詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    精神科医・心療内科医と臨床心理士

    お気に入り追加
    レス33
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    きのしたです
    話題
    受験も終わってほっとしている中学3年の女子です。 私は心理学にとても興味があって、将来はそちらの方面に進みたいと思っています。 タイトルに書いた精神科医・心療内科医と臨床心理士の違いがよくわかりません。 医者は医学部で理系だし、心理学は文学部で文系ですよね。 仕事の中身は似ているように思うのですが、決定的な違いってなんでしょうか。 実際にお仕事されている方のお話をいろいろ伺えたら、とてもうれしいです。 春休みは今まで我慢していた本をいっぱい読もうと思っています。 よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数33

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  33
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    薬を処方できるのが医師です。

    しおりをつける
    blank
    医師
    薬物を使わないで治療するのが臨床心理士です。 これでいいですか? 外国では文系、理系なんて分け方がないし、アメリカだと大学に脳神経科学部が1990年以降できていますよ。医学、心理学、薬学、工学、理学すべて統合して新しく作られました。(アメリカで医師になるには一般大学を卒業してから医学部に進まないとなりませんが)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    簡単には

    しおりをつける
    blank
    菜乃歌
    受験、お疲れさまでした。  精神科と心療内科の大まかな違いは  ・精神科…精神疾患の方。  ・心療内科…症状は内科的な不調だが、原因が精神的なものの方。  精神状態に原因があっても、表に出る症状が(一見)身体症状のみ場合は、心療内科です。  ただし、問題の根は精神なので、心療内科も基本は精神医学ですし、精神科の患者さんも身体症状は出しています。  また、心療内科はまだ出来たばかりなので、現在の心療内科医は、精神医学を学んでから、内科の知識を合わせて「心療内科」と標榜する場合が多いです。(心療内科を専門に学べる医学部も幾箇所かありますが。)  なお、精神科では、神経症、躁うつ病、統合失調症(旧称精神分裂病)、てんかん、痴呆、などの患者さんを幅広く診なければなりませんが、心療内科には統合失調症、てんかん、痴呆の患者さんはまず来ません。  臨床心理士は、カウンセリングを行う国家資格の一つです。文系で心理学を学んでなる人が多いですが、医学部を出てなることも可能です。精神科医と臨床心理士の資格を併せ持つ人もいます。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    決定的な違いは

    しおりをつける
    blank
    通りすがり
    精神科医・心療内科医は、薬を処方できます。 臨床心理士は、薬を処方できません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    違い

    しおりをつける
    blank
    貼る子
    精神科医は医師免許を持っている人です。 臨床心理士は臨床心理士の資格を持っている人です。 精神科医の方ができることが多いです。 (注射・薬の処方) 心理で食べて生きたいのなら、 医学部に進むことをお勧めします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    再投稿です。今度は具体例。

    しおりをつける
    blank
    菜乃歌
     例えば「うつ病」の患者さん。    とりあえず「身体がだるい、精神的につらい、死にたくなることもある」、そんな状態を、精神科系の薬で軽減することができます。  お話を聞いて、医学的にどういう状況か判断し、薬を使ったり、精神療法と呼ばれる一種の会話による治療。  それで、重症期はなんとか乗り切れます。  ちょっと軽くなったところで、そもそも病気になった本質は何なのかを考えます。精神科に来られる方で、症状の根底に、根強い理由を抱えている方は多く、それが回復の妨げになり、再発の原因になります。  このお話は、時間をかけて聞きます。通常の診察が都合上10分(長くて20~30分)ですが、カウンセリングというかたちをとる場合、一回50分を毎週、数ヶ月以上続けていきます。  医師をしていると時間の制約があることもあり、こちらは臨床心理士の方が専門に行うことが多いです。医師と臨床心理士は連携していることもしていないこともあります。  以上、一例でした。  私も漠然と興味を持っていたので、同業に来てくださる方がいると嬉しいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    医学生です。

    しおりをつける
    blank
    ショコラ
    精神科医と心療内科医は基本的に同じです。最近は心の病も増えているので、「精神科」より「心療内科」のほうが気軽に受診しやすいという感じでしょうか?たんなる呼び方の違いと考えていいと思います。医学部は6年間あり、国家試験に受かったら、内科・外科・小児科・産婦人科・精神科など、どれでも自分の進みたい科に進む事ができます。街中にある「○○病院」や「○○クリニック」は医師の資格がないと開業できませんし、診療できません。臨床心理士は、詳しくは分かりませんが、職場は基本的に同じでしょう。専門的な心理テストなどが精神科診療ではありますので、医師のもとでそのような手技(多分色々とあると思いますが分かりません。ごめんなさいね。)を用いて一緒に治療にあたるのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    また再投稿。

    しおりをつける
    blank
    菜乃歌
     私も「漠然と興味があった」時期があるので、少しでも参考になれば、そして関係職に来てくれればと思います。  精神科・心療内科医と、臨床心理士(特に文系出身)の大きな違いの一つに「疾患メイン」か「心理学メイン」か、というのがあります。  心理学と言っても、一般に言うのより狭い意味の「心理学」という学問のことなのですが、健康な人の心理、それがどういう風に変化するか、そんなことを学ぶようです。  医学部では、その「心理学」について、長く学ぶ時間はありません。その代わり、いろいろな病気を学び、その疾患独特の「心理」なら、学ぶことができます。また、心理学で手に負えない範疇の精神状態を扱うのも精神医学です。  どちらがよいという考えはなく、どちらが性にあっているかでしょう。まだまだ時間がありますし、せっかく受験を終えて春休みのようなので、いろんな本をたくさん読んでください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    間違い>菜乃歌さん

    しおりをつける
    blank
    ぷしこ
    臨床心理士は、国家資格ではありません。 (これについては長年もめているのですが結局国家資格にはならないままです) また、臨床心理士になれる大学及び大学院は決まっています。臨床心理士の資格については河合隼雄さんが権力を握っているので、例えば彼と仲の悪い慶應大学では臨床心理士にはなれないのです。 精神科医は薬物療法が主です。精神療法だけだと採算がとれないし、患者の人数もかぎられてしまうので。 ただ、必要に応じて(病院にもよりますが)精神科医が50分などのしっかりした精神療法を行っている場合もあります。基本的に医学部ではカウンセリングは習いません。 医師になってからそれぞれの興味に応じて、カウンセリングを学びます。(カウンセリングといっても精神分析や認知療法など様々なやり方がありますので自分が合うと思ったものを学びます) 心療内科という科がある大学も限られています。 精神科医からみると、心療内科はどっちつかずで身体もしっかり診るわけではないし、心もちょっと大変になると精神科に回すし、正直何を診れるのかな?という感じです。 精神科医になってしまえば後からどちらにもなれますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ヨコですが

    しおりをつける
    blank
    直美
    臨床心理士は国家資格ではありません。 鬱病など心の病にかかる方が急増していることに伴い、近い将来に「医療心理師」という国家資格ができる予定です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    菜乃歌さん・・・

    しおりをつける
    blank
    匿名
    あなたの書き込み、めちゃくちゃなんですが・・・。 ・精神科と心療内科の区別は有名無実化しています。  心療内科にも痴呆や統合失調症の患者さんは大勢いらっしゃいますよ。 ・臨床心理士は国家資格ではありません。  日本臨床心理士認定協会が指定した大学院を終了しないと受験資格はありません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    臨床心理士は民間資格

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名
    まずはトピ主さん、受験お疲れ様です。 で、どなたかが臨床心理士は国家資格の一つと 書いていらっしゃいましたが 臨床心理士は、国家資格ではありません。 文部科学省と密接なつながりがあるので国家資格の ように思われていますが、違うのです。 臨床心理士は資格取得が非常にむずかしいわりには 職がないのが現状です。実際、臨床心理士の資格を 持ちながら、トラック運転手をやっているという話も 聞きます。 もうすぐできるであろう医療心理師という国家資格も、 「医師の指示のもとに心理療法を行う」というのが 草案らしく、これでは資格が取れたとしても、 お医者様がいなければ何もできないことになるのではと いう懸念の声も高まっています。 臨床心理士は医師の免許があって、心理臨床経験が 2年だったかな? あれば受験できますから、 心理の仕事をするならお医者様をめざすのが 最強かと思いますよ。ぜひ頑張ってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    きのしたです
    皆さん、いろいろと教えてくださりありがとうございます。 なんとなく思ってはいたのですが、皆さんのレスでよくわかりました。 特に「心理で食べていくならお医者さん」というお話は、はっきりしていて、「なるほど」と思いました。 まだ15歳なので将来のことはわかりませんが、一生懸命勉強していくつもりです。ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    臨床心理士の仕事

    しおりをつける
    blank
    プシケ
     臨床心理士はスクールカウンセラーとして学校でカウンセリングをしたり、児童福祉施設で虐待を受けた子どものセラピーをしたりしています。もちろん病院でカウンセリングをする臨床心理士もいます。  医師との違いで決定的なのは、薬を出せないこと、入退院を決められないことです。精神科医は薬を使うのでその勉強を医学部でするのですが、臨床心理士は例えば週1回1時間継続的に会ってじっくり話を聞くカウンセリングを、大学院に2年行って学びます。  カウンセリング(精神療法とも呼ばれます)をする精神科医は少数ですが、その人達と臨床心理士が一緒に勉強会をすると、カウンセリングのやり方はほとんど同じだし、必要な知識は同じだなと感じます。  あなたがどんな場所で役に立ちたいか、どんな科目が得意かで決められるといいのではないでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    同級生の話ですが

    しおりをつける
    blank
    もと心理学生
    私の同級生は一流大学の大学院を出て臨床心理士になり、ある病院で働きながら、博士課程に通っていました、が・・・。 バイト精神科医の日給 100000円 バイト看護師の日給 20000円 バイト臨床心理士の日給 10000円 だったそうです。偏差値は関係なく、医療の世界では医者>その他という待遇になるわけです。(なお、バイトですので、医者に夜勤があるとかそういうことではなく、単純な昼間の賃金です)これだけ差をつけられて、立場の差がないわけがありません。 彼はそれを知った後、医学部に入りなおしました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    臨床心理士です

    しおりをつける
    blank
    燈湖
    私は臨床心理士の資格を持っています。 主な仕事はスクールカウンセラー・施設・病院などの心理相談員等です。名前は知られていますが、今のところ就職先はごく限られたものです・・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    正常の心理は心理学、異常なものも扱うのが精神医学

    しおりをつける
    blank
    医師
    と習いました。 たとえば生理学は医学部でなくてもやれます。(理学部生物科、体育学部など)病理学は医師の資格が必要です。 神経症などの患者さんは正常か?と感じるかもしれませんが、精神の疾患かもしれませんが狭義の精神障害ではないですね、、、。(完全に狭義だと統合失調症だけになるかも)。 精神病理学も医師の資格がいるような気がします。ただ、医学部というのは精神科として最初から入学するのでなく全てを学ぶので精神病については少ししか習いませんよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    御指摘ありがとうございます。(再々々投稿)

    しおりをつける
    blank
    菜乃歌
     ええと、中学3年の方の将来への説明ということで、省いた部分を指摘・説明していただき、ぷしこさん、匿名さん、ありがとうございます。  こちらのお二人が書かれているように、 ・精神科と心療内科の違いは有名無実化している  ;心療内科の歴史が浅く、定義も曖昧で、ちゃんと教えられる医学部は少ないです。精神科医になり、その上で心療内科医として対応している人が殆どであると考えられます。 ・臨床心理士の資格は統一されたものになっていない。  ;カウンセラーというのは比較的新しい概念で、それに関係している学会が二つあります。学会長がとても仲が悪いため、二つの学会が協力して一つの資格を作るということができていません。  そんなわけで、現状では医師や看護師のような国家資格はありません。できる見通しも伝わってきません。  しかし、現実にはカウンセラーの需要はあり、文系、医学部どちら出身もいます。  心理学をきちんと修めたいのであれば、医学部では殆ど習いませんので、文系をお勧めします。  とりあえずこういうしょうもない話は省いていいかと思ったのですが・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    精神科医が心療内科医をする理由

    しおりをつける
    blank
    菜乃歌
     ショコラさんも書いていらっしゃいますが、精神科という響きを嫌う患者さんは多いし、周囲に知られたくないということもあり、「メンタルクリニック」「神経科」「心療内科」と書いておいた方が、患者さんが足を向けやすい、ということがあります。  医者がどの科を標榜するかは、かなり自由度が高く、上のどれを書いても構いません。精神科と書くこともありますが、一緒に「神経科」「心療内科」と書くことは多いです。  そういった、「中身は精神科」の心療内科では、ほぼ精神科の治療を行います。  もっとも、心療内科を専門に教える医学部も少ないけれどあります。その場合の心療内科の定義は、以前に書いたものをご参照下さい。  本当は違う科ですが、心療内科医として専門の訓練を受けた医師が圧倒的に少なく、精神科または内科(特に心気症などを診ている人)から、入ってくるのが実態です。  精神科の素養がある方が断然やりやすいので、現在心療内科を考える人は、精神科の門を叩く人が多いです。  というわけで、現在、心療内科医は実態があやふやな部分が多く、中身は精神科医の場合が多いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もと心理学生さん、本当ですか?

    しおりをつける
    blank
    医師
    カウンセラーにかかるお金は1時間1万円前後だと思いますが。 臨床心理士で開業すればいいんじゃないですか?日本は臨床心理士だけで開業できないのであれば精神科医と組めばいいだけでは? 時給1万円は医師と同等の金額です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そんなばかな!→もともと心理学生さん

    しおりをつける
    blank
    ぷしこ
    医師の給料はそんなに高くありません。 もしかしたら地方ですか? ちなみに土曜の夕方~月曜の朝まで当直(夜間はよばれ、3日間缶詰)でその日給にもいきません。 国立系の都内の病院は時給はコンビニバイトくらいかも。 まあ、所属している医局(大学)の系列にもよるのかもしれないけど。。。 心理士もクリニックや私立のカウンセリングの施設では医師より給料がいい場合も。しかしごくかぎられてますね。 一般的には給料は心理士よりも医師の方が高いかもしれませんが、もともと心理学生さんが書いてあるのは一般的ではありません。医師の中では精神科は給料が低い方ですし。 医師という職業を誤解されたくないのでお返事しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まず医師になるか、ならないか

    しおりをつける
    blank
    とくめい医師
    まず、医師の場合、 心理学よりも病気の治療がおもな仕事となります。 なぜかというと精神に異常をきたす身体の病気がたくさんあるからです。 たとえば、内臓の機能異常や、甲状腺などのホルモン異常、 膠原病各種、糖尿病、エイズ、脱髄・変性疾患、 脳器質性疾患(脳腫瘍、脳炎、髄膜炎、脳梗塞、交通外傷・・・)などさまざま。 そして、意識障害や興奮・行動不穏患者全般を診断できなくてはならないです。 うつ病や神経症でも、意識障害を起こすことがあります。 また、薬を使うため副作用や全身状態について把握できなくてはなりません。 うつ病は脳の神経伝達物質のバランスがくずれている状態ですが、 その原因がストレスや、本人の性格や行動からくる場合、 長期的フォローが必要となります。 ここで、ようやく心理学や精神療法の知識が出番となるのです。 医師は活躍の場が多くあるのでおすすめしますが、 女性にはなかなかハードな仕事です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    〆後かな。。。まだ見てます?

    しおりをつける
    blank
    一応医者
    他に書いておられる方がいないようなので一言・・・。  トピ主さんが書いておられるように、医学部は理系、心理は文系ですよね。これって結構大きな違いです。医学部に入るには、やっぱり数学や物理(生物と化学で受験もありか?)にかなり強くないと辛いと思います。私が高校のときは、それらがどうしてもできなくて文系に転向していった友達がたくさんいました。  さらに、医学部に入学した後ですが、医学部はあらゆる科の医者になれるよう教育するところですから、人体解剖もしなければならないし、外科で実習もしなければなりません。また、最近2年間の研修が義務化されたので、卒後は学生よりシビアな立場で、外科や産婦人科を数ヶ月勤めなければならなくなりました。  わかりきってたことだったかもしれませんが、念の為・・・。実際にそういう職業でやっていらっしゃる方と、直接お話できるといいかもしれませんね。がんばってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    心理の仕事の種類

    しおりをつける
    blank
    臨床心理士
    心理に興味があるということですが、心理職って範囲が広いんです、ほんとに。もしご存知なら読み飛ばしてください。 心理職(いわゆる心理士)の仕事は、医療、教育、福祉などの分野で求められます。 医療現場は、トピ主さんのイメージに近いと思います。実際にはカウンセリングはあまりないです。心理検査をしてその結果のレポートを書くことが主になります。 教育現場は、スクールカウンセラーや教育相談所。不登校やクラスの中の気になる子(発達障害とか)の対応です。 福祉は機関によってさまざまですが、家庭内暴力の相談や障害のある子どもの発達について相談対応などです。 公務員としての心理職もあります。児童相談所で知能検査などを行う心理判定員。少年鑑別所の職員も心理職といえるでしょう。 今ぱっと思いつくのでこのくらいです。 国家資格として「医療心理師」ができた後、心理職の立場がどう変化するかは正直言って誰もわかりません。 まだ15歳ということなので、職があるかとか賃金の面とかはさておき、興味のあることを貪欲に学ばれるといいでしょう。 また、心理は大学では文系ですが、統計学の基礎は必須です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    > 菜乃歌さん

    しおりをつける
    blank
    臨床心理士
    菜乃歌さんの再々々投稿に気になる点がいくつかあります。 どの程度業界のことをご存知なのでしょうか? 臨床心理士がカウンセラーとして活動することは多いですが、決して臨床心理士=カウンセラーではありません。 また、カウンセラー、カウンセリングに関する学会は2つどころか多数ありますし、国家資格に向けてうまくいっていない団体や協力団体も2つではありません。 国家資格ができる見通しがないとのレスがありましたが、国家資格成立に向けて3党合意し議員連盟が発足しました。 省略してレスをつけておられるとのこと。省略はけっこうですが、間違った内容はご遠慮いただきたいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    またまた菜乃歌さん・・・

    しおりをつける
    blank
    匿名
    >カウンセラーというのは比較的新しい概念で、それに関係している学会が二つあります。学会長がとても仲が悪いため、二つの学会が協力して一つの資格を作るということができていません 学会は2つどころか20以上ありますが・・・。 20以上の学会がそれぞれに資格を発行しているのが現状ですよ。 まぁ、その中でも力のある学会とそうでない学会とがありますが、少なくとも2つが対立している、というような簡単な構造ではありません。 別トピを拝見するに、菜乃歌さんは医師をされていると書かれているのに薬に関する誤った書き込みをされていたり、はたまた32条の適用を受けていると書いていたり、あなたの書き込みには疑問点が多いです。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    菜の歌さん、正しくないですのでもうおやめ下さい。

    しおりをつける
    blank
    医師
    医学側からもあなたのレスは正しくありません。あなたは医学部でもなく心理学部でもない、しろうとさんではないのでしょうか。 医学部は医学科なのですべての科を全員が学びます。卒業したら何科の医師になろうと完全に自由です。自由度が高いという問題ではなく。卒後、研修医としてそれぞれの科で訓練を受けます。心療内科を選べば卒業大学に関係なく心療内科医になれます。あるいは内科と精神科の両方で訓練を積めば心療内科医になれます。内科の研修医をせずに心療内科医をすることは危険すぎますのでありえないでしょう。まず内科系の病気を除外する必要がありますから。ホルモン異常、脳腫瘍、胃潰瘍などの多くの疾患の可能性があります。 心療内科は最近できたわけではないです。九大の森田療法をご存知ないですか?ただ日本にしかない科です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    本当ですよ>医師の時給

    しおりをつける
    blank
    薬剤師
    私は病院勤務(パート)で時給3000円ですが、この時給はお医者さんの5分の1程度だそうです(私の病院では)。 単純計算すれば先生方は7時間働いて105000円。 日給10万円超ですよ。 それから医師さん、臨床心理士だけでも開業できます。 もちろん「病院」「医院」「クリニック」などと名乗ることはできませんから、カウンセリングルームという形での開業になります。 この場合、カウンセラー(臨床心理士)が価格を自由に設定できます。 しかし、「医師と組む」形になれば、医師の監督下での業務遂行になりますから、必然的に医師に雇用される形での勤務になります。 その場合は、大した稼ぎにはならないでしょうね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    きのしたです
    少し見ないうちにたくさんのレスが付いていてびっくりしました。皆さん、ありがとうございます。 先日高校のガイダンスがあったんですが、一年の夏休み前には理系か文系かを考えなければいけないそうです。正直そんなに早く決められないって言う感じです。 とにかく今はいろいろなことを吸収していきたいと思っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    >> 菜乃歌さん

    しおりをつける
    blank
    菜乃歌
     自分は医師で、まだ専門の決まらない時期です。  精神科医になるか検討した際に、臨床心理士とカウンセラーのことについて聞きかじったのと、実際の患者さんの経験数例なので、正直、臨床心理士というより、医師と連携してカウンセリングを行う人のこと、になっていて、臨床心理士の実像とそぐわない点があるかと思います。  その点は、御指摘の通り、間違った部分は申し訳ありません。  長い目で見て、資格ができる可能性はありますが、3年後に受験を控えた方にとっては、見通しがないに等しいのではと考えます。  また、学会は幾つもあると思いますが、大枠で問題を起こしているのは二つの学会の学会長同士と聞いています。  この2点、私にとってはそのように見えますが、誤りの部分は御指摘・訂正いただけますと幸いです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    学校現場からの感想(一方的な意見ですが)

    しおりをつける
    blank
    保健室の先生
     保健室に勤務しています。何年も前に聞いた話で、実体験ではありませんが・・・  別の先生の学校で、カウンセラーの方で、困り者の人がいて、決められた日に職場に来て、ボーっと職員室の机に座っているだけで、「自分の子どもは3人とも登校拒否だったのよ。そのときの経験からいうとね・・・」と言ってる方がおられるのですが、そんなあなただから、子どもみんな登校拒否になったんとちゃう?って内心思ったとか。結局、国家資格がないから、自分がカウンセラーといえば、そうなっちゃうんですって。(今はどうかな?)  もちろん、とてもすばらしい方も具体的に存じ上げていますが、将来目指されるのなら、医者の方がいいように思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  33
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]