詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 小規模な自営業の方に質問です(扶養内で働く事について)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    小規模な自営業の方に質問です(扶養内で働く事について)

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😉
    サーモン
    話題
    すみません、私は40才自宅でトールペイントを教えています。
    まだ昨年末から教室を開いたばかりで確定申告などはしていません(起業届は出しました)
    今教室のお月謝と口コミ、インターネットからの注文で月15万程の収入を得ています。
    初めは少しでも家計の足しにと思っていましたのでありがたい事にこんなに注文が来るとは思わず、
    少しとまどっています
    注文はこの先まだ増えていきそうな勢いです。
    ただ勝手な話ですが夫の残業がなくなりかなり苦しい状況ですので扶養内で働きたいと思っています。
    そこで確定申告で夫の扶養内に収まるには月いくらくらいで抑えたほうがいいのでしょうか?
    材料費は月3万くらい、仕事用にパソコン一台購入(10万円)パソコン教室に週1で月謝8000円
    払っています。
    どうぞよろしくお願いします。

    トピ内ID:4026556420

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    専門家ではありませんが…。

    しおりをつける
    🎶
    DITA
    「レス求!」から来たので遅いレスになってしまいました。

    よく「奥さんの収入は103万以内」と言われていますが、
    これは「給与所得控除」の65万円が含まれています。

    パートの給料であれば給与所得になりますが、
    トールペイントの仕事で開業された場合、事業所得になってしまい、給与所得控除の対象になりません。
    ですので、課税所得を38万円以内に抑えることが必要です。

    具体的な方法ですが、ここであれこれ書くよりも、個人事業主の節税に関する書籍を1冊購入していただくのが良いと感じています。

    無責任な予想ですが、青色申告特別控除を受け、諸々の経費(家賃や水道光熱費の家事按分・材料費・ネットショップ費用等)を勘案することにより、
    年間の純売上で200~320万円くらいまでなら、旦那様の配偶者控除を受けられるのではないかと思います。
    (私も、個人事業主向けの本を読んだ程度の知識ですので、いい加減です)

    ただし、320万円という数字は、小規模企業共済の掛金や青色事業専従者給与など、
    ケースバイケースであり、かつ自分のお金としてすぐに使いづらい経費を勘定しています。

    トピ内ID:7712474062

    閉じる× 閉じる×

    私も小規模自営業

    しおりをつける
    😒
    aiko
    自宅で教室やってます。確定申告歴20年以上です。

    DITAさんがおっしゃるように、事業所得の場合、課税所得(収入-経費ー各種控除)が38万以下にならないと、扶養には入れません。これから収入が上がっていくと、扶養でいるのはかなり難しいかも知れません。

    私の場合、夫が何度か会社を変わっているのですが、夫の会社によっても私をどう扱うかが違うんですよ~上記の条件は満たしているのに、「所得」(控除前)の段階で切られたこともありましたし、「収入」の段階で何故だか切られたことも。会社に問い合わせたのですが、教えてくれませんでした…私はもう開き直って、扶養からは外れています。その分頑張って稼ごう!と。

    青色申告は詳しくは知らないのですが、確かに有利みたいですね。ただ会費もかかるし、帳簿つけをきちんとやらなくてはならないので、教室の収入と、源泉徴収される明確な収入とが半々の私は、白色です。青色のことも含め、一度専門家に相談されることをおすすめします。

    トピ内ID:1590620386

    閉じる× 閉じる×

    青色申告について

    しおりをつける
    🎶
    DITA
    経験豊富な方の投稿があり、安心しました。

    トピ主さんにお伝えしたいのは、
    開業された以上、何を経費に組み込むかはご自身で適切に判断しないといけない、ということと、
    配偶者控除を受けるかどうかに関わらず、節税のメリットは大きいということです。

    青色申告の件、aikoさんの書かれる「会費」というのは、青色申告会のことと思いますが、
    これは相談会などサポートをする組織で、入会しなくても大丈夫です。
    青色申告自体は、申告の手法を表すものですので、
    その手法に従って税務署に申告すれば、それだけで青色申告となります。

    ただ、帳簿については面倒そうですね。
    私の場合は、どうせ面倒なことが続くなら…と考え、簿記の資格を取ることにしました。
    手作業でひと通りの決算整理ができるようになれば、会計ソフトの活用も円滑にできるかな、と。
    実際、勉強前後では、会計ソフトへの理解も、税金の本を読んだ時の理解度もかなり変わりました。

    ただ、本業の忙しい方はなかなか手が回りづらい部分と思います。
    本業に集中するため、あえて白色にして「その分稼ぐ!」というのもポジティブで良いですね。
    (私がヒマってことなのか…)

    トピ内ID:7712474062

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る