詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    男性の結婚観

    お気に入り追加
    レス59
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ヨーグレット
    恋愛
    私は先日お付き合いしている彼に、結婚する意思はない、と告げられとてもショックを受けました。
    彼曰く、私だからではなく、誰とも結婚をする気はないのだとか。(これは私への優しさかもしれませんが)

    しかしその事を相談(というかグチ)がてら数人の女友達に話をしたところ、
    私の友人でもすでに4人が以前、彼氏に結婚の意思はない。と言い放たれたそうです。
    そのうちのひとりは見切りをつけ、別れましたが、ひとりはそのまま付き合い続けていて、
    残りの二人も諦めず付き合い続け、今では結婚まで至っています。

    しかし相手の男性の年齢もそれぞれ35歳や40歳になってやっとです。
    それを聞くと、私の彼は同い年でまだ29歳ですし、そりゃまだ仕方ないかとも思うのですが、
    いったいいつになれば、男性は結婚というものを意識できるようになるのでしょう?
    結婚のタイミングというものが、男性の気分次第(というか、したくない方の気持ち待ち)の状態の方って世の中にけっこういるのかなと、ふと疑問に思いました。

    そして男性はいったい何を恐れているのかが、女の私には理解できません。

    トピ内ID:5828689614

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数59

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    男性の20代後半は、女性の20代前半に似ていると思う

    しおりをつける
    blank
    30代既婚女性
    >男性はいったい何を恐れているのかが、女の私には理解できません。
    ...発言小町を愛読していれば、良く分かります。

    それでしたら、結婚したら男性にとってどんな利点があるのでしょう?
    自分一人で自由に使えたお金も、今ではちょっと高価なものは妻に聞く始末。
    共稼ぎだった妻も、出産を機に退職。自分一人の稼ぎで生活している毎日。
    少し帰宅が遅くなれば、妻に電話で報告することが義務づけられる。

    これらは極端かも知れません。しかし男性の二十代後半辺りは、一番公私ともに充実しているように思います。
    女性の二十代前半に似ているかも知れません。
    会社ではそれなりの責任があり、彼女もいて、自分の稼ぎは全て自由に使うことができる。

    好きな時間に好きなことができる。この生活をみすみす失う気にはなれないでしょう。

    それでも早い時期にトピ主さんが結婚を望むのであれば、結婚願望がある男性を探した方が良いように思います。
    婚活市場で探すと楽ですよ。結婚を望む男性ばかりいますから。

    トピ内ID:8789247084

    閉じる× 閉じる×

    そりゃ小町を見たら怖くなるよ

    しおりをつける
    オカマ大福
    私だって、もし男性で独身時に小町見てたら、ぜーーーーったい結婚なんてしませんでしたよ。

    それでも若い頃=結婚イヤと言っていた男性が、年を取ると結婚する理由として考えられるのは
    ・現実社会で友人知人が結婚して幸せそうな姿を見ると、ちょっとしてみたくなる
    ・親がうるさく、結婚すれば黙ると思ってしまう(実際には結婚したらしたで嫁悪口や孫孫攻撃が待ってい
    る)。

    でしょうか。
    トピ主さんが、ではなく、彼が結婚するとどういう風な幸せが待っているか?考えてみるといいと思います。

    トピ内ID:6081965709

    閉じる× 閉じる×

    誰が稼ぐの?

    しおりをつける
    blank
    ハリネズミ
    トピ主さんはもし結婚したとしてその後の経済的な負担は誰が
    背負うつもりなのでしょうか。

    共働きは当たり前で、もし夫がリストラ、病気などで働けなくなった
    場合にはトピ主さんが柱となって稼いで家族を養っていく覚悟はあり
    ますか。

    もし、トピ主さんが現在、配偶者と子供を扶養するだけの経済力が無く、
    結婚後は専業主婦となって、夫一人に経済的負担を背負わせようとして
    いるのであれば、彼が結婚したくなくても仕方ありません。

    トピ主さんのご両親の結婚適齢期は経済も右肩上がりで、会社員になれば
    一生安泰、自営業でも製品を作り、商品を並べているだけで物が売れ、
    毎期増収増益を続けた時代とは違うのですよ。

    男性は現実を見ますから、彼氏もそのような社会情勢の中において、結婚という
    ことが自分の人生の負担になるのなら、無理をしてまでしたくないというのが
    本音でしょう。

    彼氏に「私もあなたに養ってもらおうなんて思ってない。あなたに何かあった
    ときは私が稼ぐから。二人で頑張って幸せになろうよ」と言ってみてください。
    きっと彼の態度も変わってきますよ。

    トピ内ID:1239292802

    閉じる× 閉じる×

    ????

    しおりをつける
    blank
    >>男性はいったい何を恐れているのか

    * 結婚すると自由に使えるお金が激減してしまう(手取りの10分の1以下)
    * 異性との交際が不自由になる
    * プライバシーが大幅に制限される
    * 共同生活にともなう我慢、妥協、不自由を余儀なくされる
    * 自由になる時間が減る
    * 自由になる空間が減る
    * 結婚すると子供や家などで億単位の莫大な金がかかる
    * 子供の養育費が高騰している(ひとり育てるのに3000万円)
    * 家庭を持つと、転職や独立などの「挑戦」がしにくく、保守的な生き方になる
    * 親戚づきあいなどが増え、わずらわしい

    以上が恐れる理由です。
    これを越える「何か」をあなたが提供できるなら、恐れなくなるでしょう。
    今の男にとって結婚はあくまでも「選択肢の一つ」でしかありません。してもしなくてもどっちでもいいものなのです。

    トピ内ID:4342616116

    閉じる× 閉じる×

    結婚するもしないも自由

    しおりをつける
    blank
    モノポリー
    結婚したい・したくないは、どちらかが正しいというわけではなく、どちらかが上ということもありません。人生設計の考え方の違いです。
    結婚したい女性が悪いわけではないですし、結婚したくない男性が悪いわけでもありません。男性に責任を求めるのは間違いです。
    結婚したい男性と結婚したくない女性、というパターンもあります。


    >そして男性はいったい何を恐れているのかが、女の私には理解できません。

    女性は何故結婚したがるのか、男の私には理解できません。
    納得できる理由としては、子供くらいですかね。

    トピ内ID:3435110558

    閉じる× 閉じる×

    男性から言うと

    しおりをつける
    😍
    うぶ
    昔は結婚するのが当たり前でした。
    恋愛もありましたが、そのチャンスが無ければお見合いをしました。
    理由は、世間体もありました。95%の人は結婚していたので、していないと周りからおかしく見られました。
    出世にも響きました。いつまでも独身だと重要なポストにはつけませんでした。少なくともそう言われていました。

    今はそういうことも無いですし、無理してまで女性と結婚する意味が無いです。結婚すれば給料は取られ、自由は失われ、親戚づきあいが増え、子育てや家事も男性が半分負担するのが当然という風潮です。そこに安らぎなんて無いでしょう。

    結婚を恐れているというより、結婚する意味が分からないのだと思います。結婚して自分が幸せになる姿が見えないのです。
    それでも結婚したいという男性は、相手を本当に好きか相手を幸せにしたいと思っている人です。
    ただそれ以外に勢いと流れだけで結婚してしまう男性もいます。こういう人が大抵離婚します。

    トピ内ID:1119656822

    閉じる× 閉じる×

    そうですねー。

    しおりをつける
    blank
    駆動車
    私30独身男ですが、私もやはり結構願望がありません。


    私は今は独りで色々と自由を謳歌しているのがとにかく楽しいんです。


    他の男性はどうかはわかりませんが、私は今より若いとき全く酷い無惨な人生を送っており、人生を楽しめませんでした。


    今なんとか持ち直してきたのであの頃楽しめなかった分今から楽しみたいと心から切望しているんです。


    当時楽しめなかったことを凄く悔やんでいます。当時を思い出すと涙が滲んできます・・それくらい辛かった・・・。

    だから人生を取り戻したいのです。


    今結婚したらそれができなくなります。


    結婚は自分の人生に納得してからにしたいのです。


    じゃあいつ納得するんだと言われてもそんなこと知りません。未来なんかわからないからです。

    死ぬまで納得できなかったら独身のままでもいいと思っています。

    トピ内ID:2587310189

    閉じる× 閉じる×

    男女の意識は5歳差

    しおりをつける
    blank
    通行人A
    男性と女性の結婚年齢に対する意識は
    5歳程度離れていると考えてください。
    (一般論であって、万人に当てはまる保証はもちろんありません)

    つまり、女性のトピ主さんは今から5年前に
    そんなに結婚願望があったかどうか?

    逆に、今結婚願望が強くなったと言うことは、
    彼が同じ気持ちになるのにあと5年はかかると言うこと。

    同い年カップルは、男女の「適齢期」タイミングが
    ズレがちで、結構難しいですよ。

    トピ内ID:4130600476

    閉じる× 閉じる×

    それが女性が求めた結果です

    しおりをつける
    blank
    最近はやや和らいだかもしれませんが、女性が結婚相手の男性に「年収~万円以上」「経済力のある人」「養ってくれる人、一定水準以上の生活レベルを提供してくれる人」などと要求してきましたよね。

    そうすると20代男性では、いずれ給料が上がるだろうけど、まだ女性の求める水準には達していないので、そもそも手を上げようとしないし、対象外だろうからと気後れしていました。年収700万円以上だとか、1000万円以上だとか求める女性が少なからずいましたが、20代でそんなに稼ぐ男性なんてまずいませんからね。男性は女性の求めに応じて、やむなく結婚時期を先送りしてきたわけです。

    ようやく仕事、収入が安定し、ある程度先が見えて、女性が求める経済力とやらを得たと男性が思えるのが30代後半なんですよ。ただし、その時点で高い経済力を得るほど(経済力を求める)女性を選べる立場になりますし、収入が低いままの男性は結婚市場に顔を出さずにフェードアウトするわけですが。

    トピ主さんが彼にそう要求していると申し上げているのではありませんよ。社会全体の風潮がそうであって、無意識的に多くの男性が感化されてきたということです。

    トピ内ID:9094352353

    閉じる× 閉じる×

    結婚に関する「格言」・・・バーナード・ショウ

    しおりをつける
    blank
    晴れたり曇ったり
    ノーベル文学賞を受賞したイギリス(アイルランド生)の劇作家バーナード・ショウは、次のように言っています。

    「人生において、できうるかぎり早く結婚することが女の務めであり、できるだげ永く独身でいることが男の務めである。」

    結婚に関するとても有名な「格言」とされていますが、果たしてどういう意味なのでしょうかねぇ!

    トピ内ID:2865895444

    閉じる× 閉じる×

    男性は何を恐れているのか?

    しおりをつける
    blank
    カービィ
    男性発のトピ「もう限界。妻に養ってもらいたい。」に
    対する、匿名希望さんのレスを読んでみて下さい。

    全てではありませんが、恐れに対する回答が
    書かれています。

    2人で協力?助け合い?おいおい、本当かよと
    思ってしまいました。

    トピ内ID:6985475224

    閉じる× 閉じる×

    それと

    しおりをつける
    😡
    たぬ吉
    >>男性はいったい何を恐れているのかが、女の私には理解できません。
    >...発言小町を愛読していれば、良く分かります。

    小町以外にもネット(個人ブログ・他掲示板等本音を見れるところ)全部です。
    こういうのを見てもまだしたいと思う男性の神経が理解できません。

    トピ内ID:4812180819

    閉じる× 閉じる×

    え?周囲の男性見てれば、分るでしょ…

    しおりをつける
    blank
    ピョンワ
    だって男は辛そうだもん。

    大好きな母親を好きと言えばマザコンと言われ、
    嫁と母親との間で引っ張り合いをされ、
    働き蜂のように働いても働いても吸い取られ
    自由になるものは少ない。
    家の中にも会社と同じうるさい上司が出没し
    感謝より文句を言われ、
    子供ができたらカヤの外に追いやられ、運び屋化される。
    挙句、ローンが終わる頃に自分の人生も終わる。

    そんなに頑張っててもひどい場合、
    妻はよその男に
    知らぬ間に抱かれてるなんてケースもある。

    今や、男性は子孫を残すと言うより、
    妻の作品作りを手伝う為の機械みたいなもので、
    性能が悪いと、いつ道具交換されるのかとビクビクしながら
    少ない小遣いで少しずつ油を注ぎギコギコ走る
    錆びた自転車みたいなものですからねぇ

    そりゃ…そんなものを手に入れる為に
    結婚なんてしたくないはずです。
    一日でも長く普通の男の子でいたいのでしょう。

    それでもいいから、君を手放したくないんだ…
    もしくは、君のような女性なら僕は安泰だ…
    そんな魅力を持つ女性にならないと
    なかなか決断は出来ないんだと思いますよ。

    トピ内ID:3452982593

    閉じる× 閉じる×

    昔とは違う

    しおりをつける
    blank
    mixmax
    家制度の時代には、男性が結婚すれば、夜の生活も充実し(昔は婚前交渉なんてなかった)、嫁は家事・育児を担ったうえ親の面倒や介護も引き受けてくれました。
    また、結婚しないとうぶさんのおっしゃるようなデメリットもありました。

    一方、女性にとっても、当時は女性に一生の職なんてほぼなかったため、こんな結婚でもしないと生きていけませんでしたので、お互いの利害が一致し、皆が結婚をしました。

    ところが、女性が一生の職を手にするようになると、一斉にこういう結婚に異議を申し立てました。
    「そんな結婚するぐらいなら一生独り身でいます」とね。

    長く男性有利の結婚に胡坐をかいていた男性陣、なかなか時代の変化についていけず、「とにかく結婚しなければ」と、女性陣の要求を次々と飲んだ結果、結婚における男性のメリットはどんどん無くなりました。

    最近ようやく男性陣も過去の結婚観から解放され、冷静に考えるようになると、結婚してもメリットがない事に気が付いてしまい、積極的に結婚を望まないようになったのです。

    まあ、トピ主さんには何の罪もありませんが、無茶した先輩方を恨むしかないですね。

    トピ内ID:5075679267

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ヨーグレット
    皆様、とても分かりやすい男心の解説ありがとうございます。

    男女間の結婚を意識する年齢差はひとそれぞれですが、皆さんのお話からもやはり5年はありそうですね。
    私自身、確かに20代前半の時にお付き合いしていた彼(彼は当時30代前半)の事はとても愛していましたが、結婚するなんてとんでもない!と思っていました。彼の方は当時結婚も意識していましたが。

    私自身どちらかというと男っぽい性格で、やりたい事をやってからでないと、結婚なんて無理。と思っていました。しかし今、ずっと目標としていた事をやり終え、結婚してもいいかなと思えるようになったところです。
    私は今までもずっと自分のしたいように生きてきて、独身の今の生活スタイルもあまり崩したくないとは思っています。
    いずれ結婚をしたとしても、自分の欲しいものは好きなように買いたいですし、
    友達とも付き合っていきたい。自分は家庭に収まるタイプではないので、出来る限り働いていたい。
    自分の時間も必要なので、相手にも束縛は出来ません。
    もちろん、言うのは簡単ですし、結婚されている方からみれば甘いなと思われるかもしれません。

    トピ内ID:5828689614

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    引き続きトピ主です

    しおりをつける
    blank
    ヨーグレット
    私はそう思っているのですが、というかそう思っている女性も多いのではないかと思いますが、
    男性はそれ以上に現実的な部分しか見えないのでしょうね。
    それはやはりそういう世間の風潮や女性のせいで男性が息苦しくなってしまったのかな。

    もちろん私の結婚に対しての考えを彼に伝えた事もないので、
    結婚に対してまだまったく分かり合えていないのですが。

    どこかの賢人の格言は、いつの言葉なのでしょう。
    2010年の現代でもぴったりですが、昔から結婚とはそういうものだったのでしょうか。

    このトピにたくさんの男性からの意見を聞く事が出来てとても参考になりました。
    ありがとうございます。

    幸い、今すぐ結婚をしたいわけではないので、まだ暫くは今の彼と付き合っていくとおもいますが、
    本当にしたくなった時は他の方を探します。

    トピ内ID:5828689614

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    男性の心理、女性の心理

    しおりをつける
    🐶
    けっこん観ノンぼさつ
    結婚はある程度の踏ん切りみたいなのがないと無理でしょうね。
    なにかを捨てて新たに何かを得るみたいなものですから。
    今は便利な時代ですから何でも手に入ると言ってもいいくらいです。
    平均余命も伸びていますよね。
    年齢が上にいくほど婚姻率があがるとさえいわれています。
    あとは恋心というものが出ないと。
    結婚について定義してしまうとこれはつまらないとも思いますよ。
    一緒に生活をしようという単なる事ですから。
    日本は法律では婚姻か独身かとまだそのくらいの観念しかないですけど事実婚を認めている国もあるとは思います。
    結婚すればこうなるというのは星の数ほど例があるので固定観念化しないほうがいいかもしれませんね。
    高齢者の性(読売さんのサイトの中)やオールアバウト(生活ー結婚かな)や隣の寝室事情なんてサイトにも結婚についての考えがあるので読んでみるといいかもです。
    恐れはその場から立ち退かせる感情ですし恥ずかしさは行動を止める感情ですしといろいろその役目もあるみたいです。妻がしてはならない180のこと、夫がしてはいけない181の事なんて本も面白いです。へ~的な本です。

    トピ内ID:8989871537

    閉じる× 閉じる×

    多くの男は家庭が欲しいのでは無くて、

    しおりをつける
    blank
    あい
    セッ○ス相手が近くにいてくれればそれでいいのです。昔はそんなバカげた考えは中々実現できず、周りの声もあり、セッ○スをしたければ、結婚しなければならなかった。

    ところが、ありがたい事に、女性が性を安売りしてくれるようになったおかげで、実現できる期待値が上がってきました。

    だから、よほど好きな女性で無い限り、家庭を持とうと思わなくなったのです。

    ところが、女性は、相変わらず男に対して生活費を期待する。利害の完全な不一致が起きているのです。

    晩婚化非婚化がすすむのは当然です。

    トピ内ID:8710300348

    閉じる× 閉じる×

    mixmaxさんに追加です

    しおりをつける
    blank
    くしん
    >ところが、女性が一生の職を手にするようになると、一斉にこういう結婚に異議を申し立てました。
    >「そんな結婚するぐらいなら一生独り身でいます」とね。

    しかし、女性で一生の職についているのは約半分。
    好景気の時は外で働きたがっていたが、不景気になるととたんに男性に養って欲しいとくる
    そのような女性の身勝手さに呆れ果てているのです。


    現代日本では、男性の「パートナー」としての資格のある女性が、あまりにも減りすぎたのです。


    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3250.html

    2009年非正規率
    __________男性__女性
    25~34歳 13.0% 41.9%
    35~44歳 6.6% 53.0%

    トピ内ID:4517846011

    閉じる× 閉じる×

    安くはなってませんよ

    しおりをつける
    blank
    たけのこ
    >ところが、ありがたい事に、女性が性を安売りしてくれるようになったおかげで、
    >実現できる期待値が上がってきました。

    安くはなってません。
    今でも女性は体を餌に男性から多額の金品や労力を出させています。

    変わったのは、昔は「まとめ買い」しかできなかったのに、
    「バラ売り」が新設されたことです。

    さんざん売った後のものを高値で売ろうったって、売れる可能性は低いです。

    トピ内ID:8751812824

    閉じる× 閉じる×

    結婚は男にとっては義務、女にとっては権利

    しおりをつける
    たたうう
    昔の結婚するときに男が言う表現として「俺も年貢の納め時なんだよ」ってのがあったでしょう。
    女とこれから生まれるだろう子どもを養う義務を負う=結婚と考えると、納税と重なる部分があるでしょう。

    義務ってあわよくば免除されたらラッキーですよね。

    トピ内ID:8946520651

    閉じる× 閉じる×

    多くの幸せを求めないが、不幸にはなりたくない

    しおりをつける
    blank
    アンドレ
    30男です。

    独身で時間もお金も自由に使えるので今が幸せです。

    でも絶対に結婚しないと決めてるわけではありません。
    結婚しても良いと思える女性なら、結婚もありかなと考えてます。

    付き合っている間に、その女性と結婚したいのか、女性したくないのかを見極めます。たとえ「結婚したくない」と判定しても、とくに焦りはないので別れることはしないです。

    結婚しなければ確実に幸せな人生が送れると思います。
    結婚すれば相手次第で不幸になる可能性があります。
    この人と結婚すれば、結婚しない場合以上に幸せになれるとの確信がない限り、結婚を決意することはできません。

    将来どうしても子供が欲しくて結婚したくなれば、自分が40歳前後の時点で35歳までの女性と結婚するつもりです。

    結婚しなければ、40代、50代は、夜のお店で働いてる若い女性と遊びながら仕事と趣味を満喫します。
    貯金ためて老人ホームにいきます。
    孤独死でも構いません。

    「多くの幸せを求めないが、不幸にはなりたくない」というのが私の結婚観です。

    トピ内ID:7705477968

    閉じる× 閉じる×

    本当ですか?

    しおりをつける
    blank
    バツイチ
    あなたが妊娠したら
    「夫は家事を手伝え」
    「妻に気を使え」
    「私は生活費を稼げない」
    になりませんか?

    子供が生まれたら
    「育児を手伝え」
    「趣味や付き合いを減らせ」
    「小遣いを減らせ」
    になりませんか?

    男はそれを恐れているのではないですか?

    あなたが提示できる
    「男性が結婚するメリットとデメリット」
    「女性が結婚するメリットとデメリット」
    を比較してみれば分かるのでは?

    よほど、女性の側ができた(男女平等を勘違いしていない人)でないと、男性は結婚したいと思わないのでは?
    特にあなたや彼氏の世代は、私よりより強固に
    「男女は同じ」
    と言われながら、同時に女性に有利な部分は温存されてきた世代ですからね。

    トピ内ID:9172715346

    閉じる× 閉じる×

    人は変わってないんでしょうね

    しおりをつける
    blank
    A太
    >どこかの賢人の格言は、いつの言葉なのでしょう。
    >2010年の現代でもぴったりですが、昔から結婚とはそういうものだったのでしょうか。
    ギリシャ神話のピュグマリオンは世の中の女性に絶望して、彫刻で理想の女性を作ることに熱中し、
    その姿を見たアフロディーテに理想の女性の彫刻を人に変えてもらうってのがあります。
    今で言うオタクとそれを馬鹿にする女性の構図ですよね、本質は昔から変わってないんでしょう。
    人がちゃんと進歩してるのなら、コミュニケーション能力に長けた女性が嫁姑問題ぐらい
    解決できないわけが無いですよね…

    トピ内ID:9500815788

    閉じる× 閉じる×

    たたううさん

    しおりをつける
    blank
    副会長
    >結婚は男にとっては義務、女にとっては権利
    >昔の結婚するときに男が言う表現として「俺も年貢の納め時なんだよ」ってのがあったでしょう。

    たたううさん自身が言っておられるように、それは昔の話です。

    若い世代は、男女平等をたたき込まれてきた世代ですから。

    男女関係なく、したい人はすればよいかと。

    トピ内ID:5709532174

    閉じる× 閉じる×

    不思議!

    しおりをつける
    blank
    一刀両断
    >自分の欲しいものは好きなように買いたいですし、
    >友達とも付き合っていきたい。
    >自分は家庭に収まるタイプではないので、出来る限り働いていたい。
    >自分の時間も必要なので、

    いやあ、全く同じですね、トピ主さん!!しかしその先が違いますね。。。私の場合は「だから私は独身で良い」となるんですが。
    前提条件は同じでも結論が正反対。これも男女差なんでしょうか?

    トピ内ID:2304367984

    閉じる× 閉じる×

    一つ確実に言えることは

    しおりをつける
    blank
    エスト
    結婚は、もはや義務ではありません。「恐れる・恐れない」ではなく、する「意味があるか・ないか」です。する意味がなければしないだけです。まあ、小町を読んでれば怖くもなりますけどね。

    彼があなたとの結婚で「幸せになれる」と感じていれば、結婚したがったことでしょう。一方が結婚したがっても、もう一方がしたがらない。これは「したがらない側の問題」ではなく、「したいと思わせられない側の問題」です。


    ・結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。宝くじなら当たることもあるのだから。バーナード・ショウ

    ・年頃の娘達は結婚のために結婚する。結婚によって自由になれるから。ボーヴォワール

    ・人は無我夢中に急いで結婚するから一生悔いることになる。モリエール

    ・女性が結婚するのには大きな理由がある。しかし男性が結婚する理由はひとつもない。群棲欲が彼らを結婚させるだけのことである。モンテルラン

    私の好きな格言です。世界中、いつの時代も女は変わりません。ただ一つ、男性にとってこれらが「格言」ではなくなり、現実となった。時代の転換期を迎えたのでしょう。

    トピ内ID:9562748730

    閉じる× 閉じる×

    逆に

    しおりをつける
    blank
    ぴえ3
    私の周りの早婚男性は
    ・田舎出身
    ・都会でも家族の結束がすごく強い
    ・もしくは親との縁が薄い
    ・社会に出るのが早い
    ・仕事で孤独を味わう(海外赴任など)
    ・年上の友人が多い
    って感じです。どこか老成してるんですね。

    それ以外の、核家族で4大卒で、割と安定したサラリーマンで、
    彼女ともそこそこデートできて、趣味も楽しめて、
    という人は、30過ぎても少年ぽいというか。
    少年に結婚は重荷でしょう。

    同じ条件でも女性なら、出産のリミットや
    仕事の先行きを考えて
    結婚もありかなと思い始めるのでしょうが、
    男性にその発想は浮かびにくいのではないかと…。

    定年までに子どもを大学卒業させたいと、
    子育てのリミットを考えて結婚に踏み切った人を知っていますが、
    珍しいほうだと思います。

    トピ内ID:5040044796

    閉じる× 閉じる×

    子を持つのに体力が要らないからでは?

    しおりをつける
    blank
    S.
    男性は、お金さえあれば、体張らなくても子供が持てます。
    私は今30代半ばで「子供が欲しければもうすぐにでも本気で婚活して、それでも遅いんだろうけど…」と思っていますが、男性はまあまだそんなせっぱっ詰まったこと考えませんよね。40過ぎて「やっぱり欲しい」てなっても間に合います。
    歌舞伎俳優だったか、かなりの高齢で若い女性と結婚して子供を授かった方いらっしゃいますよね。
    そりゃアレはレアケースですけど、不可能ではないわけです。
    逆は絶対にムリですから。

    トピ内ID:9666897405

    閉じる× 閉じる×

    要するに

    しおりをつける
    blank
    >そして男性はいったい何を恐れているのかが、女の私には理解できません。
    鵜飼の鵜に成り下がるのが嫌なだけですよ。

    トピ内ID:1758697695

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  59
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]