詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    やりがいのある仕事してますか?

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    29歳夫
    仕事
    29歳既婚でIT関係の会社で働いています。

    仕事は毎日忙しく、色々なことを任されて責任のある地位にいるので毎日頑張って働いています。給料は良くも悪くもなく実力に似合った額だと思っています。

    でも、生きがいは全く感じられません。仕事の内容には全く興味がもてず、仕事の責任の重さと量を考えるとこのままこの仕事を続けていく事にあまり希望が持てません。

    問題なのはだからといって他に何がしたいのか自分ではわからないということです。

    妻は尊敬するほど素晴らしい人です。自分の進みたい道を早くから認識し、そのために惜しみない努力をして今の仕事に就き、生き生きと仕事をしています。いつも挑戦の毎日です。

    妻に仕事のことを相談すると、時間がかかってもいいから自分のしたい事を見つけていつでも転職、又は一から始めればよい、いざとなったら彼女が私を養ってくれると言うのです。

    私はどんなことがあっても妻に苦労して欲しくないので、どんなに嫌な仕事でもやるつもりです。ただ、仕事に生きがいを見つけられず、かといって何がしたいのかもわからず辛いです。私のような人は実は沢山いると思うのですが、ご意見聞かせて下さい。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    見つからないなら……

    しおりをつける
    blank
    弁慶
    “職種”よりも“仕事”そのものにフォーカスしてみては?
    言い換えれば、今の仕事を極めて“本物のプロ”になり、
    現職を天職に変えてしまうんです。

    ちょっと考えてみていただけますか?

    トピさんが仕事を通じて“助けている人”は誰でしょうか?
    私の場合はまず顧客、次に会社です。家族や自分と
    いった回答もアリですが、自分の労働力によって
    直接的な利益を得るのは、やはり前二者でしょう。

    これらの人たちに対して、最大の利益を提供する
    ――これがあらゆる職種に共通する責務であり、
    それこそが“仕事”です。例外はありません。

    顧客は個人かもしれないし、企業かもしれないし、
    自社の別の部署かもしれませんが、いずれにしても
    トピさんの仕事で“助かる人”が必ずいます。

    この人たちがトピさんの尽力によって最大限に
    “助かった”とき、トピさんの会社の利益と企業価値が
    上がり(つまり会社が“助かり”)、結果としてトピさん
    自身も満足を得られる(“助かる”)ことになります。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    弁慶・つづき

    しおりをつける
    blank
    弁慶
    仕事の質は、手持ちの技術だけで決まるものでは
    ありません。仕事に関わる全ての事柄が、質を決める
    大切な要素となり得ます。極端な話、笑顔や言葉遣い
    に気を使うだけでも質は変わるんです。

    どんな職種でも“最高峰”はひと握りしかいませんが、
    彼らは1人残らず、自分の仕事力を最高度にまで
    研ぎ澄ました人たちです。

    転職する前に、まずはその境地を目指してみては?

    出逢えるかどうか分からない“理想の職種”を探し
    求めるより、目の前の仕事を極めて、半ば強引に
    「仕事を自分に引き寄せる」方が、はるかに現実的
    に思えるんですよ。

    自分に合った職種が見つかったら最高ですが、
    「完全にピッタリ合う職種」などというものは、
    現実的にはあり得ないのではないか――と、
    そんな気がしますので。どんなに好きな職種でも、
    “イヤな要素”は少なからずあるはずですからね。
    むしろ、好きな分だけ失望感が大きいかもしれません。

    それに何より、奥様に負担をかけたくないのなら、
    勝手知ったる今の仕事を極めるのが最良の道かと。
    少なくとも、“嫌なこと”に耐え続けるよりは簡単なはず
    ですしネ。 応援しています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あせらず、あわてず、がんばりすぎない。

    しおりをつける
    blank
    根無し豚
    どうしよう…どうしよう…って慌てているトピ主さんの姿がトピ文を読んでいて目に浮かびました。

    そんなにあれやこれや抱え込もうとしなくていいんですよ。はい。ぐーーーーっと深呼吸してーーーーーーー。

    29歳っていうと、管理職になるひととならない人が振り分けられる時期ですね。
    現場の仕事(ものづくりやお客さんとのやりとりなど)であれば、わりあいダイレクトにやりがいを感じられますが、管理職ともなれば部下の管理や社内でのネゴシエーションなどの仕事が増えるぶん、やりがいを得られやすい仕事の量は減ります。ただ、やりがいに反比例して責任は重くなります。

    トピ主さんは、今、そんな状況下にいらっしゃるのではないでしょうか?(あくまで私の想像にすぎませんが)

    あせらず、あわてず、がんばりすぎないことですよ!

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0