

        しおりをつける
        blank
        あかい
        現在の問題は高齢者の数と現役世代の数のバランスがあわず、これまでの社会保障制度が現役世代の負担を増やし結果子供にしわよせがきている状態ですよね。

        人口増加が問題という人へ…
        減ってるのが問題なんです。
        ずーっと2だと緩やかに減ってやがて落ち着くんでしょう。年寄りから死にますから。でも2を割ってる時点でもう問題です。ネズミ算の逆を考えてみましょうよ。3世代にわたって一人っ子同士の結婚だった場合、8人の祖父母から1人の孫しか生まれないわけです。
        急激に若いのが減りすぎて、年寄りの死ぬのに追いつかないのが問題なんです。

        歴史的な見地からいえば、我々の子孫が’あ~あの時減ってくれて良かった’と言い出す可能性はあるでしょう。
        逆に’あいつらがあんないい加減な政策に反対もせずそのままにしたから俺たちがこんなに苦しいんだ’と恨むかもしれません。
        過去の歴史は変えられないけれど、私たちは’今’生きていて、それは努力次第で変えられる可能性があるんです。

        私は日本民族が滅べばいいなんて絶対に思いません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        働いて出産した身として

        しおりをつける
        blank
        あかい
        よく少子化問題で子供を生まない女性を責める意見を見かけますが思いやりのない人が多いと残念に思います。

        働いている女性は労働力を提供し税金も払い社会に貢献しています。専業主婦として出産・育児している方も社会に貢献しています。
        いまや女性の労働力なしでは社会は成り立ちません。

        出産・育児を簡単に考える男性も多すぎると思います。男性は主に’仕事’ですが女性は’出産・育児・家事プラス仕事’とやることが多いんです。
        積極的に家事・育児を手伝ってくれるよう男性の意識改革を望みます。

        ’出産・育児を仕事のキャリアとして認めろ’とはいいませんが、出産・育児がハンデにならない職場環境がいいです。
        私の仕事は医師ですが、男性のように継続的に働いてこそ同じ土俵にたてる世界で出産・子育てにはまだまだ厳しい世界と感じます。

        具体案として
        *フルタイム勤務の女性を出産・育児の際パートタイマーとして継続的に雇用する
        *出産への健康保険の適用
        *保育料の減額、保育施設・保育支援要員の充実、
        *職場内での託児所

        個人的には安易な中絶への反対(そのために避妊教育を徹底)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        言い忘れましたが

        しおりをつける
        blank
        あかい
        今の高齢者人口と若者人口のアンバランスが深刻になる時期はすぐそこにきています。

        それは第1次ベビーブーム世代、いわゆる団塊の世代が年寄りになるときです。今の出産適齢期の女性は団塊の世代の子供の世代、すなわち第2次ベビーブーム世代です。この出産可能人口が多いときに出生率が低いのでさらに少子化のスピードが速まるのでしょう。

        政府の答弁で’20年後・30年後に間に合うように少子化対策を’とありますが’今’手をうたないと間に合わないと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        とほほ母さん

        しおりをつける
        blank
        daisuke
        >子供がいなくなったら、将来・病院にかかるの
        >だって、全額自己負担になるのにね。
        >(ヨボヨボになってから、自腹切れるの?)

        >行政うんぬんより、国民の意識改革の方が先です。


        でもここで叩かれるような非常識な人の子供って
        将来のフリーター予備軍になる可能性すごく高いですよ
        その人達の子供が増えたからって将来的には何の解決にもなりません。

        国は言えないだけで、低所得低学歴で、税金もまともに
        払えない(払わない)育児手当をとても必要とする、
        まさしく将来のフリーター予備軍を
        育てる人よりは、高学歴高収入で手当ても必要ない
        税金も多く納める人たちに子供を生んで欲しいのですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        社会のコンセンサス(1)

        しおりをつける
        blank
        satsuki
        現在共働き、子供いません。
        もし、子供を欲しいと思ったときに躊躇する可能性として考えたのは、お金ではなく、今の仕事を続けていけなくなる不安です。
        もちろん、産休も育休もあるし小学校までの短時間勤務もあるのですが、それをやって会社で席はあり続けるのか?と思うと非常に疑問です。周りは専業主婦(または家事に差しさわりのない程度のパート主婦)を持つ男性ばかり。誰も上記の子育てフルコースをした人がいない状況です。
        短時間勤務が終わるまでの7年間、私の状況を(社会的に)当たり前のこととみなしてもらえ、それ以降のキャリアの妨げにならないかどうかが私にとっては非常に重要な条件です。
        出生率を上げることが社会的に重要であると言うコンセンサスが得られ、企業の営利活動と同等かそれ以上に重要事項とみなされること、それが必要なのではないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        独身者とdinks夫婦にペナルティの補足1

        しおりをつける
        blank
        マミー
        いくつか反対意見が合ったので補足します。
        独身で30才、dinksで35才という年齢については、現在の晩婚化を意識して早めに設定しました。
        一説では母体のタイムリミットは35才位との事です。
        まあひとつの案ですので、お怒りにならないでください。

        私が言いたいのは、ペナルティを課すから子どもを産め!ではないのです。
        ペナルティを支払うことによって、独身者やdinksの方達の「子どもを持たない選択」が少しでも世間に認められたらと思っています。
        独身者やdinksの方達の中には、罪の意識を持った方も少なくありません。
        自分がペナルティを払うことによって、誰かが予定よりも1人多く子どもを産んでくれたら、少しはラクになれるんじゃないかな?
        出産をしなくても出生率に関わっていると思えば少しは嬉しくありませんか?
        多少は免罪符(言い方悪いですが)のような役割になるんじゃないかな?と思い発言しました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        独身者とdinks夫婦にペナルティの補足2

        しおりをつける
        blank
        マミー
        そして、子どもを持たない理由として「出来れば産みたいけど経済的に不安」や「子どもを産むことにメリットを感じない」とおっしゃる方が意外に多いようだったので、そういう方達の背中を、少しでも押す事が出来るように思ったからです。
        全く子どもの事を考えていない方にも、子どもを持つという事を考えてみる良い機会になるかもしれません。
        勿論、障害を持って子どもを持つことが出来ない方や、所得税のかからない程収入が低い世帯の方は免除されるべきだと思います。

        最後に私にレスをくださった主婦さま
        >不妊治療やったから必ず出来るというものではないし
        勿論そうですが、そう言って最初からあきらめる方が多いので、もったいないと思います。

        >それに小さな町だとお役所は知人、友人が働いてて、申請して治療の>ことがばれる方が嫌です。
        今や不妊は3人に1人とまで言われていて、恥ずかしい病気ではありません。
        勿論申請の際の個人情報取り扱いについては配慮されるべきだと思いますが、そこまで世間体の方が気になるのであれば、申請しなくても良いと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        勤労学生さんに賛成

        しおりをつける
        blank
        るり
        子供をもう1人産もうかどうかを考える時、日本の人口云々、老後が云々なんて考えませんよ。
        やっぱり一番考えるのは「教育費」です。

        子供3人大学に行かせようと思ったら一体いくらかかるのか?それを考えると二人が精一杯かなとか、塾に行かせたり私立校に行かせたりしたいと考えれば1人かなとか、その辺を基準に子供の数を決めることって多いと思います。

        勤労学生さんが仰るように奨学金制度の充実、また公立・私立校の教育の質の差をなるたけなくすなど、お金次第で子供の行く末があまりに変わるような現状をなんとかしてほしいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        少子化は各人自身の問題

        しおりをつける
        blank
        私の耳は貝の耳
        少子化問題こそが、一国民に過ぎない自分達が何とかできる、そして自分達が何とかしなければならない問題です。

        政治に働きかけることは重要ですが、でも、全国民が選挙に行って投票するとしても、じゃあ、どんな政策を取る党に投票すれば良いのでしょう?
        政治、政策でできるのは、基本的には国民に対する「飴と鞭」(それ以外には、外国人労働者移入ぐらい。人種問題以外にも大きな問題が)。

        しかし「飴」には財政的な裏付けが必要だし、「鞭」には「産む自由、産まない自由」を尊重すべしと拒否反応。「国民負担を増やさずに、子育てに潤沢な補助をします」なんて魔法でもないかぎり、到底無理。

        魔法使いがいるなら、その人に総理大臣になってもらえば良いですか。

        制度の歪みの是正は求めるにしても、この問題を自らのこととして捉え、自らの第一歩を踏み出すしかないと思う次第です。

        少子化は運命でも天災でもありません。人の行動で変えられるものです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        社会は会社が育てるようにすべし 1

        しおりをつける
        blank
        ムーミントロ~リ
        経団連も少子化対策として、移民の受け入れを政府に申し入れているようですが、国内の人間をリストラしておいて、外国の安い労働力で会社の儲けだけ確保しようというのが間違いです。

        世の中のお母さん、夫も子育てに参加させれば良いんですよ。夫がサービス残業なんてするから、帰ることも出来なきゃ家族サービスも出来ない家庭が増えるんです。
        ボランティアで会社に奉仕するおめでたい人たちのお陰で勘違いしていますが、日本人の生産性は高くありません。勤務時間にカウントしない労働が多いだけです。

        安定した生活設計のためには、終身雇用は良い制度です。会社の側で労働力の流動化が必要なら、パート労働者の単価を正社員と同様に引き上げるべきです。先が見えるようになれば、少なくとも安心して子供を産むための条件は整います。

        これらのことは会社が変わらなければ無理です。政府に解決を求めても出来るものではありません。
        (つづく)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        社会は会社が育てるようにすべし 2

        しおりをつける
        blank
        ムーミントロ~リ
        (つづき)
        出産に政府が補助金を出すのは一つの方策ですが、原資が国民から集めた税金では、タコが自分の足を食べるようなもの。法人税を一生懸命減税して、消費税などで穴埋めしているんだから、会社は儲かっても国民の収入は増えません。
        ましてやト○タみたいに、空前の儲けの再配分を、その時だけの一時金でもらって喜んでいる企業の社員なんて、おめでたいを通り越して能無しです。

        働いて得た賃金で生活し、将来の生活設計を立てるんだから、会社をいかに潰さず肥え太らせず、賃金を払わせ続けさせるかを考えましょう。政府にさせるのは、会社が肥え太らないよう罰則付きで監視する事だけで足りるはずです。

        まずはサービス残業の監視の徹底、最低賃金の引き上げと、パート単価の正職員並への引き上げ、儲かっている会社への法人税率の上限引き上げ。これだけやれば先の見通しが立ちます。

        繰り返しになりますが、一日8時間の労働が守られれば、通勤時間が多少長くても子作り、子育ては出来るようになるんじゃないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子育て中も楽しめるように

        しおりをつける
        blank
        けるとり
        2度目のレスですが、高収入でも子供がいるからいろんな楽しみを諦めなくてはならないことはけっこうあるので、こんなものあったらいいなと思います。

        ・子連れ専用の車両(ベビーカーもちろんOK)、飛行機に子連れエリアの設置
        ・レストランに「子連れ席」を作る
        ・専業ママも気軽に使える格安の託児所を増やす
        ・ベビーカーのためにもバリアフリー推進

        あと
        ・公立学校の教育システムを向上させ、私立に行かなくても充分よい教育が受けられるようにする
        ・男性の育児休暇取得を罰則付きの義務とする(休業補償も)

        財源は消費税UP、ただしおむつやミルクなどのベビー用品は免税、食料品も税率は低く、その代わりブランド品などは高くする。(区別が難しいけど)

        子連れでも我慢することなくいろいろ楽しめて、それに対して批判的な目がなくなれば「子育てって楽しい」と2人目、3人目を産む気になる人も増えるかも。(別に5人も10人も産んでもらわなくても2人いる家庭が3人目を産んでくれるだけでだいぶ出生率は上がりますからね。)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        愛ガオー

        しおりをつける
        blank
        動物ガオー
        的はずれだったらごめんなさい。

        少子化の理由の根底にあるとおもっているのですが
        だめな人(異性として人間として魅力のない人)が多いのも原因じゃないでしょうか。
        たくさん作るとかじゃなくて、です。

        子供がいると贅沢できないから、なんて興ざめな人の子供はほしくないです。
        個人主義や商業主義が蔓延してそんな子供みたいな人ばかり。

        もっと魅力的な人間がたくさんいれば自然に子供を作りたい人がふえるのではー、(というより我慢できない!)

        30すぎて夜中にアニメみている独身男がたくさんいる時代に無理に結婚して子供作れ!っていっても・・・。不幸が増えてしまうー。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        >みちさん

        しおりをつける
        blank
        匿名
        前半の年齢構成うんぬんは賛成できますが

        後半の「人口爆発は起こらない」という意見はどうかと思いますよ。
        実際、人口増加は予想を大きく裏切って異様に増え続けてます。
        まあ百歩譲って、人口爆発が起こらないとしても
        先進国住民のエネルギーや物資の消費は
        途上国の20倍であって今後の途上国の発展によって
        地球環境はやはり危機です。
        森林破壊や砂漠化の問題もありますしね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        未婚の母でも育てられる環境を!

        しおりをつける
        blank
        みんみん
         未婚の母でも育てられる環境が整えば出生率は上がりそうな気がします。その「環境」を整えるのが大変だとは思いますが。フランスなんかは、既婚でもただの同棲でも、子育ての補助に差をつけていないのではなかったでしたっけ?未確認情報ですみません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供を養育していない男性にもペナルティを

        しおりをつける
        blank
        横ですが
        子供を産まない女性にペナルティを課すという意見があるようですね。
        あまり良い方策ではないと思いますが、そういうことなら同年代で子供を養育していない男性にもペナルティを課すのが当然だと思います。

        女性だけに出産・育児の苦労や、それを行わないことへのペナルティを与えるなどというのは言語道断です。
        そんなことをされたら、女だけが産もうが産まなかろうが苦労をします。
        少子化の大きな要因である子供を持たない男性だけが何の負担もなくのうのうと生きていられることになります。
        子供を持つ男女、子供を持たない女性からみて、これほど不公平なことはないでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさんと同じく。

        しおりをつける
        blank
        boss
        少子化問題についての理解が足りない方が多いと思います。
        問題なのは、少子化と高齢化が同時に加速しているという事実。つまり、年齢別の人口バランスが、急速に崩れているという状況です。
        これは、グローバル的な観点で考えても同じことが言えます。つまり、先進国での少子化といわゆる発展途上国での人口増加により地球全体としての人口バランスが急速に失われるということです。
        ですから、地球全体での人口爆発を抑制するためには、日本で少子化が進んでも問題はないという意見には、全く意味がないと思います。
        先進国での少子化対策と、発展途上国での人口抑制策は、同時平行で考えなくてはならない問題なのです。

        「子供がいない社会」が正常な社会だと、私には思えません。金問題という個別の損得のみでとらえるのではなく、少子高齢化が及ぼす影響について、いろいろな側面から、より深く考えるべきではないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさんへ

        しおりをつける
        blank
        えむえむ
        年齢構成のゆがみが問題になるのは、たかだか
        今後100年間程度でしょう。

        アメリカインディアンのオノンダーガ族は政治
        などの決定ごとを、原則として7世代後にいかに
        貢献できるかを基準にしていたそうです。

        わずかな間の年齢構成を補正するために、ゆがんだ
        法制度が作られてしまうことのほうが大問題では
        ないですか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        扶養補助増やすor独身、DINKS税

        しおりをつける
        blank
        にゃぁ
         私のしょぼい頭で考えると子供を持たない理由として、
        ・そもそも結婚してない。
        ・結婚してるけど経済的理由で子供が持てない。
        の二つにだいたい分けられる。

         この二つを補う方法として、扶養補助や子供を持つことにかかる費用(出産、不妊治療etc)をもっと増やす。
         そして、独身者やDINKS夫婦からたんまり税金を取る。

         生活にかかるお金以外を考えると、独身やDINKSは子供がいないからその分金銭的に余裕がある。
         そこから巻き上げるしかないかなぁと。
         巻き上げられるのがイヤだから、という理由で結婚する独身者も出るかもしれない。

         贅沢をしている人から税金を巻き上げるのなら、物品税の復活もアリかと思う。

         どの案も現実味ないな~。(自分で考えておきながら。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        昔の日本に戻れば

        しおりをつける
        blank
        たま
        自分が物凄く単純な思考だとは分かっているけど、でも思う事。やっぱり子育ての環境が昔に戻れば、少しは子供が増えるんじゃ無いかな~って事。

        日本で一番失業率が高くて一番賃金が低いけど、一番子沢山な沖縄。沖縄の人は結いの精神があるから、お給料が安くても子供は育てられるって。
        友人と友人のお姉さんも今沖縄で子育て中、2人とも「産めば近所の人達みんなで育ててくれるから大丈夫よ」と言ってた。
        昔の日本社会が残ってるって感じだよね。

        自分が小さな頃も、何かと近所の大人達が声を掛けてくれてた。年齢が違う友達と一緒に遊び、いたずらすれば友達のお母さんに叱られた。
        昔の大人は子供心に恐く見えた(叱られるから)、でも今は大人が子供を恐がってる。こんな社会っておかしいよね。

        経済的な問題も分かるけど、社会が変れば、人が変れば、少しずつ状況が変るんじゃ無いかな?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        なぜ少子化が問題か?その対策は?

        しおりをつける
        blank
        boss
        >子供が増えても早い話、税金や年金を納めてくれないフリーターが増えるだけです。

        このように少子化でも問題はないと仰る意見がありますが、それもおかしいと思います。
        確かに現在の社会構造のままでは、フリーター増加という結果につながるかもしれません。
        ただ、それは、あくまで現在の社会構造が維持させれるという前提において、そうなってしまうというだけで、もう現在の社会制度自体を大転換するしかない時代にきていると私は考えています。
        つまり、子供の増加=フリーター増にならない社会制度・社会保障の全面的な改革が必要ということです。
        ・・・と一言で言ってしまいますが、これは非常に大変なことだというのは事実ですね(笑)

        私も子供を持たない人に対するぺナルティーを設けることは反対です。
        そうではなくて、産みたいと思う人が安心して子供を産み育てることができる社会制度が必要でしょう。しかし、今の日本では産みたくても産めないこという人が多いということが問題だと思います。
        漠然としているかもしれませんし、非常に遠回りかもしれませんが、それを解決していく方法の一つが、教育なのだと思います(長くなるので続きます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        就職時の年齢制限

        しおりをつける
        blank
        ちっち
        就職時の年齢制限、これを無くすだけで、出生率は全然変わると思います。
        私の場合も現在既婚の33歳、専門職ではあるけれど産休はとりにくい職種なので退職することになりそう。
        今から子供二人産むとして、子供が小学校に行き始めてまた再就職するとなると、そのころは40代に突入、年齢でほとんどの求人ではねられてしまいます。

        友人で就職して半年ほどで寿退社し、育児がひと段落して30歳を過ぎて再就職しようとした子がいるんですが、どこもダメで、結局お弁当やさんのパートをしています。
        今から勉強をして資格をとって、という気持ちはあるようですが、ローンと子供の学費にいっぱいいっぱいだし、今からそのための学校に通っても卒業時には年齢で結局希望する職につけないかもしれない。

        大学を出てすぐ自分の得意分野で働けている人は本当にラッキーな人だと思います。
        ほとんどの人が大学を出て就職をしたばかりの頃というのは、まだ未来の展望がみえてない、働きはじめていろんな経験をつんでそれが見えてくるものだと思うんです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        就職時の年齢制限その2

        しおりをつける
        blank
        ちっち
        残念ながら、私の周囲でも20代で「結婚」「子育て」という道を選んでない人の方が自分の得意分野を身につけ、強く生きているように感じます。
        でも本当は、子育て、自分探し、の順番が逆でもかまわないと思うんです。
        じゃ何でそれがダメかというと、就職時の年齢制限なんですよね。
        それに子育てにお金がかかりすぎ、余裕がない。
        若くして結婚、子育てしている人たちは、最初から貯蓄などの余裕がない分、余計苦労しているように思います。
        子育てにやっとで、自分を磨く余裕なんてもちろんありません。

        子供の出産、学費、医療費はすべて免除、そして就職時の年齢制限なし、これで出産率はだいぶ変わると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今の繁栄は多くの労働力が支えている

        しおりをつける
        blank
        じんしゃん
        日本という国で考える場合、子供というのは社会的資産であり、国力の元になります。
        移民でまかなえばいいという意見もありましたが、これは日本が国力十分な国だから来てもらえるのであって、魅力がない国には誰も来ません。人口の構成がいびつになり若年にスキルの蓄積がなくなった場合、移民政策はありえないものになります。
        (例:中国に優秀な高給で雇う企業がたくさん現れた場合、みんな国力のない日本にとどまると思いますか?)今繁栄しているのはその異常に大きくなった労働力の質量の高さのおかげ。

        日本は知的労働力でしか勝負ができない国なので、いい人材が集まらない限りは衰退していく国家です。
        今の世代はいいです。みんな個人の幸せだけ追求していても。
        ただ、次の世代を考えた場合、今の状況では先細りする可能性が高くなっていきます。少なくとも何かを犠牲にしないと今のレベルを維持できない。

        税金を分け与えるなどの一時療法では限界があり、子育てと教育のインフラが整備されないとなかなかセキュリティを親世代が受けることができないし、税金や強制がかかるとなんかしらでみんな抜け道探しますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        もっとグローバルに考えましょう

        しおりをつける
        blank
        人類仲良く
        私が子どもだった頃、石油は、あと数十年しかもたないと言われた。
        それ以降、いまだにあと数十年と言われ続けているが昨今の中東をめぐる戦争、中国が世界第二位消費国になった
        こと等を考えあわせると、このエネルギー資源が無尽蔵に続くとは考えにくい。

        みなさん、いいですか。
        今の日本の暮らしは、世界中から資源や食料をもってきて
        成り立っているのですよ。
        しかし、それらが枯渇すれば私達日本人の生活は真っ先に破綻する。

        目先の年金問題だけを考えて、出生率低下を憂いていますが、この先、人類が少ない資源を仲良く共有していくためには人口が増えるより、減った方が絶対的によいのだ、ということをもっともっと自覚しましょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        教育の重要性について

        しおりをつける
        blank
        boss
        一口に教育といいますが、教育制度・内容、また学校教育・家庭教育という面など全体の改革が必要だと考えます。

        まず制度的に、教育にお金がかかりすぎるということが深刻な問題です。
        親にとって、経済的な負担が掛からない制度にする必要があるでしょう。単に金銭面だけでなく、私立との学力差などを考えると、公立に対する信頼性は低下しています。安心して子供を通わせることができるように、公立校の改革が必要です。

        また、教育内容についても、男女問わず子育ての重要性をきちんと教えるべきでしょう。
        例えば今の学校教育では、中高生が小さい子供と触れ合う機会があまりないでしょうし、核家族化で周囲に小さな子供もいないという状況が多いでしょう。小さい子と触れ合うことで、子供に対して、愛情を持ち、育てるということの重要性をきちんと認識させるということが大切だと思います。

        教育は国家百年の計と言いますが、たとえ遠く地道な方法でも教育が変わらない限り、社会全体の意識や制度も変わらないと思うし、未来を作る子供たちにとって教育が何より重要なものとして、皆が真剣に考えていく必要があると思います

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティ的発想の怖さ-1-

        しおりをつける
        blank
        てんびん
        独身や子のいない夫婦に税負担などのペナルティ、という意見は安易でとても怖いです。

        国家が個人の自由を侵すことを認めることになります。

        今は少子高齢化が問題だから、いかに産ませるかという対策で「独身・子なし夫婦にペナルティ」でも、
        もし将来、人口過密問題が持ち上がったら、「子供を2人以上産んだらペナルティ」となるのではないですか?
        中国の一人っ子政策みたいに。
        国民の個人個人はそのたびに政策に振り回され、罰則を負わされるって怖いことです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティ的発想の怖さ-2-

        しおりをつける
        blank
        てんびん
        少子高齢化の問題は老齢人口をいかに支えるか、将来の国力をどう保つかの二つじゃないかと思います。
        が、その為だけに(お国の為に)子供を産ませようとするなら、当然その子供達は「国の役に立つ子」じゃないとダメ、ということになりますよね。
        国が奨励して生まれて、老人でもないのに国の負担になられちゃ、元も子もないということになりますもの。
        ちゃんと働き、ちゃんと納税する人になる子。
        無職は大器晩成の可能性があるから、まだいいとしても、病気や心身の障害者などは国の「不良債権」と見なされかねません。 ナチスの優性政策みたいに。

        子供が国の役に立つ、それはいいことです。
        が、国の為に子を作る、そうしないと罰則、それは怖いですよ。 
        出産奨励策はいいと思いますが、罰則案には、「国家が個人の範囲に踏み込む」という一点において、絶対ダメです。

        だいたいペナルティを恐れて、作られる子って幸せですか? 
        子供は親に望みで生まれるべきです

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        kanaさんに横

        しおりをつける
        blank
        あれぇ
        >レイプなどで妊娠した女性に追い討ちをかけるような制度は止めたほうがいい。
        >もともと法で認められている事例のみ申請受理されれば無税にし、それ以外の税収を保育所やらの補助金に回せば良いと思います。
        と書いてありますから、あなたの例はそういうことで無税では?
        というか、今の日本でレイプで妊娠した人の中絶が何%なのかな?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        こども・・・

        しおりをつける
        blank
        ねね
        30歳、既婚、子なしです。作る気がしません。
        理由は今の生活が結構気に入ってること。
        子供が出来ると、自分の時間がなくなるし、将来お金がかかる。
        痛い思いをして産んでも叱ったりイライラさせられそうだし・・・・反抗期とか大変そうだし。
        今より確実に出費が増えると思うといらないかなー。
        子供を持つことは責任重大な事なので産む勇気が持てず6年経ちました。
        周りの友達も先輩も子供どころか結婚していない人がほとんどなので、孤立感がないのも産まない理由のひとつです。

        政府はお金を取る政策は実行が早いのに、育児支援などの国民が本当に喜ぶことは遅いなと思います。
        でもたとえ、こどもの教育費が1円もかからなくなっても産まないかもしれない・・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        視点を変えないと

        しおりをつける
        blank
        Lucy
        出生率が下がって何が困るか。

        ・ 高齢者の率が上がって、国の税制を圧迫
        ・ 働く人が減るので税収が減少
        ・ そのうち労働人口が足りなくなる

        さて、現状は・・・

        ・ 失業率以前高く、フリーターの若者が多い。
        ・ 将来年金が破綻すると言いながら、今のお年寄りは思いっきり美味しいとこ取り。
        ・ 働き盛りの世代にとっては、今苦労して子ども育てても、年金等が破綻して路頭に迷う恐れがある。
        ・ さらに国の財政は赤字。

        など、出生率が下がってあたりまえの世の中じゃないですか。これなら、現状の問題を解決することが先決でしょう。

        そうしていく中で人口を増やすことに着目するのではなく、人口が減ったときに国民の生活レベルを保持できるような政策を作っていけばいいんじゃないんですか。

        高齢者に働いてもらうのもよし、高等教育を安くしてフリーターにスキルを身につけさせるのもよし、増税するのもよし、労働人口問題は少子化になっても、比較的簡単に対処できるでしょう。

        出生率、まだまだ下がるような気がします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        勉強になりますね (その1)

        しおりをつける
        blank
        mito
        1)出生率を上げたことによって、良い人材が増えないと意味ないので、子無しのキャリアカップルのために、24時間駅前保育所体制を作る。

        2)保育所は近所の主婦のパート(自分の子供は割引)、お金に余裕のある老人のボランティア、お金に余裕のない老人のバイト、たちをアシスタントにする。

        3)別途、お金持ち子無しカップルが安心して子育てできるための高級保育所を作る。看護婦、教師が勤務していて、躾、勉強も見てくれる。インターネットで子供の様子を職場でモニターできる。

        4)専業主婦でも低額で、1時間単位で預けられるようにする。たまには息抜きしてもらう。

        (つづく)

        5)2人子供がいる人は、経済状況が許せば、3人いけちゃう可能性が高いと思います。なので、3人目から劇的に教育費の負担を減らす。高校まで無料。塾手当てあり。2人も3人も変わらなくする。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさん

        しおりをつける
        blank
        だーからー
        >人口減少が問題なのではなく、年齢構成のゆがみが問題なのです。

        現在の高齢者人口にあわせて子ども産んでいったら大変なことになるでしょ。
        仮に見合うだけの数産んだとして、その子たちが高齢者になるころはどれだけの数の子どもが必要なんですか?
        それともその子たちの老後の事なんか知らんぷり?
        自分の世代さえ乗り切ればそれでいい?

        個人的考えでは、団塊の世代がなくなるまでの辛抱だと思います。私(30代)なんぞは貧乏くじひく世代に生まれただけだと観念してます。
        子どもたちの世代が中高年になるころにはきっと安定しているんじゃないかと。
        人口のみならず、平均寿命が戦後一気に30年も延びてしまったのだから、それだけでも急激な変化なんですから、今が耐え時(?)

        とはいえ、1.29という数字がいかに異常か(年齢構成やら人口減少やらといった損得問題ではなく、個人個人が未来に明るいヴィジョンがもてないことの証では、と。そんな国(というか集合体)ははたして幸福か、と)
        は別問題とも思います。
        私自身は黄色い花さんの「子育てに誇りを」とのご意見に賛成です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        勉強になりますね (その2)

        しおりをつける
        blank
        mito
        (つづき)

        6)若く産んだ人に税金優遇。25歳までに産んだら毎年xx円免除、29歳までに産んだらxx円免除システムにする。晩婚、高齢出産防止のため。

        7)小学生から、学校教育の中で、赤ちゃんと接する機会を与え、「赤ちゃんてかわいい」と刷り込む。将来子供を産みたくさせる。高校生には保育園で面倒みさせる実習あり。オプションで女子に出産現場を見させ、生命の誕生を感動してもらう。(やりすぎ?)

        8)地域で子供のための低料金の学習プログラムを多くもつ。ベビーサークル、音楽鑑賞会、勉強グループ、観劇、ドラマグループ等。子供たちは想像的に、情緒的に豊かに育ち、親どうしの交流もあり、勉強になる。

        9)「子育てってこんなに楽しいんだよ」と思わせるTV番組作り。

        日本という国がいつまでも先進国で、治安が良く、人々は勤勉で丁寧で頭がいい国民性であって欲しいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        現場の声をお届けします。

        しおりをつける
        blank
        みてみて!
        http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1087177626/

        ここに全ての答えが生々しく、かつ明確に出ています。
        これ、政府の人読んでくれないかな。。。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        結婚制度にすがってる限りダメ

        しおりをつける
        blank
        JJ
        >どみそちゃんさん

        目指せイタリアンって、イタリアは日本以上に少子化大国ですよ?

        世界的に少子化が深刻なのは、先進国では日独伊です。
        伝統的な家族観を必要以上に大切に引きずっている国でしょ。翻って、少子化に歯止めがかかっている国は、軒並み婚外子出生率も女性の就業率も高いです。
        アメリカなんかはこれといった対策を取っていないのに出生率2.2という高い数字です。良くも悪くも出産や子育てについてのプレッシャーから解放されているのでしょう。

        ここで、とにかまずは結婚!女は女らしく家庭に入って家事と子育て!みたいに言ってる人たちって、本気で言ってるんですか?
        女に結婚を急がせて家庭におさめることで子どもが増えているのなんて、途上国だけですよ?
        それとも、日本を昔の姿に戻して、もう一度貧困からやり直しますか?

        というわけで、必要なのは社会の価値観がもう少し柔軟になること。養子や婚外子に対する根強い差別もどうにかならないと。
        また、男性も女性もフレキシブルな就業形態が選択できて、男女の無意味なプレッシャーから解放されることだと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        日本民族は滅ばない

        しおりをつける
        blank
        ななし
        私は前にああ発言はしましたが、
        たぶん日本の人口が一千万人とかに減少すれば、
        住宅費の問題が解消するなど余裕が出て
        人口は増えていくでしょう。
        「このまま出生率が1.3だと日本人は絶滅する」
        だのは空論としか言い様がないです。

        そもそも人口密度400人近い現在の日本の
        人口密度が極端すぎるのです。
        先進国では最高レベルですよ。
        随分人口密度が高い印象のあるヨーロッパとかでも
        人口密度は百数十人程度ですよ。
        別に数千万くらいになっても人口密度的には問題ないです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティは、新たな差別を生みます。

        しおりをつける
        blank
        みみ
        ペナルティ制を支持する方がたくさんいらして
        ビックリしてしまいます。

        金銭的なペナルティは、所得による差別に繋がります。

        金銭的に余裕があれば、「子供を産む」「子供を産まずにお金を払う」の選択ができますが、
        中には「子供を産む」選択しか取れない人たちも出てくるのではないでしょうか。お金のために、ペナルティを払いたくないがために、子供を産む人たちも出てくるのではないでしょうか。

        中絶に対するペナルティも同じで、
        高所得層は選ぶ権利があり、低所得層は産むしかない。

        子供は飯のたねじゃありません。
        今子供を育てているほとんど人たち、ここをご覧になっている子供を持つ人たちは、お金のために子供を産んだわけではないですよね?
        でも、ペナルティ制になると、お金のために世に産み出される子供たちというのがきっと出てきます。そういう子供たちは、幸せなのでしょうか? 将来の日本の年金保険料を稼ぎ出すために作られ産み出される子供たちは、幸せなのでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供はいらない。

        しおりをつける
        blank
        もうすぐ結婚
        せっかく就きたかった仕事にも就けたのに休みたくない。子供を産んだからと言ってその子供は幸せになれるとは限らない。
        いくら愛情かけて育てても、地球はどんどん住みにくくなっている。日本だってテロの標的になってるわけだからいつまた戦争が始まるかどうかわからない。
        昔に比べて治安もどんどん悪くなっている・・・
        だから子供を産まない方がいいような気がするので産みません。旦那になる人も子供はいてもいなくてもどっちでもいいって言う人なので気が楽です。
        でももし妊娠したら産むのかなぁ・・・せっかく授かったのに殺したくないし。矛盾してますが要は自然の流れにまかせます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        しましまさんへ

        しおりをつける
        blank
        マミー
        >世の中で一番税率の高い人たちから、まだ搾り取ろうっていう発想が
        >こわすぎですよ。

        税率が高いからといって、納めている税金が多いとは限りません。
        子どもが沢山いても、共働きで収入が多い方も沢山いますので、子どもの扶養控除なんて、本当にたかが知れています。
        それに子どもが沢山いれば、1人暮らしや2人暮らしの方に比べて何かと出費が増えますので、その分払っている消費税も多いです。
        それに長い目で見て、その子ども、孫、ひ孫、夜叉孫・・・と家系が続いていけば、その子達がもたらす利益や、将来納める税金の事まで考えたら、莫大な金額へと繋がっていきます。

        それに、一般的に子どもが成人するまでにかかるお金は1人辺り3000万円以上と言われています。
        年間6万円を20年間(子どもが成人するまで)払うのと、子どもを産み育てる事を考えたら、金銭的な損得勘定だけでしたら、年間6万円払った方が良いんじゃないですか?
        ペナルティとは言い方が悪かったと思います。
        独身やdinksの方が少し頑張って善意の募金をしたつもりになってください。

        あくまでも私が一番効果的だと思った1つの案にすぎませんので、悪しからず。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        なかなか増えないものを増やすより

        しおりをつける
        blank
        あを
        高齢者の医療費を高騰させて、平均寿命の低下を促進すればいいでしょう。ついでに年金も大幅カット。選挙権も剥奪して、生産性のない中高年を淘汰します。管理しやすいように居住地域を限定するのもいいかもね。1億の人口が多いという意見には賛成ですが、このまま人口が減ってもその質が悪すぎます。そのほとんどが足腰は弱り、無駄に医療費を食い、生産性のない年寄りなのですから。出生率を上げるよりも、中高年の首を真綿で締め上げるような姥捨政策の方が効力あります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        マミーさんへ

        しおりをつける
        blank
        少数精鋭策?
        >私が言いたいのは、ペナルティを課すから子どもを産め!ではないのです。
        >ペナルティを支払うことによって、独身者やdinksの方達の「子どもを持たない選択」が少しでも世間に認められたらと思っています。

        あの、ペナルティという言葉、意味を理解して使っていらっしゃいますか?
        最初の投稿でマミーさんが使われたように「反則・罰則」という意味なんですよ。
        生き方を認めてもらうために罰金を支払うって、
        そもそもその生き方を異端と見なすということですよね。
        それとも「お金払うから違法駐車もスピード違反もやり放題」の日常を送られているのかしら?

        それと、他にも数人いらっしゃいましたが、
        不妊治療への補助は少子化対策になりません。
        人工授精など、1回に30万円も50万円もかかりますが、
        成功率なんて微々たる物ですので、
        何十万も使って1人を作るより、
        別の方法に効果的に使った方がお金も生きると思います。
        ただ、障害者手当てのように、弱者救済のために、
        不妊治療費を公費負担するというのでしたら、
        何ら否定しません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        世界人口について

        しおりをつける
        blank
        みち
        えむえむさん

        人口構成のゆがみは次の世代に引き継がれるのです。一度起こったゆがみを修正するのは難しいです。

        また今後10年の人口構成は次の10年の人口構成に引き継がれ、そしてさらに次の10年へ、と継続性のあるものなので人口の長期予測は比較的、ほかの長期予測に比べてやりやすいのです。

        世界の人口爆発が起こると思っている人、インターネットなどで、きちんとした研究機関から出ている2100年までの人口予測のレポートなど読んでみてください。2060年、70年ころに世界人口の低下が起こるというのは、割とコンセンサスを得ています。途上国の人口もエイズなどで将来的には減るという予測のほうが多いです。きちんと勉強しましょう。ちなみに私はこの分野の研究者です。

        もう一度書きますが、人口減少が問題なのではなく、人口構成のゆがみが問題なのです!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        東京都民です

        しおりをつける
        blank
        うちは貧乏
        大田区在住です。23区内にこんなとこがあったのかと
        思う程子供だらけの土地に住んでいます。
        人付き合いの苦手な私でも、三人子供がいる
        人を、今思いつくだけで七人、四人いる人も二人知っています。
        一人っ子はお勉強系幼稚園の1クラスの三分の一以下、
        ワイルド系幼稚園だと数人くらいです。

        さて、我が町の特徴は何だろう?

        下町です。やや干渉がうるさい。
        歩いていける範囲に、一時間以上飽きずに遊べるレベルの
        公園が三箇所あり。
        自転車でいける範囲に、児童館が五箇所
        幼稚園はバスなら六箇所くらい選べます。
        保育園もたくさんあるので、三年前くらいまでは
        年度により求職中の人もたくさん入れてました。
        この所、ファミリータイプのマンションが急増したせいか
        不況でパートに出る主婦が増えたためか、
        幼稚園に空きが出始め、保育園は待機でいっぱいには
        なりました。公立幼稚園もあります。
        ただひとつ、住居費は安くないかな。賃貸だと15万以上のマンションばかりです。(3LDK)

        他にも老人のための施設も点在してます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        続きです

        しおりをつける
        blank
        うちは貧乏
        こんな感じで、多少住民税が高くても公立の施設が
        充実していれば、産みたければ三人以上産めますね。
        二人でいいかな、と思っていたのが三人目にトライという
        話、よく聞きますもん。
        もうちょっと小奇麗な地域では設備だけじゃだめでしょうね。個人の価値観で産まないんでしょう。

        いっそ成人するまでの間に、普通に一度は赤ちゃん、幼児とふれあう一定期間をもうける、というのはどうでしょ?
        小学生の道徳の時間みたいなところに、保育参加の課程をとりいれるとか。
        大人になっちゃった子供嫌いさん達は、もう自分の
        ライフスタイル変えられないでしょ。
        効果が出始めるのは老人が三分の一以上になった頃でしょうがね・・・

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        辞めないといけない

        しおりをつける
        blank
        ろに
        私の仕事の場合、
        妊娠・出産=退職
        なので。

        今出産して仕事を退職して、子育てが一段落した時、自分は40代に入っているでしょうか。

        その時、私は何も残ってない、頑張って仕事を探しても、職業差別するわけではないですが工場、スーパーのレジや掃除のパートしかない、それは辛いです。

        私の姉もそうです。
        大学院を出て教員免許も持ち大手企業に勤めていた彼女でさえ、40代での就職は困難です。

        だから怖くて出産できません。

        本音をいうと子供は欲しいです。
        だけど今の仕事を捨てるのは怖いです。

        企業側が年齢で偏見を持たず純粋にキャリアや人間性で雇ってくれるようになれば、子供を産みたいと思っています。

        まず公務員試験から年齢制限を廃止してほしいですね。(社会人採用などで1、2人雇って門戸を開いているふりをしないで欲しい)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        daisukeさん

        しおりをつける
        blank
        とほほ母
        >将来のフリーター予備軍を
        >育てる人よりは、高学歴高収入で手当ても必要ない
        >税金も多く納める人たちに子供を生んで欲しいのですよ。

        私も、激しく同感です。
        ですが、きっとdaisukeさんの言うような頭の良い人々や
        人の気持ちに敏感な女性達は、バッシング記事を読んだ
        り、社会での子連れに対する実際の扱いに疑問を感じた
        ら、きっと生むのを多少なりとも躊躇すると思いますよ。

        その結果がどうなるか....。予測できますよね?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        男性に産んでもらいましょ

        しおりをつける
        blank
        りりぃ
        医学をすごーく発達させて
        男性も産めるようにしましょう。

        そしたら男性も
        「まだなのぉ?」
        とか言われるようになるね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子育て支援金なら払ってもいいですよ

        しおりをつける
        blank
        ちょこ
        30歳・既婚・子ナシです。
        これからも産むつもりないです。

        大学卒業と同時に資格を取って、専門職に就いているので、結婚してなかったとしても子どもの1人や2人を育てるくらいの収入はあります。
        でも、子どもはキライだし、夫と2人の生活と仕事が生きがいだから、こんな親から産まれてくる子どももかわいそうだから産むつもりはありません。

        子どもがほしいけど経済的に厳しくて産めない!という意見がこんなにたくさんあるのなら、子育て支援金くらい寄付したいくらいです。税金として払うと、どこかの使えない議員の給料になったり、無意味な使い道されるそうでイヤですが。。。
        子育て支援基金みたいのがあってそれが正しく機能するのなら寄付しますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        産まない人には年金支給なし

        しおりをつける
        blank
        やん
        年金は世代間の助け合い。
        私たちの年金は子どもの世代から貰うことになります。
        子どもを産み育てなかったひとには、貰う権利はないと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        石油を掘ろう

        しおりをつける
        blank
        ふたなり
        東京新聞なんかを見たら分かると思いますが、東シナ海には、イラクの石油埋蔵量に匹敵するとも言われる石油が眠っています。
        もしこれを掘れば、日本は今の不況から一気に脱出し、さらには世界一豊かな国になることができます。

        そして、少子化なんて細かいことがどうでも良くなるほど、金が手に入ります。
        ありとあらゆる問題を解決する東シナ海の油田、皆さんも真剣に考えてみませんか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        対策その1

        しおりをつける
        blank
        ゆうこ
        統計上で見ると少子化の要因は非婚化・晩婚化です。結婚している女性の出生率は下がっていないそうです。
        また、出生率の低下が顕著なのは25-29歳の層で、逆に30-34歳の層は増加が見られます。

        女性の社会進出・経済的自立など様々な理由から非婚・晩婚化が進み、結果25-29歳の層の出生率が極端に低下したのでしょう。

        そこで、少子化を食い止めるには
        1.30代の出産率を上げる
        動物学的に35歳以上は生殖機能が衰えてしまう時期である。従って30-34歳の層にまずフォーカスをあてる。経済上の理由やキャリアを持った女性が増えていることから結婚しても仕事を続ける女性が増えている。30-34歳というのは会社でもそれなりの地位を獲得し、キャリア上大事な時期でもある。その時期に約1年の出産ブランクは女性にとって大きな痛手である。出産ブランクがあってもそのままキャリアを続けられる環境と、育児に対するサポートのある会社体制、また配偶者のサポートが必要である。

        2.35歳以降の出産
        不妊治療を受けやすい環境を作る。(費用・不妊治療を受けられる施設の充実・代理出産などの選択肢を広げる)

        (続く)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        対策その2

        しおりをつける
        blank
        ゆうこ
        3. 27-29歳の出産率の低下を阻止

        現在の女性の初婚年齢平均は27.4歳である。20代の出産率を上げるにはまずこの27-29歳の狭い枠をどうやって広げるか、もしくはこの狭い枠の中でどれだけ出産率を上げられるかである。

        27-29歳の枠に関して言えば、30-34歳の層と同様、会社及び配偶者のサポートを充実させる必要があると共に、国からの経済的援助も必要と思われる。27-29歳の女性の配偶者が同年代と仮定すると、結婚したばかりでさらに子供を持つこともできるのかという経済的不安が伴なう。収入に応じた児童手当や出産手当の引き上げを国で検討をする必要がある。

        (続く)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        対策その3

        しおりをつける
        blank
        ゆうこ
        4. 20-27歳の出産率増加を図る
        女性の社会進出及び晩婚化により20-27歳の若年層の出産率低下が目立つ。
        しかしながら日本より女性の社会進出度の高いスウェーデンでは出産率は日本より高い。

        ここで注目したいのはスウェーデンでは女性の第1子出産年齢が結婚平均年齢を大きく上回っているということ。これはスウェーデンでは同棲が結婚と同等の立場にあるからである。(それが良いと断定しているわけではない)
        日本では婚姻前の出産や同棲自体まだ市民権を得ていないが、この常識を覆せる日が来たら若年層の出産率も高まるのではと思う。

        婚姻を伴なわない出産(同棲も含むのでシングルマザーとは限らない)の場合、経済的問題だけではなく、世間体や学校でのいじめなど様々な問題を含んでいるので一朝一夕にはいかないが、長い時間をかけて日本もそういう時代が来る可能性もある。

        <補足>
        他の人も言っているが、少子化の要因は各家庭の子供の数の減少ではなく、一生に子供を一人も産まない女性が増えていることである。なのでいかに子供を産む女性を増やせるかというのを論点にしてます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティ反対!!

        しおりをつける
        blank
        セロリの母
        マミーさんの意見どれを読んでも賛成できません。欲しくてできない人の事を無視してますよ!欲しいけど病院に行ってまでして欲しくないという人は、病院で“不妊”と認定されれば、課税されないという事?不妊確認資料を役所に提出させるんですか??めちゃくちゃな話です。残酷です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        対策その4(長くなってすみません)

        しおりをつける
        blank
        ゆうこ
        補足です。
        上記に「配偶者のサポート」と書きましたが、それは男性の積極的な育児参加の意味ですが、在宅時間を長くするということも含んでいます。

        日本人男性の帰宅時間は海外に比べてかなり遅く、そういう勤務条件の中での育児サポートは困難と言えます。
        理想論ではありますが、規定勤務時間で仕事を終えて帰ることのできる社会であれば、今よりも育児に参加することが可能なため、共働き夫婦の育児もより可能になります。
        今の日本の一般常識では旦那さんが18時には退社し土日も会社の付き合いはなしで家族で過ごすというのはかなり難しいと思いますが、日本の社会の「意識改革」をしなければ無理でしょう。

        ちなみに私の住んでいる国では(欧州)男性でも女性でもほぼ定時で退社するのは当たり前のことであり、それが業務や昇進に差し障ることはありません。男性も積極的に育児に参加しており、妊娠中の検診も同席します。(勿論嫌なら一人でも可能)
        こんなこと言うと「ここは日本!」と怒られそうですが参考まで。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私見ですが。

        しおりをつける
        blank
        うるるん
        「女性が働きやすい環境を作るために」と、20年以上も保育所を充実させてきましたが、出生率は改善していませんよね。
        病気になって薬を飲むようになり、20年たっても症状が改善しなければ「薬が足らない」というよりは「この薬は効き目はなかったのでは」と思うのではないでしょうか。

        また保育所へ0歳の子供を預けると、補助金が子供1人につき10万円以上も出ているそうです。毎月10万円以上税金を納めているご家庭は少ないでしょうから、この制度は「赤字」なうえに、出生率の向上に寄与していない無意味なものなのです。

        小生の周りにいる女の人に話を聞くと、やはり一番の壁は経済的な問題だとか。そして、働きながら育てたいという人よりは出来れば家できちんと育てたいという人が多いようです。

        そこで、保育所への補助は思い切ってなくし、浮いた財源で専業主婦への補助、それを嫌がる人が多いなら、教育の充実(中高生くらいの子供をお持ちの家庭や、公立学校のレベルアップ)にあてましょう。
        「子供をこんな世の中に産むのは不安」「きちんと教育を受けさせるには、小学生の頃から塾通い」という現状が改善されれば、出生率も回復しそうですが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        3人子供がいますが

        しおりをつける
        blank
        ねじりっこ
        我が家には3人子供がいます。
        私自身超安産タイプで出産も楽だったし子供が大好きなのでできる事ならあと一人くらい産んでもいいかなと思いますが経済的にもう限界なので3人で終わりです。
        子供って一番お金がかかるのが高校大学辺りなんですよね、3人目からは学費全額支給にしてもらえたら四人目頑張っちゃおうかなーなんて周りのママ友とよく話します。
        3人目を出産した時点で持ち家も諦めました。一人っ子で家を買って外国旅行を楽しんでいる友達を見るとちょっぴり羨ましい気もしますが、うちはコレで幸せです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        りりぃさんに賛成。独身男も子供は欲しい

        しおりをつける
        blank
        匿名
        いや、本当に人工子宮が開発されて、女ナシで子供を作る事ができたら、と願っている男は沢山いますよ。

        働きながら子供の世話ができるかって? もちろん小さい頃は乳母を雇いますよ。

        いずれにせよ、男と女がお互いに憎み合っているこの世相では、婚姻率は下がりこそすれ上がる事はないでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        高齢者=非生産者という発想

        しおりをつける
        blank
        裕子
        これからは寿命も伸びて健康な高齢者も増えるでしょう? 高齢者も今までの知識を活かして在宅でネットを使って労働出来るよう、産業界も技術革新に頑張っているでしょう? 高齢者も生産者になる全く新しい社会を日本が創るかもしれないと思うと、ワクワクするんですけど。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        出生率は低下する

        しおりをつける
        blank
        裕子
        日本だけでなく欧州も、それから米国の白人層も出生率は低下しているでしょう? 人類は、進歩すればするほど個人の自由の追求も増大するので出生率は自然減をたどるように思うのです。

        ○○年に何人になるとか日本民族が絶滅するとか言いますが、そんな未来のこと、本当に自分の身になって想像出来るのですか? もし本当に出来るのであれば、その人は実際に”あと一人”子供を作っていると思います。でも、子供はお国のためにつくるものじゃなくて純粋に欲しいからつくるのでしょう?

        そうであれば、未来がきらきら輝いて見える活力のある社会の創生が一番大事じゃないかと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        支援金って

        しおりをつける
        blank
        hiromi
        はっきり言って、3人目産んだら百万円とか、児童手当がどうとか、そんな理由でじゃあ産もうなんて思うような夫婦の子供が増えてもね。
        数だけ増やせばいいってもんじゃないでしょ。
        少数になっても精鋭なら希望もあるけど、数も質も下がっていくだけじゃ、日本の将来は暗いね。
        もうどうしようもないと思う。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        わがままですみません 1

        しおりをつける
        blank
        開き直り
        ねね様

         思わず、「おかか」と呼びたくなるHNですね。ごめんなさい、横でした。
        >>政府はお金を取る政策は実行が早いのに、育児支援などの国民が本当に喜ぶこと
        >>は遅いなと思います。

         少子化に対してこれといった決め手がないからでしょうね。私自身は少子化の原因は環境や制度の問題というより、意識の問題だと考えているので、行政が取れる対策はかなり限られてくると思ってます。ぶっちゃけた言い方すれば育児支援をしても効果は?だなと。
         なぜそう思うかといえば、私の周辺では自身の積極的な意志で出産子育てを拒否している人が圧倒的に多いからです(男女問わず。ちなみに私自身も含みます)。生みたいけれどしかたなく、なんて人はほとんどいません。理由は、子育てに労力を取られたくない、自分の時間が欲しい、育児をすると○○ができなくなるからいや、そんなお金があったら○○に使いたい、などさまざまですがいずれも自己都合です。ねね様の発言を読んで私の周辺とかなり近い状態にあるのではないかと思いました。

        (続く)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        すみません、わがままで 2

        しおりをつける
        blank
        開き直り
         (続きから)

         そのような人たちには育児施設の充実も育児休暇制度も補助金も罰則金もなんら効果を持ちません。日本がバブルに再突入しても、将来の不安がなくなっても治安がよくなってもやっぱり子育ては拒否します。手間ひまお金拘束時間がかかることにはなんら変わりがありませんから。
         ちなみに私の場合は、
        1.出産が経済活動の妨げにならない。
        2.育児は第三者機関がすべてまかなってくれる。
        3.子供を生んでも生まなくても費用負担は変わらない。
        くらいの状況にならないとその気にならないです。(すみません、わがままで)

         でもそれを実現するには北欧諸国並みの高税率高福祉国家にならないと無理でしょうね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさんへ質問です(純粋)

        しおりをつける
        blank
        私の耳は貝の耳
        仰ることに深く同意します。

        その上で、専門家としてのご見解を伺いたいのですが、
        今の日本の少子化は食料などの外的制約に基づくものでなく、何らかの内在する問題に起因すると考えます。

        食料、国土などの制約であれば、人口が適正水準まで低下すれば少子化は解消すると思われますが、内在するものであれば、どこまで減ったら自律反転するのでしょうか。

        社人研の将来人口推計では、将来は出生率の低下は止まるとなっていますが、その根拠は何も示されていません。

        感覚的には、これと逆に、少子化の影響で経済が立ち行かなくなれば、さらに少子化に拍車がかかるように思います。

        ご見解をご教示いただけたら幸いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        わざわざ【ペナルティ】なんて言わなくても

        しおりをつける
        blank
        復路工事
        【ペナルティ制度導入】をわざわざしなくても、このままなら、いずれそうなるだろう。

        【高齢者扶養・少子化対策】→【所得税・消費税アップ】

        でも【少子化対策→産み育て世帯への控除・補助アップ】

        ほら【子どもを産み育てない人】だけが【負担増】になるね。

        まっ、他人の子どもに【フリーライド】しようとしていた分を払わされるだけ。

        正当な払いで損はしてないんだから文句言わないよーに。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の子供が一人っ子の理由

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        2歳半の娘がいます。私が今子供を一人しか産んでいない理由は次の通りです。

        1、大学院に進学して就職が遅くなり、結婚が遅く、一人目の出産が30代に入ってからだった。

        2、子供ができにくい体質で、再度の不妊治療は精神的にも肉体的にも負担である。

        3、子育ては24時間片時も休みがなく、2歳半まで主人以外の人に預けられず、自由な時間が全くなく、充実感や幸福感と同じ分の抑圧感があったため。(何かの修行かと思った!)

        4、この4月から保育園に子供を預けて働いており、家事と育児、仕事の両立のためには一人で限界だと思うから。

        5、自分や主人が受けてきた教育と同等、またはそれ以上の教育を受けさせた場合、教育費の負担が心配である。(私の教育には3千万円くらいかかっているため。)

        私の夢、「今度生まれかわったら子宝母さんになりたい」です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の周りの限定された特殊な状況

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        私の周りの友人や知人の特殊な状況で恐縮ですが、子供関連は以下のようです。

        私の友人、知人(ほぼ同年代、30代)のうち3分の1は未婚、3分の1は既婚で子供さんは無し、残りの3分の1は子供さん有りです。子供さん有りの人のほとんどは一人っ子ではなく2から4人!のお子さんです。(私は一応都会に住んでいます。)

        実は私の子供の保育園ですが、公立です。特殊な状況だと思いますが、お母さんが自営の方やパートさんが多いです。保育園のお友達は一人っ子が少ないです。2から3人のお子さんが一緒に通ってます。(つまり歳の差が少ない兄弟!3人さんがすごく多いです。)

        3人さんがいらしても働きながら育児されてます。女性の社会進出で少子化よりライフスタイルの多様化?が問題かも?既婚で子供さん無しの方は、ほとんどが結婚6年から13年くらいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        マミーさん、おかしい~

        しおりをつける
        blank
        もものハアト
        上でもつっこまれてますが、ペナルティっていう言葉が
        まず、おかしいです。

        独身&Dinksって、罰金もの?反則もの?

        >独身者やdinksの方達の中には、罪の意識を持った方も
        >少なくありません。

        ↑これって「自分たちは産めなくて(産まなくて)
        少子化に拍車をかけてゴメンネ」ってこと?

        >自分がペナルティを払うことによって、誰かが予定
        >よりも1人多く子どもを産んでくれたら、少しはラク
        >になれるんじゃないかな?

        ↑これって「私たちは産まないけど、お金をちょこっと
        出すから、誰かが代わりに、もうひとり、産んでくれ
        たら、産まないことの罪悪感から、逃れられるわ~」
        ってこと??

        独身&dinksの人には、それぞれ、それこそ、千差万別の
        背景があって、そういう状態なのですよ。
        みんながみんな「産まなくてごめんね」なんて思ってる
        わけではありません。不妊の友人なんて、それこそ、
        友達が妊娠した・・って聞くと、ガックリ・・・して
        いますよ。そういう人に「ペナルティを払えば、あなたの
        代わりに産み育ててくれる人が増えるのよ!よかったね」
        って言えます?

        全面的に、あなたの意見、否定します。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        残業ないデーと子づくりフェアー実施中

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        子づくりという言葉は嫌いですが、あえて使わせてもらいます。

        自分が働きながら、子供を望んでいた時に、「平日に病院に行きたい」「ぐっとタイミングの日に主人が早く帰ってきてくれたら」って思ってました。行政が結婚相手をみつけてくれたりするよりも、その前に、子供欲しいんだけどちょっとできないカップルを応援して欲しいです。

        私の周りの友人も「うちの旦那、営業で毎日午前様、休日も接待で家にいないの。こんな状況でどうやって子供作れっていうの」って悩んでました。結婚して、子供をもちたい時はちょうど働き盛りの激務です。

        男の人を家庭に帰してください。たった週一でもいいです。「今、子づくりフェアーを実施中です。残業ないデーなので帰ります」くらい言いたいですね。

        あとは、不妊治療の保険適用してください。体がどこかトラブルあるから子供、できにくいのです。治療させてください。お願いします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        制度を見直す

        しおりをつける
        blank
        あん
        働いている人のお金をあてにしている制度が違うんじゃない?自分の事は自分で・・・というのを前提にすれば。

        子供は自分達の意志で産むものだから。誰かが強制する
        ものでもないし。
        子供を産んだ人が偉い!ってのは違う気がします。
        子供を産んでお金がもらえるようにする。。。なんて
        等しく税金を払っていて、子供が欲しくても出来ない人
        に対して不公平でしょう。

        出生率なんて気にしなくていいように、制度改革して欲しいです。今のままの制度では破綻するでしょうから。。。
        政治家の人って、頭いいんじゃないの?と言いたくなります。税金は無駄使いするな!子世代に頼る制度はやめろ!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        アメリカ

        しおりをつける
        blank
        どれみ
        >アメリカなんかはこれといった対策を取っていないのに出生率2.2という高い数字です。良くも悪くも出産や子育てについてのプレッシャーから解放されているのでしょう。

        その代わり、家庭の崩壊によって引き起こされるデメリットもたくさん出ていますけどね。

        あなたは銃を持った犯罪者がうろうろしている社会がお好みですか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        >動物ガオーさん

        しおりをつける
        blank
        MALT
        結婚してそろそろ5年になりますが、まだ子供を作る予定はありません。
        というか、夫婦そろって仕事を持ってますし、お互いの勤務体系や勤務時間からして子供がいても育てられません(ワタシ:団体職員、妻:出版社勤務)。
        リストラ覚悟なら別ですが。

        共に帰宅が11時過ぎですから、託児所も開いているかどうか。
        病気とかで突然呼び出されても、多分、行くことが出来ません。

        >動物ガオーさん
        >>30すぎて夜中にアニメみている独身男がたくさんいる時代に無理に結婚して子供作れ!っていっても・・・。

        ごめんなさい。
        子供も作らず、帰宅後は夫婦そろって深夜アニメばっかり見てます……。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        りりぃさん・・・

        しおりをつける
        blank
        bob
        >医学をすごーく発達させて
        男性も産めるようにしましょう。
        そしたら男性も「まだなのぉ?」
        とか言われるようになるね。

        個人的な感情論のみに基づいた荒唐無稽な意見は、真剣に議論されていることに単に水を差すだけになるのではないかと思います。
        他でも男性に対して、対立概念としてしか捕らえられないご意見が目立ちますが、異常だと思います。
        百歩譲ってご意見をお聞きしたとして、いくら科学技術が発達して、男性が出産機能を持つことが可能になったとしても、私は絶対に反対します。
        要するに、女性が自分は子供を産む道具ではないと思うのと同じです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        うちの場合

        しおりをつける
        blank
        はるる
         もし、教育費が何とかなるなら、もう一人か、二人、生みますよ!
        子供、大好きで、大家族が夢だった。                          
         けど、無理でしょう?我が家の収入で、子供一人につき、一千万円以上の教育費なんて。                           
         子供は大切に育てます!ちゃんと、教育も受けさせて、世の中の役にたつ、立派な子供に育てます!愛情、一杯かけます!             
         だから、お願い、教育費、安くして!!                  
         もしくは、宝くじ、一億円、当選させて!!子供、もう一人、育てたいから!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        少数精鋭策?さんへ

        しおりをつける
        blank
        マミー
        度々の発言失礼します。
        未婚や子無しは犯罪では無いのでペナルティとはおかしいですね。
        当てはまる言葉が見つからなかったので、安易にペナルティと
        発言したことについては間違っていました。
        申し訳ありません。

        ただ、独身やDINKSの方を対象に少子化対策を目的とした
        税金を課す事は、ライフスタイルを変えなくても出生率に
        関わる事ができるので良いと思ったのです。
        あくまでも私が有効だと思った一つの意見にすぎません。

        >不妊治療への補助は少子化対策になりません。
        >人工授精など、1回に30万円も50万円もかかりますが、
        >成功率なんて微々たる物ですので、

        >ただ、障害者手当てのように、弱者救済のために、
        >不妊治療費を公費負担するというのでしたら、

        こちらの発言につきましては、不妊治療中の方に対して
        全く配慮がない無神経な発言で、驚きました。
        不妊治療は全くムダだと言いたいのですか?
        その結果産まれて来る子どもも沢山いますよ。
        それに不妊=弱者とはあまりにも失礼だと思います!
        もう少し思いやりのある発言は出来ないでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティについて

        しおりをつける
        blank
        亜矢
        そんな制度が導入されたら、自殺率が上がりそうな気がします。30歳以上の独身は独身税、35歳以上の子供なしの夫婦に罰金というのがあれば、まるで30歳以上の独身や子供いない夫婦が犯罪者みたいです。と同時に、それが嫌で無理に結婚して不幸になる人が増えそうです。ルーマニアでは20歳以上の独身には独身税はあるようですけど。この制度は頂けない。保育所完備も大事だが、その保育所の職員もちゃんとした知識を持つべきだと思います。たまに保育所(ベビーシッターも)の職員による虐待事件がありますから。日本以外の国でもです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        35 さんへ (横ですけど)

        しおりをつける
        blank
        37
        >出産や育児でキャリアを不利にされた場合に事業主を罰せるようになると、安心して休めるんですけど…無理ですよね。

        実力実績主義で話をすれば、出産育児で、企業の生産活動に参加しなかった分は参加しつづけた人より、割引かれるのは当然です。(休んでいる間を省いても他の人より、まだ貢献度が高かったと言うのなら別ですが)

        こういったところで出産のせいで「不利にされる」などと被害者意識をもつ女性にキャリア云々と言う資格はありません。男女平等の意味も履き違えていtらっしゃいます。

        そもそも、あなたの価値など、出産,育児程度で他人に換えられる程度のものだったのです。

        いっそのこと、女性が子供を産みやすいように、女性を優遇する企業が増えるべきである・・・・とでも言えばいいのでは?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさんへ

        しおりをつける
        blank
        えむえむ
        みちさん

        >人口構成のゆがみは次の世代に引き継がれるのです

        なぜでしょうか?ここでいう人口のゆがみとは、高齢者の割合が多いことと思いますが、例えば、今0歳~10歳くらいの若い世代が高齢者になるころは、高齢者の人数は減っていますよね。その時点でゆがみは解消されていると思います。

        「人口構成のゆがみは次の世代に引き継がれる」と主張される根拠をご説明いただけるとうれしく思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        電気の供給を減らす

        しおりをつける
        blank
        たあち
        電気の供給に時間制限を設けたらどうでしょう?
        朝6時から夜9時まで、とか。

        なんでこんなことを考えたかと言うと、どっかの国だか地方だかで長く停電してしまったことがあり、その10ヶ月後には平均より出産件数が増えた、という話しを聞いた事があるから。
        電気が止まっちゃうと仕事は出来ないし店も閉まるしTVもやらないしで何もすることがないうえに夜は真っ暗……となれば「やること」は一つでしょう!ってことだよね。

        こういう生活を何十年も続ければ人口は増えるでしょうね。
        経済は停滞しそうだけど、将来の為に「痛みに耐えて」見るのもいいかも?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        りりぃさん、男性の出産は可能みたいですよ

        しおりをつける
        blank
        火星人
        「最新の医療技術では男性でも出産が出来る」と聞いたのはもう何年前でしたかねぇ。その後どうなってるんでしょうか。

        結構居るんじゃないの?男でも産みたい人って。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        キャリア維持と保育施設

        しおりをつける
        blank
        2児の母
        いろんな意見の読める良いトピだと思います。
         出生率が3や4になり日本の人口が増えることには賛成しませんが、出生率1.29は減少が急激すぎて、害が大きいと思います。現状維持もしくは穏やかな減少となるように、出生率1.8から2位が望ましいと個人的には考えます。
        では、どうしたらよいのか。
         私は博士号習得後、専門職として働いていましたが、2人目の妊娠を機に退職しました。1人目出産の育休(半年)後、職場に復帰したのですが、頼れる親族も近くにおらず、公立保育園の迎えの時間を気にしながらでは子なし時代と同じように残業できず、居づらくなり退職を選びました。現在は専業主婦です。私は仕事より子供を選びましたが、同期は今もDINKSが多いです。仕事か子供かの二者択一ではなく、どちらも普通に選べる環境があれば、少なくとも私の周りでは子供が増えると思います。保育時間延長・病児保育の拡充と、(既に建前としてはありますが)産休・育休後の身分保障をまずは望みます。理想としては、子育てに忙しい数年だけでも、その後のキャリアに影響しない形で仕事をセーブできる社会を望みます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        セロリの母さんへ

        しおりをつける
        blank
        マミー
        >不妊確認資料を役所に提出させるんですか??
        不妊とは2年間以上子どもを望んでいるのに出来ないカップルとの事ですが、その多くは原因不明です。
        あなたは不妊ですなんて証明は出来ないし、意味がないと思います。なので確認資料は勿論必要ありません。
        必要なのは、治療費の明細ですね。
        その際はプライバシーに関わることですので、十分配慮が必要だと思います。

        全額自己負担の高額な治療費を払ってまで、子どもを望んでいる方には、何らかの救済措置が必要だと思います。
        実際に不妊治療中の方々の多くがもっと多くの方の理解と、不妊治療への助成を望んでいらっしゃいます。

        >欲しいけど病院に行ってまでして欲しくないという人は
        不妊と言っても治療を受けていない人は、病気でもありませんので、何も優遇や同情される必要は無いと思います。
        だから不妊と言っても子どものいない夫婦には、少子化対策税が本当に採用されるような事になれば、払って頂きたいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        「子連れは免罪符ですか」も是非参考にどうぞ

        しおりをつける
        blank
        ひきこもり母
        私は子供2人育てていますが
        こんなトピを見てしまってはもう3人目は
        産みたくないです。

        子連れは叩き放題なんですもん。
        これが現実の一部だと思うと、怖くて産めません。
        小町の子連れの母嫌いは尋常じゃないと思う。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        まず最初に

        しおりをつける
        blank
        まにお
        出産費用ですが健康保険から返ってきますが全額ではなくうちの場合お正月に産んだので15万ほど多くかかりました でき婚の若いご夫婦とかは大変だろうと思います 出産費用+ごほうびが健康保険から出たらできちゃって産むのをためらう人減ると思います そして保育所と職場が充実して仕事をしながらでも子育てできる環境が整えば産むのをためらってる人も産む気になると思いますけど 実際問題 経済的な問題で3人欲しくても二人で我慢してしてる人多いです なんだかんだいっても子供を増やすには経済的支援は必要です

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        Re:高齢者=非生産者という考え方

        しおりをつける
        blank
        あを
        >これからは寿命も伸びて健康な高齢者も増えるでしょ
         う?

        その「健康」とやらは高額な医療費に裏打ちされているのでは?それにおいさき短いのは変わらないでしょう?

        >高齢者も今までの知識を活かして在宅でネットを使って>労働出来るよう、産業界も技術革新に頑張っているでし>ょう? 高齢者も生産者になる全く新しい社会を日本が>創るかもしれないと思うと、ワクワクするんですけど。

        何夢みたいなこといってんだか。それ以上に現役世代をスポイルするデメリットの方が遥かに大きいですよ。今働いている中年がツカえないで持て余されたりリストラされたりしてるのに、それ以上の年の人間の中でツカえる人間がどれだけいるとお思いで?ジジイとババアが支える社会なんて、ワクワクどころかゾッとしますよ。

        今日の内閣府の調査にも出ていたのですが、大半の中高年は「年金の貰い逃げ」にしか関心がないようですし。産めよ増やせよ言う前に、平均寿命を下げなきゃ駄目ですね。人口構成のいびつさを解消するためには。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        うるるんさん

        しおりをつける
        blank
        かのん
        保育園は無駄だと思いますか・・
        効果が見られないような気がするのは「焼け石に水」なのだからだと思いますよ。
        子供を預けて働きたい人が増えているのに、保育園の数が追いつかない・・幼稚園は閉園するところすらあるのにです。
        私は北海道に住んでいます。私の住んでいるところでも、保育園は足りません。市街地は保育園があり、0歳児保育をやっていますが、同じ市内でも、ちょっとした農業地帯にいくと、保育所はあっても3歳未満児は預かってくれなかったりします。
        近隣の市町村では、0歳児保育や学童保育をほとんどやっていない自治体も少なくない。
        「市」という各付の自治体ですらです。
        平均所得も道外の都市と比べると、道内はかなり低く、こんな状態だから、共働きは普通です。だから、子供なんてたくさん産めるわけがない。お金もない、でも預ける場所もないんだもの。
        だから、北海道は全国でも出生率が少ない地域です。田舎だからこそ子供を育てにくく、子供は減っているんです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        これなら?

        しおりをつける
        blank
        そうだな
        年金を基礎年金だけにして、それは消費税で全部まかなう
        子供の数によって年金額が増加するシステムにする
        子供がいない人、出来ない人は頑張って働いて将来の足りない分を貯蓄・運用する
        駄目?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        質問への答え

        しおりをつける
        blank
        みち
        質問されたので、私の分かる範囲で答えると、日本の少子化問題だけでなく先進国の少子化問題は内在的な問題が起因になっているでしょう。私は自律反転するとは思いません。トレンドが変わるとしたら、少子化に対する問題意識が国民の間で強くなり、何らかの政策的手段がとられることによってだと思います。

        また、ベルギーのブリュッセルでは(きちんとした統計的根拠は見ていないのですが)海外からの移民が町の人口のかなり多くの割合(4割くらいだったかな)をしめるようになり、さらに移民がどんどん子供を生むので、純正ブリュッセル人の間にこのままだと町がのっとられてしまうという危機感が強くなり、彼らの出生率が高くなっていると聞きました。

        人口問題研究所の予測の根拠は私もも知りませんが、何らかの政策手段が仮定されていると考えるのが妥当かと思います。が、興味があればご自分で問い合わせてください。

        経済力の低下は、何らかの政策的圧力を生み出さない限りは、少子化に拍車をかけると私も思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティ論反対

        しおりをつける
        blank
        あかい
        子供を持たない人へのペナルティは子供を持つ人への差別につながり結局は有効でないと思います。

        子供を産むって、本来個人の意思にもとづいた自然なことではないですか?
        子供が欲しいと思う人は国や社会のために生むわけではないですよね?
        赤ちゃんに触れたら、誰でも心が癒される瞬間ってあると思います。人間はロボット作るみたいに作れません。だからこそ妊娠、出産なんてまさに生命の神秘。

        産めよ増やせよで強要するのでなく自然に産みたい人が増える社会が理想と思います。

        問題は生みたいのにそれを躊躇させたり育児が困難な社会背景があるわけで、その障害を取り除くことが重要ではないですか?

        政策は当然重要で、選挙に行くのは大事なんですけど、皆が問題を他人任せにせず、男性なら職場の妊婦とか働くママに注意をむけてみたり、元気なお年寄りならボランティアで育児支援していただくとか、やれることはあると思うんですが。

        ’うちは貧乏’さんの大田区のように自治体レベルからでも動いて欲しいものです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ここで子世代に頼るなと言う人

        しおりをつける
        blank
        えらそうだ
        あなた方は、先代が蓄えた資金で作った設備の整った学校で学び、道路でドライブし、会社や旅行へ行くにも、先代が作った交通網に支えられてるんですよー。
        夜道を歩いても電灯が灯ってますね?あれもそう。安全な水道水や、ガス、電気、みーんな先代たちの努力の賜物であり、贈り物なわけです。

        あなたが急に1人で何もかも調達して快適な生活を享受してるわけではないのです。
        あなたがどんなに稼ぎが良く税金を収めていても、これらのものが1人で作れますか??
        日本で生まれて教育を受け生活している以上、何らかの世代間相互扶助に参加する必要があります。

        自分のものは自分のもので、他人のものも自分のものですか?子世代に頼るなという輩は、自分がただ飯食いに近い存在だということに気づかない愚か者だと気が付きましょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        難しいですね

        しおりをつける
        blank
        貧乏人の子沢山
        子どもを産み育てる、ということは簡単でも楽でもありません。今時、あえて子沢山になって苦労を背負い込もうなんて、誰も思わないでしょう?今までこどもが多かったのは、産めよ増やせよであったり、娯楽のなさであったり、決して女性が喜んでそうしたのではないと思います。今でも貧しい国はこどもも労働力になるのでたくさん産むのだそうですね。どんなに苦しくても、周りもみなそうやっている、というのがあるから産める。今の社会では、子沢山は「物好き」「よくやるわ」という目で見られますよ。確かに、お金を援助してもらえるのは助かります。でも、それでは何の根本的な解決にもならないし、悲しいけれど、お金目当てでこどもを持とうとする人が必ず現れます。ペナルティの話が出ていましたが、私は反対です。未婚、既婚、こどもの有無出差別されない、どんな人生を選ぶことも可能な社会であって欲しいものです。目先の出生率の数字だけに囚われず、全体的により良い社会になる方法を皆で考えていけば、結果的にこどもがいてもいいかな、という夫婦も増えるのではないでしょうか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        小町見ていると出生率低い理由わかる

        しおりをつける
        blank
        ななし
        「子供がうるさい」だの「迷惑かける」だの「子供が嫌い」だの
        さらに「結婚してるけど子供いらない」だの
        「子供育てるのがお金かかるから」とか

        なんだかなと思ってしまいます。
        上に書いたような事は女性に多い発言ですが
        男性も似たようなものでほとんどセックスをしないし、
        PCばかりいじって結婚しない。
        恋人作ってもヒモみたいに金銭的負担をしない。

        まず「子供は常識・理性がないので扱いたくない」
        「子供を育てるのは苦労する」
        「子供を育てるには金銭的負担がかる」
        といった賢明すぎるドライな判断か多いんです。
        もはや子供をつくったり育てたりするのは理屈を越えた
        本能のはずなんですが、
        現代の先進国人にはそれが通用せず
        理詰めで行動してしまうようですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティではなく優遇

        しおりをつける
        blank
        えーとね
        子供を持たない人へのペナルティはダメだと思います。

        子供を持つ人に対する優遇制度をもっと推し進めるのがいいと思う。

        社会に対する貢献には金銭的貢献と、人的貢献があるでしょう。

        今は拝金主義の蔓延のせいで「子供を産み育てる」という

        人的貢献に対する評価がないがしろにされていると思う。

        そこの部分を引き上げてあげればいいでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        経験しているからこそ野発言です

        しおりをつける
        blank
        少数精鋭策?
        なんだか、お1人の知ったかぶりの発言に、
        目くじら立ててしまう自分も情けないですが。

        生殖医療の効率の悪さも、お金がかかることも身をもって知っています。
        私が医師から受けた説明では、
        新鮮な胚を使っての顕微受精で、
        妊娠が確認できるのが20%台前半です。
        出産まで無事に辿り着くケースはもっと下がります。
        施術は年に3・4回が限度ですが、
        2年以上繰り返してもあまり効果はないそうです。
        大切な税金を使って、
        ましてや、出産しない・結婚の機会がない方々を、
        更に結婚や出産から遠ざけるような課税をして、
        (税金が増えれば個人資産は減りますから、
        結婚・出産資金が用意できないことになります)
        そこまでして頂いても、望まれる結果が出せないのです。
        結果が出せないことに対して、
        対策という建前でお金をせびることは、私にはできません。
        ですが、妊娠できないこと、お金がなく治療が続けられないことで、
        精神的に追い詰められ、
        社会の圧力に弱ってゆく夫婦は確かに存在します。
        「結果度外視」という別制度は予算に余裕があるなら、
        用意して欲しいと思います。
        無神経ではなくナマの声だと思って頂けたら幸いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ちゃんとした知識を身につけましょう。

        しおりをつける
        blank
        みち
        えむえむさん

        出生率がこのまま変わらなければ、今の若い世代が高齢者になって、高齢者の人数が減っても、さらにその少ない高齢者の子供や孫の人数はさらに少なくなります。もちろん出生率が変われば別ですが。

        最近国連が2300年までの人口予測を出しました。ご自分で少しは勉強なさってください。World Population in 2300で検索すると出ると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        少子化推進しちゃってる立場(♀)

        しおりをつける
        blank
        匿子
        あきらめモードさんの

        >いまや、世の中面白いことが多くても「子育て中の女性」だけはそれを享受することが許さない印象です。

        この↑意見、ものすごく納得!
        (そうなの。そうなのよ~!!うんうん。)って感じです。
        子供を育ててる期間の母親って世間の楽しいことから、すっかり取り残されちゃってますよね。
        「子育て。それこそが楽しい。それが私の全て!」と思える人はいいんでしょうけど。
        それにしたって、それ以外の一切の楽しみや娯楽を奪われてしまうのって、今まで散々自由を満喫してきた20~30代の女性には耐え難いんじゃないかな。想像しただけで辛いよ。

        第二次ベビーブームの世代が出産適齢期の今、出生率低下ってほんと深刻な問題ですよ!!(私も貢献?しちゃってるんですが)
        これから先、急激な下降線たどるのは目に見えています。ほんと、どうすればいいんでしょうね?

        私の場合、
        充分なお金・子育て中も自分の時間を持つことができる(=ベビーシッターの充実・一般化)・夫の育児協力・世間の子育て中の母親への評価の向上
        などが約束されれば、もうちょっと前向きに考えられるかも。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ひきこもり母さんへ

        しおりをつける
        blank
        ちんころ
        『子連れは免罪符ですか?』を読みました。
        でも、これって別に子連れ母全体を叩いてる訳じゃないですよね・・・。
        『子連れだからその位大目に見てよ』って態度の、権利ばかりを主張して、責任を果たそうしない人が叩かれるんじゃないですか?子連れの人全部が悪い訳じゃないと思いますよ。
        ひきこもり母さんは、HNから察すると、もしかしてそれが嫌であまりお出掛けにならないのでしょうか?
        子連れじゃなくても、扉を開けてもらったりしたら「ありがとう」、迷惑を掛けたら「ごめんなさい」と言ったり、それを態度で示せば別に問題はないのでは?子供がいるからお礼を言えない、謝罪が出来ないという訳ではないですもんね。明るく、心から「ごめんなさ~い!ほら○○ちゃん、ごめんなさいは?」とか「ありがとう!」って笑顔で言われたら、こっちも笑顔になりますよね・・・。
        以上、トピずれですみません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        さもありなん

        しおりをつける
        blank
        もうすぐ2児母
        子は可愛いけれど、
        同じくらい「身動きとれなさ」感が
        出産以来あります。
        特に乳児のうちは…。

        「2~3年の我慢」というけれど、
        それは後から思うことで、
        私は、
        ともかくも子が成人するまでは
        気が抜けないと思っています。

        女は、産んでも産まなくても
        叩かれるなぁというのが実感。

        新聞の見出しの「1.29」を目にして、
        「さもありなん」と思いました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        とほほ母さんへ

        しおりをつける
        blank
        daisuke
        >人の気持ちに敏感な女性達は、バッシング記事を読んだ
        >り、社会での子連れに対する実際の扱いに疑問を感じた
        >ら、きっと生むのを多少なりとも躊躇すると思いますよ。

        なるほど確かにそれは一理あるかもしれませんね。
        でも私もそうだったのですが(私は高学歴高収入では
        ありませんが)子連れバッシングが恐くて生まない人っているでしょうか?

        生まない限り実感わかないと思うんです。
        だから1人で十分とは経験上思うかもしれないけど
        経験がなければ「そこまで」とは思わずに生むのでは
        ないでしょうか?出生率の低下は社会が子連れに
        優しくないのとはそんなに関係ない気がします。
        ただ躊躇はするでしょうね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ひきこもり母さま

        しおりをつける
        blank
        3人目欲しい
        横ですみません。

        >小町の子連れの母嫌いは尋常じゃないと思う。

        だめですよ。まともに受けては。
        あれは子連れ嫌いの人がHNを替えて執拗に何回もレスしてるんです。
        世間ではあそこまで尋常じゃない人はごく一部です。
        それに今ひどいこと言っている人でも自分で子供をもったらいろいろ考えも変わりますよ。
        3人目欲しければ生んでくださいよ。
        うちもがんばりますよー。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私の考え

        しおりをつける
        blank
        100%ゲイ
        日本国外に出た人が多く、そして・・・同性愛者たちが沢山いると言う事です。

        昔の日本は同性愛者も社会貢献の為に結婚していたと言う事です。もしかしたらあなたたちの親もレズビアンかゲイだと言う事はあると思います。これは誰も分からないです。

        でも今の方が返って良い結果になったのではないでしょうか? これでも日本はずっとやっていくと思いますよ。あんな狭い列島に沢山居たら嫌じゃないですか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティ

        しおりをつける
        blank
        そうそう
        開き直りさんのおっしゃっていることが
        今の首都圏で働く女性(既婚)で子供のいない夫婦が
        ごく普通に考えていることですよね。
        自分も含めて、周辺で同じように考えている人は
        とても多いかも。産み控えているというよりは
        積極的にも持とうとしていないんです。

        しかし生涯を通じ、自分の労働生産性による貢献及び社会に対して納める税金は、自分が受けるであろう行政サービスや他人の労働力からの恩恵に見合っていないですよね。むろん介護費用・葬式費用は自分で準備したとしても、自分が直接支払いをしていない他人からの労働力などから受ける恩恵は大きい。

        年金うんぬんの問題というよりは、貢献より受けている恩恵が高額であるならば、その差額はなんらかの形で補填しなくてはならない。その分が貢献しなかった人間に課されるのはある意味当然の流れです。ペナルティという言葉に
        過剰反応してる方が多いですけど。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ひきこもり母さんへ

        しおりをつける
        blank
        じゅん
        「子供は免罪符ですか?」のトピで批判されているのは
        『子連れ母』ではなく『非常識な親』です。

        あのトピの中では、良識のある『子連れ母』の方も
        『非常識な親』を批判していますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        母系社会へ移行する(笑)

        しおりをつける
        blank
        無理を承知で
        1、職業婦人が妊娠・出産を経てもキャリアの存続を容易にすること。
        (※その為には休職中の充分な生活保証と早期職場復帰が望ましいが
        子への授乳期間の徒な短縮、スキンシップ不足は避けなければならない。)
        2、男性の経済的支援が期待出来ない場合でも子供を充分養える環境を整える。
        3、女性が一生涯に産むことが可能な子の固体数より
          男性が一生涯に産ませることが可能な固体数の方が多いのは明らかなので
          一婦一夫制を廃止する。

        出生率をあげる為のこの3つの条件を成立させるのが男性側の通い婚と言う形をとる社会ですね。
        子供は成人に達して婚姻しても生母の家を出ないので
        男性が実父母を大切にしたら
        妻にマザコン呼ばわりされるケースも減るし
        嫁姑問題もありません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        母系社会へ移行する(笑)しょにょに~

        しおりをつける
        blank
        無理を承知で
        (その他、姓の変更や婚家の墓に入ることに因る
        アイデンティティーの喪失感も避けられるでしょう。
        実父母と折り合いの悪い人は、婚家の養子か養女に入り、
        子供をまともに育てられない母の家は途絶えることになります。)
        子供は生母の家の家族が協力しあって育てます。
        未婚の兄弟姉妹も子育ての経験が持てます。
        経済力のある男性は複数の妻を持つことが可能、
        また複数の夫を持つ女性は夫のうちひとりが経済力があまりなくても
        他の夫からの経済的補填があり、女性自身にも経済力があればなお良好。
        夫や妻はただひとりでいいと言う人はそう言う相手を選べばよいし
        結婚した相手が多夫(多妻)持ちであることが不服ならば
        婚姻関係を解消出来ます。(男性側の子供に対する義務と権利だけは続行)
        尚、母系社会は性的に大らかになり過ぎて近親相姦が多発する危険性も孕んでますが
        避妊と近親結婚に因る子孫への影響を充分教育し
        複数の妻にそれぞれ子供を産ませた夫は、時々子供達を家へ呼び寄せることで
        異母兄妹姉弟間にもきょうだい意識を持たせることは可能でしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        経済のためにこどもを作れって?

        しおりをつける
        blank
        そんなのいや
         出生率を上げる必要なんてないですよ。
         子どもが増えれば、教育費も医療費もかかるのですから、それを引いたら、経済に貢献するばかりではないです。

         大体、国の経済のために子どもを作るなんて、生まれてくる子どもが気の毒。
         団塊の世代は、子どもがいっぱいいたけど、おかげで団塊の世代はいいことなかったですよ。
         学校の教室はすし詰め。大学の入試の競争率は高い。就職口はない。勤めれば、ポストなし。
         生まれてから死ぬまで競争。疲れる人生です。
         
         中国なんて、人口が多すぎるからと、一人っ子政策。
        経済の都合で、子どもを産むなんて、おかしい。

         トピ主さんはお母さんですか?そんな考えで子どもを産んだらかわいそうですよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        辛すぎます

        しおりをつける
        blank
        @友人宅
        マミーさんが必死に取り繕っていらっしゃいますが、見れば見るほど悲しくなります。
        不妊治療への理解は欲しいです。
        いつか私も赤ちゃんが産めると信じていたいです。
        だけど、マミーさんの案だと、赤ちゃんを授かるまで社会的に一人前ではないと、今以上に追い詰められる恐ろしさがあります。

        >不妊と言っても治療を受けていない人は、病気でもありませんので、何も優遇や同情される必要は無いと思います。
        >だから不妊と言っても子どものいない夫婦には、少子化対策税が本当に採用されるような事になれば、払って頂きたいと思います。
        もしこのような政策が実現されれば、「お金をやっているのにまだできないのか」という責めを負いながら治療し、治療を断念すれば同情される必要はないと突き放され、自分の意思で赤ちゃんを産まない人と同じように、反社会的に生きることへの罰としてお金を納めなければならない。
        不妊に悩む人は一生国に振り回されることになってしまいます。
        お願いですから、不妊治療と少子化対策を一緒に考えないで下さい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        単に生まれないだけでは?

        しおりをつける
        blank
        へそ出すな
         昔から、女は腰を冷やしちゃいけないって、言われているのに、近頃の女の子はへそ出して歩いている。 これじゃ子どもなんて生まれませんよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        37さんへ

        しおりをつける
        blank
        わたしは36
        だからこそ、出産がキャリア上のハンディにならずに済むような社会のシステムにするための知恵を、ここでみんなで出し合ってるんじゃないですか?
        現在女性の出産をしづらくしている要因の一つである企業の実利主義を、37さんのように現状のまま認めていたら、何の解決にもならないと思うんですけど。
        それなら、企業でのキャリアが停滞しても出産に魅力を感じられる社会になるようなアイディアがあるなら出していただきたいもんですね。
        それにしても、35さんのことを勝手に被害妄想と決め付けるなんて失礼だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        モヨさんに似てる

        しおりをつける
        blank
        雅子
        こんなんも「産みたくない」の理由に加えといて下さい。

        モヨさんの意見に近いですが、
        今新婚でらぶらぶでも、「子供」ができたら私も旦那に外で
        「もうあいつは母親だから」とか言われて浮気されちゃうんじゃないか、みたいな
        不安があります。
        子供ができたら「女」として見られなくなるんじゃないか、という
        不安です。まあ子供いなくたって関係ないのかもしれないけど。
        でも今そういう不安があるのは確かです

        ここまで不倫や浮気がオープンになり、そういうサイトも充実しまくりで、
        家庭に興味がない男性の多さにうんざりして、
        だから「家族」になるのがこわいんです。
        子供産んだら体のラインが元に戻らないとか言われてるし。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        !!!高齢化の方が問題!!!

        しおりをつける
        blank
        どうだ!
        なぜ、少子だけが悪とされるわけ?
        医療の発展でヒトが生き延びてることに問題がある!
        今の時代は、増子・高齢化を二つ選択できない世の中なんだよ!

        少子化ばかりを責めてないで、
        高齢化を進めたことに問題を置き、医療の発展でも食い止めれば?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティが駄目なら

        しおりをつける
        blank
        そうだな
        親子優遇サービスの展開をするといいですね。
        親子専用車両、親子専用椅子、親子専用フロア、親子専用割引等など作って、親子での生活が独身生活より快適であれば子育てしやすくなりますよね。
        片親と子供なら2割引、両親と子供なら3割引とか、子供が多いとさらに割引とかにするといいね。
        財源は独身分に上乗せすればいいのです。子供にお金掛かってないんだし。
        どうです?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子育てはツライのが人類特有の問題

        しおりをつける
        blank
        はなこ
        少子化は先進国に共通する問題です。

        日本の場合、男性の労働時間が長すぎるため子育てに協力できないというのが理由だと思っていました。

        しかし、バカンス天国・男性の家事労働の関与が日本に比較にならないほど高いフランスで暮らしてみて、それでも少子化になるのはこれはもう人間の本能だと思います。

        つまり今まで人類は仕方なく子供を育てていたわけで(全員とは言いませんが)、子供を産むことが選べる時代になったら避けたいというのが本音でしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱりマミーさんには反対!!

        しおりをつける
        blank
        セロリの母
        >不妊とは2年間以上子どもを望んでいるのに出来ないカップルとの事ですが、その多くは原因不明です。

        ↑原因不明が多いのに治療してればOKしてなければアウトですか??じゃ、治療の意味がなくなりませんか?税を逃れるための治療でも受けるほうがいいって事ですね。

        >不妊と言っても治療を受けていない人は、病気でもありませんので、何も優遇や同情される必要は無いと思います。だから不妊と言っても子どものいない夫婦には、少子化対策税が本当に採用されるような事になれば、払って頂きたいと思います。

        ↑優遇や同情なんて欲しいとは思ってないと思います。子供がいるかいないかで課税される制度がおかしいと思うだけです。子を持つ選択権は親にあって国にあるのではないからです。それから、同情で課税されるかどうか決定されるんですか??同情できないから税は払えっていうように理解できますが、いかに不妊を悲劇にするかって事ですか??

        不妊でも病院行ってる人は病気で行ってない人は病気じゃないと断言できる根拠は??癌があっても病院行ってれば病気、行ってなければ病気じゃない??治療受ける選択権もその人にありますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        逆転の発想

        しおりをつける
        blank
        ぎゃ
         年金、高齢者医療費補助、介護保険を今すぐに廃止しましょう。そうすれば、高齢者人口は減少していくでしょうから、少子化も無問題。
         後は、姥捨て山制度も導入しましょう。
         介護問題も解決できます。嫁姑問題もなくなりますよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        税金投入

        しおりをつける
        blank
        にゃ
        出生率を上げるために
        諸々の手当ての一部支給、全額支給ですか
        ここでは次世代の納税者としての子供という見方ですよね(ここが大切、じゃ無いとよく読まない人が人権とか騒ぐので)

        では国は(納税者)そのために夫婦、もしくは家族に税金で投資するわけだけど

        子供が出来なかった
        障害などで本人の働き以上に年金などの支給が多くなってしまう人。働かない子供を持ってしまった夫婦、家族
        どうするんですか

        税金を使うのはボランティアでも施しでも困ります
        使った分だけ納税者に帰ってくるものが無いと困ります

        独身者、子供が居ない、持たない夫婦にペナルティ

        ペナルティ分のお金を投資する夫婦、家族が選択出来たら良いかもね
        誰だって優良物件に投資したいですよね

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        香港みたいに・・・

        しおりをつける
        blank
        あほな女
        香港みたいにそれなりに高等教育受けた家政婦さんを雇える様になれれば・・・かな?

        それなりに仕事頑張って来た女性や、旦那の給料だけじゃ経済的に無理!て人も、外でバリバリ働けたらいいのにと思うけど、子供が病気になったら保育園では見てもらえない(当たり前)ので、会社休んで看病しなければならないし・・・。そしたら会社に迷惑かかるし。

        無理かなぁ?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピずれかも・・・でもちょっと聞いて

        しおりをつける
        blank
        まっち
        私を含め、不妊治療してる仲間が大勢います。

        で、高校の教師をしている友達が言いました。
        「子供を作るな、避妊をちゃんとしろという教育ばかりを学校はしている。でも自分の身体を大事にしないばっかりに産めない(妊娠しにくい)身体になったりすることも多いということも、きちんと教えるべきなのかも」

        全てを学校や行政のせいにするつもりはありませんが、不妊仲間は皆口をそろえていいます。
        「避妊止めれば、すぐできると思ってた」

        秘策はないけど・・・30過ぎてもフワフワ楽しそうに遊んでる人たちみると、誰か教えてあげてって思う。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ニッポニアニッポン

        しおりをつける
        blank
        さらまわし
        「ばかだね、そんなこと。たぶん小さな出来事。」
        ってさださんも言っております。

        明日の献立の方が気掛かりなうちは
        だめなんじゃないですか?

        トキみたいに滅んだって仕方ないって
        思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不妊治療してみてください

        しおりをつける
        blank
        ののち
        読んでいて悲しくなりますね。
        子供を産まない人へペナルティーなんて。
        子供を産みたくない人以上に産みたいけど出来ない人も
        沢山いますよ。

        でも、「私は不妊です」って公言するなんて嫌です。
        プライバシーの侵害ですよね?
        反対に生理休暇みたいに悪用する人も出るでしょう。

        不妊治療してみる価値はあるとか言う方へ
        毎日薬を飲んで、ホルモンバランスが崩れ、筋肉注射を
        打ち、子宮に管を通し造影剤を流し、性交の日を医師に
        決められた通り行う、これって苦痛ですよ。
        その結果に一喜一憂する夫婦の姿を見たら言えませんよ。

        だいたい、今きちんと税金納めてない人もいますよね。
        自分がきちんと払えば貰えるのは当然だと思います。
        この際、自分が納めた額だけ老後に支給されるように
        すれば公平になるとは思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピずれは無視というのはだめですか。

        しおりをつける
        blank
        そもそも
        トピ主さんがこのトピの冒頭で、
        >まず、このトピは子どもを生まない選択している人を批判する為に立てたのではないので、そういうレスはご遠慮ください。
        と書いているのですから、「独身者とdinks夫婦にペナルティ」案と、その投稿者のレスはスルーして良いのではないでしょうか?
        真面目に語っている人が多く、興味深いトピなのに、非難されても止めない一連のペナルティ発言で、このトピ自体が消えてしまったらもったいないです。
        発言している皆さんが全員政治家になって日本を動かせないので、こういう問題は明確な答えが出ないものですが、一人一人考えることはとても大切だと思います。
        後味悪くこのトピを終わらせてしまったら、それこそ、やっぱり子供を持つのは損だったという結論に行き着いてしまいそうで、寂しいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供を増やすには

        しおりをつける
        blank
        まどんどん
        子育ての楽しさをもっと宣伝することです。
        子供がいない人間には「子供って本当にかわいいよ~、はやくうみなよ」という人が、子育てに関しては、子供は金がかかるとか、子育てしにくい世の中だとか、好きなことができないとか被害者意識の愚痴ばかりいってたりします。

        もっともっと、子育てのすばらしさを世の中に伝える努力をしたほうがいいと思います。
        人間って、楽しそうな方向には、自然に向かっていくものだと思いますが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        危機管理が出来ない日本

        しおりをつける
        blank
        空しい・・・
        今回のトピで、日本の将来を危惧された意見として見受け
        られたのは、残念ながら『はっふるぱふさんとbossさ
        ん』しか無いように思われました。
        皆さんのご意見は色々あるのでしょうが、小町に発言され
        る方はどうもある一定の発言量越すと、ボルテージが上が
        り、事の真相から外れていくように感じられます。

        年金問題の一部として、少子化が問題視される傾向が強いようですが、少子化自体が大きな、深刻な問題です。
        日本では、国家という概念が余り無く、現在では無頓着に
        自由を謳歌される方が多いのですが、国にも勢いが必要であり、その求心力が減少すると今の価値観自体が大きく
        揺れ動きます。
        全世界が完全にグローバル化するのはまだ先の話です。
        今の日本はマンパワーで成り立っており、未来の為に1人でも多くの子供が必要です。
        今直ぐにでも、少子化対策が必要です。
        まず出来る所からどんどん対応策を導入する事です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ペナルティ?

        しおりをつける
        blank
        ペナルティなんて現実的じゃない
        そんなことしたら、有能な人材が海外流出するだけ

        第一対象非対称に分けるのに、どれだけ手間隙かかることか
        どうせ対象になっても未払いになるだけだし

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        せめて出産・検査費用の健康保険適用を!

        しおりをつける
        blank
        しずく
        私は今28歳、夫31歳で子なしです。
        こどもが欲しいのですが、
        夫は給料が上がらず、手取りは20万円で
        私が仕事をやめれば、生活がなりたちません。
        経済的に大変な不安を感じ、躊躇しています。

        友人達の話では出産、検査費用にかかるお金は
        「医療行為ではない」という理由で健康保険がきかず、
        合計50~60万円とかなり高額です。
        補助金制度より、出産・検査にかかる費用を無料、
        もしくは、せめて医療費と同じように3割負担にするべきではないでしょうか。

        子供1人にかかる総額は、2000~3000万とも聞き、
        子供にお金のことで不自由な思いをかけさせたくないし、
        金銭的な面で子供を育てていく自信がありません。

        フランスでは高校までは学費が無料だそうですが、
        そうなれば、安心して子供を産めるのですが・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        雅子さんへ

        しおりをつける
        blank
        同感
        同じような気持ちの人がいるんですね!
        私もそうです。
        いつまでも「女」でいたいんです。
        「妻」と「女」の役は一緒にできても、「母親」と「女」の役は一緒にはできない。ってどこかで見たな。
        「女」度が薄れていく妻を見て、夫はどう感じるんでしょうか・・・そんなことで?と思われるかもしれませんが、それが不安要素の1つで産めない私です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        北風と太陽

        しおりをつける
        blank
        non
        私はペナルティ制度には反対です。
        子供を[物]として見ているような気がするので・・。
        両親に望まれて生まれてくるのが子供にとっては一番いい環境ではないでしょうか?

        罰則よりも子育て優遇制度を整備した方がよいのではないでしょうか?
        ペナルティを課して生ますだけ生ませといて出産後はなにも手当てなし、では今と状況はほとんど変わらないと思います。

        私はこのペナルティ制度の話を見て、『北風と太陽』の話を思い出しました。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        daisukeさん(その2)

        しおりをつける
        blank
        とほほ母
        トピ主さま、私信ばかりで申訳ありません。

        >生まない限り実感わかないと思うんです。
        >だから1人で十分とは経験上思うかもしれないけど
        >経験がなければ「そこまで」とは思わずに生むのでは
        ないでしょうか?

        まったくそうですね。だから、1.29なのかな?
        (うちは一人で懲りたので、思いっきり平均値内
        に入ってしまっています。とほほ。)

        周りに・おひさまのような、いやし系ママが何人か
        いますがやっぱり・みんな懲りてます。
        (自分の事は棚にあげて、正直もったいないです。)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やや夢想めいた予想ですが

        しおりをつける
        blank
        ななし
        どうにもならないし、何もしなくても良いと思います。
        過疎化の村へ行けば驚くほど爺さん婆さんばかりですが
        やっていってますし極端な高齢化社会も悪くはないですよ。

        それに砂漠化、森林破壊、温室化現象、公害など
        地球環境の問題を思えば世界人口、特に先進国の
        人口は減った方が良いですし、
        今は世界に50億以上もいますし日本だけでも1.3億も
        いるんですから別に数百年の間に少しくらい
        減ったって構わないです。
        そのうち反転して増えるかもしれませんしね。

        それて高齢化の進みきった未来
        もしくは人口の減りきった未来が
        どんなふうになるかんはわかりませんが
        人類は英知でもって適当に何とかしていくと思いますよ。
        それこそ不老不死の薬や死者を蘇らせる技術が
        できるかもしれませんしね。

        まあ自分たちの死んだあとの未来の事はおいといて
        とりあえずは自分の老後は自分で
        何とかしていけるようにはしておいた方が良いです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        それでもあえて。

        しおりをつける
        blank
        うるるん
        >かのんさん

        レス、ありがとうございました。
        私は北海道の住人ではないので、そちらの事情は存じませんでした。貴重な情報(?)をありがとうございます。

        ですが、あえてそれでも私は「保育所は不要」だと思います。理由は前回に書いたとおりです。
        お話を伺うと、「共稼ぎでもしないと生活できないし、ましてや子供なんか」という状況なんですよね。でしたら、考え方を変えて「だから保育所を増やす」ではなく、「共稼ぎしなくてもちゃんと食べていける社会環境を目指す」という選択肢があってもよいのではないでしょうか?

        今までにも増して共稼ぎが増えて、女性が多く(それも、食べるために仕方なく)労働市場に参加するようになれば、需要と供給の関係で賃金はますます下がっていき、ますます共稼ぎでないと暮らしていけない世の中になってしまいます。

        そうならないために、効果のない保育所の充実をやめて、その分の財源を別の子育て支援(専業主婦世帯への補助や教育充実)にまわす方が少子化解消につながり、「出来れば家で育児に専念したい」という人たちへの「福祉」につながると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        追加で失礼します。

        しおりをつける
        blank
        うるるん
        かのんさんへ追加です。

        一つ質問なんですが、かのんさんは「市街地は保育園があり、0歳児保育をやっていますが、」とおっしゃってますが、0歳の子供を保育園に預けてまで働くのが当然だとお思いなんでしょうか?

        そうだとしたら、今の子供たちはかわいそうだな、と思いまして。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自己責任型の年金導入

        しおりをつける
        blank
        とむ
        「自分の老後の保障のために子供を持つのか!!」とよく子供を持たない選択をした人はいいますが、子供持つことは本来、老後の保障という側面もあると思います。実際、年金制度が始まる前はそういう感じではなかったのかと思います。

        しかし、年金制度が発足して、「子から親へ」の扶養が「子世代から親世代へ」に置き換えられて、子供を持つことが老後の保障であるということが希薄になってきたと思います。

        そして、世代間扶養という年金制度の下で、一部の人は気づき始めています。「子供を産まない方が経済的に得だ」ということを。

        子供を持たない選択をした方によく見られる「生活のレベルを落としたくない」「二人で余裕のある暮らしを楽しみたい」という意見はまさしくこういった人の考え方です。

        ですから、年金を自己責任型、つまり積み立て式にすると、こういった考えで子供を持たない人はいなくなるでしょうから出生率は増えると思います。

        そして、これにより、子供を持たない選択をした人は自分の選択に責任を負うわけですから、「子供を持たないのに年金をもらうのは不公平だ」という意見もなくなるでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自己責任型の年金導入2

        しおりをつける
        blank
        とむ
        しかし、そうすると、責任をとれない人たちが出てくる。この人達を国でどこまで面倒みるのか。あまり面倒見過ぎると「自己責任」ではなくなりますが、のたれ死にさせるわけにもいかないですしね。また、これはこれで難しい問題が出てきて、一長一短です。

        自己責任型の年金制度を導入しつつ、自己責任をとれない人に対しても死なない程度のセイフティーネットを作る。これもまた一つの方法ではないでしょうか。現在、401kが導入されていますが、まだまだ限定的です。

        ちょっと厳しい気がしますが、本来、自由にはそれに対する自己責任がつきまとうものです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人の世話をする施設の充実

        しおりをつける
        blank
        るり
        これ、保育施設だけでなく介護施設も含みます。
        人のお世話のため家にいなければならない環境、時間の自由がきかない環境、この2つが少子化に拍車をかけていると思います。人って自分の思い通りにならないから、お世話するのってものすごいストレスですもの。(特に無償のお世話は大変、お金がもらえるならお金の為って割り切れる部分もある)

        また就職難の今、無駄な公共事業をさっさと止めて、この2種類の施設を作ることで、時間的拘束のある人を解放し、職を求めている人には仕事がまわる、、。人助けのための税金の投入には文句はでにくいのでは??

        こうして時間を得て、家族を人にまかせられる安心があってはじめて気持ちに余裕ができ、生殖活動にいそしめます。ストレスや不安をかかえているうちは、いくら頑張ったって子供なんてできないよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        あえて

        しおりをつける
        blank
        あん
        子世代に頼らないことは素晴らしいことではないですか?
        自分の面倒をみてもうらおうと思うほうが?です。
        親世代の前の前、そのまた前に年金制度確立してましたかねえ?

        出生率を心配する背景に、年金制度があるのでは?という
        ことです。
        困ってる人に、税金を使うことに文句言う人なんていませんよ。
        えらそうだなんて言うなら、そんな子産むなよ!って話です。えらそうだなんて言って、子世代に頼ろうする制度が
        問題でしょう。
        子供を産むのも幸せのためで、お国の為ではないでしょ?
        子供が減ると、自分達の老後が心配なんて・・・
        だからこそ、断ち切るべきって考えなだけです。
        先祖には感謝ですよ。先祖に感謝と、子世代に頼るのは
        全然違う話ですよね・・・

        子供がいてもいなくても、みーんな幸せであって欲しいと
        思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        できたら産みたい!

        しおりをつける
        blank
        ぼうろ
        2人の子供の母です。
        大学までの子供の学費がタダなら、あと2人は産みたかったなぁ~。
        実際は、これからの教育費を考えるとツライので
        もうそろそろパートに出ようと思ってます。

        育児休暇うんぬんよりも子供を多く持っても
        経済的負担が少ないように政府には考えて欲しいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不妊治療者への保険、補助をもっと手厚く

        しおりをつける
        blank
        がぶ
        「子供は欲しいけれど治療費が保険外で大金がかかるから治療を受けるにも限度がある。保険が適用されたり何らかの公的補助などがあれば、子供を欲しがっているにも関わらずお金がなくて不妊治療をあきらめるということも減り、子供は増えるだろうに」
        不妊治療を長く続けている友人の心からの言葉です。二人の子がいる私もそう思います。どうして子供を本当に欲しがっている人のために健康保険適用や公的補助がなされないのだろうか?と。いろいろ事情があるのでしょうが、少子化がここまで来て社会問題になっているなら、多少の無理を押してもそういうことから実施し、心から子供を欲しがっているが叶わぬ家庭からまず金銭面で援助していったほうがいいと思うのです。私はそのために自分たちの税金が使われることに異存はありません。それは正しい使い方の一つだと思います。

        友人のように子供を切望している人、妊娠できずに苦労している人の多くは、もし子供を授かったらきっとその子供を大事に慈しんで育てると思います。そしてそういう親に育てられた子供が増えれば、単純にはいえないでしょうが今世間で起きているような少年犯罪も今より減るかもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        理由は、将来が不安。

        しおりをつける
        blank
        リーベンレン
        狭い国土に過密人口、食料や資源の自給率も悪く、人手が余り、少子化なのに就職出来ない若者が増え。
        人口密度が飛び抜けて高いのに、年金問題に絡めて少子化を嘆く。
        いったい、この国の目指す方向は何処なんでしょうか?

        将来的に、力ある企業は拠点を海外に移し、国内企業は外資にのっとられ、そのうち移民も単純労働者だけではなくて、知識層の移民が増えるかも知れません。そして単純労働は日本人が請け負う事になったりして。
        国の財政にさえ信頼もてないし、どうしてもネガティブにしか考えられないので、今の子供達の将来が可哀想に思えます。
        老人を甘やかす為に、赤字である年金を埋めるべく現役世代から絞り取り、子供人口を増やす為に、税金から補助をする。
        それで子供が増えたとして、将来その子供達に、私達は何を残してあげれるんでしょうか?今の状況では良くない事しか考えられないのですが。
        とにかく、みんな選挙に行きましょうよ。少子化問題も、何もかも、選挙に行く事から始まるんですから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        男性にアンケート

        しおりをつける
        blank
        ぽん
        >女性が子どもを3人以上産んでもいいな、と自然と思える

        たしか女性に産みたい人数を聞いたら3人が多かったんですよね。
        で、実際に産む人数とのギャップを埋めるにはどうすればいいか対策が語られる。
        でも女性だけじゃ子供はできませんからね。
        今の20代、30代の男性に子供は何人欲しいか聞いたらどんな数がでるでしょう。
        女性の希望する数より少なければ、男性向けの少子化対策も考えなくちゃ。
        特に未婚男性はどう思っているのか興味があります。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横レスですが。。。。。

        しおりをつける
        blank
        惨敗した女
        >子供がいない人間には「子供って本当にかわいいよ~、はやくうみなよ」という人が・・・・

        お願いですから、これを子を欲しくてもなかなか妊娠できなかったり、流産を繰り返していたり、やっと授かったのに死産というような悲しい結果になってしまった人には絶対に言わないで頂けますか??
        子が可愛いのはわかってますし、1日でも早く産みたい気持ちは1000%あるんです。
        出来るもんなら明日にでも産みます。というよりとっくに産んでます。
        毎月、毎月悲しく絶望的な思いで月経を迎えているカップルを追いつめるようなことだけはやめて下さいね。

        ペナルティ案などというとんでもなく無慈悲で差別的な意見が出ているのを読むだけで暗澹たる気持ちになってます。

        身体的、精神的、経済的、時間的にも辛い不妊治療をしたって妊娠に至れないことも多いですし、やっと妊娠に至れても流産という結果になる事も多いのが現実なんです。

        不妊検査や治療に掛けてきたお金を貯蓄していたら、今頃もっと貯金が出来ていたのに・・・・・。子がいなくても裕福な生活とはほど遠い我が家です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        年金制度ってネズミ講

        しおりをつける
        blank
        産めよ増やせよ
         これ以上、人口増やしてどうするのですか?この狭い国土に一億三千万人もいるというのに。
         戦時中の様に、「産めよ、増やせよ」の掛け声にのって、人口を増やせば、苦労するのは、これから生まれる子ども達ですよ。
         他所の国は、もっと少ない人口で、ゆっくり暮らしているのに、ちゃんと経済も成り立っています。
         
         年金問題も、老人一人に四人で支える制度を、次世代でもそうしようと、子どもの数を増やしたら、あと数世代で、10億人越えてしまいます。
         まさにネズミ講ですよ。
         そういう計算も分からないで、子どもが増えれば、年金問題が解決すると、本気で考えている人がいるのでしょうか?
         

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        うるるんさんにお答え

        しおりをつける
        blank
        かのん
        >0歳の子供を保育園に預けてまで働くのが当然だとお思いなんでしょうか?

        当然とまでは思いませんが、夫の実家や親戚、私の先代も農家が多く、女性も老人も労働者の1人であるという考えが私の中にはあります。
        世の中の職種は企業勤めだけとは限らないのです。起業家もいれば、片親世帯も増えているし、高学歴でキャリアをお持ちの女性もいるでしょう。高齢者を抱えて介護をしている方もおられます。
        父親は、結婚をしても子供が産まれても自分の人生になんら変わり無く仕事をしているのに、女性は結婚、出産など少しの変化で人生の選択を何度も迫られるなんて、これも未婚/少子化の一途を辿る理由だと思えませんか?
        それと、3歳未満児保育を利用している多くの世帯は、父親が育児/家事を担っている確率は非常に高いです。我が家は専業主婦世帯だからと家庭の事に一切関わらない父親のいる家庭より、はるかに子供にとってよいことだと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        定年の方、手伝えます?

        しおりをつける
        blank
        えんぶる
        60以上で特に仕事が無く経済的にも恵まれている方は、若い世代が作った子供の面倒を見る気ありますか?若い世代は年金が減っていくことが確実ななか負担は増えており、リストラ不安も含め、これまで以上に仕事が大変になっています。それでは、まだまだ元気な高齢者(面倒を見てもらう側)が、子育ての時間と労力を拠出できませんか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        JJさんに一票

        しおりをつける
        blank
        Perl
        日独伊、スペインなど先進国でも育児の責任をほぼ100%女性に期待しててるような国では、いくら補助金を上げても育休制度を整備しても目にみえる効果はあがってないんです。子どもを産むとなると、女性は育児の責任を一人で背負うことを覚悟しないといけません。仕事を持ってようといまいと。母親はこうあるべき、みたいな外野のえらそーな意見も多い!(上に並べた国の一つに住んでますが)。父親に対しては期待されてないのに。私の経験から言えば、育児家事よりフルタイムで会社で働く方が楽です。私と同じ仕事+給料の同僚は奥さん専業主婦で子どもありの人もいます。生活レベルは一緒ですよ、税金の控除は多いし。男は楽でいいね!!奥さん専業主婦なら会社行って仕事するだけでいいんだもの!家政婦さん保母さん雇って税金で控除されるようなものでしょ。私も家事育児は夫に任せて仕事に全力投球したいわ。これって男が言うぶんには文句言う奴いないけど、女が言うと叩かれるのね。それが上で並べた国々の問題でしょう。このダブルスタンダードが。とにかく男が育児に関して楽をし過ぎ。出生率低下に関して男ががやがや言うのを聞くと、黙れよと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        実体験

        しおりをつける
        blank
        セロリの母
        5年程前、ワーキングホリデーでオーストラリアに行った時、こんなところなら、子供産んでここで育てたらいいだろうなって思ったんです。理由は英語圏だからではなく子連れでのんびりできるような公園や自然がたくさんあるって事です。しかも、高速だとかは無料だし、公園ももちろん無料で開放的だし、そういう雰囲気が大事なのかと思います。

        それまでの自分は結婚しても子供は、すぐには作らないだろうとか、子を育てるのは日本じゃお金がかかり過ぎるとかまわりの子供産んでる友達が幸せそうじゃないとかいろんなマイナスイメージが強過ぎて夫婦だけって選択もありなのかなと思っていました。

        日本では、家が密集し過ぎている事がよくないのではないでしょうか?開放的な自然が回りにあり、のびのびした雰囲気があります。子連れの若い夫婦だけじゃなく、年配の人たちも開放的な雰囲気を持っているように感じました。町全体が視覚的にも明るい雰囲気になれば、みんなの気分も違ってくるのかもしれません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です 1

        しおりをつける
        blank
        はっふるぱふ
        あまりにも沢山のレスがついた為、正直戸惑ってしまって、私からのレスが遅くなってしまい、申し訳ありません。
        でも少子化に対する感心って意外と高いんですね。なんだか安心しました。
        このままじゃいけない…そう私も思っていました。
        でも何をどうしたらいいのか、有効な対策なんてそもそもあるんだろうか?と常々疑問に思っており、1.29という数時がニュースで出たのでトピを立てさせていただきました。

        皆さんのレスを読んで私なりに色々考えがまとまってきたので、書かせていただきます。

        まず、そもそも出生率を上げる必要はない、という意見には反対です。
        1.29という数字は一時的なものではなく、年々急速に下がってきているわけで、このままだと他のトピでもあった東京の0.99という数字が全国平均になる可能性も近い将来ありえるでしょう。
        人口を増加させることが必要だと言っているのではなく、急速な少子化は大変危険だと思うのです。
        (続きます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です 2

        しおりをつける
        blank
        はっふるぱふ
        少子化の問題が解決されれば、年金・財政・経済の問題が解決されるとは思っていません。
        しかし、どんなに年金等の対策を講じても、このまま出生率が低下していけばひずみが生じることは必然だと思います。

        では具体的にどうすれば、今より子どもが増えるのか?
        まず経済的な問題ですが、児童手当や出産一時金等もいただけるのならありがたいですが、所詮子ども一人を大学までやる為に必要な金額から考えると微々たる物だと思います。
        子どもがいても働ける社会にするべきです。
        出産後や育児が人段落ついた女性への就職支援や求職中でも保育園に入所出来るように保育所の充実。
        病児を預けられる施設の充実。
        駅前保育園や保育料の値下げ。
        また、すでに働いている女性が、子どもを産みやすくする為に産休育児休暇中に手当てを充実させ、さらに子ども出来た男性に強制的に育児休暇を取らせる。
        男女の区別無く、子どもが産まれればキャリアがストップする制度を作れば女性への不公平感が減る、または子どもを産むことがキャリアに響かない会社も増えるのではなんでしょうか?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です 3

        しおりをつける
        blank
        はっふるぱふ
        ただこれだと子どもを産まない選択をする夫婦が増えるかもしれませんよね。
        それも含めて、是非推進して欲しいのが、義務教育での「子育て教育」です。

        「なぜ子どもが欲しいのか?」というトピを読んで思ったのですが、「なせ子どもを欲しくない、と思ってしまうのか?」という事の方が私には疑問なんです。

        子育てをしたこともないのに、子どもを欲しくないと判断している人が殆どですよね。
        理由はとても合理的なものだったりします。(生活レベルを落としたく無い、日本の未来に不安、子育てが大変そう、子どもに老後をみてもらうつもりがないなど)
        でも子どもって本能的に欲しいと思うものだと思うんです。
        他人の子どもが騒いでいるのを見てるだけでは子どもが欲しいとは思えないでしょう。
        でも、産んでみないと分からない、育ててみないと分からない、言葉に出来ない喜びを知ったら、子どもを産んで良かったと思えると思います。
        (さらに続きます)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピ主です 4 (長くてすいません)

        しおりをつける
        blank
        はっふるぱふ
        そういうことを感受性が強い子どものうちから教えておけば自然と子どもを持てることは幸せなことなんだ、と思えるのではないでしょうか。
        家庭科で赤ちゃんの世話をするとか、その母親の話を聞くとか。
        子どもがいる家庭の幸せを教えることは、ひいては家族の
        大切さ、自分のルーツ、命の大切さをも教えることになると思います。

        子どもがいても働ける社会。
        子どものいる喜びを教える教育。
        この二つが私からの提案です。

        沢山のレスをいただいて、私もこの問題についてより深く考えることができました。
        ありがとうございます。
        まだまだ、ご意見がありましたら、よろしくお願い致します。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        女性の正社員の雇用をふやす

        しおりをつける
        blank
        うーん
        派遣社員をやっているんですが、ホント、今、会社という会社は、女性社員を派遣に変えていますよね。
        かくいう私も、派遣社員なんですが。
        今、働く女性が増えたといっても、半数以上が派遣かパートなんじゃないでしょうか。
        いくら子育てと仕事を両立させるために法律を作っても、派遣社員やパートの場合、その恩恵を受けることは難しいんじゃないでしょうか。
        妊娠を理由に解雇してはいけないはずですが、実際に派遣の場合、契約を打ち切ればいいわけですから、妊娠したら、仕事を失うことになります。パートも一緒でしょう。育児休暇だの、いろいろやってますが、派遣じゃ、そんなのナシ。

        ある雑誌で、中絶する人で、派遣社員という人が多いんだとか。

        。。。うなずけます。
        やはり、正社員としての雇用を増やさないと、出生率は上がらないと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        戦争

        しおりをつける
        blank
        トケイ
        地球温暖化、異常気象、戦争、核兵器、テロ
        環境ホルモン、いずれは大人に成る少年少女の
        異常な精神、

        今後減っていく一方で増える事はありえません。と
        約束されるなら子孫を残してみたいです。本音です。

        大変難しい話かと思いますが
        親に育ててもらえずに路上生活する諸外国の
        たくさんの子供達が
        日本の施設、里親制度で大人になれればと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        保育園がムダという意見

        しおりをつける
        blank
        じゅんまま
        確かに、保育園は足りないながらも充実されつつあるのに、出生率は下がりっぱなしですね。だから保育園をなくして、その財源で専業主婦となっても子育てできる社会を築くべきだという意見がありますね。

        しかしこうすると、多くの女性はキャリアか出産か二者択一をすることとなります。まず優秀な人材が減り、後進的となり「育児財源」につながる経済力へのマイナスが懸念されます。
        さらに、肝心の出生率が下がりそうです。ある調査では、仕事持っている主婦よりも専業主婦の方が、希望する子供の数が少ないそうなので。

        今は、多くの家は車とコンクリートだらけの町の一室だし、近所に同年齢の子供もすくないし、この環境で一日子育てするのはストレスの多いことだと思います。(それでも立派に子育てしている方が多いですが)

        でもこの環境では、保育園(園庭つき)のような、広さのある子供のためだけの空間は貴重だと思います。
        また、2歳くらいの子は、家庭の事情を問わず集団保育をする時間があった方が良いと思っています。
        ちょっと財政負担をすっ飛ばした育児の理想論になってしまいましたが、保育園は託児所というだけではない意義があると思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        スキップ制の導入と学生結婚

        しおりをつける
        blank
        ham
        2,3年学年をスキップして、大学で出産できたらいいなあと思います。

        優秀な人たちで、大学、大学院まで進む人たちはたくさんいます。彼女たちが卒業して就職して、3年くらい働いて、というと、、もう子どもを産める期間が狭まってしまいます。

        私自身も学生時代に産めたらどんなによかったかと思います。でも子どもを産んでからでは少なくとも1年くらいは留年することになるので、社会に出るのが遅くなりますよね。

        小、中、高と1年づつスキップできたら、3年も余裕があったのに。

        私の友人で、すごく優秀な人がいて、日本史の教科書を一通り読んだだけでセンター試験ほぼ満点、という人がいました。そういう人たちはどんどん先に進んでもらった方が(友達がいなくならない程度に)いいんじゃないかと思うのですが。

        そうすれば、優秀な女性たちも子どもが産めるでしょう。
        実際、医師や研究者では、学生時代に産んでしまう人が増えてきたようですし。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        マミーさん

        しおりをつける
        blank
        イチゴの母
        色んな方がいらっしゃるので、色々意見があるのは当たり前ですが、これだけは聞き流せませんね~。
        ハッキリ言ってトピ内容と方向がずれてしまっていますが。マミーさんの意見、聞き捨てならないものがあります。悲しくなりましたね~
        治療を最初からあきらめる方が多いので、もったいないと
        あなたは、簡単に言ってのけていらっしゃりますが、不妊症のご経験はおあり?もう少し、思いやりのある発言をしていただきたい。諦めるんじゃなく、諦めざる得ないんです。治療って口で言うのは簡単ですが、金銭面だけじゃなく、心も体も相当傷つきますよ。
        不妊は3人に1人、恥ずかしい病気ではありません。
        世間体の方が気になるのであれば、申請しなくても良い。とおっしゃっていますが、恥ずかしい病気ではありません。と言ってしまう事事態、恥ずかしいと思っていなければ言えない事では?世間体?気にしますよ。当たり前です。そうゆう事を気にしなければならない世の中ですから。ヒソヒソ言われて育つんですよ!子供が可愛そうです。いちいち、知られなくてはならないことじゃないと思いますが?一言多いんですよ。余分なんです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        無理かな

        しおりをつける
        blank
        主婦
        >まず、このトピは子どもを生まない選択している人を批判する為に立てたのではないので、そういうレスはご遠慮ください。
        トピ主さんがおっしゃってますので、個人のライフスタイルを批判して、ペナルティと言ってるのは、スルーさせてもらいます。
        >女性が子どもを3人以上産んでもいいな、と自然と思える
        わたしは転勤族なので1年から3年で全国各地を転勤します。ですので、3人子供が出来た場合、子供の将来を考えると、中学、高校で転校させるのは難しいです。いつかは単身赴任してもらうけど経済的に苦しいし、したの子が父親と過ごす時間が少ないので、子供はがんばって産んでも二人ぐらいですね。3人産んでもいいと思ってる人がいるとして、思い切れないのは教育費、物価上昇でしょうか?
        出生率が下がってるし、離婚率も年々上がってますよね。フリーター、ホームレスも増えていくし、日本経済のを回復させることが大事だと思います。経済が安定して国にお金があれば、出生率低下に文句言わないでしょ。老後年金が不安だから、騒いでる気がするな。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        男が悪い

        しおりをつける
        blank
        妻27
        私は好きな男の為なら子供を産んであげたいと思います。私自身がほしいかどうかは曖昧です。
        なぜかというと、仕事ができなくなるし、自分たちの将来も不安なのに子供の将来まで考える余裕がないからです。

        こんな状況でも、旦那が強く望めばきっと産むでしょう。彼と自分の子供を見てみたいと思うから・・。

        私の旦那は子供はいらないそうです。
        もし、どうしても子供が欲しいなら、離婚してあげるから他のパートナーを探せとのことです。
        私との生活は幸せなので嫌じゃなかったらこのままずっと一緒にいたいんだそうです。

        なんだかなー・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人口減少の行く末

        しおりをつける
        blank
        3人欲しい父
        何人かの方が、狭い日本にこれ以上人口増やしてどうするの?、このまま減れば人口密度が低くなって快適な暮らしが得られると主張されてますが、本当にそうお思いですか?
         人口が少ないということは市場規模が小さいということで、外国資本にとって進出する魅力は薄くなります。国内産業にとっても人口が減った国内市場からの利益は減るはずで、より利益の期待できるアメリカなどの大きな市場に社内資源の多くを向けるでしょう。今より更に空洞化・失業が問題になると思います。資源のない、市場規模の小さい国がどうやって豊かな生活を維持できるのですか?ヨーロッパの小国が集まりEUをつくったのは、一つの答えだと思いますが、日本の周りにその相手はいますか?
         出生率が1.29が続けば、我々の子の世代は我々のおおよそ6割、孫の世代は4割、ひ孫の世代は2割5分の人数です。100年もかからずに、若者が4分の1に減るのです。(続く)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        人口減少の行く末2

        しおりをつける
        blank
        3人欲しい父
         その影響は、身近なところでも想像できると思います。TVも視聴者が減ると広告を出す企業も減り、現在の地方UHF局のように朝と夜だけ放送し、独自の番組をつくる予算もなく、アメリカのドラマ・映画が増えて、しかもせいぜい字幕程度で、コストのかかる吹き替えはしなくなると思いませんか?
         私は現在、まさにそういう状況の人口が500万人しかいない小国に駐在中です。この国に来るまでは、人口が少なくなれば通勤ラッシュがなくなる位にしか考えていませんでしたが、今はこのまま人口が減れば日本は豊かさを保てなくなってしまうと痛感しています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        いい男がいないからでしょ?

        しおりをつける
        blank
        candy
        大抵の女はシングルマザーになってまで
        子供がほしいとは思ってない。

        男と出会って恋愛をして結婚をして出産したいと思ってる。

        で、ここ2-3年の未婚率は何を示してるのか?

        女が結婚しなくなったとのこと。

        つまり女が「この人と結婚してこの人の子供を作りたい!」と思う人と出会う確率が少なくなってきたってことでしょ。

        子供を産むのは女の意思。
        男の意思じゃない。
        それが数に表れているんだ。

        政府のみなさん、
        日本人男子を教育しなおしてください。
        例えば、話術とか、マナーとか、一般常識とか、家事とか、
        生身の女性と接するためのコミュニケーション術とかです。

        マスコミの皆さん、
        日本人男子の性的嗜好を大人の女性に戻してください。
        25歳以上の女も魅力的だということを刷り込んでください。
        もうロリコン趣味はアウトだと吹聴するのでもいいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不幸な子供が増えている

        しおりをつける
        blank
        前世紀の戸籍課
        切実にそう思います。数字だけを見てあれこれ言っても虚しいばかりです。個人的には、婚姻届を出さないで出産することが一般的になれば少しは出生率が上がるかもしれないと考えます。いまの若者は結婚願望が高いようでその実あえて結婚したくはない人が多いように思われます。「出来ちゃった婚」でほとんど無理矢理結婚した結果不幸な子供が増えているのです。子供ができて家庭を築いてから、婚姻届を出すという選択もあっていいのかもしれません。

        けっして不倫や乱婚をすすめているのではありません。そういう倫理観のない人でなく、むしろきちんとした道徳心を持っている男女が晩婚・未婚化し、子供を持ちそびれてしまっているのが現状です。それは、飴やムチではおいそれと動かすことはできないでしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        かぶさんに賛成します。

        しおりをつける
        blank
        イチゴの母
        >不妊治療者への保険、補助をもっと手厚く

        おっしゃる通りです!私も治療で1人子供を授かる事ができましたが、大事に育てているつもりです。しかしながら、2人目3人目となると、金銭面、心体面で余裕がありません。悩んでいます。一番の大きな悩みはやはり金銭面でしょう。それが解決できるのなら、私も頑張って毎日通院するでしょうね。不妊の方はみんなそうだと思います。
        この世の中、3人に1人は不妊。何も考えず治療して子供を作れるなら、喜んで辛い治療にも耐える事でしょう。
        不妊治療に保険適応、かなわぬ夢ですかね~

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        トピずれ

        しおりをつける
        blank
        イチゴの母
        トピずれは無視と言う意見がありましたが。。。
        確かに、おっしゃる通りですね。(私が言うのも何ですが)しかしながら、マミーさんの発言が、あまりに不妊治療者に対し不愉快な意見だったためだと思われます。
        不妊治療者には、あのような意見は聞き流せないんです。
        それだけ、心が傷ついているんですよ。同情してもらわなくていいのです。ただ、わからない事を、わかったふうに言うのが我慢ならなかっただけです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        私が子ども欲しくないわけ

        しおりをつける
        blank
        侍女
        小さい頃からお嫁さんに憧れたことがありません。
        子どもの頃から小さい子が好きじゃありませんでした。
        だから、私に関して言えばどういう政策をとられても産もうとは思えないことでしょう。

        あと、独身でも全然裕福じゃないです。僅かな貯金と生活のためでカツカツです。
        旅行にも行けないし、見た目「独身貴族」などにはとても見えない格好をしてます。
        バブル崩壊後の就職なので昇給もしないし、それでもやっとありついた職なので結婚出産で手放したくない。

        ひとりっ子を持つ友人が2人いますが、彼女らが言うには「つわり期間がとてもつらかった。産むときもつらかった。でも周りはそれを『当たり前のことだから』って我慢を強いる。あの苦痛とそれによる精神状態の悪化は二度と味わいたくない。」と言っています。
        2人とも、「自分は3人きょうだいだったから子どもは3人産みたい」と言っていたのに、結局ひとり。
        もっとつわりの苦痛ケアとかが進歩していけば、彼女らみたいな人たちは3人くらい産むと思う。
        そのへんは最新医療でなんとかならないものでしょうかね、もちろん母子とも影響ない方法で。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        老人に面倒見させるのはムリ

        しおりをつける
        blank
        >60以上で特に仕事が無く経済的にも恵まれている方は、若い世代が作った子供の面倒を見る気ありますか?

        30代40代だって動きまわる子供に付き合うのは体力的に大変なのに、老いてよその子供の面倒見て万が一の責任は取れないって。
        老人と子供の交流って言えば聞こえはいいけど、それは物理的に無理です。もしやるとしたら「子供が怪我しても死んでも責任は問いません」て一筆書くぐらいの覚悟じゃないと。

        せいぜい親の親、祖父母が孫の面倒見るのがいいところじゃないの。そのためには両親義両親その他親戚と仲良く付き合って介護もするくらいのつもりじゃないと。子供の面倒だけ見てもらうってわけにはいかんでしょ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        気にしない

        しおりをつける
        blank
        気にしない
        自然と人間がいなくなると、日本企業も外国人労働者を雇わなければならないので、日本もアメリカのように移民する人が増えるんじゃないですか?またその方が、日本もいろんな人種が増えてにぎやかになりますよ。 外国人が日本人になることはいいことじゃないですかねぇ。だから少子化は心配しなくてもいいと思いますが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子どもは年金負担の道具じゃないよっ

        しおりをつける
        blank
        みかみかん
        少し前まで、「イマドキの女性はワガママだな、そこそこの条件ならさっさと結婚して子どもを産めばいいのに」「昔から馬には乗ってみよ、人には添うてみよ、って言うじゃない、とりあえず結婚してみればなんとかなるのに」って思ってました。ごめんなさい。かれこれ結婚20年になります、子も二人産みました。ホントーに毎日が嫌です。「なんでこんな人と結婚してしまったのだろ」と後悔でいっぱいです。なので、慎重に慎重に自分を大切に生きているイマドキの女性方、そのスタンスを大切にしてください。少子化による年金破綻?そんなもんは税金で解消すればいいんです。ある識者によると消費税を20%程度まで引き上げ、年金にまわす、当然年金負担はなくなります。これで今くらいの年金は維持できるそうです。また、ドイツなどは給与所得の50%は納税させられ、それはやがて老後の安定した生活を保障するものとなっているとのことです。年金制度のあり方を考える方が先と思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        問題はね、晩婚化だよ

        しおりをつける
        blank
        nama999
        男女の賃金を同じにして、
        1人で暮らすには苦しいが2人よりそえば楽な生活が送れる
        って程度にするわけよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        開き直り様へ

        しおりをつける
        blank
        ねね
        開き直り様の言う
        >育児は第三者機関がすべてまかなってくれる
        納得です。ちょっと後ろめたい気はするけど。。

        あとは、子供を産まない理由にお金がかかるからと前に書きましたが、本当に子供が欲しかったらどうにかなるかな。
        問題は子供を欲しいと思えないこと。
        義理妹の赤ちゃんを見てると育児大変そうで・・
        なんだか重ーいです。大きな責任をしょいこむ勇気はないねーと夫婦意見一致です。

        少子化を改善させるためには、政府の「気持ち優遇しますよ」じゃなくかなり思い切った政策が必要だと思います。

        同時に企業も残業を強制しすぎないでダンナを早く帰らすとか・・ダンナの帰りが深夜でヘトヘト。
        ずっと夫婦の時間ないです(笑)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子供ほしいわ

        しおりをつける
        blank
        らりるれ
        結婚1年目の働く主婦です。
        お金は別に心配はしていませんが、、、
        保育所、小学校の学童保育が問題となって
        躊躇してます。
        仕事柄10時ごろまで延長できるとこを
        と思ってますが、名古屋ですがそんなにありません。
        産後3ヶ月復帰考えてるのに、保育所なんとかしてください。小泉首相!

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        理想

        しおりをつける
        blank
        ごっちん
        私も子供を一人、二人と産み育てるのは
        厳しいと考えている一人です。
        社会がこうなったら安心して子供を持てるのにな、
        と思う私の理想をひとりごとさせてください。
        扶養控除、配偶者控除をもっと厚く。
        (今は配偶者特別控除も削られ、専業主婦が
        肩身狭くさせられてきてますが、でもやっぱり
        器用に子育てと家庭と仕事を「立派に」両立できる
        人は少ないと思うんです。)
        不妊治療代を一部国が負担する。
        厚生年金等の出産手当金も増額。
        そして、例えば子供が10歳を越えた母親達を
        学生の就職のように企業が定期採用する。
        地位が欲しい人でなければ、給料は別に高くなくて
        いいんです。人生において安定した収入を
        得たいのです。
        結局はゼニの問題ですね(笑)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        全ては自然の摂理

        しおりをつける
        blank
        ハーメルンの笛吹き
        今の日本は人口過密状態で、きっと適切な人数にするために神様が間引きをしているんだと思う。
        出生率なんて、人間がどうこうする問題じゃないんだよ。
        自然の摂理に対抗すれば大きなしっぺ返しがくる。
        減りすぎたと思えば、また自然に人口も増えるだろうさ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自己申告しますか?

        しおりをつける
        blank
        w
        「>レイプなどで妊娠した女性に追い討ちをかけるような制度は止めたほうがいい。
        >もともと法で認められている事例のみ申請受理されれば無税にし、それ以外の税収を保育所やらの補助金に回せば良いと思います。
        と書いてありますから、あなたの例はそういうことで無税では?
        というか、今の日本でレイプで妊娠した人の中絶が何%なのかな?」

        レイプされましたって自己申告しないと中絶するときに税金がかけられるような制度は止めたほうがいい。
        自己申告なんてできないから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        妊婦ですが・・・

        しおりをつける
        blank
        苦情~
        現在、フルタイムで働く妊婦なのですが復帰したい時期には保育所のアテがなく、区役所へ行っても「難しいですね」扱いで、もう2人目はいらない、だから皆産まないのね・・という気持ちです。

        3人欲しかったですよ。
        経済的にも仕事は続けなければならない。
        でも誰も協力してくれないのに、どうやって子供を育てろというんですか?
        4月じゃないと保育所もベビーシッターも何もかも頼むのが難しいって一体なんなんでしょう?
        出生率が低いのは当たり前です。

        産んでどうなるのか。どうやっても育てられない。捨てろとでもいうのか。

        ストレスばかりで、そもそも生まれるかどうかもわかりませんが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ななしさんへ

        しおりをつける
        blank
        カナダ在住
        「日本人絶滅」でも良いです。というか現在でいう日本人が減った分、移民で補っていけば良いんです。別に日本民族の保持がどうのこうのではなく
        日本に住んでいれば日本人で良いと思います。
        と書いてあったけど、ななしさん自体、そういう環境の国で暮らした事はあるんですか?もし暮らしたことがあるのなら、こんな意見は出てこないと思うけどなぁ・・・。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        口で謝る、お礼を言うは、まず基本中の基本。

        しおりをつける
        blank
        minmin
        みゅーみゅーさん、お子様は”もう”小学校1年生です。どんなに頭にきたとしても、お友達をキックしたり、八つ当たりで物を壊したりしてはだめだと教えないといけないと思います。
        あと、「悪いこと(=物を壊すとか)をしたら、まず謝る」ってことも。

        また、他人に親切にしてもらったら、お礼を言わないと。それはみゅーみゅーさんも、だんなさんも、お子様も同じです。

        Aさんは「弁償の話を子供にしたのは悪かった」「一年前の話は持ち出さない」と歩み寄ってくれたんだから、みゅーみゅーさんも「怒りにまかせて傘を壊してしまい、すみません」「一年前は本当にどうもありがとう。家族にも頼めなかったことをあなたが引き受けてくれて、助かりました。大変感謝しています。預けていた間に子供が物を壊したり、粗相をしまして、申し訳ありません」とおっしゃったら?そういうのは、みゅーみゅーさんが言いたい「お互い様」ではないですか?

        あと、だんなさんに電話してもらうのはやめましょうね。「ママ友」で、ご自分のお友達なんだから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        じゅんままさんへ

        しおりをつける
        blank
        うるるん
        たぶん、呼ばれてきたので‥‥(笑)。

        > 多くの女性はキャリアか出産か二者択一をすることとなります。

        極端な言い方をすれば、それでいいんだと思います。
        今までの皆さんのお話をこのトピで伺っていると、旦那さんの稼ぎだけでは食べていけないから、仕方なく働いているって人が多いですよね。
        ということは、月10万円近い保育所への補助を専業主婦支援に回せば「食べていける」ようになって、結果として少子化が解消するって流れにはなりませんでしょうか。

        中には「出産よりもキャリア」という有能な女性もおられますが、そんな人は有能故にしっかり稼いでいるのでしょうから、補助無しでも保育所にお子さんを預けて堂々と働けばよいでしょう。

        > まず優秀な人材が減り、

        キャリアでなく出産を選んだ人は、全員「無能」なのですか?
        社会的に有能な人だったら、子育てでもその有能さを発揮して、より立派な子供を育てることが出来るのではないでしょうか。
        それは立派な社会貢献だと思いますが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさん、ご回答ありがとうございました1

        しおりをつける
        blank
        私の耳は貝の耳
        みちさんへ。
        返信が遅くなり恐縮ですが、ご回答ありがとうございました。

        >日本の少子化問題だけでなく先進国の少子化問題は内在的な問題が起因になっているでしょう。私は自律反転するとは思いません。トレンドが変わるとしたら、少子化に対する問題意識が国民の間で強くなり、何らかの政策的手段がとられることによってだと思います。

        やはりそうですか。人口は「神の見えざる手」に期待してもだめそうですね。国民の側から意識が変わらないと。

        >人口問題研究所の予測の根拠は私も知りませんが、何らかの政策手段が仮定されていると考えるのが妥当かと思います。

        質問もしてみたのですが、特段に根拠はないそうです(政策が打たれるなどで、いつまでも下がることはないだろうとのこと)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        みちさん、ご回答ありがとうございました2

        しおりをつける
        blank
        私の耳は貝の耳
        >経済力の低下は、何らかの政策的圧力を生み出さない限りは、少子化に拍車をかけると私も思います。

        そうですか。同意をいただけたのはうれしいですが、ますます暗い気持ちになりました。

        ただ、みちさんをはじめ、このトピには多くの真剣な意見が寄せられたように、問題意識はかなりの方に共有されるようになったように思います。

        後は、この意識の共有と実際の行動が、日本社会が再起不能となるタイムリミットまでに間に合うよう祈りつつ、微力ながらも働きかけを行って行きたいと考えます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ここでの意見は必ずしもメジャーではない

        しおりをつける
        blank
        くいっくりー
        今の多くの政治家の思っていること分かりますか?
        現代の女性は、自分の好きなことばかりして、子供を産もうとしない。そんな奴らに、優遇政策をする必要はない。女性は苦労しても子供を産むべきだ。

        そう考えている方々に、少子化対策を考えさせること自体が問題なんだよね。
        で、これがマイナーな意見がかと思いきや、子供を多く持つ年配者には同じ考えの人が多い。

        ここで、多くの方が言っている対策が少数派の意見であることを自覚した方がいいと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そうですね

        しおりをつける
        blank
        とおりすがり
        うるるんさんのおっしゃるようなことは海外では始まっています。

        フィンランドやノルウェーでは、行政が保育園へ出している補助金分を在宅育児する親に給付する制度があります。月額5万円弱もらえるみたいです。

        働く女性だけが行政の手厚い保護を受けるのはおかしいという行政サービスの公平化だけでなく、高度に発達した福祉がもたらした家族崩壊とその弊害をなくしたいという思惑があるみたいですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        地球規模で考えたら

        しおりをつける
        blank
        宇宙人
        ただ単に人間が増えすぎてるから自然の摂理で逆転現象が起こっているだけなのではないでしょうか。(論点が飛びすぎ?)動物や昆虫を押しのけてまで人間が増えなくても良いと思うけど…。
        そんな私は結婚しているにもかかわらず子供が欲しくても出来ない欠陥人間です。
        ごめんなさいね~。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        いや…

        しおりをつける
        blank
        ぽっぽ
        >社会的に有能な人だったら、子育てでもその有能さを発揮して、より立派な子供を育てることが出来るのではないでしょうか

        それはどうかなあ。
        仕事が出来ることと育児ができることには相関関係ないんじゃない。
        まあ、立派な育児をする親が立派な子供を育てられるとも限らないけどね…。何でこんな親からこんな立派な子供が!とか逆のパターンも結構あるし。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        子育て後

        しおりをつける
        blank
        mia
        ウルルンさんのご意見に賛成です。
        私は、両立希望でしたが、順調な妊娠出産ではなかったことから、3人専業で育ててきました。

        一旦、育児休業→保育園というコースを外れてしまうと、ほとんど子育てに対する援助も就業に対する援助も受けられないというリスクは、これから出産という方の考えにも影響を与えるのではないでしょうか。

        子育て後は新卒のつもりでがんばりたいと思うのですが、子どもが小学生になるとまた、正社員としては働き辛いという世の中になりました。(治安面)
        しかし、再就職に年齢の壁がないのであれば、もう一人育てたいとも思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        妊娠中ですが。

        しおりをつける
        blank
        みぃ
        一回の健診で5000円前後かかります
        保険がききません。
        せめて保険をきかせてほしい
        あと 分娩費が戻るとはいえ
        入院費が高い。
        働く人にいいことを!そして 生みたくない人に産ませよう!そういう考えがおかしい。
        産みたくても産めない人
        不妊援助もだし 働ける環境にいても子どものそばにいたいとおもう母親も多いのです
        そういう人たちに援助を。
        出産後も 小学生になるまでは 病院は無料とか。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        手遅れになっているって認識あるのかな?

        しおりをつける
        blank
        ジャイジャイ
        今の人口構成を見てご覧。
        上下に年齢を取って左右に男女の人数を棒グラフにした図があると思うけど、今もしも出生数が急増したとしても、その上の凹んだ所は戻らない。
        そのまま上にシフトしていくとどういう事になるかというと、その部分の谷底世代が働き盛りになったとき、圧倒的多数の年寄りと、圧倒的多数のガキどもを支えて行かなくてはならなくなる。段階Jr.世代が定年迎えた時が恐怖だね。

        この「谷底」の穴埋めをしないとどうしようもない。日本人女性はどうも子供に夢を持てないようだから、労働力と、そして「母親候補生」として、子育てにも夢を持てるような女性にたくさん海外から移住してもらうしかなくなるかもしれないね。

        女余りの状態になるから、日本人を親に持つ女性が結婚したくないと言っても「結婚したい男」が不自由することもないだろう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        沖縄は子育てしやすい

        しおりをつける
        blank
        沖縄育ち
        私は沖縄で生まれ、育ち本土に嫁ぎました。
        今、30歳ですが私の周りでは(年代では)兄弟4人が普通です。
        沖縄は共稼ぎの率も高く、女性はお金に余裕があるなしにかかわらず、子どもを産んだあとに働きます。

        ゼロ歳から保育園でも周囲の反応は寛容です。
        子どもは基本的に地域でみます。
        子どものおむかえや体調がすぐれない時は
        義母、実母、その他叔母さんなどみんなが
        フォローしてくれます。

        共稼ぎの多い沖縄ですが鍵っ子が少ないのも特徴です。
        私も生後3ヶ月で保育園に入園しましたが
        淋しい思いをしたことはありません。

        兄弟が多いと自然に下の子は上の子がみるようになります。
        ママと公園デビューといったものもなく
        子どもは子ども同士で年齢の隔てなく遊んでました。

        本土では子育ては母親が!!というのが強く
        子育てしにくいし、下の子の面倒もみないで
        ママになった方が多く、子育てもギスギスしてるように思います。
        核家族が多いので子育ての方法を教える人もいないし
        子育てが偏りがちです。
        沖縄の子育てはお金がかからないのもいいです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        年金制度撤廃

        しおりをつける
        blank
        マリリン
        年金問題の本質は、子供の数が少なすぎるのが問題なのではなく、少ない子供に対して年金で養わなければならない老人の数が多すぎることが問題なんですよ。現在の年金制度は将来の子供を搾取する制度です。

        だから、まず給付額を今、思い切って減額。
        余裕がある老人世帯に増税。
        老人医療補助を減額して、ひまだから病院にでもいくか、という年寄りを減らす。
        さらに、今後20~30年をかけて年金制度を撤廃する方向で改革を進めるべきです。老後は基本的に自己責任でどうにかすることにして、子育てをし終わった人だけに税金を財源とする子供の数に応じた低額の基礎年金を支給する。

        そして、出生率引き上げは無理としても、せめて1.0を切らないように(このままでは東京が全国化しかねない)、保育園を増設し、塾に行かなくてもいいように公立小中学校を充実。公立高校、国公立大学の授業料を無償にし、優秀な大学院生には奨学金を給付する。若年労働者の正規雇用と職業訓練を企業に義務づける。
        こんなことくらいしか思いつきませんが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり子育て支援して欲しいです1

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        こんにちは。にんじんです。またきました。

        色々と考えたのですが、私の周りのお母さん達はみんな頑張ってます。専業主婦の方も、働いていらっしゃる方も。でも、基本的に女性は「結婚か仕事か?」「出産か仕事か?」とか、人生設計で二者択一の機会が多いので、それを無くせるようにしたら、少しはいいのではないでしょうか?これは制度と言うよりも意識の問題だと思います。

        私は「出生率1以下の都道府県」に住むものですが、自分が子育て中なので、常に周りに子供がいっぱい!!の状況です。そんな中、感じることは、お父さんも大変ですが、お母さんはもっと大変なのです。

        職種の差だと思いますが、(そもそも差があるのは、女性は結婚、出産などで、一時仕事を退社している方が多い、または同じ仕事でも、仕事量をセーブしている)「送り迎えはお母さん」というのが圧倒的です。保育園に2人、3人と通わせている方が多く、娘の保育園では一人っ子は圧倒的に少ないです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり子育て支援して欲しい2

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        保育園に3人さんを連れてくるお母さんは、違法ですが、自転車に3人乗せてやってきます。アクロバットで曲芸のようなものです。その他、近所では2から3人の子供さんを自転車に乗せて移動してる方が多いです。前と後ろに子供イス、おんぶで赤ちゃんとか。見ていてヒヤヒヤします。事故にあったらどうするのか?と心配です。でも移動手段は他にないんですよね。車はないとか、徒歩では3人連れてどこにもいけないし、子供を預かる人もなく、もちろん子供のみでお留守番させるのも危険です。

        そんな方を支援してあげて欲しいです。日中のバスはすいてるので、平日の日中は無料でバス乗り放題とか、格安のショートステイの託児所とかあったらいいのに。

        保育園では、よく汚すので、沢山のお着替えが必要です。すぐに大きくなるし、経済的にも辛いからと、100円ショップの子供服(なにげにかわいいのです。)を着せていらっしゃる方が多いのです。衣服の補助もあったら嬉しいですよね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり子育て支援して欲しい3

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        実際、経済的に苦しいからとか、部屋が狭いからとか、教育費が心配だからとか、頭でっかちに考えて子供をセーブする人(私)よりも、私の周りのお母さん達はとっても逞しいです。どんな理由でどんな仕事をしてるとか、そんな個人的なことは聞きませんが、皆さん、明るく元気で楽しそうにしていらっしゃるのです。お子さん達もです。

        このトピでは、どうしたら女性が沢山子供を産みたくなるかが課題?の一つだと思うのですが、私の周りの働くお母さん達の考え方や行動になにかのヒントがあるような気がして、今は考え中です。

        でも、感じたことは、「物事をあるがままに受け入れて、自分のできる最善のことをするだけだ。」と思っていらっしゃるように見えます。

        無計画!とか産みっぱなし!とか生活苦しいのになんでそんなに沢山産むの!とかいう非難の声はまったく必要のないものなのです。子供はかわいい、愛する人の子供が欲しい、子供を育てるために努力する。それだけでいいのかも。なんとかなるさ。ケセラセラ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        やっぱり子育て支援して欲しい4

        しおりをつける
        blank
        にんじん
        最後に、行政に望むことは、やはり、子供を育てる上での安心を提供して欲しいです。

        私の住む自治体は「小学校に就学するまでの乳幼児の医療費は無料」です。また「公立私立幼稚園共に同じ額の補助」がでます。「公立私立保育園の保育料は同額」です。そのような支援はとっても安心です。

        ただ、このご時世ですので、「小児科の専門医のいる病院は近くにない」のです。安心して子供を育てられる環境づくりをして欲しいです。

        住居費は高いです。子供を2から3人欲しくても、借りられる部屋は狭いです。3人以上のお子さんがいる家庭に優先的に安い住居を提供して欲しいです。

        共働きと家庭の両立のためにも、税金上の扶養については年収130万くらいに引き上げて欲しいです。パートさんは103万円では微妙な数字なので。月収が10万円でボーナス10万円くらいがちょうどいい?

        子供の笑い声がいっぱいの社会、いいですね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        ジャイジャイさんにヨコレスなんですが

        しおりをつける
        blank
        子無しシシャモ
        今の出産率減は「女性が産みたがらない」だけが原因なのかな?

        あと

        >労働力と、そして「母親候補生」として、子育てにも夢を持てるような女性にたくさん海外から移住してもらうしかなくなるかもしれないね

        対象となる「海外の女性」とやらに、大変失礼な物言いだなと思いましたが・・・。

        本当に日本への移住を希望する女性が沢山いると本気でお考えですか?その根拠は?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        単なるわがまま?で産まない

        しおりをつける
        blank
        マリーアンソワセピ
        人がいるのも事実です。私がそうです。28で結婚して35歳です。主人(43)も子ずくり反対派です。近所のママ達を見てると、子育てと生活に追われていたり、会社の同期の男性は妻が妊娠し育児に終われ、女らしさがないなどの勝手な理由で、世に言う、負け犬?の女子社員と、不倫してたりなど、あまり幸せそうではないです。私達夫婦は2人の年収が1500万あります。好きに暮らし(年2度の海外)しても教育費や、子供に関するお金が要らないので、ローンもないし、主人が60歳まで働くとしたら、結構な蓄えがあります。公的年金のほかに、私的年金や終身保険などあり
        ますので、主人が60前後になったら、夏は北海道(私の田舎冬は小豆島(主人の田舎)で、田舎暮らしをしたいと考えています。そういう訳で、こなしのわがまま(私の場合)は蓄えも十分出来ますので、公的年金は辞退します。
        子供の人数×年金額 にしたらいいですよ。例えば子供一人の人は月5万なら2人は10万、10人の人は50万と言う具合に。
        ただし、その子がしっかり年金を払うことが条件ですけどね。此れで希望をもって産むかも?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        テコ入れにはならないかもしれないけど

        しおりをつける
        blank
        きこ
        子供ができない人が増えているにも関わらず、
        不妊治療にかかる費用が大きすぎると思います…。
        費用面で、治療を諦める場合も多いようで
        涙なしでは…という場合もたくさん見ました。

        ある程度の歳から健康診断の中に、生殖機能の診断も
        入れてみるとか。ダメでしょうか?
        早く分かれば、その後の生活の設計も立てやすいし
        無駄なストレスも抱えなくて済むのではないでしょうか?
        でも、治療しても子供ができないと分かった場合に、
        当事者が傷つくようでは…問題ですよね…。

        養子を育てたり、他所の国の子でも偏見なく実子として
        迎えらるようになれば…大丈夫?
        でも、自分の遺伝子って、やっぱり残したいのかな。
        私も、子供がなくて、寂しい思いをしているので
        もう少し…これも普通に受け入れてもらえるなら、
        遺伝子に関係無く…本当は子育てしたいです。
        でも、難しいんだろうなぁ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        横:人生の早期退職制度

        しおりをつける
        blank
        うーん
        生む、生まないよりの選択より、
        『何が何でも最後まで生き抜かなくてはいけない。』ということに
        固執するのはやめてしまったほうが言いように思います。

        今、中高年の男性の自殺が多くなっていますが、
        こんなはずではなかったと、希望を失って、追い詰められて苦しみながら死ななくてはならないのは大変理不尽です。
        そこで、自分の人生の終焉は自分で管理できるようになったらいいような気がします。
        最後は安らかにということです。
        私自身に関してだけですが、重病や重症な怪我を負ってしまったり、経済的、精神的に自立した生活送れる見通しが年齢的やその他の条件で全く経たないと感じたらなら安楽死できればいいなと思っています。
        年寄りはいらないという風潮になってしまうということが懸念されますが、自分は生きがいも無く、
        目が覚めなくなるまで日々を過ごすより、新しい人たちに場所を譲ることができれば良いのにと思っています。

        利害関係のある社会なので第三者からの干渉で追い詰められてしまうケースもあるでしょうし、
        法律的に認められるのは難しいでしょうが。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        一人が沢山産んでも意味が無い

        しおりをつける
        blank
        コケッコ
        子持ちをバックアップしてくれる体制、気軽にかつ安心して預け仕事が出来る環境、成人を18歳~としそれまでは子供にかかる医療費・学費(幼稚園保育所含む)全て免除。
        子供3人以上の家庭は家賃を県OR市が収入と家族数によって補助。
        今すぐにでもそうしてください。
        5人位大丈夫って安心感が出ます。
        ちなみにすでに3人産んでますが兄弟で結婚は出来ないので同じ人間がパカパカ産んでも意味無いんです。
        乱暴な言い方ですが、産める体をお持ちの方!是非産んでください。お願いします。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        きこ様 ~ 不妊の原因は複雑です 1

        しおりをつける
        blank
        ペーパーナース
        健康診断に生殖機能の検査・・・・これはかなり難しいと思います。
        例えば、単純に考えて男女とも採血によって性ホルモンの分泌バランスや性感染症の有無を見たり、女性の生理周期(基礎体温表)のチェック、男性の精液検査などは実現可能かもしれませんけど、子宮卵管造影などは身体への負担も大きい検査ですからまず無理でしょう。
        結婚前にブライダルチェックとしてカップルで受ける・・・というのならまだ可能でしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        きこ様 ~ 不妊の原因は複雑です 2

        しおりをつける
        blank
        ペーパーナース
        しかし、不妊の原因には男女の組み合わせから生じるものもあります。抗精子抗体の存在や夫婦間のリンパ球(HLA)の酷似などによって流産を繰り返す場合など、言い方は悪いですが「相手が違えば授かってた」というケースがあるのも事実です。
        やはり夫婦となって避妊無しの性交渉を定期的に持っても妊娠に至れない、または妊娠はするものの流産を繰り返す・・・・・となって初めて不妊・不育が疑われるわけです。
        さらに細かく言えば培養器の中で精子と卵子を一緒にして(=体外受精)みて初めて「受精障害」が不妊原因であったと判明することもあるのです。
        まして現在、これらの検査は「保険対象外」の高価な検査ですから、健康診断レベルでやるのは不可能だと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そう?

        しおりをつける
        blank
        ジャイジャイ
        >今の出産率減は「女性が産みたがらない」だけが原因なのかな?
        究極的にはそこだよ。男は産まないからね。

        >本当に日本への移住を希望する女性が沢山いると本気
        >でお考えですか?その根拠は?

        なんだかんだいっても今の段階ならばGNPが世界第二位という経済大国で、いろいろな技術、サービス面などでも高いレベルにある。通貨としての円も非常に強い。給料だって、たいていの国では驚くような金額になる。「豊かさ」にあこがれる人は決して少なくはない。
        地元ニッポンで生まれ育っていると当たり前のように思っていることがなんて恵まれていることかと思う事は多い。

        もちろん、来てもらうのはいわゆる風俗店のようなものじゃなくて、きちんとした「ビジネス・ウーマン」としてな。日本語と現地語の二カ国語が使えればこりゃあ嬉しいっていう所も多いだろ。全員が全員日本人男性と結婚して家庭を持つなんて考えないけれども、そういうのもきっと出てくるだろう。
        あるいはそうやって実務を身につけたのが現地に戻ったって良いんじゃないか?それこそ海外に於ける女性の社会進出の基盤を作ったってことになるかもよ。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不妊が増える一方で

        しおりをつける
        blank
        ムゥ
        十代の堕胎が増えている~♪

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        男の勝手

        しおりをつける
        blank
        主婦
        >日本人女性はどうも子供に夢を持てないようだから、労働力と、そして「母親候補生」として、子育てにも夢を持てるような女性にたくさん海外から移住してもらうしかなくなるかもしれないね
        >もちろん、来てもらうのはいわゆる風俗店のようなものじゃなくて、きちんとした「ビジネス・ウーマン」として


        外国から、ビジネスウーマンが移住?
        仕事を持ち世界で活躍できる程の女性が、日本の何に魅力を感じて移住するんでしょうか?
        「日本の豊かさ」ですか?・・・まさか!
        そもそれに、そも日本人男性って、外国人女性から見て、魅力あるんでしたっけ?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        自然の摂理でどうにもならないのでは?

        しおりをつける
        blank
        エム
        昔のお母さんは沢山産みましたよね。
        8人9人はザラでしたよねえ。
        家にお手伝いさんや、ねえやさんがいたから
        出来た事かもしれませんが。

        でも彼女達は特に沢山産みたくて産んだ
        わけでなく、避妊の知識も無く結婚も早かった
        から沢山産んだと言うまでのことです。

        現代は晩婚化したし、避妊の知識も普及しました
        産む数が減るのは当たり前だと思うし
        これで何十年何百年後かに日本人がいなくなっても
        自然の摂理だと思います

        いずれにせよ、人類だっていつかは滅亡する
        のですからね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        産む性が経済力をもたないようにした結果

        しおりをつける
        blank
        なおん
        産む性である女性が、経済的自立ができにくい社会が長い間続いた結果の当然の少子化と思う。稼いでいる女性が増えたとはいえほんの一握りだし、実際1000万以上の高収入の女性も子供を産んだらその年収が維持できるケースは窮めて稀。だったら配偶者や親に頼ればいいという考えが従来だったが、その”頼りにしている人”次第で、自分と子供の人生が左右されかねない事の不安を考えたことある????
         また以下のような意識も少子化の原因と考えられる。
        ○私が生むのに、夫の親にとって内孫、私の親にとって外孫。
        ○私が産むのにその子は夫の家や墓の後継者。

        それから、少子化を問題にする政府が本当にのぞんでいるのは沢山の税金や保険料をおさめる人と優秀な人材。普通の人や大人になっても税金等払わない人、税金や年金を消費するだけの人は本当はいらないと思ってる。つまり人は増やしたいけど、条件つきなわけ。こんな身勝手で頭の悪い政治家は全とっかえして、自分達の利益だけでなく真の意味で日本の未来をかえていかれる救世主が現れる日を待っています。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今とは逆の政策が必要だと思います

        しおりをつける
        blank
        砂糖は少なめに
        >出生率を上げるためには、具体的に行政がどういう対策を取れば有効だと思われますか?

        以前に比べて「結婚・出産しても働ける社会」「夫も子育て・家事に協力」は格段に向上しました。
        でも下がってるんですよね、なのにまだ「働く女性を支援すれば出生率は増える」「男性育児」なんて無理というか逆効果ですよ。

        単純に「効率よく出生率を上げる」観点から言えばですが、

        制度としては
        ・乳幼児・子供の医療費の自己負担率を減らす
        ・公立教育の充実(ゆとり教育なんて廃止)
        ・公共料金の子供運賃の負担減

        風紀としては
        ・子供がいかに国家全体にとって重要な事か
        ・「お金がかかる」のは事実、でも「子供にお金をかける」親も多い、子供なんて古着や残り物でいいという昔の発想を取り戻すべき
        ・親と同居して少しでも「みんなで子供を育てる」

        「不妊治療」は出生率向上においてはほとんど効果ありませんが例えば収入に応じて「削減」等はすぐにでもすべきだと思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        損得の流れを変えよう!

        しおりをつける
        blank
        みらい
        子育ては損!という風潮が蔓延しているように思えて
        悲しくなりました。
        それは男性の影響が大きいと思います。
        妻が子供を産み育てる姿に、心底から感動して協力し、悩みを分かち合える社会なら、こんなに少子化に
        ならなかったでしょう。

        バリバリと一線で働く女性が、家庭に入って子育てに励むことに抵抗があるのは、当然ではないでしょうか?
        もしも、子供を育てることで、尊敬される社会に変わったら、変化が起きるかもしれません。
        子育てしている人を社会全体が暖かい目で見つめ、電車やバスの中などで積極的に席を譲り、尊敬のまなざしで見守る・・・
        これは、男性たちに率先して実行して欲しいです。

        今は、子供がいると言った途端、おばんになったとか
        魅力が半減するかのような風潮があり、それが児童虐待を招いているかもしれません。
        子供を生んでも損をしない社会作りを今すぐに始めないと、時間がありません。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        独身税は導入されないでしょう

        しおりをつける
        blank
        半人前技術者
        30代既婚,DINKS?(社会人学生だから,まあDINKSかな)の男です。

        独身税,子無しDINKS税を導入すべきという意見が出ていますが,多分採択されないでしょう。

        なぜなら,独身税を納めるのは,男女平等になるだろうからです。今の独身女性がそんなことを認めると思いますか?
        独身税を男性限定にすれば,ここの人たちは満足でしょうけど,それにはいくら日本の男でも怒るでしょうね。
        どっちにしても成立しないと思います。

        そして,出生率が下がった理由のひとつに,こういう「自分の属する集団(性とか既婚の有無とか)だけ損しなければいい」という感覚があるとも思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        公立学校の改善と信頼回復が必要

        しおりをつける
        blank
        たけのすけ
        公立学校の崩壊・荒廃も少子化の一因。
        塾や私立に行かせなければまともな教育が受けられない、まともな学力が身につかないという状況では、
        教育費の負担を考えれば、普通のサラリーマン家庭では2人以上産めなくなるのも当たり前。
        現に東京など公立離れが著しいところほど、出生率も低い。
        このままでは、公立不安層の間に「2人産んで公立より、1人だけ産んで私立」という考えが蔓延し、
        いつまで経っても少子化に歯止めがかからないだろう。
        少子化対策には、公立教育の信頼回復と内容の改善、庶民の教育費負担の大幅な削減が必要。
        公立の授業内容を「塾や私立に行かなくても公立学校の勉強をしっかりやってたら大丈夫」
        という内容に転換し、最小限の費用で最大限の学力がつくようになることができる教育を行うべき。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        男の勝手?

        しおりをつける
        blank
        ホイホイ
        >仕事を持ち世界で活躍できる程の女性が、日本の何に
        >魅力を感じて移住するんでしょうか?

        もちろん「世界」の中の一つとしてのニッポンになるわけだ。日本企業の現地法人というものが山ほどあるということをまさか知らないとか?実際に向こうで雇用もすれば、教育訓練もする・・たくさんやってる。もちろん、単なるライン労働者だけじゃないよ。

        >そもそれに、そも日本人男性って、外国人女性から
        >見て、魅力あるんでしたっけ?

        これまた知らないとは恐れ入った。


        その程度の事でもやらない限り手遅れだろうなぁ。仮に今から対策して今後出生率が上がったとしても、今まで「谷底」になった部分の人が増えるわけじゃないからね。その破綻状態になってからあわてても、もはや経済ボロボロの日本じゃ誰も相手にしてくれないだろ。そのときあんたは何ができる?金だけあってもヒトがいなくては社会は支えられないよ。
        とりあえずこの谷底を補う部分をどこからか補充するよりないし、そこで女性移民優遇も悪くはないだろ。そうでなくても、適齢期前後で男の方が多いという不自然な状態になってるんだからね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        日本人の生活、これで幸せ?

        しおりをつける
        blank
        けめこ
        先進国だなんていっていますが、ここまで家が狭くて、都会で劣悪な環境(騒音、汚染された空気、長い通勤時間、車の渋滞)にすんでいるのにまだこれ以上人口を増やそうなんて。。。そういう発想がどこからでるのか理解できません。
        戦後の産めや増やせやの時代の人口を基準において人口が減る減るというのもおかしいとおもいます。

        せまーいアパートに住んで、インテリアどころではなくとにかく隙間家具にかこまれて、満員電車で通勤し、休みともなれば道路は渋滞、どこにいっても人、人、人。これでいいの?たとえ先進国でなくなっても、ゆったりと人間らしい生活ができるほうがいいのでは?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        差別法律の撤去!

        しおりをつける
        blank
        M
        いわゆる子供に対する差別の元になる法改正する事です。

        1,母子家庭のランク付けをしない
          上から死別・離婚・未婚の母でランク付けをして、助成金の額も変わったり、支給されないというのは、大問題!(いずれも苦労は変わらないはずなのに)

        2,相続権の差別廃止
         つまり、嫡出子の相続権の半分しか認められない非嫡出子の差別を禁止し、同等とする。
         親の間で何かあろうと、どういう経緯であろうと、生まれてきた子には罪や責任がない。

        3,夫婦別姓を認めたり、事実婚にそれなりの権利を与えても良い
         そうすれば、必然的にこれまで差し控えてきた出産が増えてくる可能性が高い。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        絶望的

        しおりをつける
        blank
        苦労人
        ひとは ひとたびこの世に生をうけた以上、親の何十年の苦労で育てられ、やっと大人になるのです。自分の人生がどのようなものであっても、せめて自分が年老いて、最後に、土に帰る前までに、親が自分にしてくれたのと、同じ苦労を、自分の子どもたちにしてあげたいと思います。今までが楽しかろうと苦しかろうと どれも自分の判断で生きてきたことです。この世に借りを作りたくない。
         しかし そんな本能的な発想も、表面的な経済繁栄とバブル崩壊のさわぎで消し飛んでしまいました。これからさらに少子化が問題となるのは明らかで 国家の方策としては独身税導入など不可避と考えます。
         そして 日本がこれからも、前者のような 思想を維持できない社会、あるいは、後者のような全体的戦略的方策が支持されない社会ならば その民族が衰退し滅亡に至るのは極めて当然の帰結でしょう。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        けめこ様へ

        しおりをつける
        blank
        とむ
        > 先進国だなんていっていますが、ここまで家が狭くて、都会で劣悪な環境(騒音、汚染された空気、長い通勤時間、車の渋滞)にすんでいるのにまだこれ以上人口を増やそうなんて。。。そういう発想がどこからでるのか理解できません。

        それは「日本」ではなくて「東京」です。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        結婚自体が遅い

        しおりをつける
        blank
        奈央
        30歳で独身もめずらしくないですよね。
        30歳前半で結婚して35で出産したらすでに高齢出産です。その後2人目と思っても40近くになっているし、どう考えても20歳の人より妊娠しにくいです。
        妊娠適齢期というのは、存在するのですから、ちゃんとしっかり性教育とともに教えるべきです。

        ずっと避妊してきて、かなりな年令(36歳)になってから、「そろそろ子供を・・」ということでいきなり!不妊治療をしている友人を見るとなにを考えているんだか?と思います。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        法人税をへらす

        しおりをつける
        blank
        aq
        その埋め合わせの税金アップはしません。
        兎に角、民間企業が国に納める税金はばかみたいに高い。これを今の三分の一にし、浮いた金額は新規の雇用と育児中の男女のための予算にあてる。

        政治家さんには

        人数をへらざず給料三分の一
        人数を三分の一にへらす

        のどちらかを選択してもらう。
        痛みをわかちあうってことで、、。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そうだなぁ・・

        しおりをつける
        blank
        ジョイジョイ
        >たとえ先進国でなくなっても、ゆったりと人間らしい生活ができるほうがいいのでは?

        なんで、そんなにゆったりしたところで今以上に仕事があって経済レベルも維持できると思えるわけ?
        当然仕事も無くなるし、輸入に依存しているから物価は急上。当然携帯電話もインターネットも一部裕福層だけのものになって、PCなんて一台50万円、100万円・・・海外じゃみんな毎年のように買い換えているのに、国内じゃ5年も6年も前の機種が最新鋭。

        古い物を細々と使って、垣間見られる海外の豊かな状況・・・耐えられるのかなぁ。
        そんなにゆったりとしたいなら、試しに全財産どこかに寄付でもして、山奥にでも引っ込んで自給自足の生活をしてみたらいいんじゃない?

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        不妊治療、成功報酬制にしては

        しおりをつける
        blank
        浮動票
        別のトピにも書き込んだのですが、こちらとは目を通していらっしゃる方が違うようですので、こちらにも投稿します。

        不妊と保険にも出生率関連のトピにも目を通していますが、保険適用も少子化対策のための援助も不要と思っています。
        私も治療中ですが、それは自分がしたいからしていること。
        命に関わる病気でも保険適用にならない薬もあるのに、お金をかけただけの成果が出るとも限らないのに、有限な保険や税金の財政から戴くのはおこがましいと考えます。
        ただ、お金や時間がかかる・精神的不安になるなど漠然としたネガティブなイメージが先行して、治療に踏み込めずにいる、ひょっとしたら軽度な不妊の人が治療を始めるきっかけになるなら、不妊治療の公費負担も意義があるとも思います。
        例えば、「申請後○年以内」や「夫婦の年齢が○歳まで」や「体外受精○回以内」に治療が実って妊娠した場合に限り、治療費の○%を自治体から返金する、などです。
        これなら、実らない治療に財政を投入し無駄金を使うことなく、治療して授かった子の養育費を少しでも助けることになりますから。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        >aqさん

        しおりをつける
        blank
        花博
        政治に払ってるお金と法人税が同じなら
        それぞれ三分の一にすれば釣り合いが取れるだろうけど(それが良いか悪いかは別にして)
        現実に法人税のほうが多いでしょ?全然釣り合い取れないじゃん…

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        猛省中…

        しおりをつける
        blank
        浮動票
        自分の意見が掲載されたのを見て、「成功報酬」って言葉の響きがとてもキツく感じたので、訂正させて頂きたいと思って出てきました。

        もし私が妊娠出産できたとして、「じゃぁ報酬だよ」って返金されたら、とてもショックだろうなぁと想像してしまって…同じように治療中の方で不愉快な思いをされた方がいらっしゃったら申し訳ございませんでした。

        不妊治療が実ったら治療費の何割かが戻ってくれば治療をする層が広がるのではないかという主旨は変わらないのですが、良い言葉が見つからず、本当に申し訳ございませんでした。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        今の日本じゃ無理だよ。

        しおりをつける
        blank
        もういや
        議員達が裕福で年金も自分達のエゴに使って平気な顔。
        それで「金がない」と騒いでまた国民から徴集。
        不景気だから、旦那も残業ばかり。
        疲れきってるからすぐ寝ちゃう。

        子少化だなんだって女の人に原因があるかのように
        騒ぐ(これまた年とった頭の固い親父ども)

        子供少なくてあたりまえでしょ!

        小作りする時間ないんだもの!!!!!

        「豊かな国」ってのは
        まず国民がうるおってなきゃね。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        仕事と育児の両立について思った事

        しおりをつける
        blank
        だめな女
        女性が働きやすく、子供を産み育てやすい環境にすればよいのでは?という考えがありますが、私は仕事と子育て両方を女性がやれって言ってるようにも聞こえます。私は20代既婚子なしで会社員ですが、働きながら子育てもするなんて、考えただけでも自分には無理だと思います。自分の仕事と家庭の仕事だけで手いっぱいです。それ以外に子供まで育てるなんて...。仕事と子育てと家庭を全部こなせている女性たちにはほんとに感心します。たいしたものだと思います。だけどそんな女性だけではないです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0