詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    DVの始まり、なのでしょうか?

    お気に入り追加
    レス45
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ももちん
    恋愛
    先日、夫と些細な口論になったとき、興奮した夫が怒鳴りながら近づいてきて、私の首に両手をかけました。私は腕を振り払うこともできず、誤解だからやめてと懇願。夫は首から手を離した後も、私の両手首をつかみ、怒鳴り続けました。結局、私が大泣きしたら、夫は平静を取り戻したようでやっと収まりました。 友人の紹介で付き合って一年、結婚して一年。これまでも、まるで違う人間のように怒鳴ったことはありましたが、手を出されたのは初めてです。普段はやさしく、仕事にも熱心で、私の仕事も応援してくれ、本当に幸せな結婚生活でした。今でもあのときの恐怖心は残っていますが、離婚する気持ちにはなれません。 夫はどうしたら怒りを抑えられるのか考えたようで、もう絶対に怒らないと言っています。また具体的にいくつかのことを頼まれました。(たとえば自分が怒ったときには○○と言ってほしい、とか、) 私も自分自身が男性のこういう部分を助長してしまう性格なのではないかと、自分も変わる努力をしたいと思っています。 皆様の経験、アドヴァイスをお聞かせいただけたら幸いです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数45

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  45
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    具体的に…

    しおりをつける
    blank
    匿名
    >私も自分自身が男性のこういう部分を助長してしまう性格なのではないかと 具体例を、3点教えてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    かもしれませんね・・・

    しおりをつける
    blank
    はっち
    彼の両親について思い当たるふしはないですか。機能不全家庭やDV家庭だと連鎖する率は高いです。怒りをコントロールできないことを彼自身知っているようですし。 自分にも原因があるのでは…と反省し始めるのもDVに合った女性の典型的な反応だと思います。恐怖感…これがすべてを物語っています。男女間で暴力が行使された場合恐怖感を植えつけられたら最後対等な関係は崩れ去ります。 首をしめられるほど怒らせることをトビ主さんは言ってないだろうし、どんな口論にしろ暴力に訴えた時点で対等な関係は終ります。トビ主さんがすべきことは、いつでも彼から離れることができるよう経済的精神的に自立し毅然としていることです。 これを機会にDVについて自分で判断がつくよう勉強してはどうでしょう。心底気づかないと逃げられないことが多いのです。普段の彼がやさしいといったことはあまり意味をもちません。DV男は暴力を振るった後非常に反省し泣いてもみせます。 しばらくハネムーンのような時期を過ごし緊張期がやってくるとまた爆発…それを一生繰り返します。本人が自覚して治療を受けても治る人は2%くらいと言います。ご主人がDV男ではないことを祈っています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    再度繰り返したら問題

    しおりをつける
    blank
    カクタス
    ↑だと思います。 繰り返さずとも、トピ主さんの恐怖がなくなるまで この問題は消えないでしょ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です その1

    しおりをつける
    blank
    ももちん
    ご質問ありがとうございます。 第一のことは、私が夫の干渉が気にならないということです。 たとえば、夫は、毎朝のように「今日は何をする予定なの?」と私の行動をチェックします(在宅の仕事なので仕事の内容を聞きます)。そして「ちゃんとやるんだよ」「健康のために外出もするんだよ」など、自分がいいと思うことを私に指示して出かけます。 また私にダイエットを強要し(病的に太っているわけではありません)、食事中に「もう食べちゃだめ」とか、義母が私にお菓子をくれても、「ダイエット中だから駄目」と言って夫が断ってしまいます。さらに夫は私の体のためにと言って、献立まで決めようとします。 また他県から嫁いだ私を一人にするのはかわいそうという理由で、夫の出張に私を同行させます。 もちろんはこうした夫の指示にしたがっているわけではありません。時にはうるさいなぁとも思うのですが、全般的にはそのようにかまわれることは嫌ではないのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。 その2

    しおりをつける
    blank
    ももちん
    第二に、私が一人になれない、夫を一人にできない、ということです。 たとえば、夫の干渉がときに煩わしく、そんなに言わないでほしいと夫に伝えたことがありました。すると、夫はひどく沈み込んでしまい、私は何だかかわいそうになってしまって、やっぱりいいよと自分から夫の干渉を再び許してしまったことがありました。また夫は怒ったときに口を利かなくなってしまうのですが、そういう時、夫をしばらくほっておくことができないのです。ついつい、しつこく聞いてしまい、その結果、夫が激怒。または私が悪いと思っていなくても沈黙が嫌で、自分から誤ってしまうのです。また以前ひどく喧嘩した後で、夫が自分が私に甘えすぎているからいけないんだ、自分を立て直したいから一人にしてほしいと言い私から距離をとろうとしたのですが、私は夫のよそよそしさに耐えられず、すぐに夫が悪いわけではないから変わらないでと自分から頼んでしまいました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私も

    しおりをつける
    blank
    えどっこ
    私の旦那も付き合ってる時に、旦那が街で可愛い子をみて、私が真剣に怒ったら旦那にとび蹴り、妊婦中の私が元彼女のことでなんかいったら二回殴られる。。。子供が産まれたら全く暴力を振るわず子煩悩・・・だけどあのときの暴力の心の傷は治りません。旦那はやさしくなったのですが、私は旦那に対して優しくできません。もちろん性生活もありません

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。 その3

    しおりをつける
    blank
    ももちん
    このように、私は相手を受け入れすぎてしまう、相手に自分を預けてしまう傾向があり、そうした密着した関係に愛情を感じてしまうようなのです。(相手に自分を預けるというのは、相手が私の代わりに私のことを考え、私の行動を決定することを許してしまう、それに甘えてしまうということです。)その結果、相手は自分と私の区別がつかなくなってしまうようで、少しでも自分の思い通りに私がならないと、怒ったり、失望したりするようなのです。 以前お付き合いしたお相手とも同じようなことが原因で振られてしまいました。(その人からは暴力は受けていません)「お前が自分の一部のような気がする」というのがその人の口癖だったのですが、少し前に夫から全く同じ事を言われ、はっとしました。 夫の小さいときに義父が浮気したことがあったそうで、夫は夫婦が別々のことをすると気持ちが離れてしまうんじゃないか、自分も浮気をしてしまうんじゃないかと恐れているようです。こんな夫とどんな風に距離をとったらいいのか、わかりません。でもこのままじゃいけない気がするのです。 以上が私が考える私の性格の問題点です。 長文ですみません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それはDVの始まりどころじゃないです

    しおりをつける
    blank
    ななし
    首に手をかけられた? 将来、絞殺される可能性がありますよ。 何らかの強い措置を取ってください。 「DVの始まり」なんて悠長に構えている場合じゃないです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    共依存?

    しおりをつける
    blank
    さや花
    はじめまして。旦那様はちゃんと働いていらっしゃる方なので、経済的に現在問題は無い状況かと思います。なので、よく分かりずらいし、他人や親族から見たら、普通の良い旦那様に見られる事だと思います。 しかし干渉・束縛の強さは、普通以上です。 旦那様をかわいそうと思い許す。 共依存だと思います。 私も以前、共依存で、ダメ男と付き合ってました。 別れたいと思っても、身体と、心と、頭(理性)が全部、バラバラで、結局しばらく別れられずにいました。 その時に共依存の本を何冊も読んで、自分の弱い所、相手の悪い所を、冷静にみる事が出来るようになりました。 今すぐにという事は無いですし、DV関連の本と一緒に共依存という病気がある事も認識出来ればと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    かなり危険なご主人かと思います

    しおりをつける
    blank
    かな
    過干渉と執着は愛情ではありません。 ご主人のトビ主さんに対する過干渉と執着…行動を毎日チェックし指示を出しダイエットを強要し献立を決め出張には同行させ思い通りにならないと失望したり怒りをみせトビ主さんに謝罪させる…これは支配欲のなせる業です。愛ではありません。愛するとは相手を尊重することです。ご主人はトビ主さんのありのままを全く尊重せず自分の思いのままに操りたいだけなのです。それは愛とはいいません。単なる支配と執着です。 モラルハラスメントやDVの加害者が被害者とどんな関係を結ぼうとするかご存知ですか。トビ主さんとご主人の関係は家庭という密室で起こるDVやモラハラの初期段階だと思います。モラハラやDVのハラッサーは相手の境界を愛を装って侵します。境界を侵し相手を自分の一部とみなす…これは絶対に愛ではありません。モラハラやDVの加害者が行うとても危険な下地作りです。被害者は境界を侵されることを愛と勘違いするのです。 モラルハラスメントの被害者のHPを紹介しておきます。 トビ主さんの5年後、10年後の姿を垣間見ることになると思います。 http://www.geocities.jp/moraharadoumei/

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    まず自分を大切に思うことでは。

    しおりをつける
    blank
    みか
    はっちさんのおっしゃるとおりだと思います。 「依存・共依存」の関係を築いてしまいやすいタイプなのでは?これは健全な関係ではないです。自分の行動を干渉してくるのを愛情の深さとか自分を必要としていると錯覚して、無意識に心地よく感じてしまう人もいるみたいです。そしてどんどん互いに依存しあう関係を作り出してしまう。トピ主さんもこのケースでは? 一般的に女性側は「自分に自信がない」という人が多いらしいです。トピ主さんはとても優しい性格なのだと思います。でもご主人がDV男でないにしても、対等ではなくなります。日頃から、「そこまでいわれるのはちょっと」と思うことがあれば相手のプライドを傷つけないよう配慮しつつやんわり(たぶん彼は本当にいいと思ってアドバイスしていると思うので)でもいやなことはNO!とはっきり言うべきです。どんなに相手が可哀相に見えても撤回せず毅然とした態度で。 暴力振ったら一生許さないというぐらいの強気の態度をみせておくといいと思います。 趣味や仕事や読書とか何か熱中できるもの探し、自分を磨いて自信をつけ精神的な自立をはかっていく(できれば経済的な自立も)努力も必要ですよ☆

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は・・・

    しおりをつける
    blank
    まっしゅ
    以前同棲していた人から暴力を受けていた 経験があるので、どうしても暴力をふるう男性には 否定的です。 21歳から3年間、一緒に住んでいましたが、 最初の半年以外はほぼ毎日、暴力を受けていました。 最初は暴力を受けても反撃していたのですが、 暴力が日常的になると、反抗してよけいに 殴られるのが怖くて、耐えるだけになりました。 でも、自分の感情がおさまると、泣いてもうしないって言います。 その言葉を何度信じても直らないんです。 結局耐えられなくて逃げました・・・。 暴力をふるう男性というのは、相手の女性が 反抗しないとどんどんエスカレートしていきます。 そして、暴力をふるった後に必ず謝って もうしない、と言います。 トピ主さんには離婚する気はないそうなので、 離婚しろとは言いませんが、もしそれが直らないと いうなら、離婚を考えた方がいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    コメントありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ももちん
    >はっちさん、カクタスさん 夫の家庭はDV家庭ではありません。機能不全家庭というのを調べてみたのですが、そちらについては思い当たるふしはあります。しかし機能不全家庭というのは、多かれ少なかれ、どの家庭にでもそのような要素はありそうな気もしました。 >経済的精神的に自立し毅然としている このあたりがなかなかできない性格である、というのが私の問題なのだと思いました。 >えどっこさん つらい経験をなさったのですね。その後、けんかでは暴力を振るわれたことはないのですね。 えどっこさんは口けんかで以前の暴力が思い出されることはありますか?ご主人はご自身の行動が原因でえどっこさんが深く傷ついていらっしゃることをご存知なのですか? よかったら教えてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    結構、この先危険かも。

    しおりをつける
    blank
    ももちゃ
    DVで離婚したものです。 2回目のレス読んで思ったんですけど、結構危険だと 思いますよ、悪いけど。 そして、トピ主さんが、自分が悪いのでは?と思わされて いるのが、さらに危険だと思います。 今後、万が一二度目があったら、病院に行って診断書を取る事と、警察・女性センターに行くことくらいしか、今の段階でアドバイス出来ませんが、 私の自分自身の経験上、そして他の見聞きした例を思い返すと、貴方がどのような行動を取っても、エスカレートする可能性は結構高いと、私は思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    プライドを傷つけているだけのような…

    しおりをつける
    blank
    匿名
    >夫の干渉がときに煩わしく、そんなに言わないでほしいと夫に伝えたことがありました。 これは、どのようにお伝えになりましたか? 全体的に見て、 すこし、伝え方がDVを受けてしまうかなって感じです。 申し上げにくいことですが、DVを受ける女性に多くみられます。 下手をしたら、旦那さんを殺すことにもなります。がーん。 ほんとうに、 申し上げにくいのですが、上手にプライドを傷つけていってしまっています…。 でも、これはトピ主さんのせいではなく、 古くから受け継がれ、世代世代に太くなっていってしまったがゆえに、 今回のような結果となった訳です。 >少しでも自分の思い通りに私がならないと、怒ったり、失望したりするようなのです。 うむー。申し上げにくいのですが、ちゃんとご主人が何かしてくださった時に、 その気持ちに対して感謝をお伝えしたりとかは…。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    プライドを傷つけているだけのような…

    しおりをつける
    blank
    匿名
    怒らせたり、失望させているのは、 残念ながら、トピ主さんなのです。 しかし、それは幼い頃から培ってしまったものなので…。 トピ主さんは、旦那様を、 怒らせたりしてしまっている、 という事は、ですよ、逆も可能な訳ではありませんか。 怒らせなかったり、失望をさせなかったりも出来る訳です。 喜ばせたり、希望をめぐらせてあげたり出来るということでもある訳です。 結婚を維持していくのは女性の力なくして成り立ちません。 おつきあいの始まりは男性の力ですが、 そういえばトピ主さんは、在宅でお仕事をされているのですよね。 起業するのは男性のパワー。 維持していくのは女性のパワー。 パパ・ママストアをおもいだしてください。 多分、判っていただけるとおもいますが…。 自分の思う気遣いではなくても、 そうしてくれたのなら、 ありがとう、とっても嬉しい、 って思いませんか?言いたくなりませんか??? そうでないのなら、トピ主さんは相当疲れているか、 もしくは彼が、トピ主さんの、 第一志望で結婚したかった男性ではないのかもしれません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    共依存です。

    しおりをつける
    blank
    すいっち
    あきらかに、共依存ですね。 あなたは彼がいないとダメ、彼はあなたがいないとダメ。 相手の存在が、自分自身の存在理由になってしまう。 共依存は、病理です。 DVに発展する土壌は、立派にあるといえるでしょう。 そうなってからも、きっとあなたは「でも夫は怒っていない時は、私を一番に考えてくれている」と自分をなだめ、夫は「暴力をふるってすまない。もう二度と決してしない」と、泣きながら土下座してあなたに謝るでしょう。 それが、あなた方夫婦にとっては「愛の姿」なのだ、と思い込み、エスカレートしていく危険があります。 夫婦カウンセリングを受けるか、まずあなたひとりがカウンセリングを受けるかした方がよさそうですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    暴力はされていないけれど・・・

    しおりをつける
    blank
    結婚生活7年
    トピ主さんの具体例を拝見して 少しだけ私にも当てはまることがあるので参加させて下さい。 私の夫も、以前外回りの営業をしているとき 私に同行するように言ったり(何度か同行しました) 外食をするとき「これが食べたい」と言っても 「こっちがいい」と私の分を勝手に決めてしまったりが多いです。 私やペット(うさぎ)がすることがとても気になるようで、 仕事から帰ってくると必ず家中チェックします。 ペットが少しでもソファーなどをかじったり(1~2ミリくらい)すると激怒します。 もちろん私はできるだけ気をつけています。 私は普段大人しく無口な方ですが、 あまりに細かいことをグチグチ言われるのでたまに喧嘩になります。 そうなると必ず言われるのが 「離婚なんかするって言ったら今までかかった金、全部返して貰う。訴える」です。 首に手をかけられたら・・・私だったらその場はとにかく家を出ると思います。 1人で悩むのだけはやめた方が良いと思います。 必ず誰か(親兄弟や親友など)に相談し、今自分がどんな状況にいるのかを 冷静に知るのも必要だと、自分を含めて思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    危険性高いです

    しおりをつける
    blank
    まお
    トピ主さんの二度目のレスを見て、 将来、DVになる可能性が高いと思いました。 なぜなら、私が、結婚する以前は トピ主さんのような関係で、結婚後に 精神的DVに発展したからです。 トピ主さんの場合、首を絞められた (これは恐ろしいことです、自覚してください) という事ですから、結婚やお子様が生まれたなど、 安定した関係、すなわち、トピ主さんが <容易には逃げられなくなった時>になったとき、 身体的DVに発展する可能性、大きいです。 冷静になって、自分を守ってください。 ナイチンゲール症候群のような、寛大すぎる 愛情は禁物ですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    けんかをしました(トピ主です)

    しおりをつける
    blank
    ももちん
    また喧嘩になりました。 夫はカメラが唯一の趣味で、毎日のように私の写真を撮るのですが、モデル役も結構疲れるので、将来、子供にまでモデル役をさせるのは困ると思い、子供にはカメラ目線とか、カメラに向かって無理に笑わせたくしたくないと言ったのです。すると、夫は激怒し、これまでいやいや写真に写っていたんだな、写真にこめた俺の気持ちを全くわかっていない、と言い、アルバムに貼ってあった私の写真をはがしだしました。私は泣きながら、もう怒らないって言ったじゃない!と訴えたのですが、夫は、別につかみかかってはいないだろう、と言って写真をはがし続けました。 後で、はがされた写真を私が泣きながら貼りなおしていたら、夫が途中で代わりましたが、精神的にはかなりのダメージでした。 今から考えると、どうやら夫は選んではがしていたようで(一番重要なものには手を出してない)、夫の冷徹さにぞっとしました。つまり夫は、私に精神的ダメージを与え、私に謝らせるために、有効な方法を考え、それを実行できる人なんですね。それを思うと、無性に悲しくなりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    答えはトピ主んさんの中から・・・・

    しおりをつける
    blank
    バロン
    トピ主さんは自分の性格をわかっていますよね。彼がただのDV夫なのか、 それともトピ主さんが作り出したのか、その差が問題なんだと思います。 トピ主さんは、人に依存して、人の所為にして・・・・そういう風にも見えます。 自分が出来ないことを人にかえしてやっている。操作する側はトピ主さんだったのに、 暴力を振るわれたことで主導権を握られなくなっているのでは? 1対1の関係ではなく、お互いの一方的な思い込みが生じていると思います。 彼が困った状態に陥るのも(トピ主さんのはつげで落ち込む)、自分が困った状態に陥るのも (煩わしさや暴力)、お互いが作り出したもの。解決を回避して、問題を直視せず どうにかなるかと思っているのが招いていると思います。 彼がDV夫だとしても、他にも考えられる点はトピ主さん自身がわかっているのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    ももちん
    >ななしさん ご心配ありがとうございます。でも夫は殺人はしないと思います。傷跡が残る暴力を振るったら、夫は仕事ができなくなるはずですから。それに先日の喧嘩から、激高してそうでいて、結構、冷静だということもわかりました。ただ証拠がない場合、誰も私の言うことを信じてくれないと思います。それくらい夫は、温厚で、優しくて、社会的地位の高い職業で。実母にも信じてもらえる自信はありません。 >さや花さん、かなさん、みかさん ありがとうございます。ホームページ見ました。モラハラという言葉はそれまで知らなかったのですが、先日の喧嘩は、モラハラですね、きっと。 依存関係、というのはまさにそのとおりだと思います。現在は、なるべく存関係を断ち切るために、自分の領域に夫を踏み込ませないように努力しています。最近は精神的にもつらいことが多く、仕事がおろそかになりがちでしたが、仕事を大切にしていかないといけませんね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    DVの尺度

    しおりをつける
    blank
    shin
    DVって言葉を使うと常軌を逸したコメントが付きますので バランス感覚を持った方が良いですよ。 夫婦なら喧嘩して謝って仲直りするなんて日常の事です。 全く喧嘩する事無く、幾星霜送る方が異常でしょう。 将来の事、子供の事、意見の相違からくる大きな喧嘩は当たり前です。 夫婦共にHPにあるようなDVの定義に抵触しない夫婦喧嘩って現実論に見えますか? DVかどうかは今回が初で、ご主人もその場合の対応等仰ってるようなので 特に不安は無いでしょう。 この際、喧嘩した時のルールとしてはっきり決めておけば良いのでは? (頭に血が上った状態では前向きな意志決定は出来ません。) 逆に心配なのは共依存ってキーワードです。 夫婦で補い合うという前向きな思考もあります。 どの程度の依存具合が心地よい距離かは夫婦次第です。 其処が上手くいってないのが根本原因と思われます。 お互いに相手に望む距離感を理解し合い、 中間点で譲歩しあうのがベストと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    見ていられません

    しおりをつける
    blank
    すぽーん
    ずっとROMしていましたが、出てきました。まるでトピ主さんが母を見ているようだったから。まず、トピ主さん、自分を変えてください。母も、自分に自信がない人でした。だから尽くすんだって言っていました。父はそういう気質を見抜いて(DVの加害者は、何というか、人を見るのは上手です。他人の目を欺くのも。そしてそれが、被害者がいくら他人に「本当はひどいんです」と言ったとしても、信じてもらえないという悪循環を生みます)いました。小町のトピでも、よくDVの相談はありますが、みんなに「逃げなさい」と言われているのに、最後には「もう少しがんばります」というトピ主が多いです。せめて離れられないのなら、自分に自信を付けて(働いて、いろんな人と会って、いろんな世界を見て)ください。ちなみに母は捨てられました。逆らう気力も無くなるまで吸い尽くされた母みたいな人が増えるのはもうたくさんです。そして、それを見ながら何もできなかった(逆らうと私までひどい目に合うから)ことをずっと後悔する私のような子供をつくるのは、やめてほしいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    以前同じ様な経験が・・・

    しおりをつける
    blank
    りんご
    海外留学中にお付き合いしてた彼がいます。 嫉妬心がすごく、一方的に攻め立てて来るような人でした。 私も彼も海外でお互い依存していた所がありました。最初はたいしたことなくても、日に日に暴力が増して来て、裸足で外へ逃げたことも何度もあります。私はかなり抵抗してフライパンまで持ち出すこともしばしば。現地の警察官が駆けつけたこともあります。 しかし、怒っていない時はいたって温厚でとてもやさしい。喧嘩しても、土下座して謝ったり、涙を流して許してくれといつも言っていました。 数年後、二人とも帰国しました。その後もお付き合いは続いていたが、私は母に助けられ彼との関係を見つめなおすことができ、別れました。 と言っても、相手が素直に応じてくれるわけもなく、散々ひどい目にあいました。最後は私の名前の刺青を腕に入れてきました。また、”true love"と言う本を書いてると言っていました。一気に冷めました。 お互い距離を開けてみて、今一度正しいことか見つめなおしたほうがいいと思います。外へ働きに出てみるのも手だと思いますよ。ご主人が許すのであれば。 がんばってくださいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    モラハラの気もありますね

    しおりをつける
    blank
    傍観者
    先日「モラルハラスメント~人を傷つけずにはいられない~」という本を読みました。 たまたま見聞きしていた男性の特徴にぴったりだったので、案外わからないものだな、と思ったものです。 対処方も書いてありますが、そういう人を変えるのは並大抵ではないようで、結局自分の身は自分で守るしかないようです。 口だけとか、無視だけとか、そんなことでも精神的に相手に立ち直れないほどのダメージを与えられるようですから、手を出してくるとなると、あなた一人で何とかなる問題ではないかもしれません。 早めに、そう言うことがあるたび、相手の言ったことを逐一日記に残すとか、誰かに言うとか、証拠を残しておくことが必要になってくるかもしれません。 相手は、社会的には全く問題なく見せるように振る舞うため(ウソも平気でつく)あなたに不利なことになりませんよう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    すごく泣いたあと、繰り返します(DVの特徴)

    しおりをつける
    blank
    慎治
    タイトルの通りのことが、繰り返し起こったら、怖いですよ。次やるまで間があって(4年に1度の周期)も、DVとなります。 例として、DVがはじまった(殴る・蹴る)→夫は反省し、あなたは許し、仲直りして、しばらくは、ラブラブ状態→デート中、雲行き怪しくなり、2人はふとした喧嘩。そこから、夫は、またあなたへ暴力。→暴力をはたらいてあなたを怪我させた夫は、泣くくらい謝る。あなたは許して、仲直り→ある日、夫の身に良からぬことが起き、あなたへ喧嘩を吹っかける・・・・あなたは、病院へ行かなければいけないぐらいの怪我を負う→また、夫は泣くくらい謝る。・・・・切りがないですよね。このように、周期的に無限に起こるようであれば、それは、例外なくDVです。 別れた方が、得をします。 その現象が、1回切りならば、よほど傷ついたことがあったとか、上手く行かないことを、自分で消化できなかった・・・などという理由かもしれませんので、DVではないでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こわかった

    しおりをつける
    blank
    ぱん
    読んでいて、古い傷を思い出してしまいました。 私は今まで二人の男性に暴力を受けたことがありました。 一人目は付き合って半年後くらいから1年ほど。 お互い高校生で初めての相手でした。 元々暴力的なところのある人でしたが、 一度手を出されてからは、ほぼ毎回なぐられていました。 顔は変形し体中あざだらけ。 それでもまあ若さのせいか情熱的だったりするわけで、 別れ話のたびになぐられるので、もう諦め半分で続いていました。 二人目は仲は良かったんですが、お酒を飲むとお互い口が悪くなり、 つまらないことで毎回大喧嘩。 最後は羽交い絞めにされいつも泣いていました。 1度だけ、ものすごく飲んだときに殴られて、 このときは前の人のようにはなるまいと、警察を呼びました。 (酔ってたので彼は覚えてない)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こわかった 2

    しおりをつける
    blank
    ぱん
    1度目があまりにひどかったので、 その後は優しい人を自動的に選んでいます。 (2度目の人はお酒さえ飲まなければ○) 結論をいえば、相性だと思うんです。 私だって、どの男性と付き合っても殴られているわけではない。 彼らもどの女性も殴っているわけではないのです。 好き同士だから結婚まで至ったのだろうけど、 お互いを傷つけてしまう関係なら、続ける意味があるんでしょうか。 首をしめられそうになったり 泣いて謝ってもなお、いやなことをされる。 好きな人にそんなこと誰だってされたくないですよね。 する側にはされる側の気持ちなんて絶対わからないと思います。 今度泣かせたら慰謝料とって別れてもらうからね!くらい、 家族の前で誓わせるとか、それくらい厳しくしないと、 旦那様の行動はエスカレートすると思います。 (1度目の彼はこれをしたら最後の3ヶ月は暴力をふるわなかった★)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    そのまんまやん・・・

    しおりをつける
    blank
    まお
    >つまり夫は、私に精神的ダメージを与え、 私に謝らせるために、有効な方法を考え、 それを実行できる人なんですね。 このレスをみると、 DVそのままです。 DVの加害者というのは、 相手にダメージを与えるためならば ありとあらゆる方法を使って、 どんなことでもするのです。 トピ主さんが共依存かどうかも、 のちのちには考えたほうがよいとは 思いますが、今はとにかく、実際に目の前に 起こっていることを対処すべく、冷静に なってください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  45
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]