詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    外国人夫が保険に入ってくれない

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    じゅん
    話題
    数ヶ月前にオーストラリア人英会話講師の夫と結婚しました。夫は正社員で社会保険に入っていると聞いていたのですが、結婚していろいろな手続きをする中で夫が正社員ではなく、契約社員であること。社会保険どころか、国民保険にも入っておらず、会社の手配する旅行保険?のようなものに入っているだけだということがわかりました。今更あれこれ慌てても仕方が無いので、とりあえず今できるベストなことをしようと思います。

    国民保険+年金は外国人であっても1年以上滞在する場合は加入する義務があるということで、早速手続きに行こうと思います。(夫はしぶしぶです・・)夫ももう40過ぎですし、プラスアルファの医療保険、入院保険はせめて入りたいと思っています。

    ただ主人がなかなか納得してくれません。国民保険も払うのが嫌だと言っています。私は先のことばかり考えすぎている。国民保険を高いお金を出して毎月払ったとしても、100%の保証ではないではないか。だったら100%保証してくれる今の旅行保険でいいのではないか?保険にお金を使うなら貯金のほうがずっといい・・と、こうです。

    保険の約款を調べたり、国民保険に関することを調べて話し合いをするのですが、私が説明を旨くできなかったり、説明する私のほうがよくわからないことも多くていつもげっそりします。
    国際結婚された方はもちろん、日本人同士でご結婚された方でで同じような経験された方いらっしゃいますか?皆さんは外国人(日本人)の旦那様の保険はどうされているのでしょうか?どのように旦那様の理解を得られましたか?

    ちなみに私は社会保険+個人で医療保険+個人年金に入っています。夫は私の扶養にはできません。

    トピ内ID:4327116063

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    国保

    しおりをつける
    🐱
    猫耳
    旦那様には個人で国保+年金に入ってもらいましょう。

    旦那様に“保険に入れば日本では歯医者もカバーしてもらえる”
    オーストラリアなら1度の診察で200~300ドルでも保険を使えば低額。
    確か、日本で年金を払っていてもオーストラリアでも受給出来ると思うので
    もし将来オーストラリアに戻るから払いたくないと言われたら
    上記の事を伝えればいいかな?と思います。
    オーストラリアは自動的にバイトでも給料から年金が天引きされるけど、
    日本は違うからね。
    上手く説得してみて下さい。

    トピ内ID:3527664045

    閉じる× 閉じる×

    国籍

    しおりをつける
    blank
    ご主人の国籍は日本になったんですか?それなら保険加入は国民の義務です。今入らなくて、この先はいっても保険料は遡って徴収されます。
    外国籍のままなら、保険加入の方が良いと思いますが、国民保険には多額の日本の税金がつかわれていますので、入りたくないという人には入って貰わなくて結構です。
    そのかわり、病院代を踏み倒すような事は絶対にしないでください。医療費全額負担で高額医療費補助もなしですから、病気や怪我に気を付けるようにしてくださいね

    トピ内ID:6328465615

    閉じる× 閉じる×

    気持ちだけ焦ってない?

    しおりをつける
    せんフーキ
    保険に関しては、お国柄と言うか、日本人ほど保険の好きな国民もいないと聞きましたから、気持ち的に入りたくないというのは、何だか分かる気がします。旅行保険は、日本人が駐在で他の国に住む時、契約するものと一緒ですよね。本人(ご主人)だけならそれでも良いような気がしますよ。たぶん歯の保険はないでしょうが。
    ただ、今後万が一、障害者になった時などにも、国民健康保険はお金が出るはずです。旅行者保険はそういう訳に行かないでしょう。
    あとは子供ができた時など、家族として保険が必要になった時は、やはりどうするか困りますね。あなたの扶養で大丈夫なのかな?基本の保険以外には、新婚の二人なら県民共済程度で十分じゃない?。保険は家族構成や状況が変わった時に、その都度見直すものですから、身軽な方がいいと思います。

    私の夫も外国人ですが、子供ができて家を買って、ようやくいろいろ落ち着いて決められるようになった所です。ご主人もまだ恋人の延長くらいの気持ちしかないと思うので、あまり保険だ、お金だ!とまくしたてないように。逆効果ですよ。楽観主義的な所も、ご主人の良い所でしょうから、ほどほどに。

    トピ内ID:9105802105

    閉じる× 閉じる×

    貯金と保険

    しおりをつける
    blank
    ポメちゃん
    貯金は少しづつしか出来ないし、
    使ったら、また貯めないといけませんし、
    医療費以外の目的で使うこともあります。
    「貯金する方がいい」って、すでに十分な貯金あるならいいのですが、
    これから貯めるでは、病気は金貯まるまで、待ってくれません。
    このセリフは、十分、貯金貯まってから言って下さい。
    貯金も保険もないと、
    1身内に負担かける
    2借金する
    3治療をあきらめる
    ってことですから、それなら保険料払う方がマシです。
    今、貯金はこれから、貯金あっても崩すのが不安な段階なら、保険は必要です。

    トピ内ID:0389395029

    閉じる× 閉じる×

    医療保険

    しおりをつける
    blank
    ポメちゃん
    医療費で本当に困るのは、入院ではありません。
    入院なら、限度額認定証を掲示すれば、最初から負担を軽減できるものがありますから、保険適用、大部屋なら、
    入院しなくては出ない医療保険はいらないという考えもあります。
    問題は、通院では、限度額認定が出来ないから、
    高額療養が戻るまで3ヶ月くらいかかることです。
    抗がん剤は、通院ですることが多くなってますが、
    月10万、毎月やれば、30万をとりあえず捻出してから、
    高額療養が戻るのです。

    私は、胃癌で術前抗がん剤を3クールしてから、入院、手術でしたから、
    癌=すぐ入院とは限らず、入院するまでにかかる費用もバカに出来ません。
    抗がん剤は、新薬で、保険適用3割負担でも、月24万っていうケースあるみたいです。国保や社保に加入してなければ、おそろしい金額ですね。
    でも、入院してない、この時点で、唯一、もらえる可能性のあるのは、
    ガン保険の診断給付金で、入院しなくても、出るというものです。
    入院しないと診断給付が出ないものがあります。
    あと大黒柱ですと、それなりの死亡保障がいると思います。

    トピ内ID:0389395029

    閉じる× 閉じる×

    ご本人次第だと思います

    しおりをつける
    blank
    かえる
    私の夫も英語学校の講師をしていたことがあり、同じような旅行保険に入っていました。病院に行った際は自費で払い、あとで全額保険から戻ってくるという、あれですよね。
    夫はわずかな期間ですが国民保険に入っていたことがあります。それは、夫の先天性の病気が旅行保険ではカバーされないということが判明したからです。すぐにも手術が必要だったので、自費の場合だと手術代はいくらになるのか病院に聞いたところ500万円という返事だったので、あわてて国民保険に入りました。日本は本当にいい国だと思いましたよ!
    加入して1カ月もしないうちに、緊急手術となりました。国民保険とその高額医療制度を利用して、手術代金そのものは10万円以上払うことはなかったです。今は退職して私の扶養として社会保険(健康保険・年金)に加入しています。私も夫も、個人年金や個人医療保険には入っていません。不要だと思うからです。
    もし、ご主人に持病がないのであれば、あったとしても旅行保険でカバーできるのであれば、国民健康保険はいらないかもしれません。

    トピ内ID:0245183449

    閉じる× 閉じる×

    オーストラリアでは医療費無料ですか?

    しおりをつける
    blank
    さーりー
    オーストラリアの医療制度の知識がないのですみません。
    私の夫はイギリス人なのですが、イギリスでは医療費が無料なのでいざとなったらイギリスに戻るから大丈夫と言って保険には入っていませんでした(以前、結婚前に一年間だけ日本に住んでいました)。
    もしオーストラリアでも同じならば保険なしでも破産するようなことはないのかも。いつでも帰国できる飛行機代だけ貯めておけば大丈夫なんじゃないでしょうか。でも妻としては不安はありますよね。

    日本に住む英会話講師の外国人と結婚すると大変のようですね。将来のことを考えると、トピさん本人のお仕事はずっと続けておくべきかもしれませんね。最低でも自分の分はカバーされていますから。

    私の友達(同じく夫がイギリス人)は、結婚10年目(お子さんが9歳)の誕生日に何が欲しいか聞かれ、「あなたの生命保険が欲しい」と言ってやっとかけてくれたと言っていました。

    トピ内ID:8772303397

    閉じる× 閉じる×

    夫婦間での話合い

    しおりをつける
    🐱
    梅子
    配偶者が同じくオーストラリア人です。外国人が日本に滞在する場合の保険問題、本当に頭を抱えますよね。

    旅行保険のような物で十分カバーされているのなら問題はないと思いますが、仮にも日本人を配偶者とし日本に住むのだから、国民ではないですが義務として入っておくべきではないでしょうか。
    海外旅行の保険も毎月お金を払ってらっしゃるのですよね?なら、どのみち一緒だと思います。

    他の方も書いていた通り、国民健保は万が一入院が高額になっても高額療養費でほぼカバーされますし、歯医者もカバーされます。

    国民年金に関しても、将来オーストラリアへ移住することになっても外国人なら何割かは積み立てた分が返ってきますしね。

    どういう選択をされても旦那さまのご決断なのでとやかくは言えません。ただご結婚されて家庭を持った今、旦那さまの態度は少し身勝手のような気がします。独身の英会話講師の様なお気楽な生活じゃないんですから・・
    夫婦間での話合い、がんばってくださいね。

    トピ内ID:0096891678

    閉じる× 閉じる×

    加入できますよ。

    しおりをつける
    blank
    すすき
    私は外国人の駐在保険(家族もカバー)の他に
    自分で結婚前から入っていた都民共済(県民共済も。道府も)に私と夫を入れました。
    夫のサインなど入りませんでした。
    お互いの死亡時の受取人はお互いです。子供がいるので・・。

    共済、調べてみてください。

    でも確かに普段の病気(風邪やけが)は国民健康保険がいいですよね・・
    役所でトピ主さんを世帯主にして入れますよ。
    聞いてみては?

    トピ内ID:3134469939

    閉じる× 閉じる×

    横ですが、亀さん

    しおりをつける
    blank
    Alma
    国民健康保険に国籍は関係ありませんよ。
    トピ主さんも書いてらっしゃいますが、外国籍でも日本に1年以上滞在する場合には加入の義務があります。

    トピ内ID:7761380321

    閉じる× 閉じる×

    保険は必要です。No.1

    しおりをつける
    blank
    ガーフィールド
    私も日本の国民保険、素晴らしいと思います。
    海外のようにファミリードクターに行かずに、耳鼻科、眼科、歯科、泌尿器科等々、専門家に直接行けるというシステムも素晴らしいと海外に来てからつくづく感じます。
    カナダも医療費ゼロですが、救急病院の4,5時間待ちは当たり前、スペシャリストに会うためにファミリードクターにアポを取ってもらっても、2,3ヶ月待ちは当たり前、日本はなんて便利なんだと思います。
    国民年金はオーストラリアに帰国される際、一時金として受け取る事ができますし、日本とオーストラリアが年金協定を結んでいれば、将来年金として受け取ることもできますよ。
    ただ民間の生命保険は(20年近く前の話で申し訳ありません。元保険会社勤務)高額の場合、日本に帰化された方しか加入出来ませんでした。もしかしたら今は変ったのかもしれません。死亡保障の少ないもの、医療保険等は大丈夫だと思いますが…。
    じゅんさんはこれからもお仕事を続けられる予定ですか?

    トピ内ID:4251967916

    閉じる× 閉じる×

    保険は必要です。No.2

    しおりをつける
    blank
    ガーフィールド
    正社員でずっと働かれる予定なら、お子さんが出来たあと、万が一ご主人に何かあっても、
    仕事がある限りじゅんさんとお子さんがいきなり路頭に迷う事はないと思います。
    しかし今後子育てのために専業主婦になられる可能性があるのなら、
    ある程度高額の死亡保障は絶対に必要です。現実的な話で本当に申し訳ありませんが、
    保険会社勤務時代、働き盛りのご主人を亡くされた奥様から
    「保険に入ってくれていて良かった。」という言葉を何度も耳にしたことがあります。
    私は今カナダ在住ですが、晩婚のため子供がまだ小学生です。日本で長い間会社に勤務してましたが、カナダでのキャリアではないのと、子育て中のブランクもあり、なかなか仕事が見つからず、未だパートの仕事をしています。
    主人がカナダに戻ってきて最初にした事は、生命保険に入ることでした。
    ご主人と今後の生活設計を話し合われ、じゅんさんたちにはどんな保険が必要なのか決められたらどうでしょう?
    死亡保障を重視するのか、医療保障に重点をおくのか…。
    年を取れば取るほど、保険料は高くなりますよ。

    トピ内ID:4251967916

    閉じる× 閉じる×

    年金は

    しおりをつける
    blank
    とろんと
    ご主人は日本に永住する御予定ですか?

    もしかしたら、ご主人にしてみるといずれはオーストラリアに戻るつもりで、日本で様々な保険に入るような生活基盤を固める必要は無いと思っているのかもしれませんね。

    また、国民年金は25年の加入期間が無いと受給資格が生まれません。ご主人のライフプランを考え、本当に日本の国民年金に25年払い込みできるのか検討してみるとよいでしょう。日本国籍が無い場合、いったん日本を離れると国民年金への払い込みはもうできません。日本を離れるときに国民年金制度から脱退すれば払い込んだお金が少し戻ってくることになっていますが、戻ってくるお金は払い込んだお金のごくごく一部のみです。なので、下手をすると払い捨てになりかねません。

    おそらく、将来どこで暮らしていくのか、お二人のライフプランについて話し合うのが第一歩ではないでしょうか。

    確かに日本人は保険商品色々買いすぎる傾向があります。でも、日本に永住予定なのに旅行保険のみだと、いずれ旅行保険がカバーしてくれない病気・医療措置(慢性症等)が出てきた際は問題になるでしょう。

    トピ内ID:0955674539

    閉じる× 閉じる×

    もう40歳過ぎなら…

    しおりをつける
    🎂
    マイペース
    ご主人、病気になったら、オーストラリアに帰国すればいいのかもしれませんね。交通事故などの不慮の事故で手術が緊急に必要だというような事態でないのなら…。帰国しても、オーストラリアには猶予期間というのがないですか?3ヶ月は個人で民間の健康保険に入らなければならないというような…。カナダはそうだと思いますが…。ご加入の旅行保険の事は、よくわからないので、国民健康保険と私は比較できませんが…。

    何年日本におられるのかわかりませんが、日本でもオーストラリアでも公的年金に入ってない、もちろん企業年金もないとなると、個人で貯金されて、投資がうまいというのでない限り、老齢になったときに困りますよね。私自身は民間金融機関の個人年金よりも、どちらかと言えば、公的年金のほうが、安心だと思いますが…。去年の金融危機を見ていても、企業は倒産しますけれど、国は税金投入して倒産することはないですから…。障害をおったときに年金としてもらえるのは国民年金保険で、国民健康保険ではありません。それでも、何年年金を納めているのかという条件付きだったと思いますが…。国民年金はオーストラリアに帰国しても、もらえますよ。

    トピ内ID:0844748787

    閉じる× 閉じる×

    基本が違うのでは?

    しおりをつける
    blank
    rty
    保険の概念が全く違うのでしょう。

    日本の保険には積み立てに近く、満期になると返ってきたりするものもありますが、多くの他の国々の保険は掛け捨てです。

    国民年金は払わなくても一応はもらえますし、個人加入の年金は政権が変わると内容や掛け金がコロコロ変わり、将来貰える保証は無いと思っている人の方が多いかもしれません。国民保険は「払わなくても公立の病院ならタダ」で育ったんじゃありませんか?オーストラリアのすぐ近くの似たような国はそうです。

    そもそも貯金もしくは将来に備えての積み立てという概念すらもっていない人の方が多いので、日本人の感覚からすると信じられないほどに行き当たりばったりな「保障」体制だったりします。

    こうした基本概念の違いがある以上、日本人の感覚でいくら押したところで、ご主人があなたと同じような保険・年金無しの危機感を持つことにはならないでしょう。

    ここは一つ、医療・年金・社会保障が日本で生活する上でどのように本人に必要になってくるのかを説明し、無くても本当に大丈夫なのかを考えさせ、さらにシステムの説明を加えた上で各種保険・年金への加入を促すのがよろしいのでは?

    トピ内ID:4341817667

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    じゅん
    沢山のご意見、本当にありがとうございます。せんフーキさんの「あまり保険だ、お金だ!とまくしたてないように。逆効果ですよ。」後頭部、ハンマーでがつんとやられた感じです・・・確かに私がすこしナーバスになって保険、年金、将来設計云々にこだわりすぎていました。反省です。

    国保は市役所で相談してみます。やはり精神的にも安心ですし、実際ご病気になられた皆さんの体験談から学ぶことができました。何名かの方がアドバイスしてくださった共済についても調べてみます。

    さーりーさんのご友人のお話、結婚記念日のプレゼントに保険なんて粋ですね。一人で悶々としてましたので、そういうクリエイティブなアイディアは全く浮かんで来ませんでいた。お恥ずかしいことですが、私もオーストラリアの制度のことを実際よくわかっていませんでしたし、情報収集足りてませんね。それで心配ばかりしても始まりませんよね。もっといろいろな角度から検証してみたいと思います。

    トピ内ID:4327116063

    閉じる× 閉じる×

    外国人男性を型にはめないで下さい。

    しおりをつける
    🐱
    外国人の夫が居て、彼の国に住む者です。

    確かに、こちらも保険に入らない人は多いです。ただ、そういう方はそれはあまり安定性のないお仕事をしていて、未来を考えるまでに至らない生活をしているように見えます。どうにななるだろうで済んだ時代は良いですが、この不景気でそうは行きません。

    日本人女性と結婚されている現地男性の全てではありませんが、観察していると、旦那さんが正業についていない、もしくは低所得で奥さんがその分家計を賄っているお家は多いです。そういう男性は、将来について責任を持つ発言を嫌い、いろいろと屁理屈を言う傾向にあります。ただ、こういう男性が西欧の大部分だと思わないで下さい。

    確かに私の住む国にも社会保障はありますが、そのサービスは最低限なので、将来の事を考えている方は会社のプライベートの医療保障に自ら加入したり、年金をプライベートで掛けています。

    トピ主さんも、いろんなことをご判断するにあたり、自分のご家庭と同じようなケースだけでなく、他の方の意見を聞かれることをお勧めします。旦那さんが引退した時に、トピ主さんが全て老後の生活を見る気なら、今のままでも良い気がしますが。。。

    トピ内ID:8672811721

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]