詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お歳暮、お中元って必要ですか?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    森のくま
    話題
    タイトル通りの疑問をもっております。
    当方40歳男性の会社員です。常々お歳暮、お中元商戦等のニュースなどを
    見たびに感じております。この様な疑問を持つ事自体、社会人として常識の欠落でしょうか?私の場合、ポリシーでもなんでもありませんがお歳暮お中元の類を送った事ももらった事もありません。しかし別段上司との関係に問題があるわけでもなく、親戚、友人とも良好な関係を築いております。
    もし今まで私がお歳暮やお中元の習慣をもっていたら、はたして今以上に良い人間関係を築け、ひいては社内での待遇(ポジション)なども違っていたのでしょうか?
    金品の贈答で良好な人間関係を維持する事は少し寂しい気も致しますし、なにより習慣行事という理由のみで行う贈答は心から喜べづ、むしろさもしい印象を受けるのは私だけでしょうか?
    色々な方の御意見伺いたくトピをたてました。

    トピ内ID:0377963681

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 7 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それで良いと思います。

    しおりをつける
    🐴
    tomodachi
    疑問を感じたらしなければいい。私は60歳になりますが、職場関係で歳暮もお中元もしたことがありません。年賀状も書いた事はありません。どう考えても理解できない事ですから。
    それによって摩擦はありましたが、人間関係が悪くなった事はありません。自分の中で決めてそれを貫けば、それはそれとしてまかり通ることなのです。
    毎年上司にお歳暮・お中元をする方がいましたが、私自信は「なんとせこいことか」かと思っていましたし、私自身にお届け物が来たときは「返す事はしないけれど、もうしないでくれ」と厳しい言い方で断っていました。そんなことをする人の心の中にあるものに疑念を抱き、かえって人間関係をギクシャクしたものすると思います。
    「他の人より自分を取りたててください」と言っているようなものですから。所謂、ワイロです。
    その結果、友人や近隣、同僚の付き合いを狭めてしまった事は全くありません。今でも、元の職場の方と付き合いさせてもらっています。

    トピ内ID:4480623223

    閉じる× 閉じる×

    必要ないと思います

    しおりをつける
    blank
    ai
    私も、お中元お歳暮を誰にも贈ったことはないし
    それでも良好な人間関係を築けていると思います。

    今は、会社でも「お中元お歳暮禁止」になっている
    というのはよく聞きます。主さんも、あげたこともなく
    もらったこともないのであれば、事実上禁止になっているか
    そういう習慣がない会社であると思われます。
    なので、主さんの出世にはあまり関係なかったのでは?と
    思われます。(贈っても逆に、来年度から必要ありませんよ
    と言われる可能性が高いと思います。)

    私自身はモノのやり取りはあまり好きではありません。
    もらったモノをお裾分けしてまわるのが、大変だし、気を使うからです。

    年賀状以外に、連絡を取り合うきっかけになることが
    他にないので、お中元をきっかけに連絡を取り合っている
    という考え方もあるみたいです。それはそれで
    いい習慣だと思います。

    トピ内ID:4556001958

    閉じる× 閉じる×

    習慣としては不必要かもしれません

    しおりをつける
    blank
    kou
    習慣としては不必要かもしれません。
    ただ私は仕事上で付き合いのあるフリーランスの方で頑張ってもらっている方等には、感謝の気持ちで送っています。単に金品のやりとりというより気持ちを表すための方法の一つだと思っています。送る人も限定的ですがその分、送る品の額も品も厳選しています。

    実際の効果ですが私はフリーランスの方を仕事上で使う上で困った事もないですし、急場の仕事も助けてもらっているのであるといえばあるかもしれません。ただそれを求めての行為ではないので。

    トピ内ID:3604340046

    閉じる× 閉じる×

    私も同感です

    しおりをつける
    🐶
    Pこ
    個人的にはお歳暮、お中元は一切していません
    自営なので客先に送る場合も必要最低限です
    それでも、かなりしょーがなしに送っています

    この習慣、なんとかならないもんですかね?
    なんて言ってると「昔ながらの風習を!」と仰る方もいると思いますが、
    本当に必要がなく、意味がないと思います

    トピ主さんが仰る通り、贈答品で築いた関係なんてさもしい感じですし、
    デパート業界に踊らされているような気もします
    会社に届いたお中元やお歳暮も、好みに合わなければ捨てることも多いです
    この不景気の時代に、本当にムダですよね

    旅行とかの手土産は普通に嬉しいんですけどね・・・

    トピ内ID:5587826475

    閉じる× 閉じる×

    安心してください

    しおりをつける
    blank
    宅急便
    お中元、お歳暮の習慣にさもしい気持がする人は贈答することを考えなくてよろしいのです。

    あなたが送らなくても地球は回ります。安心してください。

    トピ内ID:4358886653

    閉じる× 閉じる×

    必要ではないがあっても良い

    しおりをつける
    blank
    会社員
    お歳暮、お中元は「金品の贈答」ではなく
    「季節の挨拶」に類すると思います。

    つまり年賀状・暑中見舞や同等です。
    もっと言えば、手紙や社外へのFAX等で使用する
    時節の挨拶も同じです。

    これらは必要ないといえば必要はありませんが
    消えてなくなりません。

    「金品」の受渡しが無駄だと思われるからこそ
    「日用品」を送りあうことで無駄を少なくしていこう
    というふうに考えられているのだと思っています。

    トピ内ID:6919945149

    閉じる× 閉じる×

    贈りません

    しおりをつける
    🐴
    wow
    夫の勤め先は「禁止」となっています
    私もそういった金品事で人間関係を左右するやり方は好みません
    なによりも自分自身の生活が大事です

    トピ内ID:3472483956

    閉じる× 閉じる×

    必要ではないけれど

    しおりをつける
    🙂
    まな
    母が以前の上司だった人に毎年、お歳暮してました。


    自分が昇進する上で最も必要なことを教えてくれた上司で、元気にしてることを知らせる意味で送っているとのことでした。

    自分もサラリーマン経験七年して、自分のピンチ救ってくれた今の上司には、部署を離れたら、お礼の印に初めてお歳暮送ってみようかな、と思ってます。

    それまでは、母が送るようなお中元、お歳暮ってよく分かりませんでしたが。

    出世とかに関係なく、送ってみようと思うこともありますよ。

    トピ内ID:4621398370

    閉じる× 閉じる×

    しています・・・

    しおりをつける
    😉
    さるたひこ
    私は勤務先の上司になんかしたことは一度もありません。
    しかし、親族にはしております。
    私も妻も末っ子ですから、兄と姉のところ、及び妻の兄と姉のところ。
    生前は二人の両親の所にも送っていました。
    それと息子の嫁の実家、娘の婿の実家です。
    そんなとこですかね・・・

    私たちは、あまり『家族』『家族』って、言わないんですけどね、つながりは結構あります。

    トピ内ID:6649136301

    閉じる× 閉じる×

    一般

    しおりをつける
    blank
    一般のサラリーマンなら、無くなっても、困らないでしょう、社内間の贈答は禁止されている会社も多いですからね、でも、自営業者やフリーで仕事している人、旧家では必要なんです。さもしいって、もらえない人間の僻みでは

    トピ内ID:4055417646

    閉じる× 閉じる×

    なくても良いものですが…

    しおりをつける
    blank
    エトノス
    お歳暮・お中元は、慣習としてはどんどん希薄化しているものですね。なくなってしまっても誰も困ることはないと思います。

    マルセル・モースの『贈与論』でも読んでみてください。名著ですからすでにお読みかもしれませんが…。
    贈与とは人間の原初的なコミュニケーションの方法の一つです。日本の中元・歳暮等もモースの贈与論を軸にたくさん議論されています。
    学術的な議論としてはすでに古臭い感じがしますが、行事・慣習についてもう少し優しい視点で見ることができるようになるかもしれませんよ。現実社会を生きていく上では、大した意味はないですが。

    一見不要に見える習慣や風習を、合理的な理由がないという理由でなくしていくのは非常に簡単です。そうやってたくさんのものが日本社会から失われてきた。習慣や風習だから守らなければならないということはないですが、まぁ、合理性だけでは世の中まわっていないということもまた事実です。

    トピ内ID:0933189607

    閉じる× 閉じる×

    必要だとは思わない

    しおりをつける
    blank
    ai
    お歳暮、お中元、年賀状、暑中見舞いなどの類は仕事上営業活動としてお客様に出すだけで、個人としては一切していません。

    慣習に強制されている感があって嫌なのです。


    自分がお世話になった人や感謝を伝えたい相手には、個別に贈り物をしています。

    トピ内ID:7889386641

    閉じる× 閉じる×

    感謝の気持ちを表したいから

    しおりをつける
    blank
    ごあいさつ
    トピ主さんと同世代の女性です。

    私も「形だけのお中元・お歳暮」は不要と思うのでしていません。

    ただ、唯一長年贈り続けている先は…
    スポーツチームのコーチと監督です。

    かなりマイナーで施設費・用具費のかかるスポーツの社会人チームに所属しています。
    部員から集める月会費の全てが施設費や遠征費・大会参加費に消えます。監督・コーチは完全なボランティア。週に何日も本業のあと練習の指導をして下さるばかりか、遠征のバス運転や大会への付き添いなど大変お世話になっています。
    お返しできることといえば「大会でいい成績をあげること、立派な選手になった後はまた自分のようにボランティアで後進の指導をしてくれること」とおっしゃるのですが、大人としてはそれだけでなくせめて何か感謝を形にしたいと思うのです。ご家族との時間も犠牲にしていますからそのお詫びも兼ねてご家族にも喜ばれるものにしています。

    >金品の贈答で良好な人間関係を維持する
    なんて、考えたこともありません。お歳暮しなくてももちろん良好です。

    若い子たちも「何かしたい」気持ちは同じらしく、バレンタインデーなどにプレゼントを贈っているようです。

    トピ内ID:3523619596

    閉じる× 閉じる×

    親類に贈ってます

    しおりをつける
    blank
    みみ
    ほかの方も書いていらっしゃいますが、お中元・お歳暮は季節のご挨拶だと思っています。
    お中元やお歳暮を贈る際には、必ず前もって挨拶状を送ったり、せめてカードを添えるのが礼儀だということは、ご存じですよね。
    挨拶状がなく物品だけ送り付けられると、受け取る側では何の意図で物を贈りつけてきたのかと困惑し、不審に思います。
    つまり大切なのは気持ちで、物品は付属物です。
    感謝の気持ちを相手に伝えることが目的なんです。
    書いたり述べたりするだけでは気持ちが表しきれないので、物も添えるのだと思っています。

    家族から「いつもありがとう」等と言ってもらえると嬉しいですよね。
    家族でない人からそういわれれば、なおさら嬉しく、力になってあげたいと思ったとしても不思議はないと思います。
    また自分に心を寄せてくれていることを感じる物品であれば、ますます嬉しいと思います。
    でも見返りを求めてすることじゃないですし、相手に関心を持ってないのにとりあえず贈るのは、双方にとって虚しいと思います。
    だから必要を感じないのであれば、しなくていいと思います。

    トピ内ID:4839794829

    閉じる× 閉じる×

    うちはしない

    しおりをつける
    blank
    もみじ
    主人の会社は中元歳暮などの贈答は禁止されているので、会社関係の方には贈れませんし、贈られて来ても頂けません。
    父の会社は禁止はされていないけれど、そういう習慣がありませんでした。

    誰からも来ないということは、同じように禁止されているか、贈答の習慣がないと言うことだと思うので、
    贈っていればもっと良い待遇だったと言うことはないと思いますよ。

    トピ内ID:3106038754

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      商売ですから

      しおりをつける
      blank
      K
       必要とする人がいる限り、そういうシステムは存在し続けるでしょう。

      後々、不要と感じる人が増えれば、そのシステムが自然消滅する。ただそれだけのことです。

      店側としては、そうなっては商売上がったりですから、テレビで取材してもらったり、コマーシャルで宣伝して、すたれないようにしています。

      一部の人々に必要とされている限りは、日本の習慣として、存続し続けると思います。人間関係に効果が有ろうと無かろうとね。

      トピ内ID:7664040167

      閉じる× 閉じる×

      バレンタインと同様に

      しおりをつける
      blank
      匿名
      商戦の一つですよね。
      特に意味もないものにもっともらしく意味を持たせて、商売にする。
      それに乗せられちゃったのでしょう。

      えほうまきとかも、私の地域ではまったく由来のない風習であるにもかかわらず、今ではその時期売り出しますからね。

      買うも買わないも、贈るも贈らないも勝手でしょう。
      しなくてはいけないというような感覚はずいぶん廃れて来ているでしょうし。

      トピ内ID:7369930792

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0