詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 男性に質問です。告白しますか、行動しますか?
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    男性に質問です。告白しますか、行動しますか?

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    クリスタル
    恋愛
    8年前に仕事上で出会った方で、仕事の延長で何度か二人で食事にも行きました。私は最初から彼に惹かれていたのですが、仕事上の付き合いでしたし、相手には奥様がいらしたし、私にも彼氏がいたので(この彼とは3年前に結婚)特に何もなく5年前に仕事が終了しました。仕事が終わる時最後にちょっと長めの握手をしました。その後5年間は会う事もなく、1年に2、3回くらい挨拶程度のメールのやり取りがありました。お互いプライベートな事は何も話さないので彼は私が結婚した事なんかは何もしらないと思います。つい先月、たまたま連絡があり、5年ぶりに会う事になり、食事に行きました。楽しかったのですが、帰り際に抱きしめられキスをされそうになりました。私はびっくりして挨拶もそこそこに帰ってきてしまいました。後から謝りのメールがあり、私も重くならないよう平気なふりをして返事をしました。私は不倫も浮気も嫌なので彼とそういった関係になる事はないと思います。なので今後私から連絡する事はないと思います。ただ、私も惹かれていた人だけに彼の気持ちがとても気になります。確かめようも無いのですが、この方には多少私の事を好きだという気持ちがあってああいった行動に出たのでしょうか?それともその場の衝動なのでしょうか(ワイン一杯です)?男性は好きな人がいた場合、言葉で伝える場合と雰囲気でもっていく場合と何が違うのでしょうか?もしこの方に少しでも私に対する気持ちがあればまずそう言ってほしかったです。そうすれば少なくとも私の気持ちだけでも伝えられたのに、と思うからです。お互い大人で結婚もしている場合、気持ちとその後男女の関係になるかどうかは別問題、だと思うのですが。

    トピ内ID:1152925300

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私はしないが

    しおりをつける
    菜月
    私は妻を愛していますし、妻との離婚・子供と別れのリスクを負ってまで不倫しようとは思いませんから、「普通の男」さんと殆ど同意見ですが、トピ主さんからご質問について私が同様の行為をするとしたら、家族を捨てる覚悟も含めてかなりトピ主さんの事を好きでないとやらないと思います。

    もちろんトピ主さんが自分の事を好きであろう事が理解できていることが前提です。
    まさか久しぶりの再開でトピ主から「帰りたく無い」と言ったとか、余程隙があったとか?は無いですよね。

    トピ内ID:5036601714

    閉じる× 閉じる×

    都合のいい話かもしれないけど

    しおりをつける
    blank
    案山子(仮称)
    >お互い大人で結婚もしている場合、気持ちとその後男女の関係になるかどうかは別問題

    では、なんのために相手に気持ちを伝えるのでしょう?
    身体の関係がなくても、自分のパートナー以外に恋愛感情を抱くことは、
    精神的浮気ではありませんか。

    >もしこの方に少しでも私に対する気持ちがあればまずそう言ってほしかったです。
    そうすれば少なくとも私の気持ちだけでも伝えられたのに、

    これはいったいどういうことでしょう?
    上と同じで、精神的な繋がりだけなら、
    お互いのパートナーに対する裏切りにはならないということでしょうか?
    それとは別に、お互いの気持ちがわかったら、そこから身体の関係に発展することは、
    トピ主さんの場合は絶対にないのでしょうか?

    夫の浮気への抗議の意味で自分も浮気した女性のトピがありましたが、
    その人も精神的な絆云々を語ってました。
    やはり女性は精神的な繋がりを重視するのでしょうか。
    それは裏切りにはならない?

    いいこととは思いませんが風俗通いする妻帯者がいます。
    これなどは金で快楽を買う即物的な繋がりで、浮気より罪は軽いと思うのですが。

    トピ内ID:9702644782

    閉じる× 閉じる×

    そりゃいかんよ

    しおりをつける
    😝
    旗本退屈男
    えーと、トピ本文だけでは状況がはっきり分かりませんが。。。

    そもその5年ぶりなのにお互いの近況報告もせず、食事へ誘う彼も、またそこへのこのこと出かけて行くトピ主さんにも問題があると思います。
    食事の最中にプライベートな話には一切触れなかったんですか?相手はトピ主さんが結婚したことも知らないし、彼がその後離婚したとかそういうことも一切分からない訳ですよね?

    それじゃあ、抱きしめられてキスされそうになっても仕方ないですよ。
    以前にそういう雰囲気をかもし出しておいての再会ですから。

    お互いに家庭があるのを承知で、その様なことをするのは倫理的に大変問題がありますが、相手が今は独り身で、さらにトピ主さんのことを独身だと思っているとしたら、自然な成り行きではないですか?

    自分もそういうことをしていたかもしれません。

    なぜ事前に近況を告げていないのか本当に不思議です。
    冷静な第三者から見れば、二人とも下心がありありにしか見えません。

    トピ内ID:8280043075

    閉じる× 閉じる×

    誤解にも程がある

    しおりをつける
    blank
    通りすがりの解説者
    貴方の言っている「気持ち」って「愛」とか「愛情」って事でしょ?
    だったら全然ありませんよ。
    一緒に仕事をしていた時の食事も同様ですが、貴方に彼氏が居なくて、もう少し軽い女性だったら、自分に妻子が居ても、関係しようと思っていたんですよ。五年前の長めの握手は、その可能性が絶たれることへの未練です。その後続いたメールは、その切れかけた糸を少しでも繋ぎ止めようと言う、一縷の望みって奴です。現に、その糸のお陰で、また、貴方と接触できたじゃないですか。多分、件の氏は、五年も経って、セックスレスになっているか、奥様がお年を召されて、是非とも他の女性と、と言う感情が高まった上でのお誘いなんでしょうな。
    こう言う場合、男性が持っているのは、愛情じゃなくて、性欲です。今回の食事だって、その後ベッドへ誘い込むための段取りに過ぎません。それが証拠にワイン一杯しか飲んでないでしょ。これはアルコールによる勃起不全を避けるためですよ。しかも、軽いアルコールは勃起の持続時間を長くする作用があります。だから、ワイン「一杯」なんです。五年経って、誰にもバレない、自分に気のある女。そう彼は貴方を見ている訳です。

    トピ内ID:3399176162

    閉じる× 閉じる×

    勘違い

    しおりをつける
    blank
    X
    クリスタルさんも好意を持ってると思っていたのでしょう。
    そう思いこんで行動に移すこと私もありました。

    トピ内ID:3691600825

    閉じる× 閉じる×

    これはまぁ

    しおりをつける
    blank
    REX
    なんと判りやすい。
    なんとなく自分に好意をもっていたんじゃないかと思われる女性との予期せぬ再会。
    こりゃダメ元で声掛けとくか、うまくいけばしばらく遊べそうだしってところです。
    これ以上でもこれ以下でもありません。

    単なる遊び相手にできそうな女、脇の甘い女と酒を飲んだらとりあえず口説く男は結構いますね。
    あなたの場合もなんとかできそうな女だとみぬかれたんでしょうね。
    配偶者がいるのにいとも簡単に動揺してこんなトピたててるんだもん。
    気軽に遊んで家庭に波風たてずにすみそうな女、簡単に口説けそうな女、それがあなた。

    家庭を壊さずに適当に浮気しようっていう男は基本的に女を軽視しています。
    簡単に落とせる、その後の女の人生なんか知ったことじゃない。
    遊びなれてる男ってこんなもんです。
    私はそんな女じゃないって?

    じゃぁきっぱり断って、ご主人に笑い話として話せるはずでは?
    私は大丈夫って言いながら泥沼にはまる人を何度か見たんで、ムダかもしれませんが老婆心まで。

    トピ内ID:4348965171

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]