詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    • ホーム
    • 話題
    • ブルーレイレコーダーのHDDって消耗品ですか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ブルーレイレコーダーのHDDって消耗品ですか?

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐴
    マッピー
    話題
    先日ラジオでブルーレイディスクレコーダーのHDDに地上デジタル放送を「DRモード」で録画すると「HDDが減る」「HDDを喰う」「HDDが磨耗する」と聞いたのですがどういう意味か解りますか? 単純に録画した分だけ容量が減るという意味なら理解しますが、HDDが消耗品のように消費していくなら問題です。 視聴後に録画番組を削除したらHDDは完全回復しないのですか? 教えて下さい。

    トピ内ID:4831389835

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    消耗品

    しおりをつける
    🙂
    らららDX
    HDDは消耗品です。 ただし書かれているような内容ではなく 使えば使うほど寿命が無くなっていくから。 かーならず壊れますんで消耗品と考えています。

    トピ内ID:6792079526

    閉じる× 閉じる×

    当然消耗品です

    しおりをつける
    blank
    ウボ・サスラ
    DRモードで録画しようが他のモードで録画しようが関係ありません。BDレコーダーに使われているものに限らず、あらゆるHDDは消耗品です。 主としてサーバー用に用いられる高耐久性のものであれば多少長持ちするでしょうが、消耗品であることに変わりありません。個体差もありますから、高耐久性でも1年も持たずに壊れることもあります。 > 視聴後に録画番組を削除したらHDDは完全回復しないのですか? 不良セクタが発生しなければ容量は回復するでしょうけど、ディスクの状態が完全に回復することはあり得ません。

    トピ内ID:5659842717

    閉じる× 閉じる×

    HDDは消耗品です

    しおりをつける
    blank
    じゅん
     HDDは使えば使うほど劣化していきます。それは事実です。  でもHDDは「磨耗」はしません。ディスクが磨耗するほどの接触を磁気ヘッドとしたら、その瞬間にHDDが壊れます。  また 確かに、直感的イメージとしてはデータ量が多くなるDRモードのほうがHDDへの負担が大きくなりそうに感じられますが、実際はどうでしょね?私は針小棒大な話のように思います。  コンピュータのHDDの寿命が5年とか言われます。レコーダのHDDの負荷はコンピュータのそれよりも小さいと思われますので、もっと長く使えるのではないかと思います。  ちなみにHDDの劣化は、ビデオテープの劣化と違って、録画した画像の画質の低下、という形ではあらわれません。使用者の感覚としては「ある日突然 機械が壊れた」です。  その頃にはブルーレイの次の規格の記録媒体が出回っていますから、「そろそろ買い替え時ね」という話になるかと思います。  ブルーレイディスクの寿命がどれくらいかは知りませんが、HDDは明らかに一時的保存のための機械です。保存しておきたい録画はこまめにBDに移しておくことをお勧めします。

    トピ内ID:2206754070

    閉じる× 閉じる×

    消耗品です

    しおりをつける
    blank
    ひまわり
    電器店嫁です。 HDD搭載の録画機のHDDは消耗品です。 パソコンのHDDも消耗品です。 いずれ壊れるものです。 HDDクラッシュで買い換えたり修理したりが結構あります。 自宅で使っているレコーダーもギゴギゴ音がしているので動かなくなるのも時間の問題です。 録画した番組を消去すると録画できる容量は元に戻りますが機械部分自体が新品になるわけではありません。 パソコンも録画機器も魔法の箱ではありませんよ。

    トピ内ID:9892703801

    閉じる× 閉じる×

    お答えしましょう

    しおりをつける
    blank
    eme
    DRモードは放送画質そのままに記録するモードであり、一番綺麗に記録できる代わりに、「HDDの容量を食います」ので、「HDD残量が減る」のが早いです。それ以外のモードは圧縮がかかりますので容量を食わないかわりに画質が低下します。劣化をどこまで許容できるかは個々人によりますし、保存版をDRモード、見て消し番組を圧縮モードという使い分けも出来ます。 HDDの摩耗はまた別の問題です。実際に接触してすり減ると言うことはありませんが、回転する円盤や移動するヘッドという機構がある以上、いつかは壊れます。そういう意味では消耗品ですが、DRモードを使ったから寿命が減るものではありません。基本的に番組を削除すれば完全回復すると言って良いと思います。

    トピ内ID:7117631248

    閉じる× 閉じる×

    ちょっとニュアンスが違います

    しおりをつける
    blank
    ふえ
    たとえば、VHSのビデオテープは重ねて録画できますが 何回も録画しているとだんだん画質も悪くなり 最終的にはテープが切れたりして録画できなくなりますね。 それと似たようなものです。 HDDは他の部品と比べると耐久年数が低いので「消耗品」といわれるのです。

    トピ内ID:1471925908

    閉じる× 閉じる×

    DRモード

    しおりをつける
    blank
    A太
    ダイレクトレコーディングですから、圧縮しないで録画するのでHDDの容量は食います、 減るのは残りのディスク容量です。 DRモードだろうが、3倍圧縮モードだろうがディスクが磨耗することはありませんが、 HDD自体が機械であり高速回転しているものですから寿命はあります。 パソコンやサーバーで毎日使っている場合3年から5年の寿命ですので、 録画の頻度にもよりますが、そのくらいを目安に考えていたほうが良いでしょう。

    トピ内ID:2056591163

    閉じる× 閉じる×

    HDDは減りません

    しおりをつける
    🎶
    100ペリカ
    タイトルの通りです。 DRモードは録画時間あたりの容量が大きいです。 そのためHDD容量をたくさん消費→HDDを喰う、減る などの表現をします。 パソコンの世界だと一般的な表現です。 もちろん録画した番組を消去すれば容量は戻りますが、 HDDも機械なので故障や耐用年数があります。 HDDが故障しても交換すればレコーダー本体は使えますが HDDに録画していたデータは戻りません。 大切な録画内容はディスクへ保存することをお勧めします。

    トピ内ID:1756167092

    閉じる× 閉じる×

    HDDは消耗品

    しおりをつける
    🙂
    はぁふぅ
    まずご理解いただきたいのが、PC自作の中では「HDDは消耗品」というスラングがあることです。 使うと減るのではなく、使うと摩耗するのがその理由です。 でも、それは家電も同じで、家電の寿命は5年~10年が一般的でしょう。 それなのになぜHDDにそんなスラングがあるかというと、 ・振動に弱い ・熱に弱い という特性があるためです。これにより、HDDの寿命は以前は3年程度と言われていました。 そのため、上記のスラングが生まれたのです。最近は技術の進歩で100万時間以上を謳う製品も 一般向けで存在しますが、それでも短いのです。 なぜかというと、「可動部品があるから」です。 可能部品があると、故障率が上がります。HDDは、レコードのように円盤が改定していて、 その円盤をレコードの針のような物がデータを読み取るために移動しています。 また、データを磁性で保存していることもあって、磁性のエラーでデータ損失も起こりえます。 以上から、録画モードによる違いはありませんが、当然録画すれば容量が減ります。 磨耗するというのは本当です。「完全」回復はしません。

    トピ内ID:0379841103

    閉じる× 閉じる×

    広い意味では

    しおりをつける
    blank
    フォウ
    ”消耗品”です。 ただ、 録画→再生→消去 の繰り返しで直ぐダメになるわけではありません。 PCのハードディスクにも寿命があるでしょ。 それと同じです。 恐らく地上波デジタルをDRモードで録画すると、 今まで以上にHDDの容量を喰う。 と、言う意味での発言でしょう。

    トピ内ID:3435290667

    閉じる× 閉じる×

    確かに使えば寿命は減るが

    しおりをつける
    blank
    kanokanoka
    ・「DRモード」とは画質最高→必要な容量も最高。だからHDDが普段の録画の比べてイッパイになるのが早い。 そこで普段の録画に比べ、より「HDDが減る」より「HDDを喰う」という表現がされます。 ・HDDは消耗品ではなく耐久消耗品。車と一緒。繰り返し使用できるがいつかは壊れる。 そこで大きく使う「DRモード」を「HDDが磨耗する」と表現する。 >視聴後に録画番組を削除したらHDDは完全回復しないのですか? 容量は完全回復します。が、耐久消耗品なのでいつかは・・・という話。 個人的な経験だけで語っていいのなら、 同じHDDなら使用の頻度は寿命にあまり影響しない。 HDDのメーカーや環境、個体のアタリハズレの方が大きいような。

    トピ内ID:2643288215

    閉じる× 閉じる×

    DRモードとは

    しおりをつける
    blank
    田舎のおっさん
    「DRモード」とは ダイレクトレコーディングの略で、ブルーレイの信号をそのまま録画します。 その為にHDDのメモリーを多く消費します。 つまりトピ主さんが言われるように「HDDの残量が減る」と言う事です。 一般的には、画質を大きく落とさない程度にメモリーを減らして録画します。(通常はレコーダーが自動的に判断します。) 他に地デジの録画に用いる「HDモード(ハイディフニッション)」や アナログ放送の「SDモード(スタンダードディフニッション)」があります。 それと、HDDは消耗品です。未来永劫に使えるものではありません。 パソコンも同じですが、一度記憶したものは削除しても呼び出せなくなるだけで、本質的に消すことは出来ません。 最近のニュースでもありましたよね。「削除したメールを復元して・・・」って。

    トピ内ID:1638885291

    閉じる× 閉じる×

    誤解があります

    しおりをつける
    🐱
    tokyo
    基本的な知識として HDDは3万時間で故障する確率が増えます。 使っても使わなくても約3年と覚えておきましょう。 これより永く使えるますが、壊れる覚悟で使ってくださいと言う事です。 HDDが減る事、HDDが磨耗する事はありません。 もちろんHDDを喰うこともありません。 記録領域を消費すると言う意味で使ったのでしょう。 とくに「DRモード」は無圧縮で録画しますので無駄に大量な録画領域を消費します。 このことは取説の「録画時間」を見れば判ります。 一般家庭の使い方でDRモードを選択する必要はありません。 例えば500GBのHDDを内蔵しているとき、 DRモードは約 63時間 HLモード は約252時間 LPモードは約442時間 HLモードで録画再生しても非常に綺麗です。録画の再生と気付かないです。 LPモードは画質が低下しますが、録画なんだからこれでいいや。と思うはずです。 >視聴後に録画番組を削除したらHDDは完全回復しないのですか? その通りです。回復しません。(幾らでも払う覚悟ならできます)

    トピ内ID:9755581616

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]