詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外でのボランティアや活動について

    お気に入り追加
    レス29
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    早苗
    話題
    今度、高校一年生になる女です。

    私は、ボランティアなどについての批評がしたいのではなくて、私の将来についての相談という形で、みなさんの意見が聞きたいのですが。。。

    私は最初、外国の文化や言葉に興味を持っていて、高校では語学に力を入れようと思っています。それに加え、世界遺産や自然などにも興味があって、将来は海外で活躍してみたいと思っていました。更に、中学校の3年間では色々な人に出会い、感謝の気持ちを持っていて、そこから更に「将来は人の役に立ちたい」と思うようになりました。

    それをふまえて将来について考えていたら、「海外でのボランティア活動はどうだろう・・」と思うようになりました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数29

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  29
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    JICAをご存じですか?

    しおりをつける
    blank
    海外在住人
    海外ボランティアに興味があるなら、このサイトを見てみては如何ですか?

    http://www.jica.go.jp/Index-j.html


    私はいろいろな国に住んできましたが、各国でJICAの方は活躍されています。
    JICAの中でも、農業や林業、水産などの専門家の方は、日本の公務員として海外派遣され、お給料などもきちんとしているようです。

    まだ高校生という事ですので、何か興味のある分野を勉強されて、何かの専門家になって、他国の発展を助ける為に働くというのも方法ですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    続きです

    しおりをつける
    blank
    早苗
    ただ、やはり「ボランティア」ですので、自分でしっかり稼ぐことは出来ないし、やっぱりオシャレに暮らしたいし、たまに贅沢したいし・・とかいう気持ちもあります。
    それに、ただ「外国で仕事したい」とかいう気持ちで決めるのも、すぐに飽きてしまったり「思ったより大変だ!」とかいう気持ちになっても簡単に「やめます!」で済むことでもないし。。。

    国際公務員というのも考えたのですが、機関にもよりますが「修士号」が必要なところがほとんどみたいで、大学院まで行かなきゃいけないとなると、無理な気がします。
    頭も良くて、大学院まで出られて、お金も気にならないっていう人は他にもたくさんいると思うので、私がわざわざなる必要もないかなーとか思っちゃいます。

    そこで、「すごく努力して希望の職業に就いた方」「海外でのボランティアの経験がある方」「将来の自分の職業ですごく悩んだ方」「夢をあきらめた方」、ぜひその時のお話、聞かせてください!

    よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どこで何が出来るのか?

    しおりをつける
    blank
    サクラ
    一生続けていくと言うのは大変なことです。
    きちんとした組織に属して、社会保険や手当などが確立しているならいいのですが、そうでない形でのボランティアには将来不安が付きまといます。

    私がいる国にも、「ボランティア」という人達が来ています。
    資格を持って活動をしている人もいますが、ほとんどの人がこれといった資格もなく、「困っている人を助けてあげたいと思って」という程度で、実はこの国について何も知らず、この国の宗教や歴史・文化にも無知な人もいる有様です。揉め事に巻き込まれて日本大使館のお世話になる人もいます。

    ボランティアは素晴らしいことです。
    まずは、世界情勢を見極め、どの国で、自分に何が出来るかを考えて見ましょう。

    言葉なら、現地の人だって話せます。それこそ助けられる側の人でも、自分の意思を表現できるだけの英語を操る人はザラにいるのです。

    必要なのは、何かが出来る人です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    それは良いけど

    しおりをつける
    blank
    現実派
    どうやって生活していくのかな?ボランティアの場合,実費は旅費も入れて,自分で出すものだと思うのですが。

    高校生くらいの時って確かに色々理想が膨らんでいく頃なんだよね。私もそういう時期ありました。でも,一生親のすねかじっているわけにも行かないし,生活していかなきゃいけないんだよね。

    そしたら今から調べて,他の方法で色々出来ないか,もっと現実的になることをお勧めします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    考え直して

    しおりをつける
    blank
    p
    ちょっと考えてみてください。海外から来た身元がよくわからない、言葉に不自由でコミュニケーションがうまくとれない外国人がいたら、あなたはボランティアを頼もうと思いますか?せめて言葉に不自由しないか、言葉がなくても手に職(例えばマッサージ師や美容師など)がないと、ボランティアを頼む側としても困ると思います。

    トピ主さんの文章からは本当にボランティアをしたいというより、語学を勉強するためにボランティアという立場を利用するという感じがします。もしかして、推薦入試に有利なように、海外でボランティアの経験が欲しいのかしら?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    得意分野を確立

    しおりをつける
    blank
    空飛ぶ豚
    話に続きがあるような雰囲気ですがコメントいたします。

    仕事柄、海外に出張することがたくさんあります。バングラデシュなどの発展途上国と呼ばれる地域にも出向いています。

    NGOや宗教団体に混じり青年海外協力隊の隊員とも交流があります。どの方も得意分野を持っていてその力量を使い、現地の人たちの役になっているようでした。

    僕自身は民間の企業に勤めているのですが、納入する機械はインフラ整備に不可欠なモノであり、現地の発展に役立つ・人の役に立つ仕事をさせてもらっています。

    トピ主さんも自分に得意な分野をまず確立させることをお薦めします。看護師などの資格を取ってからですと青年海外協力隊などに参加しやすいです。

    目標を持った高校生活はきっと楽しいですよ。頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    青年海外協力隊は?

    しおりをつける
    blank
    チョコ
    どうでしょうか?友人が何人か参加しました。
    希望の国に行けるとは限らないようですが、
    専門分野について学べば(ものによっては実務経験も必要)、
    その知識や経験を活かせる国に派遣されると思います。
    任務は2年なので「たまには贅沢したい」という気持ちも
    我慢できる範囲なのでは?
    募集分野や体験談、説明会などの情報がホームページに載ってますので、
    「青年海外協力隊」で検索してみてくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    青年海外協力隊

    しおりをつける
    blank
    JOCV
    青年海外協力隊経験者です。

    私も若い頃から海外でボランティアをしたいと思っていました。もともと英語圏からの帰国子女なので海外にあこがれはありませんでしたが、途上国で人のために働くことを夢見ていました。

    結局私は普通に大学、就職、修士取得を経て、三十路まぎわに夢を実現できました。

    経験して感じたことは、技術が一番大切、次に語学、次に対人スキル、そして最後にやる気です。やる気だけですと、カラまわりすることが多いと思います。あと、途上国ほど学歴重視です。大学卒で語学が不十分だと見下されることがあります。

    ボランティアというと、「体1つで行って井戸を掘る」みたいなイメージがあるので簡単そうですが、まじめに役立つことをするためには、学歴と技術力が必要だと思います。

    まずは大学と語学。頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    体験と仕事は別

    しおりをつける
    blank
    a
    体験的なものなら色んな機関がやっています。少し
    調べれば分かります。しかし職業としてやるのなら
    別です。内戦地帯でもない限り現地の人も日常生活は
    普通に行っているわけです。ボランティアにはそれなりの
    能力を期待しています。大学院までとは言いませんが
    それなりの勉強をして知識を身につけなくてはなり
    ません。あなたが仮にボランティアを受ける側だったと
    して考えると分かりませんか。単なるお手伝いくらいなら
    周りの人で十分ですよね。外国から来る人となれば
    それなりの専門性を期待するでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ボランティアは余裕がないとできないんだって・・・。

    しおりをつける
    blank
    あいうえお。
    私の友人A君(男性)がカンボジアでボランティアをしています。
    その友人は某有名脚本家さん主催のボランティア団体に所属しており、月にお給料として15万円程頂いているそうです。
    A君は東京→カンボジアと往復の生活をしているのですが、その生活費はお給料15万と実家からの仕送り10万。
    悠々自適な生活を送っているそうです。

    私がその快適生活に疑問を感じてA君に問うとこう言いました。
    「ボランティアって結局、余裕のある人しかできないんだよ」

    ーそうです。私はボランティアは「自らのしのぎを削って活動するもの」というイメージがありました。
    しかし、お金に関しても、精神的にも「余裕」がないとボランティアってできないものなんですよね…。
    納得できないけど、これが現実なんです。

    A君はカンボジアでは子供たちの為に学校を建設し、東京では六本木で飲み三昧…。
    けれど、団体主催の脚本家さんには熱い信頼があるそうです。
    まぁこういう一例もあるってことで参照にしてください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  29
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0