詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    弓道経験者の方、教えていただけますか?

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    一寸
    話題
    トピを開いてくださって有難うございます。

    「弓道」にあこがれています。
    通える範囲に教室(弓道場)もあります。
    そこには体験教室もあります。
    でも、行くかどうか迷っています。(もう2年ほど)
    身近に弓道経験者がいないので、
    弓道の実態がさっぱり分らないからです。

    そこで、弓道経験者の方に
    ご自身(または近しい方)の経験の範囲で
    不明な点を教えていただければ
    是非参考にさせて頂きたい思い、トピを立てました。

    1) 普通の体力があれば可能か(当方40代後半、女性、地方都市在住で車通勤、普段の運動は皆無に等しい)

    2) 教えてくださる方との関係は、先生-生徒なのか、師-弟なのか(道のつくお稽古はやはり後者でしょうか)

    3) 教室内外のお付合い(先生や先輩方への盆暮れのご挨拶他 諸々)はありそうか

    4) 大会での遠征などが年間どの程度ありそうか(将来上達してからでしょうが)

    5) 月謝以外の費用は年間どの程度か(道具他一式を揃えるとしたら結構かかりますよね)

    6) 教えてくださる方により違いがあるのか(近くの教室にすべきか、遠くても良い指導者を探すべきか)

    7) その他、知っておいた方が良いこと


    学生の部活なら簡単にはじめたと思うのですが、
    大人になって始めるお稽古ですので
    簡単にはやめられないと思っています。
    また、せっかく始めるのなら上達したいです。

    弓道、とても魅力的なので、
    いますぐにでも始めたい自分と、
    始めたものの「こんなはずじゃなかった」と
    後悔したくない自分の間で揺れています。

    弓道経験者の方、または何かご存知な方
    是非宜しくお願いいたします。

    トピ内ID:4509661096

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    高校の時に

    しおりをつける
    blank
    はな子
    高校の時に部活で弓道部で3年間しました。
    私は近的よりも遠的が好きでした。

    体力はさほど必要ではありません。
    道具は、弓・矢・かけ・はかま・むねあて等道具一式そろえるとけっこうお金はかかります。

    思春期の頃の私の悩みは、弓道による立派に成長?した腕でした・・(苦笑)

    教えて下さる方により違いはあると思います。
    弓のひきかた一つとっても違います。あまりに昔のことで、、うまく説明できませんが、上からぐいっとやるのと、ぐいっとやっておいて上から引くのと、ごめんなさい分かりませんよね・・。

    教室内外のお付き合いですが、私は以前三味線を習ってたんですが、盆暮れのご挨拶(お金)はもちろんありましたが、発表会のたびにお礼(お金)を先生に強要されあまりにアレなもので、、それが嫌になってそこの教室を辞めました。

    通うとなると、自宅近くがいいと思います。道具ありますし、ちょっとしんどいかも。
    でも、人間的にも良い先生(師匠?)が遠くだと、近くよりかはそちらが続くかもですが。。

    素敵な弓道ライフがおくれると良いですね♪

    トピ内ID:0682891714

    閉じる× 閉じる×

    応援します!

    しおりをつける
    ツールド
    私は30代後半、女性、現在弓道三段です。

    質問の回答ですが
    1)体力は必要ありません。
    2)拘らず、社会人としての対応で問題ないと思います。
    (教えて下さる方の癖や考えが、そのまま影響を与えるから・・どちらかと遭えて言うならば、師-弟かな?)
    3)飲み会などのお付き合いもあるでしょうが皆さん大人ですし強制ではありません。
    年末年始に 射場では軽く、控え室での休憩等の際にきちんとした言葉でのご挨拶で十分と思います。
    年賀状もお出しになりたければ、先生だけで構わないと思います。
    4)遠征などは年5回以内だと思います。大会参加は遠い先だとして、講習会や遠的の練習などですかね。
    自由参加ですからもちろん断れます。
    5)道具は慣れるまでは教室の物を使用するので必要ないと思いますが、半年~1年やって続く様でしたら買われては?
    ピンきりですが5万円でセットもの(カケ・白下カケ・近的矢・矢筒・上着・袴・帯・足袋・胸当て・巻藁矢)も
    ありますよ。弓は弓力が定まってから、先生と相談してお買い求め下さい。

    続きます。

    トピ内ID:5962100952

    閉じる× 閉じる×

    そうですね

    しおりをつける
    🎂
    弓道は、着替えるのがメンドウなイメージがあります。
    道具も重そうですね。

    わたしだったら柔道かな。

    トピ内ID:6013902029

    閉じる× 閉じる×

    応援します!2

    しおりをつける
    ツールド
    5)続きですが、月謝・道具以外の費用は道場の使用料(私の地区は1回400円)と所属団体への料金(連盟への料金も含む)
    6)あります!!
    7)道場や先生によって雰囲気や集まる方が違うので、教室見学に加え、通常どのように使われているか等知る為にも
    曜日や時間帯を変えての道場見学もなさると良いです。見学の際、道場内はピアス等貴金属は外したほうがいいと思います。

    私は以前から弓道に憧れがあり、社会人になってから勇気を出して道場を訪問しました。
    初訪問の時期には教室の募集が終わっていたのと、面倒見の良い上段者の手が空いた為、マンツーマンでご教示頂きました。
    学生の方が上下関係や成績に厳しかった様に思います。社会人の常識と謙虚な態度さえあれば、皆さん暖かく迎えて下さいますから
    もっと気楽に楽しんで教室に通って欲しいです。
    そのうちどこかでご一緒するかもしれませんね。
    楽しみです。

    トピ内ID:5962100952

    閉じる× 閉じる×

    かつて弓道人

    しおりをつける
    blank
    元秘書
    中高で弓道部でした。
    辞めて15年程ですが姿勢は褒められます。

    1)体力よりも集中力が必要。中学時代は歩く運動部と呼ばれていました。汗臭くならないのが嬉しいです。強い弓を引くと背筋力が伴ってくると思います。続ける事で相乗効果が期待できます。胸は小さいですが。
    2) 私は有段者に習い先生と呼んでいました。段位が取れても部活の後輩には先輩と呼ばれてましたが。
    3)学生でしたので師匠の葬儀に参列した程度。
    4)所属団体と技能によると思います。自治体主催の試合や奉納試合等の小さな試合から全国規模の大会まで様々でした。中学生は弓道人口が少なくて試合数は少なかったです。
    5)最初はかけ、下がけ、胸当(女性)、矢(棒矢も)を用意し20年位前は2、3万程。矢は数年使えると思います。試合に出るなら道着一式が必要です。弓は徐々に強いものにするので始めは借りられた方がいいと思います。また道場の維持費等があるかもしれません。
    6)有段者に教わるのがベストだと思います。試合出場を目指すなら競技法も様々なので(遠的とか座射とか)経験豊富な方の指導は不可欠だと思います。
    7)結構気軽に始められると思います。

    トピ内ID:3505940007

    閉じる× 閉じる×

    弓道部でした

    しおりをつける
    🐤
    ぴぐ
    学生時代弓道部でした。


    私の個人的な意見ですが、

    体力的には、普通の体力があれば大丈夫だと思います。
    弓も引くのが重いのから、軽いのまであります。


    重い弓だと体力も必要ですが、徐々に慣らしていけば引けるようになると思います。


    お金のことですが、多少かかります。

    私の場合ですが、はじめに一式そろえるのに、5、6万ほどかかったと思います。(矢、袴、胸当て、こてみたいな物)弓は貸してくれてました。



    私は部活が楽しかったです。いい経験をしたし、ゆったりした動きの中の緊張感はなかなか経験できないと思います。


    10年以上前にやってましたので、専門用語を忘れてしまい曖昧な回答ですみません。
    余談ですが、弓を引いて、放した時に、左の手首~肘の間に弓の弦(??)があたり、よく青アザを作ってる友人がいました。


    あまり参考にはならないかもしれませんが、もし習われるのなら頑張ってください。

    トピ内ID:8317146415

    閉じる× 閉じる×

    語らせてください!1

    しおりをつける
    😀
    冬子
    高校時代に部活で弓道を始め、断続的にですが10年ほどの弓暦があります。
    進学で一時弓道から離れましたが、就職後、市の体育協会の弓道教室に通い、
    その後その協会の弓道会に所属しております。
    私の考えを述べさせて下さいね。

    1)普通の体力があれば十分と思います。
    弓の強さは何段階かありますので、ご自分の筋力に合わせたものを選べます。
    ちなみに私は12キロのものを引いています。

    2)教えてくださる方の立場で変わると思います。
    お近くの弓道場が市営など公共のものであれば先生ー生徒の関係になるでしょうし、
    私設(教えてくださる方が道場主)の道場であれば師ー弟の関係になるかと。
    私が所属しているのは市の体育協会なので、教えてくださったのも教士や範士を持つ、
    同じ弓道会の先輩でした。

    3)ごめんなさい、よく分かりません。

    4)どの程度遠くの大会に参加されるかは、所属の道場や弓道会の考えによるかと思います。
    私の所属する道場では、地域の大会が活発に行われているためか、遠方の大会へは
    あまり参加していないようでした。
    三十三間堂の大会は憧れですよね!

    トピ内ID:7582437095

    閉じる× 閉じる×

    語らせてください!2

    しおりをつける
    😀
    冬子
    5)弓道は、とにかく先行投資が大きいです。(どのレベルのお道具を揃えるかによりますが)
    弓・矢・かけ・道着・・・私が始めたときには5万円ほどかかりました。
    しかし、一度揃えてしまえば長い間使えるので、継続してかかる費用はあまりありません。
    (下手だと矢が痛むので、頻繁に買い替える必要がありますが・・・)

    6)トピ主様の考え方次第です。
    スポーツ・趣味的に弓道を楽しみたいのか、求道者的に弓道を極めたいのか・・・
    お近くの道場がどのようなスタンスなのかを知るのが先決かと思います。

    7)道のつくお稽古事は全部そうかもしれませんが、特に弓道は「自分を深く見つめる」
    事ができるものだと思います。
    良い時、自信のある時はいいのですが、精神の不安定さはすぐに矢飛びに出ますし、
    ごまかしがききません。
    弓技的にも、精神的にも、だめな自分と思いっきり対面することになります。
    しんどい時は、私には結構キツいものがありました。

    トピ内ID:7582437095

    閉じる× 閉じる×

    語らせてください!3

    しおりをつける
    😀
    冬子
    なんて、つらつら書き連ねてしまいましたが、是非体験教室に行かれることをおすすめします!
    体験教室があるような道場ならば、きっと最初はお道具も貸してくださるでしょうし。
    まずは門戸を叩いてみてください!
    楽しい弓道ライフとなりますよう、お祈り申し上げます。

    トピ内ID:7582437095

    閉じる× 閉じる×

    高校3年間と社会人になってやっていました1

    しおりをつける
    blank
    hanna
    弓道は何歳からでも始められ、何歳まででも出来るスポーツだと思います。
    長い経験はありませんが、解る範囲でお答えしたいと思います。

    1)体力については、普通に立ったり座ったりが出来ていれば大丈夫。
    弓を引く力は、人それぞれ違いますので、力に合った強さの弓が有り、力のない人でも引くことは出来ます。

    2)教えて下さる人との関係・・・ですが、社会人になって高校時代の顧問の先生について頂きました。
    関係は、強いて書くと【師と弟】だと思います。
    でも、先生がいない時は、他の社会人の方々もいらしたので、聞きたい事が有るときは気軽に聞けました。

    3)【教室】と言う形では無かったので参考になるかどうか解りませんが、
    年末年始には、顧問だった先生と地域の連盟の長のお宅には伺いました。

    4)大会は、基本県内で行われ、参加費ぐらいしか必要なかったと思います。
    私は高校時代、国体選手になった事が有りますが、社会人になってからは全く経験がないので、ここは経験の有る方のお返事を待ちたい と思います。
    ちなみに高校時代の遠征費用は、必要無かったです。

    続きます。

    トピ内ID:2139881582

    閉じる× 閉じる×

    高校3年間と社会人でやっていました2

    しおりをつける
    blank
    hanna
    続きです。

    5)弓道にかかる費用についてですが、試合に出る為には弓道連盟に所属する必要が有ったので、連盟会費が必要でした。
    (金額は、忘れてしまって不明)
    道具一式は、モノにもよりますが、(胴着・袴・弓・矢・弦・矢筒・かけ(手袋のような道具)他)
    竹弓でなければ7万位までで全て揃うかと思います。

    6)教えて下さる方の違いですが、指導方法は、伝え方の違いなんだと思います。
    同じ事を言ってても、伝え方で飲み込み方も変わりますし・・・(私はそうでした)
    ただ、流派の違いはありました。私は小笠原流で弓を正面から打ち起こす形の引き方でした。

    7)知っておいた方が良いことは・・・
    全てが初めての事だと思いますので、学ばせて頂くと言う気持ちさえ有れば、大丈夫です。
    みなさん、凄く優しく親切に教えて下さいます。

    矢を的に放つまでは、しばらくかかると思いますが、
    的を射抜いた時の、静の中で鳴り響く『バーン』と言う音を感じて欲しいと思います。
    あまり難しく考えず、弓の世界に飛び込んでみてください。

    トピ内ID:2139881582

    閉じる× 閉じる×

    高校時代弓道部でした。

    しおりをつける
    blank
    ぴえ3
    1)可能です。腕の筋肉で引っ張るものではないので。

    2)3)初心者向けの教室であれば、そんなに閉鎖的ではないと思います。

    4)学生時代は超弱小部でしたが、
    年4回ほどの大会と、年1の進級試験がありました。
    勉強になるので機会があれば行くべきかと思います。
    強豪校はもっとこなしていたと思います。
    他に部内で月1の会をしていました。

    5)かけ(手につけるもの)と道着と矢は最初に購入しました。
    全部で10万円ぐらいでしたでしょうか。
    弓は学校にあるものを借りました。
    他に大会参加費、受験料が毎回数千円ずつかかったと記憶しています。

    6)とりあえず近場で始められては。
    最初は覚えることが多く、なかなか的前に立てないかもしれません。
    細かい指導は一通りの動きが身についてからでもいいような気がします。

    7)費用さえ気にならないなら、あまり気負わずに始められてはと思います。
    アーチェリーと違ってなかなか的に当たらないので、
    やってみたら案外つまらないなーと思われるかもしれませんし。

    トピ内ID:6685829039

    閉じる× 閉じる×

    見る前に跳べ

    しおりをつける
    blank
    リフト
    あまり詳しくないのでおこがましいかも知れませんが
    思うところを書きます。

    1)はまず必要なのは腕力と背筋力です。形(弓を引く姿勢)を保つのに全身の筋力も大事ですが、これ等はやっていくうちに段々身につきます。

    2)と3)は結局その教室ごとの考え方次第です。

    4)県大会程度ならそれほどかかりませんが全国大会(大体東京・京都ですが、いろんな地方持ち回りの大会もあり)は交通費がかかります。

    5)弓矢は借りられるかもしれませんが、弓道着・足袋・かけと下かけ(右手にする手袋状のものとその下に装着するもの)くらいは初心者段階で準備することになるかも。

    6)は実際その世界に入って触れてみないと、どういう指導者が「よい」のかわからないでしょう。

    結局は「とりあえず体験してごらんよ」ということです。
    体験教室行ってみたらいいじゃありませんか。
    一回行ったら辞められなさそう・・と思うなら、市や区のスポーツ教室等を探してみてはどうですか。委託を受けた外部指導者が教えてくれますから、終了後もっと習いたいと思ったら相性の良かった指導者の教室に行くのも一案かと。

    トピ内ID:1223721357

    閉じる× 閉じる×

    リラックスして行ってみたら

    しおりをつける
    🐶
    体力は弓の強度がいろいろその人に合わせてありますから大丈夫ですよ。
    まるで手で引いているようですけど腕の力ではなく背筋を主に使うのとそれに合わせて弓の強度を合わせるのでね。ボーリングで玉の重さを選ぶ感じ。
    教えてくれるのはおそらく称号をもっている方です。錬士、教師、範士などの方達です。段とは違うものです。お付き合いはその道場により違うとは思いますけど雰囲気になれれば緊張する必要はないですよ。心付けは段昇格とかの節目くらいじゃないかとは思います。いろいろな大会や親善試合や弓道場内での試合みたいなものやお正月など新年射会なんかだとは思います。
    費用はまちまちです。弓も矢もピンキリです。グラスファイバー製の弓とジュラルミン製の矢から本格的な材料のものの高級品までありますよ。
    教えて下さる方は講習会などでまたその上の師範クラスから教わってますしその方の骨格や性格もあるのでリラックスして教わればいいのでは。
    日本弓道連盟のHPなどやサイエンスチャンネルというサイトでアスリート解体新書で検索すると弓道もあります。お教室にいくとだいたい形とか巻き藁という練習でなれていくと思います。

    トピ内ID:3697546844

    閉じる× 閉じる×

    連投すみません

    しおりをつける
    blank
    リフト
    たびたび失礼します。
    前レスで質問の意図を読み間違えました。

    4)は費用の話でなく大会の開催頻度でしたね。

    全国大会は様々な開催主体の大会がけっこうあってすぐには数えられませんが、
    まあまだ全国大会の心配はしなくてもいいでしょう。
    全国向け選手選抜の地方(関東とか)大会、県大会もまだ大丈夫ですよ。
    市区町村、地域の地区大会が一番最初に視野に入る試合だと思いますが、
    これは多くて月に1~2度あるかぐらいじゃないでしょうか。
    あとは昇段に向けた講習会とか、教室ごとの交流試合とか・・・

    でも今から大会の心配なんかしないで、とりあえず体験してみてください。
    矢がスパーンと的中したときの快感はクセになりますよ。

    県や市の弓道連盟のHPや弓道具の販売店のHPなども見てみると参考になるかもしれません。

    トピ内ID:1223721357

    閉じる× 閉じる×

    やってみましょうよ~。

    しおりをつける
    🐤
    もまむ
    40代前半の主婦です。
    大学時代に没頭し、父は82歳でも弓道だけは続けています。
    今、私は育児中(7ヶ月乳児)ですが、いつか再開したいと思っています。

    お近くで弓道教室があれば、一度参加されてはいかがですか?
    トピ主さんのような人のために、とっつきにくい?弓道には、弓道教室が開かれていると思います。

    1) 弓は呼吸法含め、意外と健康作りにもいいそうですよ。弓の強さは最初は弱いものから始められます。

    2) 師-弟でしょうね。年配の方々は先生と呼び合います。

    3) ・・はないでしょう。付き合い方次第ですが。

    4) 地域の競技大会は、弓道場(射場)の掲示板に参加者募集が出るでしょう。社会人ですから、参加・不参加自由です。遠征はお住まいの地域次第。

    5) 道具はかけ(左手の防具手袋)が絶対必要、2万くらいだったかな。最初は貸してもらえると思いますよ。弓・矢・胴着は、慣れた頃、お店を紹介してもらっては。

    6) ピアノ等と同じですよ。最初は近くの教室で十分でしょう。

    気負わず足を運んで、聞いてみることです。地味ですが、奥が深いです。

    トピ内ID:2350016637

    閉じる× 閉じる×

    今通じるかどうか・・・

    しおりをつける
    blank
    元弓道人 参段です
    まず、いきなり弓矢は引きませんよ。

    今はどうか、まずゴム弓(30センチくらいのプラスチック棒にゴムチューブがついたもの)で、形とタイミングを練習します。着るものはジャージでした。

    その後、巻藁(まきわら、やぐらの上に米俵が乗ったようなもの)に、近い距離から弓矢を放つ練習をします。フォームとタイミングが大切ですから。


    弓は弱いものから強いもの(やわらかいものから硬いものまで)いろいろありますから、体力に合わせて選べます。道場に貸してくれる弓矢があるかと思われます。皆さんが持っている弓矢を見て研究して、初めて自分のものを買います。

    2)先生ー生徒、師ー弟子
    →何故このようなことを聞くのか理解できません。何をイメージしていらっしゃるのでしょうか?

    6)教えてくれる人により、違いがあるかどうか
    →流派があります。スゴイとか、キレイとか。地域性もあります。


    まず門を叩いてみてはいかがでしょうか。
    歳をとってもできるものですから、今の年齢を気にしなくても良いと思います。あまり考えると、歳とってしまいますよ。

    トピ内ID:3585740216

    閉じる× 閉じる×

    現役人です。30代女性

    しおりをつける
    blank
    満ちゃん
    私のところも市が開催する弓道教室がありますが、20代から上は60代ぐらいの人で男女共に初めは30人きます。
    週一の計10回ぐらいの教室なのですが、最後まで残ってる人は10名以下になります。
    思っていたのと違うといってやめていく方も結構いらっしゃいます。
    初めから弓を引けると思っているのに初めは弓にも触れないし、的での練習もあまりないからでしょうね(笑)

    堅苦しく考えないでまずは一歩踏み出したらどうでしょう?
    基礎は確かに大切ですが、必ずしも有名な先生じゃなくてもいいと思います。2年も何もしてないのなら行動するためにまずは近くのでいいでしょう?!
    弓道のこと何も知らないより、体験教室にでもいってみてどんなものか知ってからどこにするか考えてもいいのでは?!

    やらないで後悔より、やって後悔がいいと思いませんか?
    2年もやるかやらないかで悩むより、どうすれば弓道がもっと上達できるのかで悩みたいと私なら思いますけどね・・・

    教室が嫌なら在住の県の連盟を調べて電話して初心者から教えてくれる高段者の先生の道場を教えていただいたらどうですか?

    トピ内ID:6358617554

    閉じる× 閉じる×

    有難うございます。トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    一寸
    お時間を割いて書込みくださったみなさま、有難うございます。
    (まとめてのお返事になることをお許しください。)

    結論
    レスを頂戴して決心しました。
    思い切って体験教室に行ってみようと思います!

    何故2年も躊躇していたか? やはり
    「道」と付くものなので敷居が高いこと、
    始めてみたら実はびっくりな「なにか」がでてきたらどうしよう、と考えていました。

    頂いた書込みに、びっくりするような「なにか」がなかったので、安心しました。

    少し前ですが、日本画を習っていた知人が、
    考えていたよりも時間的金銭的負担が大きいと
    お稽古を止めてしまいました。
    師弟関係も難しかったようです。
    茶道や華道、書道も同様のように聞きます。
    始めたものの「こんなはずではなかった」で、止めたくなかったのです。

    50も間近になって、自分を見つめたいと思うようになりました。
    頭でっかちで、考えてばかりでしたが
    思い立ったが吉日
    体験教室、頑張ってみます。

    背中を押してくださったみなさま、
    有難うございました。

    トピ内ID:4509661096

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]