詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    台湾人の母から聞いた不思議な話

    お気に入り追加
    レス20
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    紹子
    話題
    先日テレビで俳優の筧さんが体験した不思議な話をしていました。
    ・幼い頃、原因不明の体調不良で寝込んだ母。病院へ行ってもさっぱり理由が分からず、ある方に相談してみると「家のどこかに1本の釘が刺さっているはずだ、それを抜けば治る」と言われ、実際にその通りの事が起きたと。


    今日、母との会話がてらに「世の中こんなことがあるんだって」と話したら、超能力も霊も一切信じない母が「あるよ、そういうこと」と言ったので驚きました。
    信じる理由は母の伯父さんがそういう思議な力を持っていたからだそうなんです。


    母が幼い頃(50年ほど前の台湾)、近所に20歳になると死んでしまう息子がいる家があったそうです。
    3人兄弟で病気でもないのに次男も20歳で死にました。
    伯父さんに言わせると、その家のどこかに呪いの言葉を書いた紙が隠されているはずだ、それが原因だと。
    家族が家の中を探しましたが紙はありませんでした。
    しかし3男も20歳になると結局死んでしまったそうです。
    そこで今度は壁から何から全て剥がして探してみると、本当に何かの言葉が書かれた紙が見つかったそうです…。
    その家族を恨んでいる誰かが建築中にその紙を隠したんだろう、とのこと。

    昔のど田舎、近所には病院なんてありません。
    親戚の誰かが魚の大きな骨を喉に詰まらせて苦しむと、すぐさま近所の伯父の所へ行ったそうです。
    伯父さんが紙に何かを書きそれに水をパパッと掛けてから燃やすと、不思議なことに骨はどこかに消えたそうです。

    また、腕に痛みがあるという人がいればその腕を触って何かを確かめ、ある部分でそれを縛るような仕草をすると痛みは消えたそうです。


    (すみません、続きます)

    トピ内ID:1325361583

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 1 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数20

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    家の釘は

    しおりをつける
    blank
    しんや
    人に言われたからといって、抜かない方がいいですよ
    多分法律的にアウトです

    トピ内ID:7797604469

    閉じる× 閉じる×

    そういうことってあるんですね~

    しおりをつける
    blank
    pgr
    世の中には、合理的な説明がどうしてもできない現象ってありますよね。

    そういった事柄は、「へ~え、そんな不思議なことってあるんだ~」って
    聞いている方が、人生楽しい気がします。

    トピ主様、続きを楽しみにしています。

    ところで、ヨコですがしんやさま。
    釘を抜いて法律的にアウトというのはどういう状況のことをいうのか、
    私にご教示いただけると、嬉しいです。
    「どこかに一本の釘が刺さっている」っていうのは、
    私は「本来あるはずのない場所にささっている釘」と解釈しましたけど・・・。

    トピ内ID:1998710010

    閉じる× 閉じる×

    台湾人の母から聞いた不思議な話2

    しおりをつける
    blank
    紹子
    人が死ぬと体から何か抜けるそうです(魂とは違うものらしいんですけど…)。それは元々体にある何かの成分だそうです。
    ゆらゆらと中をを漂うそうで普通はそれを捕まえる事は出来ないんですが、伯父さんは出来るみたいでそれを帯か何かで縛って遊んでいたというのです…!(汗)

    ただ、この伯父さんの能力は生まれ持った超能力とかというのではなく、昔中国から渡ってきた男性が特別に教えてくれたものだというのです。
    ただ、そういう事を勉強し実際に使うと何故か子供に恵まれなくなるそうで、実際に結婚していた伯父さんも死ぬまで子供が出来ませんでした。

    母はその伯父さんを見ていて、そして直接色々話を聞いて、「すごい、私もそうなりたい」と思ったそうです。
    なので伯父さんにその能力を教えてもらおうとしたそうですが、子供を授かれなくなるという理由で父(私のおじいちゃん)から止められたそうです。

    その後伯父さんは亡くなりました。
    残された奥さんは至って健康な人でしたが、伯父さんが亡くなって1週間後に同じように亡くなってしまいました。

    (すみません、続きます)

    トピ内ID:1325361583

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    しんやさん違うって

    しおりをつける
    blank
    尼和子
    明らかに建築に関係ない刺さり方してるんですよ~。

    トピ内ID:9864078685

    閉じる× 閉じる×

    台湾人の母から聞いた不思議な話3

    しおりをつける
    blank
    紹子
    親族の皆は、「あの夫婦はとても仲が良かったので、奥さんも一緒に行ったんだろう…」と言っていたそうです。

    実にここまで摩訶不思議がオンパレードなのですが、あながち嘘でも無いのかなぁ…と思いました。
    伯父さんが母に嘘をついたとも思わないし、母が私に嘘を言う必要も全くないからです。
    それに私も母には一度も言ったことがありませんが、実は小学校低学年の頃までに数度見たり聞いたり他人に話しても信じてくれないような不思議な体験をしたことがあるのです(笑)
    大人になってからは一切そういうのはなくなりましたが。
    だから世の中には「不思議な事」があっても不思議じゃないと思うのです。
    いやぁ~、それにしてもこんな不思議である意味面白い話を何故母はもっと早くに話してくれなかったんだろう、と思いました。

    小町の皆様はこの話、どう思いますか?
    きっと誰も信じて貰えないような気がするほどぶっ飛んでる内容ではありますが(笑)
    少し前にレスが伸びてた怖い話のトピありましたよね?
    あれはすごくゾッとした気持ちでロムってたのですが、あまり怖くない不思議な体験した方いましたらお話聞かせて下さい。

    トピ内ID:1325361583

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    不思議な方おられます。

    しおりをつける
    ともこ
    父は医者で慎重な性格でした。患者さんの方で弘法大師を祈り人々の悩みを解決する方に往診方々聞いたお話です。
    或る東京の数学博士が大阪で学会に行く途中新幹線の中で弘法様の噂を耳にし帰りに立ち寄りました。先生には8歳の息子がおり生まれかつて原因不明、歯が生えず入れ歯と言う大きな悩みがあったのです。
    暫くのお祈りの後、弘法様は大丈夫、家の土台に墓石が紛れ来んでいるのを寺へ納めなさい、と。。藁にでもすがりたい気持ちの先生でしたが半信半疑、しかし興奮気味に家を調べましたが見つからず嗚呼やはりり夢か、と諦めしやふと小さな文字が目に入りました。

    そう其れは見落とすくらい小さな墓石だったのです。
    直ちに其の石は手厚く寺に納められ其の6ヶ月後、首を傾げる名歯医者さん一同を尻目に息子さんに無事歯が生え出し親子揃ってお礼に来られたそうです。
    論理科学的な父でしたが、人格の有る患者さんなので世の中には説明のつかないことがあるんだよと感心してました。
    大好きな父もこの世を去りましたが夢の中では電話があります。笑 パパさん会いたい!!

    トピ内ID:5021928955

    閉じる× 閉じる×

    私も

    しおりをつける
    🐴
    おばあちゃん
    祖母から聞きました。むやみやたらに柱に釘を打つなと 特に立ての柱には駄目だと。。。

    トピ内ID:7256735186

    閉じる× 閉じる×

    ありますよね~

    しおりをつける
    🙂
    ごましおむすじ
    実際私が体験しました。
    と言っても赤ん坊のころですが・・・
    生まれて2ヶ月もしない頃に全然母乳もミルクも飲まずにただ泣くだけとなったそうです。小児科で見てもらってレントゲンを撮ったところなんと喉に魚のホネが刺さっているといわれたそうです。
    しかし、まだ生まれて2ヶ月。母乳しか飲んでいないのにどうやって魚のホネが・・・医師からは「手術をしないと・・・」と言われたそうです。そこで祖母が昔からお世話になっている方に(霊媒師と呼ばれるかたです)相談したところ原因は母が私のオムツを洗った汚水を近くの川に捨てているため水神様が怒っているとのことでした。
    すぐにお神酒をあげて、塩をまいたりしたところ私の喉のホネは消えたそうです。
    こういうこともある。という話です。

    トピ内ID:1523143684

    閉じる× 閉じる×

    名づけ(1)

    しおりをつける
    😑
    haru
    義母のいとこに霊的なものを感じられる方がいます。
    義母は何かとこの方に助言を求めていて嫁としてはいささか困ることもあるのですが…。

    不思議なことがありました

    義兄に子供ができて、義兄夫婦は子供ができなたらこの名前!という名前があったらしく、赤ちゃんがおなかにいてるときからその名前をよんでいたそうです。

    義母が名前は大切だから、生まれる前にその人にこれでよいか聞いてきてあげると言われたそうです。
    その結果その名前は絶対駄目!なぜかと言うと短命になる。と言われたそうで、義母はその名前にすることを反対したそうです。
    ただ、義兄は霊的なものをあまり信じていないため、嫌な気分になったそうですが。それと前後してなんとおなかの赤ちゃんに腫瘍のようなものがあることがエコー検診の結果わかったようなのです。
    臨月間近で分かったため、地元の小さな産院では何かあったときに対処できないといわれ、大きな病院で産むことに。
    名づけの影響かと思った義兄夫婦はそれからその名前で呼ぶことをやめたそうです、そしたらなんと日に日に腫瘍が小さくなり。
    (続く)

    トピ内ID:7833827485

    閉じる× 閉じる×

    名づけ(2)

    しおりをつける
    😑
    haru
    出産も最初は帝王切開かもといわれていたのに
    普通分娩でできるようになり、無事出産できました。

    出産後もその腫瘍のあった部分を検査したところ
    特になにもなく現在は元気に走り回っております。

    私達も色々とアドバイス(忠告?)をいただいて
    信じる気持ちは半分半分ですが
    まあ、義母も私達のためを思って色々と聞いてきてくれるのであって
    ありがたいと思って受け止めています。

    ちなみにうちの子供の名前のときも私たちが考えた名前では駄目といわれ
    結局義母の考えた名前になりました…。

    まあ、可愛い名前だし私達も納得の上なのでいいんですけどね(笑)

    トピ内ID:7833827485

    閉じる× 閉じる×

    こういう話好きです

    しおりをつける
    blank
    主婦
    私も1つ。
    高校生位の頃、家の中に5歳位の女の子がいる気配が時々していました。
    家具と家具の狭い隙間をパタパタとかけていく足(のみ)・・・
    お風呂から出たらお風呂へ向かって立っている足(のみ)・・・
    寝ている時に金縛りにあって、キュッと手を握られたりして。
    でも怖くは無く、可愛い女の子なんだろうな~と思っていました。
    イメージは蛍の墓の節子です。

    そんなある日、気功も出来るマッサージの先生の所へ
    マッサージを受けにいきました。
    気功を習得されている方は、自分と相手の気を繋ぐ事で
    相手の痛い部分等が自分の体の様に感じられるとの事。
    そんな話を聞きながらマッサージしてもらっていると
    「・・・おトイレ、我慢しなくていいですよ」と!
    気功ってすごい!でもちょっと恥ずかしい!

    そしてトイレから帰ってきて
    先生に「今、家に何かいる気がするんです」と言うと
    「あぁ・・・いますね。小さな女の子ですよ」と言われました。

    なんで分かったのかな~。
    感動して何かした方がいいのかとか、聞くのを忘れてしまいました(笑)

    トピ内ID:9378827118

    閉じる× 閉じる×

    白蛇

    しおりをつける
    🐶
    tom
    子供の頃、実家の近所はとても火事の多いところで、
    一年間に歩いて5分圏内で5軒から10軒も火事がある
    事が何年か続きました。
    それも、一定の法則下で、、、
    その法則とは電車の線路です。

    とうとう、町内会でお金を出して氏神さんにお払いを
    してもらったらその年からぴたっと火事は出ていません。

    原因は白蛇を電車が引いたとかそんな話でした。

    子供心に、蛇にいたずらはするまいと心に誓いました。

    トピ内ID:2560055171

    閉じる× 閉じる×

    友達のお父さん

    しおりをつける
    blank
    しま
    私が中学生の時、同級生から聞きました。
    その子のお父さんが子供の頃、神社の縁日で買った魔法のカードで面白半分で占いました。
    店主のおじさんが、本当に当るから自分の将来は知りすぎないほうがいいと忠告したのですが、占い続けたそうです。

    その時は良かったのですが、大人になる過程で過去の占いが当たり続け出したのを自覚しました。

    自分の伴侶や病気をした年齢や、偶然にしては当たり過ぎて凄く怖かったと友達のお父さんは仰ったそうで、どうしてそんなに怖かったの?と尋ねると、じつは、自分の死ぬ年齢も占ってしまっていたのです。

    どんな死に方かも知っているそうなんで、友達がいつなん?と聞いても絶対に教えてくれなかったそうです。

    このトピを読んで思い出しました…

    トピ内ID:5021770305

    閉じる× 閉じる×

    叔父が…

    しおりをつける
    🐷
    うさ
    80過ぎで亡くなった叔父が学生のころ
    隣村の友人宅で木の伐採をする手伝いに、弁当持参で行ったそうです

    夕方晩ごはんをご馳走になり、山道を歩いて帰宅
    しかしいつまで経っても着かない、迷いようがない一本道なのに…

    ふと、こりゃキツネかタヌキに化かされているかも?と思った叔父は

    キツネやタヌキが嫌がる大きな音を立てるため
    持ち帰った空のアルミニウムの弁当箱を取りだし
    木の棒でガンガン叩きながら山道を下り、なんとか帰宅できたそうです


    嘘みたいですが、昔はけっこうあったそうですよ

    トピ内ID:1992655345

    閉じる× 閉じる×

    ウチのじいさん

    しおりをつける
    🐴
    うまお
    同居していたウチのじいさんの話。

    割と女にモテたようで、近所のばあさん連中に囲まれるなか、自宅の自分の布団の上で死にました。

    おしゃべり好きのじいさんは、死ぬ間際までばあさん連中に手を握られたまま、ずっとしゃべり続けていました。

    ひとしきりおしゃべりを楽しんだ後、一言。

    「ああ、ハゲ山が見えてきたわ~。ほな、ワシ行くさかい~」

    そう言って静かに息を引き取りました。

    ウチの父曰く、じいさんが生まれた田舎の村に、木の生えていないハゲ山があったとのこと。

    故郷を一巡りしてアノ世にいったんじゃないかなあ・・と、父。

    それを聞いていたウチのばあさんは、

    「ハゲ山やのうて、針山ちゃうかあ?あの人地獄に落ちたんちゃう?ガハハハハ!!」

    と笑っていました。

    近所のばあさん連中に嫉妬していたんだろうなあ、きっと。

    トピ内ID:6052182624

    閉じる× 閉じる×

    ありますよね

    しおりをつける
    🐱
    りり
    私の祖母は霊媒師でした。
    その遺伝か、私にも少しそのような力?があるようです。

    体の悪いところが黒ずんで見えます。
    これはいつも見えるわけではなく、「見よう」と思って見ると見える感じです。

    地震のある夜はドキドキして眠れなかったりします。

    トピ内ID:3638183812

    閉じる× 閉じる×

    皆さんすごい・・・。うちの母は・・・。

    しおりをつける
    🙂
    おんみょうじ
    面白いトピをありがとうございます。
    以前から、台湾にはパワーのある占い師や不思議な力をもった人々の逸話が多いのは知っていました。なぜなんでしょうね。
    釘・・・こわいですね。

    ごましおむすじさんの水神様・・・。
    自然への畏敬の念を諭される気がします・・・。気をつけなくては。よい話ですね。

    しま さん
    すごい。死ぬ時期とその様子まで?
    魔法のカードってタロットではないですよね?

    うちは・・・
    母が15歳くらいの頃のこと。
    突然体が不調になり、原因不明の高熱が出て数日寝込んだままになったそうです。
    あまりひどいので祖母が地元の祈祷師を呼ぶと・・・。
    「亡くなった実父(母は14で父を亡くしています)が心配しております。
    この子のことが可愛くて心配でお父様が後ろについています」
    祈祷するとふっと意識が戻り、すっかり元気になったとか。
    なぜ心配した故人がつくと寝込んでしまったのかはわかりませんが。
    のちにも、他所で「あなたは男性の守護霊がついている」と。やはり父親なのでしょうか。

    トピ内ID:0054617241

    閉じる× 閉じる×

    おまじない?

    しおりをつける
    blank
    蓄膿庫
    「腕を縛る真似」で思い出しました。
    今で言えば、腱鞘炎?神経痛?五十肩?でしょうか。
    お年寄りが「そら腕」になると、巳年の乙女が痛い部分をさすって、紐で縛る真似…というか、悪い根っこを引き抜くイメージでしょうか。白い煙?が出ると治る、らしいです。
    巳年生まれの母は日本人でしたが、その秘技をどなたかに教わり、嫁入り前にはよく頼まれたそうですが。
    えー!そんな能力があったのかなあ。
    そう言えば、若死にでしたね。
    周りには、見えないものが見える人は結構いますが、母の秘技?の話は内緒にしています。(笑)

    トピ内ID:6390360747

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    blank
    紹子
    皆さん話を聞かせてくれてありがとうございます。
    やっぱりこういう「不思議」ってあるんですね!
    非常に興味深いです。

    ここで私の話も一つ。
    小学校2年位の時に一人で留守番していた夜でした。
    窓を開ければ、当時通っていた学校の校舎が斜め先に見える距離。
    ふっと校舎の方を見ると、最上階(確か4階)に白い薄暗い様な光が見えました。注意深く凝視してみると、廊下の曲がり角にかけて白いものが並んでたんです。
    敢えて例えるのならそれはまるでアニメのムーミンに出てくるニョロニョロ…。
    でも目も手も何もなく胴体(?)が限りなく半透明に近い白で、ただその場でゆらゆらくねくねしているんです。ただそれだけなんです。
    しかもそれが並んで30体くらい…!
    子供心に錯覚か?と思い、一度カーテンを閉め時計に目をやるとまだ8時…目を擦りもう一度カーテンを開け校舎を見ました。
    見間違い、錯覚じゃない(勿論学校には誰もいない状態、真っ暗)
    さっきと全く同じ「それは」やっぱりずっとゆらゆらしている…

    怖いというより「あれは一体何なんだろう?」と未だに謎です…

    トピ内ID:1325361583

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    私の体験

    しおりをつける
    😀
    不思議経験者
    30代の頃に大病をしました。
    長く患って、この儘治らないのではないかと心配をしていました。

    ある日、体調が悪くて昼から床に入って寝ていたら、不思議な夢を
    見ました。

    それは、苦しくて寝ている私を、亡くなった祖父母と父母が布団の
    両側から私を覗いて心配している様子の夢でした。
    その時の雰囲気が、セピア色だったことを覚えています。

    その夢を見た後に、病気が嘘のように快方に向かいました。
    私は、キッと祖父母や父母が救いに来てくれたのだと今でも信じて
    います。私は今も元気で暮しています。あれから30年になります。

    トピ内ID:9563663143

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]