詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    電話が嫌いでしょうがない

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    もも
    ヘルス
    ここ1年くらい電話が嫌いでたまらないんです。 電話が鳴るとうっとうしくて、自分の時間を邪魔された気分になるんです。いつも電話がなるたびに一人で文句言いながらめちゃ不機嫌な声で電話に出てます。(専業主婦なのでほとんど家にいる)知り合いにもどれだけ電話が嫌いか伝えてあります。 最近ではほとんどの時間電話線抜いてるので誰も電話かけてこれませんが、緊急(事故とか)の大事な電話があるかもしれないからいつも線抜いてはおけないんです。昔は電話が大好きだったのに、今はかかってくるのもかけるのも苦痛です。 別にいやな経験があったわけではないんです。いったいどうしてこうなっちゃったのかよく分かりません。誰かアドバイスお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    留守電

    しおりをつける
    blank
    ワイン好き
    ずーっと留守電にして、必要な場合のみ出る。 これで、嫌な気持ちは半減しませんか? 電話の音も、最小にするか、ならないように設定すれば尚オーケー。 いかが?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    嫌いなものはしかたないのでは?でも

    しおりをつける
    blank
    さなさな
    私も電話嫌いですよ。セールスだったりすると嫌なので(けっこう多いので)家の電話は出ません。知り合いや連絡事項の電話には携帯を知らせてあります。 出たくない時は出ないでいいんですよ。必要な用事があるのであれば必ず留守電に吹き込まれます。それを聞いてからこちらからかけなおしたり、電話に出たりしています。 音もなるべく小さめにして、ベル音にせず音楽にすれば少しは違うかもしれませんよ。 私は、電話は苦手ではありますが不機嫌にはなりません。邪魔されたと感じて怒るなど、自分の都合に合わなければ腹を立てるのはちょっとお門違いな気もしますよ。そこまで神経質にならずもっと穏やかになるにはどうするかも考えないと不機嫌な声を聞かされるまわりの人も大変ですね。いい大人なのですから。 だれにだって嫌なもの苦手なものはありますが、みんなが露骨に嫌だと態度にあらわしているわけではありません。 みんな工夫したり「まぁいいか」という心のゆとりももって生活しているんです。 ちょっと自己の性格を振り返ってはどうでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も、電話が大嫌いです。

    しおりをつける
    blank
    ノーサンキュー
    かけるのも、かかってくるのも両方嫌いです。現在は、相手の名前と番号が表示されるサービスを付けているので、必要な相手の電話だけ出るようにしています。以前は、すぐ横で電話がなっても、遠くにいる夫を呼んで、夫に出てもらっていました。 仕事で電話を使う分には問題ありません。家にいる時は、自分の時間を、電話によって邪魔されたような気持ちになるからでしょうか。。。もちろん、携帯電話も一度も持った事がありません。不自由も無いです。 嫌いなものは、仕方が無いと思います。でも、緊急の時が一番心配ですよね。限られた人にだけ教えた携帯を持つか、我が家と同じで、相手先の情報がわかるサービスを受けたらいかがでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出なきゃイイ

    しおりをつける
    blank
    ダラダラ専業主婦
    セールスの電話等に関わるのが嫌なので 私もあまり好きではありません。 時期によっては夜遅い時間、平気でかけてくる相手もいるし。(のんびりしている時、かかってこられると正直ムッとしますしね!) でもナンバーディスプレイにする程、 困っていないので(…ていうか24時間、留守電入れっぱなしで気が無い時は出ないから) 知り合いや、親族には留守電に伝言を残すか、携帯にかけて欲しいって言ってあるし、子供の緊急連絡先はモチロン携帯電話。 だから、自宅の電話が鳴ってもあまり気にせず無視しています。「出る出ないの選択権は自分にあるのだよ、お馬鹿…」と心の中でほくそ笑むワタシ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    電話に出なくてもいいのでは?

    しおりをつける
    blank
    あんみつ
    緊急の用事があるから、電話線を常時抜くわけにいかないし、毎回友人に不愉快な口調で応対していては、今後のおつきあいに困るかもしれないということだと、勝手に解釈しました。 とりあえず、電話に出ないというのはだめですか?ご友人には「最近電話セールスがしつこくて電話に出るのが怖いので、電話には出ないことにしています。用があるときは留守録にいれてください。こちらからかけ直します。」と、本当に用があるなら、きちんと要件をいうでしょうし、単に暇つぶしのための電話なら、とくに留守録にはいれないでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出てもいいときだけ

    しおりをつける
    blank
    ムーミン
    私もトピ主さんと同じく、電話が嫌いです。 私も特にこれといって理由はないのですが、自分の時間を邪魔されるように感じてしまうのです。 電話でだらだら話すくらいなら、わざわざ出かけていって、会っておしゃべりするほうがよっぽど好きです。 ですので、一日中留守番電話にしておき、でたくない時は留守電に任せておきます。 緊急や重要な用事だったら伝言を入れてくれるでしょうし、たいした用事じゃなければそのまま切ってくれるでしょう。 出てもいいと思うタイミングのときだけ受話器を取ります。 (電話したけどいなかった、なんていわれますが、出かけてたかも?くらいでお茶を濁します。) さらに携帯にも掛け直されるときもありますが、出たくないときはやっぱり出ません。 携帯にも留守電があるので、よっぽどのことだったらこちらに伝言を入れてくれるでしょう。 (こちらは、家に忘れて出かけてしまった、といってお茶を濁します。) 電話はメールと違ってこちらの都合なんて関係なくかかってくるものなので、こんな感じで良いのではないでしょうか? いつか暇を持て余すようになったら全部出ようかな。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同じで~す。

    しおりをつける
    blank
    スターダスト
    私もここ1~2年電話に出るのがすごくイヤです!一応主婦なので、色々な連絡もあるので電話線を抜くことはできないのですが、正直抜きたいです・・本当にイヤ!電話の呼び出し音が鳴るとゾ~っとします。 出る前に何の用だよ掛けてくんなよ~と言ってから出ています。何でかな?とよくよく考えると、連絡事やちょっとした用などに携帯のメールが主流になっている生活なのです。メールはすごく楽ですよね、余計な話もしなくて良いし片手間で出来るからね!自分のペースで出来るのが最高です。 トビ主さんはそんなことないですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    線を抜くくらいなら

    しおりをつける
    blank
    匿名おとこ
    電話を止めましょう。 呼び出し音を鳴らしているつもりなのに誰も出ない電話は感じが悪いので。 ベルが鳴らないようにして留守電に回されたほうがよっぽどましです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    解決

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    信じられないかもしれませんが、家には留守電がありません。電話にボリュームもついてません。だから早朝や、子供の昼寝の時間、夜遅くなど電話が鳴ると、家族全員起きてしまいます。しかも電話の用件が、ほかの人の電話番号教えてくれだったり、別に早朝・深夜にかけなくてもいいような用件だったりするとなおさら腹が立つわけです。間違い電話もすごい多いです。でも、最近はもういつも電話線を抜いているので一切電話が鳴らなくて平和な日々をすごしています。携帯は電源は入れてるので(音は消してる)自分の暇な時間にメッセージを読めます。最初からこうすればよかったんですね。皆様の意見ほんとにありがとうございました。こんなことに悩んでるなんて世界でわたし一人なんじゃないかと思ってたので励みになりました。というわけでとりあえず問題解決なのでこのトピ消したいんですがどうやって消すんでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]