詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アメリカの小学校へ転入・・予防接種

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    みなみ
    話題
    今夏、主人の赴任の為9歳の息子がアメリカの小学校へ転入することになりました。
    現地の小学校へ入学する際に必要な予防接種を、できる限り日本で受けていきたい
    と思い、ネット等でいろいろ調べましたが、どうしてもわからないことがありますので、
    質問させていただきます。

    ・B型肝炎のワクチンは一般の診療所でも受けられますか?
    ・HIBは日本では6歳以上はかかりにくいと聞きますが、
     それでも打つ必要がありますか?

    JOHACが3月末で廃止になってしまったようで、どこに確認すればよいかわかりません。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:5990332911

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    同じレスがつくかと思いますが

    しおりをつける
    🙂
    pooh
    B型肝炎のワクチンは、一般の医療機関でも受けられます。
    ですがワクチンを用意しているかどうかは医療機関によりますので、問い合わせした方が良いです。理由が必要だったと思いますが、海外不妊予定なら問題なく受けられるはずです。我が家はまず行きつけの小さな小児科で聞いてみたところ、HIBも受けられるとのことで、他の予防接種との兼ね合いがあるので、ラッキーでした。B型って3回接種・生ワクチンですよね。他の医療機関も往復するより同じ医療機関でスケジュールを組む方が楽だし、色々対応してもらいやすいと思います。
    尚、私は赴任予定が迫っていたので、本来の追加接種スケジュールを狭めて打ってもらったところ、州の規定を満たしていないとのことで、また追加でHIBをアメリカでうつはめになりました。あせりは禁物、です。

    打つ必要は、州によりますが、あります。私のいる州では、日本でかかりやすいかどうかに関係なく(ここはアメリカなので)、打っていなければ公立の学校には入れません。私立に入れるならば学校次第です。州の規定を今一度ご確認ください。

    トピ内ID:2733014297

    ...本文を表示

    質問の意味がわからないのですが、

    しおりをつける
    blank
    ゴ-ン
    ネットで調べるというより、まずその入学予定の学校が出す、必要な予防接種の最新情報を得ないといけないと思うのですが。

    指定の予防接種を終えていないと、その学校に登校もできません。
    反対に、学校に予防接種の情報を求めれば、きちんとした返答があるということです。
    夏に赴任されるということは、9月(前後)から学校が始まるのですね?

    予防接種をしてくれる診療所を探したり、注射してもらう時間はたっぷりあると思いますが、学校のスタッフは6月の修了式後7~10日後くらいから夏休みに入って連絡が取れなくなるかもしれませんから、早いうちに連絡を取っておかれたらよいのではないかと思います。(地域差があることですが)

    予防接種の記録込みの、学校指定の健康診断票を提出しなくてはならないかもしれません。
    予防接種のみに関しては、たいていは地域の小児科に地域に則した情報があるので、日本で受けた予防接種の記録を持ちこんだら、必要な予防接種をしてくれると思います。

    トピ内ID:9169825524

    ...本文を表示

    参考までに 1

    しおりをつける
    びじたー
    北米在住です。
    子供達が小学校低学年の時に渡米し、一時帰国後、また再度来ています。

    予防接種ですが、日本とは接種の受け方が違っていたりで心配ですよね。
    私もなるべくなら日本で受けた方が慣れてるし、言葉も通じるので、
    慌てて受けようとしましたが、結果的には現地に行ってからでも良いと思います。
    州や地域でも違いますし、
    どっちにしても小児科に行って健康診断をしてからでないと、入学できないからです。
    おそらくその時に予防接種の話が出て、当日受けても良いですし、
    日を改めてというのも可能です。
    ただアメリカでは、医療にかかる場合、ほとんど予約制ですので、
    またいちいち予約しないといけません。
    一日で済ませたい場合は、健康診断の時に受けるのが良いかもしれません。

    続きます

    トピ内ID:4722024220

    ...本文を表示

    参考までに 2

    しおりをつける
    びじたー
    確かにアメリカは予防接種の数が多いので、
    一日に全部というのは日本人の感覚だと避けたくなりますが、
    日本とは違って、量が少ないとか弱くさせてあるとか、
    (真相ははっきりしませんが)事前に聞いていたので、気にはなりましたが受けました。
    一応、子供が小さい時はちょっとかわいそうで二日に分けました。
    特に副作用も、腫れもなかったです。

    それと、コレは我が家では毎回なのですが、
    現地校に転校後に、病院から自宅宛に調べたら足りないから、
    追加で予防接種を受けてくれという文書が来たりします。
    もう学校に通ってるのに??とか思いました。
    一応任意の時もありましたが、受けました。
    あと再渡航の際には、血液検査も受けるように言われました。
    これはまた別の大きな病院でしか受け付けず、また予約して…と面倒でした。
    放課後に行こうと思えば行けるのですが、時間的に調整がつかず、
    学校を休ませて行ったり、面倒でした。

    トピ内ID:4722024220

    ...本文を表示

    検疫診療所

    しおりをつける
    blank
    駐在子育てママ
    神奈川から移動してきたので、渡航に関わる予防接種は検疫診療所で受けてきました。
    横浜の山下公園の近くです。
    東京駅の近くにも診療所があります。

    あとは、確認していないのでなんとも言えませんが、海外渡航前に健康診断を会社指定の病院で受けるように指示されていたらそちらに問い合わせてみるのもよいかと思います。

    肝炎の予防接種を受けたくて近所の病院に片っ端から問い合わせをして判ったのは、入院施設のある病院は院内感染の関係があって肝炎の予防接種はしていないようです。
    小さい診療所をねらって問い合わせをすると効率よく情報があつまるかと思います。二回接種したようなきがするので近くで受けられるならその方が楽です。

    そもそも、私が検疫診療所を知ったのは保健所に問い合わせをしたからだったように記憶しています。
    問い合わせをしてみては如何でしょうか?

    アジア在住ですがHibは接種済みです。
    長男はこちらで出産でしたので必須でした。
    9歳以上の感染率と予防接種の必要性は判りません。
    ただ、現地の医療機関の状況により「心配なら受けて下さい」と言われるかとは想像出来ます。
    準備大変ですけど頑張って下さい。

    トピ内ID:4397835153

    ...本文を表示

    引越し先の州の学校関係WEBをチェック

    しおりをつける
    blank
    ままち
    転居先の州の教育関係(K-12)のウェブなんかをご覧になるとすぐにどの種類が必要か分かるはずです。
    海外渡航者が必要とするようなワクチンを揃えていて打ってもらえるクリニックが東京ならいくつかあります。(他県は分かりません。)
    そういうクリニックのドクターなら任意でのワクチンの場合、必要かどうかアドバイスもしてもらえます。

    入学に必須とされているワクチンは、要不要に係わらず、もれなく全て受けておかないと、学校の入学願書書類を受け付けてもらえません。
    渡米までにすべてが間に合わない場合は、渡米後にすぐにかかりつけドクターを見つけ、残りの接種をしてもらいます。うちはそうでした。

    あと、ツベルクリンは、お子さんの場合日本も廃止後だったかもしれないですが、うちの子は三ヶ月の集団検診でツベルクリンがある頃だったので、渡米後、検査して面倒くさいことになったこともあります。TB検査は日本から来る日本人をよく診てる日本人ドクターにしてもらったほうが無難です。アメリカの普通のクリニックで大きく陽性反応が出てしまうと、レントゲンやら抗生剤投与やら、の騒ぎになります。

    トピ内ID:3748000445

    ...本文を表示

    かかりつけのお医者様に

    しおりをつける
    ののじ
    お聞きください。

    我が家の場合は今まで受けた予防接種の記録を英文にして持参しました。
    かかりつけの小児科の先生に書いていただきました。
    予防接種は日本でも打てるものは打っていきましたが
    ポリオはこちらでの必要回数に足りずアメリカで再接種しました。
    インフルエンザ幹菌はアメリカで接種しました。
    B型肝炎も日本では医療従事者の方はみなさん接種していますからお医者様にお聞きして対応してください。

    アメリカの小学校に転入の手続きに行ったときに、必要な健康診断と予防接種の記録の提出を求められましたので地域の小児クリニックで健康診断を受け、足りない予防接種をうけました。

    すでに現地に行かれている駐在の方などにお聞きするのもいいかもしれませんね。

    トピ内ID:5595695440

    ...本文を表示

    現地で

    しおりをつける
    たんぽぽ
    予防接種の記録が、学校のレジスターに必要ですよね。
    我が家は、到着後すぐに保健所で接種しました。無料でした。
    今までの接種の記録を持参されれば、医者が足りないものを打ってくれます。
    個人の接種済み一覧表も作成してもらい、便利でした。

    皆さんおっしゃると思いますが、やっかいなのはBCG。
    何回説明しても理解されず、困りました。
    レントゲンを撮ることになるかもしれません。

    普段のかかりつけ医は、日本の接種事情に慣れた医師をお勧めします。

    トピ内ID:2242700772

    ...本文を表示

    我が家の場合

    しおりをつける
    blank
    yt
    10歳、6歳、3歳の子供がいます。カリフォルニアに駐在中です。2年半前に来た時に、こちらで予防接種をしました。
    何が必要なのかというのは学校区によって違うので、住む予定の学校区のページで調べられるといいと思います。それにこちらに来てから転入する時に書類に書いてあると思います。私たちの住む学区では、とりあえず転入前に必ず必要なのはTBテスト(ツベルクリン反応)でした。それがクリアならばあとは徐々に現地のクリニックで打つこともできると思います。必ず全部やっていなければならないというわけではなかったです。

    ちなみに7歳でこちらに来た長男の記録を見てみましたが、HepBはこちらで1本、HIBは打っていません。お引越し前で大変でしょうし、日本なら○週間あけてからというのが厳しいから、忙しい今何本もうちに病院通いするのも大変ですよね。子供にとっては大変ですが、アメリカは予防接種は複数打ちなので、あっという間に足りないものは1回~2回で打てますよ。ちなみに4歳だった長女は最初のとき5本打たれました。

    準備大変ですが、がんばってくださいね。

    トピ内ID:0924436563

    ...本文を表示

    かかりつけ医に聞きましょう

    しおりをつける
    🙂
    大変ですね
    子どもさんの、かかりつけの小児科医はありませんか?
    そこで訊ねれば解決すると思いますよ。

    ちなみに、私の子どものかかりつけ医では、海外渡航で必要な予防接種は全種類対応してくれます。(もちろん、事前予約が必要な物も多いですが)

    HIBに関しては、幼稚園は必須でした。
    小学校もその流れで必要かも。
    ただし、自治体ごとに規定が違ったりするので、通学予定の学校に確認するのが早いです。そこで必要と言われたのなら、必要です。打っていないと悪くすると入学を拒否されます。

    日本だと一度に1種類しか打ってくれない予防接種ですが、アメリカだと1度に2~3種類(組み合わせてもOKなものを)打ってくれるので、2回で済みました。
    予防接種はほとんど無料だったような…
    でも、加入していた保険のお陰で無料だったのかもしれません。
    そのあたりも確認しておいた方がいいですね。

    子供連れの赴任は準備も、気疲れも多いかと思いますが、がんばってくださいね。

    トピ内ID:3318182344

    ...本文を表示

    どうして

    しおりをつける
    blank
    hima
    病院に問い合わせて聞かないの?

    トピ内ID:9675359787

    ...本文を表示

    まずは

    しおりをつける
    blank
    まえまえ
    ご主人の会社の人事部に問い合わせをしましょう。会社によっては、診療所で受けることも出来ます。

    かかりつけの小児科はありますか?連絡を入れて接種日程を決められるのがよろしいかと思います。

    ポリオとかMMRの回数とか確認して早めに準備しましょう。規定の予防接種が終わらないと通学許可がおちないこともありますし。

    うちの場合HIBはアメリカで打ちました。

    赴任先が決まっているのですから、ネットでその州の情報は得られますし、まずはアクセスして学校にはいる前の情報を読めば書いてあると思います。
    安全で健康的な駐在生活でありますようお祈りしています。

    トピ内ID:9919417570

    ...本文を表示

    現地で接種されては?

    しおりをつける
    🙂
    五月雨
    出発前に準備しておきたいですよね。
    でも結局は予防接種が足りなかったり、現地の医師の証明が必要だったり、小児科にかかる可能性が高いと思います。
    現地であれば、おそらく一回の受診で不足分の予防接種数種類を全部打ってくれると思います。費用も保険に加入されると思うので、一回につき$20前後の受診料を払うだけですので、日本で自費で払うよりお得かと思います。
    何より、まず小児科を決めていくことは、異国で生活されるには重要なことだと思います。
    現地に到着されたら、まず小学校の転入に必要な書類を確認し、それにしたがって、チェックアップを受けられることをお勧めします。
    アメリカでは、結核感染に神経質なところがあり、お子様がBCGを受けて陽転しているなら、BCGを受けて陽転している旨を日本の医師に証明書を書いてもらうと、現地でツベルクリン反応を受け陽性だった場合、面倒なことが無いかと思います。

    トピ内ID:4640858975

    ...本文を表示

    社団法人 日本小児科医会国際部

    しおりをつける
    blank
    赴任経験者
    という機関がありますので、そこで相談できると思います。


    国によってかかりやすい感染症というのがあり、赴任するにあたり任意ではなくて義務になっているものもあるかと思います。
    私たちが東南アジアの国に赴任が決まった時は夫の会社から、接種するワクチンリストが渡されて、毎週のように接種しに行っていました。子供もかわいそうでした…。

    確かヨーロッパの方も日本に赴任するときは日本脳炎など、現地では接種しなくてもよいものをしなければいけないと聞いたことがあります。

    任意のものも含め、現地で一般的に接種されているものも、このHPから検索できます。
    渡航前に接種しなければいけないもの、現地に行ってからでもよいもの(現地にしかないもの)など色々とあると思います。
    それから渡航までの期間があまりない場合で複数接種しないといけないものは、一回目を日本で受け(その証明を控えておく)、二回目を現地で接種することもあるでしょう。
    大人は一回で済むものを子供は二回に分けて接種するものなど注意が必要です。

    日本、現地での接種は自費又は会社負担なのかもよく伺っておいた方がいいでしょう。

    トピ内ID:7481199368

    ...本文を表示

    学校に確認されることをお奨めします

    しおりをつける
    blank
    はは
    現在北米におり、小学生の子供もいます。
    B型は日本で2回目まで受けてきました。近所の小児病院でできましたよ。
    3回目は渡米まで間に合わなかったので、こちらで受けました。

    入学までに3回目は間に合いませんでしたが、スクールナースに3回目はこれから受ける予定と伝えたところ入学には問題ありませんでした。
    HIBについては子供の行っている地区では6歳未満の子供のみ必須となっていました。
    その為下の子は受け、上の子は受けていません。

    但しこれはお住まいになる学区により異なるため、確認が必要です。

    トピ内ID:9507048280

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    みなみ
    皆様とても丁寧にお答えをいただき本当にありがとうございました。

    急に赴任が決まったもので、以前に赴任経験のある友人から一度に
    5本も打ったというのを聞き、焦ってしまいました。

    あまり急ぐことはないようですね。検疫所や病院などに相談し、
    打てるものは日本で済ませていきたいと思います。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:5990332911

    ...本文を表示

    予防接種

    しおりをつける
    blank
    ミア
    入学予定の学校が出す必要な予防接種の最新情報を得るということが最初の一歩だと思います。
    それがなければ日本の基準での海外渡航に必要な予防接種をすればいいのではないでしょうか。

    同時に国際予防接種証明書(International Certificate of Vaccination or Prophylaxis) を発行してもらう事をおすすめします。予防接種の種類と受けた日付、医療機関のサインがすべて書き込まれるようになっています。俗に言うイエローカード。

    現在私の住んでいる国(ヨーロッパ)では生まれてからの予防接種がひとつの記録になるシステムになっていて一目瞭然です。私はアメリカ移住の時に必要な予防接種を自分が受けているのかわかりませんでした。抗体検査をすればわかるのですが、記録があれば簡単ということです。

    いづれにせよ予防接種をしなけばいけないのならついでにどうかなと思った次第です。今は小さいお子様もいづれは自分で海外旅行をしたり、どこかの国に移住する可能性もあるわけですし、そのときに自分の受けた予防接種が一目瞭然になっているとよりいいのではと思ってレスをしました。

    トピ内ID:3374572524

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0