詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 30代独身女性:退職後、翻訳学校に通う事を考え中です。
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    30代独身女性:退職後、翻訳学校に通う事を考え中です。

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ハート
    仕事
    32歳独身女性です。 現在正社員として働いていますが、 月100時間以上残業の激務の職場のため、 健康を害した事もあり、 今後結婚した際に家事と両立できる仕事を持ちたいと 思っています。 そこで…もう既に30代・全くの未経験ですが、 以前より興味のあった全日制の翻訳学校に1年間通う事を考えています。 一朝一夕で身につく技術だとは思っておりませんが、 年齢のこともあるため、全日制でみっちりと学んで行きたいと思っています。 ただ、仕事を辞めてどっぷり勉強だけの1年間を過ごす事に少し抵抗もあり… ぜひ皆様からのアドバイスをいただければと思っております。 翻訳業に就かれている方、全日制の翻訳学校に通った事のある方、 ぜひアドバイスをいただけませんか。 どうぞよろしくお願いいたします。

    トピ内ID:6611318727

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 1 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私の場合

    しおりをつける
    blank
    Maimai
    現時点での英語力をお書きになると、より適切なアドバイスが頂けると思いますよ☆ とはいえ、大変なご決意だと思いますので、お役にたてればと私の場合をご参考までに♪ 都内にある全日制の翻訳学校に一年通いました。 英語圏に一年の語学留学があり、入る直前でのTOEICは830点でした。 実務、小説、映像、児童翻訳等、毎日英語漬けの充実した一年でした。 それぞれに現役の先生がついて下さり、素晴らしい授業でしあ。 努力する生徒にはあらゆるサポートがありましたね。 一年過ぎると、実力のある方はプロの先生方のゼミをとり(オーディションあり)、勉強しながらプロデビューの機会を待つという感じでしたでしょうか。 並大抵の努力ではできない事、日本語力がなにより問われる事などはすぐに実感されると思います。 ただ、トピ主さんが既に相当の実力をお持ちなら、全日制より専門分野に絞った方がいいのでは? 私はその後は外資系の会社に就職しましたが(30代後半で)、ここで勉強した事は大いに役立っています。 プロレベルの方からのアドバイスを頂けるといいですね。

    トピ内ID:8171980995

    閉じる× 閉じる×

    本気ならがんばって

    しおりをつける
    🐱
    役者
    翻訳をしているものです。これからがんばって勉強なさるなら辛口ですがよろしいですか。 まず在宅仕事=体が楽はどうでしょうね。翻訳する内容や量にもよりますが翻訳のみで食べてゆくなら体力もいりますよ。 締め切りによっては数日間睡眠不足と戦いながら引きこもり状態になることもあります。 家庭ででききる仕事なので楽そうに見えるかもしれませんがそれは量をこなさずともご主人の収入で暮らしてゆける人です。 私の周りにも結構いましたよ主婦業のかたわらに翻訳をしてみたいと言う方たち。その方たちと翻訳を生業としている人達とは心の持ち方 が違います。本気の人は必死で勉強し、仕事もどんどん増やしてゆきます。来る仕事は基本ことわりません。 そして専門の得意分野を持っています。翻訳のスキルプラス専門分野を持たないと定期的な仕事が入りにくいです。 時間の使い方もうまくこなさないと同時にいくつかの仕事が進められません。 競争もありますよ。主婦業の片手間気分で仕事をしている人達は自然に淘汰されます。 あえて厳しいことを書きましたが本当にやる気があるならぜひがんばってください。

    トピ内ID:1494893094

    閉じる× 閉じる×

    基本データ

    しおりをつける
    blank
    提案
    月100時間の残業で体調を崩されたことがあるとのこと、大変でしたね。 私はフリーの翻訳者です。 アドバイスということですが - 元々の英語力のレベル - 専門分野(翻訳需要のある分野)の有無や、希望分野 - 希望年収 - 実家か、一人暮らしか(自活の必要があるか、家賃支払があるかなど) などを書かれた方がアドバイスを受けやすいと思いますよ。 翻訳は確かに家事との両立には向いた職業だと思いますが 自活できない収入で働いている人も多いと思います。

    トピ内ID:9965298320

    閉じる× 閉じる×

    友人の話で申し訳ないんですが、、、。

    しおりをつける
    blank
    まな
    国公立大学外国語学部卒、翻訳をする会社の社員(たぶん、翻訳もしてました。)を数年勤め、 結婚を機に会社を辞め、(遠距離恋愛だったため、やむを得ず) その後、ネットで翻訳の仕事を受注している友人がいます。 お仕事リストが発表されると、すぐ、希望者でいっぱいになり、 十分な仕事はないんだとか、、、。 コネも経験もないとなると、厳しいと思われます。 体調を崩されてはどうしようもありませんが、 もう少し、見通しがきくご職業も検討されてはいかがでしょうか?

    トピ内ID:8032772543

    閉じる× 閉じる×

    まずは、生活費を充分に確保しておくこと。

    しおりをつける
    blank
    おばさん
    1年間の学費と生活費は当然のことですが、 その後、半年くらいは無収入でも暮らしていける程度の預貯金は必要です。 私の友人は、出産育児後に「翻訳」の道に進みました。 でも、学校を出ても、向こうから仕事が舞い込んでくる訳もなく、 初めは、医学部の姪御さんのために、 博士論文の英訳をしたのが、初めての仕事だったようです。 しかし、専門用語は全く分からず、機械翻訳と姪御さんの本を借りての 遅々とした作業だった上に、 報酬は、姉(姪の母)からの菓子折だけだったとか…。 それでも、論文が通って、無事に博士になれた姪御さんが、 友人の翻訳の丁寧さをPRしてくれたこともあって、 論文の英訳や海外論文の和訳が依頼されるようになり、 文学部や教育学部からも、仕事が入るようになりました。 収入が定期的になるまで、数年は経っていたようです。 友人は、夫の収入があり、生活費で悩むことはなかったようですが、 同じ学校で学び、友人よりも翻訳(言葉)の美的センスがある人でも、 「このままじゃ生活できないから」と、 事務の派遣業に戻ってしまった独身女性もいるようです。

    トピ内ID:2588123655

    閉じる× 閉じる×

    会社の先輩社員が

    しおりをつける
    blank
    れい
    会社の先輩社員がトピ主さんと同じ選択をしました。  結局、翻訳で食べていけず派遣社員(事務員)をやっていたそうです。 家賃が払えないので東京のマンションから埼玉のアパートへ引っ越しされ、  そこからは音信不通だそうで、なかなか厳しい世界なんだなと思いました。 

    トピ内ID:2277196622

    閉じる× 閉じる×

    現在の英語レベルは?

    しおりをつける
    🙂
    とまと
    他の方も書いていますが、現在の英語レベルや、もし専門をもっていればそれを書いたほうが的確なアドバイスがつくと思います。 もしあなたが英語レベルは並(トーイック800点程度)で、特にこれといった専門をもっていない、また現在結婚する男性がいて「自分が稼ぐから、ハートは自分の好きな勉強をしていいよ」と言ってくれているわけではないのなら、その道は勧めません。 残業100時間は確かに激務で大変ですね。なら、転職活動をするべきです。今ここで退職したら、あなたの人生はおちる一方です。翻訳家になりたい人は山のようにいて、そういう人たちを相手に一つの産業が成り立っているのです。でも翻訳家で食べて行ける人は、おそらく希望者の1%以下でしょう。 今このご時世で退職して無職の期間をつくることは、自殺行為に等しいです。次の仕事がみつかりにくくなります。現代では女性に働いてほしいと思う男性が多いので、無職の30代女性では、結婚相手をみつけるのも難しくなります。 給与が低くなっても自分の時間がもてる仕事に転職しましょう。そして、全日制じゃなくても、夜に翻訳の学校に通えるようにしたらどうでしょう。

    トピ内ID:1623775196

    閉じる× 閉じる×

    全日制翻訳学校1年通いました

    しおりをつける
    🙂
    コーディネーター
    同い年です。 現在は翻訳会社勤務です。 学費+1年間働かずに生活できる貯蓄があるなら、特に問題は無いと思います。 学校は色々な分野の翻訳の素地を学べます。 ただし、卒業後に十分な収入の得られる仕事に就くのは難しい。 主な進路は、 1.翻訳会社社員 2.社内翻訳者(派遣または契約) 3.フリー翻訳者 ですが、 1は給与水準が低いです。 2は、時給は普通の事務職よりは高いですが、不安定です。 3は、いきなり仕事は取れません。未経験とのこと、トライアルすら通らない、通っても仕事がほとんどこないことを覚悟したほうがいいです。特に文芸や映像字幕などの場合、デビューまで数年かかることもまったく珍しくありません。 私は1も2も3もやりましたが、 感想としては 「どれもラクではない」です(笑)。 長く続けられる職業ではあります。 年齢制限なし、環境の変化に柔軟に対応できます。 実力勝負です。 そこそこの収入を得たい人にはまったくオススメしません。 ご結婚の予定があるとか、ガツガツ稼がなくていいなどの方にはいいと思います。

    トピ内ID:8069167001

    閉じる× 閉じる×

    翻訳学校で身につく技術は限定的なもの

    しおりをつける
    blank
    bebe
    翻訳業を含む語学関係の仕事をしています。 他の方もおっしゃっているように、まず、今の語学力がどれだけあるかをよく見極めてください。 翻訳者になるうえで、翻訳学校に行くことは必須ではありません。 むしろ翻訳学校を出ていない翻訳者のほうが多いくらいだと思います。 「日本語の表現力、読解力」、「外国語の能力」、「ものごとを常識的に理解する能力」が備わっている人ならば、特別に「翻訳技術」を学ばなくても、翻訳業への道は開かれます。 逆に言えば、こうした能力が人並み以上に備わっていなければ、いくら翻訳学校で「翻訳技術」を学んでも、結局は芽が出ない結果となるでしょう。 また、現在、不況でもあり、発注量が以前に比べて少なくなっており、 仕事が取りにくくなっています。そういう中で、あえて初心者に仕事を出される仕事があるとすれば、極端な安値を狙っている場合か、もしくは、その翻訳者が何らかの語学以外の分野の知識を持っている場合くらいだろうと思います。 いずれにしても、翻訳学校を出てから順調に仕事がとれるようになると安易に考えないほうがよいでしょう。

    トピ内ID:4408877596

    閉じる× 閉じる×

    仕事をしながらが賢明

    しおりをつける
    🐱
    risa
    仕事を辞めて全日制の翻訳学校というのは無謀な気がします。 翻訳学校が翻訳者への確かな道とはならないと思いますし、大きなリターンが期待できるかは疑問です。 英語が得意であれば派遣で翻訳の仕事があると思います。 私は商社で英文・貿易事務をしてましたが、退社後派遣で翻訳の案件は来ました。 どんな翻訳をしたいか、にもよると思いますが、翻訳で食べていくには難しいらしいです。 翻訳者の経歴をみたことがありますか? 海外の大学や院を出て、英検1級レベルで理系や金融他、専門分野がある人がどんなに多いか。 私も翻訳や通訳を目指してた時期があります。 ある翻訳会社の登竜門をすんなりクリアしたものの、仕事のメールが来ても他の人にとられ、そのまま10数年たちました。 英文科を出て貿易に携わり、今は英会話の先生になっていますが、 翻訳には理系などに進んでいた方が有利だったな…と思っています。 とは言え、鉄は熱いうちに打て!という感じで翻訳の勉強は通信などで始め、英語の勉強をしつつ、派遣に登録してはいかがでしょうか。

    トピ内ID:1564490081

    閉じる× 閉じる×

    プロの道は険しいです

    しおりをつける
    blank
    翻訳マシーン
    翻訳学校には通った事がないので分かりませんが、フリーランスで翻訳をしていますので実体験を: 翻訳自体は孤独で地味な作業です。「黙々」と「コツコツ」が苦手な人はスキルがあっても辞めてしまう事が多いです。語学は出来て当然、それ以上に専門分野の知識が必要です。その勉強と実際の翻訳作業に加え、いつの間にか溜まる事務処理。実質的には年中無休です。週末や大型連休明けには納品が重なるので、もちろん休めません。締め切りに追われ、寝不足、運動不足、引きこもり状態は当たり前。ストレスと過労による体調不良は日常。オマケに今は頭に10円ハゲ。正直、翻訳が天職と思えなかったら地獄のような生活です(笑)。 今の激務よりは楽かも、結婚したら家庭と両立できそう、一年勉強したら仕事になりそう。「なめとんか、コラ???」って(巻き舌で)思わなくもないです。プロの世界なんてそんな甘くないです。しかもトピ主さんの語学力や希望分野など翻訳自体に関する記載がないのにアドバイスって・・・ 本気で翻訳の道を進みたいのか、ただ現状から逃れたいのか、もう一度じっくり考えてみてはどうですか?

    トピ内ID:6598467533

    閉じる× 閉じる×

    数年は下積み?

    しおりをつける
    blank
    翻訳者
    翻訳者歴12年のフリーランスです。 贅沢は出来ませんでしたが独身時代は1人暮らししながら食べていけていました。 私の場合、その前の経歴と専門知識のおかげで、定期的な仕事をすぐに貰えて「下積み」時代は少なかったほうですが、 同僚は翻訳だけで一本立ちするまで、5年くらいは収入の不足分は短期の派遣で補ってました。 他の翻訳者の話を聞いても、最初はOLをやりながら学校に通い、翻訳の仕事を始めてもしばらくは会社を辞めず、 仕事が増えて会社勤めと両立できなくなってきた時点で翻訳一本に絞ったというパターンを聞きました。 いずれにせよフリーでそこそこの収入になるまでには数年はかかります。軌道に乗せる前に「仕事が来ない」「食べていけない」とやめてしまう人も多いみたいです。軌道に乗るまで続けるためには、ある程度経済的バックボーン(他の仕事と2足のわらじ、貯蓄、配偶者の収入で生活出来るなど)は必要ですね。 軌道に乗れば柔軟な働き方が出来るし、長く続けられる仕事だと思います。 健闘を祈ります。

    トピ内ID:0124642299

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]