詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    仏壇の購入後は?

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ゆうこ
    話題
    こんにちは。
    仏壇の購入後についてお聞きします。

    浄土真宗本願寺派のお坊さんに今後お世話になり、もうすぐ家族の一周忌法要と納骨を先日たてたお墓で行います。

    仏壇も今回購入したのですが、仏壇を新規に購入した際は他の宗派ですと「開眼供養」ということをお坊さんにお願いすると知りました。
    浄土真宗の場合も、このようなことをしなければならないのでしょうか?
    する必要があるのなら、お墓で行う納骨・一周忌のお経の後、お坊さんに仏壇のある自宅に来ていただかなければならないのでしょうか?
    (仏壇は小さめの上置き型を購入したため、持ち運びには苦労しませんが、仏壇をお墓に運んで納骨と合わせて開眼供養して頂くということはあるのでしょうか?)

    浄土真宗では、本来は位牌は必要ないそうですが、家族を供養したいと思い、位牌はあえて購入したので、こちらを仏壇に置く予定です。

    どうか御意見をよろしくお願いします。

    トピ内ID:5981755378

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お寺さんに聞きましょう

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    浄土真宗でも、仏壇を購入したら、お寺さんに自宅まで来ていただき、阿弥陀如来様の開眼法要(?)を行いました。購入したままだと、単なる「阿弥陀様の絵」なので、阿弥陀様に魂を入れるのです。

    なお、浄土真宗では位牌の代わりに過去帳を使って亡くなった人を供養します。過去帳も(位牌も)戒名を入れたら、読経してもらい、亡くなった人の魂(?)を入れる必要があります。

    わからないことはお寺さんに詳細に聞けば、答えてくれます。お寺さんによっても、やり方や作法が異なるようです。

    最近、家族が亡くなりましたが、やり方がさっぱりわからなかったので、恥ずかしいくらい細かい事までお寺さん(と仏壇店)に聞きながら供養しています。

    トピ内ID:0631834213

    閉じる× 閉じる×

    慶讃法要

    しおりをつける
    😀
    Ci・マッキー
    真宗では、阿弥陀如来(方便法身尊形=絵像)を本山から迎えて、仏壇(お内仏といいます)を安置する際には僧侶を迎えて「入仏慶讃法要」を行います。お祝い事ですので、お供えは紅白の丸餅などをお供えします。蝋燭も朱(赤)蝋燭を用います。お布施も紅白の水引です。具足(お荘厳)も三つ具足でもかまいませんが、正式には五具足を用います。位牌は用いません。(よくもめるところです)位牌はそのルーツから、「仏教と関係なし」という立場を真宗では取っています。なのでお手次のお寺によっては「処分」をお願いされたりします。正式には「過去帳」または「法名軸」を用います。

    お墓に関しては、僧侶を迎えて「建碑慶讃法要」を行い、納骨します。これもお祝い事ですので、蝋燭も赤、お布施も赤水引となります。ここでもよく問題になるのは、「法名碑」です。真宗には戒律がありませんので、戒名はありません。「法名」を門主から生前にいただくのが正式です。帰敬式(おかみそり)ともいいます。なので、最近はあまりないですが、石屋さんがよく知らないと、戒名碑が出来ていて、「法名碑」に直すことがあります。勿論、棹石には「南無阿弥陀仏」です。

    トピ内ID:0092392054

    閉じる× 閉じる×

    同じ宗派です

    しおりをつける
    😨
    なむなむ
    うちは、49日法要のとき、
    仏壇の開眼法要と、
    お墓の建立の御経(?)を、
    あげて頂きました。
    開眼法要は、魂入れですよね。
    これがないと、ただの家具です。
    仏壇を買われた時に、
    赤いろうそくがついてたと思います。
    開眼法要のときのみ、使うそうです。
    お墓にも、車でお連れして、
    御経の後、納骨しました。
    仏壇に位牌は無くて、過去帳に戒名が書いてあります。
    ちなみに、開眼法要とお墓のお布施は、
    別々で、結構高額でした・・・

    トピ内ID:2767071988

    閉じる× 閉じる×

    こんにちは

    しおりをつける
    😀
    坊ねずみん
    レスキューの方に入っていましたので、
    参考になればと思い投稿します。

    私は浄土宗です。
    私もつい最近仏壇を購入しました。

    仏壇とお墓は別々でした。
    仏壇の開眼式は仏壇を買った時に行いました。

    まずは古い仏壇に対し、
    魂を抜いてもらいます。
    魂を抜いてもらった後はただの家具?
    となりますので、普通に処分でもかまわないみたいですが、
    新しい仏壇を購入した仏具屋さんに引き取ってもらうか、
    お寺さんに持っていって処分してもらう方が気持ちが良いと思い、
    家では仏具屋さんに引き取ってもらいました。

    そして、新しい仏壇が来たところでまたお寺さんに来ていただき、
    開眼式をします。
    お墓に仏壇を持っていくというようなことはしません。

    余談ですが、
    開眼式はおめでたい事なので、
    お布施は赤白の水引です。

    トピ内ID:3732891244

    閉じる× 閉じる×

    浄土真宗は特別

    しおりをつける
    blank
    ひろ
    開眼供養はしないけど、別の法要をするようです。
    ただ、慶事扱いとのことで、一周忌と一緒にできるのかはわかりません。
    お寺さんに直接確認するのがよろしいかと思います。

    なお、開眼供養の場合、対象は仏壇ではなく、仏壇に入れる本尊です。
    なので、本尊だけ持っていけばいいのではないかと思います。

    開眼供養というのは魂入れとも呼ばれ、本尊だけでなく、位牌にも行います。
    これによって、位牌に故人の魂を入れるので、位牌を大事にするわけですね。

    供養は気持ちだと思うので、開眼していない位牌でもいいような気もしますが、
    浄土真宗では、普通、位牌の代わりに「法名軸」というものを用いるそうなので、
    お寺さんの面目を考えると、そちらも検討してはいかがでしょうか。

    トピ内ID:8333838452

    閉じる× 閉じる×

    慶讃法要(続編)

    しおりをつける
    😀
    Ci・マッキー
    前回のレスに追加です。

    私も、浄土真宗本願寺派の門徒です。
    真宗では、現世での「魂」の存在はありえないことになっています。それはすべての故人は、阿弥陀如来によって救われ、「浄土」に生まれ還ることになっているからです。なので仏を含めて「魂」入れという考えはありません。皆さんお浄土にいらっしゃいます。「南無阿弥陀仏」の声明念仏もすべて阿弥陀仏に対しての感謝の念仏です。故人の供養や、回向のためではありません。ですから厳格なお寺ではお墓を持たない(作らない)ところもあります。ここのあたりを間違えていると、もはや宗派も何もなくなってしまいます。お布施の金額も「任意」というのが本当で、千円でも1億円でも「出来る分だけ」だそうです。「出来る範囲で見合う金額」ということでしょうか?「帰敬式」では法名をいただきますが、確か「冥加金=手数料」は1万円ほどだったと思います。○○院、○○居士をつけて戒名にウン十万円みたいなことはありませんのでご安心を・・・真宗では、僧侶も、門徒も、みんな「釈 ○○」で平等が基本です。

    トピ内ID:0092392054

    閉じる× 閉じる×

    親元を離れるときにはお仏壇を・・・

    しおりをつける
    😀
    Ci・マッキー
    追加の追加レスです。

    基本中の基本のお話を…

    家族に故人が出たらお仏壇を…なんて思っておられませんか?

    そもそも、そこからが間違い!

    小宅は妻と二人で、故人は出ていませんが「お仏壇」は安置しております。

    子供が、大学入学などで親元を離れるときに、「お仏壇」をもたせる…

    本山、本願寺では、厨子に収まった「方便法身尊形」の用意もあります。

    真宗では、故人の発生とお仏壇とは直接関係ありません。(といっても過言ではありません。)

    いわば、門徒の住まうところには「お仏壇」があるべきなのです。(あるはずなのです)

    阿弥陀に「南無=帰命」する(=すがる者)すべてを、不可思議の願力をもって

    浄土に生まれ還させる(往生させる)。その阿弥陀仏のご恩に報うべく、感謝をもって今を生きる。

    「生かされていることのありがたさ」を知って、今を一生懸命に生きる。というのが門徒の心得です。

    不可思議の力は阿弥陀仏にあり、僧侶も、在家門徒も、仏の前には平等で、自力での修行に依らず

    他力(阿弥陀の力)に依ってのみ往生を遂ぐ(他力本願)の心得です。

    トピ内ID:0092392054

    閉じる× 閉じる×

    慶讃法要(続編)のレスに誤字(訂正)

    しおりをつける
    😀
    Ci・マッキー
    申し訳ありません。

    レス文中に誤字がありました。

    (誤)>「南無阿弥陀仏」の声明念仏もすべて阿弥陀仏に対しての感謝の念仏です。

    (正) 「南無阿弥陀仏」の称名念仏もすべて阿弥陀仏に対しての感謝の念仏です。

    訂正して、お詫び申し上げます。

    トピ内ID:0092392054

    閉じる× 閉じる×

    Ci・マッキーさんへ

    しおりをつける
    blank
    無宗教者
    仏壇が故人の有無に関係ないのは他宗派も一緒ですよ。
    仏壇は本尊を安置するための箱であって、本尊は故人とは関係なしに常に信仰の中心にあるものですからね。
    とはいうものの、身近な人の死を機に信仰を考える人が多いのも事実で、だから仏壇と故人がセットになるのでしょう。

    また、院号というのは、元々、寺院を建立した人がその寺院の名を冠したものでしょう。
    今時、ウン十万で寺院は立ちませんが、建立しなくても宗派に多大な貢献があった場合には贈られます。
    多額の寄進があった場合は、それを貢献として評価して贈られるわけですね。
    院号自体は浄土真宗にもあるようですよ。派によるのかな?

    因みに、実家の菩提寺では戒名にお金は取られません。
    どっちにしても葬式ではお布施を出しますから、任意+任意=任意なので、
    名目を分けないというところなのでしょう。
    本当に熱心な信者なら存命中に戒名を頂くそうですけど、そういう人は日頃から寄進してるでしょうしね。

    トピ内ID:3592462444

    閉じる× 閉じる×

    真宗の院号について

    しおりをつける
    😀
    Ci・マッキー
    無宗教者さん

    ご指摘ありがとうございます。

    他宗のことはあまり知らないものですから申し訳ありません。

    「仏壇」自体が、真宗からの発祥とのことで、他宗に広まったようですので…

    特に、取り決めが多いのも真宗の特徴です。(とにかく本山の仕様にあわせる慣習です)

    最近「厨子入りのご本尊」が、現代の住環境に適した様式として新たに制定されました。


    真宗の院号は、僧侶や、特に功績のあった門徒の方に感謝の意をこめて送られるもので

    特に、それ以外の意はないようです。(ランクのようなものはないということです。)

    私の住んでいるところの他宗では、院号をもらったばかりに、菩提寺からお布施や寄付を多く

    求められるといったケースがあったり、未来永劫に「格」に相応な要求をされるといった

    いわば「不文律」のようなものがあります。(お布施の性質からいうと…なんとも厳しいですが!)

    そのような話を聞くと「なんとも厄介」と感じてしまいます。

    トピ内ID:0092392054

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0