詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外勤務の夫との別居生活について

    お気に入り追加
    レス31
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    そらきゅう
    恋愛
    結婚後、夫が海外勤務になり、一緒について来て2ヶ月が経過しました。海外での生活経験のない私は、語学や物価、治安などの不安も少しはあったのですが、夫と一緒にいたいと思いついて来ました。

     しかし実際生活を始めると、友達も親もいないゼロからの生活に寂しさとストレスを感じ始めています。昼間は1人でいるしかなく、たまに図書館や買い物には出掛けますが、夕方夫が帰ってくるのを待つだけの生活に、言い様のない不安を感じます。日本にいる時は仕事をしていたので、急に専業主婦になったことにも、ぽっかり穴が空いたような気持ちになってるのだと思います。

     今は、私だけ日本に帰り日本で仕事をしようかと考え始めています。夫はこちらに残ってもらいたい、と言ってますし、一度ついて来る、と言ったのになぜ、と言います。 海外での生活は、実際体験してみないと分からない不安、孤独があると感じてます。結婚したのに、夫の側にいない、という選択は勝手なのでしょうか。

    みなさんのご意見をお待ちしています。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 0 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数31

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    海外で専業主婦2年やってます

    しおりをつける
    blank
    かよ
    初めまして。読んでいて、思わず発言したくなり、ちょっと書かせていただくことにしました。
    私も海外在住です。日本にいた頃は働いていて、このままキャリアを積むのが私の夢だと思っていましたが、主人の海外赴任を機に専業主婦になる決意をしました。
    ものすごい不安でした。英語も全くできず、海外経験ゼロ、主婦に夢もなかった私が大丈夫かと。。。
    でもせっかくだから、人生観を変えるチャンスかも、と付いてきました。最初の2,3ヶ月は虚しくて泣くこともしばしば、しかも日本人の主婦の方たちとも価値観の違いが大きく、後悔もしましたが、今ではここに住んで2年、すっかり楽しんでいます。私のしたことは、やはり仕事をしていた人が家に一人でいるのは辛い、と思い、とにかく語学学校、ESLクラス、クッキングクラスなんでも見つけては顔を出す、ということです。せっかくの海外生活、誰にでもあるチャンスではありません!積極的に楽しんでみてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    どこかな?

    しおりをつける
    blank
    海外主婦
    海外といえども広すぎです。世界のどちらにお住まいでしょう?せめて国名(出来れば都市名も)を教えて頂けたら、アドバイスしやすいと思いますけど。

    私はワーホリでオーストラリアに初めて来た時は、とにかく街をまず探検しました。よっぽど治安が悪くなければ夕方までだったら、女の一人歩き、出来ると思います。時にはバスに乗ったり電車に乗ったり。観光気分を満喫しました。
    しかし、初めての海外となると不安ですね。日本人の全くいないような街なんでしょうか?

    どこにお住まいか、教えてくれますか???

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    あまりにも

    しおりをつける
    blank
    駐妻2年生
    去年の私と似ているのでレスします!
    トピ主さんの気持ち、痛いほど分かります。
    去年、私も治安や言葉(英語圏ではありません)の不安を抱えながら、でも夫と一緒にいたいという思いで
    この国にやってきました。来た当初、結婚4ヶ月でした。

    私は人付き合いが苦手ということもあり、友達もなかなかできず、更に現地の言葉を勉強し始めてもついていけず、泣いてばかりでした。本当に帰ろうと何度も思ったし、夫にも当たってばかりでした。

    たまに日本帰って息抜きさせてもらい、なんとかがんばってきました。するとね、本当に不思議なんですよ。こちらの習慣にも言葉にも慣れて
    強くなった自分がいるんです。今は日常会話なら、なんとか話せるようになり、多少のトラブルは現地の人相手でも、解決できるようになりました。あの泣いてばかりいた自分が!!

    トピ主さんだけじゃないです。慣れないのも当たり前、ご自分を責めないで、ゆっくり行きましょう!時には日本に帰国させてもらってはいかがですか?いきなり別居と考えず、その中で考えてみてはいかがですか?なんのアドバイスにもなっていませんが、トピ主さんの事、応援しています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    考え方次第です

    しおりをつける
    blank
    わらびー
     夫の海外転勤についていきました。(今は日本に帰ってきています)

     最初の半年くらいは、夫の帰りも遅くてあてにはできないし、一人でボーっとしていて、これではノイローゼになる!と、思って現地の日本人のミニコミ誌を見てテニスとか、英会話とかに参加して友達を作るようにしました。

     海外赴任のうちに通信教育で何か資格とかを取るのもよいし、現地でしか習えない習い事とかするのも良いと思います。今まで仕事をしてきたのだから、神様がくれた長い休みだと思って充電すればいいんです。

     でも、どうしてもそういう切り替えが出来ないならご主人と良く話し合って帰国するのもいいのではないかと思います。

     ちなみに、私の場合は、夫をあまりあてにせずに、自分だけでも楽しもうと切り替えたのが上手くいったようです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    すっごい不思議です

    しおりをつける
    blank
    りやこ
    帰国子女の私から見れば、何が気に入らないのか理解できません。私の母は、習い事をしたり同じマンションの邦人やちょっとしたきっかけから現地のお友達を作って遊びに行ったりと、大忙しでしたよ。母は働いたことがなくしかもお嬢様育ちなので元々一人で動けるタイプの女性ではではなかったのに・・・。

    ある時夫を待っていたら何にもできないということに気が付いて積極的に動くようなったらしいです。他の駐在夫人の中には篭ったり、帰国したり、自殺したり、という方もいたそうですが、すごく楽しいパラダイスのような駐在生活だったようですヨ。

    個人的に思うのは、母は美人で明るいので友達ができやすい(現地でボーイフレンドもできて、よく子供も一緒に遊びに連れて行ってくれました)ということも一因なのでないかと。

    トピ主さんは、働いていらしたのに、怖いんですか?何が原因で楽しめないのでしょうね??

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    深刻に考えるよりは楽しんでみられては?

    しおりをつける
    blank
    カツオ
    海外生活羨ましいです(いきなり、すみません、、)。学生時代にアメリカに1年間住んだことがあるのですが、通勤電車にゆられて仕事に行く日々を送るだけの私にはアメリカの前向きで陽気な空気が懐かしく感じます。ですけど実際に住んでみると大変なのも事実ですよね。私は語学で半年くらい苦労しましたから。その後は英語にも慣れてきましたし、今でもその語学の力は(少しは、、)私のスキルになっていると思います。

    まだ2ヶ月とのこと、もう少し頑張ってみられてはいかがでしょう。結婚はいつされたのですか?あまり早く帰ってしまうと、旦那様が可哀想、、。(私も新婚なので、、国によって事情は違うから、一概には言えませんが。ちなみに、そらきゅうさんはどこにお住いなのですか?大きな都市であれば、日本の方も沢山いると思いますし、ご自分の世界を広げてみる努力は必要だと思います。

    海外生活を楽しむこつは、本人がそれを楽しむように努力することだと私は思います。旦那さんのお仕事の期間にもよりますけど、そうはないチャンス、深刻に悩むよりは楽しんでみられてはいかがでしょう。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    メイドは?

    しおりをつける
    blank
    Matilda
    大変ですね。私も2年前、同じでした。毎日、日本に帰りたいと言っていました。

    そんな私の転機は、メイド。そして、1歳半の子供をナーサリーにいれたことでした。空いた時間で、お稽古、お稽古。おすすめは、語学、そして料理です。どちらも帰国後とても役に立ちます。

    もしもメイドが雇える地域(東南アジア)ならば、メイドをまずはおすすめします。毎日でなくても、誰かがきてくれて、ちょっとした挨拶をすることで、その土地への親しみが増します。

    それから、お医者さんにも定期的に通いましょう。消化器官に穴があかないように(何人か友人が、潰瘍持ちになってしまいました)。

    なにかきっかけがおとずれますように。きっと、大丈夫ですよ!

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    別居から別離へ

    しおりをつける
    blank
    33
    彼の駐在にともない昨年1年間
    アメリカのカリフォルニアに転居しました。
    10年同棲していましたが入籍はしていませんでした。

    まわりに日本人の方がたくさんいらっしゃいましたが
    それでも最初の2ヶ月でノイローゼになりましたよ。
    毎日外の景色を見ては泣いていました。

    日本ではガマンできた彼の嫌な面も許せなくなりました。
    日本へ帰りたかったのであえて友達も
    つくりませんでした。
    自分で自分を追い込みました。

    数ヶ月単位で
    何度か日本へ戻り少しずつ別居の準備をしました。
    そうしてこの春から一人で暮らすことになりました。

    私の場合は結婚をしていませんでしたし
    渡米前もいろいろ問題がありました。
    いい別れのチャンスだったと思えます。

    トピ主さんといろいろ違うかもしれませんが
    もしご主人とこれからの人生を一緒に歩みたいなら
    一時日本へ戻られて息抜きをされてもいいですから、
    家族は離れて暮らすべきではないと思います。

    頑張ってください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    任期と国が

    しおりをつける
    blank
    ベテラン駐妻
    わからないと具体的アドバイスのしようがないですが、2ヶ月め~半年めくらいはきっと一番ストレスがたまる時期でしょう。私はもう4カ国目ですが「やっぱり夫と一緒にいたい」という結論で毎回その時期をなんとか乗り切ってきました。

    日本人駐在員の多い地域ならば、とりあえず日本人の集まるところに行って何かを見つけるのが簡単でしょうが(趣味の集まり等)、そうでない場合に打開策になるのは、その国の言葉を習いに行くことでしょうね。言葉がある程度できるようになれば、現地の趣味の集まりやボランティア等に参加することもできますし。もしくははフィットネスクラブに行ったりテニス、ゴルフ等を習いに行く人も多いですね。体を動かすことで気分も大分変わるものです。

    あとは週末にご主人が休める状況であれば、平日にあなたが情報収集と予約などの準備をして小旅行をすることで滞在が楽しいものになるでしょう。語学の練習にもなりますし。一人で行動して危険な国でない限り、自分から外に出て行くしか解決策はないですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    別居してもいいんじゃない?

    しおりをつける
    blank
    mari
    私は海外在住ですが、知人の日系企業の社長さんは、奥さんが現地に馴染めずに奥さんだけ日本に住んでいて働いているそうです。奥さんは年に1回現地に遊びに来て休暇を楽しんでいるそうです。社長さんは仕事で日本によく行くのでそのたびに奥さんに会っているみたいです。

    こんなご夫婦もいるから、別にとぴ主さんが日本に帰って働いてもいいんじゃないですか?旦那さんとよく話し合って決めてくださいね。無理せずに。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  31
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0