詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外在住の方。病院(婦人科系)どうしてますか?

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    三十路妻
    ヘルス
    旦那の仕事の都合でアジア某国で生活してます。 住んでる場所の近くの病院には日本人向けに日本人のスタッフが数人駐在していて、医師との面談や診断の結果、薬の説明などその場に一緒にいて通訳してくれます。(診察の時は部屋から出て行きますが…) 風邪や予防注射の時などはいいのですが、最近になってカンジダが再発してしまい、婦人科に行きたいのですが、その日本人のスタッフ達は男性ばかりなので、抵抗があります… 皆さんはどうしてますか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お願いします

    しおりをつける
    blank
    三十路妻
    埋もれてしまったので… どなたかご意見お願いします

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    体を大切に

    しおりをつける
    blank
    みすず
    フランス在住です。 アジアの国とヨーロッパではいろいろと事情は違うとは思いますが、私は普通に行ってます、産婦人科。 何よりもまず、体は大切ですから、そんなこと言ってないでお医者さんにかかるべきです。向こうはプロですから、ちっとも気にしませんよ。現地語がどの位おできになるのかわからないですが、どうしても女医、というのなら急いで現地の女医さんを探すとか。 私の産婦人科医も男性です。しかもこちらでは日本みたいにカーテンもないです。でも慣れれば逆にカーテンがあって局部だけを見せる方が恥ずかしいと思うようになりました。要するに慣れですね。 体の為と思って勇気出してくださいね。大丈夫ですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わりきるしかないかなあ

    しおりをつける
    blank
    海外妻
    私は在米で、英語もなんとかわかるので、どなたかトピ主さんに似た状況の人がアドバイスしてあげたらいいなあと思ってロムしていました。 結論からいうと、自分で治せない以上、わりきってそのスタッフに頼るしかないかなあと思います。診察のときは出てくれるようですし。ただ、たとえば性生活のことも聞かれるわけですから、いやだという気持ちはわかります。たぶん、そのスタッフの人たちにとっては仕事でしかなくて、守秘義務もあるでしょうから、こちらの気持ちの問題なのでしょうけど。 がんばって、かたことでも自分で言ってみる、という道もあります。婦人科でしたら、聞かれることはわりとしんぷるです。「症状」「いつから」「どんなときにひどくなる」「最終月経開始日」「妊娠しているか、妊娠の可能性はあるか(避妊していない場合)」「薬のアレルギー」そして、薬をもらったら使い方を確認しないといけません。 私は英語がわかる、といいましたが、渡米当初はほとんどわからず、事前に辞書をひいて台本みたいにして、それをもっていきました。通じなければ、それを見せたわけです。つづきます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    つづき

    しおりをつける
    blank
    海外妻
    辞書も持っていきました。 この場合、わからないと相手に辞書をひいてもらったりしないといけないわけですが、体のことですから、いつものように笑顔で「イエース」ばかりではいかんと思い(笑)、わからないときはしつこく食い下がりました。 アジアとのことで、言語が何が通じるかわかりませんが、もし漢字が通じるのであれば、漢字で症状等うったえることも可能でしょう。医師は、普通英語がわかるとは思いますが。 既婚の場合、カンジダはそんなに珍しい病気ではありませんし、早く治さないと不妊の原因になるかもしれません。どちらにしても、早く医師に行った方がいいと思います。いざとなったら、「このスタッフとは、ここだけのつきあいだ! この人と一生つきあうわけじゃない」と割り切るしかないですね。 お大事に。またしばらくロムしてますね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    現地の病院/帰国して受診

    しおりをつける
    blank
    うさうさ
    近所に日本語の通じる病院があるけれど、日本人スタッフが男性だから行きたくない・・・のであれば、別の病院に行けばいいのでは? もちろん、別の病院にも男性スタッフはいるでしょうけれど。 日本語が心配で、その病院に行きたくないなら、日本に戻って通院なさればいいんですよ。 「私なら男性スタッフのいる近所の病院に行きます」というレスがつけば、観念してその病院に行くんですか? ご自分の体のことですし、もっと主体性をもってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    市販の薬

    しおりをつける
    blank
    ぽん
    確か海外ではカンジダを治癒する市販の薬がありました。日本でもアメリカンファーマシーとかで売っていた気がします。一度調べてみては?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それでも病院には行かないと。

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    大変ですね。 私も某隣国に住んでいますが、滞在が長引けばいろいろあります。 ただいま海外生活6年目に入りましたが、内科や外科にとどまらず、盲腸炎の手術もしましたし、蓄膿症の手術もしました。転んだはずみで歯が折れて差し歯も作りました。妊娠8ヶ月で入院してそのまま出産もしました。 心療内科でもない限り、病院は目的がはっきりしているので、辞書片手に筆談でも何とかなりました。英語でアレルギーの有無を伝えたり。 トピ主さん場合、具合の悪い理由が何が何だか全く検討がつかないのではなく、ある程度分かっているのですから、事前にネットで病気の種類と治療方法、薬の種類等を調べて行ってみてはどうでしょうか。 まさか患者を追い出すようなことは医者もしないでしょうし。 無責任な発言しかできなくて、すみません。 でも、これで私は乗り切ってきました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    早く行った方がいいですよ

    しおりをつける
    blank
    男性のお医者さんに抵抗があるんですかね。 でも、向こうは何とも思っていませんよ。患者さんなんて数え切れないほどいますから。早く病院にかかった方がいいです。カンジタは痒くて辛いですし、きちんと治さないと(膣の常在菌なので、炎症を抑えるという事)、配偶者の方にも移ります。一度発症すると、自然治癒は期待できませんし。 30代になっても「恥ずかしくて行きづらい」という発言を聞くと、びっくりしてしまいます。男性経験が無いなら、気持ちはわかりますが。カンジタどころか、そんな調子じゃ子宮がん、頸がん検診も受けられないじゃないですか。乳がん検診も大事ですよ。 私も海外在住の30代ですが、調子が悪くなくても、半年に一度自分で決めて検診に行ってます。海外で大きな病気なんてしたら、医療費が大変ですから。 とにかく、早く診てもらったほうがいいですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トビ主です

    しおりをつける
    blank
    三十路妻
    レスつけてくださった皆様、有難うございました。 慣れない土地で、言葉も分からず(いつも辞書片手の片言です)、友達もいないので、誰かに後押しして欲しかっただけなのかもしれません。 ここだけの関係と思って割り切ってしまおうと思います。 本当に有難うございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    仕方が無い

    しおりをつける
    blank
    ゆきのこ
    日本人スタッフは診察の時に部屋から出るとのことなので、恥ずかしいのは問診時の通訳のみということですか? そのくらいいいのではないか、と思いますが・・ 日本でだって、婦人科医や産婦人科医は男性であることも多いですし。 その場合は局部まで見せるわけですから、それに比べれば大したことは無いかと。 狭い日本人社会で、日本人スタッフと顔見知りだから、そういうプライベートなことを知られるのが恥ずかしいという場合なら、受診のために日本に帰るか現地人のみの病院で頑張るという手もあると思います。 放置しない方がいいですよ。 頑張ってくださいね!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと気にしすぎ・・・

    しおりをつける
    blank
    misha
    男性医師の診察に抵抗があるというなら まだ分かりますが、日本人スタッフは 通訳のみなんですよね? 婦人科とはいえごくありふれた病気なので、 通訳もスムーズでしょうし、そんなことを 気にしていたら・・・と思いますが。 治療は決して難しくなく、短期間で終わる はずなので、割り切るしかないでしょう。 自己判断での治療はやめたほうがいいです。 私も海外で婦人科系の異常があり、日本人の 男性医師に診察してもらいました。 言葉が十分に通じる環境で診てもらえるだけで 恵まれていると思いましたが。 そんなことより治療自体の質を気にしたほうが ずっとご自分のためだと思いますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私なら・・・。

    しおりをつける
    blank
    中国駐在妻
    中国在住です。私もカンジダよくかかります。 診察の時は日本人スタッフは部屋から出るとありますが、診察内容自体知られたくない、ということでしょうか?言葉が何とかなるなら、婦人科の診察時にはスタッフの方に入室を遠慮してもらうと思います。あるいは婦人科のみ別の病院を探すか。男性だからとかではなく、医師以外に知られたくない、ということですよね。お気持ち分かります。 最初に書いたように私もこのところ抵抗力が落ちたのか罹りやすいようで、先日診て貰った時に市販で購入できる薬がないかどうか聞きました。(ここは中国ですが、一般の薬局で入手可のものがありました)もし度々罹るようで、ご自分である程度(カンジタだと)確信できるようでしたら、そういった薬を入手できないかどうか聞いてみても良いかもしれませんね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]