詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 映画「アリス・イン・ワンダーランド」のティーポット
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    映画「アリス・イン・ワンダーランド」のティーポット

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    白うさぎ
    話題
    映画「アリス・イン・ワンダーランド」を今日見ました。

    先日、某百貨店のロイヤル・コペンハーゲンの喫茶店に入りました。その時にサーブされたティーセットにそっくり、いえおそらくそうでしょう-のティーセットが映画のお茶会のシーンに出ていました。ポットのふたの上のキノコ、ブルーレース、、。

    高尚なご趣味をお持ちの方が多そうな小町の方にお尋ねします。あれは、具体的に何と言う名前のコペンの茶器(フルネームで、例:ブルーレースの○○とか)なのでしょうか?

    ネットの画像で調べてみましたが全く同じのが見当たりません。ご存知の方教えて下さい。宜しくお願い致します。

    トピ内ID:4360652822

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    アリスは見ていませんが

    しおりをつける
    blank
    エイリス
    「ブルーフルーテッド ハーフレース」ですね。
    定番商品です。

    トピ内ID:9755576468

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    白うさぎ
    エイリス様、ありがとうございます!

    早速Blue fluted half lace tea potで検索してみました。ツル(?)の色の濃さ等そうですね。

    不思議の国なのに、現実のロイヤルコペンハーゲンがあって面白かったです。私にはそれくらいしか分かりませんでしたが、お茶会の場面の他の茶器も有名なんでしょうね。無粋な私には分かりませんでしたが。

    トピ内ID:4360652822

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    コペン製では無いと思います

    しおりをつける
    blank
    おやじーな
    映画は観たのですが、コペンだとは思わなかったので只今画像を探して確認してみました。


    細かいことで恐縮ですが、これはロイヤルコペンハーゲン製では無いと思います。柄は確かにブルーフル-テッドのハーフレースですが、ポット自体のデザインが全く異なります。例えば、コペンでは、取っ手部分に猫耳のようにとがった部分がありますが、映画のモノは、ごく普通の楕円型です。柄のブルーフル-テッドは、元々が中国の唐草模様をアレンジしたものなので、コペンに限らず良く見かけるものです。

    やはり一般に売っているものを使っていたのでは、あの映画の場合少し興ざめしてしまうし、でも伝統的な柄は欲しかったというところでしょうか。良いセレクトだと思います。万が一、同社のアンティークにあのデザインがあるようでしたらお許し下さい。

    楽しい映画でしたよね!もう一度みたいです。

    トピ内ID:6076431949

    閉じる× 閉じる×

    公式ガイドブックより

    しおりをつける
    🙂
    まな
    「アリス~」の公式ガイドブックに書いてあったのですが、小道具担当の方が、ウ゛ィクトリア様式のポットを探した末、500ドルで手に入れたらしいです。それでも、そのままでは気に入らなかったので、注ぎ口を切りおとして、新たに作ってくっつけたそうです。
    コペンのでしょうか??

    トピ内ID:0023380172

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。2

    しおりをつける
    blank
    白うさぎ
    6月に入ってからもレスをいただきありがとうございました。

    映画では、テーブルの上でマッドハッターが茶器を蹴散らしていましたね。
    本物のコペンだったら、すごいわね、と思っていました。

    それでもまな様の書いていらっしゃる500ドルのティーポット(高!)ということですね。

    公式ガイドブック見つけたら読んでみます。

    トピ内ID:4360652822

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    まなさま

    しおりをつける
    blank
    おやじーな
    “切り取って付けた”って、確かにやりそうですね。でも、しつこいようですがコペンではないと思います。基本形になるポットの胴の部分が、コペンでは上半身がふくらんでいますが、この写真のものは下半身が広がり安定しています。決定的な差だと思うのですが。

    アリスのサイトを見ていくと、この他に、テーブル全体が入っているイラストのようなカットに出くわします。その絵の、テーブルの真ん中付近に飾られた花瓶の奥に少しだけ見えるティーポットがありますが、これはコペンのプロポーションに近く、かつブルーフルーテッドのような気がします。でも不鮮明すぎてナントもいえません。

    また、ビクトリア調にこだわったというのであれば、コペンより、本国である英国メーカー(ドルトン・ウースター・ウェッジウッド・スポード等々)、あるいはイタリアのジノリなどの方が、より華美で“それらしい”ものが多かったのではないかと個人的には思います。

    うぅん、本当のところが知りたい!(笑)

    トピ内ID:6076431949

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]