詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    心のケア

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    こころ
    話題
    20代男性です。

    最近心のケアが必要、という記事をよく見かけます。

    不幸にも卑劣な性犯罪にあってしまったり、幼少時の虐待の体験を受けてしまった方は、精神的な障害を受けてしまうため、心のケアが必要だと思います。

    しかし、報道記事を読んでおりますと必ずしも必要とは思われないケースもあるのではないかと感じております。

    何十年も人生を生きていると、必ず対処が難しいストレスにあうものではないかと、そして、それを一つ一つ自分で乗り越えなければならない、と思います。

    どうしても一人で克服できない場合には周りの人や、専門の有資格者に助けを求めなければならないこともあるよ、という共通の理解があればそれでいいのではないかと思うのです。

    この方々には心のケアが必要だ!とする記事にはあまり納得できません。

    それを指摘されているのは専門の有名な方なのでしょうが、そういう風潮はむしろ現代人の精神を脆弱にしてしまっているのではないかと思っています。

    トピ内ID:3221333539

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    食文化と同じですよ

    しおりをつける
    ひろ
    今の食品は、添加物や化学物質がたくさん使用されていますよね。
    ひと昔と比べて、一見豊かでも、内容的には貧しくショボい食文化です。

    それと同様、人間の精神環境も、つまり人の基礎的なポテンシャルも
    確実に落ちています。ひと昔前に、パワハラがこんなに多かったか、
    モンスターペアレントがこんなに多かったか、非常識な人間がこんなに
    多かったか、ということです。量的、割合的な問題です。

    全体的な人間力が落ち、それが親となり隣人となるわけです。自身もそう。
    つまり、昔のストレスに比べると、日常のストレスがかなりかかるように
    なってきているのです。だから、少し変だと思ったら、心療内科に診てもらう
    というのは、決して間違いではありません。

    風邪をひいたの、花粉を吸ったの、と同じです。ストレスを受けたというのも。

    トピ内ID:1521677231

    閉じる× 閉じる×

    へ~

    しおりをつける
    blank
    心に傷をおったことがない人にはわからないかも。本当に辛いことって、意外とだせなかったり、自分でどうにもできなかったりするんだけどな…。トピさんみたいな人ばかりだとカウンセラーとかいらないのでしょうね。羨ましい…。

    トピ内ID:8416479567

    閉じる× 閉じる×

    人それぞれ精神的な耐性が違う。

    しおりをつける
    blank
    kumai
    身体的な強さと同様に精神的な強さも人それぞれ違います。
    対処が難しいストレスを自分で乗り越えて強くなる人も
    いることに異論はありませんが、
    その反面、自殺に追い込まれる人も沢山います。

    また、周りの人や専門の有資格者に助けを求めなければならないこともあるという共通理解だけでは足りません。
    自ら助けを求められるくらいの状態であればまだよいのですが、
    そうでない場合も多々あります。
    そのような人には心のケアは絶対に必要です。

    トピ内ID:3692583230

    閉じる× 閉じる×

    イメージがわかないな

    しおりをつける
    blank
    ラベンダー
    例えば、どういう方々という、どのような記事を指すのかしら?

    トピ内ID:7327153543

    閉じる× 閉じる×

    心のあり方

    しおりをつける
    blank
    老婆神
    あなたの心の中は、
    いつもどんなことを
    考えているのでしょう。

    まさかと思いますが、
    自分のことを棚に上げて、
    他人のことばかりに
    目が向いていませんか?

    例えば、他人を見て、
    妬んだり怒ったりしていませんか?

    心のケアとは、
    他人に向いてしまう目を
    自分に向けさせることです。

    トピ内ID:3620776282

    閉じる× 閉じる×

    20代で

    しおりをつける
    blank
    シンゴ15
    そこを心配するとは立派です。

    記事を書かれている方は、あなたよりは年上でしょう。
    それなりの経験や、情報も一般の方より多く持っているはずです。
    その方々の結論として、心のケアが必要ということに関して
    疑問をお持ちなのですね。

    様々な人、ケース、または今後への警鐘も含まれているかもしれません。
    以前には心配するほうが可笑しいと思われていたことが、現在では
    事件になっていることも多いですよね。

    一人の人間を支える周囲も、育てていくという考え方も
    いわゆる昔とはかなり変わりました。

    他人から見たら笑い事でも、本人にしてみれば人生そのものを
    賭けている場合もあります。失敗した時点で一声賭けてもらえるかどうかで
    人生が大きく変わることも多々あります。

    皆が脆弱になりませんよ。
    侍の国ですから。

    トピ内ID:3006191961

    閉じる× 閉じる×

    意識することが必要

    しおりをつける
    能天気
    みんながみんなケアしてもらってらっしゃるとは思えません。
    ましてや強引に「あなたにはケアが必要です!」と強制的にカウンセリングをしてるわけがない。

    人がこういうことに遭遇した場合、「丁寧な関わりが必要・心理的なサポートやアプローチが必要なケースが多いので意識しよう」ということだと思いますが。

    トピ内ID:6807591566

    閉じる× 閉じる×

    思いあがり

    しおりをつける
    blank
    匿名係の部下
    自分は精神的に弱くなってしまうことはないと、そう思っていらっしゃるように読み取れます。

    マスコミの論調が行きすぎることがあるのは事実ですが、「心のケアが必要」という記事には、社説以上の意味があると思います。
    「周知する」という役割です。

    いまだ、精神的な病や障害には、理解が薄いのが現状でしょう。
    こうした記事によって、「そうか彼らはケアが必要なくらい大変なんだな」程度の認識でも生まれればそれは大きな意味があります。
    さらに、もっと言えば、「そうか、私には、ケアが必要なんだな」と自らが気づくということも非常に重要だと思います。

    うつなどは、自分からうつだと気づくことのほうがまれ。
    同じように、渦中にある人々は自分の不調やつらさが処理できないレベルになったことに、なかなか気づくことはできません。

    周囲や自らの気づきを促すという点で、私は報道が「現代人の精神を脆弱にしている」とは思いません。

    いつかあなたの心が弱った時、周囲の理解に助けられて初めてそれを知るかもしれませんね。

    トピ内ID:1922939660

    閉じる× 閉じる×

    ケースバイケース

    しおりをつける
    blank
    うなぎ犬
    トピ主さんの仰ることもそうですが、その本質を問われると専門家と称する人たちを作り出してメシの種にしているのではないでしょうか、

    その専門家と称する人たちも大した経験や知識があるわけでもないのに新聞等にコラムなんかを記載していますが、とりわけ当たり障りのない様なことしか書いていませんよね、どの記事を見てもそう思います。

    そもそも物事に対して悩んだり葛藤したりして成長するのが人の成長だと思うけど、それを投げ出して人に相談する、逆から見ればそれをメシの種にしていると言うことが笑えちゃうね、

    トピ内ID:1036312201

    閉じる× 閉じる×

    まあね。

    しおりをつける
    🙂
    とまと
    気持ちはわかりますよ。
    でも、そんなこと言ったって仕方ないでしょう。
    日本は豊かなんだから。
    何でもやって必死に働かないと食べられない状況なら、心の病なんて言ってられませんよ。飢えて死んじゃうんだから。

    ただまあ、土から離れた都市化した工業化/情報化社会だからこそたまるストレスというのはありますね。

    要は先進国病でしょうかね。

    それと、トピ主さんの言うのは正論ではありますが、やっぱり経験がないから人の痛みがわからない幸せな人かなという感じもしますね。
    まあ確かに、「なんでも心の病って言えばいいってもんじゃない!」といいたくなるような人もいますがね。そういう人は、たいていは自分が働かなくても経済的に困らない人が多いように思いますが。

    あと「一人で克服できない場合には専門の有資格者に助けを求めなければならない」=「(専門家による)心のケア」じゃないんですか?
    トピ主の論理には破綻がありますが、でもまあ「心のケアなんて言ってないで、自分で乗り越えろ!」と言いたいのだろうと判断して、上記レスしました。

    トピ内ID:0672722578

    閉じる× 閉じる×

    何を示しているのかわかりませんが

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    私(50才過ぎ)は昔、小学校1年のとき、ある事故に遭遇して大怪我をしました。普通ではありえない確率の事故であり、治療や入院・リハビリ生活の苦しさが(今でいう)トラウマになったようで、4~5年間くらい、その傷跡を聞かれるのがイヤで、聞かれると泣いていました。

    当時、「心のケア」というものがあったなら、苦しみがもっと少なかっただろうと思います。

    >この方々には心のケアが必要だ!とする記事にはあまり納得できません。
    具体的な部分がわからないので、何とも言えませんが。結局は環境によると思います。

    周りが悲惨なら、それが当然なので、自分が悲惨でもそれを普通に思っているだけ。周りが平和なのに、自分にだけ不幸が襲い掛かると、それなりの心のケアが必要だと思います。

    お葬式や法事だって、元々は近親者を亡くすという心の痛みを守るため(心のケアのため)にあるものです。(今や、金がかかる等、葬式も批判されてますが、元々はそのはずです)

    トピ内ID:8634643859

    閉じる× 閉じる×

    どうやって選別するの?

    しおりをつける
    blank
    30代主婦
    心の強い弱いは人によって異なります。
    比べることはできない筈です。
    例え全く同じ痛みや悲しみを与えたとしても
    一人は苦しんで もう一人は気にしない。
    その人の心の中身や耐性なんて誰にも計り知れないです。

    主さんの言いたい事は解ります。
    ちょっとしたことで過敏になる人多いのは事実かもしれません。
    でも人間は心底悩んだことは口に出来ないものです。
    その違いをどう判断するのですか?!

    ストレスとなり崩壊していくのを防ぐこと必要です。
    その点に関しては 気づくこと 相談するのはとても重要なんです。

    弱いのは悪いことではありません。

    もう一つ別の視点を書きますが
    身内に精神疾患や統合失調症の者がいます。
    私自身もいつか壊れてしまうのではと考えることもあります。
    マスコミ等報道は犯罪にそういう点を結びつけたがり
    精神障害が問題だ。心のケアをしようと警鐘しますが
    正直言えば心のケアだけではどうしようもないのですよ。
    人は実体験しないと意味すら知れないし理解は不可能と感じます。
    この社会では無理なこと沢山あるのです。

    トピ内ID:5378935998

    閉じる× 閉じる×

    トピ主~、単なるストレスとごっちゃにして無い?

    しおりをつける
    😀
    ジョーダン
    実際に恐ろしい目に合って無い人が、言って良い言葉ではないね。

    昔は、更に傷つくのを恐れて、相談出来ない人多かっただろうし、
    困ってる人で金儲けするヤツは、極悪人扱いなんじゃない?
    今は心のケアの専門家が、儲けたいから宣伝しまくってるんだよ。

    だから、トピ主は被害者を悪者にしてるが、一番悪いのは加害者。
    で、次に心のケアの専門家じゃないの?
    中には、ちゃんとした専門家も居るんだろうけど。

    現代の社会の構造を理解した上で、もう一度考えてみたら?

    トピ内ID:4383389485

    閉じる× 閉じる×

    あなたの気付かない現代病

    しおりをつける
    トビキガエル
    現代には『心』というものが成長しにくい世の中になっています。
    そのため、自己保身や倫理観、経験の枠のなかでしか判断することができず、心を壊している人がいっぱいいます。

    人が何を考え、何を要求しているのか、の関心は薄れてきているし、後先を想像せずに自分の欲求を爆発させる人、その他いろんな事件があるでしょう?
    そういった人が増えているのに、少しでも悩みや辛さからの道を拓くために『心のケア』をしてたら弱くなるかしら?

    耐え難い事実と向き合っている人にしてみたら、涙で前が見えなくなってるのと同じ状態。
    そんな人にあなたはどんな声をかけられますか?

    トピ内ID:5553038522

    閉じる× 閉じる×

    厳しさ、優しさ、甘やかし

    しおりをつける
    blank
    インパクト
    トピ主さんから見てこの人はケアが必要でこの人は必要でないと。
    必要で無い人をケアするということは甘やかしになるから精神を脆弱化させているのではという事でしょうか。

    難しい問題だと思います。心のメカニズム自体まだ解明が進んでいる最中です。
    一概にケアが悪いとくくる事はかえって心の医療の発達を遅らせるのではないでしょうか。
    心に関しての医師やその関係者、専門家もより多く臨床経験を積む必要があるとは思います。

    昔は心のケアは近所の人や友人や先生などが担ってきたとは思いますが現代のような人間関係では限界もあるとは思います。
    ここで心のケア技術をしっかりと文面化しておけばいつでも誰でもケアが出来るようになるとは思います。
    丁度風邪薬を薬局で求めれば薬剤師さんや使用説明書で親が子供を快癒出来るようケア技術が
    発展していけば各家庭レベルで対応できるのではないでしょうか。

    厳しさと優しさで対応するのが心のケアだと思います。
    けっして甘やかしではないのではと考えています。
    精神医療の現場で優しさはありますけど甘やかしはないです。

    トピ内ID:4739619289

    閉じる× 閉じる×

    若いんだね

    しおりをつける
    blank
    あっそ
    自分も20代、30代の頃は、「人生、人間、普通は、気力で何とかできるもんなんだ」と思っていたね。
    自分に甘えは必要ないってね。
    歳をとるほど、強くなって、困難苦難に打ち勝って、挫折するほど強くなり、全部を自己責任で、よい経験にできる円熟した人間になれるはずだと信じて、露ほども疑うことはなかったよ。

    でも、どんなに自分自身が気をつけていても、想定外のことは起きるからね。
    突然、後ろから暴走車にはねられる、とかね。(わかりやすく言うと)。

    その想定外のことが起きたとき、強かったはずの自分自身が、一瞬でめちゃめちゃになってブッ壊れたから、びっくりだよ。
    もはや、自分の意識や自覚なんかではどうにもならない。
    これまで積み重ねてきた自信や経験など、全く、一切、何の役にも立たない、ただの幻想で、うぬぼれだったと思い知ったよ。
    どんなに頑張っても、どうしても自分が、自分の気力の手には負えなくなることがあるんだ、ということを初めて知った。

    トピ主さんが、そういう目に合わないといいんだけどね……。

    トピ内ID:8490083826

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]