詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    乳ガン、術後の出産について

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さっち
    ヘルス
    乳ガンにかかりました。

    手術から、三度目の6月を迎えました。
    当時は本当にお世話になりました。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0323/175191.htm?o=0&p=0

    仕事は今も続けています。
    相変わらず日々に追われる暮らしです。

    当時の治療としては、術後に抗がん剤FECを6クールでした。
    放射線治療は必要ないと言われました。
    リンパにも転移は認められなかったそうです。

    今、通院は3ヶ月に一度になりました。
    リュー○リンを注射しています。

    服薬はしておりません。

    私と同じような方で、こどもを持てた方はいらっしゃいますでしょうか?
    (私は現在38歳。手術当時は、36歳でした。)

    体のことですので、他の人と同じにならないのはわかっていますし、
    最後は夫、医師との相談になるでしょうが、
    ・・年齢のせいか、やはり気にかかるのです。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:8461836528

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私も同じ状況です

    しおりをつける
    blank
    さくら
    前回のトピ拝見させて頂きました。
    今月36歳になります、さくらと申します。

    私は3月に乳ガンの告知を受け5月に温存手術をしました。
    リンパにも転移は見られず腋窩リンパ郭清もしませんでした。
    病理の結果は非浸潤ガンとの事で、放射線治療・ホルモン治療が始まります。

    私は結婚を控えていて、年齢の事もあり今後治療の中での妊娠・出産にはすごく不安があります。
    ホルモン治療は注射が2年、服薬が5年が基本だそうです。
    ですが私の場合、5年もすれば閉経を迎えてしまうリスクもあるそうです。
    彼は「子供よりさくらが大事だ!」と言ってくれていますが、私は彼の子供が欲しいのです。

    手術前から妊娠希望の旨は伝えてありましたし、
    逆に医師・看護師からも出産できるような治療をすると提案されてきました。

    今回医師との相談の結果、治療の中でリスクを見ながら妊娠のタイミングを決める事になりました。
    1年治療をした後、出産、治療再開となる予定です。
    医師・看護師から十分妊娠は望める!諦める事はない!と言われました。

    さっちさん、回答になっていなくてごめんなさい。

    トピ内ID:7086756645

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    さっち
    さくらさん
    レスありがとうございます。
    乳ガンと一言で言えども、そこから先は、人それぞれですね。

    >さっちさん、回答になっていなくてごめんなさい。

    いえいえ。
    回答がないことなのです。わかっています。
    ただ、他の人の意見が聞きたかったのです。

    いまも匿名の掲示板ですから、正直に書ける事が多いです。

    私は、ただただ標準治療を進める担当医師が冷たく、怖く、何も相談できません。
    ですが、田舎なため、転院はまず、不可なのです。

    物理的にこどもをもつ事が出来ても、前トピにもちょっと触れたのですが
    金銭的な問題があります。
    もし、私が死んだら・・・。

    私はただ、寂しいのかもしれません。

    ノルバデック○の処方は受けていますが、副作用がとてもつらく、服薬はやめました。
    (服薬は5年が基本だそうです。)
    服薬についてはとても悩み、医師にも相談しました。なんども。
    悩んだ上での自己判断です。
    結果がどうであろうと、自己責任だと、そう思っています。
    主人には話していません。
    主人を、裏切っているのかもしれませんね。

    トピ内ID:8461836528

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    続きです

    しおりをつける
    blank
    さっち
    入院した際、私より、一週間前に手術された方と同室でした。
    「同じ病気だ」とその方は話してくれました。
    その方は、温存手術をされたそうです。
    リンパ郭清もしていないそうです。
    放射線治療は受けられたようですが、抗ガン剤治療は受けることなく、
    その後妊娠されました。
    連絡は途中で途絶えましたが、今頃は、きっとどこかで
    母親になっていらっしゃるはずです。

    さくらさんの、お幸せを願っています。
    ご結婚されて、お子様に恵まれますように。

    そして、すてきなおかあさんになって下さいね。

    トピ内ID:8461836528

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    さくらです。

    しおりをつける
    blank
    さくら
    さっちさん。ありがとうございます。
    私は昨日から放射線治療・注射・ノルバデック○の服用が始まりました。

    私の場合、術後まもないので本来なら自分の体の事、これから出てくるで
    あろう副作用の事を第一に考えなければならないのは自分でも分かっています。
    ただ、さっちさんと同じように年齢の事もあり、出産の事もずっと頭にあります。

    私の場合、担当医師や看護師さんに恵まれ、何でも相談できるのでとても心強いです。ただ、最終的に決めるのは私なんですよね。
    私も身体的にも金銭的にも出産はかなり悩む事になると思います。

    さっちさんより、私は後輩?になってしまうので、私の方がさっちさんに
    教えられる事の方が多いとは思いますが、同じ思いをしている「さくら」が
    いるという事を忘れないで下さいね。
    術後3年お元気でいらっしゃるさっちさんが羨ましいです。

    共に前を向き無理をせず、一生懸命生きていきましょうね。私達生きてるんですよね。出産も大事だけど、今は毎日朝が来る事がとても嬉しく思います。
    いつかお互い良い報告ができますように。
    さっちさんのお幸せを心より願っています。

    トピ内ID:7086756645

    閉じる× 閉じる×

    続きです。

    しおりをつける
    blank
    さくら
    さっちさん、先程私も「出産については身体的にも金銭的にも悩む」と
    送信しましたが、さっちさんの前回のトピを再度見直しました。

    私の彼は(結婚予定です)は、人並みの収入はありますが、
    今後かかるであろう私の治療費は、彼に頼る気はありません。
    今まで働いて貯金したもので賄うつもりです。
    今までの医療費も全て自分で用意しました。
    ですが、結婚後の生活費は彼に甘えてしまう事になりそうです。
    そういう点では、金銭的の悩みはさっちさんより少ないかもしれませんね。
    さっちさんもご主人様にもう少し頼ってもいいと思います。
    金銭面も薬の事も相談してもっと甘えていいと思いますよ。

    もし、私が死んだら・・
    子供だけ残して逝く訳にいかない。
    それなら薬を止めてリスクが高まるなら、出産は最初から諦めた方がいいのか・・・
    でも出産を諦めて薬を続けたら、再発は100%ないのか・・・
    自分一人では決めれません。
    彼には負担をかけたくないです。

    さっちさん、無理しないで下さいね。
    私も復職しましたが、気が紛れる分、疲れもどうしても出ます。
    お体大事になさって下さいね。

    トピ内ID:7086756645

    閉じる× 閉じる×

    慎重に医師と相談してください

    しおりをつける
    オレンジ
    こんにちは。
    今夏で術後5年になる44歳です。

    主さんの出産したいというお気持ち、痛いほどわかります。
    ですが、ご存知のように乳がんは女性ホルモンの影響を大きく受ける病気です。
    妊娠によって大量の女性ホルモンが分泌されることで、病気が進行してしまう可能性について冷静に熟考する必要があります。
    年齢が若くして発症しておられますから、再発リスクも残念ながら低いとはいえません。

    癌を過度に怖がる必要はない時代になりつつありますが、その反面やはり命に直結した怖い病気であることはしっかり認識しておくことが必要です。健常者のようにはいかない限界があることも。命あっての物種ですから・・・

    病気は勇気だけで乗り切れるものではないので、よくよく相談なさって下さい。出産した方もいらっしゃいますが、体質には個人差がありますから参考例にあまり期待しないほうが良いと思います。

    私自身、39歳でもう出産リミットかなと全身検査したら乳がんが見つかり、子供を持つ夢はバッサリ絶たれて癌患者として生きる日々を送っています。5年経ち、そういう運命だったのだと達観できるようになりました。

    トピ内ID:4962949164

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    さっち
    お二方、レスありがとうございます。
    まとめてのレスになってしまいますが、お許し下さい。

    前回もちょっと触れましたが、私たち夫婦は、最終的には、きちんと挙式、
    披露宴もしましたが、駆け落ち同然で一緒になりました。
    いろいろありましたが、これは過去の事として、とらえています。
    今の主人の月収は、私の半分以下です。フルタイムですが、パートタイム並みの収入です。
    このご時世ますます下がるでしょう。これも最初からわかっている事でした。
    前回のトピにも、ご主人にもう少し頼ってもいいのではないか、
    と言うご意見もありましたが、私は頼れません。

    金銭面はもちろん、体の事は、個人差、男女差もあります。
    主人は「さっちのいいように」が口癖です。
    それが結局「オレには関係ないし」とも聞こえるのです。
    主人を責めても解決にはならないと理解しています。

    さくらさん、復職されたのですか。
    自分と折り合いをつけて、お仕事を続けていってくださいね。

    私にとって3年はあっという間でしたよ。

    トピ内ID:8461836528

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    続きです。

    しおりをつける
    blank
    さっち
    オレンジさんのレスを読んで、声を出して泣きました。
    つらかったのもそうですが、おっしゃるとおりだからです。
    それが真実であり、自分でも、十分に分かりすぎているからこそ、
    次に進めなくて、苦しいのです。

    私の病気のタイプは女性ホルモンが作用しているからこそ
    ノルバデック○が処方されているのです。
    でも、どうしても続けられなかった。

    このまま、妊娠が不可能になる年齢まで、私はきっと迷い続けるのでしょう。
    それは、つらい。

    でもいちばんはやはり、寂しいのだと思います。

    トピ内ID:8461836528

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    私も苦しんでます

    しおりをつける
    あじさい
    今年の2月に告知、4月に温存手術を受けたあじさいと申します。

    今は放射線治療の真っ最中で、ホルモン薬も毎日服用していますが、主治医からは今後ホルモン注射も指示されています。

    私は不妊治療中、数回の流産を乗り越え今年こそは…と思っていた矢先に乳癌が見つかり失意のどん底でしたが、やはり命が大事、今後抗がん剤治療も始まるかもしれない…と一時はこどもを持つことを諦めました。

    病理の結果、ステージ1、リンパ転移なし、グレード1
    放射線治療とホルモン治療で再発率がかなり低くなるとの説明を受け、その時軽い気持ちで妊娠のことを聞いたら、もし妊娠に挑戦するならホルモン注射をどうするか考えておいてというようなことを言われました。
    「えっ?挑戦してもいいの?」とその時から「やっぱりこどもが欲しい」気持ちが再燃し、その気持ちがだんだん抑えきれなくなってしまいました。
    ただ私の場合すでに42歳と高齢で、ホルモン治療が終了してから…という時間的猶予がないため、ホルモン治療をせずに妊娠に挑戦することになります。

    こどもは欲しい、でも再発は絶対避けたい。

    トピ内ID:9777511354

    閉じる× 閉じる×

    続きです

    しおりをつける
    あじさい
    主治医に再発リスクのことも何度も確認しましたが、ちゃんとホルモン治療を受けた場合の再発リスクは5%くらい、治療を受けない場合は10~15%くらい?これを多いと見るかどう見るか。ただ、必ず再発するということではないし、結局は自分の気持ち次第だと。
    主人は、そんなリスクをおかしてまで妊娠に挑戦するより、再発しないよう治療に専念し、これからもずっと元気でいて欲しいといいます。

    最後は自分で答えを出す!ということは十分分かっています。
    万が一妊娠出産出来ても、その後再発し幼いこどもを残して死ぬようなことはしたくない。
    かといって、諦めるという決心もつかない。
    今は、「諦める」、「挑戦する」の間を行ったり来たりで答えが出ず毎日苦しんでいます。

    トピ内ID:9777511354

    閉じる× 閉じる×

    近況を…

    しおりをつける
    blank
    さっち
    見てくださった方、レスをくれた方にお礼を言いにきました。
    来年2月に、○ュープリンの注射が終わります。
    婦人科検診を受けます。
    生理が戻ったら。
    可能性を探ります。
    もし、可能性があるならば。
    主人が賛成してくれるならば。
    子どもの事を考えて行きます。

    リンパ郭清しました。冬は腕や傷が痛みます。つる、というか。
    定期検診に行ったとき、変わりないか?と主治医に問われるがまま、腕のつり感を話したら、主治医の答えは、再発ではないでしょうから、そういうことを言われても困る。でした(苦笑)。
    虚しいです。医者に求めすぎてるのかもしれません。
    ど田舎ですので、医者は選べません。

    すべては、これからです。

    トピ内ID:7406901945

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]