詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    「家庭での体育の授業」の思い出

    お気に入り追加
    レス1
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐧
    ゆみこ
    話題
    私は子供の頃から体育が苦手でした。 私が小学生の頃の昭和50~60年代は今のように体育の家庭教師といったものがなく、私の両親は少しでも私の運動音痴が改善すればとの思いから小学生時代の日曜日に「体育の授業」を実施してくれました。 私の両親は凝り性なのか親の方針で「小学生の授業なのだから服装は学校のゼッケン付き体操服・ブルマ・紅白帽子(冬だけは体操服の上にジャージを着てもよい)・学校のように最初と最後に気をつけお願いします(ありがとうございました)とあいさつする」と決められ、日曜日になると体操服とブルマに着替えて近所の公園のグランドへ行き、ランニング・なわとび・鉄棒などの運動を親子でしていました。おかげで少しは運動音痴が改善し、運動の楽しさを見つけました。 特に印象に残っているのが小学6年の運動会までの日々の授業です。 私の小学校でも6年生は運動会では組体操がありましたが私は補助倒立が大の苦手でした。このままでは運動会で恥をかくことになるのでは6年生の春から秋の運動会まで毎週倒立の特訓でした。そしてグランドの裸足になれておくために6年生になってからは裸足で運動していました。他の子が楽しく遊んでいる公園で私だけ体操服・ブルマ・裸足でどろどろになりながら補助倒立の練習をしているのは惨めにも感じましたが両親は嫌な顔ひとつせずに私のどろどろの足を支えてくれました。おかげで運動会の組体操でも完璧でした。 皆さんは変な家族(両親)と思われるかもしれませんが私は「家庭での体育の授業」はとてもよい思い出であり、両親には感謝しています。小学生時代によくランニングしてきたおかげで中学校・高校の冬の体育の持久走もあまり苦にはなりませんでした。 いまだにあまり運動が得意ではありませんが運動が大好きなので今でも定期的に自分のペースでランニング・なわとびなどを続けています。

    トピ内ID:8225863742

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数1

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私もやっています

    しおりをつける
    😀
    キャスバル
    非常によい話ですね。 私にも小学1年生の娘がいます。運動が苦手で、ビビリで、ヘタレで、根性なしで、臆病です。 だから、怖がってなかなか挑戦しようとしません。 これではだめだと思い、去年の11月くらいからトピ主さんのように毎週日曜日に誰もいない小学校の校庭で、運動しています。 きちんとあせらず段階を踏んで教えていくと、まぁそれなりに劇的に成長するんです。 ・1週目(鉄棒の前周り?ができるようになりました。) ・2週目(校庭に半分埋まっているバスのタイヤを跳び箱みたいにとべるようになりました。) ・3週目(アスレチックにあるようなロープにぶら下がって下っていくターザンロープ?ができるようになりました。) ・4週目(縄跳びの前とびが33回できるようになりました。) 子供ってできるようになると本当にいい笑顔をしますよね。 私が子供のころ運動が苦手だったので、子供には運動が得意な学生生活を送って欲しいと思います。 正直言って、自分も面倒だし、寒いし、つらいのですが、がんばりたいと思います。 とてもよい話を聞かせてもらってありがとうございました。

    トピ内ID:4932005602

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]