詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    看護大学助手の仕事について

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    香永
    仕事
    今年の春から看護大学の助手になることになりました。公立の総合病院で9年間仕事をしていましたが、それと比べると年収が100万円も下がります。憧れていた教授から誘われ、うれしくて即答したのですが、今では少し不安になっています。 仕事の現状、給料のことなど、なんでもいいのですが何か情報をおしえてください。よろしくおねがいします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    不安がることはないのでは

    しおりをつける
    blank
    むくどり
    国立行政法人大学の給与は人事院のHPに出ています。 http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/f_kyuuyo.htm 通常の学部の場合は,教育職俸給表(一)の1級が,大学の助手の給与です。 医師は異なる俸給表ですから,看護師も違うのか?それは知りません。 公立大学の場合は,国立大学の95%とか100%とか様々だと 聞いています。 看護師の時よりも年収で100万円減とのことですが,勤務時間等は 楽になるはずです。 マイナス面だけではないと思うので,大学院を出たり論文を書いたりして 助教授や教授に上がれば,給与水準は全く違うはずです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    知人の話ですが・・・

    しおりをつける
    blank
    momo
    知人が看護大学の助手になったときの話です。 業務は教授達の講義補佐、資料作成準備、看護実習の学生指導などでした。給料は国家公務員に準ずる額で、待遇も良かったそうです。ただ彼女も以前は看護師をしていましたから、それに比べて高いか低いかは聞いてないです。 仕事で夜の8,9時まで残るのは日常茶飯事でした。学生の指導にはやりがいを感じると話していましたが、彼女の大学では教授達に個性の強い方が多く、その人間関係がきつかったそうです。 派閥争いのような様相があったりして、その点でよく愚痴をこぼしていました。ただ香永さんも研究をしていきたいと思ってらっしゃるなら、大学という場はよい環境なのではないでしょうか?後はそこの大学の教授陣の人間関係や大学の体制によっての良い悪いは出てくるものなので、こればかりは分かりません。 やはり不安があるのであれば、誘っていただいた教授に相談してみてはいかがですか?教授に聞きづらければ、先にお勤めの助手がいればそれとなく聞いてみるとか。 でも想像以上の業務量です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    仕事の現状

    しおりをつける
    blank
    青年中年
    おそらく30代前半くらいのお歳だと思われますが、研究の経験はお有りでしょうか。 看護は他分野の大学教員に比べて助手になるハードルが特に低いのですが、出世となると別です。 特に研究業績もなしに助手のまま40代に突入してしまったら万年助手を覚悟しなくてはなりません。その頃には助手職のMAXの給料をいただいているでしょうから、昇給も望めません。よって、それを避けるには数年以内に講師もしくは助教授に昇進しなければなりません。 あなたの学歴がわかりませんが、現在学士ならば早いうちに修士をとりましょう。近年は看護も高学歴化が進み、修士以上でなければ助教授になるのが難しく、博士がなければ教授になるのが難しいでしょう。 近年看護大学教員になる人は臨床経験5年以内で助手になる人が多く、その人たちはあなたと同じ歳の頃にはすでに修士号や数報の学術論文業績を持っているケースが多いです。 今後のスケジュールを早めに立てた方がよいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    現職です その1

    しおりをつける
    blank
    現役看護系大学助手
    昨年4月よりすべての国立大学は法人化されました。 私の在籍している某国立法人医系大学は、この4月より 教員はすべて5年間の任期制になります。 教授以外の教育者は再任は2回までで、その期間にある一定の業績(論文や研究発表)を挙げなければなりません。 私の大学では教員は研究職とみなされており、一日8時間、週40時間であれば、授業や実習が無い時は 時間帯は関係無くいつ就業していても構いません。 そのかわり残業手当は一切でません。 私は臨床で三交代をしていた時に比べると月給は約10万円減でした。 上のレスで勤務時間帯は楽と言われていますが 実習や研究で、20時近くまでは毎日残業です。 それにナースの時と違って交代でないために 全ての業務は自分にかかってくるので、かなりの重圧もかかりますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    現職です その2

    しおりをつける
    blank
    現役看護系大助手
    仕事の主な内容は、実習指導です。 これは、新人ナースを育てるよりも大変です。 ほとんど素人の学生を患者さんと接遇させるのですからね…。 看護計画立案から、アセスメントのし方、SOAP方式での記録の書き方など、 看護過程を実際の患者様に当てはめて0から教えなければいけません。 私はそれにやりがいを感じていますが、挫折していく先生方も多いです。 おまけに準社会人としての常識も教えなければならず、けっこうストレスたまります。 実習以外では授業の準備(演習が中心)、研究活動(これも教員の義務です)、 その他の学内での行事や会議など、あっという間に一日は過ぎていきます。 学生が休み中こそ、自分の研究ができる時なので、 結局休みはありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    現職です その3

    しおりをつける
    blank
    現役看護系大助手
    あと、学歴についてですが、 助手でも今や修士を持っているのは、ほぼ当たり前です。 今は14条といって、職を持ちながらでも大学院に通うことのできる制度を導入している学校もありますから 職場の大学院に行きつつ、助手もしている…という二足の草鞋を履いている人も多いです。 でも、これは相当大変ですから2年間で修了できる…とは思わない方がベターです。 産休も育休もとれますが基本的に補助教員はとれません。自分が休んでいる間、その講座は欠員か非常勤で回さなくてはいけないので 産後8週で出てくる先生がほとんどですね。 それから、一番人間関係がやっかいです。 大学というのは独特の組織ですので、ありあまる非常識と向き合わなければなりません。 世間の常識が通じない世界の一つです。 そこを乗り越え、したたかに生きる人が生き残る… そんな世界ですかね。 私はそれでも明日のナースを生み出す事にやりがいがあるので続けています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます!!!

    しおりをつける
    blank
    香永
    みなさん、本当に詳しく教えていただきありがとうございます。育児休暇についてのお話は気になっていたところでしたので、参考になりました。 夜勤をしている看護師よりも、違った意味でさらに大変になるだろうなあと覚悟していましたので、いろいろお話を聞かせていただいてさらに実感してきました。 今年大学院を受験して、代替医療を看護に生かせていけるような研究をしていこうと考えています。ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]