詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    大学院博士課程後期修了の就職について

    お気に入り追加
    レス39
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    dona
    仕事
    理系大学院博士課程後期修了の就職について教えて下さい。

    付き合い始めたばかりの彼が、博士課程3年生で就職先が決まっていません。一応、公的研究所に就職する(任期つき)可能性はまだ残っているそうですが、それが駄目だとフリーターだそうです。

    博士の就職はそんなものなのでしょうか?
    それとも、彼が例外的にうまくいっていない方なのでしょうか?
    このような現状の場合でも、将来的には常勤の仕事につけるのでしょうか?

    ちなみに、彼の分野は工学系などの比較的需要のある分野ではありません。(少し調べた感じだと分野によっていろいろ違うようですね・・。)また、大学も一流と呼ばれているところではありません。(一応国立大学ですが)

    私も結婚を視野にいれてお付き合いをしたいので、いろいろと不安になってしまいました。私自身は文系の大学を出て事務職をしているので、全く理系博士の状況が掴めませんし、本人も気にしているようなので聞けません。

    就職状況やキャリアについて詳しい方がいらっしゃいましたら、いろいろ教えてください。

    トピ内ID:7069080079

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数39

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  39
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    「博士が100人いるむら」を検索しましょう

    しおりをつける
    blank
    いちほ
    はい、そんなものです。
    「彼が例外的にうまくいってない」わけではありません。

    トピ主さんは「その人が好きだから」ではなくて
    「博士の学位を持つ人と結婚したら将来安泰だから」
    付き合い始めたのでしょうか?
    理工系は博士課程前期(修士課程)終了でしたら
    就職し易いんですけどね。

    博士課程後期まで進んだとしたら、
    その人は学問の道を選択したのだろうと思います。
    あるいは修士で狙ったところが、
    博士までいかないと就職できないところだったか。

    大学の講師や准教授のポストがあるとしたら
    現在在籍中の大学ではなく、別の大学、
    まったく別の土地の大学からの募集に応募する
    可能性もあります。
    決まるまでは、予備校の数学や理科(物理、化学、生物、地学)の
    講師をしながら糊口を凌ぎ、チャンスを待つ手段はあります。
    フリーターしかないというのはさすがに大げさでしょう。

    けれども「きちんと決まるまで自分が食べさせてあげる!」くらいの
    意気込みを女性の側がもっていないとうまくいかないと思います。
    あるいは、彼の実家がそれなりに裕福で、仕事が決まるまで彼を
    充分にサポートできるなら安心ですが。

    トピ内ID:8381307053

    閉じる× 閉じる×

    厳しいと思いますが、話し合ってみてください!

    しおりをつける
    🐤
    makko
    文系博士課程です。

    文系ほどではないにせよ、理系も医学系・薬学系・工学系以外であれば就職が厳しいという話を聞きます。
    特に理学系は専門性が認められにくく、就職が困難とか。

    『高学歴ワーキングプア「フリーター生産工場」としての大学院』という光文社新書を読んでみてください。理系・文系合わせた数字ですし、分野によってもかなり差が出るので鵜呑みにする必要はありませんが、ある程度現状を表していると思います。

    彼が気にしているようならば、そして結婚を前提にしたお付き合いなのであればなおさら、
    お二人で話しあってみてください。
    博士課程まで行った方であれば、職に就くまでが長いため、学生結婚も含め、
    片方が働きながら経済的に支えるというのはよく聞く話です。

    私の場合、お互い博士課程在籍中なので、東大・京大でも博士号取得後に職がない人が多数いるという実情を考えると確かに将来が不安です。
    就職には、実力というよりも、研究室や指導教員との繋がり、コネや運が大きく働きます。
    彼としっかり話し合うことで、妥協ポイントや目標を立ててみたらいかがでしょうか。

    トピ内ID:2455792638

    閉じる× 閉じる×

    まず将来の見込みはないと思った方がよい

    しおりをつける
    😀
    アカポス
    そんなものです。統計を調べれば分かりますが、博士課程を修了して常勤の職に就けるのは半分強といったところです。これは医師や工学系も含んでの話ですから、文系はもちろん、理系でも産業応用に繋がらない基礎科学系はもっと厳しくなります。

    ですから博士課程は軒並み定員割れになっているんです。理系なら修士は邪魔にはなりませんが、博士となるとその先の進路は非常に限られているのが現実です。少し先の見える学生は、どんどん修士で就職します。残るのは一握りのトップクラスと、何となく博士に進んでしまったモラトリアム院生です。

    彼氏は後者のようですが、はっきり言って先行きは相当厳しいです。任期付きの研究職(ポスドク)は結局問題の先送りです。歳だけ取って数年後には一層苦しい立場に追い込まれるだけです。今の大学でダントツトップの業績を挙げ、将来は東大京大出身者を押しのけて常勤職を勝ち取れるくらいの力量がない限り、お勧めしません。

    今なら30歳前後の筈です。状況は厳しいにしても、まだ転身は可能です。知的能力を生かしたいなら教師や塾講師などになるケースは多いですし、完全に心機一転して介護や農業等を始める人もいます。

    トピ内ID:2476277819

    閉じる× 閉じる×

    高学歴ワーキングプア

    しおりをつける
    🐤
    neko
    大学で働いているものです。

    昔と違って、院に進んでも職はないです。
    他の方も書いてある通りにマスター卒だとそれなりにあります。
    が、ドクターだとよほど企業とパイプのある大学でないと就職はないです。文系だとほとんどない、といってもいいのでは。趣味の世界ですよね、少子化で教える対象の子供も少なくなるし、それでも学問したいというのは・・。

    うちの大学で教員の採用はすべて任期付です。ものすごい学歴の人たちを2年とか3年とかの任期で雇用し、任期が過ぎればクビです。。予算もポストもないのです。それはもう私(40)が学生の頃からありました。院を卒業しても非常勤で働いている人が多く、「よほど優秀で即常勤ポストが取れる人材じゃない限り、院に進むのは危険だ。」と院に進むのを私はやめました。やめて正解だったと思います。

    今企業に「お金あげるからドクターを雇って」というシステムを政府が作っているようですが、それでも企業は「ドクターはいらない」と断っているようですね・・

    トピ内ID:3620483402

    閉じる× 閉じる×

    理系博士課程でても就職口は少ないです

    しおりをつける
    blank
    こぐまちゃん
    理系でも修士(博士課程前期)はOKですが、博士課程まで行くと
    就職は難しいんです。

    研究職以外での就職となると 民間企業では あまり募集していません。

    研究職は 当然狭き門です。

    非常勤講師の口でもあれば 良い方ですが それだけでは生活できません。

    ポスドクでもいいですが その先パーマネントの職が得られる保証は全くありません。

    それば現実です。

    トピ内ID:2855191077

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    dona
    いちほさん、makkoさん、アカポスさんありがとうございます。

    かなり厳しいようですね。。

    私自身は女性としては比較的安定している職についており、将来金銭的に彼に頼らなくては生きていけないわけではありません。が、彼を養えるほどの高給でもなく、不安定な人生になりそうで漠然と不安ではありますね。(人生博打にしたくないから、せっかく安定した職についたのに(笑))

    彼は修士の時に有名企業から内定をもらって就職する気だったのに、見通しがあまく、ちょっとした憧れ(?)で博士に進んでしまったようです。海外に行くことも視野に入れているようです。

    インテリで英語ができて、就職にとらわれない自由なところを好きになったので、安定した生活はあきらめる覚悟も必要みたいですね。。

    みなさんのおかげで厳しい現状を知ることができ、妙な期待がなくなり、すっきりした気分です。

    トピ内ID:7069080079

    閉じる× 閉じる×

    残念ですが

    しおりをつける
    blank
    kaz
    日本の企業は、博士課程修了者を使いこなせる所がほとんどありません。そして、アカデミック部門は、博士課程修了者全てを収容するだけのポストがありません。
    世界中で、優秀な人材の獲得競争が起きている現在、日本だけが優秀な人材を使いこなせず捨てているのです。日本の世界での相対的地位がどんどん落ちていくのも仕方の無いことかもしれません。
    ということで、就職が決まっていない現在、彼氏さんの将来は暗いと言うしかありません。あなたが頑張って支える(経済的に)覚悟がないならお別れする事をお勧めします。

    トピ内ID:5802764607

    閉じる× 閉じる×

    そんなものです。

    しおりをつける
    blank
    ruu
    一流大学で需要のある分野でも
    常勤の仕事に就くには実力と縁と運が必要。
    三十代中盤位で常勤に就ければ恩の字です。
    それまでは任期付きでかつ全国、
    時には海外へも職とキャリアを求めて転々とします。

    一流大学出で需要のある分野の研究者でも
    任期付き任期付きと職を転々とする内に
    分野自体の需要が減ったり思うような成果が出なかったりという理由で
    次が無くなって無職になったりします。

    一流でない大学の常勤職は
    その大学より格上の大学を出た研究者が就く事が多いので
    一流大学に近いほど常勤職のチャンスは多いのですが。

    また、学歴と任期付きを繰り返すという不安定さを考慮すると
    給与もさほどは高くありません。


    是非結婚を視野に入れて、彼を経済的にも支えてあげてください。
    かように冷遇されているのですが
    こういう人達が技術立国日本を創っているのですから。

    トピ主さん自身も、博士を支える妻として
    どちらかというと事務職より転勤しても就職しやすいような職業か
    或いは単身赴任でも各々の生活を保てるよう
    それなりの給与が貰える仕事に移る方が安心です。

    トピ内ID:7494309221

    閉じる× 閉じる×

    先行きは不透明

    しおりをつける
    blank
    大学講師
    ですね。

    トピ主さんの彼がうまくいっていない方かと言われますと、必ずしもそうではないと思います。しかし、将来的に常勤(専任)のポストにつける可能性はそう高くないと思います。
    理由は、他の方々が書き込まれたとおりです。
    一点、付け加えるなら、彼氏の学歴が足を引っ張ることがあげられます。
    一流ではない国立ということですから、まずこの先就職するのは厳しいでしょう。ただでさえ、旧帝でもポスドクが問題になっているわけですから。
    私が採用担当ならば、よっぽどの業績がない限り、まずは学歴という点で足キリの対象とするでしょう。
    そんなものです。

    私(文系)の母校出身者の多くは、新卒(博士修了時)で全国各地の大学に専任講師、准教授として就職しております。学力と研究内容は相対的に比例し、評価に関しても同様と思われます。ちなみに、私も27で専任講師として大学に勤務しました。

    彼氏さんは大学(学部)も国立ですか?これも重要な審査ポイントではありますが。それとも大学院だけ国立ですか?
    前者ならば、さらに専任ポストをゲットするのは難しいでしょう。

    続く

    トピ内ID:2630027133

    閉じる× 閉じる×

    在学中のリスクヘッジの確認

    しおりをつける
    blank
    ポポロ
    私の兄が文学博士です。同じく就職先が見つからず教員志望に切り替えました。

    就職状況については、皆様のおっしゃられた通りですが、私は毛色の変わった意見を述べます。

    私(男性)の場合、就職が決まっていないような不安定な状況で、新たに恋愛しようという気は全く起きません。

    そういうことからして、彼は人生においての優先順位を幾度となく間違えてきたような印象を受けますので、彼に確認をした方が良いと思われることがあります。

    「博士課程後期修了後に職が見つからなった場合に備えて、どのようなリスクヘッジを行ってきたか?」

    需要のない分野での博士の就職が難しいことは、大学3、4年時に誰でも認識します。

    博士を目指すのであれば、在学中に教員免許の取得、予備校のチューター、塾講師、その他の活動をし、博士で就職が見つからなかったときのためのリスクヘッジをするものです。

    それをしていなければ、ただの高学歴モラトリアム。

    お付き合いを考え直した方が良いかもしれません。

    トピ内ID:3833441899

    閉じる× 閉じる×

    厳しいですよ

    しおりをつける
    blank
    理系准教授
    国策で博士をどんどん増やしたのに、博士の就職先は増やさなかったので博士の就職は相当悲惨です。
    大学教員になれるのは10%くらいです。
    しかもその中には東大京大卒の人が入っています。
    運が良ければ博士とった時に助教になれますが、今の世の中よっぽど運がなければ無理でしょう。
    そうでなければポスドクという身分でつくばにある研究所などで任期付のポジションで研究します。
    ポスドクは運が良ければ年収500万円くらいもらえますが、多くの人は300万円から400万円だと思います。
    そのポスドクの間に業績を作らないとその先待っているのは悲惨な人生です。
    博士とってすぐなら公務員試験を受けて研究所に入るなり、企業の研究所に行くのも手だと思います。
    大学教員になりたいというなら、相当の覚悟が必要です。

    トピ内ID:9473149939

    閉じる× 閉じる×

    そんなものです

    しおりをつける
    blank
    麦茶
    私は、10年ほど前に理学の博士課程を修了し、半年間就職浪人して、任期付きの研究員を3期(5年半)した後に、企業の研究開発職の正社員になった者です。

    その時の経験からすると、博士の就職はそんなものです。
    将来的には常勤の仕事につくことは可能ですが、本人の能力や努力に依ります。

    就職よりも前に、トピ主さまの彼は、来春、博士号を取れるのでしょうか?

    「博士課程後期修了」=「博士号取得」

    ではありません。
    博士号を取得していないと公的研究所の任期付きの就職もかなり難しいです。

    発表した論文(特に第一著者)の数が大学院の規定に達していて(あるいは、達する見込みがあって)、指導教授と博士号取得に関する話し合いをしているようですか?

    あと、その方の考え方次第ですが、研究(開発)職として就職先も現在居住するエリアとは限りません。海外の場合もあります。
    (長)遠距離恋愛でも大丈夫ですか?

    結婚を視野に入れて・・ということであれば、彼氏の方が将来へのビジョンをちゃんと持っているかが重要です。

    トピ内ID:4114996328

    閉じる× 閉じる×

    引き返せるなら辞めた方が良い

    しおりをつける
    blank
    在外研究者
    博士の先行きが暗いと言うのは皆さんが書いている通りです。

    私は海外で研究していますが、海外に行くのはお勧めしません。
    成功者もいますが、困った状況に追い込まれる人々もいます。

    ポスドクだとお給料や福利厚生が良くないことがあります。
    英語が出来たとしてもシステムの違う国で馴染めないかもしれません。
    雇用は研究室の予算に左右され、安定していません。
    それなりの業績が求められるので、卒業後何年か経って論文が少ないと、次の仕事が見つからなくなる可能性もあります。
    日本人男性は大人しい人が多く、周りに良いように使われたり、仲間はずれになってしまったりすることも結構あります。妻は慣れない外国で仕事も見つからず、でも日本での安定した職は退職していて、生活が困窮する可能性も多々あります。日本に帰る資金すらなくなるかもしれません。
    日本なら、とりあえず職がなくなっても国を追い出されません。トピ主さんの収入もあります。

    海外に一緒について行ってしまう前に、一生を棒に振ることになってもその彼と居たいのか、じっくり考えた方が良いと思います。私も研究者と婚約しているので、承知の上で選ぶのなら応援します。

    トピ内ID:2132412872

    閉じる× 閉じる×

    続き・・・

    しおりをつける
    blank
    大学講師
    今の現状では、博士=大学のせんせい、研究者として働くことができる方はそうおおくないわけです。

    それと、博士とはいえ、学部生レベルの方も少なからずいますので(なにゆえ、博士まで進み、旧帝の博士の学位まで取得できたのか?と思うような方)、博士=将来の安定と考えない方がよいのです。

    海外に行くことも視野に入れられているということは、何らかのつてがおありなのでしょう。

    それを生かすのもいいかもしれませんね。
    しかも、
    >英語ができて

    もし帰国子女で英語が得意ならば、民間に就職できるチャンスもあるかもしれません。
    帰国子女ということであれば、そもそも彼氏さんのご実家は裕福なほうかと思われ、あまり心配する必要はないかもしれません。そうであれば、親の援助を考えればいいでしょう。逆に、彼氏さんは親の援助を期待しているということはないでしょうか??


    なお、博士に進む人は、おおよそインテリ、英語も得意(ご存知のように、大学院の入学試験には英語の長文読解がかせられます)な方が多いのです。加えて、彼氏さんと同じように、就職にはとらわれていない方が大半です・・・

    トピ内ID:2630027133

    閉じる× 閉じる×

    辛口失礼します

    しおりをつける
    blank
    会社員
    >彼は修士の時に有名企業から内定をもらって就職する気だったのに、見通しがあまく、ちょっとした憧れ(?)で博士に進んでしまったようです。

    これはかなり甘いです。理由は、理系の場合、会社に入ってからも博士が取れるためです。
    なお、会社に博士はいますが、博士課程修了者を雇ったのではなく、修士で入社した人がサラリーマンをやりながら博士を取得したケースです。
    博士課程修了者を会社が雇うというのは、よっぽど専攻がマッチしてボスの力が強い場合の例外中の例外です。

    >海外に行くことも視野に入れているようです。
    その海外も博士余り現象が起きており、博士非正規(アカポスではありません)当り前です。物凄く危険です。特に、中国、韓国、フランス。アメリカだって常勤取るのは至難の業。
    最近多いのですね、海外なら職があるだろうと渡って、現実と己の力量を知って日本に戻って会社に応募する博士が。

    >就職にとらわれない自由なところを好きになったので
    厳しいことを言いまして申し訳ありません。彼氏を養うつもりがありますか?

    トピ内ID:4632950568

    閉じる× 閉じる×

    三男の場合です。

    しおりをつける
    💰
    年金生活者
    こんにちは、donaさん。否定的な意見が多いですね。
    D修了者の就職は楽観は出来ませんが、そう悲観的になる必要はないと思います。

    三男が昨年3月、博士(数理科学)を取得し、某投資銀行のファンドマネージャー職に就きました。

    彼が大学院に進学した目的は、よくあるように数学の研究者になることでした。
    しかし、現実は厳しく、D3の時、民間企業に方向転換をしました。
    博士論文の作成と就活が平行して、大変だったようですか、3社(全て金融関係)から内定を受け、今の会社に入った次第です。
    期限付きの助教、JR総研、日銀、その他、同期は何とか就職したようです。

    donaさんのパートナーは博士(工学)を取得出来そうなので、数学よりは窓口が相当広いはずです。

    国内外を問わず、金融関係は(理系の)博士号取得者の採用を望んでいるようです。因みに、三男の会社は学校歴ではなく、学歴(学士、修士、博士)によって賃金体系が異なり、博士号取得者は待遇が良いようです。

    金融関係は通年採用の会社が多いようなので、未だパートナーの就職先が決まっていないようあれば、一度金融関係の門を叩くことをお勧めします。

    トピ内ID:0019237913

    閉じる× 閉じる×

    海外就職も悪くないですよ

    しおりをつける
    blank
    海外就職組
    欧州某国の研究機関に常勤する博士です。

    博士号取得後、日本でポスドク(手取りで500万程度)の後、欧州の研究機関に運良く常勤研究員として就職しました。こちらの給料は日本やアジア諸国に比べ良いです。また、福利厚生もしっかりしています。家族全員の年間の海外旅行保険も会社が負担してくれています。

    今、妻はこちらの語学学校に通っていますが、政府の補助でほぼ無料です。

    日本の博士号取得者の就職が難しいのは周知の事実、また日本の大学の雑務の多さが嫌なので、仕事さえ順調に進めば、このままこの国で働き続けることになると思います。日本の大学のようなしがらみも少なく、自分の好きな研究に集中できる環境はなかなか良いです。欧州主要国は子育て支援が手厚いので、この国に住まいするのも悪くないと思いっています。

    博士号を取得されていないということで、まだまだお若いと思います。「甘い」とおっしゃる方のご意見もごもっともですが、もっと広い目で見ても良いのではないでしょうか?

    この機会に欧州主要言語をマスターしたり、現地の専門学校に通ったりすれば、ご自身の可能性も広がるかもしれませんよ?

    トピ内ID:8319618636

    閉じる× 閉じる×

    危ない世界です

    しおりをつける
    blank
    ワニノコ
    一部の方がポジテイブな意見を仰せですが、基本的には、大部分の方が指摘しているように、大変に厳しい世界です。私が貴女の身内なら、考え直すよう勧めます。可哀想に、修士卒で企業の内定があったとのこと。おそらく、悪い教授の口車にのったのでしょう。教授は、無責任に学生を大学院に勧めます。一人の大学院生がいれば、研究費も与えられるし、人足になってくれるので、教授は平気に騙して大学院に勧めます。気をつけてください。1990年代まではそういう世界じゃなかったのです。あの小泉改革、グローバリズムによって、こういうことになりました。

    トピ内ID:4377251273

    閉じる× 閉じる×

    うーん。

    しおりをつける
    😀
    まめ
    工学系で金融関係就職はあまり期待しない方がいいと思います。
    少なくとも北米では。

    海外金融は圧倒的にMBA保持者、それ以外だったら数学、統計学、ほとんど修士レベルで探している印象です。(当方北米在住です)もちろん博士課程修了者でこれらの専門だったらいいと思いますけど。
    たまーに研究職で博士課程修了者のみ対象の求人が出ています。

    私は理系修士なんですが、自分の専門性をきっちり決める前にやっぱりあこがれだけで博士課程を考えていました。が、今は修士で就職でよかったと思っています。仕事と修士科目に関連があるので、まだ博士は考えていますが、今度は経験もありますし、もっとはっきりと方向性を持って建設的に駒を進められそうです。
    本当に就職たいへんですよね。お互いに頑張りましょう!と、お伝えください!

    トピ内ID:5988249902

    閉じる× 閉じる×

    専門外の職種がねらい目

    しおりをつける
    😠
    おやじ
    博士の就職は簡単ではないのが現状です。私の息子は理系の博士ですが、全く関係のない職種に転換し成功しました。本来は、IT企業や、ハイテク製造業に行くような専門ですが、息子は、金融とコンサルに的を絞って、就活し、コンサル2社、金融2社から内定をもらい、外資系コンサルに就職しました。
    現在入社2年ですが、博士手当があるらしく、既に年収700万円です。そのような業種は文系などを欲しがるんじゃないかと思われがちですが、数学や、論文執筆力、研究のプレゼンテーション能力などが期待できる、理系博士は欲しがられるようです。
    研究職として残らないなら、是非、研究分野に関係なく、職種を考えることをお勧めします。特に、外資系は積極採用する傾向があります。
    頑張って下さい。

    トピ内ID:3934310619

    閉じる× 閉じる×

    外資は不安定です

    しおりをつける
    blank
    アンドレ
    コンサル業界にいた者です。

    以前いた会社には東大、京大はもちろんのこと、ハーバードやコロンビアシカゴなどの大学院出身者、さらには外資証券マンや投資ファンド出身の方も多数いました。

    たしかにコンサルや金融の就職に関し、学歴が高ければ間口は広いです。
    ですがその分出口も広く、仕事のミス、会社のニーズとの相違、上司とのちょっとした軋轢があれば、年齢や社歴に関わらず簡単にクビをきられます。ポスドク以上に不安定で、外資系の中でも特に人材流動性の高い業界で、とてつもなく優秀な人でもひとつの会社に4年いれれば御の字です。

    コンサルや金融の後のキャリア(独立・家業をつぐ)を考えた上での就職なら問題ありません。システム系のバックボーンや会計士などの資格があれば、いつでもSE・会計士に戻れるので安泰です。

    ただ昨今のコンサル不況・金融不安で多くの会社がなくなりました。
    一昔前なら30歳で年収1000万もざらでしたが、今はその半分強です。

    外資を経験した人は、日系企業に転職するのはかなり難しいので、それなりの覚悟がない限り、安易にお勧めいたしません。

    トピ内ID:3833441899

    閉じる× 閉じる×

    何時の間に工学になっているのですけど

    しおりをつける
    blank
    会社員
    横で申し訳ありません。
    いつの間にか、トピ主様の彼氏の専攻が工学になっているのですが。

    >彼の分野は工学系などの比較的需要のある分野ではありません
    とトピ主様は仰っています。

    トピ内ID:4632950568

    閉じる× 閉じる×

    彼が

    しおりをつける
    🐤
    ゆり
    思う存分、研究できる環境を作ってあげましょう。身も心もお金もささげて理想の状態を作るのです。彼は安心して大学に通うこともできますし、学位の取得の可能性も高くなります。彼女にそこまでしてもらって就職できたら、きっと大事にしてもらえることでしょう。将来は教授夫人かもしれません。今はヒモでも大化けするかも、です。今、大学院生と結婚する女性は「私が一生食べさせてあげる」そのくらいの覚悟は普通です。

    トピ内ID:3331200894

    閉じる× 閉じる×

    工学系なら

    しおりをつける
    blank
    STI
    理系国立大教授職のものです。
    彼に主著者論文がいくつあるか、聞いてみてください。4編以上あれば
    見込みはあると思います。1-2編ならば、諦めて他の職を探された方が
    良いかと。
    この職は論文が書けるかどうか、で全てが決まります。
    論文さえ書ければ、研究費も取れるし、学内で評価され、昇任もでき
    ます。論文を書くアイデア、あるいは、専門を拡げる展開力、機転力
    が問題だと思います。生真面目なタイプなんてのは、この業界それほど
    重要ではありません。

    トピ内ID:5159764422

    閉じる× 閉じる×

    昔からそう。

    しおりをつける
    😀
    世間知らず1988
    「博士」を修得してしまうと、就職がないのは、バブルの頃からそうです。

    したがって、「博士後期課程」に進学するには、相当な”自信”と、それを裏付ける”実力”がないと・・・。

    わたしも、「博士後期課程」に進学しましたが、「絶対に大学教授になってやる。」という強い意思があったからです(実力はいまいちでしたが・・・)。
    結果、鬱病になって、「博士後期過程中退」という憂き目に遭いました。

    今は、自分の人生に後悔はしていませんが、「博士後期課程進学」とは、それほどの覚悟がいるということです。

    トピ内ID:2421499847

    閉じる× 閉じる×

    キャリア・職場ランキング

      その他も見る その他も見る

      海外は怖いですよ

      しおりをつける
      😀
      帰れてよかった
      私は逆に海外での研究職の就職は怖いと思いますよ。
      実際、私も海外で数年研究職につき永住権もとりましたが、常勤であっても基本的に終身雇用(テニュア)はないので、その機関のとれる予算によって簡単に契約終了かredundantになります。常勤だろうがなんだろうが、場が変われば紙切れ一枚で「残念ながらあなたのポジションは無くなることとなりました。長年の勤労、ありがとう!」でおしまいです。私の勤務していた機関も、選挙の結果によって予算が減額された結果首切りの嵐が吹き荒れ、辞めさせられる前に辞めました。日本でテニュアがついたポジションにつけて本当に幸運でした。

      なんやかんやいわれますが、研究者はまだまだ本当に恵まれた仕事ですので、一か八か、なれるかどうかかけてみる価値はあります。そして、好きなのであれば、彼の夢にかけてみるというのも一つの手です。多くの研究者の奥さんは、そうして自分の夢を相手の夢に重ねた方々ですよ。

      トピ内ID:4240919668

      閉じる× 閉じる×

      ポスドクまでなら大丈夫です

      しおりをつける
      🙂
      理系大学准教授
      現時点で職が見つかっていなくても、ポストドクター研究員(任期付き博士研究員)になることは困難ではありません。
      問題は、その後常勤の職に就けるかです。
      それほど一流でない国立大ということですが、研究の世界は業績がすべてなので、出身大学は問題にされないと思います。
      彼氏がどの程度の論文を書いているか、あるいは論文を書く潜在能力があるかどうかが重要視されます。
      いろいろ悩んでも仕方がないので、ここまできたら彼氏には信じる道を進んでもらうのがよいと思います。
      ポスドクを2~3年やって、無理そうなら何か別な人生を探せばよいと思います。
      博士号をもって彼女もいる彼氏なら、どんな状況になっても、なんとかやっていけると思います。
      海外ポスドクも悪くないですよ。
      私は、海外滞在時はポスドクで明日の分からない身でしたが、年に2回は1週間程度の遊休をとって家族と旅行に行っていました。

      トピ内ID:4580866151

      閉じる× 閉じる×

      横ですが年金生活者さま、

      しおりをつける
      blank
      外資系
      >三男が昨年3月、博士(数理科学)を取得し、某投資銀行のファンドマネージャー職に就きました。

      投資銀行に”ファンドマネジャー”という職はありません。
      証券会社に”遺言信託担当者”がいないのと同じです。

      さらに細かく言えば、昨年3月時点で”投資銀行”は存在しません。
      GSやMSなどかつての投資銀行は全て通常の銀行に衣替えしました。

      これらはちょっとした言葉のあやかもしれませんが、
      博士を取った中で民間に就職できる人が極一部である事には変わりありません。

      また、そのなかでそれまでの研究が生かせる人はさらに極一部です。
      基本的に研究をあきらめて、学卒や修士と同じスタートラインにたつという事です。厳しい言い方ですが3浪した人と扱いは同じです。

      会社に入った後のハンディキャップは想像できるでしょう。就職できたところで厳しいのです。それが現実です。

      トピ内ID:0390559563

      閉じる× 閉じる×

      会社員さん

      しおりをつける
      blank
      lalala
      ちょっと極端じゃありませんか?分野によるのかもしれませんが、私の会社は研究所の2割ぐらいはコースドクターです。私自身も20数年前コースドクターを出て会社に入りましたが、その時も1割ぐらいはドクターだったと思います。

      息子も今M1ですがどうやらドクターに進むことを決めたようです。アカデミックポジションは狙っていないみたいです。この間仕事を兼ねて彼の研究室を訪問し研究内容も聞きましたが、会社でも需要がある研究だと思い、また息子のクラブ活動の経歴などを考えると、私が面接者だったらドクターを出てても採用可だと思いましたので進学は本人次第(どちらかというと応援)としました。私自身ドクターの面接も何回もしていますが、優秀だったら取るし、そうでなければとらない。ドクターだからと言って落とす必要はないと思います。

      色々書きましたが、こんな所もあります。分野による差が大きいんでしょうね。

      トピ内ID:2697639379

      閉じる× 閉じる×

      東大学士>国立博士(民間)、東大修士>国立博士(学会)

      しおりをつける
      blank
      甘いなぁ~
      現実を見れば、民間就職だろうとアカデミックに残ろうと、ただの国立大博士がでる幕は皆無に等しいです。理論的研究であれば、東大生の卒業論文の方がレベルが高い、という事が多々あります。民間での就職に関しても、そもそも外資系のコンサルや金融機関は東大京大以外の院卒に興味を示しません。

      一流といわれる大学にいけなかった時点で、アカデミックな世界での成功はほぼないと思ってよいでしょう。後は今までの研究をすべて捨てて、トピ主さんとの未来の為にゼロから出直す覚悟があるかどうかです。

      トピ内ID:2693424799

      閉じる× 閉じる×
      • 1
      • 2
      先頭へ 前へ
      1 30  /  39
      次へ 最後尾へ
      並び順:古い順
      全て表示
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る