詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    若手社員について(長文です)

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    先輩社員
    仕事
    入社7年目の28歳の後輩について聞いていただきたいことがあります。

    彼はほとんどの仕事をソツなくこなし、
    同年代の仲間の中では有望株と皆が思っておりました。

    最近、彼自身もこの部署の中で頭角を現していると自覚し始めたらしく、
    年齢が上の先輩よりも自分のほうが仕事ができるし、
    一生懸命やっているのに給料がその人たちより安いのは納得いかないと言い始めました。
    あの人より2倍は仕事をこなしているから、
    給料もあの人の2倍もらわないとおかしい。
    自分が居なければこの部署は回らない。
    会社は自分を評価していない。
    と、まあこんな感じです。
    (人事考課面ではほかの人よりも昇給はいいほうです)

    年の割にはしっかりしていると思っていたけれど、
    まだまだ若い、組織というものをわかっていないと思います。

    本人は自分はもう大人のつもりでいるので(まあ年齢的には大人だけど)、まだまだ若いなと諭しても納得いかない様子。

    少し天狗になっている感じの後輩ですが、
    どのように諭せばやる気を損なわずに、
    成長させられるでしょうか?

    先輩方の意見をお聞かせください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ほっとけば

    しおりをつける
    blank
    まる
    大変ですね。

    若手の方が力がついてくると一度は
    そんな思いにかられるのでしょう。

    様子を見て、
    どうしても納得がいかないのであれば
    会社を辞めてしまうかも。

    どこの会社に行っても同じようなものだと思うけど。

    精神的に脱皮しないとなんともならないかも。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    別の意味で方っておこう

    しおりをつける
    blank
    勘定書きのない寿司屋
    トピ主さんの言わんとするニュアンスは、なんとなくわかるつもりです。

    でも、そういうトピ主さんの勤務先の社風がいわゆる年功的な要素がまだあるから、そういうお考えなのではないでしょうか?

    いわゆる時価主義的な労働と給与配分のシステムの会社ならば、あながちその後輩君の主張も理にかなっているとも言えますし。
    もっとも、時価主義は時価主義ですから、時価が低下したり、不良債権の人材なら切り捨てられますけども。

    労働に対する価値観が違う人では、トピ主さんの主張も通じない場面もあると感じます。そういう意味ではトピ主さんの主張の前提が正しいかどうかも疑わしくなる感じもします。

    後輩君は、自分が高く売れる時は時価主義で、自分の時価が下がったら年功主義に宗派替えするのではないでしょうか? というか誰しもそういうご都合主義なところはありますからね。
    放っておけばいいんじゃないですか?
    後輩君の人生ですから、育てる必要ないでしょ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    でた~!うちにもいます

    しおりをつける
    blank
    えんぴつ
    私も後から入った子がそのようで、ほんとうに辟易しています。
    立場的には同じ私ですので、あまり強い事は言いませんが、あのね、いくらそう思っても、生きて来た経験年数は上回れないのよ、といったり。
    そういう当人だって、失敗するときはするのです。
    それを棚に上げて、そういうことをぬかすのはやはり経験不足というか品がありませんね。
    そういう人格の面で、顧客に不審を買うところが未熟、それが給与に出る、と私が上司なら思いますけどね。
    やる気を損なわないように指摘というのは、難しいでしょう。なぜなら当人は給与で示されなければ不満なのですから、トピ主さんが給与を払う立場でない限り、言っても聞き入れないのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    一理ある

    しおりをつける
    blank
    しょう
    若者は視野が狭いため現実を分かっていない。現在の会社にいる限りその会社(経営者)の方針もある。その方針を変えるのは難しいだろう。

    まあ若い間はバリバリやって天狗になる位が頼もしい。それくらいの覇気がなけりゃつまらない。
    放置しとけば「自分の稼ぎ=給料」にならん事は気づくだろうし...

    「本当に自分ができると思うなら独立すればいい。」と言うのもいいでしょう。仕事の能力に年齢は関係ないのも事実。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こういう人は長くいないからほっておきましょう

    しおりをつける
    blank
    ももこ☆
    自己顕示欲旺盛な方のようですね。

    企業は仕事だけできても回らない。
    社員同士の和を保ち、いかに利益を上げる手助けができるかという部分での査定の方が高い時があります。

    その子は後者の<和>が欠けているようですね(苦笑)
    私が教育するとしたら、プロジェクトのリーダー的な役割を任せて、ギャフンといわしたる(笑)こういう人間には誰もついてこないこと、自覚させるしかないんじゃないでしょうかね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    普通は思うだけよね。

    しおりをつける
    blank
    るんころりん
    派遣でいろんなところに行くと、
    なんであんなので給料もらえてボーナスまで・・って人が多々います。
    でもモチロン「私の方がもらえないとおかしい」とは口に出して言いません。
    心で思い、仲良しの友達に冗談交じりに言うだけです。

    だって、それが会社組織なのだから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    若さゆえか?

    しおりをつける
    blank
    ジェシカ
    きっとその「仕事のできない先輩」も昔は頑張っていたのでしょうねぇ。
    でも、頑張っても給料上がれば、頑張った分だけやりがいもありましょうが。
    頑張っても給料上がらなければ、仕事やらないで同じ額もらったほうがいいや、の方向へベクトルは進みますよね~。
    私もそういうとんがってた時期、ありましたよ。
    でも、その内先輩の嫌がらせが始まって、仕事が全然はかどらなくなりました。
    (で、転職してしまいました)

    二倍仕事で給料も二倍くれって、百点満点のテストで、答え以上に書いたから二百点くれよっていう感じにも聞こえますねぇ。

    それから。
    父の会社では逆に、仕事しない人ほど、やれ「給料が安い」とか「こんな仕事やってられない」とか文句が多いそうです。
    しかも具合が悪いとか言って、そりゃ昨晩二時まで飲んでりゃ具合良くなくて当たり前だろうが~!っていう人だったりするそうです。

    その若造くんは、仕事して文句言う分だけ、まだ救いようがありますよね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    見守りましょう

    しおりをつける
    blank
    常盤鐘鳴
    その若手社員の方は、ある程度実力もあるのでしょうが、会社の信用あってこその実績ということを理解していないのでしょうね。

    会社の信用というものは、先輩社員の方々が時間をかけて築き上げてきてものなんですけどね。

    ただ、社員の中には実績に見合った報酬を得ていない人がいるのも事実ではあります。「組織」というものの中にいる以上、ある程度は仕方がないし、それが不満なら独立するしかないと思います。

    その若手社員も、組織の中の一人であることに納得するか、自分の力を試してみるか、いずれ答えを出すでしょうから暖かい目で見守ってやればよいのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    逆に先輩としての度量が求められていると思います

    しおりをつける
    blank
    ホランド
    僕から見ると、その後輩君は、元気があってよろしいと思います。
    20代の男性ですから、そのくらい鼻息が荒くないと、歳をとってきたときの元気なさが逆に心配されてきます。

    人と比較して給料を云々する言動は、人間関係に波風を立てるので、厳しく注意すべきですが、それ以外は黙って見守ってあげる甲斐性が職場の先輩たちに逆に求められているように思われます。

    なお、その後輩君の言動が激しい場合には、「それだけの理不尽さを感じているのなら、正攻法で上司なり組合に、自分の給料を上げるべきだということを理詰めで説得してみたら」と助言されてはいかがでしょうか。
    後輩君にとっては、物事を自分の側だけでなく、多面的に見つめるいいきっかけになると思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うちは歓迎!

    しおりをつける
    blank
    ワンマン経営者
    「他人の2倍働いてるんだから、給料2倍くれ」
    と、交渉に来る、20代~30代前半の社員を抱えている私は零細企業経営者(50代前半)ですが、
    彼らと仕事していることがとても楽しくて仕方がありません。
    独立していった者も1人いますし。

    そもそも、覇気の無い若造は不要です。
    クソ小生意気でもかまわない。
    私自身、若い頃はそうでした。
    頭を打って覚えることもあるでしょう。
    そうやって成長するんです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    その後輩の言い分は正しいです

    しおりをつける
    blank
    匿名
    これからの日本は
    往来の年功序列から実力主義に
    シフトしていくと思います。
    逆にそうしていかないと会社も生き残れなくなるでしょう。
    そうですよ。
    長いだけで実力の無い社員より
    若いけどバリバ仕事のできる社員の給与が同じなのは
    おかしいと考えて当然です。

    私の考えではその若者の考えを会社が聞いて
    会社が実利欲主義にシフトするか
    その若者が実力主義の会社に転職するか
    どちらかだと思います。
    そうやって実力ある人が抜けていき
    年功序列を保守する古くさい会社は消えていくと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]