詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    【芸術】がわかりません・・・・・。

    お気に入り追加
    レス55
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    絵心
    話題
    お現在、欧州在住中です。

    近くにも、数時間で移動できる欧州の都市にも
    立派な美術館や博物館が多数あります。

    お恥ずかしい限りですが
    絵画・彫刻・出土品・建物、エンターテイメント等
    本物の芸術に触れるチャンスがあるのに
    その魅力や『心』がわからないのです。


    ゴッホは黄色を印象的に使うなぁ、とか
    何を意味するためにこれを作ったんだろう?
    あんなに踊って身体、痛めないですかね?
    等々、邪心が入ってしまって、アホ丸だしです(笑)


    育ってきた家庭環境が文化的ではありませんでしたし
    子供のころから、図工・美術は2,3の成績でした。


    1日かけて美術館を回る、なんてわたしには出来ません。
    『気づいたら夕方になっていた』というのに憧れます・・・。

    どうすれば、関心を持ち
    興味深く、愉しむことができるのでしょうか?

    みなさんはどのように、芸術と向かいあっていますか?

    トピ内ID:7468087137

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数55

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    難しく考えないでもいいんじゃないでしょうか。

    しおりをつける
    blank
    中年男
    芸術が何のためにあるのか、という哲学的なことは分かりません。

    私も自分で絵を描いたり、楽器を演奏したり等はからきしダメです。

    でも、いい絵を見たり、よい演奏を聴くのは大好きです。

    好き嫌いで芸術を楽しまれればよいのではないでしょうか。

    その好き嫌いの判断基準の中に雑念があっても誰もあなたのことを非難したりしませんよ。

    ところで、私自身の好き嫌いの判断基準は、「それを鑑賞していていい気分にさせてくれるかどうか」
    という実に単純なものです。

    現地で実際に展示されている名画をふんだんに鑑賞できる環境は、実にうらやましい限りです。

    美術館側から「どれでも好きなもの一点を贈呈します」といわれたら、どれを選ぶかなんて想像(妄想か)
    しながら見るのも楽しいですよ。

    トピ内ID:9869729229

    閉じる× 閉じる×

    自らの感性を信じるのみ

    しおりをつける
    blank
    野人
    >ゴッホは黄色を印象的に使うなぁ、とか
    >何を意味するためにこれを作ったんだろう?
    >あんなに踊って身体、痛めないですかね?
    >等々、邪心が入ってしまって、アホ丸だしです(笑)

    この感想、そんなにおかしいでしょうか?

    私も、

    ・この人の光の使い方、多彩で、特徴的だなぁ
    ・写楽は、浮世絵の中では、唯一内面を描くのに成功して
    いる感じがするなぁ
    ・(少女の髪が後ろに流れる感じは)実際に風が吹いている
    ように思えるなぁ
    ・(白鳥の湖の白鳥の踊りを見て)今、本物の白鳥が飛び立つ
    のが確かに見えた!

    とか、自分勝手な感じで、楽しんでいます。

    絵が、何を意味するかは、その国・その世界の文明・文化が
    解らなければ無利でしょうし、それには、学問として学ぶ必要
    があるでしょう。

    自分の感性を唯一の武器として芸術に向かい合えば良いと、
    私は割り切っています。

    トピ内ID:8985956830

    閉じる× 閉じる×

    え?それ、だめなの?

    しおりをつける
    💋
    くま夫人
    >ゴッホは黄色を印象的に使うなぁ、とか
    何を意味するためにこれを作ったんだろう?
    あんなに踊って身体、痛めないですかね?

    ダメですか~?私もそんな感じですよ。芸術なんだから、感じたままでいいような気がしますが・・・

    ただ、作品とか作者の背景を知っていると、より面白くなるかもしれないですね。いつ、どんな時にこの作品ができたのか。そのときの時代背景は。作者の家庭環境は。作者の思想は・・・なんて事を知っていると、「あぁ、そういうことなんだ」とつながってくることもあるかと思います。一度観てみて、気になるものがあればそれについて調べてみて、また改めて観てみると、違った面が見えてきたりするかも。

    トピ内ID:9621635838

    閉じる× 閉じる×

    自由に楽しんだらいいのじゃ?

    しおりをつける
    blank
    幼稚かな
    私は芸術と言うのはどういう見かた、感じ方をしてもいいものだと思っているんですが…。

    私がちょびっと(笑)開眼したのはたまたま新婚旅行で訪れたオランジュリー美術館で「睡蓮」を見たとき。
    壁画?になっているんですか?、
    あの部屋に入った時、自分がまるでその睡蓮の花咲く池?の中に入ったかのような錯覚をしたんです。
    素直に「わー、すごい」と感動しました。

    それからはまたいろんな感動をしたくてあちこち美術館回りを始めました。
    わかっているかわかっていないか自分でもわからないけど私はそれでいいと思っています。
    ただ、感動したい!それだけです。

    トピ内ID:3650301864

    閉じる× 閉じる×

    楽しみ方はひとそれぞれかと

    しおりをつける
    🎂
    かあしゃんはつらいよ
    私はアルフォンス・ミュシャと蕗谷虹児の絵が好きです。
    理由は漫画っぽい絵柄があるから(失礼な説明になっていたらすいません)。

    いろんな芸術にひろーくあさーく触れてみて、自分の琴線に触れたものを追求していけばいいんじゃないですか?

    トピ内ID:6053580836

    閉じる× 閉じる×

    わからなくてもいいんじゃないかな

    しおりをつける
    😀
    みりぃ
    私は美術館好きです。
    若い頃は抽象的な絵しか認めなかったんです。

    最近とある美術館で『写実画』という物を見てから
    本物そっくりな絵画に興味が湧きました。
    昔は本物そっくりって個性が無いと思っていましたが、
    個人によって物に当たる光の色が『そう見えるんだ!』と感動したんです。
    大きな絵の全体を見ずに、一ヶ所を見続けるのが好き。
    絵の具の重なりとか。

    美術館が好きでも何も感じない絵は多数。
    どの絵の前でも止まることなく帰ったことも。

    トピ主さんは自然な風景とか『綺麗』と思いますか?
    商品を見て『これは家に置きたいな』と思いますか?

    思うなら、それだけで十分ですよ。
    身近な方が芸術が好きで付き合うのに困ってるとか?

    トピ内ID:1547160105

    閉じる× 閉じる×

    別にいいんじゃない?

    しおりをつける
    blank
    練馬
    私は子供の頃から人一倍美術に興味を持って育ってきました。
    絵画に限らず、芸術美術は何でも好きで、自分でも絵を書きます。
    親の影響などということも全くありませんでしたが、なぜか子供の頃から芸術が大好きです。

    逆に、スポーツには全く興味が持てません。好きになろうと努力をしても全然ダメです。
    自宅近くにも、実家の近くにも、有名なサッカースタジアムが各々あるのに。
    サッカーだけじゃなく、スポーツ全般に全く興味がありません。
    まわりがスポーツの話題で盛り上がってる時などは結構寂しいですが、仕方ありません。

    人それぞれ特性や向き不向きがあります。
    無理をせず、好きだと思える分野で愉しめばいいんじゃないでしょうか?

    トピ内ID:2717627328

    閉じる× 閉じる×

    私も解りません

    しおりをつける
    blank
    pina
    でも美術の成績は良かったです。自分で言うのもなんですが絵がうまかったんです。教師がどんな絵を望んでいるのか、お題目を与えられ描いているうちに何となくわかってくるんです。褒められそうな感じが。
    そんな風に思っちゃう自分はきっと芸術家にはなれないと、子供心に悟りました。こざかしいんですね、自分。
    芸術は爆発(もちろん受け売り)なんですね。人に褒められるとか認められるとか、そういう事じゃなくて、自分の感性を彫刻なりキャンパスなりにその時の力いっぱいで表現するんですよね。
    評価は後から付いてくるもので、その時に認められなかったものが時代が変わって絶賛されたり。人によって評価も色々。
    だから、「何だか解らないけどイエローが強くてあったかい絵だな」とか「あの肩の筋肉はどうよ、今にも動きそうじゃん」っていうような見方でいいんじゃないでしょうか。
    ちなみに私は、「自分の部屋に飾るとしたらこれだな」というショッピング的な見方をします。実際どうひっくり返っても買えませんけど。

    トピ内ID:5549236133

    閉じる× 閉じる×

    わかんないです

    しおりをつける
    blank
    うみ
    別にわからなくてもいいのでは?他にも興味もてるものがあるでしょう。
    私の場合は街並み、建物ですね。一日歩き回っていることもあります。
    とぴ主さんも興味の対象が絵画・彫刻ではなかっただけでしょう。卑下することなんて全然ないですよ。

    トピ内ID:2434834340

    閉じる× 閉じる×

    無理に向きあいません

    しおりをつける
    💍
    藍子
    50代ですが、絵を観て感動したことが一度もありません。
    海外の美術館とかも、行きましたが。
    (ツアーに組み込まれてたので)

    きれいだなあ、
    細かく描いてあってすごいなあ、などの感想は持ちますが、感動とは程遠い。

    友人が観たがっていた「夜警」を一緒に観に行った時はショックでした。
    「夜景」だと勝手に思っていましたから(笑)

    図工や美術はいつも中ぐらいの成績でした。
    特に絵が下手だったわけではないみたいです。


    私は無理に芸術に向きあうことはしないですし、この先もそのつもりです。
    だって、感動は自然に沸いてくるものだと思うので、無理することはないでしょう。


    小説で感動することはよくあります。小説大好きです。
    と言うより、活字が好きなのかな。

    トピ内ID:1716159953

    閉じる× 閉じる×

    アートの血

    しおりをつける
    🐱
    ナチュール
    生まれ持った才能じゃないですかね、アートは。

    私もアートの血は流れていません。

    旅先で天気が悪いと、時間潰しに美術館に行きますが、せいぜい、

    この絵はタダでも要らないな

    とか、

    この3枚の中じゃ、この絵が一番好きだな

    程度の感想です。こんな程度でも、まずまず楽しいですよ。

    ムリに芸術を解そうとしなくて良いのでは?


    ちなみに、私がこれまでに感動した絵は、

    ネロとパトラッシュが最期に見たルーベンスの絵

    ラファエロの描く聖母

    だけです。

    パリに何日もいたけど、ルーブルは前を通っただけでした、えへへ。

    トピ内ID:2395328019

    閉じる× 閉じる×

    先達はあらまほしき事なり

    しおりをつける
    blank
    野人
    >どうすれば、関心を持ち
    >興味深く、愉しむことができるのでしょうか?

    澁澤龍彦著巖谷國士著「裸婦の中の裸婦」河出文庫

    自分には絵画を楽しむなど無理ではないかとの思い
    を払拭してくれたご本です。

    >お現在、欧州在住中です。

    澁澤龍彦著「ヨーロッパの乳房」

    畏まったヨーロッパではなく、息吹からヨーロッパを
    感じる思いがしました。

    澁澤龍彦著「澁澤龍彦西欧文芸批評集成」河出文庫

    私は、直接は読んでいませんが、著者は、ヨーロッパの
    文芸や歴史に関するエッセイが多数あり、それらの集成
    (エッセンス)と思われます。

    「少しのことにも、先達はあらまほしき事なり」

    と申します。

    よろしければ、どうぞ。

    トピ内ID:8985956830

    閉じる× 閉じる×

    絵スキです

    しおりをつける
    ぴよ。
    絵がスキですけど、素人なので素人目線でしか見れません。
    ルーブルには行ったことありますけど、なんせツアーだったので数時間しか見れず、
    ゆっくり見に行きたいなぁとか思ってます。

    別に芸術が分かる人が高尚なわけではなく、
    芸術が語れる人がエライわけではないと思いますよ。

    だから「絵とか全然わからんわ~」っていう人は、好みの問題だからそれでいいと思います。
    芸術が好きなことをけなす人間には、
    「あ~あんたには人の心がないから、これはわからんやろうね」と心の中で毒づいてますが。

    トピ内ID:8553614563

    閉じる× 閉じる×

    興味がないならそれはそれで

    しおりをつける
    blank
    mi
    芸術に興味がわかないのは、それはそれで別にいいんじゃないでしょうか。
    例えば、私は、数学的な問題には興味がないですが、興味を持たなくては!とは思いません。

    しかし、興味をもってみたいということですので、いくつか提案を。

    1,見方を勉強してみる。
    特に西洋の古典絵画などは、シンボルを読み解くようなものが多いので、「意味」が分かってくると楽しめるかもしれません。(ドクロが描いてあったら死のシンボル、とか)
    美術館で解説ツアーとかやってたら、参加してみたらどうでしょう?

    2,自分でやってみる。
    絵画でも彫刻でもダンスでも、自分でやってみると、何が凄いのか分かるかもしれません。

    ところで、トピ主さんは何に興味を惹かれるのでしょう?
    スポーツやファッション、政治経済や理科学、芸術でなくても興味があって楽しいことを楽しめばいいと思うのですが。

    トピ内ID:9060535416

    閉じる× 閉じる×

    以前、テレビで…

    しおりをつける
    🐧
    右京
    精神科の医師の方が「本当に精神が健全な人は、芸術は理解できないし必要ない」とおっしゃっていました。

    真偽は私には分かりませんが、本当であれば主さんは限りなく精神が健全な方という事になりますよね。

    トピ内ID:4607241073

    閉じる× 閉じる×

    ぼーーーーーーーっ

    しおりをつける
    blank
    ひめだるま
    ぼーーっと楽しめばいいと思います。

    私は、色彩感覚もデザインもセンスがありません。
    おしゃれにも興味がないし。

    仕事を始めた時、先輩に言われました。
    映画を見なさい。TV(CM)を見なさい。
    色が綺麗だなーと、ぼうっと眺めているだけでいいから、見なさい
    って。

    20年もぼーっとしてれば、それなりに学べることもありました。
    ありがたい話です。

    好きな絵や音楽、映画などを見たとき、もっと深く知りたいと思ったら、その時に調べればいいだけです。

    基本は、ぼーーーっ(きれいだなー)でOKです。

    トピ内ID:8268631148

    閉じる× 閉じる×

    料理と同じ

    しおりをつける
    blank
    PJlove
    アートって心の食べ物だと思うんです。(美術でも音楽でも舞台でも)
    誰でも物を食べて生きてるし、誰でもアートにふれることはできる。でもその食べ方、楽しみ方は人それぞれでは?
    「これは一口目はおいしいけど、すぐ飽きるな」とか「これは毎日見てもあきない、白いごはんのようなアートだな」とか「栄養があるのはわかるけど、味はいまいち」とか「この味に出会えたのでもういつ死んでもいい」などなど。
    自分でも少し習ってみたりすると、プロのすごさがよけいわかるようになったり。
    そして美しいと思える作品にであったら、「なぜ自分はこれにひかれるのか」をかんがえることによって、自分の心を探求、発見していくのがおもしろいです。

    トピ内ID:1554955607

    閉じる× 閉じる×

    感じるもの

    しおりをつける
    🙂
    クレー
    欧州在住、うらやましいです!私は多分…平均よりは芸術に興味がある方の人間だと思います。
    美大卒、今はフリーランスでデザインのお仕事してる者です。

    芸術って分からないという方多いですね、でもそれ聞く度に思うのですが、絵画でも彫刻でも音楽でもなんでもそうだと思いますが、評論家になろうというのではないし「わかる・わからない」で芸術を捉えなくてもよいのではないかなと。

    その1日かけて美術館廻った方も「わかる」から、気付いたら夕方に…という訳ではないんじゃないかなと思うんです。私自身も似たような経験ありますが(好きな画家の展示は同じものでも10回見に行ったり、友人には理解できないようです)私の場合それはひとえに『楽しいから』です。
    気に入った映画や好きなアイドルのDVDで何回も見るのと変わらないのです。

    もしかしたら、絵心さんが今まで見てきた中ではそれほど心動かされるアーティストの作品との出会いがなかっただけかもしれませんよ!
    どんな有名画家であろうが、有名であると言うことと自分の好みとは全く関係が無いですし。
    なので、難しく考えずフラッと気軽に足を運んでいたら良いと思います☆

    トピ内ID:3023427867

    閉じる× 閉じる×

    知識から入ってみては

    しおりをつける
    🐧
    絵美
    美術史を勉強している者です。
    美術は好きですが、音楽についてはあまり良さが分かりません。

    どんな曲を聴いても、ビビッと感性に響いたという経験は、ないです。たまたま耳にして、いいなと思う程度です。
    それで、テレビで「のだめカンタービレ」「名曲探偵アマデウス」などを見て面白がりながらクラシック音楽の知識を仕入れています。
    こういうアプローチの仕方も悪いとは思いません。

    手始めに、美術エッセイなどの読みやすい本を読んでみてはいかがですか。
    中島京子『怖い絵』シリーズとか面白いですよ。

    トピ内ID:0237100486

    閉じる× 閉じる×

    別にいいんじゃないでしょうか

    しおりをつける
    🐱
    通りすがり
    私は絵を見るのが好きです。
    けど、「芸術がうんぬん」なんて考えたことがありません。
    ゴッホ見て「どぎつい色だなぁ」とか、「印象派って、なんかぼやけた絵が多いよね」とかアホ丸出しの感想しかもてなかったりします。
    それでも、時折あるんですよ。
    「なんか分かんないけど、凄くいい!」って思える絵が。
    有名画家のものとは限りません。全然知らない人の小さな小さな鉛筆デッサンだったりします。
    私はその感動が味わいたくて、絵を見ます。それでいいんじゃないですか?
    好きなものは人それぞれ。受け取り方も人それぞれ。
    「芸術」だのなんだのは専門家に任せて、我々シロウトはただ好きに楽しめばいいんだと思いますよ。

    トピ内ID:4339007849

    閉じる× 閉じる×

    横ですが

    しおりをつける
    blank
    野人
    面白いレスが多いですね。

    以下、反論などでは決してなく、私の感想です。

    >精神科の医師の方が「本当に精神が健全な人は、芸術は理解できないし必要ない」とおっしゃっていました。

    この場合の健全とは、のっぺらぼうである事を意味する気がします。

    芸術は、自己慰安だと言いますものね。

    >美術は好きですが、音楽についてはあまり良さが分かりません。

    「変身」で有名なカフカは、音楽が全く理解できなかったと、本で読んだ記憶があります。

    トピ内ID:8985956830

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんは健全です

    しおりをつける
    blank
    金のぶどう
    「気づいたら夕方になっていた」というのは、美術館に行かなくてもできますよ。

    夕日がきれいで、見続けていたら暗くなってしまった。
    (あたりまえか)
    水の流れを見たいから、30分間ずっと水道の栓をあけっぱなしにしていた。
    (お金はただ下水に流れていった)
    5分の曲を3時間くらい続けて聞いていた。
    (おまけに半年間それが毎日続いた)

    うらやましいですか?
    いずれも私のやらかしたことです。芸術として他人が評価するかどうかは別として、芸術にふれる人の本領は、こういうものだと思います。
    ひとことでいうと、現実から離れていくのです。

    誰も代わりに感動してくれないし、感動したあなたに共感してくれることもない。それでも、ほかの世界へ気持ちが向かう。
    社会性を二の次にしている状態ですよね。
    その事実を認識できないと、病人あつかいされるでしょう。

    ほどほどに楽しむのも能力だと思います。
    ある程度は生まれつきでしょう。
    気が向いたときに、好きなようにやるしかないと思います。

    トピ内ID:6256975671

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫、あなたが多数派

    しおりをつける
    blank
    QOQO
    芸術が「わかる」人なんて、人口の一割にも満たないでしょう。
    音楽然り美術然り。
    私は音楽家(演奏家)ですが、いろいろな方を通して「自分は9割の人が分からない分野に属してしまったんだな」と孤独感に陥ることがあります。
    美術に関しては、若い時は全く分かりませんでしたし、楽しくもありませんでしたが、ニューヨークに居を移して、メトロポリタン美術館を始めとして、綺羅星のごとく名作をジャブジャブと日常的に触れるようになり、ようやく40過ぎてから「好きな絵の前では動けなくなってしまう」とか「色が怖すぎて鳥肌が立った」というような「実感的印象」を経験するに至りました。

    いろんな得意、不得意分野があります。人の感性はそれぞれですから、「分かる」(面白いと感じる)ことは出来なくても仕方が無いですよ。

    私も、人と感性が違いすぎて、カラオケに連れて行かれると、辛くて猛烈な吐き気と頭痛が起きます。不便ですが、仕方ありません。
    いろんな感性があるということです。

    分からないのに「分かる振り」をするイタイ人より、100倍、人として正直で素敵です。
    ご自分のペースでお楽しみになって!

    トピ内ID:6083173126

    閉じる× 閉じる×

    それで良いのじゃないですか?

    しおりをつける
    blank
    ぽんころりん
    私は、芸術科目の成績はずっと良い方でしたし、
    趣味で絵も描くし、楽器も弾きますし、
    絵や音楽の鑑賞は大好きですが。
    トピ主さんの感想、おかしいとは思いません。

    「ゴッホは黄色を印象的に使うなあ。」
    感銘を受けているのですよね。
    「何を意味するためにこれを作ったのだろう?」
    意図を考えるのも、面白いですよね。
    邪心が入ってなんて、考えなくても。

    ほかの方も描いていらっしゃいますが、
    色々考える人なら、
    解説書など読んで、興味を持ってみると、
    愛着もわくし、
    自分なりの解釈も出来て面白いと思いますよ。
    最近は、美術館巡りのテレビ番組なども多いでしょうし、
    芸術作品をモチーフにした映画もありますから、
    まずそういうものを活用しては?

    トピ内ID:9878453258

    閉じる× 閉じる×

    良いんじゃないですか

    しおりをつける
    ボッティチェリ
    わかんなくても大丈夫です。例えばダヴィンチの描いたモナリザの良さが全くわからなくても良いんです。
    みんなが素晴らしいと言ってる作品を理解できなくても別に良いと思います。
    ミケランジェロとダヴィンチだってどちらも素晴らしい作品を世に残してきてるのにどちらもお互いの芸術を全く理解しようとは
    しなかったみたいですし(仲が悪かったみたいですね)
    私は…現代芸術がまったく理解できません。便器が置いてあったりパイプが1本置かれただけだったり線が1本引いてあるだけの絵画とか
    そういうのは説明してくれないと私は理解できないです

    トピ内ID:2009684975

    閉じる× 閉じる×

    生活・身近な話題ランキング

      その他も見る その他も見る

      卑近な所に引き寄せて見る

      しおりをつける
      🙂
      おかんアート
      美大卒、現在はおかんアート作家です(笑)

      芸術が理解出来なくても、人生何にも困りません。

      でも、折角欧州にお住まいなら、芸術を楽しめた方が良いですよね。

      お勧めは、美術館や博物館の学芸員による鑑賞ツアーです。

      作品の紹介だけじゃなく、その頃の風俗や習慣、いろいろ幅が広くて楽しいです。学芸員方の深~いオタクっぷりを見るだけでも楽しいです。

      初めっから「アートを鑑賞」と気張らなくても、工芸展を見たら「こんなお皿じゃ食べにくかろう」「このグラスならお酒は赤ワインだな」「このモデル、お尻の割に胸がちっちゃいな」と、思いきり自分に引き寄せて見て見ると、又違った楽しさがありますよ。

      日本のデパートなどで開かれる美術展を見に来ているご婦人方の殆どは、そういう見方をしている気がします。エネルギッシュで楽しそうです。

      そうやって見ているうちに、ちょっとでも気になる物に出会ったら、その作家の別の作品を見、その時代背景を調べに図書館に行ったりパソコンに向き合ったりします。

      そうやってだんだん掘り進めていくのが芸術に触れるという事だと思います。夕方まであっと言う間ですよ。

      トピ内ID:5097808638

      閉じる× 閉じる×

      感性に自信がないなら…

      しおりをつける
      blank
      きりん
      知識から入れば、
      アートに触れるのが面白くなるかもしれません。

      絵画は、描かれた時代の歴史や宗教と
      深く関わりがあったりします。
      また、画家の生涯なども合わせて知ると
      何も知らずに観ていた時とは違う観方が
      できます。

      観たいようにみて、感じたままに感じるのも
      大切ですが、
      作品の背景を知ると、より面白いですよ。

      トピ内ID:0989027071

      閉じる× 閉じる×

      背景を知る

      しおりをつける
      🐶
      milly
      私は芸術がわかると自分で思っていませんが好きです。
      例えばゴッホはこの絵を描いた時こういう状態にあった、とか
      この曲は誰々を思って作曲した、等背景を知ることによって
      俄然興味がわいてきます。
      歴史建造物にしても誰がどのようなきっかけで建てたのか知ってるのと知らないのとでは全然楽しみ方が違いますよね。
      一度ガイドツアーなどに参加されてはどうですか?

      トピ内ID:3875186755

      閉じる× 閉じる×

      興味を惹かれること

      しおりをつける
      blank
      割りと好き
      が芸術なんじゃないかな?
      観るだけでなく、聴くも読むも感じるも。
      私は全般好きなのでたまに一人で美術館などに行きますが、
      何分眺めても
      「きれだな~すごいな~」
      と言う感想が頭の中をぐるぐるしているだけです。
      ただ、観ていて飽きない気持ちいいから観てるだけ。
      凡人だもの。

      トピ内ID:9909214587

      閉じる× 閉じる×

      「観て思ったこと」が芸術のすべて

      しおりをつける
      blank
      ぺんぺこ
      某有名美大卒です。
      ところがビックリなことに私もゲージュツがわかりましぇん!
      学内でみんなが(自分も含む/笑)制作している作品は、大概が自己陶酔のものばかりで、それを観て他人が理解できるわけにゃーわ、と思って過ごしてました。

      パッと見て、有名でも無名でも、何コレ意味わかんない、なんも感じない、ヘタクソ、と思われればそれまでの作品なんです。
      逆に、パッと見て、綺麗な色だな、変な顔しててオモロイ、と何かしら喜怒哀楽を思われれば力のある作品です。例えば評論家が「この絵は人間の煩悩を現している」と評価する絵でも、あなたが「花がふわふわ浮いててカワイイ絵」と思ったならその通りの絵なんです。
      こうして感情を起こさせる絵というのは、力のある作者なんですね。自己陶酔ではなく、観る人に何かしらの感情を持たせられる、それがいわゆるゲージュツ家なんでしょう。たぶん。

      ちなみに私は「うめ~な~これどうやって描くんだよ~」「家にどれ飾ろう~(無理だけど)」と思いながらガン見しています@美術館。
      色んな見方で観てOKです。それと沢山観ると段々ゲージュツに対する喜怒哀楽が激しくなります(笑)

      トピ内ID:8826014875

      閉じる× 閉じる×

      どうぞそのままで~~。

      しおりをつける
      ume
      私はダリの美術館を訪ねるために旅行を計画するほど絵を観るのが好きですが、スポーツには全く関心ありません。

      スポーツ中継、スポーツニュース、速攻チャンネル変えます。
      兄が高校球児だったのに、高校野球の季節になるとうんざりします。
      ワールドカップや大リーグを観戦するために海外旅行なんて考えられない!
      欧州や南米に住んでいても絶対自分からサッカー観戦に行こうと思わないだろうし、アメリカに住んでいても…以下省略。

      せっかく欧州に住んでいるのだから、と思われる気持ちはわかりますが、芸術を無理に理解しようとしたり、好きになる必要は無いと思います。
      誰かに誘われたから、観賞する機会があったから…という感じでいいのでは。
      スポーツに全然興味が無い私だって、誘われたり、チケットをもらったりしたら喜んで出かけます。

      今のトピ主さんの芸術に対する感想は素直でとても素敵です。
      そんな風に自然体で構えていて、ある時突然変化が現れるかもしれませんしね♪

      トピ内ID:0946030376

      閉じる× 閉じる×

      芸術はありふれたものですよ

      しおりをつける
      🐤
      のの
      >精神科の医師の方が「本当に精神が健全な人は、芸術は理解できないし必要ない」とおっしゃっていました。

      この方のおっしゃる芸術というのは絵画、彫刻だけをさしておられるのかもしれませんね。
      芸術というものを特別視しすぎておられるような印象を受けます。

      芸術の歴史はラスコーの洞窟の壁画から始まり、古代の建築、歴史的建造物、
      現代に至っては、身の回りのありとあらゆるもののデザイン、公共機関の乗り物、建築、等々、
      すべてにデザインというものが関わってきています。
      それも芸術の一分野です。

      美術館に行って観れるものだけが芸術ではありません。

      忘れているようで、私たちの生活から切っても切り離せないのが芸術です。

      身の回りにあって、当たり前のようにあって、ふと心を癒してくれるもの。
      普段、そういうものに囲まれて生活していることを忘れてはいませんか?

      CDは聴くけれども、コンサートホールに行って聴く程でもない・・・
      ともとれます。

      トピ主さんは音楽ではどのようなジャンルがお好みですか?
      美術の好みも人それぞれなので、まずは好きな分野から興味を広げて行かれてはどうでしょうか。

      トピ内ID:4968009268

      閉じる× 閉じる×

      わかろうとしないこと

      しおりをつける
      南アルプス炭酸水
      芸大で美術史を学んでいました。

      が、結局行き着いた結論は「芸術はただの娯楽だ」ということです。
      語弊は承知ですが、映画やゲームとそう変わらないと思っています。

      理解しよう、とか、触れよう、と意気込んで向かい合うものではなく、
      まず好きか嫌いか。好きじゃないと思えば素通りしていいんです。
      娯楽ですから。

      観に行って、好きだな、とか、いいな、と思ったものについてだけ、
      なにがどうして好きなのかを掘り下げて考える。
      絵画であれば、色使い、人物の表情の描き方、陰影のつけ方など。
      そんな感じで何百枚と観ていると、だいたい自分の好みがわかって
      きます。そうしたら、作者だったり技法だったり時代だったりという
      共通項を見つけて、そこからさらに広げていけばもう夕方です。

      すべての芸術に触れて感動しなきゃならないなんてことはないですよ。
      自分の好きなものにだけ、感動できればいいのです。

      トピ内ID:2094984764

      閉じる× 閉じる×

      良いのでは?

      しおりをつける
      🐤
      しろうと
      素人はしろうとなりの感想で良いのだと思います。
      ちょっと詳しいからってしたり顔を解説するような通ぶってるひとにはなりたくありません。
      わたしは「素人の感性」を大切にしたい!

      芸術を身近に感じる為に誰か一人ゴッホでも誰でも
      ファンになってみてはどうでしょうか。
      その人の生涯や作品を徹底的に調べたり映画をみたり、、
      そのほか人はゴッホより○○年前の作品とか後の作品か、とか
      国はちがうけど同じ時期の作家だな、とか。
      関連付けると楽しくなるのでは?

      どうしても楽しめないジャンルに関してはすっきりと付き合いを止める。
      私はオペラを2回みて、縁をきりました!
      でも海外だからこそ安い料金でいろいろチャレンジできるので一通り経験するのも良いですよね。

      子供の頃の成績なんて関係ないです!!

      トピ内ID:6066678677

      閉じる× 閉じる×

      美術館が苦痛

      しおりをつける
      😢
      言葉は大事
      クラシック音楽は大好きです。本を読むのも、文章を書くのも好きです。
      ただ、美術関係がまるでダメなんですよね。
      絵画を見るのもかくのも大嫌い。図工も無理。彫刻?はあ?です。
      だから、美術館とか、タダ券もらっても行きません。
      誘われても苦痛で苦痛で。
      興味ないから、ついつい倍速で進んでいって、あっという間に出口です。
      一緒に行った人が時間をかけてゆっくり見てると
      「ああ、やっぱり私は来るべきじゃなかった」と。

      だからもう行かないことに決めました。
      美術館と名のつくものは一切関わりません。

      トピ内ID:6516617516

      閉じる× 閉じる×

      感覚

      しおりをつける
      blank
      つう
      芸術派自分の感覚で見れば良いのです。
      何を伝えたいかが分からなくても、何を感じるかだと思います。

      >ゴッホは黄色を印象的に使うなぁ
      ↑で十分です。

      分からなくて良いのです。
      何を書いてるか分からない絵でもダイナミックな色使いがキレイだと思ったり、これが絵なのか?写真の様だと思ったり、この絵の雰囲気に癒される~とか、そんなもので良いのですよ。

      トピ内ID:4134493438

      閉じる× 閉じる×

      私、芸大卒ですが、

      しおりをつける
      🎶
      ぐらたん

      結局私は、好きか嫌いか がすべてです。

      いくら有名な作品でも嫌いだし、大して有名じゃなくても好きなものは好き。
      むしろ、有名だからっていう理由だけで

      『やっぱり素敵ねぇ~』なんて言ってる人のほうが、なんだかなぁって思います。

      意味不明な作品でも説明を受ければ、なるほどなぁ、って理解できる作品もあり、説明を受けてもやっぱり、ふ~ん、で終わってしまう作品もあります。

      そんなもんです。

      トピ主さん好みの
      素敵な作品に出会えるといいですね。

      トピ内ID:7343414491

      閉じる× 閉じる×

      それは

      しおりをつける
      blank
      ばんび
      わからんでもよい。
      好き嫌いの感覚のみを頼りに楽しんでみては?
      まだ、鑑賞したい気があるならば。

      トピ内ID:9538101920

      閉じる× 閉じる×

      下品な言い方でごめん

      しおりをつける
      blank
      ATM
      人物画は
      好みのオンナ
      そうでないオンナ
      風景画は
      こんな庭すてきネ
      こんな荒れ地タダでもイラネ
      彫刻は
      オレの方がウエスト細いな!

      こんな目でみてます…。こんな奴もいるってことで。

      トピ内ID:8143075709

      閉じる× 閉じる×

      芸術は基本的に生活の役には立たないもの

      しおりをつける
      🐴
      umamomo
      と赤瀬川源平さんあたりが言ってましたよね。
      トピ主さんのおっしゃっている「芸術」がファインアートのことだという前提ですけど。
      そして生活の役には立たないけれど、心をゆさぶるものが芸術なんじゃないかなと私は勝手に思ってます。

      しかし人の感性は人それぞれだから、心がゆさぶられるものも様々ですよね。
      世の中には「こういう方向で心をゆさぶってやろう」と明確に意図した商品もたくさんあります。
      一部の娯楽映画や小説、漫画、そしてポップミュージックなどなど、そうした商品は泣いてスッキリしたり、楽しかったり、切なさを共感できたり、という効用が明確です。

      そういうもので十分満たされるのなら、特にわざわざ芸術を好きになる必要はないと思うのですが、トピ主さんはそういうものでは満たされないから「芸術が分かりたい」という気持ちになっているのかもしれませんね。

      だとしたら、自分はどんなものに深く心をゆさぶられるのか、注意深くいるだけで良いとおもいます。
      幾人かの方が書いているように、単に好きか嫌いかだけですよ、芸術って。

      トピ内ID:1881047954

      閉じる× 閉じる×

      それでいいのです

      しおりをつける
      blank
      Wisteria
      芸術を「わかる」必要はありません。芸術は「好きか、嫌いか」、「面白いか、面白くないか」でいいのです。

      トピ内ID:9793413593

      閉じる× 閉じる×

      沢山観て!

      しおりをつける
      blank
      ばざり
      美術史専攻してました。

      >ゴッホは黄色を印象的に使うなぁ、とか
      何を意味するためにこれを作ったんだろう?

      全然アホじゃないです。
      こういう疑問から、美術史の研究は発展していくんです。

      それに、全ての芸術を理解する必要はありません。
      大学の美術史の先生方でさえ、自分の専門分野以外には案外無関心です。
      はまるポイントは人それぞれ。
      好きか、嫌いか。
      面白いか、面白くないか。
      それで十分。

      欧州在住とのこと、羨ましいです。
      是非、沢山名画名作名演を観てください。
      沢山観ることによって、いつの間にか観る目が養われて行くかもしれませんよ。

      トピ内ID:6831833224

      閉じる× 閉じる×

      美術は大好きだけど

      しおりをつける
      blank
      2度目のレスですが将来の夢は芸術系なので私は芸術品といわれるものは
      キョウミもあり大好きな作品尊敬する作品たくさんありますが
      今もピカソの価値がよくわかりません(笑)何であんなに感動する人がいるんだろう。
      昔は日本画の良さも本当にさっぱりでした。浮世絵とかどこが良いの?と思ってました。でも年取ったら自然にこれも良いなと思えるようになりました。
      トピ主さんも年とったら自然に何かを好きになってるかもしれないですよ。

      トピ内ID:2009684975

      閉じる× 閉じる×

      私も分からない

      しおりをつける
      blank
      えせ芸術家
      小学校から高校まで、図工・美術はずっと5でしたし、絵を描くのが得意で、市の美術展などによく作品が出展されていました。でもモナリザを見ても感動はしないです。うまいとは思いますよ。でも絵を見て感動したことはないです。欧州旅行しても、美しい街並みを見るのは好きですが、美術館めぐりはしないです。

      トピ内ID:8398636403

      閉じる× 閉じる×

      最大限に楽しむ為には知識は必要

      しおりをつける
      🙂
      NYKer
      昔から美術が大好きでアメリカの大学で美術史と美術理論や批評等を勉強しその分野で働いています。

      芸術鑑賞で深い理解を求める場合、その背景を勉強せずには不可能だと思います。視覚的に興味を引かれたりきれいだな、とか技術が素晴らしいと感動する事までは出来てもそれ以上に作品を味わうためには時代背景や作家のおかれた状況を知る事が不可欠です。美術作品はその国、その時代に住む作家が生み出すものでその環境に影響を受け、多くの作家は自分以前の作家について勉強をしています。なので一人の作家の一つの作品だけ見ていても何も広がらないかもしれませんが、大まかな美術史を知るだけでもその時代にその作家が成し遂げた事、考えていた事なんかが浮かび上がってきます。それだけでも楽しみが広がるのではないでしょうか?

      少しでも興味がある作家や作品があればネットなり図書館なりで少し調べてみてはどうでしょうか?全ての作品を理解する事は誰にでも出来る事ではありません。人には好みがありますし文献も限られてます。美術には一見退屈に見えても沢山のルールやシンボル、作家のメッセージが込められているので面白いですよ。

      トピ内ID:1721950373

      閉じる× 閉じる×

      元カレも芸術の分からない人だった

      しおりをつける
      blank
      椋木
      普段旅行等で景色を眺めて楽しむ事はありますか?

      トピ内ID:9433554704

      閉じる× 閉じる×

      みなさま、ありがとうございます。

      しおりをつける
      😢
      絵心
      私の駄トピに
      こんなにレスがつくとは思ってもいなかったです。
      まとめてのお礼になることをお許しください。


      身分不相応に駐妻なんてしていまして
      『○○美術館に行ってきたの~ △△の絵があって・・・』
      『オペラを鑑賞したの。 やっぱり××は上手ね・・・』

      なんていう会話が飛び交い、わたしはちんぷんかんぷん。


      周りのみなさんは高尚な趣味をもっていらっしゃるので
      自信のなさ、劣等感から
      『芸術とは?』 と思った次第です。
      自分が置かれている今の環境を楽しみたい、という貧乏性な性格も
      ありますし(笑)
      umamomoさんがおしゃっているように『満たされたい』気持ちも
      あるのだと思います。



      好きか、嫌いか、面白いか、そうじゃないかという基準で
      鑑賞すればよい、との意見が多かったので
      少し、拍子抜けしましたが
      それでいいなんて、かなり敷居が下がった気がします。


      時代背景や作家の置かれた状況を調べてみる、とのアドバイスが
      ありましたが、俄然、興味が出てました!!


      みなさま、本当にありがとうございました。

      トピ内ID:7468087137

      閉じる× 閉じる×

      身の回りにある美を見つけるのも,また良し

      しおりをつける
      blank
      傍流
      NYKerさん
      >芸術鑑賞で深い理解を求める場合、その背景を勉強せずには不可能だと思います。

      確かにその通りではあるのですが,誰もが「深い理解」を求めているわけではないでしょう。そんなに敷居を高くしなくとも良いと思いますが…。

      >絵心さん
      芸術の楽しみ方は人それぞれ。共通するのは,多く触れると楽しみ方も増える,別な言い方をすれば「わかってくる」ものです。性に合えば,美術史や美術理論を踏まえて鑑賞するのも良いと思いますが,作品そのものに触れる機会を増やすほうが先であるように思います。
      ただ,良く「良い作品に多く触れるように」などと言われますが,駄作や素人作品にも触れたほうが良いでしょう。

      なお,インダストリアルアート(デザイン)などという分野もあります。
      ワインや香水のビンに,形の気に入ったものがありますか?
      高級万年筆の光沢,曲線はどうでしょう。
      あたりを走っている自動車で,スタイルが良いと思うものはありますか?

      トピ内ID:9637102867

      閉じる× 閉じる×

      二度目のレスです

      しおりをつける
      blank
      金のぶどう
      3日間で、数千点の絵画をみたことがあります。
      無茶をしました。吐きそうでした。こういうのをアホというのでしょう。
      絵画は拷問に使えます。
      銀の器のコレクションも、3分をすぎると目が疲れます。ウルトラマンの心境です。展示室として、悪趣味だと断言します。
      いい国ですけれどね。

      つまり、こういうものの数をこなすには、それなりに時間がかかります。
      短期間に経験値をあげるのが望ましいということはありません。
      満腹のときは、お菓子を食べ続けてもおいしいと思えないものです。苦しくなるだけです。

      欲しているかどうかは、常に自分に聞いてみないとわかりません。
      好きか嫌いかで決めろと皆さんがおっしゃるのは、そういうことだと思います。

      量で満たされる嗜好があります。
      数千のうち、たったひとつに惚れこむ一生があります。
      だから「鑑賞は自由に」しかないんです。

      オランジュリーの睡蓮は、私には好みでした。
      高尚さのない私の趣味ですが、ちょっぴり幸せになれるかもしれませんので、お近くにいらしたら体験してみてください。

      トピ内ID:6256975671

      閉じる× 閉じる×

      トピ主さんは気づかれたようですが

      しおりをつける
      blank
      からから
      「芸術」と感じる心は主観であり、絶対のものではないと思っています。
      なので、人により同じものを見ても感動したり、憤慨したり、笑ったり、泣いたりするものではないでしょうか?

      もし日本に戻ることがありましたら、細野不二彦さんの漫画「ギャラリーフェイク」を読んでみることをお勧めします。海外の芸術だけでなく、日本の芸術も含め、いろいろ紹介されています。よかったらどうぞ。

      トピ内ID:5968638693

      閉じる× 閉じる×

      ジャンルにもよるけれど、分からない作品も多い

      しおりをつける
      枯野
      絵を描くことが好きで、図工や美術は成績が良かった。美大も行った。それでも芸術作品に「訳分からん」と思うこと多しです。好きな作家の絵は、なんて素晴らしいと見惚れます。でも分からない作品も結構あるものです。
      解説文が無いと意味不明の絵(解説があっても理解できないことも多い)など見ると、技術的に上手くても「んなの、知ったこっちゃないよ・・・」と心の中でつぶやきます。おそらく描いた人も、万人に理解されずとも、絵の謎解きをごく少数の人がしてくれれば良いのかもしれません。

      絵に限らず好きなものを自然に楽しめばそれでよいと思いますが、せっかくの機会なので、とりあえず色々な芸術に触れてみるのも良いと思います。沢山の中から目に止まる作品が一つでもあればいいぐらいの気楽な気持ちで。
      トピ主さんが、
      >ゴッホは黄色を印象的に使うなぁ、とか
      何を意味するためにこれを作ったんだろう?
      あんなに踊って身体、痛めないですかね?
      ・・・と書かれたように、私も感じたり突っ込み入れながら絵を見ますよ~。

      トピ内ID:7178716117

      閉じる× 閉じる×

      感動する絵があります。

      しおりをつける
      blank
      雪だるま
      感動する絵というのがあります。 理屈なしで涙がでてくるような絵です。 私は、狩野芳崖 『悲母観音』をみて、涙がとまらなかったことがあります。 この絵だけです。

      それから、ずっとみてしまう絵があります。私の場合は、竹内栖鳳とか。そういう絵は、ほんとに「絵と出会う」っていう感じです。

      トピ内ID:2238685193

      閉じる× 閉じる×

      大英博物館は行かれましたか?

      しおりをつける
      blank
      絵心なし
      学生時代に美術史に興味を持ち、西ヨーロッパの有名な美術館をまわりました。
      美術の教科書に出てくる絵画や彫刻は、ほぼ全部制覇したと思います。

      その後、ヨーロッパ以外の芸術に目が行くようになり、
      自分が見たのは世界の芸術のほんの一部に過ぎなかったのだと知りました。

      トピ主さん、ロンドンの大英博物館には行かれましたか?
      世界各地から搾取した戦利品が並んでいるため、
      別名「泥棒博物館」と呼ばれていますが、そのコレクションは圧巻です。

      トピ主さんのまわりの駐妻さんたちが好きな「高尚な芸術」が
      どういうルーツを経てきたのかがよくわかるのでオススメです。

      トピ内ID:7219787769

      閉じる× 閉じる×

      物差しとなる知識がなくては真の理解は難しい。

      しおりをつける
      🎂
      麺です
      印象派の絵であれ、古代ギリシャの彫刻であれ、狩野派の絵であれ、その時代の歴史的背景や、作者や作品の背景を知ること無しには、その真の美を理解するのは難しいと思います。

      知識は色々な形で得ることができます。芸術への敷居を高くなぞしません。溢れるエセ芸術に翻弄され、時間などを無駄にするリスクも減ります。

      凡人は、生まれ持った感性だけに頼っていては、粗野なままです。

      私は凡人で、でも絵を観ることは好きなので、好きな画家については、本等で生い立ち、歴史背景、師事した人々、などを調べます。

      トピ内ID:4471319927

      閉じる× 閉じる×

      自然を美しいと思うなら、その方が

      しおりをつける
      keiko
      ゴッホは生前に絵が一枚しか売れなかったそうです。
      ゴッホを芸術だと理解できる人がほとんどだという現代の方が、実は異常なのではないか、一度疑ってみるべきです。ほんの120年前には、誰も良いと言わなかった物なのです。
      美術館通いが趣味の人々も、心の中ではさっぱりわからないと思いながら、他人が良いと言っているから良いと信じているだけではないでしょうか?

      美しい景色を見て綺麗だと思えるなら、鳥の声を聴いて綺麗だと思えるなら、美術館やオペラ座などにでかけずにそれを見たり聴いたりしに出かけた方がずっと良いと思います。
      あなたが本当に楽しめることに、貴重なヨーロッパ滞在期間をつかいましょうよ。

      トピ内ID:4447446570

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      30件ずつ表示
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]