詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子ども亡き後の夫が心配です

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    菜の花
    ひと
    初めてトビを立てさせていただきます。 私達夫婦は昨年12月に最愛の子どもを亡くしました。 辛く悲しい気持ちはまだ癒えることは無いものの、 当初よりは落ち着いてきたようにも感じていました。 そんな中、主人がポツポツと話し出しました。 「○○(子ども)が亡くなって辛いこの気持ちを誰にも 話せなくて、自分が煮詰まっているのが解る。(私と)話をしても辛さ、悲しさが増幅されるので話したくても話せない。子どもを亡くした悲しみは経験者じゃないと解らないから、友達にも話せないし友達もどう言っていいか解らないだろう。」と。 私は幸いと言うか、子どもを通して知り合えた方達に話を聞いてもらったりしていました。 主人は「男だから」と極力涙を隠し、私ともう1人の 子どもを支えてくれていたのに主人の「本当に辛い」気持ちに気づかずにいて情けない思いです。 よく話をしていた義母は故人で、兄弟はいるのですが病気がちで話し相手にはならないのです。 何とか主人の心を少しでも開放させたいのです。 どのようにすればいいのかアドバイスがいただければと思いトビをたてました。 よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    これからでは

    しおりをつける
    blank
    バタコ
    菜の花さん、お辛い出来事でしたね。 ご主人が、ぽつぽつと話し出されたのも、 やっと現実を受け入れ始め、気持ちを表出できたということではないでしょうか。 自分ひとりで耐え切れなくなったとき、話せるのはやはり 菜の花さんしかいないと思います。 子供を失った悲しみは深く、時間がかかると思います。 どうぞ、ご夫婦で乗り越えてくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    無理せず、ゆっくりと

    しおりをつける
    blank
    ピッピ
    この度はご愁傷様でした。 お子さんを先に見送ることは、何事にも変えがたい苦痛だとお察しします。 最近になってご主人が話し始めたということは、ご主人なりのSOSなのではないかと思います。 あなたにだけは正直な気持ちをお話されているようですし、もし可能であれば、トピ主様がお辛くならない範囲で、ご主人の聞き役になって差し上げてはいかがでしょうか。 ただ、トピ主様もお辛い気持ちなのは一緒ですから、 カウンセリング等の利用もお勧めします。 私自身、カウンセリングを受けた事があります。 「自分が落ち込んでいるせいか、人の励ましの言葉も全部裏があるように感じてしまう」と相談した時の、カウンセラーの先生に言われた言葉は、未だに印象に残っています。 「自分がそう感じたのなら、その気持ちは認めて、大切にした方がいい」 ですから、大切なのはご自分の本当の気持ちを封印せず、ありのままに打ち明けられる場所が必要だということだと思います。 ご主人にとって、その場所というのは、今はトピ主様だけだと思いますが、どうかトピ主様だけで受け止めようとせず、第三者の力を借りることも視野に入れておいていただきたいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんなサイトがあります

    しおりをつける
    blank
    ふき
    愛と死別の掲示板・・・私も以前ここを訪れて自分の心を癒していました。書き込みはしませんでしたが自分と同じ立場の人がたくさんいて、悲しい想いや辛い気持ちを打ち明けあい助け合ってる話を読んでもらい泣きしたり元気をもらったり・・・。 話を聞いてくれる友達はいましたがどうしても遠慮してしまいます。また話すために思い出すことで声が震えてくるので気持ちを思う存分語ることができませんでした。 そういう意味では掲示板を利用するのもいいと思います。 よかったら見てみては・・・。 このタイトルで検索すれば出てくると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    菜の花
    お返事ありがとうございました。 内容が内容だけに返事があるかなあと少し不安も ありましたが、とても嬉しかったです。 バタコさん、 気持ちを表出できた、そうなんですね。 亡くなった当初から「泣きたい時は泣いて」と言っていたので泣いていたのですが、初七日を過ぎたあたりから人前では決して涙を見せなくなりました。私の前でもあまり涙は見せませんでした。 やはり耐えられなくなったのだと思います。 ピッピさん、 カウンセラーの先生が言われた言葉は頷けるものが ありますね。主人は考えすぎる所があるのでそんな自分も嫌になる時があるようです。勿論私にも当てはまる部分はあります。行き詰った場合は第三者の力も必要なのかも知れませんね。 ふきさん、 早速見てきました。 自分だけじゃないと励まされた感じです。 男性が開設したホームページもあるんですね。 主人にも折をみて見ることを勧めたいとおもいます。 この一週間余り義兄が倒れて慌しく過ごしてきました。義兄の状態も落ち着いてきたので又主人とじっくり話したいと思います。これから、無理せず、ゆっくりと、ですね。温かいお心遣い、ありがとうございました。  

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]