詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    好きな人を忘れたい。

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    のりお
    恋愛
    30代、既婚男性です。結婚しているのにも関わらず、
    好きな人ができてしまいました。もう、1年以上になります。結婚は、自分が好きでたまらないという人ではありませんでしたが、この人となら平凡ですが、一緒に穏やかに暮らしていけるだろうと思いしました。何よりも、自分自身が結婚を望んでいました。自分自身の為だけに生きる人生などに価値を見出せなかったからです。しかし、困った事に波長があうというか一緒にいたいと思う女性ができてしまいました。自分には、もう大切にすべき人もいます。しかし、その人の事が頭から離れません。会わなければ、時間が思いを薄めてくれるでしょうが、困った事にその女性は職場にいて、毎日顔をあわせるのです。仕事でのストレスに加え、こんな心理状態で居る事が辛くてたまりません。どうすれば好きという気持をなくせるでしょうか・・
    同じ境遇の方が居たらアドバイスお願いいたします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    失礼を承知で

    しおりをつける
    blank
    SPA
    >波長があうというか一緒にいたいと思う女性ができてしまいました
    その女性から好きだと言われたんですか?
    離婚して私と一緒になってと言われたんですか?
    そうでなかったら願望の妄想ですよ。

    >一緒に穏やかに暮らしていけるだろうと思いしました。
    人生の最高のパートナーじゃないですか。
    油断してたら奥様から離婚されますよ。

    以上

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    同じ職場なのに?

    しおりをつける
    blank
    mariruri
    忘れるなんて、無理だと思いますが。
    いいじゃないですか、好きな人がいたって、行動に移さなければ。
    それとも、奥さんに不満があるわけでもないのに、別れてその人と一緒になりたいと思ってるんですか?
    それは止めた方がいいと思いますよ。
    生活を共にするようになれば、いい所ばかり見せ続ける訳にもいかないだろうし、いつも側に居てくれる、と思うと
    有難味も薄れてくるものです。
    波長の合う人と一緒に仕事ができて良かった、と思うに留めておく方が良いと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    言動に出さなければいい

    しおりをつける
    blank
    なかむら
    好きと言う感情は簡単に消す事は出来ません。しかし、好きだという感情に基づいた行動は抑える事ができます。仕事以外の用事で彼女に声をかけない、近付かない、メールを出さない、触らない、プレゼントなんかあげちゃいけませんよ。彼女が出席する飲み会には欠席する。仕事以外の接触を徹底的に避ける!

    好きでいいんですよ、ただ言動に出さない事です。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    離婚しないんですか?

    しおりをつける
    blank
    あい
    私は独身なので結婚の重みや責任が良く分からないのですが、本気で好きな人がいるなら婚姻を解消してはどうですか?

    結婚の選択だって人間間違えることはあるし心変わりだってあります。やめるなら早いほうがお互いのためではないでしょうか。愛情のないダンナに束縛される奥さん、かわいそうですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    隣りの芝生は青くみえる。

    しおりをつける
    blank
    ブルーグラス
    まさにあなたの心理状態はタイトル通りなのではないでしょうか?

    でも実際には奥さんも、その忘れられない程に好きな女性も同程度の芝生なんだって事です。自分のものでないものはよりよく見えるって事でしょうか。

    あと、不安は恋を生かし、安心は恋を殺すって諺もあります。恋なんてイザ自分の思い通りにいったら急に色あせたものになるはずです。

    奥さんという存在に無意識に安心していられるから、よそ見をする心の余裕も出来るんだって事を忘れないで下さいね。恋は盲目...盲目状態になっている内に大切なものを失ってしまうかもしれません。気をつけて。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    相手に対する好意は

    しおりをつける
    blank
    pearl
    そうそう簡単にはなくならないと思います。
    その好意を成就できないもどかしさはお察ししますが、所詮不倫。他人の不幸の上に成り立つ恋愛は多くの苦しみが伴うと思います。私もそんな状態に陥りそうでしたが、いつもそうなったら、そのあとどうなるか・・・と具体的なシチュエーションを想像してみるようにしました。そしたら、いつも答えは最後に「No!」となりました。結局、相手の人は去りました。
    それで良かったのだと、いまは思っています。自分に打ち勝ったような気持ち。でも相変わらず、その方のことは好きです。でも気持ちの上だけでの恋愛だったので、あこがれが残り、とても清々しいです。今は相手の方の幸せを祈るだけの自分がいます。表面的な自己満足ではなく、相手の幸せを願えてこそ、本当の愛情だと思います。お互い苦しいけど、いつかステキな思い出に変わるよう、いまは耐え忍びましょうよ!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    好きな気持ちは忘れられない

    しおりをつける
    blank
    メモリー
    のりおさんは今、好きになってしまったその職場の女性とお付き合いなさっているのでしょうか?

    もし奥様との間に子供がいなくて、今、好きになった女性とどうしても今後の人生を共にしたいとお考えになっているのなら、奥様と離婚して、その女性と違う人生を歩むのも方法だと私は思います。

    のりおさんはまだ30才ですよね。確かに奥様を傷つけることになりますが、これからの人生を疑問を持ちながら過ごし、そしてそんなのりおさんと一緒に生活を共にしなければならない奥様、時が経って人生の終盤に後悔が残るのは悲劇かもしれません。

    私はのりおさんとは立場は違うのでうまくアドバイスできてなくてごめんなさい。今の私は何年も幸せだと思っていた自分の結婚生活に対して突然、疑問を持ち始めました。もしかして、自分で2人のすれ違いの問題に対して見ぬ振りをしてきたのかも、そちらのほうが楽だから。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    仕事の上での糧にしては。

    しおりをつける
    blank
    アンジュナ
    あえて奥様のことには触れずに言わせていただけば。

    30代女性です。家庭をもつ社会人であれば不倫、ましてや社内での不倫のリスクは当然ご承知のことと思います。

    魅力的なひとに魅かれてしまう現実もわからなくはありません。しかしここはあえて大人の男性として、苦しいでしょうが仕事上の糧と考えてみては。

    彼女に男性としての頼もしさを感じてもらえるように頑張るのです。もちろん、恋愛につなげようなんて、未熟な男性が考えるような安っぽい下心はいけませんよ。万が一それをみた彼女が惚れ込みアタックしてきたとしても、ホイホイなだれ込んだりしてはいけません、大人の男性ですからね。

    仕事ができ下心なくまわりを気遣える男性は輝いてみえます。少し考え方を変えて、仕事につなげてみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    きついようですが

    しおりをつける
    blank
    目が覚めますように
    きっとのりおさんの選択ミスです。本当に好きになる人より、穏やかな家庭を選んだのと思います。私は後者の方がいいと思います。好きになっても、自分にとっても、相手にとっても、いい関係でいられる人は、そういないと思います。好きになれる人は、その出会いより多いと思います。きっとのりおさんは、恋愛体質だと思います。でも思い直してみてください。奥さんとこれまで二人で乗り越えたこと。支えあったこと。今ののりおさんの気持ちを知ったら、どんな悲しい顔をするか。どんなに傷つくか。奥さんに目を向けてみてください。奥さんと恋愛できるように知恵を絞って、話し合うことをお勧めします。人を傷つけると後から自分が裏切ったことで傷つくと思います。私は人の不幸の上に幸せを築いちゃいけないと思います。目を覚まして、、、、、

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    今がいいんですよ

    しおりをつける
    blank
    まい
    彼女を好きだ好きだと思っている今がいいんだと思います。
    彼女の嫌なところ知らないでしょ?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    決心しています

    しおりをつける
    blank
    ダイヤモンド
    私は5年も好きな人がいます。
    なぜこんなに好きなのか分かりません。理屈ではないんでしょう。
    でも、それはあくまでも心の中だけの問題。
    行動に出す気は全くありません。

    夫が一番大事です。夫は私を大事にしてくれます。
    私を裏切らない、信頼できる人です。
    子供達が何より可愛いです。可愛い子供達の笑顔を、このままずっとずっと見ていたい。

    気持ちを行動に出したら、一生後悔します。
    どんなに悔やんでも、悔やみきれないでしょう。

    だから、どんなに好きでも苦しくても、絶対に墓場までこの気持ちを持って行きます。
    私はこの意思を貫きます。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どうもありがとう!

    しおりをつける
    blank
    のりお
    たくさんのご意見有難う御座いました。独りで悩むより気持がまぎれます。そうですね。結婚していなければ、その人と人生を歩みたかったですけど・・都合が良すぎますね。浮気とは違うと自分は思っていますが、傍から見れば立派な浮気ですもんね。できる事として、意志が弱いのでメールアドレスと電話番号を強制的に削除しました。距離を置く様にしようと思います。今は発作的に苦しくなりますが・・妻のほうへ気持を向けようと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    Shall we dance?

    しおりをつける
    blank
    レッドローズ
    最近、リチャード ギア主演のShall we dance? という映画を観ました。(ちなみに邦画を参考にして作られた作品です)。日常の生活に、なんとなく疲れ、物足りなさを感じていた男性がダンス教室の美人インストラクターに一目惚れ(?)しダンスを習い始めます。

    しかし最高のダンスのパートナー、そして人生のパートナーは19年間を共に歩んで来た妻だという事を認識しラストはハッピーエンドで終ります。どんな結婚にも多かれ少なかれ倦怠期ってあるだろうし、どんなに好きで結婚した人でも、長い間には飽きてしまうって事あると思います。そんな時、ふと魅力的な女性が目の前にいたら恋しちゃうのも不思議ではありません。

    でも、いいんじゃないですか? 人生にそんな事が一度や二度あっても...。それでも夫婦別れないで一緒に人生を歩んで行く...そういうのって素敵だと私は思います。ぜひ、上記の映画を観て下さいね。トピ主さんの気持ちに通じるものがあるんじゃないかなと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も、

    しおりをつける
    blank
    珊瑚
    職場の男性と2年近くお付き合いしました。
    お互い既婚者同士です。
    関係はキスまででした。
    お互いに家庭があるので別れました。
    でも、私はいまだに彼を想っています。
    彼と過ごした時間は忘れられないし、
    忘れるつもりもありません。
    もう2人きりで会うことは二度とないから・・・
    職場で毎日顔を会わせていますが、
    それって自分にとっては、幸せです。
    彼は人のもので、自分のものではないのですから、
    会って話ができるだけで幸せです。
    自分がした罪は、一生消えないですが・・・

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0