詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の塾通いなどについての素朴な疑問。

    お気に入り追加
    レス40
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ぷちん
    話題
    30歳のもうすぐ結婚を控えた者です。 私は小学校の頃学校以外で勉強した記憶が全くありません。常に遊びほうけていました。 それでも中学になったら学校の授業と赤ペン先生で問題なく3年間を過ごしました。 なぜ、今の子供達は小さなうちから塾へ行くのでしょうか? 最近は小学校のうちから塾に通わないと、授業について行けないのでしょうか? それとも、塾に通っている子供達は全員中学受験をする子供達で、公立中学へ通う予定の子は、20年前の私の様にのびのびと遊んでいるのでしょうか? 私は一生懸命勉強するのは中学からでも十分だと思うので、小学生のうちから必死に勉強する意味がよくわかりません。 小学生の子供がいる人が周りに一人もいないので、どなたか教えて下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数40

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  40
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    ゆとり教育は知ってますね?

    しおりをつける
    blank
    赤いりんご
    私(40才台)が知っている事をお話します。 ちなみに10代の子供が3人います。 今から17年前「ゆとり教育」が始まりました。算数は円周率が3.14と習ったところを現在は3です。 教科書は私が小学生だったころの練習問題レベルの問題は皆無です。 これはかなり地域差が激しく思います。親の教育への情熱のいかんによって小学校の先生の質も違います。つまり住んでいる地域によって損か得かが歴然。 このように小学生、中学生のレベルが大変に低いにもかかわらず大学入試はさほど変わってません。いえ、すでに高校の数学になると私達の世代と変わっていないのです。 数学はある程度算数時代の計算力やセンスが土台となって始めて理解できます。(理解できただけでは問題を解く力はつきませんが) 大学へ進学させたいならそれも難関大学へ進学させたいならば小学生時代から学習習慣は身につけさせる必要があると思います。 ただ、最近「ゆとり教育」は見直されています。トピ主さんのお子さんが就学するまでには時代は変わるかもです。 教育の動向を親になったら分析してみてください。新聞を読めば良いだけですけど。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    赤いりんごさんへ

    しおりをつける
    blank
    小学生のmama
    円周率は今でも3.14です。教科書も学校でもそう教えていますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学力も低下

    しおりをつける
    blank
    ぶー
    私は、30代後半、二人の小学生がいます。 ゆとり教育の導入によって、随分と変わって来たのが 今の現状だと思います。子どもが通っている学校は、学校の授業時間数、内容はもちろん減っていますが、やたらと 町や工場等への校外学習が多いように思います。本来家庭での躾けの分野である、例えば掃除の仕方等も学校で教えてくれます。とにかく、反復学習が出来る状態ではないので、その反復学習は家でしなくてはなりません。そこで、塾にやったりするのだと思います。また、塾で予習が出来れば、授業内容もすんなり理解できますしね。もちろんエリート目指す子達は塾通いは必要でしょう。 タダ、自主学習できる子などは、別に行かなくてもよいのではないかなあ?ただ、それが出来ない子は、要注意だと思います。学年に応じた学力をきちんと身につけることは、大事なことです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学習指導要領

    しおりをつける
    blank
    s,n,y
    2002年に学習指導要領が改訂され、小学校で学ぶ カリキュラムがかわりました。 トピ主さんが小学生だったころと比べると6年間 で約1000時間ほど授業時間が減ったんです。 小学校3年生で習っていたことが中学校にならないと 教科書に出てこなくなったり、小学校1.2年生の 間は「理科、社会」という科目がなくなったり、、、 トピ主さんの小学生のころとは大幅に変わっています。 親としては危機感を持たざるをえません。 小学校の勉強だけで大丈夫なのか、このまま公立中にいき、改訂されたカリキュラムで学んでいていいのか と思う家庭が多いのです。 そのため、独自のカリキュラムを持つ、私立中が人気なのです。 塾に通う、公立中進学予定の子供もいます。 一方、のびのび遊んでいる子供もいます。なので学校ではできる子とできない子の二極化が進んでいます。どちらに合わせて授業をするかとなると、できない子にあわせざるをえないのが公立小の現状です。 今は、このカリキュラムで学んできた子供たちが大学にはいって、大学の要求するところにたどり着けるかが問題になっています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    本当に困った人ですね

    しおりをつける
    blank
    うんざり
    >算数は円周率が3.14と習ったところを現在は3です。 本当こういう聞きかじりの知識を確かめないで広める人は 困ったものです。 ちゃんと調べましょう。 「ゆとり教育」もそれなりに問題がありますが、こういう人が 社会をだめにするのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まずは、基本の理解を

    しおりをつける
    blank
    なかこ
     子供を札幌、富山、千葉の公立小学校に通わせてた45歳の主婦です。公立の授業は理解しようがしまいが、どんどん先に進みますから、高学年になれば、当然差がでます。  最近、習得別クラスやゆとりの見直し等で、授業内容を理解出来ない子供達へのフォローが検討されてますが、それがどの位浸透するかですよね。  学校に期待できないから、即、塾というのも短絡的ですが、大切なのは子供のやる気と知識欲をどうやって伸ばしてあげるか、という事だと思います。  基本的な事も理解出来ていない、やる気も無しで中・高と進んでも勉強面では、辛いと思います。  中学受験もせず、学習内容が理解出来てて、本人も希望しないのなら、特に塾は必要ないと思います。  

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あ、そうなんですか。

    しおりをつける
    blank
    赤いりんご
    今小5の息子は3で習った覚えがあるのでてっきりそうかと思ってました。 それにしても数年でこのように教育方針を変えられては安心できませんね。 長女が小5の時からちょうど「ゆとり教育」が導入されてしまいせめて宿題だけは出して欲しいと先生に頼んだのですが却下されまして。 それが中学。高校と「ゆとり教育」で過ごしてきた子達はいったいどう責任をとってくれるのでしょうか? 最も私は見切りをつけ私学へ絞りましたのでなんとかなるかもしれませんが、私学へ行かない子たちだっているのに、と思います。 今息子に聞いてみたらやはり、3で習った事もあったけど今は3,14になったそうですね。いやはや・・・。どうしてそう、かんたんに変えるのかねえ。理解不能。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな理由もあります

    しおりをつける
    blank
    匿名
    学力低下の問題だけじゃなく 塾いれちゃった方が親も楽だからって意見もあります その時間は子供から開放されますしね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の息子は

    しおりをつける
    blank
    塾は不要
    塾に一切行ってません。家庭教師もなし。 自由にさせてます。 でも県内トップレベルの高校へ推薦で受かりました。 塾にいかしても出来ない子は出来ない。 塾にいかなくとも出来る子は出来る。 これ当たり前です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    教科書の薄さにビックリしますよ

    しおりをつける
    blank
    3月生まれ
    トピ主さん、今の教科書の薄さ、ご存知ですか? 私は今年40歳になりますが、私が小学生のころの教科書って、薄くでもだいたい1cm弱くらいの厚さはあったと思うんです。でも今の教科書、大きさがA4に大きくなったとしても薄さはたった5ミリくらい!!しかも教科書の中身はカラーで、絵や図、写真がたくさん。練習問題もあまり載せてなくて、こんな薄い教科書で一年間何を勉強するの?って感じですよ。しかも高学年になっても薄さは変わらないし。 しかも総合の時間とやらが出来て、ただでさえ習う内容が減ったのに、総合は学習指導要項できっちり時間を消化しなければならないらしい。そのしわ寄せで確実に一週間の教科の学習時間は減っているのです。 薄い教科書、やたら多い総合学習、となると、親は学校の勉強だけで大丈夫なのか?と不安になってくるわけです。 だから塾に行かせたり通信教育をやったり、ということになるのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    簡単さ

    しおりをつける
    blank
    あは……
    最近の小学生は集中力がない無能なガキばかりだから。 義務教育期間中の教科書なんて、暇な時に流し読みしていれば頭の中に入る程度の分量でしかない。 ついでに言うなら、その親も大抵無能だがね。 「塾に行かせていれば勝手に成績が上がるだろう」とか「塾に行っていれば落ちこぼれないだろう」という間違った思考しか出来ない、そしてそれに気づく事が出来ない、そんな親子が増えているのさ。 ……最も、 「学力より外での一般常識を先に教えろこのバカ親!」 と言いたいが……

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    教育の「外注」だと思います

    しおりをつける
    blank
    青空
    >中学になったら学校の授業と赤ペン先生で >問題なく3年間を過ごしました。 たぶん、ぷちんさんは、自分で勉強のやり方がわかっていたから塾へ行く必要がなかったのでしょう。 私は個人塾の講師をしています。うちの塾へ来る子のほとんどは、自分のわからないところがわからなくて、家で自力学習できません。だから、塾へやってきます。 できない子どもというのは、例えば、漢字練習は、よみがなを見ながら、漢字を書いて、答え合わせをして、間違えたところは、もう一度やって…、というような、だれもがやるやり方すら思いつかないのです。 でも、このレベルだったら、塾へ来る必要なはく、親でも充分みられますよ。ところが、それすらしない親がいて、子どもの学力低下を学校や教師のせいにし、子どもを小さいうちから塾へ通わせるのです。 >なぜ、今の子供達は小さなうちから塾へ行くのでしょうか? 親が教育を「外注」しているんだと思いますよ。教育を他人任せにして、自分ができない英語を子どもに習わせ、自分が行けもしないレベルの私学へいれようとしている人が多いんではないでしょうか…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    地域差・親の関心・経済力

    しおりをつける
    blank
    元塾講師
    タイトルの3項目によって、小学校低学年から塾にいくか、高校受験の直前になって個別指導塾などに入るか別れます。 大切なのは親御さんが子どもの宿題や学校で勉強していることに広く関心を持つことです。そしてもしお子さんが学校での勉強が難しいと感じていれば、早めに対策を講じてやることでしょう。それは必ずしも塾ではなくていいのです。でも親も忙しい、また楽なので塾に入れるということが一般化しているように思います。 逆に、もっともっと追求して勉強したいという子の場合もそれに応じた対応をしてあげればいいのです。 ゆとり教育を批判する人は多いですが、私は個人的には悪いと思いません。ゆとり教育の必要性が正しく理解されず、狭い意味での学力が低下したことだけが批判されているのです。そもそも昔と同じ内容だけを学習することが良いはずはなく、時代に応じて必要な能力も異なっているものです。 もっとも、さらに深刻なのは大学入試と大学教育ですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    親の意識の問題

    しおりをつける
    blank
    あなたがワカラン
    今でもノビノビされていらっしゃるようで羨ましいです。私なんぞは30年前でも塾通いしてましたから。 うちの親の従兄弟は50年前でも家庭教師つけられて勉強してました。中学は皆、公立です。私の場合は私立を見越していましたが、当時の担任教師の(昔の日教組は強力でした)意向で公立中学への進学でした。 「ノビノビに見える」が実は放任ということもあります。うちの子は中学受験を見越して受験塾に行ってますが、そこで聞いた同じ学校の他クラスのお母さまのお話ではうちの子のクラスは日教組系の担任のため、授業より他のことに熱心なため、他クラスに相当な遅れをとってるそうです。塾、優先なので気にしてませんが、実態がそうなら通塾は正しかったと感じてます。学校は人間関係を学ぶ場、塾が勉強の場です。 実態がそうなので、批判されても何とも思いません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分の話で恐縮です

    しおりをつける
    blank
    ○子
    私、およそ20数年前、中学受験をした者です。 この体験は、本当に人それぞれ感じ方が違うでしょうが、私には「非常に良い思い出」として残っています。 正直言って、「塾通いする小学生=かわいそう」というステレオタイプの方が、今も理解できません。 もちろん、それを苦痛に感じる子供たちもいるでしょうが、楽しんで勉強している子供たちも大勢いるはずです。 なぜなら「勉強は面白い」からです。 塾では成績は下から数えた方が早かったのですが、熱心な先生がわかりやすく教えてくれ、とうとう満点近くまで採れるようになりました。 その時、先生が「○子さんはエンジンがかかるのが遅いだけ。頑張れば、どんな問題も解けるよ」と言われたのを、今も覚えています。 あの時ほど、どんどん理解しどんどん吸収してると実感できたことって、もうないですね。 勉強は楽しい。その延長線上に中学受験がある・・・というのは、やはり20年前の考えなのかな。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    35年前でも

    しおりをつける
    blank
    よん
    40代の兼業主婦です。 東京の出身ですが、小学校低学年から塾にみんないってましたよ。英語塾も、ピアノやお琴バレエも。あの当時から四谷大塚も。今から35年くらい前ですね。 そうそう水泳教室も。ですから当時の同級生はみんな50メートル何秒とかで泳いだりもできます。 ですから、夕方遊べるのは週に1回あるかないか。 35年前からそういう地域もあるんですよ。 塾は楽しかったですよ。ディベートの時間とかも毎週あって10歳の子供が、公害をいかに減らすべきかなど、OHPなどをつかって発表するんです。ですから大人になってプレゼンするのもとても得意です。 勉強も好きなだけ先に進めるので、10歳で方程式なども勉強してましたね。当時から学校は復習の場所とコミュニケーションの場所だと思ってましたから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    え?

    しおりをつける
    blank
    聖子
    同じ年代ですが、小学生の頃から塾に行っていましたよ。もちろん中学受験のためです。また塾は繁盛していました。ただ、当時は公立小学校で受験用の塾に通っている生徒は一クラスにひとり、ふたりくらいしかいなかったと思います。 だから、今ほどあちこちにはなかったのでかなり遠方から通ってくる子が珍しくありませんでした(都会ですが)。あと、月に3~4万(夏期講習などは別途)はかかるので親がかなり教育熱心じゃないと行かせなかったと思います。 まあ、クラスにひとりふたりの世界なので、トピ主さんが気付かないのは無理ないのかな。そういえば普通の子はそろばん感覚で公文に行っていましたね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    赤いりんごさん

    しおりをつける
    blank
    ぶー
    教育方針は今のところ、変わっておりません。 円周率は3.14ですが、実際、現場の先生によって、 目的に応じて、3で良い!とする場合があります。 学習指導要領を御覧になったら分かるかと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。ありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    ぷちん
    皆様、詳しく教えて下さいましてありがとうございました。 私が小学生だった20年前の教育方法は、今と比べると合理的で優れたものだった様ですね。 親御さんによって色々考えは違うのでしょうけれども、皆様のお言葉から、私は良い環境で育ったのだなあと思いました。 応用力を付ける為の、基礎中の基礎を授業で習得出来ないというのは厳しいですね。。。。 今これを書きながら、小学校でどんな事を勉強したか、一生懸命思い出そうとしているのですが、全く思い出せません(汗)。 覚えているのは、日が暮れるまで男の子達と一緒にドッヂボールをしたり、マーチングバンドや水泳チームに所属して、勉強そっちのけで練習した事です(これはこれで辛かった!)。 しかし、中学へ入ってからはそこそこ勉強した記憶があり、きちんと授業についていけ、部活に熱中しつつも成績は悪くありませんでした。 ということは、小学校で基礎が身に付いていた、という事ですよね。 今後、もっと教育について興味を持っていきたいと思います。 皆様貴重なご意見ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    大学入試も変わった

    しおりをつける
    blank
    青年中年
    赤いリンゴさんは大学入試が変わっていないとおっしゃっておられるようですが、ここ10年ほどで驚くほど変わりました。 まず、四年制大学の門戸が急激に広がりました。今の30代前半くらいの第2次ベビーブーム世代の受験の頃には四年制大学に入れるのは同い年の子供のうち4人に1人だけでした。それが今は半分が大学生になります。 次に入試の形態も大きく変わりました。とにかく推薦入試やAO入試なる“いわゆるペーパー試験を課さない”入試が急増しました。しかも、同じ大学学部を何度も受験できるようにもなりました。一流大学と言われる某有名私大ですら、そういう学力を問われずに入学した学生であふれかえっています。 センター試験を課す国公立大学にも大きな変化があります。推薦やAOが私立に比べればごく少数派であるものの、大学生全体の学力レベルが低下しているので全ての大学で易化しています。昨年、親戚の子供が東工大に入りましたが、センター試験で7割半もとれていなかったそうです。 ありゃ大変。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あは……さん

    しおりをつける
    blank
    んー
    自転車でわざと転ぶ真似をする方と同一人物でしょうか。 もし、人間違いでしたら、ご容赦下さいませ。 あは……さんの書きたい事、主張したい事があったら、毒を交えずに書かれたらいかが? 世を拗ねられるのはご自由ですが、嫌味と皮肉に彩られたレスばかりでは、不愉快です。 トピ主様、我が家の息子は今年小学校を卒業しますが、ゆとり教育に危機感を持ち悩みながらも塾には通わせずにすませました。 小学校の勉強程度なら、私でも教えられるし、中学受験もしないので、問題集を片手に家で勉強しています。 ただし、学校の授業を理解できない、もしくは、親が教える時間がないなどだったら、塾や家庭教師も止むを得ないと思います。 それに、息子の通う学校では、4年の1学期の時には総合学習に時間をとられて、算数の1学期分を終えられなかった事もありました。 塾や私立を考える方がいるのも当然ともいえると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    またまたトピ主です。

    しおりをつける
    blank
    ぷちん
    沢山の方に色々ご意見を頂きまして,ありがとうございました。昨日書き込みをした後にまた違った意見を頂きまして、少し自分の意見が変わりました。 20年前に自分が受けた教育というものは、私にとってはたまたまベストに近いものだった、という事ですね、きっと。 中学に入ると授業+赤ペン先生という形が、自分の勉強スタイルにこれまた偶然合ったんでしょうね(親が私に合っていると判断して勧めてくれたのかなあ??)。塾で勉強する事が合っている人もいるし、私の様に塾へ行かなくても大丈夫、という人がいるんですね。よく考えれば当たり前ですよね。 それから、青空さんのおっしゃる『教育の外注』というご意見はとても興味深く拝見させて頂きました。 私は授業と赤ペン先生で分からない所を兄と父に教えてもらっていました。授業、赤ペン先生、兄と父、これで分からない事は殆どありませんでした。これは非常に恵まれていた事だったんだなあと、改めて思いました。 こんなに現在の教育について無知な私ですが、今後もし自分にも子供が出来た場合は、のびのびと遊ばせながら、本人に合った勉強方法を見つけてあげたいと思います。ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    このような投稿はいかがなものかと思います。

    しおりをつける
    blank
    ぶー
    >自転車でわざと転ぶ真似をする方と同一人物 >でしょうか。もし、人間違いでしたら、ご容赦下さいませ。 この方(あは……さん)は、この場で、複数ハンドルをお使いなのでしょうか?傍から読みますと、個人意見を封じ込めてるといいますか、批判にもならない個人攻撃にも思えます。書く必要があることでしょうか?この場での議論に不必要だと思います。 文章の世界はおもしろいものですが、私はまんざら「あは……さん」の投稿が、不愉快な物だとは思えません。 むしろ、的を得た事を率直にお書きになられているように 思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学校の授業は内容薄いんです

    しおりをつける
    blank
    匿名母
    小学生3人の母です。今の小学校の授業内容は、私が小学生だった30年前よりかなり少なくなっています。ほんっとーーーーに、基礎の基礎だけしか教えません。野球にたとえれば、試合やらずにキャッチボールの練習だけで終わっちゃうくらいの感じです。歌なら発声練習のみ、ピアノならハノンだけ。ひたすら基礎トレ。これじゃ、学ぶ楽しさを知らずに小学校終わっちゃうだろうなぁ、と思います。 中学受験する子は勿論ですが、そうでない子も塾で色々教わって、勉強の楽しさを知るんじゃないかと思います。学校のテスト内容はどうせ基礎の基礎のみなので、塾に行っていても行かなくても大して差は出ません。皆いい点とれちゃいますから。 わざわざ塾に行かなくても、家で参考書と問題集使って自習すれば、それくらい補えますので、我が家は塾には通わせていませんが、少数派かもしれませんね。でも、与えられて勉強する癖をつけると先々苦労すると思うので、当面塾に通わせる気はありません。「学力の外注」という表現は、的を射ていると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    7割半・・・

    しおりをつける
    blank
    赤いりんご
    青年中年様 そうなんですかー。それにしても東工大でですか。ビックリ。 2チャンみてるんですけどねえ・・。もっと良く見なくては・・。 ともあれウチの愚息娘どもにもはげましてあげなくてはと思います。諦めるな、と。(余計な事いっちゃったかな?) でも東大理3はセンター9割強で、文1が8割半?と聞いたのですが、確かですか?どなたか教えてください・・。 筑波はどのくらいなのでしょうね。掲示板違いかな・・。 トピ主さん横ですいません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    赤いりんご様

    しおりをつける
    blank
    塾業界
    赤いりんご様、青年中年様の言っていることは本当だと思います。 だって、東工大は「センターに失敗しても2次試験で充分挽回出来る大学」というのが受験界の常識ですから。 数学など理系科目はともかく、文系科目は200点満点中二桁の点数、なんて人もざらです(ところが理系科目はとんでもなく出来る、という人が多いのです)。 東大はそうはいきません。 センターもかなりの割合を占める上に、理系だからといって文系科目ができないのでは無理ですから。 ただ、東大など高学歴の方は「センターの点数なぞあてにならん」と言うことが多いです。 センター=実力、とは見なされていないことも多いからです。 そして、青年中年様。 「東工大=センター高得点」と言われていることは昔からありませんので、お間違えの無いようにお願いします。 もちろん、「偏差値の高い大学=センター満点に近い」もちがいます。 センターが満点近くでないと行けないのは、国公立医学部です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    薄いといえば・・

    しおりをつける
    blank
    黒パン
    トピ主さんもされていた赤ペン先生。 あれも昔に比べると内容が薄いような・・ というのも、月1回出すテスト(赤ペン先生の問題とかいうらしい)の問題数が少なくて、10分でも解けるくらい。配点がマルかバツか選ぶ問題でも1問10点(通常5点)なんて問題もあるんですよ。記述問題ならともかく。 知り合いに見せてもらってちょっとびっくりしました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    面白すぎるゲーム

    しおりをつける
    blank
    ダメでした
    私は40代で大学受験も少しの参考書とラジオの大学受験講座だけで現役合格しました。 男の子ふたり中学まで公立で、塾に行かせる気はありませんでした。でも現実はダメ。 男の子はゲームの虜になりがちで、ゲームを取り上げると気が狂う。友達との遊びもゲーム。そして友達が塾に行っている間、ただゲームをしているだけの我が子を見て「塾に行く?」と訊くと頷いた。とまあそんな感じです。 野っ原だけだったら、子育てはどんなに楽かと思います。子供はいつでも一番おもしろいことだけをやりたいもの。ゲームは強烈。面白すぎる。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    赤いりんごさん合っていますよ

    しおりをつける
    blank
    みほ
    赤いりんごさんの言う通りで、小学校の授業では、3.14では理解できない子供が多いから、と、3で教えていたようですよ。 でも、受験では、3.14で計算しないといけない、 だから、塾にいかないと、大学には行けない、と言われたのは事実です。 そのように、教育現場では、コロコロ方針が変わっているのが事実です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    塾業界様・ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    赤いりんご
    そうなのですね。大変参考になりました。200点満点中二ケタ(文系科目が)そーなんですねええ。。 トピ主さんすみませんです。 そうそう、「ゆとり教育」来年ですか?見なおしするそうですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  40
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]