詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • ピアノ練習(5歳の娘をやる気にさせる方法)
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ピアノ練習(5歳の娘をやる気にさせる方法)

    お気に入り追加
    レス37
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🎶
    れんれん
    子供
    5歳の娘がピアノの練習を嫌がるようになりました。
    毎日、後で後でと言いながら結局やらない日が半分。
    なんとかやる日が半分です。
    何かほしいものがあると、ピアノの練習たくさんするー!
    と言って私の気を引いてきます。そしてやらない。ついつい怒ってしまいます。
    先生とのレッスンは好きで行くのを楽しみにしています。

    子供をやる気にさせる方法、ピアノに限らずだと思います。
    結局、本人の気持ち次第なのでしょうけど、スイッチを入れる方法があったら教えてください。よろしくお願いします。

    トピ内ID:7433856936

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数37

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  37
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    小さな目標を設定する

    しおりをつける
    🐱
    たま
    私にも5歳のピアノを習う娘がいます、お気持ちよくわかります。

    私が実践していることは、目標設定です。
    これはピアノでもスポーツでも、子供にやらせること全般にいえることです。
    子供には小さな目標(簡単に達成できても良いのです)を与えてあげて、それを目標にし、達成できたことを大いに褒めてあげてください。
    ただ練習しろ、の繰り返しは子供にとってまったくつまらない物です。

    お子さんがピアノのレッスンに行くのか好きなら、「今度先生の前で、この曲を上手に弾いて驚かしちゃおう!先生なんて言ってびっくりするかな?」
    こんな感じでどうでしょう?

    スポーツで大成した人が、最初から金メダルなんて考えていなかった、最初はクラスで一番になりたかった、次は学校、学校で一番なら市大会、そうやって目標を一つずつクリアーしていったら何時の間にか世界が見えてきた、とおっしゃってました。

    子供は褒めて伸ばしましょう。

    トピ内ID:8508189486

    ...本文を表示

    うちの場合

    しおりをつける
    🐤
    練習中
    6歳の息子はピアノを始めてちょうど2年になりました。
    いろいろ試して失敗して・・・

    結果成功したのは『スタンプカード』作戦です。
    1ヶ月分のスタンプカードを作り、
    目標欄に『自分で』欲しいご褒美を書かせます。
    (あまり高いものだとよくない癖がつくと思いましたので、
    ケーキなどの子供にとってのちょっとした贅沢品に限定しました)
    毎日決められた回数の練習をしたら私がスタンプを押します。

    これを1ヶ月スタンプでいっぱいにしたら翌日ご褒美を一緒に買いに行きました。
    兄弟がいても達成した子の分だけです。
    親も食べません。
    がんばった子だけの特別なものにしました。
    ご褒美を楽しみに毎日一生懸命弾きましたよ。

    スタンプカード作戦をやめた今でも毎日練習しています。
    習慣づいたのでしょうね。

    トピ内ID:9871526257

    ...本文を表示

    すてきでたのしいことだとわかってほしい

    しおりをつける
    mx
    子どもの頃ピアノを習っており、いまでも時々弾いています。
    mxと申します。

    母の意向で習い始めたのですが、生来落ち着きがなく乱暴者の私が
    ピアノの前に座っていられるはずもなく、練習はおろかレッスンも
    脱走する始末。
    そこで家庭教師に来てもらうことになったのですが、それを見ていた
    弟が興味を持ち、一緒にレッスンを受けることになったのです。
    さすがに好きで始めたこと、弟はすぐに上達し、私と同じ教則本を
    使うようになりました。
    弟に負ける!という競争心と、楽しそうな弟を見て「ピアノってけっこう
    いいな」と思えるようになったこと、この2つの理由から、私も弟と
    ピアノを取りあうようにして練習するようになりました。

    このような経験から、私は、れんれんさんがピアノを始めることを
    おすすめします。
    特に先生につかなくても、お嬢さんの教則本を使って練習して、お好きな
    曲のピアノピースを買ってきて弾いてみられるとか...
    今、お嬢さんはピアノが「面倒で嫌なこと」になっているのでは?
    本当は「すてきで楽しいこと」だとわかってもらえれば、と思います。

    トピ内ID:5855840455

    ...本文を表示

    時間を決める

    しおりをつける
    blank
    ちかげ
    トピ主さんのお子さんはピアノが好きではないのではと思いました。
    ピアノってコツコツ毎日の努力が必要な習い事で集中力も必要ですから苦手と思う子にはきつい
    と思うんです。
    練習も自分が上手になりたいとか、こんな曲が弾けるようになりたいとかではなくお母さんが練習
    したら喜ぶからという理由だったら可哀想かなと思います。
    わたしは親に連れられていつの間にかピアノを習っていましたが嫌で嫌で仕方ありませんでした。
    親の為にやっていた気がします。喜ぶから。

    子供は自分で習いたいと言いました。
    わたしは早いと思いましたが、子供はピアノがとにかく好き。
    熱があっても体調が悪くてもピアノに触れることが大好きなんです。
    幼少期はピアノを毎日決まった時間に練習する習慣をつけることが大切だと思います。

    そうは言ってもうちの子供も練習したがらない日、(遊び弾きばかり)があります。4歳0ヶ月。
    そういうときは一人で子供の宿題を広げて弾き始めます。
    楽しそうにやっていたら子供もやるー!といつの間にか2人で弾いています。
    また子供の好きなアニメ曲を弾いてあげます。

    トピ内ID:2233562602

    ...本文を表示

    アドバイスありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    れんれん
    娘のピアノを嫌にしてしまったのは私です。
    最初は練習していたのにだんだん練習しなくなって、
    工夫もなしについ怒ってしまう。。
    つまずかないように、上達すれば好きになると思い込んでいました。

    まず、目標設定やって、それに乗ってこなかったらスタンププレゼント、
    一緒に弾いたりもすぐにできますね。時間も決めてですね。

    ありがとうございます。さっそくチャレンジします。
    娘とのピアノの時間がなんかいい時間なので、
    これからも続くようがんばります。

    トピ内ID:7433856936

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    この2冊の本、お勧めです。

    しおりをつける
    🐱
    neko
    子供が5歳から音大でピアノを習っています。

    「ピアノを教えるってこと、習うってこと」樹原涼子
    「ピアノがうまくなる子、ならない子」池田陽子

    上記2冊を繰り返し読んでいます。お勧めです。
    親の心構えで子供の気持ちが変わる、というもので、
    本当になるほど!と思うことばかりで、繰り返し読んでいます。

    子供って素直です。かつ、わがままだったり気ままだったり。
    それをどう導くか、環境を作ってあげるか、が大事のような気がします。

    本に書いてあったことを実践すると、本当にぱっとよい反応が返ってきますよ。
    子供の目線や気持ちを無視して親の気持ちを押し付けてもうまくいかないと思います。

    トピ内ID:4548127588

    ...本文を表示

    ピアノが好きじゃないと難しい

    しおりをつける
    🐧
    真澄
    私はピアノが大好きで、高熱が出て親に止められても弾いていました。
    現在、ピアノで食べています。

    好きじゃない子にやらせるのは可哀想だと思います。
    好きなら、怒られても、けなされても、挫折してもピアノが弾きたくてうずうずします。
    友達と遊ぶより、ピアノが何より楽しい事でした。

    好きじゃないのにやらせても伸びないし、可哀想です。
    親のエゴだなと思ってしまいます。

    トピ内ID:0536002023

    ...本文を表示

    どうしてピアノをさせたいか

    しおりをつける
    blank
    ピアニスター
    トピ主さんは、普段どれくらいクラシックをお聞きになりますか?トピ主さんもピアノを弾かれますか?
    親が興味を持っているものなら、5歳ぐらいの子供なら、一緒になって関わろうとするのが自然です。もしそうでないとしたら、ピアノの練習をすると、親が喜ぶのでお子さんはやっているだけだと思います。レッスンも本当に楽しんでいるかは分かりません。

    将来、ピアノを弾けるようになって欲しいということなら、高校や大学からでも遅くないです。軽音部の連中なんか、大抵高校からエレキ始めて、卒業する頃には大分上達してましたが、ピアノも同じです。好きならやりますよ。親がそれほど好きでなければ、子供に押し付けても無駄です。

    トピ内ID:2859949364

    ...本文を表示

    お母さん、嘘つきは嫌いよ。と言う。

    しおりをつける
    blank
    I.C
    案外、お母さん、嘘つきは嫌いよ。などと、注意すれば伸びるかもしれません。
    小さい子供の場合です。
    罪悪感を感じると思います。
    これで、泣き出せば、意見が異なると思いますが。

    たまに、ピアノを弾いている時に、上手だと言って、褒めるのもいいと思います。

    「すごいねぇ、お母さん、あなたのように弾きこなせない。若いから頭がいいんだね。若い、っていいよね。」みたいに言えば、子供も徐々にピアノを弾くこととは、すごい事なんだと分かり、練習をする日が増えると思います。

    学校の勉強にも同じことが言えると思います。
    嫌だけど、大変だけど、誰だって、企業に就職をするまではやらないといけない事です。
    楽しく、やりやすく出来れば、と思います。

    トピ内ID:1646855614

    ...本文を表示

    数々のアドバイスありとうございます

    しおりをつける
    blank
    れんれん
    2冊の本、読んで勉強します。

    たとえ好きにならなくとも、いえ好きになってほしいですが、
    練習あまりしなくても続けてほしくて、(←こうなったら何もいいません)
    ピアノが弾けるって人生豊かに、楽しみになると思います。

    あるピアノの先生のHPで
    「生徒さんはピアノの果てしなさを感じるまで上手にしてあげたい」
    と書かれいました。
    娘にはその果てしなさを実感する時が来てほしい。
    好きじゃないのにそんなの無理かもしれませんが、
    まだまだ5歳、これからスイッチ入ればと思います。
    ピアノを一生の友として、好きな曲が自由に弾けて、
    果てしなさを真に実感できたらと思います。

    私もピアノを大人になってから習っています。
    どんな習い事、スポーツだってなんだって、
    大人になってからでは到達できないエリアってあります。
    そのレベルの楽しみだってあります。
    でも、もっと弾けたらさぞかし楽しいだろうにと思います。

    自発性がでるまで楽しくやりやすくがんばります。

    本からヒントをもらってやってみます。

    ありがとうございます。

    トピ内ID:7433856936

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  37
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0