詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    嫌気が差したから離婚だそうです

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    なな
    恋愛
    二十八歳同い年で結婚しました。

    私がもともと非正規で働いていたので夫と結婚と同時に仕事を辞め、新たにパートを始めました。
    しかし新しい環境に対応できず、毎日夫に愚痴を聞いて貰っても夫の理解がなく鬱になりました。

    その後、心療内科に通って回復に向かっていたのですが、そのうち夫も心療内科に通うようになりました。
    しばらくたったあと、些細なことから喧嘩になり、私が死にたいと漏らしたら突然夫が激高、勝手に死ね、離婚すると言い出し家を出て行きました。

    しばらく呆然としていたら、私の両親が来て、夫はもう私の面倒を見きれないといっていたことと、すぐに離婚届を送ると言っていたと伝えられました。

    私は離婚したくありません、なんとか回避することはできないでしょうか

    トピ内ID:8978994663

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    離婚したくなくても努力しなかったんだからしかたない

    しおりをつける
    blank
    匿名
    結婚とは、あなたの面倒を見てくれる相手と一緒になるのではなく、お互いを支え合うことだと思います。

    愚痴の吐き捨て箱になった彼に愛想を尽かれるのは当然だと思いますが…。
    死ぬ気もないのに(あってもダメだけど)もう死にたい死にたい言われれば、勝手に死ねって私でも言います。
    死なないで、そんなこと言わないで、って言われたかっただけですか?
    死ぬ→死なないで→死なない。
    というのは一見0が0に戻っただけに見えますが、相手の何かを確実に削っています。

    親に面倒見てもらってください。

    トピ内ID:9999105342

    ...本文を表示

    厳しいことを言うようですが

    しおりをつける
    blank
    komoko
    「結婚したから」仕事を辞め、「そのせいで」パート勤務をし、「愚痴を聞いてくれない夫のせいで」鬱になった。あなたの言い方は「私の不幸は全て夫のせい」と言っているように聞こえます。
    ご主人を選び結婚したのも、結婚と同時に仕事を辞めたのも、パート先を選んだのもそこで新しい環境になじめなかったのも全てあなたが選んであなたがしてきたことの結果です。ご主人のせいではありません。
    ご主人はそんなあなたを支えようと頑張ってこられたのではないでしょうか?
    それなのにそれでも自分の思い通りにならないからと言って「死にたい」と、最低の駄々をこねるあなたにとうとう堪忍袋の緒が切れたのではないですか?
    ご主人は本気で離婚を申し出たのでしょう。ご両親にまで話を通すあたり、覚悟されてることがうかがえます。
    なぜ離婚したくないのでしょう?ご主人のことを愛していますか?
    あなたと一緒にいることがご主人の為になりますか?
    あなたはご主人に何をしてあげられますか?
    与えられてばかりの関係を考え直さない限り、ご主人の心は戻らないのではないですか?考えてみてください。

    トピ内ID:4290286174

    ...本文を表示

    愚痴はやめる

    しおりをつける
    blank
    まあさ
    毎日、愚痴を聞かされるご主人のことを考えたことありますか。
    たとえ夫婦でも毎日愚痴を言われたらいやになりますよ。
    あなただってご主人が毎日愚痴を言われたら、いい加減にしてと思いませんか。

    新しい仕事が合わないなら、辞めて違う仕事を探せばいいのではないですか。

    離婚したくないなら、もう愚痴は言わないようにするからとご主人に謝りましょうよ。
    ご主人の気持ちが変わってくれたらいいですね。

    鬱も快方に向かわれて良かったですね。

    トピ内ID:1093933785

    ...本文を表示

    回避は難しいと思うけど

    しおりをつける
    blank
    ふーん
    回避方法としては、欝を完治し、フルタイムで働き、夫に愚痴を言わず、ネガティブ発言をしないことですね。
    それさえできれば、回避できる可能性があると思います。

    トピ内ID:1230251847

    ...本文を表示

    猶予期間を貰って一人で生きる努力をする

    しおりをつける
    🐤
    ハニー
    自分の仕事だけでも大変でしょうに毎日妻の仕事の愚痴を聞かされる夫。
    妻の愚痴に耐えられず心療内科へ通うはめになる夫。
    些細なことなのに喧嘩したら「死にたい」と言われる夫。
    思い通りにならないと死んだ方がましと考える妻を
    どう支えたらいいんでしょう?

    自分の足で立とうとしない人間を支え続けるのは夫には無理なんです。
    だから「面倒見切れない」という理由で夫は離婚したいのです。

    離婚したくないなら、半年くらいの猶予期間をもらえるように頼んで
    離婚したつもりで一人で生きていく術を身に付ける努力をしましょう。
    再会する半年後の日付だけ決めて、その間、一切夫には連絡をしない。
    半年後に努力の結果を見てもらい、猶予継続か、そこで終りかを決める。

    最終的に誰にも頼らず「一人暮らしして一年」くらいまでいけば、
    お互いに支えあうことができる人になっていることでしょう。
    むしろ、夫の面倒は私が見るわよ!くらいの気持ちで再会しましょう。

    本気でやりましょう。うまくいけば復活。ダメでも一人で生きていけます。
    どっちに転んでも損はありません。

    トピ内ID:1529414189

    ...本文を表示

    先伸ばしに出来ても、愛は戻らない。

    しおりをつける
    blank
    time
    夫婦共鬱になるなら、環境を変え、先ずは鬱を治さないと何も先に進まないとは思いますが。
    主さんが今不安なのは判りますが、羅列を読んでいると結婚してから何から何迄悪くなった印象があります。
    不思議ですけど、そういう結婚ってあるんですよ。
    次々身体を壊したり、上手くいかなくなったり、不幸が続く。
    趣味や価値観があっても、基本的な運気というものが合わない同士なのです。

    こうなってはご主人の愛は戻らないでしょう。
    結婚を続けるには離婚を拒否していれば可能ですが、幸せじゃないですね。
    逆に離れて冷静になれば、情が戻る場合も。
    今は少しでも、そこより心安らげる場所に移って、治療に専念された方が早く将来が見通せる気がします。
    頑張って。

    トピ内ID:1113319430

    ...本文を表示

    無理かもしれません

    しおりをつける
    🛳
    たぶん
    一人でいる方がまし、と思われたのでしょう。
    夫婦なのに、死にたいと言われたくないです。
    まだ若いのですから彼はあきらめて新しい人生を歩んでください。
    考え方を変えると良いこともありますよ。

    トピ内ID:2149904679

    ...本文を表示

    夫婦は他人

    しおりをつける
    😣
    tokyo
    夫婦は他人なのでヒフティヒフティであるのが望ましいのでは?と思います。
    もちろんいろいろな夫婦の形態があると思うので、何も与えられていないと思っても癒しなどを与えてあげられていればそれも一つだと思いますが・・・

    トピ内ID:1155024462

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0