詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    余命3日と言われたけど

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    りお
    ヘルス
    74歳の義父のことです。
    肝臓がんを患い、半年ほど前に手術をしましたが手遅れとのことで
    なにもとらないままお腹を閉じました。
    入退院を繰り返しながら半年過ごしましたが、とうとう先週、
    主治医から「あと3日もつかどうか…」と言われました。

    が、その告知から10日が経ちました。
    意識はかろうじてあるものの、腹水が溜まり、浮腫もひどく、
    もうそんなに長くないのだろうと感じていますが、
    もしかしたら回復するのでは?と期待してしまう気持ちもあります。

    そこで皆さんに質問なんですが、ガンで『余命○日』と言われたにも関わらず奇跡的に回復し、
    ○年も生きているといった体験談やお知り合いのお話を聞かせていただけないでしょうか?

    トピ内ID:3588742079

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 3 びっくり
    • 18 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    父は2年生きました

    しおりをつける
    💤
    mint
    ご心労、お察しします。

    私の父も肝臓癌を患い、診断された直後に強い黄疸と意識混濁がありました。医師は病状説明書に十字架マークを記して、「もっても5日程度でしょう」と告げました。
    親とは遠く離れて暮らしていたため、弟から連絡を受けて故郷へ帰る時には、もう覚悟を決めて喪服を持参しました。

    ところが、5日経ち、10日経つ頃には、症状は目立って回復してきました。その時の父の一言を忘れません。
    「腹、すいた…」

    医師は見たての誤りについて謝罪するとともに、「ご本人の生きたいという気持ちが強かったのでしょうか」と言ってました。

    その後、見る見るうちに元気を取り戻し、その後2年生きました。
    父の癌は、県内で最高レベルの病院でも過去数例しか報告のないタイプで、積極的な治療は80歳を過ぎていた体には負担が大きすぎるため、自然に任そうということで本人も承知しました。
    糖尿病がひどくなり、最後は腎不全で亡くなりました。もう3年前になります。

    どうぞ、最後まで可能性をあきらめずに看てあげてください。

    トピ内ID:1956123384

    閉じる× 閉じる×

    娘としてできることを

    しおりをつける
    blank
    小染
    心中、お察しします。

    がんで余命1年と宣告され、5年以上生存された方を知っています。胃がんでしたが、高齢なこともあり進行が遅かったようです。
    長生きしたという言葉にすがりたい気持ちはわかりますが、酷なようですが、お父様はもう長くはないと思われます。
    娘としてできることをしてさしあげてください。

    父は、3ヶ月と宣告され、比較的元気でしたが、やはり3ヶ月であっけなく亡くなりました。
    今、母がICUです。できるだけそばにいてあげるようにしています。同時に、お葬式の準備をしています。
    家の整理、喪服の用意、そして、遺影も用意しました。
    兄や義姉には頼めないことだと思うからです。

    回復することを願いつつも、来る日のための覚悟も必要です。
    気丈でいなければいけません。

    トピ内ID:2480392156

    閉じる× 閉じる×

    丸山ワクチン

    しおりをつける
    🙂
    ねこ
    丸山ワクチンで検索すると、
    沢山そういった話がでてくると思います。

    トピ内ID:8787674335

    閉じる× 閉じる×

    末期癌

    しおりをつける
    blank
    otone
    こんな人もいるよ・・・という事でコメントを書きますね。


    私の叔母が末期癌で余命2か月と言われました。
    それから既に5年・・・。
    今も生きています。

    「余命~。」
    と言われても全員が亡くなる訳じゃありません。
    うちの叔母みたいな人もいます。
    だから、気持ちを強くもってくださいね!!!

    がんばって!!!

    トピ内ID:2643431601

    閉じる× 閉じる×

    医者のいう「余命」

    しおりをつける
    🐧
    医者の嫁です
    医者の夫に聞いた話ですが、余命宣告というのは、「最悪の場合は」という宣告であり、少なからぬ患者さんは宣告された余命よりも長く生きられるそうです。

    すべての医者がそうであるとは知りませんが・・・。

    一つの理由は心の準備。短いと覚悟していて長いのと、長いと思っていたら短い、だったら、前者の方が受け入れやすいので、ということです。

    トピ内ID:3129235363

    閉じる× 閉じる×

    経験があります。

    しおりをつける
    blank
    アリゾナ
    母が胃がんで、余命2ヶ月と言われました(本人の希望で告知をうけました)。

    私は20代でしたが、母が亡くなるなんて想像もできず、根拠もなく「死ぬわけ無い」と
    思っておりました。

    なので、本当に2ヶ月で亡くなってしまい、大変つらい思いをしました。

    本当に2ヶ月しかないのなら、もっと一緒にいればよかった、大好きだよ、と何度も伝えてあげればよかった…と。


    ドクターの見立てが正しいかどうかは分かりませんが

    いつお別れの時がきても後悔のないように、

    心を込めて、一日一日を大切に過ごせるように、お世話をして差し上げてください。

    トピ内ID:3425125695

    閉じる× 閉じる×

    元気出して

    しおりをつける
    blank
    不思議です
    お父様、回復されるといいですね。

    うちの父も今年1月、抗がん剤で抵抗力が弱っているところに肺炎を患い、医師から「あと2、3日かも」と言われました。私は海外在住なので連絡を受け、慌てて日本に帰ろうとしたけど飛行機が満杯で次の週しか帰れず。お葬式出席かな、と覚悟して帰ると、まだ意識はないものの回復に向かっており、2週間滞在したのですが段々としっかりしてきて最後の2日は会話もできました。

    その後退院して今は歩いたり、小旅行にも行けているようです。そもそも昨年夏にガンが見つかり、手術したものの取りきれず「今年一杯くらい」と寿命宣告されていたんですが、1年近く、色々とピンチはあったものの生きていますよ。

    トピ内ID:8944653425

    閉じる× 閉じる×

    明日まで持つかどうかーと言われた

    しおりをつける
    blank
    なんまいだぶだ
    その夜は、危篤の連絡を受けた家族&親戚が集まり、ホスピスの近くで最後の晩餐会を開きました。

    しかし、危篤で明日まで保たないはずが、毎朝「あれ、血圧が戻ってきたね~」と医者に言われ、最後の晩餐会は毎晩毎晩1週間続きました。

    ガンだったのでモルヒネの注射だけで意識もなく、最後は点滴も外したのですが、それから1週間保ちました。伯母は海外から帰ってきていたし、地方から集まった家族親戚達も、いい加減疲れてしまって、最後は「もう成仏してもいいのよ~」と声を掛けていました。(不謹慎ですいません)

    トピ内ID:7103644301

    閉じる× 閉じる×

    あえて現実的に・・・

    しおりをつける
    blank
    匿名
    腹水が溜まり出したら、もっても半年だと思います。
    肝臓では処理し切れなくなり、腹水の量も10リットル近くになるでしょう。
    モルヒネでICUに何年もというケースもありますが、
    (病院から指示が出ますが)本人の意思を確認するべきだと思います。
    その場合、意識は朦朧として排便も病院にお任せです。

    主治医が三日と言うほどなので、ステージ4まで転移しているのですね。
    肝臓がんは、いずれ毒素が体内に溜まり、食道が破裂して吐血する場合が多いです。
    心中お察ししますが、ご主人に今伝えたい事、するべき事など、
    して差し上げるようお伝え下さい。



    肝臓がんの末期について↓
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0617/246109.htm

    トピ内ID:9181135734

    閉じる× 閉じる×

    母は1年半

    しおりをつける
    blank
    猫好き
    ちょっと違うかもしれませんが
    母もかなり進行した癌が発見されました。
    肝臓を手術で大部分切除したものの、外にも転移がかなりあり
    術後、もしかしたら2週間持たないかもと言われましたが、
    その後1年半生きてくれました。

    りおさんも今大変な時期ですね。
    まずは倒れないようにご自愛下さい。
    お父様、お大事になさってください。

    トピ内ID:6685337099

    閉じる× 閉じる×

    私の伯母ですが

    しおりをつける
    blank
    ahsgrimm
    伯母が70歳代(正確な年齢は覚えていませんのですいません)の時、余命半年といわれてからですが、
    それから7年ほど生きていました。
    高齢で癌の進行が遅かったこと、若い時に登山をしていて、年齢の割には体力があったこと
    (本格的な登山です。スイスによく行っていたそうです)などがあり、親戚も驚いていました。
    本人も告知を受けていたそうですが、本当に痛くて耐えられなくなるまでは、
    楽しく生活すると決めていたようで、そういった点もよかったように思います。

    トピ内ID:6068480241

    閉じる× 閉じる×

    義父の事です

    しおりをつける
    blank
    maa
    73歳の時、胃がんが発見されました。
    手術しましたが、「進行がんだから」と言われました。
    その時は余命宣告はされなかったです。
    それから、3.4ヶ月して再発したということで、再手術しました。
    腸にも横隔膜にも転移していて、何もしないでそのままとじました。
    それが、12月半ばでした。

    1月に入って、「今、家に帰らないともう帰れない」って医者に言われ
    帰ってきました。
    それから、薬もほとんど飲まず治療らしい事はしないのに癌がなくなっちゃったんです。
    大きな評判の良い病院で、きちんと説明を受けてました。
    間違いなく、癌は転移していたんです。
    人間の体は分からないことがあるからね・・って、言われました。
    そういう事もあるんですねぇ~ ビックリでした。

    それから11年後、84歳でなくなりました。
    癌は再発することは無かったです。
    亡くなった時、認知症でした。
    夫や姉妹は、
    義父があの時亡くなったら「カクシャクとしたお爺さん」だった。でも、
    認知症になってイメージが全く違ってしまった。
    あの時亡くなった方が良かったのか?、わからないと言っています。

    トピ内ID:6976512266

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]