詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • 研究者の彼と遠距離恋愛している方、助けて!
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    研究者の彼と遠距離恋愛している方、助けて!

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    さくら
    恋愛
    米国に大学院留学している彼と遠距離恋愛して約2年になります。彼は大学の先輩で、遠距離恋愛の状態からつきあいが始まり、付き合う前にプロポーズされました。

    博士課程に合格出来れば、学費免除+研究費で、金銭的にも自立でき、結婚して一緒にくらせるから、合格発表のある3月まで待ってくれと言われました。
    年2回しか会えない遠距離は辛かったですが、毎日連絡くれたりして何とか二人でやってきました。

    しかし、3月に博士課程合格がわかりましたが学費免除はなく、二人で暮らすどころではない微々たる奨学金しか出ないことがわかりました。(第一希望の学校は学費免除+研究費がありましたがそこは合格できませんでした)
    彼は、アメリカでPh.Dを取得し大学の先生(研究者)になるのが目標です。私も彼の夢を心から応援しています。

    しかし一方、この先、結婚どころか一緒にいることもできない状態が一体いつまで続くのか、考えるだけで恐ろしいです。彼も何とかお金の工面をして私と暮らせるように頑張ろうとしていますが、お金を作るのはなかなか難しいと思います。

    研究者の奥様や遠距離恋愛している方など、どなたかアドバイスや体験談、頂ければ幸いです。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  23
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    がんばって欲しいけど・・・1

    しおりをつける
    blank
    amo
    Ph.Dコースに在籍する夫(日本人)がいる米在住者です。

    トピ主様のお話ですと、彼は学生ビザ(F1)ですよね?
    F1ビザではお金を稼ぐことも出来ません。結婚して渡米したとしたら、トピ主様も同様です。
    もし働いたら、犯罪になってしまいます。
    彼が群を抜いて優秀なら特別に大学から奨学金がでるかもしれませんが、日本人がアメリカの団体からの奨学金を貰うのはまず無理です。

    夫の大学は授業料も生活費も高い方なのであまり参考にならないかもしれませんが、1人あたり、年間$60,000かかるそうです。2人では+$10,000くらいでしょうか。
    Ph.Dに入ってから3,4年はかかると思います。3年で修了したとしても、2人で$210,000です。
    トピ主様の彼は、どうやってそれだけの膨大なお金を工面するつもりなのでしょうか。

    続きます

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    がんばって欲しいけど・・・2

    しおりをつける
    blank
    amo
    続きです

    彼がどの分野かわかりませんが、理系(医学系、文系はわかりません)でPh.Dコースならば、学費免除およびお給料を貰えないなら、将来の見込みがないと判断しても良いと思います。
    Ph.Dを取ったからといって、必ずしも研究職につけるとは限りません。
    夢を追ってほしい気持ちは分かります。でも、現実を見た方がいいと思いますよ、トピ主様も彼も。

    もし本気で彼の夢を応援するならば、籍だけ入れて、トピ主様が日本で働いて仕送りをしたらいかがですか?
    夫がもし自費留学になったとしたら、お給料がすべて仕送りになっても、私はそうするつもりでした。

    雑文および辛口ですみませんでした。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    研究者の妻です

    しおりをつける
    blank
    リナ
    私はアメリカ留学中に修士課程の夫と知り合いました。マスターを取って帰国した私は5年の遠距離恋愛を経て結婚し、現在はアメリカで暮らしています。

    幸いにも彼は学費免除+生活費でしたが、そのかわりTAや教授の手伝いでかなりリサーチの時間をとられ、MAとPh.Dを取るのに6年もかかりました。学費は指導教授の研究費から支給されるので、卒業するまでは教授の奴隷です。彼は生活費の足しにするために、GREやMCATを受験するアメリカ人の家庭教師もしていました。学費を払えば雑務がないので、早くPh.Dが取れるかもしれません。

    遠距離恋愛中は年に2回しか会えず、ケンカしてしばらく音信不通になったり別れたこともありました。ですが、その間に私は残業をしまくってお金を貯め、彼がポスドクを終えて研究職に就いた後に結婚しました。結局はご縁があったのかな~って思っています。

    さくらさんの彼は、優しい指導教授の元で早くPh.Dが取れるといいですね。TAなどの学内の仕事があれば、かなり学費の負担が減ると思います。遠距離恋愛はつらいですが絆は深まるので、寂しくても頑張って乗り越えてくださいね!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    長くて辛い。

    しおりをつける
    blank
    院生
    海外の院で博士課程に在籍するもの(女)です。

    北米の博士課程は厳しく、辛く、長い道のりです。専攻にもよりますが長い人では6-7年かかることもあります。途中で挫折する者もいますし、成績が悪ければ退学を命じられることもあります。私の知人は日本に残した彼女との将来を選んで(勿論、その他にも理由はあったのでしょうが)中退を選びました。

    成績が優秀であれば途中から奨学金を出して貰えたり、また研究助成に積極的に応募して研究費を獲得することも可能かもしれませんが、チャンスは僅かです。また博士号を取得しても、就職先が保障される時代ではありません。

    彼の立場を考えると、遠くから支えてあげて欲しい、と言いたい所ですが、トピ主さんがご自分の将来と安定を優先させるようであれば別れを選択されて当然だと思います。彼と一緒になりたい、と思うのであれば、ご自分で渡米費を稼いで彼に会いに行く、ぐらいの覚悟が必要かもしれません。頑張って下さい。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あなたが稼ぎなさいよ

    しおりをつける
    blank
    miko
    なーんてキツク聞こえたらすみません。
    私の彼もとある国の大学で研究助手をしてますが、研究費は微々たるものです。私はマスターを終了後、就職。転職を繰り返し、今は彼の10倍稼いでます。経済的な援助も少ししてます。住んでいるのは同じ国ですが、会えるのは年に2-3回。今、付き合って5年目です。

    アメリカの研究事情は、恵まれていると思います。彼には勉強を頑張ってもらってください。そして、学費免除+研究費をぜひ獲得してもらってください。入試でもらえないことが決定したからって、これからもそうってわけじゃないはずですよ。「お金がないから免除+研究費がぜひとも必要。ないならTAかRAの機会をぜひ」とオフィスでねばってもらってください。日本を離れたら交渉力がものを言います。実はそれで研究費をもぎ取ってる人を何人も知ってます。

    不安になる気持ちは分かりますが、あなたがまずしっかりしてください。研究職は非常に先が見づらいので、奴がだめでも、わたしが何とか生活を支えてみせる!!って気概で。がんばりましょ!わたしはここ1年以内に結婚するつもりです。彼には貯金がありませんが、わたしにはある。2人で頑張るつもりです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    大変ですね

    しおりをつける
    blank
    大学秘書
    長らく研究室で秘書をしております。
    これからDRコース、、大変ですね。

    Ph.dを取得されるまで最低でもこれから3年はかかりますし、Ph.d取得後もきちんとした職員として大学に雇用されるのはなかなか狭き門でしばらくは、いろいろな研究室を転々とすることになる場合が多いです。

    私がお手伝いしている先生は奥様とアメリカの大学で知り合いご結婚、先にドクターをとった先生は一人帰国し、奥様は長く米国で勉強を続けていらっしゃいました。今は幸い、いっしょに生活できる範囲にお互いの職をもち幸せにくらしてらっしゃいます。

    また、ある女性研究者は3年の渡米生活を終了し、日本で結婚、しかし研究職は狭き門、場所は選べない!のです。そこはご主人も研究者なので別居結婚されています。さくらさんは研究者ではないとお見受けしましたので、その点はある程度彼に合わせてあげられますね。

    彼氏さんがPh.dをとり、それなりの収入を得るまでは
    まだ長い道のりです。距離と時間というハードルを乗りこれるためには、さくらさんご自身も自分の目標をもって、自立することが必要かと思われます。その上で彼を支えてあげれたらいいですね!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    他人事とは思えないというか・・・

    しおりをつける
    blank
    メリケンキュー者
    最初の段落だけ見た時は、自分のことを言われているのかと思いました・・・(汗)。ま、それはいいとして、

    > 学費免除+研究費

    というのは、おそらく、「学費免除+生活費」ですよね?まぁ、どちらでもいいのですけど。

    で、現実としては、「学費免除なしで、微々たる奨学金」では、確かに大変ですよね・・・。しかし、1年目はお金が出なくても、2年目以降は、TA(ティーチング・アシスタント)やRA(リサーチ・アシスタント)等をすることによって給料が出る、という可能性もありますので、最初から悲観することはないのかもしれません。

    僕の周りの学生にも夫婦で生活している人はいますよ。

    ぜひがんばってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    希望は希望

    しおりをつける
    blank
    そらね
    日本の大学院重点化政策と、オーバードクター対策がまったくかみ合わず、日本の課程博士学位取得者も、いわゆるアカポス(教育者としての仕事)につくのは至難の業です。
    海外の大学院を出ても超有名どころ以外ではかなり茨の道。

    あなたが彼が40才になるまで養うくらいの覚悟が必要。
    脅しではないです。現実です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    応援するなら助けてあげて。

    しおりをつける
    blank
    卒業生
    某国立大学大学院修士課程を卒業した女です。

    私のまわりにも似たような人がたくさんいました。博士課程では、ほとんどお給料はありませんので、皆彼女さんor奥様が働いて生活してました。余談ですが、そのせいか(?)、保育士さん、看護士さんと付き合ってる人が多かったですねぇ。

    あなたが今、彼と一緒にいたいなら、彼が研究者として成功しても挫折しても変わらず好きでいられるなら、彼が研究者としてお金をもらえるようになるまで、あなたが働いて生活していくのはどうでしょう?「彼がなんとかお金の工面をして私と暮らせるように頑張ろうとしています」とありますが、あなたは?

    生活は二人でするものなので、二人合わせて生活していくお金を作れれば、問題はないと思います。頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    協力する気持ちはない?

    しおりをつける
    blank
    桜並木の道で共に・・
    トピ主さんは無職で貯金がないんですか?
    共稼ぎでやっていけば暮らせない事はないと思います。
    これから大成するかもしれない彼と共に頑張ろうと思う覚悟がないなら別れた方がいいですよ。

    お金持ちの人と結婚すればいいだけです。
    その人がトピ主さんを選ぶかは知りませんが・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  23
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0