詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供に親の夢を託す

    お気に入り追加
    レス35
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ぽんきち
    子供
    私は小さな頃家が貧しく、ピアノやバレエが習いたかったのですが習わせてもらうことが出来ませんでした。 それでもずっとピアノなどの音楽が好きで 学生時代も吹奏楽部でした。 今はようやく大人のピアノ教室などに通ったりしながら楽しんでいますが 実は現在妊娠中で、ほぼ女の子を言われています。 親の夢を子供に託すなんてプレッシャーをかけ 本来子供の持つ芽を摘み取ってしまうかもしれない それは私も痛いほどよくわかっています それでも子供に私の夢を・・音大に行って音楽に通じる道を歩んで欲しい そう願ってしまう気持ちがどこかにあります。 ずっと仲良しだった友達が宝塚に合格したり 音大に行ったりした子もいました。 正直とても嬉しかったけれど、すごくうらやましかった。 もちろん私がピアノをやっていたからといって それだけの才野があったかといえばそれはないとは思います。 子供が嫌だといえばもちろん無理強いはさせません もし、子供に音楽を身につけさせたいと思ったら 一体何歳から教室に通わせたらいいでしょう?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数35

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    お子さんが興味を持ったら。

    しおりをつける
    blank
    おねぃちゃん
    私は幼い頃、無理矢理ピアノを習わされたという、とても嫌な経験があります。幼い私にとってピアノはまったく興味がなかったので、お稽古に行くのが苦痛で苦痛でたまりませんでした。結局、1年少しで辞めてしまいましたが。 ところが高校に入り、とても素晴らしい音楽の先生に出会い再びピアノを始めたくなりました。そして練習を重ね、中級レベルの曲まで弾けるようになりました。 ある時、その先生に幼い頃ピアノが嫌で辞めてしまった事を打ち明けました。その先生曰く「あなたは音楽の犠牲者だね。」と言われました。その言葉にとても深い重みを感じましたよ。 確かに幼い頃からピアノをやれば、それなりに上達もすると思います。しかしながらトピ主さんのお子さんがピアノに興味がなければ何の意味もありません。もし、ピアノをやらせたいのなら「お子さん自身が興味を持った時」からやらせたらどうでしょう?でないと「音楽の犠牲者」になってしまうと思います。 「好きこそものの上手なれ」ですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ぽんきち
    トピ主です。 レスありがとうございます。 馬鹿でおろかな親と叱咤されるかと 正直厳しいレスがつくのを覚悟していました。 親の夢を託すなんて単なる自分のエゴでしかないことはわかっており 音楽の犠牲者と言う言葉もうなずけます。 子供は親のおもちゃじゃないことも 自分ではわかっているつもりなのに それでもどうしても習わせる、興味を持たせる環境にしたい 興味を持って欲しいと願ってしまいます。 小さいころから歌や楽器に触れさせ そういう環境で育てていればおのずとそれに興味を持ってくれるだろうか? そういう淡い気持ちで希望を抱いています。 いわゆる音楽の英才教育をさせたいのです。 むろん何度もいいますが無理強いはしません 本当に馬鹿な親ですね こんな親の元に生まれてくる子がかわいそうかもしれないと 最近は思ってしまい落ち込むこともあります。 自分が出来なかった、そしていつも羨望のまなざしで見ていた友達 今度は自分の子供にそれを託そうとしているのですから

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お母さんが楽しそうであれば良い

    しおりをつける
    blank
    それなら
    お嬢さんの誕生、待ち遠しいですね。 私は子供の頃からピアノとフルートを習っていて、妊娠中はもちろん、産後すぐお稽古に行かれない間もストレス解消の手段として暇を見つけては家でレッスンをしていました。 私には5才の長男と2才の長女がいますが、長男は2才位から、長女は1才過ぎからピアノとフルートに興味を持ち始めたので、一緒に童謡などを演奏して楽しんでいました。 私は二人に音楽を教えようとか同じ趣味を持って欲しいとか考えていなかったのですが、結果的に自分が趣味として楽しんでやっていたことが子供の興味をかき立てることになった様です。 子供は母親が楽しそうにやっていることには必ず興味を持ちます。先ずはお母さん自身が楽しめる環境を作り、それからお子さんと一緒に楽しむつもりでいらしてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    音楽は「音学」ではないですね

    しおりをつける
    blank
    おねぃちゃん
    再びレスします。トピ主さんは音楽がお好きなようですね。 自分が出来なかった事を子供に託す…何だか昔あった野球アニメのようですが…どんなに音楽の環境を整えてあげても、お子さんが音楽に興味を持つとは限らないと思います。私がそうでしたからね。 もしかして、お子さんは運動に興味を持つかもしれないし、絵を描くのが好きになるかも…それはそれでお子さんの個性に任せたらどうでしょうか?そもそも音楽とは「音を楽しむ」事であって「音を学ぶ」事ではないですね。 それは音楽好きのトピ主さんが一番良く分かってる事だと思います。お子さんに夢を託すのではなく、トピ主さん自身が今後の人生を音楽で楽しめば良いのでは?大人になってピアノを始められて…本当に素晴らしい事だと思いますよ。 物事を始めるのに年齢も時期も無いのではないでしょうか?「思い立ったが吉日」ですね。どうか「ご自分のため」の音楽を充実させて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    現状に対する不満

    しおりをつける
    blank
    とむ
    ここまで子供に対して夢を託したい思いが強いということは、トピ主さんは今の現状に全く満足していないのではないですか? 現状に対する不満が強いからこそ、「音大に行けたなら・・・」という未練が強くて、それを娘さんに投影しようとしていると思います。 まず、貴方自身が満足する生き方を見つけてください。それで、「音楽を習って楽しかったから、娘にも体験させてあげたいな・・・」と思うんだったら、娘さんにも習わせていいのではないでしょうか。 トピ主さんは自分の現状に対する不満を娘を通じて解消しようとしているような気がします。 それでは娘さんはもたないような気がします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の場合は・・・

    しおりをつける
    blank
    ニック
    ドイツ在住の音楽家です。お子さんに音楽を習わせたいということですが、とても素晴らしいことだと私は思います。私の両親は音楽、とくにクラシックには全然興味がなかったので、演奏会に行くこともないし、家でいつも音楽が流れているわけでもないし、幼児期に専門的な教育も受けたこともありませんでした。 幼稚園での音楽教室(リトミック)には遊びで通っていましたが。中学生くらいから、何故か音楽に興味が湧いて自然と音楽の道に進みたいと思い初め、そのまま現在に至ります。幼児期に音楽と関係のない生活をしていても、私のような者もいますよ!しかし、バイオリンやピアノの場合は遅くから初めても音楽家として成功することは難しいかもしれませんが。まずはお子さんに音楽が楽しいものだということを教えてあげてみてください。そしてたくさんいい音楽を聴かせてあげてください。 あまり英才教育とはりきるよりも、柔軟性を持って音楽もやるし、外でも遊びまわるし、お絵かきもする・・・といろんなことをお子さんと楽しんでみるのがいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供に夢を託しました

    しおりをつける
    blank
    知実
    春から娘は女子大学の附属小学校に通います。 ピアノは4歳、バレエは5歳から習わせています。 公立中学→娘の通う附属高校へ進学した私は、小学校から私立へ通っている人が羨ましくてしょうがなかったんです。だから、娘が生まれたらお受験させるって決めていました。子供は娘一人です。 お稽古事を続けるかどうかは本人次第ですが、私は自分ができなかったこと。良い環境で子供を育てるという夢を実現させて満足です(私の通った中学が荒れていたため)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供ってね~

    しおりをつける
    blank
    小学生のママ
    生まれた時から、ママがピアノや音楽を聴かせていることは重要かと思います。2歳くらいで興味を持っていたら、音楽教室に行って歌ったり踊ったり音楽を楽しませて、耳を育てたらいいかな。そしたら自分からピアノを習いたい!と幼稚園くらいで言い出すでしょう。手の骨がしっかりしてひらがなも読めて、そこからピアノのレッスンをはじめても決して遅くはありません。むしろその方がのびます。 ただ…音楽好きも、持って生まれたものがありますよね~。こううまくいくとも限らない。 私はそのように育てて(運良く?)娘のピアノは今かなり上達してきているけれど…。娘を見ていると、この子の可能性は、音楽だけではないのね、と思います。子供って、たくさんのいろんな分野の可能性をいっぱい持って生まれてきます。たから、音楽に関しては、私のやれることはやった。これからは自分でやりたいことを決めていーよ、と思っています。 きっと、ぽんきちさんも、たくさんの可能性に満ちたお子さんを目の前にしたら、そう思えるようになりますよ。 でももしも!ピアノを一生懸命やりたいと思った時のために!環境を整えてあげるのは親ですよね~☆

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ぽんきち
    とむさんの現状に満足していない この言葉胸に刺さりました。 正直現状に満足していません。 確かに私に才能があったなんておこがましいことは言えませんし 吹奏楽で少々先生に目をかけてもらっていたぐらいなのは 好きだから練習が苦にならなかったからであり それだけ真面目にやっていただけのことなので 才能でもなんでもないのです。 それでもピアノや声楽などコンサートなどに行くと 上手い人であればあるほど 涙が出るほど素晴らしく感動する反面 ものすごい嫉妬心で苦しくなります。 あの時習えていればもしかしたら今の私とは違ったかもしれない。 いつもいつも夢に出るほど好きだからこそ悔しくて 今の自分を受け入れることが出来ない。 何も出来ない凡人な自分を子供の頃のせいにして 逃げているそういうおろかな人間です。 自分の心をどうにかしないといけないのかもしれません。 子供にだけは何かを誇れる子になって欲しい できればそれが私の好きな音楽であったなら 日々そう思い、でも子供の将来を親が勝手に決めてはいけないと そう思う気持ちもあり、妊娠中なのに不安と情けなさでどうにかなりそうです

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「きっかけ」以上を求めないで・・・。

    しおりをつける
    blank
    ショコラ
    現在23の私は、小さい頃からいろんなお稽古事をしてきました。 ピアノ・バレエ・水泳・習字・英語など。母が子供の頃、お稽古事をしたくても経済的に出来なかったらしく、私には色々させたいと思ったようです。幸い私に向いていたらしく、今もピアノを弾くことは好きです。将来の職業として父と同じ医師を選んだこともそうですが、親が子供に何かに対して触れさせるのは、あくまできっかけにしか過ぎませんでした。 向き不向きは、好き嫌いはその子ども自身の問題ですから。たくさんの機会を与えてあげるのはいいけれど、けっして「親の希望」を一番に考えるような事はしないで下さい。その子が自分から楽しんでいるようであれば続ければいいし、嫌がっているなら諦める。一番大事なものは、そんなものではないでしょう? ありのままのその子を愛してあげてくださいね。あなたが子供だった時に感じていたことを思い出して・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    親子で楽しめるといいですね

    しおりをつける
    blank
    natu
    ピアノでも、他の楽器でも、演奏ができると他の楽器と一緒にできたりするのも楽しいですよね。吹奏楽をなさっていたトピ主さんならよくご存知だと思います。 お子さんができたら、親子で演奏することを楽しみに、お二人とも習い事をなさってはいかがですか?一度やってみてやめることは何の問題もないし、お子さんが音楽が大好き、音楽の道に進みたいと言えばその希望を手伝えるし、もしかしたら全然違う道を希望するかもしれませんが、趣味でやるのはいいですよね。 ピアノを習っていても、美大に進学する子だっていますから、大学までは今考えず、一緒に楽しめるといいな、と言う気持ちではじめられればいいのではないでしょうか。 夢をもつことはいいですが、将来の進路はやはりご本人が納得して決めることですから…でも趣味をもつ手助け、きっかけづくりはお子さんにとってもいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なぜあなたが努力しないの?

    しおりをつける
    blank
    元音大生
    今ピアノを習っているんですよね。それならまずあなたが実力をつけるのが先ではないでしょうか。 なぜ努力をしようとしないのですか? その嫉妬のパワーを練習に変えて、一歩でもプロの演奏に近づくよう基礎から頑張ってみて下さい。 あとソルフェージュ、音楽史なども同時に勉強するといいでしょう。勉強方法についてはピアノの先生に相談するといですよ。 精一杯頑張るあなたの姿を見て、お子さんはきっと何かを学ぶでしょう。 子どもは親のずるさも一生懸命さもすべてお見通しです。子どもに期待するのならまず自分、ですよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    夢は持っても託すとなると

    しおりをつける
    blank
    夢子
    子供に自分の夢をよくある話しです。 まだ産まれてないし、「どんな才能があるのか」を考えるのも妊娠中や、小さい子供をもつ親の楽しみの1つでもあると思います。 でも、産まれて10年もすれば嫌でも現実を見てしまいます。実感。 小さい時から音楽が近くにあって楽器もあれば音楽に親しんでくれると思う。 上手じゃなくても本人が楽しくしてれば続けさせてやってほしい。比べないでほしい。 音大・・・遠い将来ですが、音大出て仕事についても自立できるだけの収入を得ることができるか? 「かけてもらった時間お金は回収できない。回収率の悪いのが音大出。趣味には贅沢な物だし。」と・・・ 音大に行かせたいと本気で考えて英才教育させたいお母さんは、今もう胎教から初めていますよ。歌を歌ってあげたりピアノを弾いたり音楽を聴きに行ったりしてますよ。 「平凡でなく何か誇れる物を」これも、誇れる物が出来なくても働いて収入を得て生きて行ける様に育てないといけません。 誇れる物が無く平々凡々でもいいじゃないですか。 お母さんが音楽、楽しんでみて。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わたしも音楽の道を進みたかった

    しおりをつける
    blank
    ととまめ
    おとなになってからバイオリンを始めました。 いわゆるプロの演奏家の方たちは、ほとんどが幼児期から、なんらかの形でレッスンを始めているようです。 それはもちろん親の意向でしょう。音楽をやるのがあたりまえ、家族が楽器を弾くのは普通のこと、という家庭で育っている方が多いです。 トピ主さんも、そういう「環境」を準備してあげればよいのではないでしょうか。 けっして無理強いはしないけれど、おかあさんが楽しんでいる姿(練習しているところもね)を見せる、これに勝る教育はないでしょう。 あと、音楽を本格的に習わせようとすると、かなりお金がかかります。いまのうちから資金計画を立てておきましょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分は自分、子供は子供

    しおりをつける
    blank
    ハナ
    あなたの子供であっても、あなたの子供の人生はあなたのものではありません。 夢を託すなとは言いませんが、過度な期待や希望を子供にかけないで欲しいと思います。 音楽の溢れている家庭環境で育てば自然と子供も音楽に興味を持つでしょう。 そして親子で音楽を楽しめる家庭になるといですね。 自分の果たせなかった夢は子供の託すのではなく、自分でかなえる努力をしてください。それは年齢や環境に関係ないことですよ。自分の夢を追いかけられるのは自分だけです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    おなじです~

    しおりをつける
    blank
    ちぇりすと
    私もトピ主さんと同じ境遇です。親に習わせてもらえなくて、大人になってからチェロを買い、習い始めました。もう10年ほどやっています。 社会人になって始めたにしては上出来・・・なんじゃないかと、自分では思っていますが、でも小さい頃からやっていた人には絶対にかないません。夫も同じような境遇であったため、娘が生まれると自然と幼児からの音楽教育(バイオリン)へと進みました。私の母なぞは「親のエゴ」と言ってましたが・・・でも、やらせてよかったです!  トピ主さんも、是非是非やらせてみて下さいよ!  子供と一緒に音楽やるのって、本当に本当に楽しいですよ。子供って、練習すればするほどすくすく育ちますし、それに子供ならではの(プロとは違う)豊かな音楽性に触れられるのも大いなる喜びです。うちの娘だけではなくて、同じ先生についているほかの子の演奏を聴くのも面白いです。みんなの成長を見るのが楽しいです。楽器の演奏にこんな素敵な要素もあったなんて、知りませんでした。  将来音大?かどうかはわかりませんが・・・音楽の深さ、豊かさ、そして難しさを知る事は、子供の人生にとっては絶対にプラスになると思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    託せたらいいですが

    しおりをつける
    blank
    さや
    親の思いを無理強いすることがなければいいと思います。 でも、子どもって親の思うようにいくのは小学生の頃までです。無理強いすると、大きくなって竹箆返しがきます。 私もそれなりに子供の将来を考えていました。進路を決めるにあたり、子供と何度衝突したか わかりません。今思うことは、子供も一人の人間であるという事、心を持ち合わせた人です。小さくても同じです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    思いつめないで。

    しおりをつける
    blank
    ロコ
    赤ちゃんはお母さんのおなかの中からいろんな音を聞いているんですって。ご存知でしょうが。 穏やかな気持ちで音楽を楽しんでいたら、きっと音楽に親しみを持ってくれるお子さんになりますよ。 生まれてきたら、親のエゴだとか、思いつめている気持ちなんて吹っ飛んじゃいますよ。きっと。 ですから今はお子さんの誕生を楽しみにお待ちになっていて大丈夫。 もうすぐですね。 案ずるより産むが易し。ですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ぽんきち
    皆様レスありがとうございます。 音大を出てそれこそ一流にならなければ 収入源にはならないことは存じております。 普通に暮らし、趣味で音楽をやっていてくれていても それでいいのかもしれません。 それは子供が大きくなって 当然才能のあるなしはおのずと私にもわかるでしょうし 子供にもわかると思います。 そのときに話し合いながら軌道修正していけばいいかなと思っていました。 なので何度も言いますが、無理強いはするつもりありませんし 本人がやる気になって音楽を楽しめるようになり いづれ理由が出来やめたいというのなら仕方がないと思っています。 けれども私の望みはあくまでも音大なのです。 本人にやる気があるのならどんな努力も私は惜しまないです お金もかかるでしょうし 胎教にも毎日音楽を聴き、自分でも弾いています。 私もピアノを楽しんでいますが あくまでもレッスンではなく、遊びの延長上としての教室です。 本格的にこの歳で私が始めようと思えば 私にもお金がかかるでしょうし それなら子供にお金をかけた方がいいですよね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    横ですが・・・

    しおりをつける
    blank
    器用貧乏
    大勢の方が良い意見を述べられていますが、 ぽんきちさんの求める方向性とはズレている ような気がします。 ぽんきちさんは最初から英才教育を望んで おられて、「何歳から始めるのがベストか」を 尋ねておられるわけですよね? それに対して、レスの大半は「強制は良くない」 「親子で楽しもう」というものです。これでは ぽんきちさんの問題(質問)は解決しないのでは ないでしょうか? 英才教育を受けさせて、 あわよくばプロに・・・なんて考えておられる わけでしょう? 誤解のないように言っておくと、私はもちろん 皆さんの意見に賛成です。子供の多様な ポテンシャルを、むざむざ殺してしまう可能性 (リスク)のある「音楽の英才教育」なるものには 断固反対ですよ。よほどの天賦の才と、精神的 強靭さを持った子供でない限り、厳しい修練と 激烈な競争を生き残るのは至難ですからね。 でも、これらのリスクをすべて承知した上で、 それでも「親の夢」を子に背負わせようという のですから、情報だけでも提供してあげては どうでしょう? どなたか事情通の方、いかがですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供の人生って

    しおりをつける
    blank
    のぶ
    私はハナさんと同じ考えです。 自分は自分、子供は子供です。 子供に夢を託すという考えをちょっと切り離して考えてみませんか? 子供は無限の可能性を秘めています。 ちょっとしたきっかけで、才能が開花するか、それともしないかなのです。 トピ主さんが音楽が好きなら、毎日大好きな音楽をお腹の赤ちゃんと一緒に聴くのもいいですね。 そして、生まれたらトピ主さんが赤ちゃんに語りかけるように歌ってみてください。 時々、楽器に触れさせることもいいですよ。 そうした生活の中から子供の興味が広がって行くのです。 それが、音楽であろうとなかろうと、親は子供の一番の応援者であって欲しいと願ってます。 ぽんきちさんは「自分の夢を託したい」でもその前に良く考えていらっしゃるようですから私は安心してます。 自分は自分の人生、子供は子供の人生ですよ。 時々この言葉を口に出して言ってみてください。 この言葉、私は好きだけどなー。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    夢を託された姉のこと

    しおりをつける
    blank
    たんま
    もう40半ばの姉ですが5歳下の私の物心ついた頃には母が横に付きっ切りで”泣きながら”ピアノのレッスンをしていた記憶があります。そして姉が中学の頃には”30年前で”ワンレッスン1万円の著名な先生の所に通わされていました。小2の私も一緒にレッスンを見ていましたが、男の先生の怒声と涙を流しながらレッスンする姉に”恐怖”と母親への”怒り”を覚えました。 私は3ヶ月でピアノを自ら辞めて勉強(塾)にお金を賭けてもらいソコソコの大学を卒業しました。姉は音大に進学を希望した母を断り高校で私学に進学しましたが、ピアノ主体の生活が響きパットしない大学に進学しました。ですが根性で好きな語学の道に進み今も翻訳の仕事をしています。 ちなみに今姉は自分の子供たちに自分の夢を託して子供たちへの教育に全力投球しています。 自分が勉強出来なかったコンプレックスから学力は絶対付けてやりたいそうです。トピ主様の逆ですね。 子供の興味、才能を見つけるのが親の務めだと思いませんか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    音楽は素晴らしいです、が…

    しおりをつける
    blank
    イチピアノ弾き
    変な話、宗教を押し付ける、などは問題を感じますが 「本の素晴らしさを子供に教えたい」「音楽を子供に 身に付けさせたい」などは、良い方針だと思います。 個人的トラウマから音楽を断念したというのは、周囲 でも良く聞く話ではありますが、そうであっても 音楽が古来から人間の友達であり、素晴らしいもので あるのは万人の認める事ですよね。 私にも子供が三人おりますが、私のそういう方針で ピアノを習わせています。 諸事情により、現在は私が教えていますが…おいおい きちんとした先生に付けるつもりです。 今は長女に教えていますが、始める時に、一つ約束を しました、それは「成人するまで、習い続ける事」。 押し付けかもしれないとも思いましたが、途中でやめ なくて良いように、ゆったりやらせるつもりです。 そして、私が娘に約束した事は「ママはピアノが大好き だから、あなたにも大好きになって欲しい。そのため には、あなたが嫌いにならないように、一緒に楽しく やろう。どうしても嫌ならやめても良いけど、 楽しくてやりたい気持ちになれるように、ママが 考えるからね。」と約束しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    音楽は素晴らしいです、が…2

    しおりをつける
    blank
    イチピアノ弾き
    現在週に三回教えておりますが、近頃は下の息子も ソルフェージュをやりたがり、つまらないとしか 思えない楽譜の書き取りを喜んでやっています。 息子はチェロをやりたいそうですが、ピアノもやらせろ とせっつかれています。 娘の目標は、大好きなどらえもんの曲を弾けるように なりたい事だそうで、そのためにと面倒な基礎練習も 毎日一人でせっせとやっています。 それと、私の言う「ピアノは歌ってくれるんだよ」と 言う言葉を早く理解したいそうです。 本人はピアノに口が生えて来るのだろうかと思って いるみたいですが(笑) ご参考までに、うちはこんな具合です。 又ご参考までに私の場合ですが、私が親に感謝 している事は、子供の頃に、オペラやミュージカル、 コンサートやバレエと、沢山の芸術に触れさせて もらった事、それと、コンクールや合奏、級の取得など プレッシャーにならない程度にやらせてもらい、変化 あるピアノ生活を送れた事でしょうか。 私の個性を重視してくださる先生を納得行くまで 探してもらった事も、続けられた原因だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    音楽は素晴らしいです、が…3

    しおりをつける
    blank
    イチピアノ弾き
    ところで、何故「音大」なのでしょうか? それと、「才能」って何でしょうか? 音楽をやる事と「音大」は関係が無いと思います。 又、商業ベースでの「才能」しか、 「才能」は存在しないのでしょうか? そのあたり、学歴コンプレックスから 有名大学に行かせたい感覚となんら変わりが無い様に思います。 音楽で大成させたいとしても、小学校位までは、 音楽を楽しくやらせる事が大事では無いでしょうか。 初めからお母さんがぎらついていては、 決して好きになってはくれないと思いますよ。 自分から好きになった子は、 後は放っておいても勝手に続けてくれますし、 その延長上に音大もあるかもしれません。 まずは楽しく教えてくれる先生を探す事だと思います。 音大に入るのであれば、特殊な訓練も必要になってくるでしょうが、 それはある程度大きくなってからでも間に合うと思います。 芸術に沢山触れさせてあげるとか、 グランドピアノを用意してあげるとか、 周りから固めてあげるのは構わないと思いますが、 あくまでお子さんに対しては ゆったり楽しく、が大事だと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自制できれば大丈夫でしょう

    しおりをつける
    blank
    たんま
    ピアノ漬けで苦労した姉の話を書きましたが、実際には姪はピアノ習っていて大好きだそうです。(受験でセーブしてますが) 姉自身はもうピアノを弾きませんが、発表会で親子で連弾した事も昔はあったそうですよ。 あくまでも趣味の一つとして楽しめれば、、というスタンスで習わせているので、決して姪っ子が音楽の道に進むとは思えませんが、こんなスタンスでは如何ですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    聞いた話ですが

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    音楽の先生に 「この子は才能があるでしょうか?」と聞くお母さんに、先生が答えた一言。 「あなたくらいはあるでしょう」

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    自分にもお金をかけて

    しおりをつける
    blank
    只今育児中
    トピ主さんのレスを拝見して、ひとつどうしても 気になったので…。 >私もピアノを楽しんでいますが >あくまでもレッスンではなく、遊びの延長上としての教室です。 >本格的にこの歳で私が始めようと思えば >私にもお金がかかるでしょうし >それなら子供にお金をかけた方がいいですよね どの程度のレッスンを本格的と考えておられるのかわかりませんが、自分はガマンしたのよ、ってなりません? また、「お母さんは遊び程度のレッスンなのに、 なんで私も遊び程度のレッスンじゃダメなの?」 と言うようになるかもしれませんよ。 したいならまず自分が納得のいくレッスンをされてみるべきだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    なんだかんだ書いているけど

    しおりをつける
    blank
    将来が怖い
    全部へ理屈です。 子供は親の道具ではありません。 本人がやりたい事を見つけて、 その実現のためにサポートするのが親の愛情じゃないですか? 親の夢のために、バレエやピアノをやらされて泣いていた子、 大きくなって「なんであんな事に時間を費やしたのか。 もっと別のことがしたかった。でもお母さんに言えなかった」と言っていた子、 たくさん見ています。 またそういう子供ほど、自分が本当にやりたい事が見つけられません。 バレエやピアノじゃなくてもいいから、 親が今やりたいことを実現できるよう努力したらどうですか? 夢が実現できるってことはすばらしいんだ!と親が教えてくれる・・・。 子供は親を尊敬し、親を目標にします。 子供が生き甲斐になっている母親ほど、 子供にとってプレッシャーになるものはありません。 自分は何もせず「頑張りなさい!」と子供にムチ打っても、 子供は不満ばかり募るものです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの・・・

    しおりをつける
    blank
    ワルガキの母
    習っていらっしゃるピアノの先生にお尋ねになってみてはいかがでしょうか? もしお子さんが生まれたら通わせたいお教室などはあるのでしょうか? まずそういう所や信頼できる先生を探してご相談なさってみては? ここで情報をもらうのもいいと思いますが、実際習う先生の指導方針などもあるでしょうから。 私も子どもに夢を託しています。 ウチは男の子2人ですが、私自身厳しい両親の元で「女性らしくあれ」と育てられました。 子どもには自由に生きて欲しい。自分の意思で、自分の足で。 きっとどの親も少なからずそういう部分があると思います。 たとえ成功しなくても、愛しい我が子と共通の楽しい時間を過ごせる事が一番重要なのだと思います。 トピ主さんならきっとお嬢さんの気持ちを大切にできると思います。 その想いはきっとお嬢様に伝わりますよ。 どうかお幸せに。暖かい家庭を築いてください^^

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  35
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]