詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    帰省が怖い(駄)

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    おにっこ
    ひと
    実家の事情で毎月一泊か二泊で帰省しています。
    しかし最近は帰省が憂鬱です。
    それは私不在で、一人家にいる夫のことです。

    寂しがりやで私のことが大好きすぎるらしく、電話口のテンションはだだ下がりです。
    帰省するのも実家のごたごたを改善するためであり、私自身も帰省すると精神的に少々疲れます。
    そんな中で夫のぐだぐだに付き合っている心の余裕は正直ないです。
    (夫は私の帰省の理由、実家の事情も知っています)

    そして先月の帰省。
    帰省中に女性に会いに行こうとしていました。
    報告してくれればいいのに。と思いつつも、
    満タンのガソリンを半分近く消費する地点まで会いに行こうとしたことに憤りも感じました。
    「同じことをされたらどう思う?」
    「嫌だ。だから帰省するとメールをもらったとき嫌だった」

    先月の帰省は突発的なものでした。
    いつもは事前に「何日から帰省する」と告げていたのですが、
    先月は、ある朝、夫の出勤後に母から電話がかかってきて、実家が思いのほか大変なことになっていたので急きょ帰省しました。
    その次の週からは忙しくなってしまうので、泊まりを含む帰省は今回しかできないと思ったからです。
    (先月は忙しく、母からの電話がなかったら帰省してなかったかもしれません)

    だからと言って。
    隠れて女性に会いに行くことと同等のものなのでしょうか。
    そう言ったら謝ってはくれましたが、正直夫のことが信用できない状態です。

    今後は突発的な帰省をやめるとして、
    そもそも私が家を空けるのがいけないのか。
    電話越しに夫のケアをできるように心に余裕を持つ方法を模索すべきなのか。

    まだ始まったばかりの結婚生活。
    「これから」を信じてみようと決意はしたものの、帰省が怖いです。
    同じような方がいらっしゃればお話したいです。

    トピ内ID:3391397111

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    状況がわかりにくいので、レスのしようがなく・・・

    しおりをつける
    🐱
    wan
    まず、始まったばかりの結婚生活とありますが新婚さんですか?
    また、トピ主さんは仕事をしていますか?
    なぜ結婚した娘がそれほどの頻度で帰省する必要があるのか、そのあたりも問題だと思います

    働いていると仮定して
    そうすると泊まりで実家にいけるのは週末だけですよね。
    新婚のご主人は、ゆっくりすごしたい二人の週末の半分は奥様がいないわけで、それは可哀想だと思います。

    また、実家の事情がわかりませんが、そのことをご主人は納得されていますか?
    理解しているのかでなく、納得しているかです。このあたりをゆっくり話し合ってはいかがでしょう。

    女性と会いに行くというのは、確かにいけないことです。
    ただ、わかるようにそんなことをして、あなたの気を引きたいだけではないでしょうか。

    せっかく結婚したのに、互いに自分の気持ちや都合をぶつけ合っているだけに見えます。
    あなたは実家に帰るのは仕方ないの1点張り。ご主人は行ってほしくないの一点張り。
    どちらが正しいのではなく、互いが納得する方法をちゃんと話し合うべきだと思います。

    トピ内ID:0547295820

    ...本文を表示

    もう少し何とかなりませんか?

    しおりをつける
    blank
    もずく
    そりゃ事情もあるんでしょうし
    事情は全て了解のうえで結婚しているのに…と言いたいのかもしれませんけど
    >そんな中で夫のぐだぐだに付き合っている心の余裕は正直ないです。
    これはあんまりに過ぎると思います。

    最初はそれでいいと言ってくれていたとしたって
    ご主人も人間ですもの。
    >隠れて女性に会いに行くことと同等のものなのでしょうか。
    そう言われればそうだとは思いませんが
    でも、親兄弟が重病だなんだという場合ならともかく
    そんなに帰省しなくてはならない妻、という状況も特殊です。
    普通の道理の話をするには、根本から違ってやしませんか?

    >「同じことをされたらどう思う?」
    これそのままご主人がトピ主さんに言いたい言葉かもしれませんよ。
    でもトピ主さんを責めてはいないんでしょう?
    何だか読んでいるとお二人共気の毒に思えます。
    事情が書けないなら書かなくてもいいですが
    せめてもう少し何とかならないというか
    できないんでしょうか?
    どっちが大切かって選べるものでもないとは思いますが
    ご主人を思いやる気持ちを少しも持てないなら
    何の為に結婚したんでしょう?

    トピ内ID:3435899480

    ...本文を表示

    ありがとうございます、トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    おにっこ
    文字数の関係もあり、自分の感情を書きなぐっただけの文章で申し訳ありません。

    感情をぶつけあっているだけかもしれません。
    結婚してまだ間もないので、相手の存在を「自分を心地よくしてくれる存在」と思う部分も大きかったかもしれません。
    反省です。

    事情というのは、父の病気です。
    ただいま実家で生活のすべてを母によって介護されている状態です。
    先月帰省した際には、今まで以上にプロの手を借りることを検討している段階だったので、今は少しまともな状態かもしれません。
    私が帰省するのはそんな母のケアと父の生きる気力を支えるため(もう10年も持たないと思います)。
    行きとどいていない家の整理をするためです。
    父が病気になって今月で一年一ヶ月。実家の生活はがらっと変わりました。
    私以外の身近な親類は少々空気の読めない人が多いのか、母が彼らに苦言しているのも耳にします。
    私も母の愚痴を聞くような歳になりました。
    結婚の際には私の両親も夫に「自分たちにはおにっこの助けが必要だ」と頭を下げました。

    そのような事情があり帰省しています。

    トピ内ID:3391397111

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    トピ主続きです

    しおりをつける
    blank
    おにっこ
    父の病気云々書きましたが、帰省は自分のためでもありますね。
    あと数年で訪れるであろう父の死。
    辛い別れの前に、せめて、少しでも会っておきたいとも思ってしまうのです。

    夫のぐだぐだに苛ついてしまう私は人間が出来ていないと思います。

    >「同じことをされたらどう思う?」
    これそのままご主人がトピ主さんに言いたい言葉かもしれませんよ。

    とありますが、家族のための頻繁の帰省なら私は快く送り出していると思います。
    自分がそう出来る分、相手に求めすぎていたみたいです。

    家に帰っていたら私がいる。だから安心して帰ってきて。
    常日頃から私が心がけていること。「帰ってきたときに家にいてくれて嬉しい」という夫の言葉。
    上記のと同じように、自分もそうされたい、自分はこうしているのになんであなたはそうしてくれないの?と、無意識のうちに思ってしまっていました。

    トピ内ID:3391397111

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0