詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    絶対音感のレッスン

    お気に入り追加
    レス54
    (トピ主15
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    話題
    子供4才が絶対音感のレッスンを受けています。一年。 毎日毎日練習していますが、ずっと停滞しています。 和音で一番高い音を言い当てるのですが時々間違えます。 私は絶対音感がありますが、苦労せずいつの間にか出来ていました。 水滴や踏み切り、車のブレーキ音などもドレミに聞こえるのが面白くて好きな曲は幼稚園の頃から一度で耳で覚えていました。 移調も出来ます。ヘルツは分かりません。 最近子供がずっと不調なので、単音で音当てをさせると習っていない音までスラスラ答えられました。間違いはゼロ。 でもピアノ以外の楽器の音を取るのは難しいようです。 ラジオから流れるメロディの音取りも習っている音は出来ました。 ソルフェージュもやっていますが、子供は音痴。 ピアノを弾くことは非常に上手です。 絶対音感は訓練でつくものだと思っていましたがつかない子もいるのでしょうか? 今出来る限りやってあげたいですが何かお勧めアドバイスありますか?

    トピ内ID:3678092261

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 1 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数54

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (15)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    絶対音感の教育はあまりお勧めしません

    しおりをつける
    blank
    音楽養育者
    当方、音楽の専門家です。絶対音感があると、のちのちアンサンブル、例えば古楽との共演や、合唱、弦楽との合奏の時に大変なハンディキャップになります。特にピアノの音で絶対音感を学ぶことは百害あって一利なし、です。その音の高低の正確さよりも、弦楽の中での短3度を一つとっても広い音程と狭い音程のあることを感ずる事のできる耳を育てることの方が、音楽的には正解です。 何を隠そうこの私が絶対音感があったゆえに、後に大変苦労したのですから。正確なAの音が取れても、それはサーカスの曲芸と一緒で、音楽性には何ら関係ありません。

    トピ内ID:8465786285

    閉じる× 閉じる×

    相対音感とまちがえていませんか?

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    相対音感と絶対音感は違いますよ 練習で身につくのは相対音感で、絶対音感ではありません 勘違。い思い違いからお子さんを追い詰めないであげてください

    トピ内ID:7915175721

    閉じる× 閉じる×

    絶対音感保有者です

    しおりをつける
    blank
    いきなり音を重ねてしまうとわからなくなってしまうお子さんでも、単音で判るなら、アルペジオのように和音を時間差でズラしながら重ねて聞かせるとよいかと。 また、三つの和音よりは二つから徐々に音数を増やすのがいいでしょう。 余談ですが、私は絶対音感のせいで全てがドレミ、ヘルツがあってない音を聞きすぎて、ノイローゼになったことがありますので、お子さんへの指導も熱くなりすぎないでくださいね。

    トピ内ID:3239162334

    閉じる× 閉じる×

    訓練すべきもの?

    しおりをつける
    blank
    とろろ
    私も絶対音感があり、かつ共感覚がある…ようです。 絶対音感はレス主様のご説明の通り、私はそこに「色彩」も入ります。 でもこれは生まれ持った「感性」であると思っています。 「感性」とは生まれ持ったもので、訓練して持つものではないと、 これは私の考え方です。 むしろそこに固執することにより、子供が音楽そのものを嫌がるようになれば、 これは本末転倒です。 「音楽」というのは「音を楽しむ」と書きますね。 旋律を楽しみ、音を楽しみ、広がる音の豊かさを感じることを楽しむことこそが 音楽の本質であると思いますし、 そこに「音」「ヘルツ」そのものの矯正を、レッスンを受けてまですることではないと 私は思いますよ。 音大でも「固定ド」「移動ド」の生徒さんが半数くらいいらっしゃいます。 みなさん絶対音感を持って生まれた方ではないです。 お子様がオンチだとのことですが、決してそうではないと思います。 ピアノが演奏できるのですからそうではありません。 小さい子供に必要なのは、音への探究よりも「感性のひろがり」だと思います。

    トピ内ID:8537344479

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫ですよ

    しおりをつける
    blank
    ひまわり
    私も幼稚園~小学低学年の頃は、単音は分かっても、 和音が苦手でした。年齢と共に、わかるようになったので、 今は成長途中なのではないでしょうか。 長い目でみてあげてください。 音楽を聴く機会が多ければ、大丈夫だと思います。

    トピ内ID:7690157224

    閉じる× 閉じる×

    残念ですが…

    しおりをつける
    blank
    R
    お子さん、すでに 相対音感 が、ついてますね。 絶対音感の訓練では、子どもに音の高低を意識させてはいけないはずです。 特に、音楽経験のある親御さんは、すぐに音名、高低を子どもに「無意識に」教えてしまうので、やっかいなんです。 (それを教えた方が、正解率が上がるから。いらない知恵を子どもに付けているんですよ) しかも、和音の練習中に、単音の音当てをするなんて、もってのほか。 仰るように、訓練でつかない子もいますが、お子さんはソルフェージュまで始めちゃってますし…。 絶対音感訓練の条件として、マイナス要素が多いようです。 一日も早く、先生にご相談を。

    トピ内ID:7755520321

    閉じる× 閉じる×

    お気の毒です

    しおりをつける
    blank
    chacha
    お気の毒です、子供が。 絶対音感は才能だと思われます。遺伝するものでもなく、努力で身につくものでもないのでは。 また仮に努力して習得したとして、それがお子さんの人生にどれほどの意味があるのでしょうか。4才の子が泣きながら(?)するほどの努力に見合う価値があるのでしょうか。 音楽家にする? 子供の将来は子ども自身が決めるものです。子供に自身の人生さえ決めさせない、という親は傲慢です。

    トピ内ID:2031036045

    閉じる× 閉じる×

    かつて人間音叉と呼ばれてましたが

    しおりをつける
    blank
    なみ
    両親が演奏家です。 子供の頃、私は人間音叉と呼ばれてました。 正確なラの音を出せていたからです。 しかし、私のラは440ヘルツのラ。 今の世間のラは444ヘルツ。 数十年で世間のラは変わり、私のラは間違いになりました。 音は絶対じゃない。 ラの音すら、何十年かで変わるんです。 それを一発でわかって何の意味が? 今の私は、CDを聞いても、わずかな音のずれが気になって楽しめません。 正確で神経質な耳、そんなにいいものじゃないと思うけど。 ちなみに私は美大を出て絵を生業にしてますが、ただ正確で技術の高いだけで、何も伝えられない絵は魅力も需要もないと思います。 音楽も同じじゃないかしら。

    トピ内ID:4217159383

    閉じる× 閉じる×

    一つの意見として

    しおりをつける
    🐱
    うーん
    私も弦楽器を演奏していて、絶対音感がありますが 必要だと思った事はありませんし、むしろ邪魔だと思う事があります。 わざわざ身につけなければいけないものですかね? 幼い頃のピアノ教室で 先生が弾く和音を楽譜に書くというものがあり 私より年上のお姉さんによくカンニングされていました。 当時の私は、お姉さんがなぜ全くわからない表情をしているのか 理解できませんでしたが、今それが何かの役に立っているかと言うと 全然必要ありません。 どうすれば良いかというご質問に対しての回答にはなっていませんが 一つの意見と言う事で・・・。

    トピ内ID:3918779956

    閉じる× 閉じる×

    相対音感

    しおりをつける
    blank
    男塾
    移調が軽々とできるのなら相対音感ですね。 絶対音感はないよりあった方がよいですが、例えばカラオケに行っても音を上げたり下げたり・・ということが中々できなかったり、ハ長調以外をドレミで言えなかったりしますね。 普通にピアノを弾いていれば音感はつくので、無理に訓練とかしなくてもよい気がします。

    トピ内ID:9050294752

    閉じる× 閉じる×

    今一生懸命絶対音感をなくす努力をしています

    しおりをつける
    blank
    歌好き
    もともとソロで歌っていましたが、アンサンブルをするようになって 自分の絶対音感(有り)に泣いています。 自分の音がヘルツ的には正しいので、音の幅が気持ち悪いのです。 トピ主さんもご存じのようにピアノなら「ド」から「ド#」の 隙間の音程はありませんが、歌(声)の場合は隙間の音程も 作る(歌う)ことができます。 しかし、ピアノの音程以外の(幅の)音程が気持ち悪くて 幅の音程を出すことができないのです。 シ~ド~、と歌う時の「シ」とド~シ~と下降で歌う時の「シ」は 正確には違う音程になります。 ファ・ラ・ドの和音の「ド」とド・ミ・ソの和音の「ド」の音程も 違います。(ピアノでは一緒ですが・・) そういうことまでできる、わかる上での絶対音感ならあったほうがよいですが4歳児にそれを求めるのは当然無理です。 絶対音感があって得をするのは音大受験の時ぐらいでしょうか。 大学に入ってからは絶対音感が邪魔で仕方ありません。

    トピ内ID:3362720027

    閉じる× 閉じる×

    意味ないですよ

    しおりをつける
    blank
    zero
    作曲家です。 絶対音感なんて意味ないですよ。 それよりも、作曲や楽器やコンピューターミュージック を楽しくやった方がいいですよ。 音楽は楽しいのが一番。

    トピ内ID:1773100450

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫だと思います

    しおりをつける
    blank
    みるみる
    3歳から音楽を初めて、6歳くらいで、まだ音痴でした(笑)が、たぶん7、8歳くらいには身についてたと思います。 無理矢理覚えさせようとするより、音楽を楽しんだほうがいいと思いますよ。

    トピ内ID:0167302818

    閉じる× 閉じる×

    こだわり過ぎかも

    しおりをつける
    😨
    けい
    私は絶対音感有りますが、人生の中で役に立った事がありません。 トピ主さんが絶対音感にこだわるのは、何故なんでしょうか? 音楽は文字通り、音を楽しむ物じゃないでしょうか? なんだか、娘さんが可哀相な気がします。

    トピ内ID:1767274306

    閉じる× 閉じる×

    貴方のレッスン方法が間違っているのです!

    しおりをつける
    京桜
    「絶対音感」は、「右脳」の働きによるものです。右脳の能力を上手に引き出すポイントは、『楽しく』です。貴方は、子供さんを責めながらレッスンしていませんか?私は音楽を習っていません。でも、子供に「ピアノとヴァイオリン」を教えて、子供は絶対音感を身に付け、国内でトップレベルのコンクールでも審査員の方から評価を得ました。日本人は、スポーツでも何でも、「それ」の出来ない人は指導者と認められない傾向があります。でも、私は、独自の表現方法と、レッスンを『超楽しい』『御褒美』として、0歳児より子供に与えました。3歳の時は既に、絶対音感を身に付けていました。絶対音感があるということは、視野と世界が無限に広がり、子供は心に描いたミュージックを、楽器で直ぐに表現できる楽しさを発見しました。現在、子供は成人しましたが、本人いわく『音楽が今まで私の命を助けてくれた。音楽が生きる勇気を与えてくれた。』と言います。☆☆☆絶対音感のレッスンは、レッスンとして行ってはダメです。超楽しい御褒美となるように、お母様が工夫しなければダメです。結果を求めず、子供さんに、楽しい時間として与えてあげて下さいね!

    トピ内ID:5208341347

    閉じる× 閉じる×

    姉妹

    しおりをつける
    blank
    生まれ持ったもの
    私は絶対音感もってますけど、妹はだめです。 同じピアノ教室に通い、同じようになまけてあまり練習しなかったのに、私は自然に音感がわかるようになりました。 20+年たってますけど、それには変わりません。 2人ともピアノではありませんが音楽を職業にしてますよ。 あまり関係ないみたいですね。

    トピ内ID:6282851896

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    blank
    レスありがとうございます。 絶対音感が必要という考えの教室に入門しておりますので、 必要不要やマイナス要素ではなくどうすれば身に着けられるかアドバイスお願いします。 またクラスでは絶対音感がついたあとに相対音感のレッスンがスタートします。ヘルツまでは習いません。 >音楽養育者さん 先生もプロで、絶対音感を持ち絶対音感が音楽に必要と考えています。 マイナスもあるが、プラスが大きいと。 >おばさんさん 相対音感ではありません。 >鯵さん ノイローゼになられたのですね。気をつけたいと思います。 少しずつついてきていることを期待したいです。

    トピ内ID:3678092261

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    トピ主2

    しおりをつける
    blank
    >とろろさん とろろさんは生まれつき絶対音感があるのですね。 訓練するという厳しいものでもなく一日のうちの5~10分を絶対音感にあてており出来なくても決して怒らない叱らないので子供も嫌がっていません。 子供はピアノが好きなようで風邪で熱があるときもピアノを弾きたがるので困ってしまいます。 だから絶対音感がついたらいいなぁと思っています。 >ひまわりさん 少しほっとしました。私も和音は苦手で単音の後に和音が分かるようになったような気がします。音楽にはなるべく触れるように今後も心がけたいと思います。 >Rさん 確かに音の高低を意識させないように和音を使っているようです。 ただソドミラシ・・・と弾いた場合、最初の音から答えられるというのは絶対音感があるからでは?と思うのですが。 相対音感が先についたら絶対音感はつかないので気をつけます。

    トピ内ID:3678092261

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    トピ主3

    しおりをつける
    blank
    >chachaさん 思い込みでレスをくださったようですね。 幸い我が家には当てはまりません。 先にも述べたように絶対音感のレッスンは泣きながら無理強いするものではありません。 またピアノを習いたいと言うのは子供の強い希望です。 0歳からピアノに触れており、2歳の頃から通いたいと言い続け1年待たせて通っております。 子供はピアノが好きで好きでしょうがないのです。 自分からピアノに向かい、ピアノを嬉しそうに弾く姿や「私はピアノがだーいすき!絶対にぴあのは続ける」というのを見てもらえば分かると思います。 ただそれは現時点ですので、子供がピアノを辞めたいと思えば辞めたら良いと思っています。 また絶対音感は生まれつきの人とレッスンによってつく人とがいます。 人生に意味があるかは分かりません。 ですが、花や音楽とは生きていく上で全員が必要不可欠では無いですが、 それがあるほうが人生に彩を与えてくれる事は確かだと思います。 私は楽譜が読めません。 でも絶対音感があるので夫や子供が弾いて欲しいと言う曲は弾けて便利だと思っています。

    トピ内ID:3678092261

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    トピ主4

    しおりをつける
    blank
    >なみさん そうですね、音は変わっていくのは知っています。 絶対音感の定義はあいまいで微妙なズレも分かる人から、ピアノの音なら分かる人まで色々だそうですね。 私はそこまで精密な絶対音感はありません。 子供のレッスンもヘルツの違いを聞き分けるものでもなくピアノの単音、和音が分かるようになるものだと考えてもらったらいいと思います。 ひきつづき、絶対音感がつくためにアドバイスがあればお願いします。 絶対音感に否定の考えであるというご意見ではなく、絶対音感が必要と考える音楽家の先生のもとに通っているので必要ということ前提でお願い致します。 この教室では全員が絶対音感を習得しています。 また発表会ではどの生徒さんも本当に素晴らしい演奏をされます。 発表会なのに感動して余韻がずっと残っていました。

    トピ内ID:3678092261

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    おすすめできません

    しおりをつける
    blank
    絶対音痴
    絶対音感は生まれもって持っているのもなので、訓練で身に付くものではありません。そんなレッスンやってるスクールちょっと信用できません。 >私は絶対音感がありますが ないと思います。ブレーキ音がドレミ(笑)に聞こえるレベルでは絶対音感とは言いません。

    トピ内ID:2286709322

    閉じる× 閉じる×

    絶対音感持ちに音痴?

    しおりをつける
    blank
    ワイン
    絶対音感にもかなりのレベル差がありますが、基本的に音痴であるならば絶対音感は持ち合わせていないのですね。例えば音大教授になられた人の中でも絶対音感持ちの方はどれほどおられるでしょうか。皆経験から音が解るのではないですか? 彼らが絶対音感の才能を発見する手段として、例えばソルフェージュでの最初の一音が正確かどうか、全ての音を瞬時に再生できるかどうかを見ていると思います。絶対音感はこれが楽々と瞬時に正確にできるのです。 私は絶対音感持ちですが音楽にあまり興味無しで年齢と共に衰退してきました。娘たちも私の絶対音感を引き継いだようで、4歳の時点でクラッシックなど全ての曲は盲目のピアニストのように、曲を聴くだけで弾いていました。 才能ですから、後天的に身に付くものではないはず。 しかし経験と努力によって近づくことはできると思います。それは毎日のピアノや好きな音楽にのめり込むことによって自然に獲得できると思います。 絶対音感という才能を持ち合わせていない方は、努力と経験無くしてこれに近づくことはできないと思いますので、あくまでも娘さんの興味に寄り添う形で音楽を楽しまれていくのが良いと思います。

    トピ内ID:0904131120

    閉じる× 閉じる×

    絶対音感の意味が違います

    しおりをつける
    クレア
    絶対音感は厳密なヘルツ数まで分かることを言います。 レスでもお持ちの方がいらっしゃるようですね。 これは訓練で身につくものではありません。 ピアノのキーに当てはめて音が分かるだけなら、相対音感にやや近いものがあります。これは慣れです。最近年齢とともにやや感覚が落ちてきましたが、耳に入ってくる音はどれもドレミで言えます。特に訓練はしませんでしたが、ピアノを習っているうちに(6歳から習いました)自然と身に付きました。 このような能力であれば、訓練次第で身につけることは可能だそうです。 トピ主様が持っていらっしゃる、そして教室の先生が訓練されているのは、厳密な意味での絶対音感ではありません。まずここを勘違いなさらないように。 それから、なぜお母様が家で訓練なさるのですか? お母様は音楽にの専門家ではないのですよね? 私にはここがいちばん不思議でした。 特に何もしなくても、楽器を習っている人は、私も周りの人も知る限りの人はみんな、音を当てることができましたよ??中には習得するまで時間がかかるお子さんもいるでしょう。お教室の先生にお任せるするとか、相談されるのがいちばんだと思います。

    トピ内ID:0521070483

    閉じる× 閉じる×

    個別のお返事、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    R
    少し気になった文章がありましたので、また出てきました。 >ただソドミラシ・・・と弾いた場合、最初の音から答えられるというのは絶対音感があるからでは?と思うのですが 違います。 というより、今の段階では、違います。 それは、和音が終了してからの話。 和音の一番上が解らない段階なのに、単音だと解るというのは、残念ながら 相対音感 です。 和音の訓練の後で、単音の練習に入り、初めて音の高低を意識するのであり、今の段階で解ってしまっているのは、もうすでに「比べて」いるのです。 というより、その単音を音当てさせたのは、先生の指示ですか? 自分で、何とな~くしてみたんですか? 後者なら、残念ですが…。 仰るように、相対音感がついた後では、訓練で絶対音感はつきません。 しかし、ソルフェージュの訓練などで、いい相対音感をつければ、今、お子さんがしているような内容は、絶対音感無しでも充分対応できます。 横になりますが、絶対音感があっても音痴な方は、いくらでもいます。 耳で判断できるのと、実際、自分の声に出すことは、別の事だからです。

    トピ内ID:7755520321

    閉じる× 閉じる×

    ウチの子どももレッスン中

    しおりをつける
    blank
    音大卒
    ウチの3歳の子どもも○○式のレッスンを受けています。同じでしょうか? 先生について習ってらっしゃるならば、疑問点は先生にお尋ねするのがイチバンだと思います。 >和音で一番高い音を言い当てるのですが これは和音から単音へ分化させる練習の段階ですか? うちはレッスンを初めて半年ということもあって、まだそこまで進んでないです。。。 ところで、絶対音感の話題って「必要ない」という意見と「私は絶対音感がある」のオンパレードになりますよね。個人的には、「質の高い」絶対音感は自然に身につくものではなく、訓練の賜物と考えているので、子どもにレッスンを受けさせています。 また、絶対音感があるという方の多くは、実際は「優秀な相対音感の持主(耳コピができる等)」だと思われます。ヘルツ云々以前に、「調性感が無く、1オクターブ以上音が飛び、かつ、一音ごとの正誤のフィードバック無し」だと、案外、ピアノの音でさえ当てられないものなんですよねぇ。 それじゃートピ主さん、一緒に頑張りましょ~!!

    トピ内ID:9511852665

    閉じる× 閉じる×

    絶対音感信仰

    しおりをつける
    blank
    楽隊崩れ
    音感つけるには、自分の声できっちり同じ音を聞こえる事が重要だと思います。 お母様も先生も「絶対音感があれば音楽が上手になる」と思い込まれてるようですね。 デジピでもない限り、ピアノの音は調律した瞬間から下がっていきます。 どうしても、絶対音感つけさせたいなら、ピアノとバイオリンのいい先生につけて、子供に才能があれば確実につきますよ。 絶対音感が必要という考えの教室に入門しておりますので、 必要不要やマイナス要素ではなくどうすれば身に着けられるかアドバイスお願いします。 >> 判断のつかない幼児に、何かを会得させたいなら、色々な意見を聞くことは必要ですよ。 私は音大出てますが、絶対音感ありません。ピッチはわかります。 同級生でプロになった人もいますが、弦楽器の人以外は絶対音感ではなく、いい相対性音感持ってるようです。 それと、絶対音感があるから、一回曲を聴いただけで弾けるのは、記憶力の問題も含んでます。 絶対音感があっても、記憶力の悪い人は、一回聞いただけでは覚えられません。

    トピ内ID:9113034074

    閉じる× 閉じる×

    ううんと

    しおりをつける
    blank
    うたうたい
    まず、絶対音感は訓練をすれば必ず、身に付くものではありません。ある程度までの音感は訓練でも着きますが、完全な絶対音感があるかどうかは、持って生まれたものです。 また、絶対音感があるからといって、その音を正しく声に出せるかということも別問題。絶対音感を持っているけれども、正しい音程で歌を歌えない、という人は沢山いますし、実際に知っています。 ピアノの音を聞き分けられるのが絶対音感にはつながらないのですが・・・。単音で音がとれて、和音だと、一番高音が取れないのですか?その取れない音を単音で弾いたときはどうでしょうか。また、和音ではなく旋律で弾いた場合も問題ないのですか?和音も2つ、3つ、と重ねていった場合、どれくらいの和音で取りにくくなるのでしょうか。 あと、ちょっと分からないのですが、習っていない音、というのはどのような音ですか? そのへんの情報をいただければ、またなにかアドバイスができるかと。 ただ、絶対音感を付けさせることを頭から否定はしませんが、それよりも音楽の本質、音楽に対してなにを感じてなにを表現したいのか、ということを習って欲しいな、と思います。

    トピ内ID:9348828216

    閉じる× 閉じる×

    洗脳(横)

    しおりをつける
    blank
    歌好き
    トピ主さんが教室の先生を尊敬し信用し、信頼しておられることは素晴らしいことです。 しかし、これだけ多くのプロ(私も含め)の音楽家が 絶対音感についてのこだわりがなく、絶対音感がなくてもプロとしてなんら問題がない とおっしゃてるにもかかわらず、そういった話を聞く耳を持たず 絶対音感を付ける方法だけを追求される「素人のトピ主さん」は かなり洗脳されておられる印象を受けました。 世界的指揮者の佐渡裕氏もオーケストラのスコアを振りながら 絶対音感はないとおっしゃっています。

    トピ内ID:3362720027

    閉じる× 閉じる×

    絶対音感は

    しおりをつける
    blank
    職業音楽家
    前にもレスをされた方がいらっしゃいますが、絶対音感と、固定ドや相対ドでソルフェージュをするというのは全然違います。トピ主様がおっしゃっているのは固定ドのことかと思われます。 残念ながら絶対音は生まれつきのもののような気がします。固定ドもある意味生まれつき備わっているものに近いですが、訓練でさらに感覚を磨くことはできるかと思います。厳密にいうと全然違いますので、どうぞ意味を理解された上で言葉を使われて下さいね。

    トピ内ID:3349889613

    閉じる× 閉じる×

    なにをもって絶対音感というか

    しおりをつける
    blank
    うーん
    絶対音感の定義がそれぞれ微妙に違っているようですね。 私も私の子供達も絶対音感の訓練などは受けたことがないので、どのような練習をいうのかはわかりません。 私はピアノを5歳から17歳まで弾いていました。3音程度の和音であれば、ドレミで何の音かは普通にわかります。これを絶対音感というのなら、その程度の事は多分、真面目にピアノの練習をしていれば身に付くのではないでしょうか。 息子達はバイオリンを習っています。 バイオリンの事を知ってから、純正律のことなどようやく理解したのですが、厳密な意味での絶対音感を身に付けさせたいというのなら、弦楽器でないと難しいのではないでしょうか?ピアノは平均律ですから。ハーモニーの本当の美しさを知るには弦楽器が一番です。 上の子は7歳になってからバイオリンを始めました。でも、毎日練習していれば、チューナーがなくてもA線(ラ音)をかなり正確に調弦できます。厳密に絶対音階なのか?と言われればよくわかりませんが、特に特訓をした訳ではありません。 ピアノを弾く上での音程であれば、それ程の特訓は必要ないと思います。音程を極めたければ、弦楽器をお勧めします。

    トピ内ID:3505911052

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (15)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]